fc2ブログ

【番外編】関西風手打うどん いらっしゃい (入谷)/ゆずきり(冷)

さて、本日のブログは番外編~!(∀`*ゞ)エヘヘ
以前、友達が食べに行っているのをSNSで見かけていたお店。
気になっていたうどん屋さんに行ってきました~♪



で、そのお店がこちら~\(^o^)/

関西風手打うどん いらっしゃい
(入谷・東京都台東区)
2021,9,22訪問

こちらのお店、ブログを書くにあたって調べましたが開店日は不明。
ですが、とあるブログによればこちらの店主さんは以前神田にあったうどん屋さんにいた方。
そのお店は2006年8月頃閉店、こちらのお店の記事の古い物も2006年の物を発見。
これらから2006年8月以降にこちらのお店は営業を開始したものと思われます!('◇')ゞ

さて、そんなこちらのお店の最寄り駅は東京メトロ日比谷線・入谷駅。
出口は2番…なのですが入谷駅は進行方向により出口が選べない物があります。
中目黒方面へ向かう電車に乗っている場合は1番出口から地上に出ましょう。

そして、地上に出たらすぐそばに「言問通り」と「昭和通り」が交わる「入谷」交差点。
目的のお店は「言問通り」沿い、鶯谷駅方面、通りの左側なのでどこかで渡っておきましょう。

さぁ~、そんな訳で入谷駅から徒歩約3分、到着でーす!(/・ω・)/

カラっと晴れたちょっと歩くと暑いと感じるくらいの気温。
入口扉は全開ですが少し通り過ぎるようにして外のガラスに貼られた案内などをチェック。

そこには「関西風手打ちうどん」の文字とうどんを見つめる男性の写真。
この人がご店主さんなのかな~?(・∀・)

そして、その隣には少し日に焼けたうどんたちの写真。
メニュー名とお値段が書いてあり…おぉ、種類が結構豊富だな~(・∀・)

…と、目に飛び込んでくる「全品 冷たいうどん出来ます!」
おぉぉ~♪今日はまだまだ冷たいうどん日和な気がする~(≧▽≦)

何を食べるかはまだ迷うけど今日は冷たいうどんにしようと心に決めた!
よーし、席が空いているうちに入店しちゃえ~♪\(~o~)/

店内に入れば「いらっしゃい、空いている席へどうぞ」とご案内。
この人が店主さんだな~と思いつつ、先客1名様から1番離れた奥のカウンター席へ。

ちなみにこちらのお店の客席は厨房を囲むように作れらたカウンター8席。
1席ごとにアクリル板の仕切り、程よい間隔が保てます。

あ、そうそれから、注文した後、あっという間に満席になりました。
その後も人が帰って行けば誰かがやって来るという感じで人気が伺えました(*^-^*)

さぁ~、どれにしようかな~♪(*‘∀‘)
こちらのお店のメニューは低いカウンター台に貼られています。

上段左⇒「きつね」「まじり」「しっぽく」「野菜」「ゆずぎり」。
下段左⇒「たぬき」「かき揚げ」「うめ」「高菜」「昆布」。

そして、「もり」と「かけ」のシンプルうどんが1番左端。

メニューが横に長いので写真が2つに分かれちゃいました~( ̄▽ ̄)エヘヘ

さて、聞いたことがない「しっぽく」、ちょっと面白そうな「まざり」も気になる。
…が!!冷たいうどんにしても合いそう、美味しそうな…「ゆずぎり」に決定!
「すいません」とお声がけして注文完了。

するとすぐさま薬味の乗った小鉢が出てきます。

薬味はネギ、ごま、おろし生姜の3種類。
ちなみにどうやら生姜は都度おろして添えていらっしゃる様子。
料理に対する丁寧さに思わずにんまりしてしまいます(∀`*ゞ)エヘヘ

あ、そして、ちなみにのちなみにお冷は麦茶なのが嬉しい。

それと?シンプルなガラスのグラスがこのお店の雰囲気にもぴったり!(≧▽≦)エヘ

さぁ、それでは料理が来るまでの間はのんびり、座った席近くにあった本棚を物色。

ぱっと見はうどん関連、ガイド本が目を引きますがそんな中に紛れてウルトラマン!
「週刊昭和38年」なんて本もあり、店主さんの生まれ年かしら~なんて思ってしまう。( ̄▽ ̄)ヘヘッ

ま、でお、今の私にはコレ!!

…アレ?この見た目、表紙は「根津 釜竹」かしら~?(*‘∀‘)
これから来るうどんの前に、うどんな情報収集もしっかりしておくのでした(笑)

さぁ、こんな感じで待つことしばし私のうどんが到着!

ゆずきり(冷)650円
ふわぁ~(*´Д`)♡柚子のいい香り~♪
それもそのはず?見てましたよ!最後に柚子を削り上に散らす手間暇。
こういうちょっとしたことで味ってやっぱり変わりますよね~(〃▽〃)♡

しかも?冷たいうどんを注文するとあったかいお出汁付き。

冷たいうどんは温かいうどんより1工程は多いはず。
それなのにお値段そのままなのはありがたいです~(≧◇≦)♡

さぁ、それではそんな大切にされているうどん。

早速いっただきまーす!!

まずはたまらず、うっ、どーん!!\(≧▽≦)/

箸で掴んだうどんはかなりの太さですが、その中に細いうどんが紛れていて思わずニヤリ。
そして、がぶっとかぶりつき啜り上げるが極太のためそこまで勢いはつきません。
くー!!ワシワシうんまい!!(≧▽≦)♡
コシがあって、噛み締めると生地に含まれた塩気がじわり。
関西風手打ちうどんの何たるかは分かりませんが、私は武蔵野うどん育ち?
だからこのうどんはすっごい好みです~!!(≧▽≦)♡

ちなみに?お出汁は冷でもそこまでひやひやではありません。
でも、程よい温感、お出汁もしっかり効いていてほっとする味わい。

そんなお出汁をたっぷり含む油揚げがこれまたうんまーい!(≧▽≦)♡
追加トッピングなどが出来るか分かりませんがお揚げは何を頼んでも添えたい1品です~

さて、それ以外には出汁が染みたとろとろ昆布。

この部分を食べると昆布の旨味が更にプラス。
箸に絡んであわわとなるがやっぱり出汁にこちらもよく合います。

それから、綺麗な彩りを添えてくれる青菜。

あっさりとした小松菜の茎の部分の程よい食感。
クセのない青菜なので柚子の風味が程よく際立ちいい感じです(*^-^*)

あ、すっかり薬味使うの忘れた~(笑)

そんな訳でネギと胡麻を一度に投入。
おろし生姜はそっとうどんに添えつつ使い切りました。

あ、そして、途中で温かいお出汁もひとくちそのままごくり。
こちらも旨味がしっかりあって、でもあっさりでほっとする味。

そんな訳で最後の〆にとっておき、最後は唐辛子を少し入れてごくり、ごくり。
はぁ~、冷たい(常温うどん・)をいただいた後の温かい出汁めっちゃええわ~(*´Д`)♡

そんな訳で冷たいお出汁も温かいお出汁も美味しく最後まで。

はぁ~、ごちそうさまでした~(*´▽`*)♡
すごく好みのうどんが食べられて幸せ~(*´▽`*)♡
強いて言うなら…大盛にすればよかった!!(笑)

そう、私のいる間にお店に来た人のほとんどが大盛で注文。
私も食べ始めてすぐこれは大盛にするべきだったな~と思いました。(∀`*ゞ)エヘヘ

ちなみにその後、先述した友達から「まざり(温)」がおススメとの連絡あり。
うむ、私、それも気になっていたんだよね~。
次はそれを頼んでみよう!大盛で!!( ̄▽ ̄)フフ




ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキング

関西風手打うどん いらっしゃいの関連サイトはこちら

関西風手打うどん いらっしゃい の食べログ店舗情報はこちら
東京都台東区下谷1-13-10


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)
スポンサーサイト



テーマ : うどん・そば
ジャンル : グルメ

【番外編】自家製麺 うどん 五葵(亀有)/温かいうどん+馬肉+ちくわ天

さて、本日は番外編でうどんのブログ♪
そろそろ追いついてしまいそうでドキドキですが2021年4月末。
ゴールデンウイークの合間の平日に気になっていたお店へ行ってきました。



で!そのお店がこちら~\(^o^)/

自家製麺 うどん 五葵じかせいめんうどん いつき
(西亀有・東京都葛飾区)
2021,4,30訪問

こちらのお店が開店したのは2013年10月。
東京では珍しい富士吉田市のご当地うどん「吉田のうどん」が食べられるお店。
以前よりいつか行ってみたいと思っていたんですよね~(∀`*ゞ)エヘヘ

あ、ちなみにお店に行ってから知ったのですがこちらは讃岐うどんも食べられます。
お店のご案内によれば『噛むうどん』と『喉越しで食べるうどん』が楽しめるとのこと。
まぁ、でも、この時の私は東京じゃあなかなか食べれない吉田うどんがもちろんお目当てです!('◇')ゞ

さて、そんなこちらのお店は最寄り駅のJR常磐線・亀有駅より徒歩約18分。
少し遠いですが行き方は割と簡単、まずはJR常磐線を1つ隣の綾瀬駅方面に向かって歩く。
「千住新宿町線」の通りに突き当たったら左折して後はひたすらまっすぐです。

ちなみに東京メトロ千代田線・綾瀬駅からもほぼ同じくらいの距離。
ちなみのちなみに建物脇には駐車スペース4台分がありますので空いていれば止められます。

ま、春だし~、こんなに天気のいい日だし~、GWっぽいし~
駅からのんびり歩いてもいいですよね~(∀`*ゞ)エヘヘ♡

まぁ、そうは言ってもお店の営業時間中にたどり着かないと食べられません!
なので行きはどうしてもちょっと急ぎで到着~\(^o^)/

…と見えてきたのは見るかにな1軒屋!!Σ(´∀`;)オォ~
でも、これぞ「吉田のうどん」って感じがしますよね!!

ちなみに私も以前、1度だけ旅行で「吉田のうどん」を現地で食べました。
かなり前で記憶が朧げなんですがまるで祖父母の家のようなお店でした。
なので、この外観はもう雰囲気的にもテンションが上がります~\(≧▽≦)/

さて、入店する前に~と目に入った政党風?ののぼりに思わず反応!

あ!コレって「山梨県立ひばりが丘高等学校うどん部」?(*‘∀‘)
以前ニュースで見たこちらの学校が開発した「顎砕きMAX」という吉田のうどん!
ネーミングからもすっごく気になってたんだよね~(笑)

ちょっとした遊び心にニヤっとしつつ、建物外の案内もチラリ。


そして、1軒屋をお店に変身させる幕の看板。

よく見ると「五」の文字には月見をするウサギ。
「葵」の文字は草冠が葵の紋になっていてオシャレ。

…からの入店でーす!!\(^o^)/ワラ

店内に入るとすぐそこは元々玄関スペース?という感じの空間。
そこから1歩入ると客席と目に入るのはストレートのカウンター4席。
カウンター席の前、カウンター台を挟んだ向こうが厨房スペース。

私が案内されたのタイミングもあって奥にある小上がり、8人が座れる大テーブル。
仕切りはありますのでそこは相席でも安心設計。(*^-^*)

ちなみに小上がりスペースはカウンター席後ろから通路を除いた部分一体。
大テーブル以外に4人がけテーブル席が2卓あるので結構な集客力があります。

さて、席に着くとお水の提供。
そして、お店の方から注文はオーダーシートの記入方式とのご案内。

ふむふむ、これに書くんですね~(*‘∀‘)ドキドキ
「分からなければお声がけ下さいね」との柔らかな対応に「はい(*^-^*)」と私。

ではでは…お品書きを見てみましょう~♪\(^o^)/

さぁ、そして、ここで初めて気づく「讃岐うどん」の存在。
ふむふむ…吉田のうどんを食べる場合はオーダーシートの「黒」を選択。
「讃岐うどん」を食べたい場合は「白」側の列にチェックを入れるればいいんだね。(・∀・)

ちなみにメニュー構成はシンプルな「温かいうどん」「冷やしうどん」「冷やしブッカケごはん」。
その下にはどれを付けようか迷っちゃうほど種類豊富なトッピング類がずら~り。
そして、更にその下はお店の方が個々に決めたうどんメニューがこれまた色々。

うわぁ~…こりゃあ迷っちゃうわ~(;´▽`A``
ちょっと他も見てみようとメニューを裏返すとそこにはテイクアウトメニュー。

内容的には店内で食べられるメニューとほぼ同じ、かな?
でも、やっぱり持ち帰ることのできない物もよく見るとあるでしょう。

さて、こっちは…おぉ、平日限定メニューもいっぱい!Σ(・ω・ノ)ノ!

しかも!曜日限定や雨の日限定、○月~○月限定などなど。
こりゃあ何度来ても食べ飽きなさそうです~!(*‘∀‘)✨

さて、後はこちらはお飲み物とおつまみなど。

こちらも品揃え豊富なところを見ると夜は居酒屋使いする人も多いんでしょうかね?
ちなみにGWとは言えど、一応飛び石連休に挟まれた平日。
緊急事態宣言中ということもあり飲んでいる人はいない?もしや提供していない?
ま、おかげでスムーズに入れたのかもしれませんね。(・∀・)

さて、それではオーダーシートに記入してお声がけ。
チェックを見て内容もちゃんと確認してくれるのでひと安心(*^-^*)

…と、ちょっと小上がりからサンダルをお借りして店内奥。
完成まで少しかかるだろうということでちょっとお花摘み(〃▽〃)ポッ

…と出て来て目に付いた場所に気になる冊子を発見。
これは待っている間の時間調整にぴったり~(∀`*ゞ)エヘヘ♡

その名も「UdonNavi」という吉田のうどん専門フリーペーパー。
お店の紹介はもちろんのこと麺の硬さやスープの味噌感などのデータ付。
中でも私が注目したのはお店に置いてある「すりだね」の特徴の記載。

これを読むまで知らなかったんですが「すりだね」とは吉田のうどんに欠かせない調味料。
唐辛子と胡麻、山椒を油で炒めて作るそうなんですが…

お、五葵さんのはちょっとしっとり系ね…(・∀・)フフ
なんて、今知ったばかりの知識をさっそく活用してみました。(笑)

さぁ、そんなこんなで極太のうどんはちょっと長めの茹で時間。
しばし待つこと出てきた私のうどんがこちら~\(-o-)/

温かいうどん520円
+馬肉230円+ちくわ天100円
※訪問時のお値段、2022,3月現在、温かいうどん550円・馬肉260円

うひょ~、めっちゃ茶色~(*‘∀‘)♡♡♡

実は色々あり過ぎるのでちょっと来る前にお勉強してきました。( ̄▽ ̄)エヘ
で!吉田のうどんを食べるなら「馬肉」とオススメしている方が多かったので選んでみました。

さぁ、ではさっそくいただきまーす!\(^o^)/

まずは気になる馬肉をぱくり。

おぉ~、甘辛くてうま~い(≧▽≦)♡
食感がよく食べる牛・豚・鶏とは違うけど味付け濃いめなので違和感なし。
甘辛いタレがしっかり染みてて白いごはんにも合いそうです。

ささっ、お次はうどんが食べたいので長ーいちくわ…


これを一旦、端へ移動させます~。

おぉ、持つと更に長く見えるなぁ~( ̄▽ ̄)ワラ

…お、ちくわと馬肉に隠れていた野菜が見えた!!

ちなみに吉田のうどんと言えばの茹でキャベツと油あげ、にんじん・ネギは基本の具材。

ってことは、讃岐うどんの方で注文しても乗るのかな~?(´-`).。oO
でも、讃岐うどんに茹でキャベツのイメージがないのでちょっと面白いかも。
2つのご当地うどんが合体した感じになるんですかね~

さて、それはまぁ置いといて本命のう・どーん!\(≧▽≦)/

おぉ~、すっごい角ばってる~!(≧▽≦)♡
手元でも感じる硬いうどんは箸で掴んでも制御するのが大変(笑)
ひっぱりあげて啜るの難しいので顔を寄せてがぶり!

ワシワシ!ゴワっし!!

うんまっ!!(≧▽≦)♡♡♡
想像通り?の剛麺、極太うどんはゴワゴワのわっしわし!
噛むとじわーっとシンプルな小麦の味と塩気、優しいお出汁も一緒に口に入っていい感じ。

うわ~、麺の食べ応えがすごいのにお出汁優しい。
でも、物足りなくないのが不思議~♪(*´Д`)♡

さて、そんなお出汁との組み合わせ。

私の中でやはりNo.1は油揚げでしょう~(∀`*ゞ)エヘヘ♡

そして、薄い天ぷら衣に吸わせて食べるのもまた格別。

ちなみに記憶にほぼない私の初吉田のうどん。
でも、ちくわ天はトッピングしたのは覚えてます~( ̄▽ ̄)エヘ
その名残でつい頼んだのですが、こんなに大きくて100円はありがたいです~

さぁ、再びの馬肉…これがやっぱり美味しい~(*´ω`)♡

しかも、食べ進めていくと染みてた甘辛い味がスープへ移る。
吉田のうどんの花形トッピングというのも納得の具材ですね。

ま、でも、甘さが段々スープに移って行きます。

なので、ここで学んだばかりの「すりだね」をちょっと~♪(=゚ω゚)ノ

スープをごくり。

うんまっ!!(゚∀゚)♡♡♡
胡麻の風味がしっかり効いていてめちゃくちゃ合います!
美味しいです!!(≧▽≦)♡♡♡

さて、こうして気が付けばうどんはぺろり。
残すところは名残り出汁とその中に沈む具材たち。

もちろん綺麗に攫って食べますよ♪
はぁ~、茹でる事で甘くなったキャベツににんじん。

そして、細かくはなったけどまだいたよ馬肉♡

まぁ、残す気はサラサラなかったのでお出汁も飲み干しまして終了。


はぁ~、ごちそうさまでしたー(≧▽≦)♡
東京でこんな美味しい吉田のうどんが食べられるなんて嬉しい~♪
しかも、一軒家を改装したような店内、ちょっとした旅行気分も味わえました。

ただ?1点…これはお店とは関係ないんですが…
食べ終わる直前に来た新しいお客さん、靴を脱いで小上がりに上がったら足が…ぷーん…
うぉっと!Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン…なんとも言えない納豆臭?がしていらっしゃいました…

こういうのって小上がりあるある?なんでしょうか?(;´▽`A``
ま、今まで小上がりでそういう経験なかったのでタイミングなんだと思いますが。

ともかく!!メニュー豊富でお店の方々もいい感じ。
ここはまた食べに来たいなと思いました(∀`*ゞ)エヘヘ♡



ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキング

自家製麺 うどん 五葵の公式ホームページはこちら

自家製麺 うどん 五葵の食べログ店舗情報はこちら
東京都葛飾区西亀有3-20-14


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)

テーマ : うどん・そば
ジャンル : グルメ

【番外編】純手打ち讃岐うどん 五郎(錦糸町)/しょうゆうどんセット(ひやひや・大盛り)+ミニちくわこんぶ天

さて、随分と天気がいいと暑いと思うようになった4月下旬。
今日は冷たい麺!つるつる喉越しがあってコシのある麺が食べたい~!



…と、まぁそんなことを考えていたら、友達からそれならあのお店じゃない?
と言われてそうだねっ!と瞬時に昼ごはんが決定しました~!(*≧∀≦*)

で!久しぶりに行ってきたのがこちらのお店。

純手打ち讃岐うどん 五郎
じゅんてうちさぬきうどん ごろう
(錦糸町・東京都墨田区)
2021,4,21訪問

こちらのお店、店名からもわかる通り讃岐うどんが食べられるお店。
そう、前回の立ち食い蕎麦のブログに引き続き今日も番外編です…(〃▽〃)ポッ

ちなみにこちらのお店に来るのはこれで3回目。
そこで?改めてお店の事を調べたところオープンしたのは2013年5月。
うどんを打つ際に使っているお水は秩父奥多摩の伏流水とのこと。
お店の案内にも「水、だし、粉にこだわった本場讃岐うどん」との文言があり納得の味です(*^-^*)

ま、そんな訳でやって来るは3回目なんですが!
最寄り駅の錦糸町駅からは相変わらず友達頼みで連れてってもらいました( ̄▽ ̄)エヘヘ

ちなみに錦糸町駅はJR総武本線と東京メトロ半蔵門線が乗り入れています。

ま、ざっくり後から地図を見て解説しますと錦糸町駅南口からスタート。
「京葉道路」と平行に走る1本駅よりの道をほぼまっすぐ歩いて約5分。
到着した店前は最初の写真からもわかる通り、間隔を空けて行列ができておりました。

ま、実はいつも付き合ってくれる友達1人で並んで食べるタイプじゃないのです。
その為、道連れとして?私を誘ってくれるのでありがたくお店まで連れってもらっております(笑)

さぁ、それでは待っている間に何を食べようか決めておきます~(∀`*ゞ)エヘヘ♡

ちなみにうどんメニューは全部で7種類。
その他、「しょうゆうどん」とかけうどんをセットにしたセットメニュー。
うどんの量は小・大だけがここには書いてありますが特盛もプラス料金での対応アリ。

ま、そんな訳で?私は前回に引き続き「しょうゆうどんセット」!
…の大盛り、麺量3玉分で注文しようと思います!(∀`*ゞ)エヘヘ♡

さぁー、後はサイドメニュー、今日の天ぷらは何かな~(*‘∀‘)

お、気になっていた「こんぶ」の天ぷらが2種類ある!
…むむむ…江戸千住ねぎ…名物の気配がするが…ちくわ天も好き…(=_=)

そんな感じで悩むこと約15分。

案内されて入店でーす!!\(^o^)/\(^o^)/

こちらのお店の客席は広めのスペースに点在するように配置されたテーブル席。
そして、厨房前にあるカウンター席で総席数約15席くらい。

今まで2回ともテーブル席、カウンター席に座るのはこれが初めて~(*‘∀‘)♡

カウンターボードが高めですが、色々飾ってあって賑やかなカウンター上。


そして、通常テーブルに置いてある卓上調味料意外の調味料。

カレー塩、うめ、抹茶…塩?なんかもあったんですね~(・∀・)

その他、目に付いたのは昼営業のお店だけど置いてあったお酒。

よく見ると1番左端にあるのはお店の名前入り、10周年記念の贈り物?
そして、今になって見てみるとこのお酒は秩父の伏流水を使用している有名なお酒。
なるほど、お店のうどんのお水と同じ物が使われているお酒なんですね~(*^-^*)

タイミングが良く初めて座れたカウンター席。
テーブル席は相席になることもあるので落ち着くしいい感じ。

ただ?カウンター席上のメニューを見る時は首が…ぐぎぎ…(笑)
まぁ、外並びある場合は外でメニューを決めるから問題ないんですけどね。

さて、そんな訳で先にメニューが伝えてあることもあり5分ほどでうどん到着!

しょうゆうどんセット大盛り850円
+ミニちくわ昆布天140円

※しょうゆうどん大+ひやひやうどん小の組み合わせ
うひょ~、待ってました~( *´艸`)♡♡♡

こちらが冷たいうどんに冷たいお出汁のひやひやうどん。

ひやひやうどん(小)400円※単品価格

そして、いっぱい食べたいから大盛にしたしょうゆうどん。

しょうゆうどん(大)600円※単品価格
器のサイズが違うのでちょっと見た目では同じくらいに感じますが小は1玉、大は2玉。
ちなみにセット大盛の3玉の配分は逆の組み合わせにももちろんできます。
ただし1.5玉ずつにして!と言うのはできないそうですヨ。( ̄▽ ̄)エヘヘ

さぁー、そして、気になっていたこんぶ天。

どんな感じなんだろうと思っていたけど、結び昆布が天ぷらになってる。
へぇ~、こんな天ぷら初めて見ました~(・∀・)♪

さて、それではそろそろいただいます。

まずは冷たいお出汁をごくり。

はぁー、イリコ出汁うめぇ~(*´Д`)♡
ひんやりと冷たいお出汁、しっかりと感じるイリコの旨味。
ええ塩梅の塩味が効いていて初夏を思わせる今日みたいな日にぴったり。

さぁ、続いて…うっどーん!

冷たいうどんだからヤケドの心配なし!がぶりとかぶりつけばしっかりとしたコシ!
うんまーい!!(≧▽≦)♡♡♡
そして、飲み込む時に感じるこの喉越しがまたたまらん!!

さぁ、お次はしょうゆうどんをいただきます。

まずは出汁醤油をひと回し…

そして、柚子の果汁をお好みで~( `ー´)ノ

後はさっとタレに絡めてうどんをずばばばば~!!(*´з`)

めっちゃくちゃう・ま・い!!(≧▽≦)

出汁醤油の旨味もいいのですが、この柚子の果汁が爽やかで最高。
ちなみに柚子果汁はしょうゆうどんを頼むと出て来る調味料。
なので、どーしてもこれが使いたいならしょうゆうどんを頼まないとなのです~(≧▽≦)エヘヘ

さて、2種類のうどんの味を軽く楽しんだ後は天ぷらをぱくり。

おぉ~、甘じょっぱくて美味しい~(*´ω`*)
五郎名物と聞いていた「こんぶ天」は最初から甘く煮しめた結び昆布。
そこに衣をつけてカラリと揚げた1品、サクっとした外側、柔らかな結び目辺りがまたウマイ。

ただ?…この日の写真は手ブレがひどい(苦笑)
ま、でも、味はちゃーんと覚えていますし、次は江戸千住ねぎバージョンも食べてみたいです(∀`*ゞ)エヘヘ♡

さぁ、なんやかんやでぺろっとひやひやうどんは食べ終わり。

残すところは醤油うどんの最後のひと口。

で、最後はひやひやうどんの残ったお出汁へどぼーん!\(^o^)/

雑な?食べ方で申し訳ないですが、お出汁も残さずいただきたいのと…

ひやひやのお出汁にも追い柚子ちょっとしたいので~( ̄▽ ̄)エヘヘ

まぁ、解説するまでもなく最高に美味しかったでっす♡

そんな訳で綺麗に完食。

はぁ~、ごちそうさまでした~(≧▽≦)♡
火曜・土日がお休みで昼だけ営業のこちらのお店。
ハードルがちと高いんだけど、やっぱり来ると納得の美味しさ。
あー、久しぶりに来られてよかった~♪(*´ω`*)

そして、始めた食べた名物のこんぶ天も美味しかった~。
…それから?ちょっとピンと来なくて敬遠していたネギの天ぷら。
いつもメニューに見かけている気がするので、多分?あっちが本命??
今度、来れたら次こそはアレ!頼んでみようっと~(∀`*ゞ)エヘヘ♡




ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキング

純手打ち讃岐うどん五郎さんの食べログ店舗情報はこちら
東京都墨田区江東橋1-13-1

もっとうどんが食べたい!で「しょうゆうどんセット(ひやひや・大盛り)+いか天」を食べた時のブログはこちら
初訪問、ひやひやうどん(大)+とり天を食べた時のブログはこちら


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)

テーマ : うどん・そば
ジャンル : グルメ

【番外編】根津 釜竹(根津)/大盛 釜揚げうどん

さて、今日のブログは2回目の緊急事態宣言解除になってから約2週間弱の頃の話。
解除になってもまだまだ寒い2月の半ば、人手はまだまだ少ない。
そんな訳でまだ営業を再開していないお店もあったりと食べ歩きもこわごわ?

うーむ、こんな時こそ混雑必至な人気店に行ってみよう~!!
しかも?気になっていたうどんの名店に行ってみよう~!!



さぁ、そんな2つの理由から行ってきたのがこちらのお店。

根津 釜竹 ねづ かまちく
(根津・東京都文京区)
2021,2,18訪問

こちらのお店の本店は大阪府羽曳野(はびきの)市にて1985年創業開始。
東京初進出となるこちらのお店は2005年にオープン。
地元の人でその存在を知らない人はいないといわれるうどんの名店。
ミシュランのビブグルマン、食べログの「うどん TOKYO 百名店」にも名を連ねています。

さぁ、そんなこちらのお店の最寄り駅は店名からも分かる通り東京メトロ千代田線・根津駅。

1番出口から地上に出たら斜め右方向に見える「赤札堂」の方へ。
赤札堂のちょうど左横を走る「言問い通り」を次の信号が見えるまで直進。
信号を右に入って少し歩くと笹?篠?で覆われた立垣が見えてきます。

そして、ちょうどどの立垣が終わる角を右に入るとお店へ続く小道。
こんな景色が見えてきます~

おぉ、なんとも品のある造りです~(*‘∀‘)ウワ~♪

さて、この先に進んで行くとガラスでできた扉、側面もガラス張り。

そして、ここには営業時間などのご案内、営業中の札は竹製。
きっとコレお店の名前にちなんでいるんでしょうね~(∀`*ゞ)エヘヘ

さぁ、そしてお店からの大切なご案内。

1つ入店時のアルコール消毒、2つ目は従業員さんのマスク着用について。
まぁ、基本の感染対策についてのお願いですね!('◇')ゞ
※但し?ブログ更新遅いので今は追加のお願いもあるかもしれませんのでご注意を~

さて、オープン時間11:30を10分ほど過ぎたころの到着もあり外並びなし。
混み合うお昼前を狙って来て大正解~…の入店でーす!\(^o^)/

店内に入ると「いらっしゃいませー」のお声がけ。
ぺこりと会釈で返してから、アルコールで手指の消毒。
そして、顏を上げると「こちらのお好きな席へどうぞ」とのこと。

その場所は入口からすぐ見える大きなテーブル席。
2人ずつ座れるようにアクリル板で仕切られていて、全部埋まれば12人席。
むむむ~…仕切りはあるけど目の前の人が丸見えなのでちょっと恥ずかしい…(〃▽〃)ポッ

かと言って?どうやら階段を上がった座席は2名様以上のテーブル席のよう。
ちょうど3か所が対角に埋まっているし…ベストチョイスはどこだー!!
…うむ、やっぱり目の前の人もお一人様、既に料理を食べ始めている方の前がいいかな…
もしかしたら、私が食べる前に帰るかもだし…(´ー`)

まぁ、この考えが甘かった~のはすぐわかります(笑)

さて、余談はさておき席に着いたらお品書きの確認。
ぺらっと最初のページをめくるとそこにはうどんメニューが2種類。

そう、こちらのうどんメニューはシンプル。
「釜揚げうどん」か「ざるうどん」、並盛または大盛。
ちなみに「ざるうどん」は太打ち・細打ちから選べるようです(*^-^*)

そして、隣のページはうどん用の追加ねぎのご案内。

それからうどんの茹で時間や食べ方について。

さぁ、そしてこの後のページはサクサクとご紹介します!('◇')ゞ
まずは見開きで酒肴。


続いて季節の酒肴。



ちなみにこのお品書きはファイル状になっています。
「季節の」となっているしここは日によって入れ替えされているんでしょうね。

さぁ、そんな訳でお酒の種類も豊富。
次のページからは食前酒ならぬ「麺前酒」がずらーり!




そして、1度は飲んでみたい銘酒もあったりして~




ワイン


ちなみに最後のページは英語表記のうどんの食べ方案内。

この時はまったく見かけませんでしたが、ミシュランガイドに掲載されているこちらのお店。
以前は外国人の観光客の方も多くいらっしゃっていたことは容易に想像できますね。

さて、ざっとお品書きをご案内しましたが…要するに「うどん」は2種類!
「釜揚げうどん」か「ざるうどん」のどちらを頼むかの問題。
ま、私はやっぱり先に書かれている「釜揚げうどん」を大盛でお願いしまーす!\(^o^)/

迷うなら両方たのんでもいいんでしょうけどね~。( ̄▽ ̄)エヘヘ
ま、それはまた別の機会の楽しみにしてもヨシ!!

ではでは、注文が済んだら後はのんびりと素晴らしい日本庭園を眺めたりして…

おぉ~、目の保養…癒されるわ~♪(∀`*ゞ)エヘヘ
ちなみに?店内外の雰囲気は想像通り「大人の休日」的な雰囲気。
目の前に座った方は酒の肴をちびちびやりつつ、ゆったりとしています。

…そう!この後仕事な私はお酒飲めませんがこちらのお店はそういう方が多め!
うどんの前に天ぷらとビール、そして頃合いで「うどん、お願いします」と声をかける。
そんな平日の昼からしっぽりとした雰囲気出せるのうらやましいわ~。

ま、でも、すんません!
今の私は美味しいうどんがあればそれだけで満足です!( ̄▽ ̄)エヘヘ

さて、余談はさておき注文が済むと程なくうどん用の薬味がやって来ました。

左からおろし生姜、七味唐辛子、揚げ玉。

そして、それと一緒に小鉢いっぱいの青ネギ。

ネギの入っている器より一回り大きい空っぽの器。
こちらはうどんのつけつゆを後から入れてくれるとのこと。

そんな訳で?そろそろうどんが来る予感(笑)

注文してから待つこと約15分で大きいとっくりから温かいつゆが注がれます。

おぉ~、いい感じに湯気が立ってます~(∀`*ゞ)エヘヘ

実際は庭園をバックにした方が映える?かしら?
ま、でもそっち剥きでなくても元々、東京都選定歴史的建造物に選定されている石蔵を利用した店舗。
テンション上がる事この上ないです~(∀`*ゞ)エヘヘ

さぁ、そして程なくうどんの入った器も到着!
その全貌がこちら~\(^o^)/♪

大盛り釜揚げうどん 1,045円
※お品書きの表記は税別、実際の支払額は\1,045‐でした。

おぉ~、すごい大盛り!溢れそう~(*‘∀‘)♡

それに?釜揚げうどんのイメージってなんとなく木桶。
でも、こちらは丸みを帯びた陶器の器に入っているんですね~(*‘∀‘)

さぁ、それでは早速いただきます!

っと、お!!割り箸にお店の名前が入ってる。
こんな所もきっとお店のこだわりなんでしょうね~(∀`*ゞ)エヘヘ

さぁ、それでは割り箸をキレイにパリっと割ってまずはそのまま。
つゆは使わずアツアツの茹で湯からひっぱり出してうどんをちゅるりーん!(*´з`)

はぁー、甘塩うま~(*´Д`)♡♡♡
うどん自体の食感はもっちり程よいコシ、噛むとじんわり塩気あり!
あぁ、このままでもすっごく美味しいとです~(≧▽≦)♡

ま、そうは言ってももちろんつけ汁も使いますよ!( ̄▽ ̄)
麺鉢をつけ汁の器に寄せて、うどんを一度手繰りいれる。
そして、うっどーん!!\(≧▽≦)/♪

ズババババ、ちゅるりーん!
おぉ、けっこう味濃いめ~!(*‘∀‘)
でも、釜揚げうどんならではなんだと思います。
意外とうどんの長さがある?からかつけ汁を使うには麺を手繰り寄せることになります。
なので、徐々にうどんが浸ってるゆで汁がつけ汁の器に入っていく。
だからこそ、最初の食べ始めは少し塩気が強い方がよいと思います!

さて、しばしそのままのうどん・そのままのつけ汁で食べ進めます。

で!そろそろ…と思ったタイミング、ねぎをつけ汁へ~

温かいうどんのつけつゆからふわっとねぎ特有の清涼感。

うどんを啜れば程よくうどん麺に絡んで口に入る!
うんうん、やっぱりうどんつゆにネギは合うよね~(∀`*ゞ)エヘヘ

さて、お次は食べ方指南に従って揚げ玉を少々…

…と思っていたのにどばーっと出ちゃいましたー(;゚Д゚)💦
ま、でも、入れてしまったものはちゃーんと活用しようと思いますよワ(笑)

さぁ、そんな訳で揚げ玉が入った後のうどんをつるり。

お、揚げ玉を入れるとグっとコクが加わって美味しいかも?
ただ、私の用に大量に入れ過ぎるとちょっとお菓子と勘違いされそうな気がします(笑)

さて、おススメの薬味の順番からお次は七味唐辛子。


ぱらっとひと振りしてからうどんをくぐらせてちゅるりーん!(*´з`)

お!思ったより辛味がしっかり!Σ(・ω・)
キリっと唐辛子の辛味が甘塩なつけつゆを1本〆た感じです。

さぁ、そして食べ方指南からの最後のおススメ薬味おろし生姜を少々。

こちらもつけつゆの味を1本引き締めてくれる所が良かったです!(≧▽≦)♡

さてさて、この後多分私はうどんをぺろりと食べ終わりました。
…が?この生姜の写真を最後に次の写真はすっかり綺麗に食べ終わったお皿の写真。

はぁ~、ごちそうさまでしたー!(*´Д`)♡
いやぁ~、さすがうどんの名店、釜揚げうどん美味しかった!
そして、お上品な雰囲気なので大盛と言っても控えめかな~と思っていましたが意外と量しっかり!
うどんを頼むと付いて来る薬味類も豊富ですっごく満足しました~(∀`*ゞ)エヘヘ

ちなみに?ちょっと記憶が朧げなのですが、さすがにつけつゆそのまま飲みません。
なので、確かお店の人に茹で湯割り?をお願いしたんじゃなかったかな~と思います(´-`).。oO

ま、兎にも角にも美味しかった!!(≧▽≦)♡
ざるうどんの方も機会があったら食べてみたい!
そして、希望としては仕事お休みまたはのんびりお昼が食べられる日に来たい。
それでしっぽりうどん飲みとか出来たら最高なんでしょうね~(笑)




ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキング

根津 釜竹の営業状況などがわかる公式ホームページはこちら

根津 釜竹の食べログ店舗情報はこちら
東京都文京区根津2-14-18


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

【番外編】難波千日前 釜たけうどん 八重洲北口店(東京)/ちく玉天ランチ

さて、本日のブログは番外編でうどんの話です(∀`*ゞ)エヘヘ

ま、でも、毎日暑い日が続くので今日のお店は駅構内。
日差しを避けて辿り着けるのでこんな時には使い勝手がいいかな~と思います。



さぁ、そんな訳で行ってきたのがこちらのお店。

難波千日前 釜たけうどん八重洲北口店
(東京・東京都千代田区)
2020,12,17訪問

ブログを書くにあたり調べてみたところ、こちらのお店の本店は元々大阪。
「大阪人が好むような独自のうどんを開発したい」と店主の木田武史さん2003年にお店をオープン。
太くて独特のもちもちとしたコシ、「大阪讃岐うどん」の元祖と称されているお店だそう。

ちなみにどうやら大阪にあった本店(1号店)は現在は既に閉店。
店主さん、現在は「き田たけうどん」という名のお店を営業されているとのことです。

ま、そんな訳で大阪では今は食べれないのかもしれませんが…
調べてみるとアウトレットに入っていたりするこちらのお店、八重洲北口店は東京駅構内。

東京駅に直結しているキッチンストリート1Fで営業しています。
ちなみにキッチンストリートは東京メトロの大手町駅、二重橋前駅からも歩けると思います!
ちなみにのちなみに私は大手町駅から乗り換えの合間にお立ち寄り~(=゚ω゚)ノ

「北自由通路」を通って、建物の感じが変わってほどなくお店。

…と、ちょうど角地に立っているこちらのお店、入口から直角に折れる形で3名ほどの並び。
12時少し過ぎ、でもこの頃は外の人出は少ない時期だし思っていたより混んでないね♪(・∀・)

ちなみに調べによればこちらのお店はカウンター16席、テーブル11席。
かなり客席数があるのでそんなに待たずに中に入れそうだな~と最後尾へ。

そして、待っている間に目に入ってくるメニューなどをチェック。

こちらで食べられるうどんは基本的な「かけ」「ぶっかけ」「カレーうどん」。
個性的な物だと外食アワード受賞メニューの「元祖キムラ君(キムチ・豚バラ・食べるラー油)」。
そして、こちらで1番人気の「ちく玉天ぶっかけ 880円」

ちなみに夕方5時からはおでんで飲めると案内出ています。
…が、まぁ、多分今は飲めないだろうな~と思いますのでご注意を。

それから?すいません?11:00~15:00はランチセット、平日セットなんかももあります。

この後、店内で注文するときにメニューの写真を撮り忘れちゃってありません。
この写真を拡大して確認したところ、税込み約1000円でうどんと丼ものセットが食べられます。

ちなみに?私は1番人気の「ちく玉天ぶっかけ」にネギトロ丼を付けたセット。
ちく玉天ランチ¥1000を着席後、すぐに注文しました~!!\(~o~)/

…と言うのも?並び3名すぐだと思っていたのですが意外と待ち時間が長かった。
待つこと約20分、店内へ案内されて着席。

ちなみにカウンター席は木製の大板の真ん中に柱があって仕切っているタイプ。
そんな訳で向かいの人がチラチラ見えてる仕様でちょっと落ち着かない。
飛沫防止のビニールが貼られていますが、それ以前はどうだったのかしらとふと思う。

さて、注文が済んでいるので出てきた冷たいお茶を飲んでひと呼吸。

ちなみに卓上調味料はどうやら以前は置いていたみたいですが撤去したようです。
言えば出てきたのかもですが、そう言った案内はなかったのでわかりませんでした。

そんな訳で?ぼーっと待つこと約10分、見るものがあまりないので上を見上げる。

…お、オシャレなランプだな~(・∀・)

…と、私より後に来たはずの人にうどんが到着。
あれ?私、忘れられている?…とお店の人に声をかけると「次にお出しします!」と強い口調。
え…そんな言い方しなくても…と思いながら見るとこんな案内に気が付きます。

そうか~、切立て・湯がきたてだから時間かかるんだ~…
…でも、なんとなく腑に落ちない私がもちろんいますけどね。(-_-)

さて、こんな感じで待つことしばし私の料理が到着。

ちく玉天ランチ(冷)1000円
おぉ~、ちくわでっかーい!(*‘∀‘)

それではそれぞれをクローズアップ!

ちく玉天ぶっかけ880円※単品価格
こちらがお店イチオシのメニューのちくわ天とたまご天を乗せた1杯。
万能ねぎとおろししょうが、すだちか?と思いきやのレモンが1/4個。

そして、こちらがセットで付いてるネギトロ丼。

見るからにって感じのピンクなネギトロにうずらの生卵。
器がでっかいのでちょっと寂しく感じますが+¥120でセットと考えると妥当なサイズかな。(・∀・)

後はネギトロの添え物のガリとワサビ。

うむむ、ガリ1枚ってちょっとどうなのかしら?(;´∀`)
無いよりはいいけど、それならもういっそ丼に添えちゃってもいいのでは?

さて、ちょっとスタートがよくなかった感がありますがいただきます。

まずはやっぱり主役のう・どーん!\(^o^)/

太めのうどんをがぶりと加えてずるずるずる~(*´з`)
うー!うんまい!!(≧▽≦)
冷たい麺はしっかりとしたコシがあって、喉越し舌触りバツグン。
むっちりとした食感も美味しいです(*^-^*)

さて、お次はネギトロ丼をいただきます。

トレイに一緒に乗ってきた海鮮ダレをかけて…

おっと、ちょっとかけ過ぎたか?

まぁ、でも、今更取り返すことはできないのでそのままぱくり。
…うん、すごく普通だ…( ̄▽ ̄)ハハハ
予想の以上でも以下でもないよくあるネギトロの食感。
タレは少し出汁が効いているようですが割とよくある感じかな~?

まぁ、頼んだものはしっかりいただきますが!( ̄▽ ̄)テヘ
ではでは、味を確認したのでうどんに戻ります。

でっかいちくわにがぶり!(^○^)
うん、衣カリっと中はもっちり程よい塩味がウマイ!

そして、たまご天はを…


ぱかー!\(^o^)/

うんうん、やっぱりたまご天と言えばとろとろの半熟だよね~。
味玉だと半熟は~と思っている私ですがうどんのたまご天は半熟がいいと思います!
しかもぶっかけだと卵黄がうどんに絡んでちょっとした「釜玉」気分も楽しめますよね(∀`*ゞ)エヘヘ

さて、終盤合いの手にガリを齧る。

おわり。(笑)
ちなみに?途中レモンを絞ってうどんに掛けたら爽やかで美味しかったです。
すだちやかぼすのイメージがうどんだとあるけど、レモンでも美味しいですね。

さぁ、それではペロっと約8分で完食。

ごちそうさまでしたー!!\(^o^)/
得てして料理って作る時間より食べる時間の方が早いよね~…
まぁ、この日はのんびり食べている時間があまりなかったのも原因なんですが。

そして、ランチセット食べた感想…ネギトロ丼は私にはすごく普通でした。
なので、どうせならうどん大盛りでうどんを満喫した方がよかったかな~と思いました。
まぁ、ついお得感に流されちゃう私がアレなんですけどね。( ̄▽ ̄)テヘ

さて、食べ終わったらお支払い。
こちらは駅構内にあるのでもちろん交通系🆋でのお支払い可、利便性高め。
ただ切立て茹でたてちょっと待ち時間が長いことは心に留めておこうと思います。('◇')ゞ



ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキング

キッチンストリートの公式ホームページはこちら

難波千日前 釜たけうどん 八重洲北口店の食べログ店舗情報はこちら
東京都千代田区丸の内1-9-1 キッチンストリート 1F


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

お知らせ
ラーメンブログランキングに参加しています(^ム^)
人気ブログランキング
プロフィール

もりみ

Author:もりみ
1日1ラーメン食べられたら幸せですが、周りが心配しますし体力的に無理なんでボチボチやってます(*^^)v

最新記事
カテゴリ
タグ

新宿区 杉並区 千代田区 番外編 中央区 小金井市 豊島区 武蔵野市 中野区 渋谷区 台東区 足立区 練馬区 北区 埼玉県 三鷹市 江東区 調布市 町中華 ラー飲み 千葉県 荒川区 世田谷区 うどん ラーフェス 国分寺市 神奈川県 葛飾区 港区 文京区 自宅麺 青梅市 目黒区 昭島市 カップ麺 墨田区 蕎麦 品川区 立川市 板橋区 大田区 八王子市 江戸川区 茨城県 チェーン店 国立市 福生市 国分寺 府中市 東大和市 宮城県 小平市 曙橋 西東京市 閉店 町田市 栃木県 あきる野市 練馬 阿佐ヶ谷 浜田山 日本蕎麦 日野市 多摩市 東陽町 青森県 福島県 広島県 長野県 コラボ 

ラーメンブログ リンク

ラーブロ
ラーメンブログ専門リンク集「ラーブロ」に登録しました
\(-o-)/設定ってむずかし~
月別アーカイブ
FC2カウンター
訪問ありがとう~
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード