麺や 七彩(八丁堀)/【期間限定】小豆島の海の水とクラタペッパーの塩らーめん(大盛)

さて、今日のブログは前回に引き続き?同僚と一緒にしたラ部活報告~!('◇')ゞ
ちょっと話が前後しちゃっていますが今回のラ部活、メンバーの1人からぴろぴろ麺が食べたいというるリクエスト。


そんな訳で、そう言えば部活で行ってなかったぴろぴろ麺の美味しいお店!
こちらのお店に行ってきました\(^o^)/

麺や 七彩 八丁堀店
めんや しちさい はっちょうぼりてん
(八丁堀・東京都中央区)
2018,3,9訪問

こちらのお店の場所は東京メトロ日比谷線・八丁堀駅A5出口より徒歩約2分。
地上に上がり八丁堀交差点を左折したらほどなくお店。

ま、JR東京駅からでも歩くことが出来ますので行きは東京メトロ、帰りはJRを私は利用しましたよ(*^-^*)

さて、お店に到着したのはディナータイムのピークが始まる少し前。
チラリと除く店内は満席ですが、店内待ちは少なそう。

とりあえず店前に置かれている木製の板の写真を1枚。
そして、入店でーす\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

店内に入れば「いらっしゃいませー」のお声がけ。
ぺこりと軽く礼をしてから、まずは入口左手側にある券売機に向かいます。

券売機の一番上、大きいボタンは「喜多方らーめん(煮干)」「喜多方肉そば(煮干)」「期間限定商品」「つけ麺」。

そして、その下のボタン。

上から「喜多方らーめん(煮干)」「喜多方らーめん(醤油)」「喜多方らーめん(塩)」の並び。
横の並びはデフォルト、味玉付き、肉増しになっています。

さぁー!!今日の私のお目当ては…こちらー\(^o^)/

1日20食限定の「小豆島の海の水とクラタペッパーの塩らーめん」
お店のTwitterを見ていると、いつも売り切れ必至なのであればいいなーと思っていたんですが…あった!!(≧▽≦)
喜び勇んでお金を投入、食券を買う私に感化されて同僚2人も同じものをチョイス。

さて、購入した食券を持って店内奥のウェイティングスペースへ。
スタッフの方が食券の受け取り、そして麺量の確認。
ちなみにらーめんの麺量は150g、200g、250gから選べます。

オーダー通ったら、後はのんびりと周りをチェック。

そして、目を惹くのはウェイティングスペースの一角にあった七彩さんプロデュースのヴィーガンで無化調な袋麺。
かわいいパッケージ、訪問時セール中だったこともあってちょっと買おうか迷っちゃいます。

そんな事を話していると、ちょっと長めの待ち時間もあっという間。
遂に私たちに「お待たせしました」の声がかかり着席。

うひょー(∩´∀`)∩♡♡♡
手打が目の前でよく見えるいい席だ~!(≧▽≦)
そうそう、ご存知の方も多いと思いますが、こちらのお店と言えばオーダーしてから打ってくれる自家製麺。
いい場所に座れると麺ができるまでの様子をじっくり見ることができるんですよね。

麺が作られていく工程に、目を奪われながらも卓上調味料のチェックは忘れずに。

置いてあるのはギャバンのブラックペッパー。
箸は割り箸とエコ箸が両方置いてありますが、ぴろぴろの麺には割り箸の方が食べやすい?
そんな訳で比率的には割り箸の方が多いですね(*^-^*)

さて、その場で手打してくれる自家製麺なので待ち時間はちょっと長めの約10分。
遂に完成でーす\(^o^)/

小豆島(しょうどしま)の海の水と
クラタペッパーの塩らーめん(大盛)920円


おぉ~(*‘∀‘)、すごいスープがなみなみ~。


そして、これがクラタペッパーなんですね~(*´ω`*)

ちなみにこの「クラタペッパー」はカンボジアでクラタさんが育てている胡椒のこと。
このメニューが始まった頃は、このグリーンペッパーの生胡椒は乗っていなかったみたいです。
生胡椒が乗るかどうかはお店のTwitterなどで確認するといいかと思います('◇')ゞ

さぁ、それでは早速いただきまーす(*´▽`*)(*´▽`*)(*´▽`*)
まずはスープからごくり。

うわー((๑✧ꈊ✧๑))美味しい~!
スープのベースになっている動物と魚介のバランスもさることながら、何といってもこの塩加減がとっても美味しい。
あぁ、まさに体にじわーっと染みるいい塩梅。

ちなみに?後調べなんですが、このスープの水は小豆島の海の水を汲んできて使っているそう。
私、てっきりメニュー名はそんな雰囲気?つまりイメージで、小豆島産の塩を使ったスープなのかなと思っていました。
なので、本当に海の水を汲んできていると知ってすごくびっくりしました。

しかしながら、私の記憶の中の海水ってかなりしょっぱかったイメージ。
美味しいラーメンのスープにするには、やっぱり色々な工夫がされているんでしょうね(*^-^*)

さぁ、ちょっと話が長くなりましたが続いて麺!ふーふー、がぶり!(^O^)

うんま!!(≧▽≦)
つるりと滑らかな麺肌、ぷるり、もちもちとした食感。
手もみを加えて厚みが程よくランダムになっているので、噛みしめた時食感の違いがあって楽し美味しい。

のっけもののチャーシューは2種類。
左側、豚バラチャーシューは醤油の味がよーく染みていてほろりと柔らかい。

右側の桃色のチャーシューはしっとりとしていて、噛めばむっちり。
あー、どっちのチャーシューも美味しい~(≧▽≦)

七彩さんのメンマと言えば、やっぱり細くて短め。

コリコリとした食感とごま油の香りがたまらぬー( *´艸`)♡

さてさて、このラーメンの肝と言えばやっぱりこのクラタペッパー。

まずはスープと一緒にごくり。
おぉ!(@ ̄□ ̄@;)!結構、刺激的!
塩のスープの旨味と甘みに生胡椒ならではのさわやかな風味、キリッとした辛味がうんまいです。

お次は、麺と一緒にクラタペッパーを口に入れて咀嚼。

もちもちとした食感の中で、プチっとペッパーがはじけ口の中にスパイシーなペッパーの風味が広がります。
ペッパーの刺激に目の下辺りからぶわわっと汗が出てきます。
あぁ、辛い…けど麺の甘味とのコントラストがいい感じ~( *´艸`;)

このラーメンの醍醐味は美味しいスープと麺とクラタペッパー。
とってもシンプルな構成だけど、没頭できる良さがあり気づけば250gあった麺はぺろりとお腹の中。
夜だから200gにしようかな~と思ったけど、やっぱり大盛250gにしてよかった~。

そんなことを思いながら、スープの中を攫っていると…

あ、まだ麺もクラタペッパーもいた~(*´ω`*)♡

最後のぴろぴろを口の中へ放り込み、もぐもぐ、辛~い(*´▽`*)♡
そして、さすがに麺を思いっきり食べたのでお腹がいっぱい、この辺で終了です。

はぁ~、ごちそうさまでしたー(*´▽`*)♡
すごい美味しかった~、売り切れる前に来られてよかった~(≧▽≦)

さて、店内待ちの人の列が私たちが並び出した時より長くなってきています。
食べ終わったらさっと立ち上がり、ごちそうさまのご挨拶。
本当に食べられてよかったねー、なんて話をしながら帰路に着きます。
ちなみに?後でお店のTwitterを見てみたら、なんと私たちが着席した頃、売り切れになっていました。
ホント、3人揃ってちょーラッキーでした~(∩´∀`)∩


2018年46杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキングへ

麺や七彩 八丁堀店さんの食べログ店舗情報はこちら
東京都中央区八丁堀2-13-2

麺や七彩さんの公式Twitterはこちら

【夏季限定】冷やし中華を食べた時のブログ
喜多方らーめん(煮干し)を食べた時のブログはこちら

食堂 七彩(都立家政)で喜多方らーめん(塩)を食べた時のブログはこちら


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)


同僚とのラーメン部会の記録まとめはこちら
スポンサーサイト

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

175°DENO担担麺 GINZa(銀座一丁目)/汁なし担々麺(中盛・シビれる)+小ライス

さて、この日の私は気になるお店を目指してオシャレでオトナの街、銀座~٩(ˊᗜˋ*)و
この辺りが行動範囲の友達と3人でとあるお店に向かいました。

が…、しかし。
お昼のピークタイムを外した13時過ぎにも関わらず、店前にはずらりと並び。
ぱっと見そこまでの並びでもないように見えましたが、先に来て観察していた友達によるとかなり回転がゆっくりとのこと。
ううう、食べて見たかった…(T_T)

ま、そうは言っても今日はそこまで待ってる時間はなし。
ここはサックリ諦めて、こちらのお店の少し先にあるこちらのお店に行くことにしました(∀`*ゞ)エヘヘ


さぁ、そんな訳でお久しぶりのプランBで行ってきたのがこちらのお店~\(^o^)/

175°DENO担担麺 GINZa
ひゃくななじゅうごど デノ たんたんめん ギンザ
(銀座一丁目・中央区)
2018,1,30訪問

こちらのお店は2018年1月12日オープン、北海道に4店舗を構える人気の坦々麺専門店。
その他には新潟に1店舗、そしてこの銀座店が東京初出店。
ちなみに?つい最近2月25日には新宿店をオープンしたそうです。
まぁ、私が行ったときはまだ新宿店はオープンする前でした。

さて、こちらのお店の場所はお店の場所は東京メトロ日比谷線・銀座一丁目駅より徒歩約1分。
JR有楽町駅からでも徒歩約6分ほどと歩ける距離。
ま、私たちは1度別のお店に寄ってからなので、一応調べた地図を付けておきますね。

この時の私は、友達のお陰で迷わずお店に到着することが出来ました(〃'∇'〃)ゝエヘヘ

建物入口の写真を撮ったら、お店は地下ですので階段を降りていきます。


少し狭い階段をゆっくりと降りて行けば、入口扉の横にこちらのラーメンのオーダーの仕方の張り紙。


そして、坦々麺と言えばの「花椒」の解説なんかもあったりします。

ふむふむ、体に良い効能がいっぱいなんですねー(〃'∇'〃)ゝエヘヘ

一通り観察した所で、扉を開けて店内へ。
中に入るとそこは結構狭い通路、兼券売機置き場。

扉すぐ近くにいたスタッフさん、そして奥から「いらっしゃいませー」のお声がけ。

すぐそばのスタッフさんから、食券の購入を促されて改めて券売機に向かいます。

こちらの基本メニューは「汁あり担々麺」と「汁なし担々麵」の2種類。
それぞれのメニューのボタンは上下で「白ごま」「黒ごま」に分かれています。
まぁ、私が訪問した時「黒ごま」は赤の×ランプがついていたので、自動的に白ごまチョイス。

ちなみにボタンは左から「シビれない」「シビれる」「すごくシビれる」の並び。
すごくシビれるだけが+¥50の設定になっています。

さぁ~、シビれないにするとまったかく辛くないそう。
さすがに担々麺なので、ちょっとは辛味が欲しいと私のチョイスはこれに決定~\(^o^)/

決定打は…汁なし担々麺は麺量が150g、200gが選べる所ですかね~( ̄▽ ̄)

さて、食券を購入したら券売機近くにあったコップを持って、案内された奥のテーブル席に着席。

こちらのお店の客席は、厨房スペースの前にあるL字のカウンター7席。
テーブル席は私たちの座った4人掛けの1卓+2人掛けのテーブル席が3卓。
細長い感じのこじんまりとしたスペースですが、工夫して座席数を結構多めに作っているって感じですね(*‘∀‘)

それでは、ちょっと落ち着いた所でスタイリッシュで綺麗な店内をよくチェック。
まずは私が頼んだ汁なし坦々麺の食べ方指南~\(^o^)/


そして、担々麺にあると嬉しい「玄米入りご飯」のごはん


ヘアゴムや紙エプロンももちろん揃えてあるんですね。

…と、その案内の後ろに見つけた「糖質オフ麺」の文字。
ほほぅ~(*‘∀‘)、ラーメンの麺が「糖質オフ」の物があるなんてさすが?銀座ですね~。

さて、その他には自家製ラー油がありますという案内。


そして、何も書いていなかったけど鳴らすととってもいい音色がするベル。

テーブル席の人が追加オーダーなどしたい時に鳴らすと来てくれるんでしょうね。
思わずどんな音色か知りたくて、ちょっと鳴らしちゃいました~(*≧∀≦*)

さて、程よく周りをチェックしてくらいで私たちのオーダーしたものが到着~\(^o^)/

汁なし坦々麺(中盛・シビれる)850円
浅めで、ちょっと変わった形の器に盛り付けられた汁なし担々麺はとってもスタイリッシュ。

横から見ると小高に盛り付けられていてオシャレですね~。


そして小ライスもほどなく到着。

小ライス100円
むむむ、これは…すごい小さいな~(;・∀・)

ちなみに並べてみるとこんな感じ。

ブログの時系列が前後しちゃってるので、ちょっとわかりづらいのですが…
前日に食べた小ライスが私の中の並盛りより多かったのでちょっとこれは淋しい。
ホント、小ライスってお店によって色々だよね~( ̄▽ ̄;)これは銀座価格ってことなのかな~。

まぁ、それはさておきいただきます。

よく混ぜてから食べて下さいとのご案内ですので、まずは混ぜる前にタレを味見。

うん、これだけだとちょっとよくわからないですね( ̄▽ ̄)ハハハ

さぁ~、それでは本格的にレンゲと箸を使ってよーくまぜまぜ\( 'ω')/

よし!これくらいでいいかな?(*‘∀‘)

では!箸を指し入れ麺をぐぐっと持ち上げます。

混ぜている時になんとなくそうかな~と思っていたけど…お、重い…(*´Д`*)
勢い余ってタレをすっ飛ばさないように気をつけながら、かぶり。
麺は平打ちのもちもちとした麺。
タレとの絡みがよすぎて麺同士が絡まりあい過ぎて、ちょっと食べづらい。

でも、この担々麺のタレはコクがある胡麻の甘味と山椒ラー油の辛味さが引き立てあっていて美味しい。
…けど、やっぱり結構思っていたより辛いんですね(≧◇≦)

卓上にお酢も置いていあるといいなと思いつつ食べ進めます。
ちなみに?すっかり具材が混ざり合ってしまって写真がないのですが、具材は大ぶりのひき肉で作った肉味噌。
カリカリとしたカシューナッツ、サクサクとした干しエビの風味がとっても美味しい。
特にこの干しエビの塩気が私のお気に入りで、できることなら干しエビ増ししたいですねー(*≧∀≦*)

さぁ、ライスがあるので坦々麺の具を乗せて食べてみたり~(・´з`・)


でも、やっぱり私のやってみたかった事は追い飯スタイル。
残すところあと僅かになった所でごはんを投入~\(^o^)/


そして、こちらの自家製ラー油もここでちょこっと。


ラー油をたらーり

ちなみに?このラー油を先に使った友達がこのラー油は辛くないよと教えてくれました。

さぁ、ざっくり混ぜてからぱくり。

追加したラー油の香りがいい感じです(*^-^*)

ただ、この汁なし担々麺のタレはかなり麺との絡みがよく追い飯するには向いていないかも…
追い飯する頃には、タレがほとんど残っていないんです。
なので…(∀`*ゞ)エヘヘ、禁断の?友達のスープをちょっと追加~。

汁あり担々麺を頼んでいた友達のスープを少し入れたら、混ざりやすくなって食べやすくなりました。


ふぅー、ごちそうさまでしたー(;´∀`)
濃厚な坦々ダレともちもちの平打ち麺、美味しかったけど辛かったな~。
食べるうちに、私の舌が震えてる?と思うぐらい舌の感覚が変わりました。

ちなみに、こちら友達の頼んだ汁ありの坦々麺。

汁あり担々麺(シビれない+α)900円

それと追加のパクチー。

パクチー150円

シビれが得意じゃない友達は「シビれない」をオーダー。
するとお店の人から、まったく辛味がないので少しだけ辛くしますか?と聞かれそのようにオーダー。
味見させてもらいましたが、こちらは本当に程よく辛くて美味しかったです
最近、前よりも辛いものが食べられるようになったと思っていた私ですが、そっちにすればよかったかな~と実は思いました(笑)


2018年22杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキングへ

175°DENO担担麺さんの公式ホームページはこちら

175°DENO担担麺 GINZa (ヒャクナナジュウゴド デノタンタンメン)さんの食べログ店舗情報はこちら
東京都中央区銀座2-6-16 銀座第2吉田ビル B1F


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

銀座 風見(銀座)/酒粕濃厚そば

さて、この日の私は用事があって銀座へ。
なかなか行かない場所なので、銀座にあるラーメン屋さんにも行ってきました~\(^o^)/


という訳で、行ってきたのがこちら。

銀座 風見 きんざ かざみ
(銀座・東京都中央区)
2016,12,8訪問

こちらのお店は2016年7月にオープン。
酒粕を使ったラーメンが食べられるというお店。

実は私は甘酒が苦手。
ですが、先日ラー友さんから「個性的だけど美味しかったよ~」と聞いて食べてみたくなったんですよね(#^.^#)

さて、お店の場所は東京メトロ銀座線・銀座駅C2出口より徒歩3分ほど。
そして、何とも説明しがたい路地裏の隠れ家風。
地図アプリによるとこんな感じ↓


この路地に入る入口はこんな感じ↓


で、その道を奥に進むとこんな風景が広がっています。

こんなところに、お店あるの?と、少し不安。
ですが、ほんのり灯る店のあかりを見つけた時には「おぉ~(*’▽’)」ってなりました。
きっと夜に訪問したら、もっとそういう感じになるんでしょうね。

さて、お昼のピークタイムを外したので、店の外は静か。
ちらりと伺える店内も落ち着いた雰囲気。

それでは、店前もしっかりと見たので入店で~す\(^o^)/

引き戸を開ければ「いらっしゃいませ~」のお声がけ。
そして、ぶわわ~っと酒粕由来の独特な香りが店いっぱいに広がっています。
おぉ~、すごい香りだ~(*‘∀‘)

さて、店員さんに促されてまずは食券の購入。
券売機は店内入口、左手側に設置してあります。

こちらの券売機、一番左上はお店の看板メニューの「酒粕濃厚そば」。
その他には「塩そば 白」「醤油そば 黒」「濃厚つけそば」があり全4種類。


ま、ここは迷わず、初訪問ですしやっぱり「酒粕濃厚そば」ですよね~(*´▽`*)

それでは、お金を入れてボタンをポチリ。
食券を近くにいた店員さんに渡したら、案内された席へ移動。

こちらの店内の造りは、ストレートのハイカウンターテーブル8席。
明るい色合いの木製カウンターテーブルにアートのようなカウンターボード。
座席の1つ1つに木製のこれまたお洒落なトレー、そしてレンゲが置かれています。

座ると出て来るお水は、保冷力バツグンのステンレスタンブラー。
おかわりのお水は、1人に1つずつ、コルクの蓋がついたガラスのカラフェで提供。

卓上調味料は、ブラックペッパーのミル、一味唐辛子、粉山椒。

液体の柚子七味?は銀座らしくローマ字表記。

そして、気になったのがこの「千鳥酢」。

置いてあるってことは、ラーメンに合うんでしょうね~(#^.^#)

それにしても、オシャレなお店だな~。
漆喰のような白い壁、コンクリート打ちっぱなしの部分もあり。
カウンター上や調理場内などは綺麗に磨かれたステンレス製。
店員さんの出で立ちは、日本料理の職人さんみたいで創作和食やお寿司などが出てきそう。

さすが銀座はオシャレだな~(*´▽`*)

ステキな空間を楽しんでいると、まずこちらが到着。

店員さんの解説によると、こちらは酒粕濃厚そば専用の調味料。
粗めにおろしたおろし生姜と青唐辛子味噌。
途中でお使いくださいとのご案内。

そして、遂に着丼~(*´▽`*)

酒粕濃厚そば980円
おぉ~、店内も酒粕の香りがしていますが、目の前に丼が来たらさらにすごい香るぅ~((๑✧ꈊ✧๑))

さて、それでは早速いただきます。
ドキドキしながら、まずはスープをごくり~。

おぉぉ~、酒粕の香りがぶわ~っと来る~Σ(◎o◎)!
スープをひとくちいただけば、口の中、鼻を抜けて自分の顔の周りを酒粕の香り満たします。
とろりとしたスープは濃厚、そして味は甘みのある醤油。

先述しましたが、もともと私は甘酒が苦手。
ですが、このスープはラーメンなので甘いだけじゃなくちゃんと旨味と塩気があるから美味しい。
そして、ひと口、ふた口と食べ進めるほどクセになってきます(*´ω`*)

さて、続いて麺をいただきます。

麺は丸中太ストレート麺。
食べ見るともっちりとしていて、しっかりとした弾力。
アツアツ濃厚な酒粕スープとよく合いますが、この麺がなかなか冷めにくい。
これは、ヤケド注意です!( ̄▽ ̄)

それでは、盛り沢山なのっけものもご紹介。
チャーシューは2種類。

1枚はとろりとほどける豚バラチャーシュー。

そして、もう1枚はピンク色が綺麗なレアタイプ。

こちらはもっちりとした、舌に吸い付くような食感がいい感じ。
濃厚なスープと合わせると豚バラチャーシューは少し脂が強めに感じます。
なので、私はこのスープならばレアタイプの方が好きですね~( ̄▽ ̄)

ちなみにチャーシューの味自体については、スープが濃厚なのであんまりわかりませんでした。
でも、食感はそれぞれいい感じです(〃'∇'〃)ゝエヘヘ

その他には、最初から気になっていた栃尾揚げ。

栃尾揚げの州になった部分にスープがよく沁みてこれが美味しい。
香ばしく焼かれているので、その香りもプラス。
スープの違う雰囲気が楽しめて2度お得(*^▽^*)

野菜は彩りの綺麗な青菜。

サクサクとした食感、量もわりとしっかり乗っています。
これが、濃いめのスープの合いの手にとってもぴったりなんだな~( *´艸`)

ちなみに、後で券売機の写真を確認したところ、ボタンの中に「本日のお野菜」というものを発見しました。
つまり、この部分は季節やその日で変わるんでしょうかね?(#^.^#)

さて、薬味はちょっと変わった切り方のネギ。

存在感のある大きさ、もきゅもきゅとした食感。
濃厚なスープと一緒に味わうとネギの甘みが際立ちます。
あぁ~、このネギは好きですね~(*´▽`*)

さてさて、それでは味変もしていきますよ。
まずは粗くおろした生姜。

段々食べていると甘く感じる酒粕スープが、生姜の風味ですっきり締まる。
うんうん( *´艸`)生姜とっても合います。

そして、青唐辛子味噌も投入~。

こちらは甘味をキリっとさせる爽やかな辛みが特徴。
青唐辛子は辛いからと最初は遠慮して入れましたが、これがまたうんまい!
気づけば、どちらの薬味も全部使っちゃいました(∀`*ゞ)エヘヘ

さて、終盤に味玉をぱくり。

滑らかで美しいオレンジ色の黄身がいいですね~(*´▽`*)
デフォルトで乗ってくるのも嬉しいです。

海苔をスープに浸して、こちらもぱくり。

海苔を通して味わう酒粕スープも美味しいじゃないですか~( *´艸`)

そうそう、気になっていた千鳥酢も少し使用してみました。

こちらを加えると、さっぱり、そして華やかな香りがします。
ですが、入れ過ぎると味が変わり過ぎちゃいそう。
これは「濃厚つけそば」の方で活躍しそうな調味料ですね(∀`*ゞ)エヘヘ

さて、気づけば完食。
スープも全部飲んでしまいそうな勢いでしたが、濃厚だったので気づけばお腹がいっぱい。
この辺りで終了でーす。

ごちそうさまでした~(*´▽`*)
酒粕ですごい身体があったまりました~。

初めて食べた酒粕を使ったラーメンは、確かにとっても個性的。
でも、これは本当にここに来ないと食べられない味ですね。
そして、値段に関してもデフォルトで980円は最初、高いと思っていましたがこの満足感。
銀座という立地ならば妥当?いや、結構お得だと思いました。

これは塩や醤油も気になるけれど、次もやっぱり酒粕を使ったラーメンを食べちゃいそう。
あれ、もしかして、今なら甘酒も飲めるかも?(∀`*ゞ)エヘヘ


2016年249杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキングへ

銀座 風見さんの食べログ店舗情報はこちら
東京都中央区銀座6-4-13 浅黄ビル 1F


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

麺や七彩 八丁堀店(八丁堀)/【夏季限定】冷やし中華

さーて、昨日の予告通り?
まだまだ食べられる【夏季限定麺】として、こちらのブログを先にアップします。


と言うことで行ってきてのはこちら~\(^o^)/

麺や七彩 八丁堀店
めんやしちさい はっちょうぼりてん
(八丁堀・東京都中央区)
2016,8,2訪問

こちらのお店は、言わずもがなの有名店。
そして、昨日アップした「くじら食堂」さんの修行先でもあるお店です。
場所的には、私の行動範囲からはイマイチ行きづらい場所にあるのでこれで2回目の訪問です\(^o^)/

さて、この日のお目当ては「七彩」さんの【夏季限定 冷やし中華】。
時間的にはくじら食堂さんの冷やし中華を食べた2週間前。
ちょっと時間が前後しるのですが、ご了承ください(*- -)(*_ _)ペコリ

さて、訪問した日はゲリラ豪雨日和?
一緒に行った友達とは八丁堀駅のホームで待ち合わせをしました。
どうやら、私が来る前はすごい土砂降りだったそうですが、外に出ると…

うほほーい(∩´∀`)∩いい天気になってる~。
しかも結構ギラギラっと太陽が出てきて、これは「冷やし中華」にぴったりの天気じゃないですか~。

さて、お店までは徒歩約3分。
地下鉄日比谷線・八丁堀駅A5出口を出て、八丁堀交差点を左折したらほどなく見えてきます。
お昼のピークタイムを過ぎての方も運で店前に待っている人はなし。
それではさっそく店内へ入ります。

「いらっしゃいませ~」の活気ある声と明るい店内の雰囲気がぴったり。
客席は少し段差のあるL字カウンター13席。
店内奥の席の後ろが広々としたスペースでウェイティングスペースにもなっています。

それでは、まずは入口左手にある券売機へ。

こちらの基本メニューは「喜多方らーめん(醤油)」「喜多方らーめん(煮干)」「つけ麺」の3種類。
初訪問の時食べた「喜多方らーめん(煮干)」すっごくおいしかったな~(*^-^*)

思わず思い出してじゅるりとしますが、今日はこれ!

【夏季限定】冷やし中華
それでは、お金を入れてボタンをポチリ、食券を購入します。
店内奥のウェイティングスペースに促されてそちらへ移動。

奥に移動して初めて気づいたのですが、壁際に沿って設置してあったイスがなくなりましたね。
ですが、この広いスペースにイスを置くと限りがありますので、暑い時期などは店内で待てる人の数が増えるのでいいですね(^_^)

さて、少ししてお店の人が食券を受け取りに来てくれました。
その際、「冷やし中華は並盛・大盛が選べますがどうしますか?」と聞かれます。
麺量を聞いてみると並盛が130g、大盛りが200gとのこと。
なので、ここはやっぱり?大盛りでお願いしました(〃'∇'〃)ゝエヘヘ

さて、ほどなく着席。
しかもL字カウンターの短い所で麺打ちがよく見える場所。
そうそう、こちら「麺や七彩」さんはオーダーしてから麺を打つんです。
「わーい、ラッキー!!」と思いましたが、どうやら冷やし中華の麺はその場で打たない様子。
なので、手打ちはほぼ自分がいる間は見れなくてちょっと残念。
ま、そんな時もありますよね~。

なんて言っている間に着丼です。

【夏季限定】冷やし中華(大盛)970円
おぉ~、キュウリたっぷりです~(∩´∀`)∩

ちなみにこの冷やし中華真上から見るとこうですが、横から見るとこんな感じ。

山盛りキュウリがすごい綺麗です~(*´▽`*)

それでは、まずはスープをいただきます。

おぉ~、甘酸っぱい~!( ゚Д゚)
ふわんと香るゴマ油のいい香り。
そして、スイートチリソースのような、ちょっと個性的な甘味を感じます。

そう言えば、冷やし中華の説明に「トマト」を使っているって書いてありました。
この甘酸っぱさの正体がトマトなんでしょうか。
王道の冷やし中華と謳っていますが、これはやっぱりここならではの味ですね。

そして、もう一つあれ?と思うのがそのスープの量。
私の中の冷やし中華のイメージですが、ちょっと平皿ぎみの器にスープが敷かれているっていうイメージだったので、びっくりです(=゚ω゚)ノ

さて、続いて麺をいただきます。
山盛りのキュウリの中に箸を差し入れ、ググッと麺を引っ張り出します。

ぱくり、ちゅるちゅる~ん。
水でしっかりと締められた細麺ストレート。
コシが強くて噛むともきゅもきゅ、グニグニっとした食感。
噛みしめた時の弾力と、喉越しが気持ちいいですぅ~(*´▽`*)

さて、のっけもののチャーシューは程よい厚みの綺麗なピンク色。

ローストポークのような仕上がりで外側はしっかりとした肉感。
内側の部分は吸い付くようにしっとりとしてて、これまたうんまい。

そして、スープと相性の良い、甘酸っぱいミニトマト。

キュウリの下に細めのメンマが仕込まれています。
メンマ、見えますかね~?( ̄▽ ̄)

さて、この冷やし中華の中で私の1番のお気入り具材はこのキュウリ。

超極細に切りそろえられたキュウリはパリっとして食感がいい。
冷やし中華の麺と同じくらいの細さなので、麺とよく絡むのも特徴です。
キュウリのサクシャキっとした歯ごたえ、そしてもきゅもきゅとした麺の食感。
このコントラストの楽しさに思わず食べてて笑顔がこぼれます(*´▽`*)

こんなに細く自分じゃ絶対に切れない。
やっぱりラーメンはラーメン屋さんだねぇ(*´◡`​*)

さて、3人横並びで食べながらもちろんちょっとはおしゃべりも。
その中で話に上がったのが「和辛子」。
王道の冷やし中華と言えば、辛子だけどこの冷やし中華には付いていません。

辛子欲しいね~と言いながら、とりあえず卓上調味料のブラックペッパーで味変してみました。

が!これが全く味が変わらなくて逆にビックリしました。
七彩さんの冷やし中華はやっぱり個性的だな~。
もしかしたら、和辛子を添えてもちょっと思っているのと違うのかもしれませんね。

さて、気が付けば大盛りの麺と具を10分ほどで完食。
スープは完飲すると冷え切ってきましそうなのでこの辺りで終了です。

ごちそうさまでした~(*´▽`*)

前日にも書きましたが、私は子供の頃から冷やし中華が苦手。
そんな私でも、七彩さんの冷やし中華はならば1度食べてみたいな~って思いました。
で、食べてみて…前よりは、冷やし中華好きになった…かな?(〃'∇'〃)ゝエヘヘ

まぁ、でも手打ちしているのも見たいし、やっぱり喜多方らーめん(煮干)の方が好きかな~( ̄▽ ̄)


2016年159杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキングへ

麺や七彩 八丁堀店さんの食べログ店舗情報はこちら
東京都中央区八丁堀2-13-2

喜多方らーめん(煮干し)を食べた時のブログはこちら

食堂 七彩(都立家政)で喜多方らーめん(塩)を食べた時のブログはこちら


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

麺喰屋 澤(水天宮前)/まさかのもう1杯( ̄▽ ̄) 秋刀魚節の背脂中華そば

さて、麺喰屋澤さんの最終営業日の中華そばを食べ終えて。
ごちそうさまの挨拶も、ありがとうも言うことができました。
まだまだお待ちの人がいますので、ここはサッと席を立ちます。


そうそう、食べる前に「急いだ方がいいかも~」と連絡した友達も無事に到着。
私が食べ終わる頃には着丼、食べている真っ最中(#^.^#)
その友達とは、ちょっと話したいことがあったので「外で待ってるね~」と一声かけてお店を出ようすると、友達が「ちょっと…」と私を呼び止めます。
なんだろうと近寄り話を聞くと、どうやら共通のラー友さん(ちょっと遠方の人)がこの近辺でどうやら道を見失っているとのこと。

おぉう!!それは心配!∑(・o・)

私が着いた時点でラスト30杯、多分もう半分は出ている気がする…。
急がないと間に合わないのでは?

これは急を要すると、お店を出たら急いでそのラー友さんに連絡。
周りにある目印を教えてもらいます。
まぁ、そうは言っても私もこの辺りに詳しくありません。
なので、同じくらいにお店から出たラー友さんに場所を聞いて友達を探しにダッシュ~!

メールでやり取りしながら、どうにか友達を捕獲。
ここで道に迷ったら困るので、地図アプリもちゃんと立ち上げつつお店に戻ってきました。

というわけで、再び麺喰屋 澤前。

麺喰屋 澤 めんくいや さわ
(水天宮前・東京都中央区)
2016,4,28訪問

さて、友達をお店の中に送り出して、ほっとひと安心。
せっかく久しぶりに会えたし待っていようかなと思い、他のラー友さんとちょっとお店から離れた場所でおしゃべりを。

と、天の声が~
*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*
「あの~、スープ変わりましたよ~。食べないんですか~?」

な~ぬ~(≧∇≦)
なんと、本日の中華そば用のスープは終了したそう。
ですが、前日の限定のために作ったスープが残っていたので、急遽それも提供することにしたそう。

天の声に誘われて、フラフラと再び店内へ。
程なく15時を迎えようという店内、並びはさすがに0。

店員さんにお伺いして、もう1度券売機で限定Aの食券を購入します。
それでは、空いている席にそれぞれ着席。
食券を渡すと細麺とぴろぴろ麺のどちらにするか、再度聞かれます。
さっきはぴろぴろ麺だったので、ここは自然な流れで細麺をチョイス。

後は、完成を待つばかり。
それにしても、さっき別れを惜しんでさよならしたばかり。
それで、すぐ戻ってきてしまっただけになんだか気恥ずかしいです(//∇//)

さて、それではこれが本当に麺喰屋澤 水天宮本店での最後の1杯です。

秋刀魚節の背脂中華そば500円
たっぷりの背脂に覆われたスープの表面。

秋刀魚節、楽しみ~。
では、まずはスープをごくり~

おぉおおお~、さっきのとは全然違う~。
秋刀魚節のスープは魚介ならでは、節独特の旨味とかすかな酸味があります。
でも、背脂と揚げネギのコクがバランスよく甘さを引き出しています。
これもうんま~い~((๑✧ꈊ✧๑))

それにしても、さっきの「中華そば」がラーメンらしい感じに対し、こちらはぐっと和食テイスト。
味わい続けていると何かを思い出しますが、なんだろうな~(~o~)

ちなみに一緒に天の声に誘われちゃったラー友さんは前日にも訪問。
この秋刀魚節の背脂中華そばを食べていたそうですが、「前日の物とはまた一味違ってる」とのこと。(=^ェ^=)
もちろん昨日のも美味しかったそうですが、これもまた美味いと絶賛。

そうか~、同じスープを使ってもアレンジでまた違う物に変わるんですね~(^ム^)

さて、続いて麺を。

今度は麺は細麺のストレート。
シコシコ、つるつるとした食感でこちらも美味い。
さっきの中華そばをこの麺で食べても美味しかっただろうな~ってついつい妄想しちゃいます( ̄▽ ̄)
まぁ、逆も然りでぴろぴろ麺だったら~とも考えちゃうんですけどね。

さて添え物は中華そばにも乗っていたチャーシューが1枚。


そしてたっぷりの玉ねぎと背脂、焦がしネギ。

背脂の甘さと、野菜である玉ねぎの甘さはタイプがちがうので、これまた楽しいバランス。

思ったより早く中華そばが終わってしまったので、急遽用意したこの1杯。
具材をほとんど切らしちゃって、あまり乗ってなくてごめんねと江澤さん。

いえいえ(〃'∇'〃)ゝエヘヘ
まさかもう1杯食べれると思っていなかったので、本当に嬉しいです((* ´艸`))

この貴重な最後の一杯を思う存分楽しむぞ~。
それにしても、最初から感じる何かは一体なんだろうな~(´・_・`)

食べ終わる前に思い出したのは、そう天ぷら蕎麦!
中でも鰹節がきいたタイプのお蕎麦屋さんのあったかい天ぷら蕎麦です。
焦がしネギの香ばしさと、背脂の甘さが私にそう感じさせるんですねぇ。

私の舌の表現力ではこれが限界ってことで( ̄▽ ̄)
まぁ、でも自分の中では腑に落ちてすっきりしました~。

さて、それではそろそろごちそうさま。

さすがに2杯目は汁完できなかったけど、ホントもう1杯食べられて良かった。
ごちそうさまでした\(^o^)/
1杯目の時に「まんぷくにならないでしょ~」と言われちゃったけど、今度は物理的にもまんぷく。

なんとなく突然のお別れに、しんみりとする気持ちでいましたが、なんかこの思いがけないすぐの再開に思わずニヤリ。
やっぱり、麺喰屋澤さんには笑顔が似合いますね(#^.^#)

本当にありがとうございました。
そして、ごちそうさまでした。
またそのうちお会いましょうね~\(^o^)/


2016年90杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキングへ

麺喰屋 澤さんの食べログ店舗情報はこちら
東京都中央区日本橋蛎殻町1-20-9 高木ビル 1F

最終営業日、中華そばを食べた時のブログはこちら
浅利と煮干の塩中華そばを食べたときのブログはこちら
四川汁なし坦々麺を食べたときのブログはこちら
純鶏塩そば+御養鶏の味玉を食べたときのブログはこちら
胡麻らーめん+自家製ワンタンを食べた時のブログはこちら
おまかせ澤飲みした時のブログはこちら
麺喰屋 澤さんへ初めて行った時のブログはこちら


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

お知らせ
ラーメンブログランキングに参加しています(^ム^)
プロフィール

もりみ

Author:もりみ
1日1ラーメン食べられたら幸せですが、周りが心配しますし体力的にも経済的にも無理なんでボチボチやってます
(*^^)v

最新記事
カテゴリ
タグ

新宿区 杉並区 小金井市 中野区 千代田区 武蔵野市 渋谷区 北区 調布市 豊島区 練馬区 番外編 埼玉県 荒川区 千葉県 中央区 台東区 世田谷区 三鷹市 ラーフェス 国分寺市 青梅市 港区 ラー飲み 目黒区 文京区 品川区 立川市 葛飾区 カップ麺 墨田区 昭島市 神奈川県 江東区 うどん 大田区 まとめ 板橋区 江戸川区 福生市 府中市 チェーン店 国立市 足立区 国分寺 小平市 西東京市 閉店 八王子市 東大和市 曙橋 茨城県 コラボ 日本蕎麦 浜田山 自宅麺 蕎麦 日野市 多摩市 あきる野市 町田市 練馬 阿佐ヶ谷 

ラーメンブログ リンク

ラーブロ
ラーメンブログ専門リンク集「ラーブロ」に登録しました
\(-o-)/設定ってむずかし~
月別アーカイブ
FC2カウンター
訪問ありがとう~
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード