【西武線沿線ラーメンラリー2017】食堂 七彩(都立家政)/【期間限定】冷がけ中華そば

さて、梅雨入りしましたがあまり雨も振らず結構暑いですね。
という訳で、本日のブログは先週食べてきた冷たい1杯をお先にアップします(*^-^*)


と言うことで、行ってきたのがこちら。

食堂 七彩 しょくどう しちさい
(都立家政・東京都中野区)
2017,6,12訪問

こちらのお店の言わずもがなの有名店。
場所は西武新宿線・都立家政駅北口より徒歩3分。
駅を出たら線路を横切っている道をまっすぐ、駅に背を向けるようにして歩くと到着します。

さて、こちらに来るのは2年ぶり、2回目の訪問。
自分の行動範囲からは遠くはないのですが、行きづらい場所にありなかなか再訪できませんでした。
でも、そのきっかけをくれたのがこちら。

西武線沿線ラーメンラリー2017
ただいま絶賛、開催中!\(^o^)/期間は6月1日~7月14日まで。
西武線の情報誌「cocotto(ココット)」の創刊号~12号までの間に紹介されたラーメン屋さんをめぐるスタンプラリー。
そして、こちら「食堂 七彩」さんもそのお店に入っているんです。
※ちなみに紹介されたお店の記事が書かれている「cocotto(ココット)」のバックナンバーは西武鉄道さんのHPで見ることができますよ(#^.^#)

さて、ちょっと話が長くなりましたが、初訪問の時はこちらが常連という後輩と一緒。
今回は1人での訪問なので、まずは外看板をじっくり見ようっと…お!!

あ、「冷がけ中華そば」始まってる!!((๑✧ꈊ✧๑))
実は先ほど言っていた「ocotto(ココット)」に乗っている記事「ラーメン各駅停車」で紹介されていた1杯がこれ。
冷たいメニューなので暑くなってからの期間限定ですが始まっていました~(*´▽`*)

よーし!もうこれしかない(≧▽≦)
気持ちは決まりました、それでは入店でーす!

少し下る階段を降りて、自動扉のボタンを押して店内へ。
「いらっしゃいませ~」のお声がけに軽くぺこり。
そして、入口左手に設置してある券売機へ向かいます。

ずら~りと並ぶボタンの多さにちょっと尻込みしますが、後ろで待っている人はいないのでゆっくり探します。

さて、こちらの基本メニューは上から「喜多方らーめん」「稲庭中華そば」。
目的の「冷がけ中華そば」は上から4段目に発見。
その下は担々麺、そしてご飯物はかなり種類が豊富。
「ソースチャーハン」なんてメニューもあるんですね~(*´Д`)

ちなみに麺量はこんな感じ。

あれ...つけ麺なんてあったっけ?
そう思って後でじっくり券売機の写真を見たら右端、上から4段目にありました(∀`*ゞ)エヘヘ

それでは、お金を入れて目的のボタンをポチリ。
すぐにお店の方が食券を受け取ってくれ「お好きな席へどうぞ」と言われます。

では、空いている程よい所へ行ってカバンを置いたら、券売機横にあるウォーターサーバーからお水の準備。
そして、久しぶりの訪問なので卓上調味料などをチェック。

置いてあるのは一味唐辛子、ブラックペッパーかな?(・∀・)

さてのんびりと店内を眺めながら待つこと約10分、着丼でーす\(^o^)/

冷がけ中華そば850円
見るからに涼やかですね~(*´▽`*)♡

そして、この麺線の美しいこと~( *´艸`)ときめきます~。


さて、それでは早速いただきます。
まずはスープからごくり。

おぉ~(*´▽`*)優しい醤油だなぁ~
スープのベースは鰹節、少しとろみを感じる和風醤油。
程よい低温のスープなので、じんわりと身体がクールダウンしていきます。

それでは、箸を指し入れて麺を引っ張り出します。
えーい\(^o^)/

うはー!!見るからに喉越しがよさそうですね~(≧▽≦)

さぁ、ひと口目、がぶりと口に入れて啜り上げます。
ちゅるり~ん(≧▽≦)うぅぅんまーい!
冷がけ中華そばに使われている麺はいわゆる稲庭中華そばと言われる乾麺の麺。
しっかりと冷たく〆られた麺はちゅるちゅる、ぐにぐに、むちむち。
舌を気持ちよく撫で、喉越しも滑らかで、この少しとろみを感じるスープがよく上がりますね~(≧▽≦)

さてのっけものはしっとりとしたチャーシュー


とろみのあるスープにぴったりの具材なめこ。

なめこ独特の香りは抑え気味になっているので食べやすいです(*^-^*)

そして、トッピングの中で私のイチオシ?はこのタケノコ?

細いタケノコを斜め薄切りにしたものを使っているようで、サクサクとした食感がいい感じ。
味付もブラックペッパー系のスパイスを使っているようで、とってもいいアクセントになっていました(#^.^#)

さて、むちむちぐにぐにの麺、スープを一心不乱に食べ進め。
気付けば完飲完食。

ごちそうさまでした~(*´Д`)♡
この冷がけ中華そばのスープの温度は決して、キンキンに冷たいわけではありません。
ですが、この喉越しのいい細麺が体の中を通過する度にジワリと体を冷却してくれます。
暑いのは嫌だけど、冷やしラーメンとの出会いはやっぱり夏ならではですね。
そして、この1杯との出会いを作ってくれたラーメンラリーに感謝です(*´▽`*)


2017年113杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキングへ

食堂 七彩さんの食べログ店舗情報はこちら
東京都中野区鷺宮3-1-12

食堂七彩さんのTwitterはこちら

喜多方らーめん(塩・大盛) +半熟味付け玉子を食べた時のブログはこちら


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)
スポンサーサイト

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

かしわぎ(東中野)/塩ラーメン+味玉

さて、本日のブログは順番を変えて2017年6月2日にオープにしたばかりのこちらをお先に。


それがこちら。

かしわぎ
(東中野・東京都中野区)
2017,6,2訪問

こちらのお店最寄り駅はJR東中野、そして都営地下鉄大江戸線・東中野駅。

JR東中野駅東口の改札を出たら南側へ。
斜め右方向の通り、少し下り坂になっている道沿いに沿って歩くこと徒歩約5 分、お隣にセブンイレブンがある建物が目的地。

さぁ、目当てのお店を発見~!

訪問したのはオープン初日。
平日金曜日からスタート、そしてお昼のピークタイムを外したことで店前は落ち着いた空気。
なので、ゆっくりと店前を確認することができました(*´▽`*)

入口より右手側にはお店の看板?

ダンボールに書かれた「かしわぎ」の文字に思わず笑顔になってしまいます。
ちなみに、お店の前にはちゃんとした屋号の入った幕が現在はきちんと掲げられているそう。
なのでこの日はたまたまだったようですが、ある意味レアですよね(^-^)

正面右手は「友人一同」、そして左手側には「麺屋棣鄂」さんからのお花。

使っている麺が「麺屋棣鄂」さん製なんでしょうね(*´▽`*)

それでは、そろそろ入店でーす\(^o^)/
引き戸を開けて店内に入ると、店内はほぼ満席。
「いらっしゃいませー」と言う明るいお声がけとスープのいい香りに思わずにんまり。

まずは食券をどうぞとのご案内に従って、内入って右手角にある券売機に向かいます。

訪問した日のメニューは「塩ラーメン」「醤油ラーメン」の2つ。

そして、気になる「お昼のごはん120円」

訪問した日のメニューは「黄味子のTKG」。
卵かけごはんもいいけど…やっぱり私は味玉っ子なんだよね~(≧▽≦)

ちなみに後で知ったのですが、この黄味子という玉子はかなり希少な卵。
で、もちろんとっても美味しかったらしいよ!!(≧◇≦)
今日のおかずって書いてあるってことはきっと「お昼のごはん」は日替わりなんでしょう。
次来た時は、お昼のごはんも食べてみたいです!

さて、買った食券をお店の方に渡したら空いている席へご案内。
こちらのお店の客席はL字のカウンター席が8席。
そして、カウンター席後ろ、移動スペースを挟んで4人がけのテーブル席が3卓あってかなりの集客数。

ちなみにちょうど私の案内された席の隣は顔見知りのラー友さん。
ラー友さんの話によるとこちらの建物はもともとお寿司屋さん→そしてバーになり「かしわぎ」になったそう。
清潔感があり、店内もゆったりしているのでいい感じで落ち着けますね。

卓上調味料はコショウ。

そして、酢・醬油?と思いきや、こちら塩ダレ、醤油ダレ。
食べている時に、替玉などにご利用くださいとのご案内が聞こえて思わず味見して確認しちゃいました( ̄▽ ̄)エヘ

さて、待つことしばしついに完成でーす\(^o^)/

塩ラーメン680円
+味玉100円

わぁ~、すごい綺麗です~(*´▽`*)♡

ご店主さんが目の前から出してくれて「おまたせしまいた。丼が熱いので上の方をお持ちください」とのご案内。
はい、ありがとうございます(*´▽`*)
それでは、さっそくいただきまーす。

では、アツアツのスープをレンゲにすくって、ふーふー。
ごくり。

おぉぉ~旨塩~(≧▽≦)
スープのベースは鶏かしら?貝の旨みもあるよね?
透明感のあるスープ、でも色々な旨味が詰まっていてすごく美味しいです(*´▽`*)

続いて麺をいただきます。

ちゅるり~ん(*´ω`*)
麺は細麺ストレート、滑らかな麺肌は喉越しがよく気持ちがいいですね~。
薬味のネギもよく絡まって、いい感じに清涼感のアクセントが付くのポイント。

そして、チャーシューは2種類あって肩ロースが1枚。


豚バラチャーシューが1枚。

どちらも程よい厚み、部位が違うことで感じる旨味の違いがあって美味しい。

そして、メンマはサクサクの穂先メンマ。


味がしっかりと沁みていて、好みの半熟具合の味玉もうんまい!

卵かけごはんにも惹かれるけど、やっぱり私は味玉好きなんだな~(*´▽`*)

さて、夢中で食べて完飲完食。

ごちそうさまでした~(*´▽`*)
ホント、このお値段でこの美味しさは嬉しすぎます。
今度は醤油、それにお昼の御飯を付けようかな?いやー、でも、替玉も美味しそうだったんだよね~(*´▽`*)
迷うけど東中野は割と私の行き易い場所、地道に?全メニュー制覇しようと思います。

そうそう、大事な事を書き忘れるところでした。
かしわぎさんの営業時間ですが、しばらくの間は昼営業のみの定休日なしとのこと。
夜営業についてはしばらく経ってからになる予定だそうです。


2017年105杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキングへ

かしわぎ さんの食べログ店舗情報はこちら
東京都中野区東中野1-36-7


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

【西武線沿線ラーメンラリー2017】無鉄砲(沼袋)/とんこつらーめん

さて、今日のブログは6月1日から始まったラーメンラリーのご紹介も兼ねての1杯をお先にご紹介。


と言う訳で、ラーメンが好きな私にはちょっと嬉しいこんなラーメンスタンプラリーが始まりました。

西武ニュースcocotto(ココット)創刊1周年記念 監修:青木健
西武線沿線ラーメンラリー2017
さて、このラーメンラリーは西武線各駅に置かれている「cocotto(ココット)」とう情報誌に乗っている青木健さんの連載コーナー「青木健のラーメン各駅停車」に創刊1号~紹介された12軒のお店を巡るスタンプラリー。
全店クリアするとラーメン箸、さらにクリアして受け取れるハガキを出せば抽選でオリジナル丼がもらえるのです。
詳しくは西武鉄道で見れるPDFを参照してください。

実は私、この西武線のCocotto愛読者。
毎月とっても楽しみにしていて、このラーメンラリーの企画を知ってからとても楽しみにしていました。
全店クリアできてもできなくても、好きなラーメンを食べてワクワクできるっていいですよね(*´▽`*)

↑創刊から12号目までを並べてみました~(*´▽`*)エヘ

説明が長くなりましたが、私がこのスタンプラリー1店舗目に訪れたのはこちら~\(^o^)/

無鉄砲 東京中野店 むてっぽう とうきょうなかのてん
(沼袋・東京都中野区)
2017,6,1訪問

こちらのお店は西武新宿線・沼袋駅北口より徒歩約8分。
調濃厚なとんこつスープで有名なお店なのですが、実はこの度初訪問。
場所的にあまりなじみのない場所、駅からもほどよく距離が離れていてなんとなく来そびれていたんですよね。
そんな意味でも、来るきっかけを作ってくれたラーメンラリーに感謝です(〃'∇'〃)ゝエヘヘ

そうそう、これがないと始まりませんね!
ラーメンラリーのスタンプを押してもらう冊子は西武線各駅※にてもらえますよ(^-^)

※小竹向原駅だけは配布がないそうなのでご注意下さい。

さぁ、店前にラーメンラリーのポスターがどーんと張られているのを確認したら入店でーす\(^o^)/

店内に入ると「いらっしゃいませー」と店員さん達から活気あるお声がけ。
店員さんは男性3名、女性1名の4名体制。
お昼のピークタイムを過ぎての訪問なので、店内に先客さんがパッと見えるところにいなくちょっとドキドキ。

とりあえず、まずは券売機に向かいます。

こちらの基本メニューは「とんこつラーメン」「魚醤油ラーメン」の2種類…のはず。

ちなみに、券売機に「白・黒・茶・赤」4種類のとんこつラーメンのボタンがあります。
ですが、これらは深夜1時~営業している「がむしゃら」さんのメニューだったと思います。
実は1回深夜営業の「がむしゃら」さんに連れてきてもらったことがあるんですよね。
ただ飲んだ後のベロンベロンで食べたので「美味しかった」しか覚えてないんです(´Д⊂ヽオロローン


その他、ラーメンメニュー以外はギョーザ、替玉、ビールなど。

ライスは中盛160円とおかわり自由の250円がありますね。
ちなみに券売機のボタンはなぜか同じものが2つ横並び、ギョーザに至っては4つもボタンが並んでいます。

さて、初めての訪問なのでここはやっぱり「とんこつラーメン」をチョイス。
そして、とんこつラーメンと言えば替玉ですが、ここはお腹の具合をみて考えることにしました。

購入した食券を持って振り返れば、お店の方から「お好きな席へどうぞ」とのご案内。
こちらのお店の造りは厨房を囲むようになっているカウンター席。
それと壁の方に向かって座るカウンター席で全部で席数17席とかなり集客数は多め。
私はなんとなく気恥ずかしくて、壁に向かって座る席に座ることにしました。

座る席を決めたら、食券とラーメンラリーの冊子をお店の方に渡します。
すると「麺の硬さはどうしますか?」とのこと。
どこかに書いてあるかなとキョロキョロするとお店の方が「普通、硬め、バリカタができます」と丁寧に教えてくれました。
「では硬めで!」
「ネギはどうしますか?多めもできますけど?」
「では、多めで!(//∇//)」
程よいタイミングでお好みのオーダーを聞いてくれる店員さん、初見さんにも優しいなー(*´Д`)♡

ちなみにお好みのご案内、よくみたら目の前にありました(〃'∇'〃)ゝエヘヘ


さてさて、食券と一緒に忘れちゃいけないラーメンラリーの冊子。

お願いしますと冊子を出せば、中身を見て「スタンプラリー1軒目ですか?」とお店の方がにっこり。
私が「はい(^-^)」と答えれば「実は(うちで)スタンプ押すのこれが初めてです」と笑いながらスタンプを押印。
そして、「楽しんで下さいね~」との嬉しいお声がけまでいただいちゃいました。
はい、マイペースでがんばりまーす(∀`*ゞ)エヘヘ

さて、運ばれてきたお水をごくりと飲んでクールダウン。
おかわりは卓上に水のポットあり。

そして、卓上調味料の確認。

置いてあるのはすりごま、紅生姜、辛子高菜、にんにく正油。
うんうん、豚骨ラーメンらしいラインナップですね(*‘∀‘)

さて、あっという間に着丼で~す\(^o^)/

とんこつラーメン780円
おぉ~、みっしり乗ってるって感じですね~(・∀・)

たっぷり乗った九条ネギの緑が美しいです~。

お店の人にネギ増しできるって教えてもらってよかった~(〃'∇'〃)ゝエヘヘ

では、早速いただきまーす(^O^)

まずはスープから、と、おぉぉぉぉ~これは~Σ(゚Д゚)

レンゲにゆっくりと流れ込んでくるスープ、口にする前からスープの粘度に気が付きます。
濃厚と聞いていたけど、これはすごいぞ…ドキドキしながらまずはひとくち、ごくり。
おぉぉぉ~濃厚~!((๑✧ꈊ✧๑))!
アツアツの濃厚な豚骨スープはぽってりとしていて、とろりと舌にからみ付き旨みはあるけどしょっぱいとかではありません。
こんなスープ初めてで、なんか頭と舌が追いつきません~(*´Д`)

続いて麺を食べるために箸をどんぶりの中に指し入れます。
ググッと引っ張り出してまたびっくり。

え!!この麺って!(@ ̄□ ̄@;)!!
基本的に食べて驚きたい私はあんまり前調べしていません。
なので「豚骨ラーメン、替玉あり、麺の硬さが選べる」、このイメージから勝手に低加水のいわゆる博多豚骨ラーメンを想像していました。
それに、深夜営業のがむしゃらさんは低加水のパツパツ麺だったはず...。
それが、ご対麺してみたら想像と全然違うちょっと透明感もある中細の縮れ麺。

えい!がぶり。
おぉぉ!!(@ ̄□ ̄@;)!!
食べてみるとすごい濃厚なスープがよく絡んで、麺を食べているのにスープを飲んでいる。
麺は程よいハリと舌全体を撫で上げるような存在感があります。
おぉ~、すごい…またまた頭の中がついていきません…(*´Д`)

とりあえず、のっけもののチャーシューを1枚ぱくり。

スライスされたチャーシューの味が舌全体に広がる。
スープと違う塩気で味の緩急が付きますね。

そして、メンマはコリコリっとしたもの。


さて、とんこつラーメンをそんまま半分ほど食べた所で味変を。
まずはすりゴマ。


そして、辛子高菜を少々乗せてがぶり。

うんうん、濃厚な豚骨スープはやっぱり甘味がしっかりしている。
なのですりゴマの香ばしい香りと辛子高菜の辛味が合うんだな~(≧▽≦)
麺に辛子高菜、スープの熱で少し火の入った九条葱を絡めて食べ進めます。

さて、この時点で既に私は替玉を追加するのを断念していました。
まず食べ始めてすぐにスープの重みがどしんと来ていて、早々にお腹がいっぱいになる予感。
今回は麺よりもこの濃厚スープをもっと味わいたいと思ったんですよね。

そんなこんなで紅生姜をほぼ終了間際に投入。

紅生姜の酸味でさっぱり、いいお口直しです。

その後はお水とスープを好きなだけ繰り返し。
後から自分の隣に来たサラリーマン風の3人組が頼んだ替玉をチラリと横目で確認して次回の参考に。
そして…

ごちそうさまでした~(*´Д`)
もっとスープが飲みたいのにお腹がいっぱいだよ~(≧◇≦)なんか悔しいよ~。

後ろ髪を引かれる気持ちもありますが、ごちそうさまのご挨拶。
店員さんはみんなニコニコ、ありがとうございましたー!またどうぞー!とお声がけ。

うん、また来よう…(*´ω`*)絶対また来よう…
初めての無鉄砲さんのとんこつラーメン、美味しかったのかと言われるとよくわかりません。
ただただ、食べ終わってから思うのは「もう一度食べたい」ってこと。
そして帰り道に気づいたのですが、あれだけ濃厚なスープにも関わらず全く喉が渇いていない…。

食べ終わって「つづく」って出るラーメンがいいラーメンだと思うんだよね、と私の好きなラーメン好きの方が言っていました。
そう考えると、まさにこれが「つづく」なのかもしれませんね(*´ェ`*)ポッ

つづく。


2017年104杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキングへ

無鉄砲 東京中野店さんの食べログ店舗情報はこちら
東京都中野区江古田4-5-1


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

煮干しそば 虎愼(中野新橋)/玉葱煮干しそば

さて、この日の天気は程よい風も吹いていて、快晴の小春日和。
こんな日はお散歩も兼ねてちょっと駅から遠いけどずっと気になっていたお店へ行くことに。


そのお店がこちら。

煮干しそば 虎愼 にぼしそば こしん
(中野新橋・東京都中野区)
2017,4,20訪問

こちらのお店は東京メトロ丸ノ内線・中野新橋駅より徒歩10分。
都営地下鉄大江戸線・西新宿五丁目駅からは徒歩約12分とどちらからもちょっと距離のあるお店。
私は西新宿方面から地図アプリを頼りにのんびりてくてく、お店へ向かいました。

ちなみに、煮干しそば虎愼さんは仲良くしているラー友さんから教えてもらったお店。
八王子にある「煮干しそば 虎空」さんの姉妹店で、そちらも行ったことはありませんがずっと来ようと思っていたお店なんですよね~(^-^)

さて、到着したのはお昼のピークタイムを外した頃。
店内もちょっと落ち着いた空気ですので、入る前に店前をチェックします。

風に吹かれて揺れる提灯には「煮干しそば」の文字がいい感じ(#^.^#)

そして営業時間のご案内。

ちなみに、後で調べてみましたが定休日はちょっと不明。
水曜日と書いてあるデータもあるのですが、書いていない所もあるので次に行った時に確認したいと思います('◇')ゞ

さて、それでは気が済んだところで、暖簾の下の引き戸を開けて店内へ。
中に入ったドアの音に気づいて向こうを向いていたお店の方がこちらを振り返り「いらっしゃいませー」のお声がけ。

店員さんはお1人。
ぺこりと軽く会釈をしてから、入口左手にある券売機に向かいます。

こちらの基本メニューは券売機上から「煮干しそば」、2段目「濃厚鶏白湯そば」「辛味鶏白湯そば」。
3段目と4段目は「濃厚ニボつけ麺」の並盛、大盛。
気になる所では+¥180で追加できるつけ麺専用の味変アイテム「海老辛に変更」ボタン。

ちょっと鶏白湯系も気になりますが、ここはやっぱり初訪問なので私のチョイスは煮干しそばです。

そして、ふふふ(ΦωΦ)。
普段の私なら味玉チョイスするところですが、ここの所食べ過ぎ。
今日はヘルシーに?「玉葱煮干しそば」にしました。
まぁ、実は最近、玉ねぎと煮干しの組合せがすごく好きだな~と気づいたんですよね(*´▽`*)エヘヘ

さて、食券を購入したら席へ移動。
こちらのお店の造りは、厨房を囲むL字カウンター6~7席くらい。
厨房スペースはカウンター内側奥にもあり、店員さは忙しく動いています。

どこに座ろうかときょろきょろしていると、ちょうど食べ終わった年配のご夫婦の方が「ここ空いてますよ」と声をかけてくれました。
では~、と客席後ろは少し狭めなので、ありがとうとすいませんを言ってオススメしていただいた席へ(^-^)

そして、お店の方に食券を渡したら後は自分のカウンター前を眺めます。

卓上調味料はブラックペッパー、一味唐辛子、酢、おろしにんにく?かな。

そして、メニューのご案内も。

ふむふむ、つけ麺はニンニク入りでなしにすることもできるんですね。
それから辛味鶏白湯そばは1~3までの辛さ調節ができるのか~(・∀・)

ここのカウンターボードは高めにできているので、1人で食べに来てもラーメンに集中して食べられるな~。
そんな事を思いながら、店内を眺めるために顔を上げると、券売機の脇にウォーターサーバーを発見。
おぉ、そうかそこからいただくんですね…、と慌ててお水を準備。
ちなみに、後で入ってきた常連さんは券売機で食券購入、そしてお水を持ってスマートに着席していましたよ(*‘∀‘)サスガ

さてさて、オーダーしてからほどなく着丼。

玉葱煮干しそば880円
おぉ~、直前に炙ってくれたチャーシューからいい香りがします~( *´艸`)

それでは、いただきます!
まずはスープからごくり。

うわ~(*´▽`*)じんわりうんま~い♡
優しい煮干しにふわりと甘めな醤油の味わい。
じわ~っと身体に浸みこむ感じで思わずほっとして、顔が緩みます(*´▽`*)

続いて麺。

麺は中細のストレート、ポクポクとした食感でスープとの相性がとってもいいですね。
啜り上げると一緒に入って来るスープのいい香りがたまりません。

しかし、麺量としてはおとなしめ?かな?
なので、ついつい目の前のメニュー表にあるサイドごはんのラインナップを眺めてしまいます(∀`*ゞ)エヘヘ

チャーシューは直前に炙られた豚ロール。

箸で触るとほろりとほぐれるくらいに柔らかく、香ばしくて美味しい。
しかも、チャーシュー周辺のスープにはこの香ばしさが移るんだな~( *´艸`)むふふふ~♡

その他には柔らかく煮られたメンマ。


そして、味玉よりもと選んだ玉葱はたっぷり。

きちんと下拵えされていて辛味はほんのり、玉葱のあまみとシャッキリ歯応えが心地いいです。
煮干しのスープとの相性はもちろんバッチリで、玉葱煮干しそばを選んで良かった~と思わずにはいられません(*^-^*)

さて、薬味はネギとカイワレ。

このカイワレはピリリとした辛味があり、甘いニボスープにいいアクセント。
シンプルな構成の1杯だけど、こういうのいいなぁ~って思いますね(#^.^#)

それでは、夢中で食べて気づけば完飲完食~。

ごちそうさまでした~(*´▽`*)♡

ぷはー、美味しかったな~と大満足。
さて、帰ろうと思いますが、同じカウンター側の端に座っている人も食べ終わった様子。
ここはその人が立ちあがったらお店を出ようと思うのですが、隣の人がどうやら私の方を伺っている気配がします。
あれ?知っている人かなとチラリとそちらを見るとその人がにっこり、そして「美味しそうに食べますね~(^-^)」と一言。
んが!!Σ(//∇//)見られてた??
思わず恥ずかしくて色々言い訳??でも、そのおかげでお店の人から話も聞けました。
という訳で?こちらのデフォルトの煮干しそばには玉葱は乗っていません。
玉葱が食べたい場合は玉葱煮干しそばを買うか、トッピング「刻み玉ネギ」券をお買い求め下さい!\(//∇//)/


2017年77杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキングへ

煮干しそば 虎愼さんの食べログ店舗情報はこちら
東京都中野区弥生町3-17-2


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

麺屋 はし本(中野)/味玉らー麺

さて、この日は新しくオープンしたばかりのこちらへ行くことに。



麺屋 はし本
(中野・東京都中野区)
2017,3,31訪問

こちらのお店は2017年2月25日にオープン。
お店の場所はJR中野駅北口を垂直に貫く「中野通り」沿い、新井薬師公園方面にまっすぐ通りを歩いて約8分の場所。

ちなみに、訪問したころは中野駅前通りは桜まつり中でグットタイミングでしたよ(#^.^#)

さて、店前にはメニューの看板。

営業時間をみると中休みなし11:30~20:00の通し営業なんですね。
お昼の時間が遅くなっても安心して行けますね(*´з`)
ちなみにブログを書くにあたって調べたところどうやら定休日は水曜日

さて、それでは入店~。


中に入れば厨房スペースに立っているご店主さんから「いらっしゃいませー」のお声がけ。
こちらのお店の造りは、間口が狭めで奥へ長~く続くL字カウンター。
そしてカウンター席を囲むように細長い調理スペースです。

入口扉を開けて左手に券売機。


こちらの基本メニューは「らー麺」と「辛味らー麺」の2種類。

まずは初訪問なので、デフォルトと思われるらー麺をチョイスします。

さて、食券を購入したら、空いている奥の方へ。
客席後ろもちょっと狭いので、壁伝いを先客さんに協力してもらいながら着席です。
そして、食券はご店主さんに「お願いしまーす\(^o^)/」

さて、後は完成を待つばかり。
まずは待っている間に卓上調味料などをチェック。

置いていあるのはブラックペッパー、酢、一味唐辛子、柚子こしょう。

カウンターボードには、こちらの辛味らー麺についての解説。

ふむふむ、こちらの辛味はマレーシア産のチリパディという唐辛子を使用しているとのこと。

そうそう、後でご店主さんからお聞きしたのですが、こちらのご店主さんは東池袋大勝軒出身。
大勝軒シンガポール店にいた時に東南アジアの辛味に惚れてこの辛味らー麺を作ったそうです(#^.^#)

さて、オーダーしてから3分ほどで着丼。

味玉 らー麺850円
おぉ~、なんだかホッとする丼顔ですね~(#^.^#)

では、いただきまーす。

まずはスープから、ごくり。

ほどよく濃厚でホッとする味です~(*´▽`*)
スープのベースは魚介がしっかり、そこに動物系のスープを合わせたいわゆるWスープ。
さらりとしているけどしっかりとした味わいで、慣れ親しんだ濃厚系です。
最近、しばらくこういう味を食べていなかっただけに味わってみると懐かしくって落ち着きますね(#^.^#)

続いて麺をいただきます。

麺はしなやかで、スープ上がりのいい中細の角ストレート麺。
麺量はほどほどですが、濃い目のスープなのでこのくらいの量がほどよい感じ。
というか?このスープには白いごはんも合いそうですね(*´▽`*)

後でそんな事をご店主さんに言ったら、実は最初はサービスにしようかなと思っていたそう。
ですが、せっかくなら美味しいお米を食べてもらいたいのでいいお米にしたので有料なんです、と申し訳なさそうな顔。
いえいえ、どうせ食べるなら、私も美味しいお米食べたいです(*´▽`*)

さて、食べ始めたこの頃にはすっかりご店主さんと打ち解けた雰囲気。
おしゃべりもしつつ、チャーシューにがぶり。

おぉ!美味しい!(≧▽≦)
チャーシューは豚肩ロース、程よい厚み、ホロリと解けるしっとりとした肉感が私の好みです(*´▽`*)

さて、他はゴマ油?のいい香りがするメンマ。

程よい味付け、シャクシャクっとした食感。

薬味は粗みじん切りのネギ。


味玉は綺麗な波形に切り込みが入ってい、とろとろっとした半熟。

しっかりとしみたお出汁がうんまいです(#^.^#)

そして、終盤はご店主さんオススメの柚子胡椒で味変。

柚子の爽やかな香りと刺激が確かに合う!
お店の人の言うことにゃ~従って置くべしですね(≧▽≦)

さてさて、こちらのご店主さんは本当にとっても気さくなお人柄。
もちろん私だけでなく、他のお客さんにもニコニコ、いろいろお声がけ。
ラーメンが好き、ラーメンを作るのが好きと言った感じのご店主さんで話していてもとっても楽しかったです。

ちなみに私が好きだと思ったチャーシュー、もともと豚バラチャーシューを使っていたそう。
ただお肉は同じ部位でも脂の付き方にムラがあり、その他諸事情もあて違うものに変更してしまったそう。
なので、私の気に入りようにご店主さんはちょっと苦笑い?していました。

最後になりましたが、お話もいろいろとありがとうございました。
よーし、次はご店主さんのほれ込んだ辛味を使った辛味らー麺を。
辛味は別皿提供できるそうなので、辛味耐性ほどほどな私も挑戦したいと思います。
ごちそうさまでした~(*´▽`*)


2017年63杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキングへ

麺屋 はし本さんの食べログ店舗情報はこちら
東京都中野区新井1-25-4


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

お知らせ
ラーメンブログランキングに参加しています(^ム^)
プロフィール

もりみ

Author:もりみ
1日1ラーメン食べられたら幸せですが、周りが心配しますし体力的にも経済的にも無理なんでボチボチやってます
(*^^)v

最新記事
カテゴリ
タグ

新宿区 杉並区 小金井市 渋谷区 千代田区 中野区 武蔵野市 調布市 埼玉県 豊島区 北区 中央区 荒川区 台東区 世田谷区 練馬区 千葉県 青梅市 三鷹市 品川区 港区 立川市 ラーフェス 文京区 国分寺市 葛飾区 目黒区 神奈川県 墨田区 大田区 昭島市 江東区 チェーン店 福生市 国立市 番外編 府中市 江戸川区 まとめ 足立区 曙橋 板橋区 東大和市 西東京市 八王子市 茨城県 あきる野市 小平市 日野市 浜田山 練馬 国分寺 阿佐ヶ谷 

ラーメンブログ リンク

ラーブロ
ラーメンブログ専門リンク集「ラーブロ」に登録しました
\(-o-)/設定ってむずかし~
月別アーカイブ
FC2カウンター
訪問ありがとう~
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード