FC2ブログ

SHIBIRE NOODLE 蝋燭屋(銀座)/麻婆麺(薄辛)+ライス

さて、銀座八五さんで友達と中華そばを食べた後。
さすがに1軒目で待ち時間が長かったため、友達とはここでお別れ。

で!?私はと言うと…今日はせっかくのクリスマス、自分へのクリスマスプレゼントだもんな~。
どうしようかな~、もう1軒行こうかどうかな~、とちょっと迷っていました~(∀`*ゞ)エヘヘ



まぁ、食べるか食べないかは決めるのはお店に着いてから。
とりあえず、ちょっと店前を覗くだけでもいいよね~
…なんて、そんな気持ちで訪れたのがこちらのお店(∀`*ゞ)エヘヘ

SHIBIRE NOODLE 蝋燭屋
シビレヌードル ろうそくや
(銀座・東京都中央区)
2018,12,25訪問

こちらお店は最寄り駅の東京メトロ銀座線・銀座駅より徒歩約3分。
銀座駅B1出口から地上に上がったら、目の前の「晴海通り」を背にして路地をまっすぐ歩けばお店。
ちなみに路地は横にある大きめの道「中央通り」と平行に走っています。

ま、この日の私は「銀座 八五」さんからこちらのお店へ。
ちゃんと友達に行き方を教わって来たので、違うところから向かっても無事に到着できました(∀`*ゞ)エヘヘ

さて、1軒目で汁完までしたのでこの時の私は少し食休みをしたからお店へ。
ま、実は以前こちらのお店に来た時大行列で諦めたという経緯がありまして…
この時間なら空いているんじゃないかな~という読み?もあった訳です。

で?昼のピークタイムを大幅にずらし、昼営業終了まであと30分となった15:00過ぎ。
さすがにもう空いてるかな~、と思いきやまだまだ店前には並び!Σ(・ω・ノ)ノ

しかも、その並び方はとても独特で店前のスペースに四角く人が集まっています。
どうやら両隣が別のお店なので、建物正面の幅からはみ出ないように並ぶ仕組みになっているみたい。
なんとも独特な並び方、これじゃ、どこか先頭かわからないじゃないですかー!

…と思いきや、ご安心?下さい(*^-^*)フフフ
こちらのお店、店前にドアマン?のような年配の紳士が立っていて並びをキチンと見ています。
店内への案内ももちろん紳士的でとってもスマート。
先ほどの銀座 八五さんと言い、銀座のラーメン屋さんの接客はすごいな~(〃▽〃)ポッ

それでは、少しずつ進む並びに合わせて周りをチェック。
まずは入口すぐ、建物に取り付けてある外のメニュー。

ちょっと遠くて見にくいですが、メニューは「麻婆麺」「酸辣湯麺」「担々麺」「汁なし担々麺」の4種類。
ちなみにこちらでは、辛さと痺れが薄辛・普通・倍辛から選ぶことが可能。
昼営業11:30~15:30までの間はご飯がサービスです(*´▽`*)ワーイ

そして、入口扉すぐ横には手書きで書かれたお願い。

読んでみて分かったのは、どうやらこちらのお店は並びが多い時は整理券制。
あまりにも道路に並びがはみ出すような場合は整理券を受取、再度来店してもらうシステムになっているようです('◇')ゞ

さて、並び初めて約20分、遂に店前の紳士から店内へどうぞとのご案内。
ではー、お邪魔します~?(*‘∀‘)

開けてもらった扉から店内へ入れば「いらっしゃいませ、お待たせしました」と言う穏やかなお声がけ。
その声に軽く会釈で返したら、まずは入口すぐの券売機へ向かいます。

お、この券売機どのお札も入るヤツだ~(*‘∀‘)

さて、メニューの並びは左から「麻婆麺」「酸辣湯麺」「担々麺」「汁なし担々麺」。
ちなみに?わかりやすくするための写真の部分をボタンと間違えて押してしまって苦笑い(∀`*ゞ)エヘヘ

それから、今ブログを書く段階で写真を見ていて気付いたのが麺メニュー下にあったボタン。
よく見てみるとそこは左から「痺れ激増し」「辛さ激増し」「辣油激増し」と書かれていました。
…ま、私がこのボタンを利用する日はないと思いますがご興味ある方は倍辛の上があるみたいですよ(^▽^;)

さぁ、話は戻って食券を購入したら案内された席へ移動。
案内された席には使い捨ての紙お手拭きが先にセッティング。

そして、キーンと冷たいお水が入ったステンレス製のタンブラーもすぐ到着。
ちなみにお代わりのお水は卓上の水ポットがあるので安心ですね!(∀`*ゞ)エヘヘ

さぁ、ここで食券を受け取ってもらったら、選べる辛さの選択!
選べる辛さは「薄辛・普通・倍辛」の3種類…ここは「普通」を選ぶべきかな~。
…そう思いつつお店の人にちょっとお伺いをした結果、ヘタレな私は「薄辛」チョイス。
そして、ここでランチのごはんとスープ跳ね必至だと思うので紙エプロンをお願いしました( ̄▽ ̄)エヘヘ

さて、それでは完成するまでの間に店内を観察。
こちらのお店の客席は入口より左右の壁に向かって座るカウンター全14席。
右壁側の方が長く9席、左側は5席、入口より一番奥が厨房スペースですが調理風景はあまり見えない造り。
流れている音楽はなんとなく文明開化?大正ロマン?を感じされるような曲でちょっとウキウキ(*^-^*)

カウンター席の上のちょっとした台には、辛い物を食べて熱くなったら使えそうな扇子。


次に来たら何食べようかな~と考えられるよう?卓上メニュー。


そして、その裏面はそれぞれのメニューの解説。

…だけじゃなく、一番下には卓上調味料の「ぶどう山椒オイル」の解説も。

ふむふむ、こちらのお店の卓上調味料は「ぶどう山椒オイル」。

それ以外にはブレンド酢、丸いステンレス製の入れ物に入っているのは唐辛子。

壁に貼られた食べ方指南によれば、どの卓上調味料もこだわりがあるみたい。

ぶどう山椒オイルは紀州産和歌山葡萄山椒を太白胡麻油でゆっくり煮出したもの。
ブレンド酢は厳選した穀物酢と黒酢を独自の配合。
唐辛子は自家製辣油を作る際に使った一味唐辛子を高温で熱したものだそうです。
いやー、これは楽しみだな~(*‘∀‘)♡

さてさて、そろそろかな~と思いしっかりと紙エプロンを装着!
そこに完成したラーメンが到着~\(^o^)/

麻婆麺(薄辛)1000円
むふー、麻婆豆腐特有のスパイスの香りがたまらーん(*´▽`*)

もちろんごはんも一緒に来てますよ~(∀`*ゞ)エヘヘ

そして、提供時にお店の方からちょっとしたアドバイス。
「麻婆豆腐ごはん」として食べる場合はお先にごはんへ乗せるのがおススメですとのこと。

はい、了解しましたー(*´▽`*)いただきまーす。

では、アドバイスに従ってまずは麻婆豆腐ごはん作り。
まだスープと混じり合っていない麻婆豆腐の部分をひとさじ掬ってごはんの上へ。

これは、ちょっと後でいただきます(∀`*ゞ)エヘヘ

さぁ、それではまだ混ざっていないスープをまずごくり。

あ、このままだとかなり優しい~(*´▽`*)
麻婆餡と混ざり合っていないスープは旨味は感じますが、あっさりとした塩のスープなんですね~。

さぁさぁ、それではお次は麺。
ほどよく麺を麻婆餡と絡ませて~、ぐぐっと下から引っ張り出します~( `ー´)ノ

ふーふー、と冷ましてからがぶり。
おぉう、辛い!(≧◇≦)でも、うんまいっ!
スープと麻婆餡でアツアツになっている麺は中太の縮れ麺。
つるつるとした麺肌、噛み心地はもちもちとしていて麻婆味のスープとの相性よし。
麺の縮れに麻婆餡がよーく絡んですっごいうんまい~(*´▽`*)♡

さて、それでは今度は麻婆豆腐の部分をふーふー、ぱくり。

辛っ!うんまっ!!(≧▽≦)♡
うまく説明できませんが、麻婆餡を食べると辛いけど~、すごく美味しい~(≧▽≦)
いわゆる味の基本、甘辛酸苦旨味にプラス山椒のシビれが加わってとってもクセになる味です。

しかも、この麻婆餡に使われている挽肉は大きめ、粗びきなので挽肉と言えどもちゃんとした肉感。
つるりと滑らかな絹豆腐もたっぷり入っていてボリュームもしっかりありますね~(*´▽`*)

さぁ、それでは脇に避けておいた麻婆ごはんもぱくぱく。

ふふふ、もちろん間違いなく美味しいですー( *´艸`)♡

さてさて、クセになる麻婆麺をしばしそのまま堪能。
熱い、辛い、うまい、辛い、熱い、うまい!…そんなキーワードが頭の中をぐるぐる回る。

そうそう、麻婆麺を食べるうえでのちょっとした私からのアドバイス?
慌てて食べるとむせるのでご注意を~…というか、結構むせている人が店内多くいました(∀`*ゞ)エヘヘ
担々麺など挽肉を使った辛いラーメンはあんまり勢いよく啜り上げる危ないですよね。

さて、食べ進めるうちに舌の上に辛さが溜まってきてそろそろ限界。
ここはまず卓上調味料のブレンド酢を投入!\(^o^)/

さっと回しかけてからいただけば、お酢で辛味がマイルドに変化。
しかも、こちらのブレンド酢は黒酢も入っているのでコクもプラスされていい感じ~(*´▽`*)♡ハゥ~

そして、薄辛にしておいてなんですがこれも気になる「ぶどう山椒オイル」!

そんな訳で、少~しだけお試しさせて下さい~(∩´∀`)∩

ちょ。

レンゲの上に少しだけ垂らし、そこにすっかり混ざり合った麻婆スープを少しいれて、ごくり。
うわ!!うまっ!((๑✧ꈊ✧๑))
この緑色の油にぴったりのびっくりするほど爽やかな風味!
元々入っている山椒とは全く別物で、とってもフレッシュ?新鮮な山椒香りが口の中にぶわわー!
もちろん山椒なので身体がビリビリとシビれますが、これはたまらんですー!!٩̋(๑˃́ꇴ˂̀๑)♡♡♡

そんな経緯で、すっかりぶどう山椒オイルの虜になった私。
この後、ちょ、ちょ、ちょ…と言いながら?継ぎ足し使いを続けます(笑)

さて、そんなこんなで気づけば麺は食べ終わり残すところは麻婆豆腐の部分。
レンゲを使って綺麗に攫って、まだ残してあったごはんの上へ。

最初とは全然ちょっと違う餡が柔らかくなった麻婆豆腐ごはん作り。

更に、そこへスープも入れてスープ麻婆豆腐ごはんが完成。

もちろん?ぶどう山椒オイルも少々垂らしまーす ٩(ˊᗜˋ*)و

ガツガツ、さらさら~、ぷはー(*´▽`*)♡

ごちそうさまでしたー(*´▽`*)♡
いやー、辛かったけどすごく美味しかった~(*´▽`*)♡
そして、このぶどう山椒オイル!ぶどう山椒オイル!すっごい好き!
でも、もし普通の辛さにしていたら、山椒オイルをこんなに使えなかった。
そう思うと「薄辛」を選んだ自分を褒めてあげたいですー(≧▽≦)エッヘン

ちなみに?帰り際ごちそうさまのご挨拶と共にちょっとお伺い。
それによると「ぶどう山椒オイル」は汁なし担々麺にもすごく合うそうです~(〃▽〃)ポッ
次はぜひともそれを食べに来たい!と素直に思いました!

さて、2018年のクリスマス、自分へのプレゼントラーメンは銀座で2軒。
私の中で銀座のラーメンって高い!ってイメージがあったけど、味だけじゃなく接客もよくて大満足。
プレゼント?としてもぴったりだったなーと思いました(∀`*ゞ)エヘヘ


2018年241杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキングへ

SHIBIRE NOODLE 蝋燭屋さんの営業状況がわかるTwitterはこちら

SHIBIRE NOODLE 蝋燭屋さんの食べログ店舗情報はこちら
東京都中央区銀座3-5-16 第一島田ビル 1F


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)
スポンサーサイト

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Crab台風。(人形町)/蟹油そば+雑炊セット

さて、すっかり寒くなった12月中旬、今日の私の気分は濃厚なラーメン。
どこに行こうかな~と考えていると、友達からランチラーメンのお誘い。


しばしどこに行くかやり取りをした末に、行くことにしたのがこちらのお店~\(^o^)/

Crab台風。クラブたいふう。
(人形町・東京都中央区)
2018,12,11訪問

こちらのお店がオープンしたのはちょうど半年前の2018年6月11日。
以前、東京都文京区・茗荷谷にあった「らーめん台風。」さんが海外から凱旋、オープン。
蟹×豚骨を使った濃厚なラーメンと油そばが食べられるお店です。

ちなみにオープンしてほどなくこちらのお店でラーメンの方は食べました。
実はずっと、次は油そばを食べに来ようとタイミングを伺っていたんですよねー(∀`*ゞ)エヘヘ

さて、こちらのお店の最寄り駅は東京メトロ半蔵門線・水天宮前、東京メトロ日比谷線と都営地下鉄浅草線・人形町駅。
それぞれの駅から徒歩3分ほどと結構駅近なお店。
私は自分の使い勝手が良かった人形町駅から、地図アプリを使ってお店へ。

人形町駅A2出口から地上へ出たら、斜め右方向にある「甘酒横丁」交差点を右折してしばしまっすぐ。
3つ目の大きめな通りを左折、右方向を見て歩いているとほどなくお店。

お、見えた~(・∀・)

茗荷谷時代から丼にイナズマのエンブレムが台風。さんのシンボルマーク。
あの頃の事を思い出して思わずほっこり(*^-^*)

さて、店前で既に待っていた朝連絡をくれた友達ともう1人共通の友達と合流。
「お待たせー」と軽く挨拶を交わしたら、さくっと店前の立て看板の写真を1枚。

営業中の看板を確認してから入店でーす\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

扉を開けて中に入れば「いらっしゃいませー」という明るいお声がけ。
ちなみにこちらのお店、正面は少し狭いですが奥へ長~く続く店内はL字のハイカウンター10席。

ちょうど手前の3席が空いているのでここにすぐ座れそうですね(*‘∀‘)

さぁ、席に着く前にまずは入口すぐ近くにある券売機で食券の購入。

こちらの基本メニューは「蟹そば」と「蟹油そば」の2つ、そして+¥130で出来る雑炊セットがおススメ。

ちなみに?お店のTwitterによると2月1日より雑炊セットのごはん大盛りが無料になったそう。
麺とスープのバランスにより、麺大盛りができないからサービスだそうです

さて、私のチョイスはもちろん次はと思っていた蟹油そばの雑炊セット。
友達2人(1人は3回目の訪問、もう1人は初めて)は蟹そばの雑炊セット。
それぞれ食券を購入したら、最初に目を付けていた入口すぐの3人並びで座れる席へ。


そして、荷物を置いたら券売機横にあるウォーターサーバーの所へ。

ステンレス製タンブラー、紙エプロンなどを取ってから再び席へ。
ちなみにお水のお代わりはカウンターのピッチャーがありますので席を立たなくても大丈夫(*^-^*)

それでは、準備が済んでひと段落。
その後はいつもの流れで?カウンターの上をチェック。

卓上調味料はオイル漬けの刻みニンニク、こんぶ酢、一味唐辛子、白コショウ。
一味唐辛子、白コショウの入れ物はスライド式で開く2wayタイプ。
いっぱい出る方を開けるとどばーっと出てしまうのでご注意を~('ω')ノ

さて、濃厚なラーメンなので汁はね必至。
紙エプロンを着けたりして準備万端なところにまずは蟹そば。
そして、少し遅れて私の蟹油そばも到着でーす\(^o^)/

蟹油そば850円
+燻製うずら110円

おぉ~、なんかすごいインパクト~(*‘∀‘)♡

真ん中にどどーんと乗っているこれは調べによると豚骨でできたコラーゲンボール。

食べる前にちょっと味見をしたところ、塩気はありませんでした。
油そばの油にあたるものなのかもしれませんね。

さて、「食べる前によく混ぜて下さい」との案内だったので混ぜる前によーく観察。
まずはたっぷりの玉ねぎみじん切り。


ずら~っと並んだ燻製うずら。

デフォルトで1個、トッピング追加したので全部で4つ~(∀`*ゞ)エヘヘ

ピンク色の極薄しっとりレアチャーシュー。

そのそばにある鮮やかな緑のペーストは何だろう…とこちらも味見。
おぉ、これ柚子胡椒の味がします~(*´▽`*)すごい爽やかです~。

さぁー、ちょっと味見なんかもしちゃいましたが改めて…
いっただきまーす(∀`*ゞ)エヘヘ

まずは混ぜたらごろごろしてしまいそうなので、うずらを1つぱくり

このままおつまみにできそうないい香りのする燻製うずら、美味しい~(*´▽`*)
でも、やっぱりこの後混ぜている時にごろんごろんとあっちこっちへ。
トッピングするなら、蟹そばの方がいいかもしれませんね(∀`*ゞ)エヘヘ

さぁ、それでは次はやっぱりめーん!\(^o^)/

そこから引っ張り出した麺、めっちゃタレが絡んでます~(*‘∀‘)♡
がぶりと齧りついて中太縮れ麺はほかほかのむちむち~。
蟹の濃い味が口の中いっぱいに広がってガツンと来ます~!!(≧▽≦)

さぁ、ここからは本気喰い!
よーく麺と具材を混ぜ合わせてぐるんぐるん。

がぶり!がぶり!
うんうん、蟹濃い!(≧▽≦)
もちろん友達の蟹そばも久しぶりだし味見させてもらったけど、蟹感のやっぱり油そばの方が濃い。
ま、スープがない分そう感じるのは自然と言えばそうなんですけどね~(∀`*ゞ)エヘヘ

さて、油そばと言えば味変も食べる楽しみの1つ。
食べている途中で、まずは一味唐辛子を少々降って味変。

蟹の甘味にピリっと辛い唐辛子のアクセントがいい!(*^-^*)

そして、前回来た時はなかったこんぶ酢もたらーり。

あ、コレうんまい~(*´▽`*)♡
油そばに酢の味変は定番ですが、昆布の香りが移った優しいお酢が想像以上に合う!
しかも、このこんぶ酢は蟹そばに合わせてもとっても美味しかったです。
友達も私も思わずこのこんぶ酢の爽やかさにはまって何度も投入しちゃいました(∀`*ゞ)エヘヘ

さぁ、気が付けば麺は食べ終えてどんぶりの中にはタレとみじん切りの玉ねぎなどの具。

お店の人から「雑炊セットはお声がけください」と最初に言われているのでここでお願い。

すると、ほどなく到着した雑炊セットが到着。

雑炊セット130円
雑炊セットはごはん、海苔、万能ねぎ、刻み柚子皮。
これを蟹油そばなら残りダレ、蟹そばならスープに入れて楽しみます。

さて、それでは~…と雑炊を作ろうとしていると友達から「スープ割りはしないの?」と言われます。
ん?スープ割り?(=_=)
蟹油そばを食べたことのある友達によると、蟹油そばのタレはとっても雑炊にするにはどろどろ。
そこで、以前来た時残りダレにスープ割りをしてもらって雑炊にしたそう。

なるほど~(*‘∀‘)
…と言うことで、お店の方にお声がけ、スープ割りをお願いしました。

じゃーん\(^o^)/、これがスープ割り後~。

ごくり。

うんまーい(≧▽≦)♡
蟹の旨味はしっかりあるけど、スープ割りするとすごく飲みやい~。

さて、それでは準備が整ったところで雑炊を作り。
完成図がこちら!!\(^o^)/

本来ならばスープの方にごはんを入れる方が簡単なんですが…
こうすれば雑炊とスープを両方楽しめるからね~(∀`*ゞ)エヘヘ

それでは完成した雑炊をいただきます。

蟹の旨味と豚骨の甘味、柚子皮の柑橘類ならではのほろりとした苦みがアクセント。
こういう食べ物の見た目はやっぱりアレ(笑)ですが、美味しいことには変わりありません(*^-^*)

さて、濃いめの味なので思ったよりも急激にお腹がいっぱいに。
雑炊の合の手にスープをいただきながら、残りのごはんを全部食べた所で終了です。

むはー、ごちそうさまでしたー(*´▽`*)
今日の濃厚気分にばっちりの蟹油そば、めっちゃ蟹だった~(*´▽`*)

年内に蟹油そばも食べようと思っていたので、それを達成できて大満足。
しかも、友達もいてくれたので食べ比べすることもでき本当に良かった。

ただ一つ希望を言っていいいのなら?こちらの味のつけめんバージョンを食べてみたいな~(*‘ω‘ *)
…というのも、茗荷谷時代、私が好きだったのは台風。さんのつけ麺。
味自体は蟹ではなかったけど、crab台風。の味はやっぱり台風。さんならでは。
あの時の事を思い出す部分もあって、もしつけ麺があったらな~と思わずにはいられません。
油そばの麺がもちもち太麺だったこともあって、すごくそう思っちゃいました(∀`*ゞ)エヘヘ


2018年233杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキングへ

Crab台風。さんの営業状況がわかるTwitterはこちら

Crab台風。さんの食べログ店舗情報はこちら
東京都中央区日本橋蛎殻町1-9-5 大鷲ビル1F

台風。復活!!蟹そば+雑炊セットを食べた時のブログはこちら。

お恥ずかしい…塩漬けになる前の懐かし~い初期、2009年のブログ。
らーめん専門店店 台風。@茗荷谷へ行って「まぜつけ麺」を食べた時のブログはこちら。



コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

【番外編】谷や 和(水天宮前)/讃岐うどん屋さんで飲みました~(∀`*ゞ)エヘヘ

さて、本日のブログは番外編。
麺喰いな私、お友達のお誘いで讃岐うどんの美味しいお店でうどん飲みをしてきました(〃'∇'〃)ゝエヘヘ



さぁー、そんな訳で行ってきたのがこちらのお店。

谷や 和 たにや かず
(水天宮前・東京都中央区)
2018,11,9訪問

こちらのお店は人形町にある讃岐うどんの人気店「谷や」さんの2号店。
お店の場所は東京メトロ・水天宮前駅より徒歩約5分。

水天宮前駅4番出口から首都高速高架下をしばし直進。
大きめの通りに出たら一つ先に路地を左折すれば間もなくお店。

集まり自体が夜でしたので、道に灯る灯りが自然と目に入ってきます。

おぉ~、なんともいい雰囲気ですね~(*‘ω‘ *)

さて、時間になっても誰も来ない?って言うか、私が一番遅かったのかも?

そんな訳で時間だし…入店でーす(*´Д`*)

カラリと引き戸を開けて中に入るとそこはちょっとしたスペース。
そこから奥を少し覗けば、そこは7席ほどのストレートカウンターでしっとりとした雰囲気。
厨房スペースにいたお店の方に「あの~」と声をかければ予約席は2階とのこと。

では、店内入口より一番奥にある階段を上って2階へ。
そして上がった2階のスペースは暖かい間接照明と木の温もりを感じられる空間。
和モダンと言えばいいのでしょうか、天井の梁などが剥き出しでちょっと古民家風な造り。
しかも、座席と座席の間は広く、さらに仕切りを使用して半個室風になっています

おぉ~(*‘∀‘)、ステキ~♡

ちなみに?私以外のメンバーは1人を残して既に集合。
最後の1人は少し遅れるということで、お先にまずはビールから…


カンパーイ!\(^o^)/

ぷはー(*´▽`*)、お疲れビール最高~♡

さて、ここからは次々とこの日のおつまみが登場。

いさきの山椒煮
ピリっと山椒の刺激が効いていてうんまーい!(≧▽≦)
これはお酒が進みます~!!

そして、もう1品。

いぶりがっこチーズ
クリームチーズのコクのある旨味といぶりがっこの香ばしさ。
滑らかなクリームチーズの中から現れるいぶりがっこのカリコリ食感がとても小気味いいです(*^-^*)

この2品を少し味わっていれば最後のメンバーも到着。
遅れてきたメンバーの飲み物を待ちながら、再度カンパイの準備をしている間に次の2品も到着。

本日のお造り
※こちらのお造り、なんだったかメモしていたのですがメモがぶっ飛びました。
なので何だったか不明です~( ;∀;)トホホ

色鮮やかなサラダのメインは桜海老。

桜海老のサラダ
桜海老の風味と甘味とイタリアン風?のドレッシングが好印象。
そして、何と言っても桜海老のプチ、サク、シャキっとした歯ごたえがたまりません(*^-^*)

いやー、出てくる料理どれも美味しい~(≧▽≦)

さてさて、それではそろそろ?友達おススメの日本酒もいただきたいと思います。
人数分のお猪口をお願いして~


注いで~(*‘∀‘)


ふたたびカンパーイ!\(^o^)/

ま、1人はいぶりがっこチーズに合わせた赤ワインでカンパイしてますが、そこはご愛嬌~(笑)

ちなみに最初に選んでもらったのこちらのお酒。

遠藤えんどう
日本酒に詳しくないので、味については詳細しません。
ですが!さすが友達のおススメ、とっても美味しかったですー(*´▽`*)♡

さて、まだありますよ~、の次のおつまみは、

天ぷら盛り合わせ
揚げたての天ぷらは牡蠣・本ししゃも・しいたけ・エリンギの4品。

アツアツ揚げたての本ししゃもの天ぷらをぱくり~(*´▽`*)

うんまっ!!(≧▽≦)
ちなみに?スーパーでよく見かけるししゃもと呼ばれているのは通称カペリンと言うお魚。
ししゃもの代用品でお手頃価格なのですが、本物のししゃもはとても高級なんですよねー(∀`*ゞ)エヘヘ

さぁ、そして、牡蠣の天ぷらもぱくり~(*´▽`*)

うんまっ!!(≧▽≦)
カキフライはよく食べるけど、牡蠣の天ぷらは初めて?かも?
ふっくらとした牡蠣の身、揚げることで濃くなった牡蠣の旨味がたまりませんね。

さて、色々と美味しい物尽くしでしたが遂に最後のお料理。

牛すじ煮込み

ほっこりと暖かい牛すじ煮込みは、柔らかい牛すじとよく味の染みた野菜がとってもうんまい!

いやー、この味しみしみの大根最高です~((* ´艸`))♡

そして、ここに来て牛すじ煮込みに合わせたいと赤ワインを追加(∀`*ゞ)エヘヘ


さらに、友達おススメの日本酒「司牡丹(つかさぼたん)」も来ちゃったりして。

いやー(*´▽`*)、美味しい物いっぱいで幸せだ~♡

さて、お料理はここまでですが最後の〆も忘れちゃいけません。
こちらのお店は讃岐うどんのお店ですから〆はもちろん冷・温の2種類から選べる讃岐うどん。

飲んだ後の〆と言うこともあり、ここは冷たい方をお願いしました。

ぶっかけ(冷)
やっべ~(≧▽≦)、見るからに美味しそう~!!

では!早速、うっどーん!! ٩(ˊᗜˋ*)و

うんまっ!!((๑✧ꈊ✧๑))
かなりがっしりコシのあるうどんは噛み締めると小麦の甘みとほんのり塩気が超うんまい!
いりこのお出汁も美味しくて、これはお持ち帰りしたい~٩̋(๑˃́ꇴ˂̀๑)♡

最後のうどんは普通に1人前の量。
ここまで色々食べたので結構量があるな~と思いましたが、気が付けば完食。
ごちそうさまでした~(*´▽`*)

友達の行きつけのお店と言うことで言ったこちらのお店。
うどん屋さんで飲むなんて初めてでしたが、うどんも料理もお酒も美味しかった~。
もぉ~ってくらい、大満足のまんぷくはっぴーです(о´∀`о)



ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキングへ

谷や和さんの食べログ店舗情報はこちら
東京都中央区日本橋浜町3-2-7


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

人形町 兎屋(人形町)/らーめん(中)

さて、この日の私は友達と一緒に日本橋へ行く予定。
ま、そうなると自然とその近辺のラーメン屋さんに行こうということになりますよね~(∀`*ゞ)エヘヘ


さぁ、そんな訳で友達と近辺のラーメン屋さんを検索。
その中から行ってきたのがこちらのお店。

人形町 兎屋にんぎょうちょう うさぎや
(人形町・東京都中央区)
2018,9,18訪問

こちらのお店は最寄り駅の東京メトロ日比谷線・人形町駅より徒歩約1分とすごい駅近。

まぁ、この日の私は自分に使い勝手の良かった都営新宿線・馬喰横山駅から。
いつものように地図アプリを使ってお店へ向かいました(∀`*ゞ)エヘヘ

それでは、友達と店前で合流したらまずは食券の購入。
こちらのお店の券売機は店外にあるので、じっくり見れて嬉しいですな(∀`*ゞ)エヘヘ

しかも、券売機の前にもひさしがあるので雨の日でも安心。
券売機横に両替機もあり、混雑する時間帯はお店の人もお客さんも大助かりですね。

ちなみにまだ暑い季節だったから?訪問した日は券売機の近くにはお茶の入ったウオータージャグが設置されていました。

こういう心遣いって、ホントありがたいですよね(∀`*ゞ)エヘヘ

さぁ、券売機に戻ってこちらの基本メニューをチェック。
あるのは「らーめん」と「つけめん」の2種類で、特製などはなく追加したいトッピングは別途買うタイプ。

麺量はらーめんが小150g→中225g→大300g。
つけめんは並盛225g→大盛380g、麺量は増えるごとに+¥100増えていく価格設定。

その他、気になったのは券売機からポップアップされている「小鬼(エビ辛し)」の案内。

きっとおススメ何だろうけど…初訪問だし、ここはシンプルにそのままで。
そして、今日は味玉より麺をいっぱい食べたいなってことでらーめん(中)に決定です(∀`*ゞ)エヘヘ

それではお互い食券を買ったら店内へ~\(^o^)/\(^o^)/

店舗正面は全面ガラスで中の混雑状況がよくわかる造り。
店員さん達は和食料理人さんの様ないでたちで和が似合う人形町らしい雰囲気。

力強い「いらっしゃいませー」のお声がけ、テキパキとした対応で食券の受け取り。
そして、空いている席へのご案内。

こちらのお店の客席は調理場を囲むL字型のカウンター10席。
ただイスが動かないタイプなので、ちょっと座るときにおよよよっとなっちゃいました(∀`*ゞ)エヘヘ

さて、それでは席に着いたらセルフサービスのお水の準備。
置いてある卓上調味料は白黒2種類のペッパーミル、酢、ひょうたんの中身は唐辛子かな?(*^-^*)

そして、低いカウンターボードにはこちらのお店のメニューと、


食べ方のご案内。

ふむふむ、つけ麺には柚子胡椒(+\20)、らーめんには生卵(+\50)がおススメなのか~(*‘ω‘ *)

まぁ、それもこれもまた次回の話だな~と思っている所にお店の方から紙エプロンの有無を聞かれます。
すーぐ汁はねしちゃうので素直に紙エプロンをお願いし装着!
準備万端な所に完成したらーめんが到着でーす\(^o^)/

らーめん(中盛)880円
うんうん、真ん中になるとが乗ってるちょっと懐かしい丼顔がいい感じ~(*^-^*)

それでは、早速いただきます。

まずはスープからごくり。

おぉ、アツアツ動物魚介~(*´▽`*)
気を付けないとヤケドするほどアツアツのスープ、シャバっとしているけど濃い旨味と醤油ノカエシがぐっと来る。
丸鶏と煮干を合わせた動物魚介系のWスープは、どこか懐かしくてホッとする味です。

さて、アツアツのスープにしっかりと浸った麺をドキドキしながらいただきます。
箸で持ち上げふーふー、少し冷ましてからがぶり、ずずずっと。

アツアツ、ぷりぷり~( *´艸`)♡
麺は中太ストレート、ぷりっとした歯ごたえ、コシもあってしっかりとした食べ応え。
そして、ちょっとやそっと冷ましたくらいでは温度が下がらないくらい程よくスープを含んでいます。
はふはふ、空気を吸い込みながら麺を啜り上げないとヤケドしそう~(≧▽≦)

さぁ、ここから先はのっけももいただいていきます。
まずは赤身が多め、さっぱりとしたもも肉のチャーシューはちょっと固めでパサっとしてる?

でも、スープに沈めてよーくスープを含ませてから噛みしめると肉の旨味がじわーっと出てきていい感じ。
なんだかこういう所もちょっと懐かしいかもー(*^-^*)

さて、それ以外にはカリコリとした食感のよいメンマ。


青菜特有のさっぱりとした水分がいい合の手になっている小松菜。

薬味のネギの粗みじん切りはたっぷり入っていて、食べていると自然に口の中へ。
ネギの風味がいいアクセントになって飽きさせません。

さぁ、そろそろ終盤なので味変に気になっていたひょうたんの中身を。
…お、これは七味唐辛子?かな(*‘∀‘)

ピリっと辛い唐辛子の味はほっとする甘しょっぱい動物魚介スープにいい刺激をプラス。
これはきっと有料トッピングで追加できる「小鬼(エビ辛)」も合うんだろうな~(∀`*ゞ)エヘヘ

さて、しばしそのまま食べ進めた後、スープに浸した海苔をぱくり。


そして、チャームポイントのなると。

最後に残っていた麺や具材を綺麗に攫い口の中へ入れて~♡(´~`)モグモグ

さて、さすがに出てきた時からアツアツだったスープも食べ終わる頃には少し温度が低下。
ま、それでも「冷めた」と言うにはかなりスープは暖かで私は汗だく
麺量も中盛にしたことでお腹もいっぱいになったので、スープは残して終了です。

ぷはー、ごちそうさまでしたー(*´▽`*)
ちょっと懐かしい感じの動物×魚介スープのらーめんにコシのある中太麺。
なんだかほっとする1杯でとっても美味しかったです。

ま…でも本当の所、私が想像していたラーメンと違う1杯で勝手にびっくり?しちゃいました。
実はこちらの「らーめん」の写真の見た時、中央のナルトから?なのか昔ながらの中華そばっぽいものを連想。
なので出てきたらーめんがWスープの動物魚介らーめんで驚いちゃっいました(∀`*ゞ)エヘヘ。

そんな訳で?どちらかと言うと同行した友達の頼んだ「つけめん」の方がこの日の気分だったかもしれません。
さぁー、そんな友達のつけめんがこちら~\(^o^)/

つけめん(大盛)950円

つけめんの麺はらーめんとはまた違う麺で平打ちのストレート、麺肌はつるりと滑らか。
麺の厚みが少し不均一になっていて、噛みしめると小麦の甘味がして美味しい(*^-^*)

つけ汁はらーめんと同様にシャバっとした動物魚介のWスープ。
ですが、!つけめんの方が動物系のスープが強い?のかこちらの方があっさりとしているように感じました。
ま、次の機会があれば、今度はつけめんを自分で注文して食べてみたいと思います(∀`*ゞ)エヘヘ


2018年185杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキングへ

らぁ麺 兎屋さんの食べログ店舗情報はこちら
東京都中央区日本橋人形町3-9-2


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

麺や 七彩(八丁堀)/【期間限定】とうきびの冷やし麺

さぁー!今日は頑張ってブログをもう1本!
1日100食、昨日9月5日(水)~11日(火)までの期間限定の1杯を今日食べてきました。
期限が短い限定なので、取り急ぎブログをアップします!(=゚ω゚)ノ


そんな訳で、今日のお昼に行ってきたのがこちらのお店。

麺や 七彩 めんや しちさい
(八丁堀・東京都中央区)
2018,9,6訪問

こちらのお店は店内で麺を手打ちで作ってくれるのが見れるのも人気のお店。
お昼のピークタイムも終了くらいの時間にお店に到着しましたが、さすがの行列でした。
ま、そんな訳で、人が写真に写り込まないように店前写真はこの角度でーす(*´σー`)エヘヘ

ま、余談はそのくらいにして、こちらのお店の場所は東京メトロ日比谷線・八丁堀駅A5出口より徒歩約2分。
地上に上がり八丁堀交差点を左折したらほどなくお店です。

ちなみに「今日はここに行ってコレを食べようと思うんだけど」と同僚に話したところ一緒に行くことに。
そんな訳で、緊急ラ部活開催!
1度行った場所は迷わない同僚が一緒に来てくれるとホント心強いですねー(∀`*ゞ)エヘヘ

さて、到着時の並び具合は店前のアプローチ、歩道にはみ出た人達は建物に沿う形。
店内待ちもできるのでざっと数えてもどれくらい並んでいるのかははっきり分かりません。
ま、とりあえず並ばないことには食べられないので…と、並んでいる人の中にラー友さん発見!
やっぱり限定目当ての友達いたー!(≧▽≦)

思わず嬉しくて友達に挨拶、それから列の最後尾へ。

結構待つかな~と思いましたが、思ったよりも回転がよく並び初めて3分でこの位置です。

チラリと見れば、店舗敷地内に入った所にはメニュー。

その奥にあるのは並んでいる人の暑さ対策用のウオーターサーバーですね。
暑い季節のこういう心配りは本当に助かります~(*‘∀‘)

…と、よく見るとこんな張り紙が。

なんとこちらのお水は並んでいる人だけじゃなく、通りかかった人も飲んでいいんですね。
なんたる地域愛?給水スポットとしても使えるようになっていて、七彩さん懐がでかいわー(*´ェ`*)ポッ

ま、そんな訳で、ありがたく私たちは給水。

そして、木の板に書かれた案内を見ていればお店の方から食券購入の案内がありました。

ではでは、入店でーす\(^o^)/\(^o^)/

店内入口は店内の床よりも1段下がった造り。
扉を入ったすぐ左手には券売機が設置されています。

ただこの位置、結構自動ドアの反応がいいのでちゃんと奥に入らないとドアが開いてしまいます。
自動ドアのセンサーに引っかからない位置に移動してから券売機のボタンをしっかりチェック。

券売機の1番上の大きいボタンは左から「喜多方らーめん(煮干)」「喜多方肉そば(煮干)」。
そして、夏季限定の冷やし中華のボタンを挟み、一番右側が「つけ麺」。

その下の小さいボタンは上から「喜多方らーめん(煮干)」「喜多方らーめん(醤油)」「喜多方らーめん(塩)」の順。
さらにその下はローマ字表記のメニューボタンが並びます。

そして、今日のお目当て限定の案内は券売機に写真付きで掲示。

案内によるとこの「とうきびの冷やし麺」は毎年恒例、今年で8回目の登場だそう。

ちなみに?毎年SNSに上がる写真などでこの限定の存在は知っていたのですが、なにせ期間が短い。
私がこの限定を食べるのは、これが初めてです(*^-^*)ワクワク

さぁ、それではお金を入れたら券売機右寄りにある限定のボタンをぽちり。

とうきび飯も気になるけど~(*´з`)
8月に暴飲暴食した私は身体もお財布も節制ということで、今日はガマンします!(≧◇≦)

それでは、お店の人の指示に従い店内待ちのスペースを少しずつ進んでいきます。
待っている間に食券を回収してもらい、後は座って食べるだけ。
既に座って食べ始めている友達をチラ見しながら、待つことしばし遂に着席でーす\(^o^)/

わー、麺打ちしている所がよく見える席だ~(*´▽`*)(*´▽`*)

そう言えば、前回もここだったね~と話しながら座る前にセッティングしてくれていたお水をさっそくごくり。

そして、チラリとさりげなく確認するカウンターの上。
卓上調味料はブラックペッパー、箸立ての中には割り箸とエコ箸。
ちなみにこちらは手揉みのつるりとした平打ち太麺がレギュラー麺なので、麺を掴みやすい割り箸率が高いです(*‘∀‘)

さて、手打ち麺が作られている姿に見とれながらおしゃべりしていると「後ろから失礼します」とお声がけ。
振り返ればそこには、ステンレストレイに乗った器~(∩´∀`)∩♡

とうきびの冷やし麺1,000円
おぉぉ~、綺麗なとうもろこし色です~(≧▽≦)

ひんやりと冷たい器から感じる冷感。

なみなみと注がれたとうもろこしの冷製スープは麺を覆いつくしています。

シンプルな見た目の限定。
スープの表面に乗っているのは細切りのチャーシュ-と一片のとうもろこし。

のっけものとしてはちょっと寂しい?ような気もします。
ま、食べてみたないと分からないヨネー(*'ω'*)

それでは、そろそろいただきます!\(^o^)/

まずはスープからごくり。

うっわー、うんめー!!((๑✧ꈊ✧๑))♡
ひんやり、どろりと濃厚だけど優しいとうもろこしの甘味とブラックペッパーのパンチあるアクセント。
そして、とうもろこしの甘味をさらに引き立てる塩が程よく効いていてとっても美味しいです!(≧▽≦)

そして滑らかなスープの中に、程よく残ったとうもろこしの粒々感がこれまたたまらない…( *´艸`)♡
スープなのに噛みしめることが出来てなんだか不思議な感覚です。

さぁ~、続いてとっても楽しみな麺。
一体どんな麺が使ってあるのかな~(*´▽`*)ワクワク
箸を指し入れ引っ張り上げれば、どろっとしたとうもろこしのスープをまとった麺がお目見え。

おぉ~(*‘∀‘)、結構細いんだ~。

七彩さんのレギュラーメニューの麺は平打ち幅広目の手揉み麺。
対してこの限定の麺は中細、スープが絡みやすいようにちょっとゆるくウェーブがかかっています。

さぁ、満を持してガブリ、ズババババババ~。
うんまい!!(≧▽≦)♡
きっちりと冷たく〆た麺はぐぃんぐぃんとした弾力としっかりとしたコシがあります。
あー、これは食べていて楽しい!美味しい!(≧▽≦)♡♡♡

さて、のっけものである細切りチャーシュ-をぱくり。

わ!!うんまっ!!(@ ̄□ ̄@;)!!
とうもろこしの甘さの対比になるような、しっかりとした旨味と塩気。
チャーシュ-自体から感じるいい香りがとっても美味しくて、これはもっと食べたいなぁ~( *´艸`)

そして、すっかりスープまみれになった「タカネコーン」もぱくり。

おぉっ!すっごい甘い~((๑✧ꈊ✧๑))
齧り付けばぶしゃー!っと口に広がるとうもろこしからの水分。
フレッシュなとうもろこしの汁は甘いけど、自然な甘さでさっぱりとしています。

ちなみにこのとうきびの冷やし麺に使われているとうもろこしは「タカネコーン」という品種。
後調べなのですが、岐阜県高山市の日和田高原で育てられた高根村のオリジナルブランドのとうもろこし。
標高1,300m前後の地域で育てられているからなのか、糖度は17度とメロンに匹敵する甘さだそうです。

へぇ~、全然知らなったけどすごい美味しい~(*´▽`*)タカネコーンニナリタイ~

さて、どろーりスープをよく絡めながら麺をぐぃんぐぃん。

合の手にスープを食べるように飲む!
数量限定だし、行動範囲からは遠いしと遠巻きにしていたけどこれは食べに来てよかった~(*´▽`*)
そんなことを考えているうちに、残すところはスープだけ。

そう言えばすっかり最初かかっていたブラックペッパーはすっかり食べてしまったのか印象が薄くなりました。
ここは唯一置いていある卓上調味料のグラインドのブラックペッパーをプラス。


ごくり。

うん!(≧▽≦)ブラックペッパー、やっぱり合う!
とうもろこしの甘味はうまいが、やっぱりこういう引き立てるアクセントって大事ですよね。

さぁ、そして、もちろんこれは絶対に残せないと最後のひとくちまでぺろりと完食。

はぁ~、ごちそうさまでしたー(*´▽`*)
このとうきびの冷やし麺は、まるっと全部食べられる1杯なんですね~。
出てきた時、シンプルなラーメンでこのお値段はちょっと高い?と思ったけど食べてみてすごい納得。

とっても美味しいかった~(*´▽`*)これが家だったら丼まで舐めてるよ~。
そんなことを言う私に、同僚も激しく同意。
この残りスープにあったかい御飯を入れるのもいいよね~なんて言いつつ、まだ待っている人がいるので席を立ちます。

さて、ちなみに私が今回は食べるのをガマンしたとうきび飯。
お店でばったりあったラー友さんが食べていたので、写真を頂きました。
それがこちら~(=゚ω゚)ノ

とうきび飯200円
友達の解説によると、温かいごはんに温かいタカネコーンのとうきびスープ。
上にはタレがかかったチャーシュー、パルミジャーノレッジャーノチーズをかけて香ばしく炙ってあるそう。
溶けたチーズのコクが加わってドリア風で美味しかったそうです。

私、てっきり写真だけでこれも冷たいものと思い込んでいました。
うわーん(≧◇≦)、今更ですがやっぱりこれも食べとけばよかったなー!
最終日までにもう1回は難しいかもしれませんが、次の機会には絶対これも食べようと思います。


2018年176杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキングへ

麺や七彩さんの公式Twitterはこちら

麺や七彩 八丁堀店さんの食べログ店舗情報はこちら
東京都中央区八丁堀2-13-2

【期間限定】小豆島の海の水とクラタペッパーの塩らーめん(大盛)を食べた時のブログはこちら
【夏季限定】冷やし中華を食べた時のブログ
喜多方らーめん(煮干し)を食べた時のブログはこちら


姉妹店、「食堂 七彩」さんの食べログ店舗情報はこちら
東京都中野区鷺宮3-1-12

食堂七彩さんの公式Twitterはこちら

【期間限定】冷がけ中華そばを食べた時のブログはこちら
喜多方らーめん(塩)を食べた時のブログはこちら


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)


同僚とのラーメン部会の記録まとめはこちら

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

お知らせ
ラーメンブログランキングに参加しています(^ム^)
人気ブログランキング
プロフィール

もりみ

Author:もりみ
1日1ラーメン食べられたら幸せですが、周りが心配しますし体力的にも経済的にも無理なんでボチボチやってます
(*^^)v

最新記事
カテゴリ
タグ

新宿区 杉並区 小金井市 千代田区 武蔵野市 中野区 渋谷区 豊島区 北区 練馬区 番外編 調布市 千葉県 埼玉県 中央区 荒川区 台東区 世田谷区 三鷹市 ラー飲み ラーフェス 神奈川県 国分寺市 港区 葛飾区 青梅市 目黒区 文京区 うどん 江東区 立川市 品川区 足立区 昭島市 墨田区 板橋区 茨城県 カップ麺 大田区 町中華 国立市 江戸川区 チェーン店 国分寺 福生市 自宅麺 府中市 町田市 曙橋 東大和市 閉店 西東京市 小平市 八王子市 宮城県 多摩市 浜田山 広島県 阿佐ヶ谷 長野県 日本蕎麦 日野市 あきる野市 蕎麦 福島県 練馬 コラボ 

ラーメンブログ リンク

ラーブロ
ラーメンブログ専門リンク集「ラーブロ」に登録しました
\(-o-)/設定ってむずかし~
月別アーカイブ
FC2カウンター
訪問ありがとう~
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード