鶏こく中華そば すず喜(三鷹)/こく醤油+本日の特製トッピング

さて、この日の私は先日オープンしたばかりのこちらへ再訪~(∩´∀`)∩



鶏こく中華そば すず喜
(三鷹・東京都三鷹市)
2017,11,29訪問

こちらのお店は2017年11月19日オープン。
ブログが遅いのですっかり時間が経ってしまいましたが、オープンしてから約10日後のことです。
オープン初日に「こく塩」を食べたので、今日は「こく醤油」を食べようと意気込んできました~(*´▽`*)

さて、こちらのお店の場所はJR中央総武線「三鷹駅」南口より徒歩3分ほど。
駅を背にして真っ直ぐ伸びるレンガ調の商店街「中央通り」を真っ直ぐ歩けば到着。
目印はこの目立つ「味の散歩道」のでっかい太陽でーす\(^o^)/


お店はこの建物の地下1階。

階段を降りる前にお店の名前が入口の電光掲示板に入ったのに気づきます。

そして、階段の看板も入りましたね~(*^-^*)


さて、階段を降り切った所にはお店からの案内が書かれた立て看板。


今日のメニューは「窯焼きレアもも」、ごはんは「こしょうチャーシューごはん」…(・∀・)ふむふむ。

そうそう、「鶏こく中華そば すず喜」さんは特製トッピングと本日のごはんの内容は日替わり。
その日によって違いますので、知りたい方はお店のTwitterでチェックしてみてください~(∩´∀`)∩

ちなみに?この日の私はお店のTwitterで比較的空いていると言われていた時間を狙ってやってきました!
店内を除くとなんと1席空きあり、すぐに入店できました~(*´σー`)エヘヘ

さぁ、それではお水を持って入店でーす('◇')ゞ

食べたいものは決まっていますが、とりあえずメニューをどうぞ~(*´▽`*)

こちらの基本メニューは「こく塩」と「こく醤油」の2つ。
デフォルトで半味玉が乗っているので、トッピングメニューは半味玉でちょうど1玉分になっています。

それでは、メニューは決まっていたので、訪ねられたタイミングでさっとオーダー。
こちらはオーダー先払い制なので、お支払いもこの時点で済ませます。

さぁ~、オーダーが済んだらいつものクセで卓上調味料をチェック。

置いてあるのはブラックペッパー、一味唐辛子。
あ、ニボ酢は和え玉がお休み中だからなくなったのかな?(・∀・)

そして、待つこと少し完成でーす\(^o^)/

こく醤油800円。
+本日の特製トッピング150円

醤油だからね、色味は結構茶色い感じですね~(*^-^*)

それでは、早速いただきまーす(*´▽`*)

まずはスープをごくり。

おぉー!!ガッツンと節!!((๑✧ꈊ✧๑))
あれっ?前回食べた「こく塩」よりもびっくりするほど旨味が強く、ガッツンとくるのは醤油だから?
いやいやいや、初日に食べた時より節が強くなって味にパンチが出でる!
うっわー、うんまい~(≧▽≦)10日でこんなに変わるとは~♡

さて、それでは続いて麺と一緒にスープを味わいます。

麺は中細、ポクポクとした食感でこれもオープンの日に感じた印象とちょっと違う。
でも、啜り上げた時に鼻孔を抜ける節のいい香りがたまりません~(*´▽`*)

さぁ、のっけものはデフォルトで乗ってくる鶏ももチャーシュー。


さっぱりとした鶏胸肉のチャーシュー。


そして、お愉しみの「本日の特製トッピング」窯焼きレア鶏ももをぱくり~(^O^)

おぉ~、柔らかいい香り~( *´艸`)♡
窯焼きのいい香りを纏ったむっちりレアモモ肉が美味しいです(≧▽≦)

さて、お肉類以外は色味も美しい紫玉ねぎのみじん切り。

ガツンと来るスープと一緒に味わうと野菜ならではの瑞々しさが程よい合の手になります。

そして、大好きな味玉~(∩´∀`)∩

黄身にしっかりと甘めな出汁が染みていて、こちらもスープとのコントラストがいい感じ!

さて、ここから先は自由に食べ進めます。
もうすぐ終わりだな~と思っていたら…

あ!まだチャーシューがいた~(*≧∀≦*)
ないと思っていたものがあった嬉しさってあるよね(笑)

さてさて、ぐいぐいスープもいただきましたが今日はこの辺で終了です。

ごちそうさまでした~(*´▽`*)
アツアツなスープのうちはすごいガツンと節が立っていてパンチ力がすごかった。
でも、ちょっとスープの温度が下がると違う旨味の厚みが感じられてこれもよかったな~。

それにしても、たった数日で旨味がさらに強くなっていてびっくりしました。
お店の方の「さらに美味しく」という気持ちと技術に改めて感激。
あー、ブログ書いていたらとっても食べたくなりました~(≧▽≦)


2017年220杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキングへ

鶏こく中華 すず喜さんの営業状況などがわかるTwitterはこちら

鶏こく中華 すず喜さんのラーメンデータベース店舗情報はこちら
東京都三鷹市下連雀3-28-21 公団三鷹駅前第2アパートB-1

オープン初日!こく塩+本日の特製トッピングを食べた時のブログはこちら


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)
スポンサーサイト

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

鶏こく中華 すず喜(三鷹)/こく塩+本日の特製トッピング

さて、今日のブログは順番を飛ばして、昨日オープンしたばかりのこちらをお先に紹介~(∩´∀`)∩



鶏こく中華 すず喜
(三鷹・東京都三鷹市)
2017,11,19訪問

こちらのお店の最寄り駅はJR中央総武線「三鷹駅」。
三鷹駅の南口を出たら駅を背にして真っ直ぐ伸びるレンガ調の商店街「中央通り」を真っ直ぐ。
徒歩約3分ほどで道の左手側に「味の散歩道」という看板を見つけたら、お店はすぐそこ。

おぉ~お祝いの花、出てますね~(*´◡`​*)

階段前には立て看板。


お品書きを見たところ、こちらの基本メニューは「こく塩」「こく醤油」の2つ。

元々、半味玉が乗っているので、追加のトッピングはちょうど1玉分になるように半味玉50円。
それから、大盛り設定はなく味付きのいわゆる「和え玉」対応。
※ただし、一杯のらーめん作りにまずは集中したいので和え玉は当面の間、販売中止とのことです。

さて、メニュー案内の最後に「お会計は前金で」との一文が。
ふむふむ、これはきっと券売機はなくオーダー先払いシステムってことですね(・∀・)

それでは、地下のお店に向かって降りていきます。

おぉー(°▽°)、さすがオープン初日、早くから並んでる人がいっぱいですー。
ちなみにオープン時間には約70人ほどの人が並んだそう。

さて、この日の私はオープンを心待ちにしていたラー友さん達と一緒にお店へ。
なので、オープン時間の前に友達と交代で店前の写真などを撮ってきました(・`◡´・)ゝ

待っている間にそちらをお先に紹介。
まず目に入って来るのは、「す」と「ず」の間に「喜」びの字を配したかっこいいお店のエンブレム。


そして、その下にはお水のサーバー、ティッシュ。


紙エプロン、ゴミ箱などが準備されています。

すず喜さんは、店内に入る前にお水をここで持って中に入っていくセルフサービス方式。
ただしお水のポットはカウンターに用意してあるので、おかわりはここまで来なくても大丈夫です(*^-^*)

さて、待っている間にも次と運ばれてくるお祝いの花で店前がいっぱいに。

華やかでいいけれど、後でお店の中にしまえるのかな~。
なんてどうでもいい?心配してしまいますね(∀`*ゞ)エヘヘ

さぁ、程なくオープン時間、店前のボードが返されて「本日の特製」や「本日のご飯」がお目見え。


本日の特製トッピングは窯焼き肩ロースですって!((๑✧ꈊ✧๑))

これは、迷いなく特製にしちゃいますー!(≧▽≦)

さて、時間になり店前にはすず喜のご店主すーさん、そして「麺 酒 やまの」の店長さん。
応援の「ちばから市原本店」の大将、「中華ソバ伊吹」の三村さん、「濃麺 海月」の北村さんと豪華な顔ぶれが登場。

すーさんから挨拶、続いて大将からのひと言があって遂にオープン~\(^o^)/

最初の人から順番に中へ入っていき、中に入れなかった人たちにはまずは記念品が配られていきます。

記念品はすーさんの面白い顔付きチロルチョコ、とってもかわいいお店のステッカー((* ´艸`))ムフフ

さて、オープンしてから待つことしばし、遂に私たちに店内へどうぞのお声がけ。
まずは入口付近でコップを持ってから中へ入ります

よっこいしょー!(*´▽`*)
こちらのお店の客席はちょっと角度のある「く」の字のハイカウンター6席。
結構高さがあるので、カウンターテーブルに手をついて腰掛けます。

そして、席に着くとオーダーを聞いてくれるので、オーダーと一緒にお支払い。
オーダーが済んだら、店内をきょろきょろと観察。


卓上にもメニューあり。


裏面はお店のTwitterのご案内。


ラーメンのお好み対応も可!との事(*^-^*)


卓上調味料は粗びきコショウ、一味唐辛子、ニボ酢。


さてさて、他には~…と、ふと上を見上げたらなんだか気になるものを発見!


ん??(゚д゚)!あれは何?

すごく高い位置にある謎のボタン。
押してみたいけど、とってもじゃないけど私には届きそうもありません(*´з`)

ただし、こちらのボタンは押せました(笑)

ちなみに?すず喜さんちの表札の下のボタン、こちらは押しても特に音とかなりませんでした。
まぁ、でも、ボタンがあったら押してみるっていうのは、ホントは迂闊過ぎるからやらない方がいいですよね( ̄▽ ̄)エヘヘ

さぁ、そんな感じで待つことしばし、ついにお待ちかねのラーメンが完成です~(*´▽`*)

こく塩800円
+本日の特製トッピング150円

おぉ~(*´▽`*)綺麗な丼顔~。

では!さっそくいただきます(*^-^*)

まずはスープから、ごくり。

うんま!!(≧▽≦)
ほんのりととろみを感じるスープはとってもアツアツ。
鶏の旨味と甘みに加えて、ガツンと節が効いていてとっても美味しい!
待っている間に冷えた身体に、とってもよく染み入りますぅ~( *´艸`)♡

続いて麺を。

麺はバツっと歯切れのいい細麺ストレート。
食べ進めるうちにシコシコとした食感も出てきて、スープをほど良く含んでうんまい。
啜り上げるとスープのいい香りとライ麦入りとのことで心なしか香ばしい風味を感じます( *´艸`)♡

さて、のっけものはしっとりとした鶏チャーシュー。


香ばしく焼かれた鶏肉も乗ってます(*´▽`*)


そして、本日の特製トッピングの窯焼き肩ロースはこんな感じ。
フチに向かって明るいピンク色で見るからに美味しそう。

がぶり、うんまい!!((๑✧ꈊ✧๑))
釜で吊るし焼きされた豚肩ロース肉は肉の旨みがギュッと濃縮されています。
香ばしさは先ほどの鶏とはまた違う感じで、噛みしめるとぎゅーっと旨味が口に広がってたまらーん!
しかも、この窯焼き肩ロースの周りのスープに窯焼きのいい風味が移っていてこちらもとっていい感じです(≧▽≦)

くぅー!!(≧▽≦)特製トッピング付けてよかった~!!

さて、その他、薬味はみじん切りの紫玉ねぎ、水菜、ネギ。

彩りの美しさだけじゃなく、味や食感が1杯のラーメンを食べている時のいいアクセント。
ネギの清涼感、紫玉ねぎのみずみずしさもいいですね~(*^-^*)

さて、味玉もぱくり~(^○^)

とろりと滑らかな半熟の黄身は目にも鮮やかなオレンジ色。
味付は甘めで優しく、滑らかな舌触りが心地いい。
先述しましたが、デフォルトで半味玉が乗ってくるのも嬉しいですね(*´▽`*)

さて、麺とトッピングをあらかた食べ終えたら残りはスープとその中に落ちた薬味だけ。
レンゲを使って丁寧に掬っているうちに…完飲( *´艸`)

ぷはー、ごちそうさまでした~(*´▽`*)
丁寧に掬って完飲なんて嘘つきました、実は最後はがっつり丼持って飲み干しました( ̄▽ ̄)わら

ちなみに私はラーメンの方に集中しようと頼まなかった本日のごはん。
友達が頼んだのでお裾分けしてもらいましたよ(*´▽`*)

本日のごはん:親子丼150円
ごま油の香りがふわっとする鶏の玉子とじは、ぷりっとした鶏肉がゴロゴロ。
焼目の入った香ばしい物とそうでないものの2種類があって風味の違いも楽しいです。
そして、たっぷり入った玉ネギは甘くて、ちょっとさっくりとした食感もあり!
ワイルドな盛り付けとボリューム満点で、こちらもとっても美味しかったです(*´▽`*)

そうそう、しばし和え玉を販売停止にする代わりにご飯物の具材を多く作っているそうです。
しかも、ごはん持ち込みしてくれた方には具材を50円で販売してくれるそうですよ。
ご飯持ち込みは多分、和え玉が復活するまでの措置だと思うので気になる方はお早めに~(ΦωΦ)フフフ…


2017年215杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキングへ

鶏こく中華 すず喜さんのラーメンデータベース店舗情報はこちら
東京都三鷹市下連雀3-28-21 公団三鷹駅前第2アパートB-1

鶏こく中華 すず喜さんの営業状況などがわかるTwitterはこちら


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

中華そば みたか(三鷹)/ラーメン+卵(半熟)

さて、この日の私はお疲れモード。
はぁ…こんな日は早く帰って休んだ方がいいけど、なんとなくじんわりしたい…(*´Д`*)


と言う事で、思い浮かんだこちらへ久しぶりの訪問です。

中華そば みたか
(三鷹・東京都三鷹市)
2017,9,1訪問

こちらのお店の最寄駅はJR中央線・総武線の三鷹駅。
駅南口を出たらほぼ駅より垂直に伸びる、レンガ調に舗装された道路を歩く事徒歩約3分。
商業ビルの地下1階にそのお店は入っています。

建物の入り口はこんな感じ。


階段を降りる途中には電光掲示板。

途中、踊り場のある階段をぐるりと降りていきながらちょっとドキドキ。
と言うのも、こちらのお店混雑時にはこの階段にまで並びが出来るから。
つまりこの階段に人がいないということは、それほど待たずにお店に入れるってこと。

タイミングが良かったようで、店の外には並びなし。
入口からチラリと中を除けば、すぐにお店の人と目があって「どうぞ~」とにっこり笑顔で招き入れてくれます。

はぁ~、この笑顔癒されるなぁ~(*´ェ`*)ポッ

それでは着席したら、店内のメニューをチェックします。

こちらのメニューはラーメン450円を筆頭に、お財布に優しいお値段設定。
初めて来た時から数年経っていますが、こちらが値上がりした記憶はありません。

それでは、食べるものが決まったら、お店の人の方へ向き直ります。
お店の人は柔らかい口調で「お決まりですか?」とお声がけ。
「はい。ラーメンと卵をお願いします(〃'∇'〃)」と私が言うと、「卵は半熟でいいですか?」と言われます。

ん?半熟以外もあるのかな?と思いましたが、多分私がずっと食べたかったのはそれ。
と言うことで、そのまま聞かずに「はい」と答えておきました(∀`*ゞ)エヘヘ
ちなみに後で他の人が頼んでるので知ったのですが、半熟以外はゆで卵もあるみたいです。

さて、待ってる間は久しぶりのお店の雰囲気を味わいます。
ビールとおつまみをチビチビやりながら新聞を読む年配の男性。
ご夫婦でラーメンを食べに来ている人や、仕事帰りのサラリーマン風の人など。

そうそう、卓上調味料のチェックも忘れずに。

置いてあるのはラーメンタレ、コショウ、酢、七味唐辛子。

もちろん、目の前で作られていくラーメンを見るのも忘れませんよ。
オーダーに合わせて調理が進むその間にも、スープをチェックしたりと無駄のない動き。
大きな寸胴の中から、ほかほかの大きい野菜がちょうど取り出されて思わず「わぁ~(*´▽`*)」っと思います
スープの色に染まったでっかいキャベツ、丸ごとの玉ネギ。
野菜の旨みがスープに溶けだしていることを想像して、思わずじゅるり((* ´艸`))

さぁ、そんなこんなで待つことしばし完成!

ラーメン450円
+卵(半熟)50円

うんうん(*´◡`​*)これこれ~♡
見ためからホッとする昔ながらの中華そばですぅ~。

それでは、早速いただきます。

スープを掬ってごくり。

むぅぅぅ~((* ´艸`))染みる~♡
アッツアツの動物ガラスープにじんわりと染みる醤油の味。
ホッとする優しい甘みは、たっぷりと使われているさっきの野菜たちの旨みも入っているんだろうなぁ~(*´ω`*)ポッ

さて、続いて麺にがぶり!

うんま!(*≧∀≦*)
麺は中細麺、少しゴワっと硬めでポキポキとした食感。
色もちょっと黒くて、なんとなく太めのお蕎麦のような感じもします。
でも、この麺を食べると「中華そば みたか」さんに来たなーって思うんですよねー。
そして、毎回一口食べて大盛りにしておけばよかったなって後悔するんだよねー(*´Д`*)苦笑

さて、のっけものはチャーシューが2枚。

程よい脂の乗り具合、厚みもほどよくもうちょっと食べたいと思わせるもの。
周りの人がチャーシュー増しのメニューを頼むのも納得。

そして、こちらはメンマじゃなくて竹の子。


ずっと頼んでみたかった半熟玉子は、生卵を麺を茹でる釜に落として作るポーチドエッグ風。


お箸でそっと割ってみれば…

おぉ~、綺麗なオレンジ色~(๑´ڡ`๑)
プリッとした白身と滑らかな黄身が絶妙です。

さて、終盤によく温まった中華そばのアクセントカラーのナルトをぱくり。


夜の訪問だし、スープは残さないとな~と思いながらついつい水とスープをエンドレス。
気づけば丼の中身はからっぽ。

ぷはー、ごちそうさまでした~(*´▽`*)

だいだい最後のスープを飲み干す時は丼を持ってゴクゴクすることが多い私。
丼をテーブルの上に置いた瞬間、助手さんがすっとティッシュの箱を差し出して「よかったら、お使いください」とにっこり。
あまりのタイミングの良さに、なんだか感動。
しかも!?その差し出してくれたディッシュがすごいふわふわ。
いわゆる高級なティッシュだったからなんだけど、このふわふわはお店の人の優しさも入っている気がしてなりません。

ティッシュで口元をぬぐい、お水を飲んで一息したらお会計。
そして、ごちそうさまの挨拶をすれば、「ありがとうございました。またどうぞ」と笑顔で見送られます。
本当に疲れている時は、なんだか人と話すのも面倒だなと思う私。
でも、こちらに来ると言葉はないですが「来てくれてありがとう」と言う気持ちがいっぱい感じられて温かい気持ちになれました。

あー、ホント、食べに来てよかったな~(*´ω`*)


2017年165杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキングへ

中華そば みたかさんの食べログ店舗情報はこちら
東京都三鷹市下連雀3-27-9 ニューエミネンス B1F

ラーメンを食べた時のブログはこちら
ワンタンメンを食べた時のブログはこちら


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

麺屋 さくら井(三鷹)/らぁ麺(醤油)

さて、2月に入りました。
年末年始はがっつり、ラーメン以外もたっぷり食べて体が重い。
と言うことで、2月は(できるだけ)ヘルシー月間でお送りしたいと思います( ̄▽ ̄)


さて、そんなわけで2月の1杯目はこちらからスタート\(^o^)/

麺屋 さくら井
(三鷹・東京都三鷹市)
2017,2,2訪問

こちらのお店は2016年11月にオープンしたばかりですが、評判がよく行ってみたいと思っていたお店。
お店の場所は三鷹駅北口より徒歩約10分。
駅前の大通りを真っ直ぐ井の頭通りに向かって歩き、井の頭通りを少し過ぎたら左折。
こんなところに?と思う住宅街の中にお店はあります。

さて、この日私が到着したのは昼営業の終了の約30分前。
そろそろ午後2時になろうという時間帯ですが、やっぱり並んでいますね~。

お昼のピークタイムを外したからすんなり入れるかな~と思っていたけど甘かった(^▽^;)

さて、前客は約8名くらい…かな?それでは、私もさっそく並びます。
と、並んでいる中に顔見知りラー友さんを発見。
こんな風にばったり会うのは初めてだったので、びっくり(≧▽≦)ドキドキしました~。

さて、ラー友さんには同行の方もいたので会釈程度のやりとりを。
そして、ここからは快晴、冷たい北風がビュービューと吹く冬らしい天候の中で列が進むのを待ちます。

ま、でも待っていれば食べれるんだから、がんばるー(∩´∀`)∩

そうして待つこと20分、遂に入口先頭に到着。
お店の前にはご案内。

こちらのお店は、準備が出来たら呼んでくれるシステムですね(#^.^#)

そして、手書きの縦看板はこんな感じ。

「まずは食べてって」って言葉がなんだか可愛いらしい(*´▽`*)

さて、待ち始めてから約25分、お店の方から「お待たせしましたー」と店内へご案内。
中へ入ったら、入口左手にある券売機でまずは食券の購入です。



こちらの基本メニューは「らぁ麺(醤油)」「らぁ麺(塩)」「煮干らぁ麺」の3種類。
前調べでは、こちらの煮干らぁ麺は売り切れになっていることも多い人気メニューのよう。
そして、煮干らぁ麺は大盛りが出来ない代わりに、煮干らぁ麵を頼んだ人専用の「味付き替え玉」があるそうです。

売り切れていなかったので煮干らぁ麺もいいなぁ、と思いましたがこの日がこちらの初訪問。
なので、私は券売機一番上の「らぁ麺(醤油)」をチョイス。

ま、ただ単に醤油モードだっただけでもあるんですけどね(∀`*ゞ)エヘヘ

さて、案内された席へ移動したら目の前にいたお店の方に食券をお渡し。
そして、卓上セルフサービスのお水を準備。

こちらの客席はL字カウンター8席。
明るい白木のカウンターテーブルナチュラルな色合の壁。
カウンターの内側、調理スペースの壁はタイル張りでスタイリッシュ。
座席と座席の間も広めなので、ゆったりできますね(*´▽`*)

さて、約5分ほどで着丼で~す\(^o^)/

らぁ麺(醤油)780円
わぁ~(*´▽`*)綺麗な丼顔~。

それでは、いただきまーす\(^o^)/
まずはスープからごくり。

わぁ~鶏甘い~( *´艸`)
じんわりと身体に沁みるスープのベースは鶏の甘みと旨味。
そして、今日の私が求めていた醤油の風味が加わっていてうんまいです~。

ちなみに卓上の解説によるとスープのベースは鶏ガラと丸鶏。
そこに豚骨、煮干、昆布、椎茸などを合わせてあるそう。


さて、続いて麺をいただきます。

がぶり。
おぉ!サクサク~((๑✧ꈊ✧๑))
麺はけっこう細め、とっても歯切れがいいストレート麺。

でも、いわゆるザクパツ、今まで食べたことのある低加水麺とはひと味違います。
あー、(*^▽^*)私、この麺大好きです~。

ちなみに麺量は並140g、中盛(+¥50)190g、大盛(+¥150)280g。
※煮干らぁ麺は大盛不可・替え玉対応

あー、でもこの麺はサクサクしたまま食べたいから、大盛よりはご飯物をプラスした方がいいかも( *´艸`)

さて、のっけものはピンク色の低温チャーシューが2枚。

厚みがしっかりとあり、しっとりしています。
パクパク食べるタイプと言うよりは、じっくりと噛みしめて肉の味を楽しむタイプ。
そのためなのか、チャーシューのサイズが通常よりも小さめに切ってあるので食べやすい(#^.^#)

薬味は青ねぎ。
メンマは長め、しっかりと角がある物。

コリコリとした食感がとっても気持ちよく、うんまいです!
これはもっと食べたい、おつまみにしたい!(≧▽≦)

そして、彩りにもなっている青菜。

青菜のさっぱりとした、野菜特有の甘い水分を醤油スープと一緒に味わうととっても美味しい。
思わず券売機を振り返って、メンマ、青菜の追加トッピングのボタンを探しちゃいました。
※メンマは追加できますが、青菜はないみたいです。

さて、終盤は添えてある海苔をスープに浸してぱくり。


残りの麺や具も綺麗にいただいて~

ごちそうさまでした~(*´▽`*)
はぁ~、とっても美味しかった~。


さて、今月はヘルシーにと言うことで麺は並盛。
塩分も控えめにと言うことで、スープも全部飲まずにガマン。
最近がっつりと食べていた私のお腹にはまだまだ余裕があって、ついついある考えが浮かびます。

あぁ、らぁ麺(塩)も食べたい…
お店の人にお伺いして店内連食しちゃおうかしら…(´-`).。oO

いやいやいや!!
今月はヘルシーにとか言いつつそんなヨコシマなことを考えてしまう自分がコワイわ!(^▽^;)

ちなみにランチタイムは通常200円の炊き込みご飯が¥120で食べれるそう。
これにももちろんフラフラしましたが、ぐっと堪えました。
よし、ヘルシー月間が終わったら「塩らぁ麺+炊き込みごはん」!
または、「煮干らぁ麺+味付き替え玉」を食べに来よう~\(^o^)/


2017年23杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキングへ

麺屋さくら井さんの食べログ店舗情報はこちら
東京都武蔵野市西久保2-15-27


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

らーめん文蔵(三鷹)/【裏メニュー?】油そば

この日の私は、以前1度来たことがあるお店に再訪問。


そのお店がこちら~ ٩(ˊᗜˋ*)و

らーめん文蔵 らーめんぶんぞう
(三鷹・東京都三鷹市)
2016,7,25訪問

こちらのお店、毎週水・日曜日が定休日。
しかも、営業している日は午前11時より売れ切れ次第閉店。

ちなみにお店の案内によると、閉店時間はだいたい14:30頃だそうで、かなりハードルが高め。
そんな訳で、再訪の機会を伺っていたんですよね!(=゚ω゚)ノ

お店の場所は三鷹駅南口より徒歩4分ほど。
駅前の一番大きい通り「中央通り商店街」の1つ目の曲がり角を左に曲がり、突き当たるまでまっす。
そこを右折して、少しし歩いたところにあります。

この日の到着時、前客は3名ほど。
私も倣って最後尾に並びます。

待っている間に、お店の外に貼ってある「おしながき」をチェック。

こちらの基本メニューは「らーめん」と「つけ麺」の2種類。
ちなみに、初訪問の時の私の選択は「らーめん」でした(#^.^#)

待ち始めて約5分、店内へご案内~\(^o^)/
「いらっしゃいませ、お待たせしました~」とご店主さん、そして女性スタッフさんからのお声がけ。
初めて来た時も感じましたが、こちらのお店の接客は柔らかくほのぼのとさせてくれます(*´◡`​*)

さて、案内された席に着くと少しして女性スタッフさんが注文を聞きにきてくれました。
それでは、ドキドキしながらずっと心に決めていたあのメニューをお願い?
「あの…、油そばって出来ますか?」
すると女性スタッフさんから「はい、出来ますよ(^o^)」とすぐに返事が返ってきました。

わーい(*´▽`*)よかった~。

そう、実はこちらのメニューに「油そば」は書いてありません。
ですが、初めて訪問した時に隣にいた人がたまたま頼んでいて、私も裏メニュー?食べてみたい!
ってその時からずっと思っていたんですよね。
ラーメンのことだと約1年たっていても忘れませんよ~(ΦωΦ)フフフ…

「では、お支払いお願いします(^_^)」と女性スタッフさん。
おっと、そうそう、こちらはオーダー時にお支払いをするってことはすっかり忘れていました(〃'∇'〃)ゝエヘヘ


それでは、オーダー、支払いが済んだらセルフサービスのお水を準備。
店内カウンター中央にウォータージャグが置いてありますので、そこから各々がもってくるようになっています。
卓上に用意はないのでお水のお代わりもこちらから。

さて、約1年ぶり2回目の訪問。
待っている間に店内を観察します。
こちらの客席は中央が途切れたストレートカウンター5席+4席の計9席。
初訪問の時はお店の事情により入り口周辺の5席しか使われていませんでした。
この日は全席使用していたので、この間よりは回転がいいみたいですね(#^.^#)

卓上調味料は一般的なラインナップ。

七味唐辛子、ブラックペッパー、辣油、お酢の4種類。

さて、待ち始めて5分ほどで完成で~す\(^o^)/

油そば650円

たっぷりの鰹節が熱でふわふわと踊る姿におもわずにんまり。

こういうの見ると笑顔になるのはやっぱり日本人ならでは?(*´▽`*)

それでは早速かぶりつきたいですが、汁なし系は混ぜるべし!
なので、まずは混ぜる前に全体を観察します。
まずはチャーシューが2枚。

このチャーシューは厚みがあってすごい肉感があります。
味もしっかりと沁みていて、うまく言えないけど高級なハムの厚切りってこんな感じかしら~( *´艸`)♡

メンマは甘めな味付けのもの。

麺を食べ始めると、合いの手に口の中に入ってきていい感じです。
そして、薬味はネギのみじん切り。

それでは、そろそろがぶり~(^◇^)

うんま~い(*´▽`*)
醤油ベースの基本的な油そばにブラックペッパーを効かせたパンチのある味付け。
ふんわりと薫る鰹節のいい香りがたまりませんね。

麺はもちもち、あつあつの太麺ストレート。
すでにタレをきちっと麺に絡ませて出してくれるタイプなので、あんまり混ぜる必要がいりませんでした。
麺量は250g前後くらいかな~。
ボリュームもあるので、思いっきり頬張って食べれますね(*´▽`*)

それにしても、この味付けには生卵付けても美味しいかも~。
思わずメニューを再確認。

…味付玉子はあるけど、生卵はないのかな?
次に来れた時、オーダーする時に聞いてみるのもいいかもしれませんね(*´з`)

さて、しばらくそのままの味を堪能したら、卓上調味料で味変を。
まずはお酢を投入~\(^o^)/

お酢をひと回しかけると、今までの味がまろやかに変身。
そして、お酢の香りが華やかをプラスしてくれます。
お酢ってそれだけだと酸っぱいのに、どうして油そばにはこんなに会うんだろうな~(*´▽`*)

続いて今度はラー油を投入~\(^o^)/

がぶり~。
おぉ~、美味しい~(≧▽≦)
文蔵さんのお店に置いてあるラー油はゴマ油のいい香りがするもの。
辛さは控えめですが、ゴマ油のいい香りがとってもいい感じ~。

油そばでスープ割とかも考えますが、文蔵さんお油そばはちょうどいい量で麺を食べ終わるとタレも綺麗になくなっていました。
ぴったりなくなるってすごい!(≧▽≦)

ぷは~、ごちそうさまでした~(*´▽`*)
約1年越しに食べることが油そばすごく美味しかったです。

食べ終わりごちそうさまの挨拶。
するとご店主さんと女性スタッフさんがやわらかな笑顔と「ありがとうございました~」と声をかけてくれます。
前来た時も思ったけど、来てよかったな~って思うお店だな~とつくづく実感。
なかなか来れないけど、次はやっぱり未食のつけ麺を食べに来よう~(*´▽`*)


2016年153杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキングへ

らーめん文蔵さんの食べログ店舗情報はこちら
東京都三鷹市下連雀3-22-6

「らーめん」を食べた時のブログはこちら


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

お知らせ
ラーメンブログランキングに参加しています(^ム^)
プロフィール

もりみ

Author:もりみ
1日1ラーメン食べられたら幸せですが、周りが心配しますし体力的にも経済的にも無理なんでボチボチやってます
(*^^)v

最新記事
カテゴリ
タグ

新宿区 杉並区 小金井市 中野区 渋谷区 千代田区 武蔵野市 北区 調布市 豊島区 練馬区 番外編 埼玉県 台東区 千葉県 荒川区 中央区 世田谷区 三鷹市 青梅市 ラーフェス 国分寺市 港区 目黒区 品川区 葛飾区 文京区 立川市 ラー飲み カップ麺 昭島市 墨田区 神奈川県 江東区 うどん 大田区 まとめ 板橋区 江戸川区 福生市 府中市 チェーン店 国立市 足立区 国分寺 小平市 西東京市 閉店 八王子市 東大和市 曙橋 茨城県 コラボ 日本蕎麦 浜田山 自宅麺 蕎麦 日野市 多摩市 あきる野市 町田市 練馬 阿佐ヶ谷 

ラーメンブログ リンク

ラーブロ
ラーメンブログ専門リンク集「ラーブロ」に登録しました
\(-o-)/設定ってむずかし~
月別アーカイブ
FC2カウンター
訪問ありがとう~
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード