らぁめん小池(上北沢)/山椒薫るラーメン+替え玉

さて、この日の私はお休みだった同僚と2人で待ち合わせをしてランチラーメン。
同僚がずっと行ってみたいと言っていてお店へレッツゴー!\(^o^)/


そのお店がこちら~。

らぁめん小池
(上北沢・東京都世田谷区)
2017,9,21訪問

こちらのお店の場所は最寄り駅の京王線・上北沢駅北口より徒歩約4分。
駅を背にしてまっすぐ歩き「甲州街道」に出たら左折するとほどなくお店。

ミシュランガイド ビブグルマンにもなっているお店ですので、混雑を避けるため午後13時過ぎに到着。
お昼のピークタイムを外したので狙い通り?お店の中はほぼ満席ですが、店の外の並びはなし。
店前の写真を撮ったら、早速入店です(*^-^*)(*^-^*)

店内に入るといらっしゃいませー、と男性スタッフさんお2人からお声がけ。
ちらりと見ると、どうやらご店主さんはお休みのよう。

ちなみに現在、らぁめん小池さんの定休日は不定休。
急なお休みがある場合もありますが、どうやらほとんどお休みはないようです。
そのため、でご店主さんはたぶん厨房を任せられるスタッフさんと交代でお休みしているでしょうね(*´ω`)

↑ちなみに10月の営業カレンダーはこんな感じ。

さて、それでは軽くぺこりとご挨拶を返してからまずは券売機に向かいます。

券売機は店内入口右手側。
レギュラーメニューはあっさり系とこってり系に分かれています。

あっさり系は「煮干ラーメン」、それと「山椒薫るラーメン」。

こってり系は煮干しと鶏白湯を合わせた「濃厚ラーメン」、ピリ辛の「ニボ台湾」。
それから、夜限定として「台湾まぜそば」と「油そば」がラインナップ。

さて、同僚は前回私がべべれけで食べた(笑)お店の1番オススメ「煮干しラーメン」。
私は前回来た時に気になっていた「山椒薫るラーメン」をチョイス。
食券を購入したら空いている奥のカウンター席へ移動します。

こちらのお店の客席はL字のハイカウンター10席。
落ち着いた色合いの木製カウンターテーブルにダウンライトと店内の雰囲気はシックな印象。
荷物はカウンターテーブルの下にフックに掛けられたメッシュのバッグがあるのでその中に。

お店の人に食券を渡したら、おしゃべりしながら卓上のものなどをチェック。
前回、酔ってたからね~(∀`*ゞ)エヘヘ

卓上調味料は酢、一味唐辛子、一味唐辛子??( ̄▽ ̄)

そして、テーブルにサイドメニューの案内が貼り付けてあります。

上から替え玉、マヨチャーシューご飯、〆のご飯の並び。
ちなみにこちらの替え玉は、いわゆる味付けしてありそのまま食べる事もできるタイプのもの。
実は私が味付きの替え玉を初めてしたのはこちらでした(∀`*ゞ)エヘヘ

さて、ほどなく完成でーす\(^o^)/

山椒薫るラーメン780円
おぉ~、相変わらずキラッキラですなぁ~(*´▽`*)

では、早速いただきまーす\(^o^)/

まずはスープをごくり。

おぉ~!山椒が効いているなー(≧▽≦)
クラッシュされたフレッシュなぶどう山椒のいい香りとシビレがガツン!
スープのベースは鶏かな?煮干しは使ってない感じ?
旨味と程よい塩加減なのですが、なにせ山椒のインパクトが強くてよくわかりません。

ま、美味しいからOK~(∩´∀`)∩

さて、続いて麺をいただきます。

麺は中細ストレート、シコシコとした食感です。
…あれ?なんか印象が変わったような気がします。

私の中で小池さんの麺はザクパツっとしたものでした。
随分久しぶりに来たからっていうのもありますが、もしかして麺変わったのかな?

続いて、スープの熱で火が入る前に、ピンク色が美しいレアチャーシューをぱくり。

しっとりとしていて舌に吸い付くような質感。

ジューシーな鶏団子。


そして、青菜


たまねきはシャキシャキっとした食感がいい感じ。


さて、残りが1/3くらいになったところで、替え玉をお願いしておきます。
ちょうどよく食べ終わった頃合い出替え玉が到着~\(^o^)/

替え玉200円
うはー、これこれこれ~(≧▽≦)
前回は散々食べた後の〆ラーだったから替え玉はさすがに出来なかったんだよね。

目の前に来た時から漂ってくる、ニボ粉のいい香り。

思わず混ぜる前にひと舐め、うんまい!( *´艸`)♡

では、熱いうちによく混ぜて~…

いただきます!(再)\(^o^)/
ほかほかの麺に煮干し味の醤油ダレがとってもうまい。
ただやっぱり麺はパツっとした感じではなく、どちらかと言うとぽくぽく?とした感じかな(∀`*ゞ)エヘヘ

さぁー、この替え玉の魅力はこれだけじゃありません。
ここからは色々とアレンジをしていきます!

まずはお酢を少々。
この替え玉は油そばのような感じなので、お酢をかけるとさっぱり、お酢の香りも華やかないい感じ。

そして、残りのスープでつけ麺風にもしたりして(*^-^*)♡


食べ進めながら小さめのサイコロ状のチャーシュー、シャキシャキ玉ねぎもガツガツ(^○^)


最後はスープと一味唐辛子をかけて…

うん、このキリッと辛味の立った一味唐辛子がいいアクセントになりますね~。


ぷはー、ごちそうさまでした~(*^▽^*)
小池さんに来て替玉すると満足感がやっぱり違うな~。

ちなみに?同僚も初めて味付き替え玉にチャレンジ。
最近ではこのタイプの替え玉を食べられるお店は多くなりましたが、初めてだった同僚はとっても感動していました。
ただし替え玉は1玉分あってラーメン2杯分を食べるような感じになります。
食べる量が人並くらい?の同僚は少なめでお願いしていましたよ(*^-^*)


2017年177杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキングへ

らぁ麺小池さんの食べログ店舗情報はこちら
東京都世田谷区上北沢4-19-18 上北沢ハイネスコーポ1F

らぁめん小池さんで食べたブログ一覧はこちら↓
飲んだ〆に煮干しラーメンを食べた時のブログはこちら
醤油ラーメンを食べた時のブログはこちら
味玉ニボ台湾を食べた時のブログはこちら
【夜限定】油そばを食べたときのブログはこちら
淡麗味玉ラーメン(白)を食べた時ノブログはこちら
【限定】イカ煮干そばを食べた時のブログはこちら
淡麗 特製煮干し醤油ラーメン食べた時のブログはこちら



コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)


同僚とのラーメン部会の記録まとめはこちら
スポンサーサイト

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

【番外編】SOMTUM DER TOKYO(ソムタムダーとうきょう)(代々木)/センレックトムヤムクン×ミニソムタム

さて、今日のブログは番外編。
友達が食べに行っていて気になった本格タイ料理のお店に行ってきました。


では、そのお店はこちら~\(^o^)/

SOMTUM DER TOKYO ソムタムダーとうきょう
(代々木・東京都渋谷区)
2017,9,19訪問

こちらのお店は2017年9月13日オープン。

タイ・バンコクの人気店で海外初出店となったニューヨーク店はミシュランの星も獲得。
本格タイ料理、特にタイ東北部・イサーン地方の刺激的な味が堪能できるとのこと。

ま、私はそこまでタイ料理に詳しくないのでイーサン地方が…と言われてもよくわからないですけどね(∀`*ゞ)エヘヘ
ちなみに?ミシュラン1つ星店に一人で行くのはなんだかもったいないので、タイ料理をよく食べてるお友達もお誘いしました~。

さて、こちらのお店の最寄り駅はJR代々木駅、または小田急線の南新宿駅。
ですが、私は自分に使い勝手のいい新宿駅から歩いてお店へ。

道順としては新宿駅新南口を出たら甲州街道を都庁方面へ。
西新宿二丁目交差点1つ手前の脇道を左折して道なりに歩けばほどなくお店。
小田急線の線路のすぐそばに位置しています。

到着した時刻は昼12時半過ぎで店前には約10人弱ぐらいの並び。
並んでいる人は近隣で働いている人から、この近辺の学生さんという雰囲気の人まで。
そして、一人よりはやっぱり2人以上で並んでいる女性の方が多い感じですかね。

さて、先に着いていた友達から店前にメニューがあることを聞いて、ちょっと列から外れてチェックをしに行きます。

おぉぉう~(´゚д゚`)
うぉー、すっごい数があって目がキョロキョロしちゃいます~💦

まぁ、こちらのお店は普段のラーメン屋さんとは違って券売機とかありません。
席に着いてからじっくりメニューを見てオーダーできますのでご安心を(*^-^*)

そんな訳で、並び始めて30分ほどで店内に。
案内された席に座ったらまずはメニューをチェック。
入口付近にあった立て看板から分かる通りメニューはかなり豊富です。
なので私たちはランチセットっぽいメニューの中からチョイスすることにしました。

まずはこちらの店名にもなっているソムタムが食べれられる「ミニソムタムセット」のページ。


「ワンディッシュランチ」のページ


ランチセット

これはイーサン地方の料理が数種類少しずつ食べられるって感じなのかな?(・∀・)

うーん、色々あって迷いますがここはやっぱり名物のソムタムも食べたい。
という事で、ミニソムタムのセットから私はお米の麺センレック入りのトムヤムクン。
友達はマッサマンカレーをチョイスしてオーダー。
すると、スタッフさんから「結構辛いので辛さ控えめもできます」とのご案内。
友達はそのまま、私は辛さ控えめにしてもらいました(∀`*ゞ)エヘヘ

さて、待っている間は店内の雰囲気などを確認。
客席は2人掛けのテーブルが等間隔に並べられていて、席数は割とある方。
ま、ですがゆったりとはちょっといい難いかな?

ちなみに奥にある厨房の前にはカウンターボードの高いカウンター席もありました。
ですが訪問時は使っていないようで、1人のお客さんも2人掛けテーブルに案内されていました。

店内の造りは高い天井に暖色系の明るさがあり、とってもオシャレ。
よく入るタイ料理のお店が屋台風だとしたら、ソムタムダーさんはリゾートの雰囲気ですね(#^^#)

ただ、そのせいもあってか食べ終わってものんびりとおしゃべりをしているお客さんが結構いました。
お値段もちょっと張りますし、ゆっくりする気分は分かります。
ですがランチとしてはお客さんの回転率はあまりよくないようです。

さて、しばししてまずは友達のオーダーしたセットが到着。

マッサマンカレー、ミニソムタム1,200円※税抜き
あれ?写真に比べてちょっとカレーの具が寂しい感じがしますね…(・∀・)
ま、でも味見させてもらったけれど、味はバツグンに辛くて美味しかった!
特にスパイスの効かせ方がさすが本格的って感じ。

ちなみに、テーブルの上にはスプーンとフォークが人数分お皿の上に乗せてあります。

狭いテーブルにこのサイズのお皿は邪魔では?と思いましたが、この謎は最後に解けますよ( ̄▽ ̄)

さて、友達が食べ始めて結構経ってもなかなか私のトムヤムクンが来ません。
カレーは完成するのが早いからかな~と思うけど、呼び水(マッサマンカレー)のおかげでペコ腹が加速!
同じテーブルに座って一緒に出てこないのは、オープンしたばっかりだからですかね?

そんな感じで待つこと、遂にお待ちかねの私のオーダーが到着~(∩´∀`)∩

センレック トムヤムクン、ミニソムタム1,300円※税抜き

お腹も空いているので、早速いただきまーす\(^o^)/

まずは店名にも付いているソムタムをぱくり (^○^)

わ、辛いっ!!(@ ̄□ ̄@;)!!
あまりの辛さに慌ててお水をゴクリ。
友達に同意を求めるも、友達は辛いけど美味しく食べられるとのこと。

うむむ(*´Д`*)マジか…

ま、でも、このあとかかっているタレなどをよく混ぜてから食べたら、甘酸っぱ辛くて美味しくなりました(〃'∇'〃)ゝエヘヘ
そして、たっぷりのピーナッツの香ばしさと甘みもいいアクセントになっています。

そうそう、ちなみにソムタムの基本は青パパイヤ。
この白い細長いものがそうです。
シャキシャキとした食感が食べてて心地いいですよ((* ´艸`))

さて、ソムタムダーですが、やっぱり私は麺が好き。

と言うことで、センレック トムヤムクン~♪( ´θ`)ノ

それでは、まずはスープからごくり。

うぉぉぉ~!
こっちも辛いっ!!(@ ̄□ ̄@;)!!

辛さ控えめのはずなのに、この辛さ大丈夫か?

でも、このトムヤムクンスープ今まで食べたものと比べてみるとコクがあってクリーミー。
海老のいい香りとスパイスの効き具合が本当に絶妙。

さて、麺は幅広のお米の麺センレック。

ぺろりとした質感で、舌を優しく撫で上げます。

具材は結構大きめの海老がごろごろっと。

プリッとしていてうんまいです♡(≧▽≦)

そして、その他にはもやし、エリンギ、しめじなど。

トムヤムクンにやっぱりきのこ類は欠かせませんよね~(*´▽`*)

さて、汗をかきかき食べ進めます。
辛味がどんどん下に溜まってくるけど、その分スープの温度が下がってきて食べやすくなってもきました。
しかも、お店の店員さんがこまめにお水を継ぎ足しに来てくれます(*´ω`)
なんかその目も優しくて、なんとなく応援してもらっているような気にもなりました。

さて、トムヤムクンスープの中身は全部食べ終え終了です。

ごちそうさまでした~(*´▽`*)
これは辛いけどすごいクセになる~!(≧▽≦)

全部飲めなかったのは残念だけど、途中でマッサマンカレーを食べ終わってしまった友達。
余ってしまったご飯に私のトムヤムクンかけて食べてましたよ(〃'∇'〃)ゝエコロジ~

さてさて、このトムヤムクンスープの中、具かなと思ってかぶりついたらでっかい生姜?だったりと食べられない具材がたっぷり。
並べてみるとこんな感じ。

こちらは食べられないけど、でもこの美味しさにはこんなにたくさんのものが必要なんだな~、と素直に感動。
そして、大きいお皿はこれらの物を置くためにもあるんですね(*^-^*)

さて、食後はスタッフさんにお声がけしてテーブルでお会計。
そして、ここで初めて税別だったと気づき、私のお会計は¥1,300→¥1,404でした。
ちなみに私が普段、新宿付近で利用するタイ料理店のランチは大体700円前後なので、デイリーなランチとしてはちょっと使いづらい値段設定かな?( ̄▽ ̄)エヘヘ

ただ美味しさとお店の雰囲気とかを入れれば特別な時にはいいかも。
夜に何人かで来て色々頼むのも使い方としては楽しいかもしれませんね(・`◡´・)ゝ



ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキングへ

SOMTUM DER TOKYO(ソムタムダーとうきょう)さんの食べログ店舗情報はこちら

SOMTUM DER TOKYO(ソムタムダーとうきょう)のホームページはこちら
東京都渋谷区代々木1丁目58−10

備忘録?
メニューの他のページもとりあえず写真があったものは乗せておきます(*´σー`)エヘヘ

お店の名物「ソムタム」のページ
  
揚げ物
 
グリル

スパイシーサラダ
  
スープ

ライス&ヌードル
fc2blog_201710151542434cd.jpg fc2blog_20171015160607fa3.jpg
タイ中部のオススメ料理

サイドディッシュ&デザート&お飲み物一部

摂り忘れたページもあるかもしれませんがご参考までに~(*‘∀‘)


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

麺屋 坂本01(王子)/【夜限定】汁なし担々麺

さて、この日の夜は同僚たちと定期的に行ってるラ部活の日。


今回のお店はこちら~\(^o^)/

麺屋 坂本01
(王子・東京都北区)
2017,9,15訪問

こちらの店は2017年4月にオープン。
オープン当初は昼営業のみでしたが、ついに9月1日より夜営業がスタート!
しかも、基本的に定休日なしという嬉しい営業変更。

同僚とのラ部活はどうしてもお互いのタイミングてきに夜開催。
なので、夜営業が始まったらぜひ連れて行きたいと思っていたんですよね~(≧▽≦)

さて、それでは仕事終わり同僚と3人で降り立ったのはJR京浜東北線・王子駅。
王子駅北口から北本通りをしばし真っ直ぐ、脇道にそれる辺りからは地図アプリを頼りに歩きます。

ちなみに、その他に東京メトロ南北線・王子神谷駅。
JR東十条駅からも徒歩10分前後と意外と最寄り駅が多いですよ(*‘∀‘)

さて、ほどなくお店に到着するタイミングで遠くに明かりの灯った看板が見えてきました。

え?お好み焼き屋さん?と思いますよね(*^-^*)
でも、実はこれが麺屋 坂本01さんの目印。
元々、お好み焼き屋さんだった物件を改装して作られたお店で、今でもこの看板が残っているんです(*^-^*)

そんな事を同僚に説明しながら、意外とすんなりお店に到着。

外の表札やお店の外観をちょっとチェックしてから入店でーす\(^o^)/

扉を開けて中に入るとなんだかスパイシーないい香り。
そして、入ってきた私たちにご店主さんとスタッフさんからいらっしゃいませのお声がけ。
軽くぺこりとご挨拶をしてから券売機に向かいます。

券売機は入口入って右手直ぐに設置。

基本メニューは中華そば、8月中旬くらいからレギュラー入りした塩そば。

そして、訪問するちょうど1週間前から始まったばかり、夜限定の汁なし坦々麺。

さて、こちらへ向かう道すがら、どれにするか3人で話し合った結果?
なかなか夜ラーはしないので私は夜限定の汁なし坦々麺。
同僚はそれぞれ中華そば、塩そばをチョイス。

ふっふっふ(ΦωΦ)(ΦωΦ)(ΦωΦ)、これなら全部の味が楽しめるね~。

それでは、購入した食券を持って空いている席へ。
ま、実は3人並びで空いている席がなく、先に座っていたお客さんが気を効かせて席をずれてくれました。
ありがとうございます(*´ω`)ペコリ

さて、食券をお店の方に渡したらセルフサービスのお水の準備。

ちなみに、ウォーターサーバーとグラスは券売機横。

後は完成するまでおゃべりをしつつ、店内をキョロリ。
ダーツの的に付けられた「夜営業始めました」の文字をみて思わず感謝。

おかげさまで?同僚に食べて欲しかったお店に来れるようになりましたよ~(*^-^*)

さて、そんな感じで待つことしばし完成でーす\(^o^)/

【夜限定】汁なし担々麺追い飯付き850円
うひゃー、麺線がとっても綺麗~(≧▽≦)

そして、食べる前から薫る山椒のいい香りがたまりません~( *´艸`)

ちなみに、提供時に「よく混ぜてからお召し上がりください」とご店主さんからご案内。
いやー、これを崩してしまうのがなんだかもったいないです(≧▽≦)

でも!!もちろん、いただきまーす\(^o^)/

では、レンゲとお箸を使ってぐいぐい、まぜまぜ。
よーく混ざったところで、がぶり~(^O^)

お!ウマ辛シビレっ!!(≧▽≦)
まず最初に来るのはフレッシュな山椒のシビレ。
そして、坦々ダレらしいゴマのクリーミーな甘さと肉餡の持つ旨味。
こちらの坦々ダレの辛さはほどほどなので、辛さ耐性がほどほどの私でも旨味が感じやすいですね。

そして、そんな坦々ダレに合わせた麺は中細ストレート。

がぶりとかぶりつけば、少し伸びるというか?グニグニとした弾力。
柔らかめで坦々ダレとの絡みがとってもいいです。

さて、最初は辛さほどほどと言っていましたが、食べ進めていると段々舌に辛さとシビレがたまってきます。
思わず追い飯ようのごはんをそのままぱくり。

お、うんまい!(*‘∀‘)
こちらのご飯は出て来た時から見た目ツヤツヤ。
そうじゃないかな~と思っていたのですがお米がとっても美味しいです。

そう言えばこちらのメニューに「炙り叉焼ご飯」ってあったよな~。
そう思って後で券売機の写真を見返してみたら、なんとそのボタンなくなってしまってました(≧◇≦)ガーン!!
ちなみにお店のTwitterによると、現在美味しい丼物試作中!とのこと。
次に来る時、ご飯物あったら食べてみたいですねー(*´з`)

さて、麺と坦々ダレと肉餡の他はクレソン。

ほんのり苦みがあるけれど、途中で齧ると口の中がさっぱりとしていい感じ。

さぁ、途中で同僚と味比べもしつつ食べ進め、気づけば麺を完食。


それでは最後のお楽しみ、追い飯~!( ´͈ ᗨ `͈ )◞♡⃛

実は、タレの残り方がちょっと少ないかな~と思っていました。
でも、混ぜてみるとそれも踏まえての追い飯量と実感。

それでは、よく混ぜ合わせてガツガツ!

綺麗にご飯と肉餡を攫って…


ごちそうさまでした~(*´▽`*)
ひゃー、辛さ控えめでも結構シビれたな~。

さぁさぁ、同僚の食べた他の2杯もご紹介。
まずはオープン当初から提供されていた、こちらのレギュラーメニュー。

中華そば500円
動物系スープに牛脂の脂を使った香油がポイント!
玉ねぎのみじん切りにおろしたてのぶどう山椒がアクセントになっていておいしい。
しかも、これでワンコインはすごいですね。

そして、最近レギュラー入りしたこちら。

塩そば650円
こちらも動物系スープを使った塩味ですが、山椒などがない分優しい味わい。
少し降ってあるブラックペッパーがいいアクセントで、食べるほどにじんわりと沁みてきますね( *´艸`)


2017年176杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキングへ

麵屋 坂本01さんの営業状況などがわかるTwitterはこちら

麺屋 坂本01さんのラーメンデータベースはこちら
東京都北区王子3-8-6

特製わんたん麺+焼豚トッピング※シェアを食べた時のブログはこちら


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)


同僚とのラーメン部会の記録まとめはこちら

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

中華そば しば田(仙川)/味玉 中華そば+炊き込み飯

さて、この日の私は前日からここに来ようと心に決めてました(≧▽≦)


そのお店がこちら~(∩´∀`)∩♡

中華そば しば田
(仙川・東京都調布市)
2017,9,14訪問

こちらのお店は言わずもがなの超有名店。
その人気ゆえに食べに来ようと思うと、私はちょっと心構えと気力?が必要になります。

さて、そんな中華そば しば田さんは最寄り駅の京王線・仙川駅より徒歩約10分。
てくてくとなれた道を歩き、間もなくお店。
さぁ、今日の並びはどうだろうか~(*´з`)ドキドキ

え、アレ?(・∀・)外並びない!!

この日の天気は快晴、気温もちょっと高くラーメン日和と言うよりつけ麺日和。
到着時刻はランチタイムを外してた13時過ぎですが、この時間帯だからって並ばないこと今までありませんでした。
いつもは並んでいる人が多くて、なかなか堂々と撮れない店前。

なので!こんな写真も今日は撮れちゃいます(≧▽≦)
みんな、マナーを守って仲良くねっ。

さて、それでは気が済んだ所で入店でーす\(^o^)/

いつもはジョシュさんのお声がけで店内に入るので、自分で開ける事のない引き戸。
そっと扉を引いてちらりと中を覗けば「いらっしゃいませ」のお声がけ。
そして「あ、お久しぶりですねー」とご店主さんとジョシュさんの笑顔が迎えてくれます。
「どうも、お久しぶりですー(*´ω`)」

さて、挨拶もそこそこに、ちょうど空席が1つ残っていたのでまずは食券の購入です。

こちらの基本メニューは鴨を使ったスープの「中華そば」、それと「煮干しそば」の2種類。
それぞれスープに麺の入ったラーメンとつけそばがあり全4種。

ちなみにどちらも美味しいので、とっても迷ってしまいます。
なので、迷わないように私はいつも中華そばと煮干そばを交互に食べる決まり。

あ、しかも炊き込みごはんまだ残ってた~(・∀・)♡

と言う訳で、今日はこのラインナップ~!

炊き込みごはん、この時間じゃもう売り切れていると諦めていたのでとっても嬉しいです( *´艸`)

さて、それではオーダーが済んだらまずはセルフサービスのお水の準備。
その後はのんびりと完成を待ちながら、調理の合間にご店主さんとジョシュさんとお話を。
そして、休憩中だった新ジョシュさんにもチラリと会うことができました。
さらに待っているとあれよあれよという間に外待ちができ始めて、本当に今日はラッキ―の連続。

そんなこんなでウキウキ待つことしばし、完成でーす\(^o^)/

味玉 中華そば880円
ふふふ( *´艸`)琥珀色の醤油スープが美しい~。

そして、こちらのすぐに到着。

炊き込みごはん150円

並べてみるとこんな感じ。

落ち着いた木製のカウンターテーブルの色合いまで入って、一つの絵になりますねぇ~(*´ω`)ジュルリ

では、さっそくいただきまーす\(^o^)/

まずはお久しぶりの中華そばのスープをごくり。

うはー(≧▽≦)旨味が濃ーい!!
濁りのない美しい醤油色、鴨出汁の甘みとコクがすっごくしっかりと出ています。
しかも、アツアツで身体に浸みる~( *´艸`)♡

続いて麺を。

麺は全粒粉入りなのか、粒々が麺肌に見えるさっくりとした細麺ストレート。
甘い鴨出汁を程よく纏い、啜り上げると顔の辺り一面に醤油のいい香りが広がります。
ちょっと日本蕎麦の鴨南蛮とかを思い出せる雰囲気もあるかな~(*´▽`*)♡

さて、普段はそのままチャーシューを食べるのですが、前回やって美味しかったのでこれからお先に。

炊き込みごはんのチャーシュー巻き
ふんわりと炊き上げた優しい味わいのお米に美味しいチャーシューがたまりません。

もちろん、そのままでもぱくり。

あれ?前よりも炊き込みごはんのお出汁が煮干強めにシフトしてますね~(*‘∀‘)
鴨出汁の中華そばと煮干し出汁の炊き込みごはんの組合せ。
これはある意味煮干そばを頼まなくても煮干出汁が味わえてなんだかお得。

んー、でもあえて煮干そば×煮干し出汁の炊き込みごはんでダブルに煮干を楽しむのもいいかも( ̄▽ ̄)♡

さて、その他にはさっくりとした平メンマ。


薬味はカイワレとネギ


味玉は相変わらずの美しい橙色。

お出汁の沁み具合がたまらんです~( *´艸`)♡

炊き込みごはんはついついそのまま、またはチャーシュ巻きでガツガツ。
なので、スープごはんにする分がこれしかなくなちゃいました。

お気持ちスープごはん…なんてね(∀`*ゞ)エヘヘ

さて、麺もごはんも食べ終わる頃、アツアツから程よく温度の下がったスープはまたひと味違う味わい。
醤油のスープってここがまた美味しいんだよね~。
そんな事を考えながら、スープを味わっていたらついつい完飲(∀`*ゞ)エヘヘ

ごちそうさまでした~(*´▽`*)
アツアツ、旨味の強い鴨スープでとっても身体があったまりました。
順番的に次は煮干そばを食べる予定だけど、この鴨出汁は冬にこそぴったりな味なんじゃないか?
きっと次の訪問は冬、悩まないための自分の決まり事がもしかして失敗だったりして…。

ま、ルールも大切だけど、柔軟な心も大事だよね…(*´з`)


2017年175杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキングへ


中華そば しば田さんの食べログ店舗情報はこちら
東京都調布市若葉町2-25-20

中華そば しば田さんの営業状況などが分かるTwitterはこちら

味玉煮干そば+炊きこみご飯を食べた時のブログはこちら
【WORKSHOPコラボラーメン】鶏醤油らぁ麺(大つけ麵博2016)
味玉中華そば+炊きこみご飯を食べた時のブログはこちら
つけそばを食べた時のブログはこちら
味玉煮干そば(塩)を食べたときのブログはこちら
初めて中華そばを食べた時のブログはこちら


おまけ
先輩ジョシュさんオススメ、しば田さんの隣にあるパン屋さんにも初めてお立ち寄り~\(^o^)/

ムッシュ・ピエール
時間的にあまり種類がありませんでしたが、その中から小ぶりでお手頃なパンが2つ購入。
買ったのは小さめのバケットとチーズ入りの丸型のパン、どちらもとても美味しかったです。
ちなみに、仙川で好きなパン屋さんAOSANにもお立ち寄り。
中華そば しば田さんへ来ると、ついついパンもいっぱい買ってしまいますね(∀`*ゞ)エヘヘ



コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

澄まし麺 ふくぼく(牛込神楽坂)/澄まし麺 盛り増し+名物 鴨出汁ごはん

さて、朝の通勤中「今日はどちらに行く予定?」と友達から連絡が。
うーん…(´-`).。oO、今日はあっさり気分なんだよねぇ~。


と言う訳で、いくつか出した候補の中から私が行ってみたかったお店へ行くことに。
そのお店がこちら~\(^o^)/

澄まし麺 ふくぼく
(牛込神楽坂・東京都新宿区)
2017,9,12訪問

こちらのお店、夕方17:30~は「蒼穹(そうきゅう)」さんという割烹・小料理店。
ランチタイム11:30~14:00の約2時間半の間だけ、この「澄まし麺ふくぼく」さんとして営業しています。
ちなみに?後で蒼穹さんのお店情報を見たら、予算設定1万円~になっててびっくり。
さすが神楽坂と言ったところでしょうかね?(;^ω^)エヘヘ

さて、こちらのお店の最寄り駅は都営地下鉄大江戸線・牛込神楽坂駅。
ですが、私は自分に使い勝手のいいJR飯田橋駅西口から歩いて向かいます。

地下鉄メトロ東西線・飯田橋駅から来た友達とは、駅西口から右手方向「神楽坂下交差点」付近で合流。
ここからは神楽坂と言えばの「神楽坂商店街」の坂道を友達とおしゃべりしながら登って行きます。
「神楽坂上」交差点の手前の脇道を右に曲がれば間もなくお店。

お店が近づくにつれてまずは見えてきたのがこれ。

この日はあいにくの雨模様でしたが、この山吹色の掛け看板はとっても目立ちますね(*´ω`)

さて、店前にメニューがあったので、まずはこちらをチェック。

こちらの基本メニューは「澄まし麺」と「醤油かけ麺」。
そして訪問時はまだ暑さが残っていたこともあり「涼し麺」がラインナップ。

店前でメニューを見ながら友達とアレコレと話していたら、引き戸ががらりと開きました。
どうやら、お店の方が気づかれて扉を開けてくれたようです(〃▽〃)ポッ

「いらっしゃいませ」のお声がけに促され、まずは入口付近にある券売機で食券の購入です。

券売機の並びは上から「澄まし麺」「醤油かけ麺」。
鴨出汁ご飯の下に並んでいたのは「自家製 麺のおとも」と言ういわゆるトッピングメニュー。
左から「釜あげ豚」「だし炊き鶏」「海老すり身蒸し揚げ」。

ま、でもこの時私は自分の食べるものに一直線で全然見てなかったんですけどね(∀`*ゞ)エヘヘ
ちなみに後ほど、隣に座った人のオーダーからこれに気づくことになります。

さて、購入した食券をその場でお店の方にお渡し。
増し盛りがサービス中だったので、私も友達も麺増し盛りでお願いしました。

さぁ、それでは席へご案内。

温かみのある照明に、木のぬくもり、カウンターテーブルはかなり広く奥行きゆったり。
ここがラーメン屋さんではなく割烹料理屋さんであることを実感します。
店内客席はカウンターテーブル10席、4人掛けのテーブル席が2卓。
厨房はカウンター席の向こう側にあるようですが、仕切りがあり小窓?のような場所から配膳されています。

調理場の方がどれくらいいるのかわかりませんが、カウンターの内側に1人。
ホール係2人と店内を行き来しているのは女性のスタッフさん。

席に着くとまずは温かいほうじ茶。

そして、薬味ともう割ってある高級な?割り箸が到着。
おぉ~、なんかとっても上品です~(*´ω`)

ちなみに薬味は極薄に切られたネギ、それとアオサ海苔。


さて、それではお茶を飲みつつ他のものもチェックします。


卓上調味料はかなり種類豊富。

左から黒胡椒、昆布酢、特製醤油、胡麻油、山椒醬。

解説によると初めはそのままで食べてみて、途中で味変に調味料や薬味をお使いくださいとのこと。

ちなみに、澄まし麺には胡麻油、醤油かけ麺は山椒醬、味が薄ければ特製醤油を。
そして、涼し麺には昆布酢と山椒醬というように合う調味料もキチンと書いてありました。

おぉ~(・∀・)色々楽しめそうでいいですね~。
そんな感じでワクワクしていると、まずはこちらが到着。

名物 鴨だしご飯380円
そう言えば?こちらのお店が始まったのは今年2017年の4月。
その当時から「名物」と付いているこの鴨だしご飯は、きっと夜の割烹料理屋「蒼穹」さんの名物なんでしょうね(*^-^*)

さぁ、そして澄まし麺も完成でーす\(^o^)/

澄まし麺(増し盛りサービス)700円
うわぁぁ~、すごい綺麗~(*´▽`*)
大ぶりの椀の赤茶色に映える黄金色の麺が美しいですね。
それに、出て来た瞬間からふわりと漂う鰹節のいい香りがたまりません~。

それでは、早速いただきます( *´艸`)

そうそう、こちらのお店にはレンゲはありません。
きっと「澄まし麺」→「澄まし汁」のようなイメージなんでしょうね。

と言う訳で、器を両手で持ってまずはひとくち。
ごくり。

おぉー、美味しい~(n*´ω`*n)
鰹節と昆布で取った正に美味しい和風のお出汁はしっかりといい塩梅の塩加減。
アツアツで口の中いっぱいに広がる鰹の豊かな風味に身体がとっても喜んでいます。

さて、続いて麺をいただきます。

麺は細麺でちょっと縮れたもの、食感はサックリ。
麺を啜り上げ続けると、鼻孔をくすぐるいいお出汁の香りにクラクラ、ふわふわします。
しかも、食べ続ているとアクセントのように爽やかな柑橘系のいい香りがしたりしなかったり…(*´ω`)ムフー♡

少し食べた所で薬味を投入します。


ちょっと馴染ませてからぱくり。

うん(*´ω`)、ネギの清涼感は定番の美味しさ。
そして、海から生まれたアオサ海苔は鰹や昆布との相性もいいですね。

さて、鴨だしごはんもいただきます。

ほんのりと優しい味付けの鴨だしごはんはほんわりとした炊きあがり。
具材としてきのこ、ゴボウなんかも入っていていい香りが秋の訪れを楽しみにさせてくれますね(*^-^*)

さぁ、それではそろそろ終盤。
オススメの胡麻油で味変をしてみます。

ま、実際はそのまま投入してしまうのがなんだかもったいなくて、薬味のお皿の方へ胡麻油をたら~り。
麺を胡麻油に絡めながら食べてみました。
で、その感想はもちろんうんまい!!(≧▽≦)♡
香油の使っていない澄まし麺のスープはそれはそれで美味しい。
ですが、胡麻油のコクが加わるとスープの印象がガラッと変わりますね。

さて、結構スープが多いのですが美味しくてゴクゴク。
するとあるものを発見!

食べていると時々感じていた爽やかな香りの正体は柚子皮だったんですね(*^-^*)

では!残ったスープと一緒に柚子皮もがぶり。

ごちそうさまでした~(*´▽`*)
あぁ~、身体に美味しいお出汁が浸みた~。
実は見た目がすごくシンプルなので、味が薄いのかなと来る前は思っていました。
たけど、食べてみたら旨みが本当にしっかりと出ていて味を濃くするための調味料はいりませんでしたね。

ちなみに友達は私と違うこちらのメニューをオーダー。

醤油かけ麺増し盛りサービス700円

もちろん( ̄▽ ̄)味見させてもらいました。
醤油かけ麺の麺はもちもちとした角中太ストレート。

茹でた麺に醤油をかけただけとのことですが、この醤油が美味しかった。
しかも、卓上にある色々な調味料と合わせると油そばのような雰囲気にもなります。
特に山椒醬を使うととても個性的でいいアクセントになっていましたよ。

ただ美味しいお出汁を味わいたいから、次も私は澄まし麺選んじゃうかも~(∀`*ゞ)エヘヘ
ま、兎にも角にも、シンプルイズベストを極めた1杯はとっても美味しかったです!


2017年174杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキングへ

澄まし麺 ふくぼくさんの食べログ店舗情報はこちら
東京都新宿区神楽坂5-7


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

お知らせ
ラーメンブログランキングに参加しています(^ム^)
プロフィール

もりみ

Author:もりみ
1日1ラーメン食べられたら幸せですが、周りが心配しますし体力的にも経済的にも無理なんでボチボチやってます
(*^^)v

最新記事
カテゴリ
タグ

新宿区 杉並区 小金井市 渋谷区 中野区 千代田区 武蔵野市 調布市 豊島区 北区 埼玉県 番外編 練馬区 中央区 荒川区 台東区 世田谷区 千葉県 三鷹市 青梅市 港区 国分寺市 ラーフェス 立川市 品川区 文京区 葛飾区 目黒区 神奈川県 カップ麺 大田区 昭島市 江東区 墨田区 福生市 板橋区 国立市 チェーン店 ラー飲み うどん まとめ 江戸川区 府中市 西東京市 曙橋 足立区 閉店 八王子市 東大和市 茨城県 浜田山 国分寺 自宅麺 日本蕎麦 練馬 コラボ 阿佐ヶ谷 日野市 町田市 蕎麦 あきる野市 小平市 

ラーメンブログ リンク

ラーブロ
ラーメンブログ専門リンク集「ラーブロ」に登録しました
\(-o-)/設定ってむずかし~
月別アーカイブ
FC2カウンター
訪問ありがとう~
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード