FC2ブログ

純手打ち麺 麺と未来(下北沢)/特製塩らーめん

さて、この日の私はその特徴的な麺が気になって仕方がなかった新店へ(∀`*ゞ)エヘヘ


そのお店がこちら~\(^o^)/

純手打ち 麺と未来
(下北沢・東京都世田谷区)
2018,5,29訪問

こちらのお店は訪問した日の約2週間前、5月16日にオープンしたばかりのお店。
連日SNS上に上がる美味しそうなラーメンの写真を見ては食べてみたいとヨダレがじゅるり。
でも、とっても混雑している様子だったので、しばし時間を置いて落ち着く頃合いを狙ってみましたよ!('◇')ゞ

さぁ~、あんまり待たずに食べられるといいな~と思いながら最寄り駅の小田急線・下北沢駅に到着。
以前来たことはあるけれど、駅の周りはすごい変わっていて何が何だかよく分かりません。
とりあえず、いつも通りスマートフォンの地図アプリで検索。

北口を出たら、右方向線路沿いを少し歩いてあとは道なりにまっすぐ。
ちなみに?この道にはレモネード専門店、パンケーキ屋さんがあってさすが下北沢って感じ(*‘∀‘)

ま、私はそれより?まずはラーメン~\(^o^)/
直進していた道の突き当たりを左折すれば、ほどなくお店が見えてきました。

お、並びなし!
私の中のイメージですが、下北沢は休憩時間が12時~という人は少なそうなお土地柄。
もちろん基本的なお昼のピークタイムは外しましたが、それでも並びなしはラッキーです。

さて、それでは入店…?と、店内を覗くと奥までズラ~っとお客さん。
そして、お店の人から「すいません、ただいま満席なので外でお待ちください」とのご案内。
はーい (*‘∀‘)

では、入口外に置いてあるイスに座って少し待機。

その間に開店祝いでもらったであろう緑を眺めたりして過ごしていれば、食べ終わった人が外へ出てきます。
そして、準備が整ったところでお店の方からのご案内で店内へ。

案内された席に向かいながら、店内をチラチラ。

こちらのお店の客席はストレートカウンター9席。
店内一番奥にはガラス張りの製麺室があり、私が訪問した時はまさに手打ち麺が作られているところ。
私の席からはそれがよく見え、うわー(≧▽≦)これは興奮するー。

ま、それは後でのお楽しみ、こちらのお店はオーダー後払い制ですのでまずは卓上のメニューをチェック。

こちらの基本メニューは「塩らーめん」「特製塩らーめん」「海老塩わんたんめん」。
らーめん用の追加トッピング類はなく、他にあるのは大盛りとサイドご飯類だけ。

そして、メニュー裏面はこちらのらーめんについての解説。

これは後でじっくり読ませてもらおう~っと。

さて、それではそろそろオーダーを。
ちなみに私が席に着いた時点で、この日はすでに海老塩わんたんめんは売り切れとのこと。
ま、でも私は当初から「特製らーめん」目当てだったので大丈夫でっす(*´з`)♡

それではオーダーが済んだらセルフサービスのお水の準備。
こちらのお店は店内2ヶ所に設置してあるウォーターサーバーで水を汲むスタイル。
カウンターテーブルの上に水ポットはないので、水のお代わりもこちらから。

ちなみにウォーターサーバー横には紙エプロン、髪留め、楊枝、ティッシュなどが完備。
ここの麺はスープすっ飛ばしそうだから、紙エプロンいただきまーす(∀`*ゞ)エヘヘ

再び席に戻ったら、カウンターテーブルの上をチェック。

置いてあるのはレンゲとお箸、卓上調味料はブラックペッパーとシンプル。

そして、ふと見上げた所に日本酒のラベルがいっぱい。

おー、かっこいい~(*‘∀‘)
ちなみに後調べですが、これは以前ここで営業されていた居酒屋さんのものだそう。
縁あってここにお店を開くにあたり、地元の人達に愛されたそのお店のものをそのままの形で残そうと決めたそうです。
あ、そんな訳で?こちらのお店では日本酒は販売していません、あるのはビールです!(笑)

さて、話は戻ってこちらのお店の麺はかなりの太麺のため待ち時間は少し長め。
なので、のんびり麺打ちなどを見ながら待つことしばし、私のらーめんが完成でーす\(^o^)/

特製塩らーめん980円
わー、キレイな黄金色~(*‘∀‘)♡

段々に並ぶチャーシューは全部で4枚。

それに、特製らーめんにも海老わんたん2つ乗っているんですよ!
ちなみに海老塩わんたんめんには5個乗っているそうですが、味玉食べたい私としては特製でいい!
いや、特製が、いいです!(≧▽≦)

さて、それでは早速いただきまーす(∩´∀`)∩

まずはスープからごくり。

あー(≧▽≦)じんわりウマ塩~♡
濃すぎず、薄すぎず、ちょうどいい塩梅で身体にじわーっと染みるスープ。
動物、魚介、乾物などをバランスよく合わせてあって美味しいです!(*^-^*)

続いてとっても楽しみにしていたご対めーん\(^o^)/

おぉ~、極太ですね~(*‘∀‘)
ふーふー、とヤケドしない程度に冷ましてからがぶり!
うんま!!((๑✧ꈊ✧๑))
もちもち、ほわほわとしていて柔らかいと言えばそうだけど、舌にしっとりと吸い付くような舌触りでとっても個性的。
うどんぽいと言えばそうだけど、私はうどんも大好きなのでこれも大好きです!(≧▽≦)

さて、それではのっけものもいただきます。
まずは綺麗に重ねて並べられたチャーシューを1枚ぱくり。

おぉ~、しっかりと醤油系の味が染みてる~( *´艸`)♡
これはいわゆる喜多方ラーメンの趣き?きっとこのチャーシューに白飯合うぞ~(≧▽≦)

海老わんたんは手打ち麺のお店ですからね~、皮がちゅるりとうんまい!(≧▽≦)

薄すぎず厚過ぎずの程よい厚みのわんたん皮に包まれた餡はぶつ切りの海老がゴロっと入っていていぷりぷり。
うんうん、なるほどこれは美味しいから海老塩わんたん麺が売り切れなのも納得です。

さて、お次は長めで平打ちのメンマ。

ぱくり。
うわっ!柚子~♡(@ ̄□ ̄@)!!
ザクザクとした食感のメンマは、ほんのりと柚子の味がしてすごく個性的。
でも、このメンマ少し齧ってからスープをごくりと飲むと柚子の風味がスープに加わって美味しい。
1つの塩らーめんが柚子塩らーめんに変身するなんて、なんてお得なんでしょう~(〃▽〃)ポッ

さてさて、その他、薬味は三つ葉と極細の白髪ねぎ。

もちもち麺とのコントラストになるシャキシャキの白髪ねぎがいい感じ。
そして、三つ葉の爽やかさもスープを和風に仕立てます。

さて、それではこれも楽しみだった味玉。


割ってみるとこの美しさ~\(^o^)/

海に沈む直前の太陽の様な卵黄の赤みがかったオレンジ色。
白身に染みた味もしっかり、滑らかな黄身も美味しいです( *´艸`)ムフー

さて、すっかり夢中で食べ進め気が付けば器の中にはスープとほんの少しの薬味など。
このまま食べ終わってしまうのが名残惜しくて、卓上調味料のブラックペッパーでちょっと味変。


でも、全部味がそれになるのが嫌でレンゲの上でゴリゴリ、ごくり。

うむ、置いてあるだけあって合う~(*‘∀‘)
じんわりとマイルドなスープにブラックペッパーのパンチあるアクセントはなかなかいいですね。

まぁ、でも無くても美味しく食べれちゃうでしょうね。
そんな訳で?残りのスープは丼抱えてごくごく、ぷはー。

ごちそうさまでした~(*´▽`*)♡
あぁ~、美味しかった~。
特にここの麺は他とは全然違っていて楽し美味しかったです~(*´▽`*)
今の所メニューは変わっていないようですが、この麺を単体で楽しめるつけ麺とかも食べてみたいなと思いました。

さて、ごちそうさまのご挨拶をしてお支払い。
ニコニコ笑顔で見送られ、らーめんが美味しかったこともありニヤ気顔で外へでると…Σ(・ω・ノ)ノ!
なんと店前に10人くらい人が並んでいました。
あー、やっぱりすごいタイミング良かったんだー(;・∀・)
らーめんの神様、今日もありがとうございました~。


2018年105杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキングへ

純手打ち 麺と未来さんの営業状況がわかるTwitterはこちら

純手打ち麺 麺と未来さんの食べログ店舗情報はこちら
東京都世田谷区北沢3-25-1 シャトルヒエイ1F


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)
スポンサーサイト

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

サバ6製麵所 成城学園前店(成城学園前)/サバ醤油そば+サバ寿司

さて、本日は昨日オープンしたばかりの新しいお店のブログ。
ラー友さんが上げていた新店情報で知り、なんだかとっても美味しそうだったので早速行ってみました。


と言うことで、行ってきたのはこちら~\(^o^)/

サバ6製麺所 成城学園前店サバろくせいめんじょ
(成城学園前・東京都世田谷区)
2018,6,13訪問

こちらのお店は、大阪を中心に多くの店舗を展開させてるサバを使ったラーメンを売りにしている人気のお店。
先述したラー友さんのつぶやきで初めて知ったのですが、関東初出店。
なかなか遠いところは私は行けないので、こういった形でお店が出来るのはとっても嬉しいです(*^-^*)

さて、こちらのお店の場所は最寄り駅の小田急線・成城学園前駅北口より徒歩約2分。


駅近ですが、この辺りに土地勘のない私はもちろん地図アプリのお世話に。

改札を出たら左、そして程よい感じの商店街を抜けていくとお店に到着…

おおっと!!(@ ̄□ ̄@;)!!

うひゃー…すごい並び…。
並んでいる人のほとんどがどう見ても大学生、少なくとも2人~以上の人達でキャッキャ、フフフ、ワイワイと賑やか。
でも、こんなに成城学園前の学生さんはラーメン好きなのか~とある意味感動しちゃいます(*^-^*)

…うーむ、でも、ちょっと時間ずらしたらランチタイムが過ぎて並びが緩和されるかな…。
そんな考えが頭をよぎりますが、もしかしたらオープン初日はそんな考えの人が多くてあんまり状況は変わらないかもなとも思います。

えーい!もう並んじゃえ!
並んでいる間に出来ることもあるしと思い切って並ぶことにしました。

さて、そんな感じで待ち始めている間に前からこちらのお店のメニューが回ってきます。
写真付き、びっしりと敷き詰めたという言葉がぴったりの感じですね~(*‘∀‘)

メニューの構成は左側にSETメニュー。

右側に単品メニューとこちらのお店の特徴を記載。

レギュラーの麺メニューは「サバ醤油そば」「サバ塩そば」「中華そば」。
そして、7月から提供開始される予定の「サバ濃厚鶏つけ麺」「サバ濃厚鶏辛つけ麺」の5種類。
サイドメニューのご飯ものも「サバ寿司」「やきめし」「天津飯」「卵かけごはん」「白めし」と充実のラインナップ。

ちなみにSETにするとやきめしと天津飯はハーフサイズですが見た感じ結構なボリュームでした。
しかも、ちょっとお値段もお安くなっていてこれは嬉しいかも(*^-^*)

さて、大体何を食べるか決めたらメニューは後ろの人にお渡し。
ま、私はメニュー写真を撮っておいたので、渡した後でもウリウリ悩むことが出来ました(笑)

さぁ~、もう少し~(・´з`・)

店前にいた人達が店内に入った所で、お店の女性スタッフさんから列の移動を促されて店前へ。

そして、気づくオープン記念の案内。

あ!!(・∀・)
今日、すごいお得に食べられる日だったのか~。
なんと¥700~750までのラーメンが¥500、サイドメニューも1つ¥100と嬉しいオープン記念価格。
あぁ~、それはすごい並ぶわ~(〃▽〃)ポッ

知らなかったとは言え、お得に食べられるのはとっても嬉しい。
女性スタッフさんに人数確認をしてもらったら、まずは食券の購入です。

券売機は店内入ってすぐ右手側。

どどーんとでっかい券売機は上から、先に受け取ったメニューと同じ並びのボタン配置。
上部にSETメニューで上から種類別、横にセットになっているご飯ものの並び。

そしてSETメニューの下のボタンはトッピング、単品麺メニュー、ご飯ものの単品となっています。

さぁ、お金を入れて食券を購入。

まるんと盛られた茶色いやきめしも食べたかったけど…。
ちょっと蒸し暑かったし、なかなかラーメン屋さんにお寿司があるのが珍しいのでサバ寿司にしました~(≧▽≦)♡

購入した食券を持って一旦外で待機、再び出てきた女性スタッフさんに食券をお渡し。
そして、空席ができた所で店内へ再びご案内。

こちらのお店の造りは奥へと細長く続いている感じ。
入口正面より続く通路を挟んで左手側に2人掛けのテーブル席が4卓。
右手側が厨房に向かう形で座るローカウンター席10席で狭いながらも工夫した空間造り。
ただカウンターテーブルの中央から、お店の方が配膳をしているのであの席に座るとちょっと落ち着かないかも?

卓上調味料はコショウと一味唐辛子。


大きい入れ物の中に入って居るのは刻みニンニク。

そして、よく見ると「辛ニラは品質保全のため、冷蔵保全してあります。御用の方はスタッフまで」とのこと。
ふむふむ、それは気になりますね~( ̄▽ ̄)フフフ

さて、入店までに約1時間かかって喉も乾いているのでお水を…とキョロキョロ。
するとそれに気づいた店員さんが「お水お持ちしますよー」とお水を持ってきてくれました。

すいません、ありがとうございます(*´σー`)エヘヘ
ちなみに実際は、こちらのお店は水は券売機横のウォーターサーバーからセルフサービス。
卓上に水ポットがないので、お代わりもこちらからになっています。

さて、活気ある店内隣の人の天津飯も美味しそうだな~。
そんな事を思っているうちに私のラーメンも完成です(*^-^*)

サバ醤油そば750円
※オープン記念価格のため500円
おぉ~(≧▽≦)すごいスープ茶色いなー♡

そして、こちらも到着。

サバ寿司 単品価格350円
※オープン価格で100円

並べるとこんな感じ(*^-^*)

サバ醤油そば+サバ寿司セット¥1,050
※オープン記念価格600円
むっひょ、なんかウキウキします~(*´ω`*)

さて、それでは早速いただきます。
まずはスープをゴクリ。

うぉー(≧▽≦)、グワーッとサバ~♡
でも、見ためはこんなに茶色いですが、思うほどしょっぱくはありません。
スープはのベースは鶏ガラ、そこに甘味のある醤油とサバ節を加えてあるそう。
どちらかというとじわーっと体に醤油の味が染みる感じでほっとする味わいです。

さぁ、続いて麺をいただきます。

お、うんまい!(*´▽`*)
麺は丸中細ストレートでぷりぷりとした弾力が特徴的。
醤油の色に染まっているのか、ちょっと濃いめに色づいているのもなんだか食欲をそそります。
ただ麺量はちょっと少なめかな?なるほどSETメニューの充実ぶりに納得。

では、サバ寿司を1つぱくり。

うむ、すっぱさっぱり~(*´▽`*)♡
予想通りの〆サバの酸味と酢飯ですね~。
ま、でも、この後口直しにお水を飲まずにそのままスープを飲んだら「生臭っ!」ってなりました(笑)

さてさて、それではラーメンもどってチャーシューをぱくり。

乗っているチャーシューは綺麗に均一にスライスされた割と薄めの物。
3枚ほど乗っていますが、スープの印象が強く味はちょっとわかりづらかったです。
ただ、これは白飯との相性がいいんじゃないかな。
このチャーシューで肉巻きご飯とかしたら美味しそうだな~と思います(*^-^*)

その他には短め、ザクザクとしたメンマ。


そして、薬味は結構大振りに切った輪切りのネギ。

ワイルドだなーと思ったけど、食べてみると濃いめのサバ節にはこれくらいのサイズ感がないとですね(*^-^*)

さてさて、程よく食べ進めたところでお店の人にお声がけして「辛ニラ」をお願いします。

「足りなかったら言ってくださいね」とのお声がけをいただいて受け取ったのがこちら。

中はこんな感じ~(*‘∀‘)


では、いきなりガツンと入れてしまうとアレなんでレンゲの上へ~。

スープを足してゴクリと飲めば、おっ!っと思うくらいしっかりピリ辛。
麺と一緒に食べれば唐辛子の辛味とニラの清涼感が加わってなかなかうんまい!(≧▽≦)
これは合うな~と言うことで、この後直にもう少しラーメンに加えて食べました。
ま、でもニラ臭くなってもいい時じゃないとですね~(∀`*ゞ)エヘヘ

さて、ラーメンを食べ終わったら、〆のシメサバ寿司~(∩´∀`)∩
ぱくり。

ラーメンを食べて温まった舌に、冷たいサバ寿司が美味しい~(*´▽`*)♡
ちなみにサバ寿司に関しては詳しくないので細かい事は分かりませんが、普通に美味しかったです。

ま、〆とか言いながらこの後しばしスープを名残り惜しくごくごく。
この辺にしておこうという所まで飲んでから終了です。

ごちそうさまでした~(*´▽`*)
では、並んでいる人はまだまだいますのでごちそうさまの挨拶をして席を立ちます。
「ありがとうございました、またどうぞー」と言うお店の方たちのお声がけに見送られる形でお店の外に。

むはー、すごい並んだけど並んだ甲斐があったな~(*´▽`*)
もちろんサバを使ったラーメンに興味があっての訪問でしたが、こちらのお店はとっても感じがよかったです。
オープン初日、慌ただしい店内、でもお店のスタッフさん同士もとても仲がよさそうだったのが印象的でした。
今日からは通常価格に戻りますが、機会があったらまた別のメニューを食べに来たいですね(*^-^*)


2018年112杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキングへ

サバ6製麺所さんの公式ホームページはこちら

サバ6製麵所さんの公式Twitterはこちら

サバ6製麺所 成城学園前店さんの食べログ店舗情報はこちら
東京都世田谷区成城6-12-8


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

中華そば 西川(千歳船橋)/ワンタン中華そば

さて、この日は天気も良く暖か、ちょっと駅から遠いお店でも歩いていくには最適です。
じゃ、どこに行こうかな~…と考えて、そう言えば!と思い出したお店に行くことにしました。


そのお店がこちら~\(^o^)/

中華そば 西川 ちゅうかそば にしかわ
(千歳船橋・東京都世田谷区)
2018,3,13訪問

こちらのお店は2017年9月オープン。
気になっていたのですが、ちょっと自分の行動範囲からは外れる場所ということもあり気が付いたら時間が経過。
でも、最近ラー友さんが食べに行っているのを見て食べてみたい!という気持ちが再燃。
こういう事は思い立ったが吉日、忘れぬうちにレッツゴーです('◇')ゞ

さて、こちらのお店の最寄り駅は小田急線・千歳船橋駅。

すごーく昔にちょくちょく用事があってきていた千歳船橋駅。
すっかり綺麗になってて思わずキョロキョロしてしまいます(*‘∀‘)

さぁ、千歳船橋駅南口を出たら城山通りをしばし直進。

環八通りに突き当たったら道を渡ってから左折。
※お店の付近に横断歩道などがなさそうなので、ここで道を渡っておくのがおススメです(=゚ω゚)ノ

さぁ、ずんずんと歩いていると小さく前にお店の看板が見えてきました~(*‘∀‘)


あと少し、あと少しっと歩くこと徒歩約10分で到着。

ぽかぽか?いや、ちょっと暑かったけど、この距離感はちょうどいい運動ですよね~(*^-^*)

さて、お店の入口は道に対してちょっと斜め。
入口扉の前にも待っている人がいたので、店前の張り紙の写真などを撮ったら私もその後ろに。

ちなみに、並び方はこんな感じ。
こちらのお店が入っている建物は、同じ建物上にあるマンション入口のすぐ脇。
なので、そこを塞がないよう外に向かって並ぶようご案内が出ていました。

それから店舗正面に貼られていたのはメニューと営業時間。

定休日は毎週月曜日(月曜祝日の場合は翌日火曜)と第3火曜日。
※あ!しまった、ブログアップが日曜日だから明日定休日ですね(;´∀`)

さて、食べ終わった人が出ていき店内のウェイティングスペースが空くと次の人がその位置へ。
そんな感じで列が進んでいき、遂に私が外の列の先頭。
いよいよ私、次が私の番だ~…と、ちょうど入れ替わりで出てきた人がなんと知り合いのラー友さん。
最近、別の場所でもばったりお会いしたばっかりだったので、またまたの偶然に思わずニヤリ。
ちょっとしたご挨拶と情報をいただいてから入店でーす(∩´∀`)∩

店内に入れば「いらっしゃいませ、お待たせしましたー」のお声がけ。
ナチュラルな雰囲気の店内、ご店主さんらしき男性とサポートの女性はあたたかな雰囲気。

ぺこりと会釈を返してから、入口より斜め右手側にある券売機に向かいます。

こちらの基本メニューは「中華そば」「つけそば」の2種類。
そして、ボタンの並びは左からデフォルト→「味玉付き」→「ワンタン(入り)」。

麺は大盛りもできるようですが、最近よく見かける「味付き替え玉」もありますね(*‘∀‘)

食券を購入する前にチラリと眺めるカウンターテーブル、やはり味付き替え玉を頼んでいる人が結構います。
むむむ、食べてみたい気持ちはあるけれど、この日の私は夜もラーメンの予定。

ここは大人しく?ワンタン中華をチョイスでーす♡(∩´∀`)∩エヘ

さて、購入した食券を持って店内邪魔にならないところで待機。
食べ終わった人の器が片付き、声をかけてもらったところで着席。

食券を渡したらセルフサービスのお水の準備。
条件反射で卓上調味料のブラックペッパーをチェック。

そして、卓上に置いてあるご案内などを眺めながら完成を待ちます。

片面は「中華そば」と「つけそば」のご案内。

裏側は「味付き替え玉」の解説。

牡蠣と烏賊の旨味ダレ…とっても美味しそう~。
ここは「現金にても承ります」の文字は見なかったことにしよう~( ̄▽ ̄;)ハハハ

さて、そんなことを考えているうちに完成でーす\(^o^)/

ワンタン中華そば980円
スープの表面に浮かぶキラキラは煮干の皮かしら~(*‘∀‘)
そして、見ている端からふよふよと表面に膜が貼っていきます。

これは、のんびりしていられません。
早速いただきまーす\(^o^)/

まずはスープからごくり。

おー!アツアツ煮干~!!(≧▽≦)
かなり温度の高いスープは、ひとくちでぐわーっと煮干の旨味がわかります。
煮干スープのもともとの塩気でカエシは少なめにしているみたいですが、そのおかげでとても程よい塩加減。

さて、続いてめーん!

麺はつるりとした麺肌でしなやか、すすり上げるとシコシコとした食感。
長めの麺なのかな?啜り上げて感じる煮干のいい香りも満喫できるいい感じです(*´ω`*)

ちなみに後調べなんですが、ちょうど私の食べに行った前日より味が色々リニューアル。
前の味はわかりませんが、それはきっと前よりもグレードアップしたってことなんでしょうね。
すごいグットタイミングでした~(≧▽≦)

さて、のっけもののチャーシューは2種類。

手前側にあったチャーシューは低温調理に燻製?すごいいい香りと味が付いています( *´艸`)♡

そして、もう1枚は豚バラチャーシュー。

脂の甘味と赤身のほろっとした感じがとっても美味しいですねー(*´▽`*)

さて、替え玉の代わりにしたワンタンの包み方はてるてる坊主型。

たっぷり入った肉餡はさっぱりめで生姜がしっかりと効いていてます。
4つも入っていてボリュームも満点です(≧▽≦)

メンマはちょっと懐かしいメンマ臭のある角極太。

よく煮てあるけど、食べるとどゴリゴリとした食感があってなかなか食べ応えがありました。

これはなかなか没頭感のあるいいい1杯。
いつもならちょっとお試しに味変とかするのですが、気が付いたらどんぶりの中身は空っぽ。

ぷはー、ごちそうさまでしたー(*´▽`*)
思わず汁完しちゃったけど、こちらのスープは多分普通のラーメン屋さんのスープ量より少なめ?
でも、このガツンとくる煮干スープ、きっと贅沢に煮干を使っていると思います。
なので、これくらいの量が余さずいただけて私はちょうどいいですね。

あぁ~、今日も美味しかった~(≧▽≦)
なかなか行動範囲からは外れているけど、今度来た時は味付き替え玉も食べてみたいです(*´ω`*)


2018年47杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキングへ

中華そば西川さんの食べログ店舗情報はこちら
東京都世田谷区砧2-15-10 メゾンドオーポン 1F

中華そば 西川さんの公式Twitterはこちら


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

臥龍(三軒茶屋)/鶏チャーシュー麺+半熟味玉1個

さて、久しぶりの激辛部の活動に参加したその後。
激辛部の皆さんはお腹いっぱいだったり、用事があったりと言うことで解散。

…で、私はと言うとなかなか来ない世田谷区なので、もう1軒食べ行くことにしました~(∀`*ゞ)エヘヘ


さぁー、そんな訳で行ってきたのがこちらのお店へ~\(^o^)/

臥龍 がりゅう
(三軒茶屋・東京都世田谷区)
2018,2,18訪問

こちらのお店の最寄り駅は「東急田園都市線」と「東急世田谷線」が乗り入れている「三軒茶屋駅」。
三軒茶屋駅南口より徒歩4分ほど。

私はもちろん?土地勘がないので地図アプリを頼りにお店に到着(∀`*ゞ)エヘヘ

ちなみに私は1つ前のブログで行ったお店からはバスで移動。
祖師ヶ谷大蔵駅から東急バスの渋谷行きに乗ると三軒茶屋に行きやすいですよ。
ま、おかげさまで?バス停からお店までの距離はちょっと長いですがそれでも徒歩5分位で着くことが出来ました(*^-^*)

さぁ~、ずっと来てみたかったお店なのでとっても楽しみ( *´艸`)

曇りガラスの扉は開けるまで中の様子が分かりませんが、座れるかな~とおもいながら扉を開けます。

引き戸を開けて中を覗けば強面のご店主さん、助手の女性スタッフさんから「いらっしゃいませ-」のお声がけ。
「空いている席へどうぞー」とのお声がけにぺこりととりあえず会釈。
ちょっと緊張した面持ちで周りを一瞬確認し、私はちょうど扉を開けた目の前の席が空いていたのでそこに着席。

こちらの客席はハイカウンターのL字カウンター10席、カウンターの内側が調理スペース。
店内奥、ちょうどL字の角の辺りには小さいお子さん連れのご夫婦。
中学生くらいの男の子を連れた父親の姿もあって、ご近所さんの休日っていうアットホームな雰囲気です。

あれ…(・∀・)、思ったより緊張感がある感じじゃない…。
ラーメンの本などで見ていて、すごい静かなお店を想像していたのでちょっとびっくり。
ま、でも、地元に愛されているお店っていいですよね(*´ω`*)

さて、こちらのお店は券売機はなくオーダー後払いですので、まずは卓上に置いてあったメニューを見ます。


こちらのラーメンのスープのベースは軍鶏白湯。

右から「らーめん」「鶏チャーシュー麺」「炙りチャーシュー麺」「肉麺」「味噌」「ラー油香る味噌つけ麺」。
それぞれのメニューの左隣には何がラーメンに乗っているのかきっちり書いてあるのがいいですね(*‘∀‘)

そして、隣のページにはアルコールとおつまみのお品書き。

実はこちらのお店の店内にはお酒の一升瓶がずらりと並べられているスペース有り!
雰囲気的にもこれは夜飲みとかしたらいいだろうな~と思います。
ただ…私の行動範囲からだと飲んだら帰り道が大変だな~(∀`*ゞ)エヘヘ

さて、それではオーダーが決まった所でお声がけ。
2軒目だしデフォルトのらーめんと思っていたけど、こちらは軍鶏白湯スープのお店。
ここは鶏尽くしの鶏チャーシュー麺に玉子を付けちゃお~(∀`*ゞ)エヘヘ
それから、トッピングの中で0円と書かれていた柚子こしょうもお願いしました。

さぁー、オーダーが済んだらセルフサービスのお水の準備。
ステンレスタンブラーに注いだ冷たいお水を飲みながら、丁寧に作られていくラーメンを眺めニヤニヤ。

前客の方から順序良く配膳されていき、そして私のラーメンも完成でーす\(^o^)/

鶏チャーシュー麺850円
+半熟味玉1個150円

+柚子こしょう 0円
わぁ~(*´▽`*)綺麗~♡、鮮やかなネギの緑が美しいですね~。

それでは、早速いただきまーす(*´▽`*)

まずはスープからごくり。

さらりとしていて、ほのかにとろみのある白いスープ。
ひとくちめを飲み干すと、「おぉっ」と感じる鶏の濃い匂い。
少しケモノっぽい?と思ったけれど、さらにひとくち、もうひとくちと飲むごとに旨味の方が勝ってきます。
あぁ~、これ美味しい~(*´▽`*)♡
鶏の甘味と旨味、スープの塩分が程よく優しくて、とってもいい塩梅です~♡

続いて麺をいただきます。

あ、この麺すっごい美味しい(*´▽`*)♡
麺はぷりっとした中細麺、麺肌がつるりと滑らかでとっても個性的。
滑らかな麺肌ならでは?スープが麺と一緒に上がる量が程よく抑えられているのでとっても食べやすいです。

ちなみに後調べですが、こちらの麺にはなんとレンコンが練りこまれているそう。
なるほどー、この個性的な食感はそういうことだったんですねー(*‘∀‘)♡

さて、それでは鶏尽くししちゃいます。
まずは鶏むね肉のチャーシュー。

さっぱりとした食べ心地、そして少しブラックペッパーが効いていてスパイシー。

鶏もも肉のチャーシューは周りについた鶏皮が甘い。

柔らかいながらもむっちりとした食感、少し味が濃いめで脂身もあるのでコクがあります。
うーん、甲乙つけがたいけど…今日の私は2杯目だし胸肉でさっぱりがいいかも~( ̄▽ ̄)

穂先メンマはとって歯切れのいいサクサク、サクサクとした感じがたまりません。


さて、それではそろそろ添えてもらった柚子胡椒で味変。

うん、柚子胡椒はやっぱり白湯スープによく合うね~(*´▽`*)
スープの甘味に小慣れた舌に柚子胡椒のほどよい刺激がいい感じです。

さて、それではお楽しみの味玉~\(^o^)/


がぶり、ちゅー(*´з`)♡

滑らかな黄身がうんまーい(≧▽≦)
メニュー名の「半熟」からも予想していた通り黄身はとろとろ、でも白身はぷりっとしていて美味しい!

さて、気が付けば残すところはスープのみ。

本日2杯目だから残すべきなんだろうな~と思いつつ、スープをぐいぐい気付けば汁完(∀`*ゞ)エヘヘ


はぁ~、ごちそうさまでした~(*´▽`*)
とろりとして濃厚、旨味が濃いのにしつこくないからすっかりスープ飲み干しちゃいました~。
自分でもびっくり、だって1軒目でご飯までセットで食べてちゃっているのにね( ̄▽ ̄)エヘヘ

さて、私がお店に入った頃にはお昼のピークタイムはほぼ終了ですが、お客さんは一定のリズムで入店してきます。
中には店内を覗いて満席を確認、ご店主さんに挨拶をして少し時間空けて来るなんて言っていく人も。
ちょうど食べ終わった時にまた扉が開いたのでお会計をお願い。
支払いが済んで「ごちそうさまでした、美味しかったです」と伝えれば、ご店主さんと助手さんから笑顔でお礼の言葉か返ってきました。
ご店主さんの見た目は一見強面だけど、とっても丁寧でステキな人でした。
うむー、今度は隣の人が頼んでいた「味噌」を食べてみたいなー(*´▽`*)


2018年34杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキングへ

臥龍さんの公式Facebookはこちら

臥龍さんの食べログ店舗情報はこちら
東京都世田谷区三軒茶屋1-35-3 山田体育施設ビル1F


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

辛っとろ麻婆麺 あかずきん(祖師ヶ谷大蔵)/辛っとろ麻婆麺レベル1・追い飯セット

さて、この日の私は友達とやっている「激辛部」の集まりに参加。

( ̄▽ ̄)エヘヘ…

私、辛い物は程々しか食べられませんが、実はそんな「激辛部」一般人枠?として、メンバーに入っています。
ま、いわゆる?普通の人が激辛を食べるとこんな感じっていう見本ですかね…(笑)
※ちなみに前回は「激辛グルメ祭り2017@新宿大久保公園」の集まりでしたが、みんなが食べ終わる頃に合流。
激辛を食べていません( ̄▽ ̄)




さぁ、そんな訳でずっとサボっていた?私ですが、タイミングがあって今回久しぶりに参加。
そして今回「激辛部」のお目当てのお店がこちら~\(^o^)/

辛っとろ麻婆麺 あかずきん
(祖師ヶ谷大蔵・東京都世田谷区)
2018,2,18訪問

こちらのお店の最寄り駅は小田急小田原線・祖師ヶ谷大蔵駅。
祖師ヶ谷大蔵駅南口を出たら、駅を背にして伸びる商店街を道なり徒歩約3分ほどで到着です。


さて、オープン時間の少し前に皆とはお店で待ち合わせ。
すでに並んでいる人達がいますが、まだ全員そろっていないのでとりあえず店前を先にチェックします。

店前にある写真付きのメニュー表はなんだか赤くてちょっとドキドキ。
…と思いきや、「背脂煮干中華そば」「鯛ニボ塩そば」なんて、辛くないメニューもあるんですね。

ま、でも、こちらのお店の看板メニューはやはり「辛っとろ麻婆麺」。
以前の集まりでは辛くないメニューを選んだ私ですが、最近は辛い物も前より行けるようになったしこっちにします!( `ー´)ノ

ちなみに、「辛っとろ麻婆麺」と「坦々まぜそば」は好みの辛さが選べます。

辛いもの苦手の小辛 レベル0.5、カレーの中辛より少し辛いくらいの中辛 レベル1。
辛いもの好きの人向けレベル2 辛口、レベル3 大辛。
そして、その上のレベル4 激辛、レベル5 鬼辛は+\50で頼むことが出来ます。

さて、集合時間になり全員集合。
列に並んでほどなくお店がオープン、前の人から続々と中に入っていきます。

そして、ついに私たちの番ですが券売機前がちょっと狭めなのでまずは部長と私から。

こちらの券売機はそれぞれのメニューごとに色分けされていて、赤いボタンがこちらの看板メニュー「辛っとろ麻婆麺」。
黄色いボタン「背脂咖哩麻婆麺」、オレンジ色「坦々まぜそば」。
茶色が「背脂煮干し中華そば」、紫色が「鯛にぼ塩そば」に分かれています。

もちろん私はこちらの一番左上の「辛っとろ麻婆麺」。
そして、部長のお目当ては券売機の中のイメージカラー?黒のこれ…

超激辛 辛っとろ麻婆麺 あかずきん
イラストはかわいらしい赤ずきんちゃんですが、絶対そんなかわいいものじゃないと思います…(;´∀`)ハラハラ

ま、私は安全にこちらを購入。

やっぱり麻婆麺にごはんは欠かせないですよね(ΦωΦ)フフフ…

さて、それでは食券を購入したら空いているカウンター席へ移動。
こちらのお店の客席は入口付近にある4人がけのテーブル席1卓とストレートカウンターテーブル6席。
すでにテーブル席は埋まっていたので、私たちはカウンター席に横1列で着席。

食券をお店の人に渡すと時に辛さを尋ねられるので、決めていた辛さを伝えます。

さぁ、オーダーが済んだら、まずはセルフサービスお水の準備。
そして、サクサクと条件反射で卓上調味料のチェック。

置いてあるのは酢・ブラックペッパー・香る山椒・シビれる山椒。
…めっちゃ山椒が合うってことなんでしょうね~( ̄▽ ̄;)

ちなみにカウンターボードの上にも赤・青2色のツボ、中身はフライドガーリックとおろしにんにくでした。

さて、その他張り紙系のご案内も色々。

ふむふむ(・∀・)、まぜそばに50円でスープを付けられるのはいいね~。

それから、追い飯の美味しい食べ方について。

ふむふむ(・∀・)、麻婆のとろみが食べるうちに弱くなるから先に食べるのがおススメなのか。
「追い」飯なのに最初に食べるのがおススメだなんてウラハラで面白い~( ̄▽ ̄)ワラ

さて、完成までの間は久しぶりに会った仲間とおしゃべりを。
そんな風に過ごしているとあっという間に完成です。

辛っとろ麻婆麺 レベル1 中辛850円
おぉ~、麻婆スープのスパイスのいい香りがたまりません~( *´艸`)

そして、セットのご飯も到着。

ごはんには糸唐辛子とひき肉、万能ねぎがちょこんと彩りを添えています。

並べてみるとこんな感じ

辛っとろ麻婆麺 追い飯セット950円
うむ!(≧▽≦)やっぱり麻婆麺の隣にはごはんが似合うね。

…と、そんな私の隣に恐ろしい?部長の頼んだ1杯が到着。

超激辛 辛っとろ麻婆麺
~あかずきん~1,000円

あかずきんって、赤頭巾かぶってるみたいな見ためだからー?((((;゚Д゚)))))))ガクガク

ちなみにこれが今回の激辛部の集合写真です!( ̄▽ ̄)

辛さは自分に合ったものを選ぶが大事ですよね。

さぁ、それではみんなでいただきまーす\(^o^)/

まずはお店のオススメに書いてあった通り、スープのとろみがあるうちに麻婆豆腐をご飯の上に避難。


それから、スープをひとすくい。
ふーふー、と少し冷ましてからごくり。

辛っ!!(@ ̄□ ̄@;)!!
ひとくち目でアツアツ、とろとろのスープが喉を直撃、ちょっぴりムセ混み慌ててお水に手を出します。
味としてはいわゆる麻婆豆腐の餡の部分をスープにした感じ…ですが、辣油の辛さと山椒のシビれに舌がビリビリします。

…あれ、これは大丈夫だろうか…(;´∀`)
ま、でも卓上にお酢もありますからいざという時は辛味センセイの教えで乗り切る!

とりあえず、まずはそのまま続いて麺。
熱いと辛さがさらに増すので、麺も少しふーふーと冷ましてからがぶり。

あ、うんまい!!((๑✧ꈊ✧๑))
麻婆スープがよく絡んだ中太縮れ麺はもちもちとした食感。
とろみのあるこの麻婆スープとの相性がとってもいいです。

しかも、最初に感じた辛味が少しまあるくなって甘味も感じます。

多分、最初のひとくち目は上にかかっていたラー油が混ざってなかったんですね。
麺を引き出すことでスープ全体が程よく攪拌されてちょうどいい感じになったみたいです(*´▽`*)

さぁ、ここからは自由な感じで食べ進めます。
アツアツの豆腐と麻婆ですから大振りのひき肉。

シャキシャキの白髪ねぎと一緒にもちもち麺を食べるとうまい!(≧▽≦)

まぁ、そうはいっても段々と辛味とシビレで汗が出てきますー(;´∀`)
でも、今回はお酢のお世話にならず麺を完食。

最後は穴あきレンゲを使って、残っている具を綺麗に浚います。


おっ、ごろっとひき肉発見~(*´▽`*)


〆のご飯には少しだけ山椒を追加。

普段だとここにスープもちょっとかけるのですが、今日は浚った具に付いている味だけでOKってことで(∀`*ゞ)エヘヘ

でも、食べ終わってもちょっと後引く麻婆スープをごくごく。
しばし水とスープのエンドレスタイムを楽しんでから終了です。

ごちそうさまでしたー(≧▽≦)
最初はちょっとびっくりしたけど、もしかしたらレベル2でも行けたかも~。
ま、無理しない自分サイズの程よい辛さのチョイスって大事だよね。

ちなみに部長が頼んだ「超激辛 辛っとろ麻婆麺 ~あかずきん~」の味見は…してません!!
どう見てもあれは私には無理でしょう…(;・∀・)

ま、隣の席にいた副部長のレベル4激辛は…すっごい辛くてその後のダメージがすごかったです(;´∀`)
そして、副部長が私のレベル1を食べた感想は「甘い」でした。
それから、レベル3を選んだ人が「レベル4にすれば良かった」と言っていたのは聞かなかったことにします(;´∀`)

兎にも角にも、久しぶりの激辛部参加、刺激的でとっても楽しかったです(≧▽≦)


2018年33杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキングへ

辛っとろ麻婆麺 あかずきんさんの食べログ店舗情報はこちら
東京都世田谷区砧8-6-27


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

お知らせ
ラーメンブログランキングに参加しています(^ム^)
プロフィール

もりみ

Author:もりみ
1日1ラーメン食べられたら幸せですが、周りが心配しますし体力的にも経済的にも無理なんでボチボチやってます
(*^^)v

最新記事
カテゴリ
タグ

新宿区 杉並区 小金井市 中野区 千代田区 渋谷区 武蔵野市 豊島区 北区 調布市 練馬区 埼玉県 番外編 千葉県 荒川区 中央区 台東区 三鷹市 世田谷区 ラーフェス 国分寺市 ラー飲み 港区 青梅市 葛飾区 目黒区 文京区 神奈川県 江東区 立川市 品川区 足立区 カップ麺 昭島市 墨田区 うどん まとめ 板橋区 大田区 チェーン店 福生市 国立市 江戸川区 府中市 茨城県 東大和市 国分寺 曙橋 閉店 町田市 西東京市 小平市 八王子市 日野市 多摩市 浜田山 長野県 阿佐ヶ谷 宮城県 日本蕎麦 広島県 あきる野市 蕎麦 自宅麺 練馬 コラボ 

ラーメンブログ リンク

ラーブロ
ラーメンブログ専門リンク集「ラーブロ」に登録しました
\(-o-)/設定ってむずかし~
月別アーカイブ
FC2カウンター
訪問ありがとう~
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード