FC2ブログ

煮干そば 流。(十条)/アブラつけそば(中)

さて、ここのところ忙しかったこともありちょっとご無沙汰していた同僚とのラ部活。
そろそろラ部活しようよ~ってことで?数日前から私は同僚と昼ラーをする約束をしました。
さぁさぁー、久しぶりだしどこへ行く~?(∀`*ゞ)エヘヘ



そんな訳で?食べに行くお店を同僚と吟味。
せっかくの昼ラーですし、そろそろ終了しそうな昼の期間限定を求めてこちらのお店へ。

煮干そば 流。 にぼしそば る。
(十条・東京都北区)
2019,2,25訪問

さて、こちらのお店は最寄り駅のJR 十条駅北口・南口どちらからでも約徒歩3分ほど。
お店自体は南口側にありますが、いつも通り新宿方面から十条駅に着いた私達は北口側から向かいます。
駅を背にして右方向、線路沿いを歩き踏切を渡ってお店に到着。

お、やったね、外並びなし~( ・∇・)( ・∇・)♡

ただ到着してのはお昼のピークタイムど真ん中、チラリと覗く店内は空席なし??
まぁ、でも、こちらのお店は食券を購入してから並ぶシステムなのでとりあえず一旦店内へ。

引き戸を開けて入った所はちょっと狭い通路。
店内奥からは私達の姿に気づいた店員さんからの「いらっしゃいませー」と言うお声がけ。

とりあえずペコリと軽く会釈を返し、入口すぐの券売機へ向かいます。

…と、アレ?ない!!Σ(´∀`;)
実はこの日の同僚のお目当ては私が前回来た時に食べた2月末までの限定「春子」。

前日、まだ食べている人がいたのでまだあるかな~と思ってたのですが…どうやら終わった?(;・∀・)
券売機の周りをぐるりと再度見回してみたものの、やはり限定は終了した様子。
…ゴメーン?(*´Д`)、 (=゚ω゚)ノイエイエ

…ま、無いものは仕方がありませんよね。
でも、「煮干そば流。」さんのレギュラーメニューはかなり豊富でまだまだ食べてないメニューがいっぱい。
同僚は今までここでは限定しか食べたことがなかったので、初のレギュラーメニューを食べることにしました(∀`*ゞ)エヘヘ

さて、やはり店内は満席だったので購入した食券を持って再び外へ。
店前のイスに座ってのんびりおしゃべりしながら、ふと見上げる上空。

おぉー、あんなところに看板出ていたの初めて知りました~(*‘∀‘)(*‘∀‘)♡
「あの看板、駅からでも見えるのかなー?」なんて話をしていると食べ終わったお客さんが店内から出てきます。

そして、ほどなく店内へのご案内~\(^o^)/\(^o^)/
空いている席の前に辿り着けば、目の前に来てくれた店員さんが食券を受け取ってくれます。
その後は上着を脱いだり、カバンをカゴに入れたり。

席に着けばどちらからともなくセルフサービスのお水の準備。
うーむ、ラ部活歴もずいぶんと重ねて来たのでここら辺とっても気楽で居心地いいです!(≧▽≦)セッ!

さて、それでは完成する前にいつもの調子で周りを確認。

置いてある卓上調味料はラー油、酢、ブラックペッパー、コショウ、一味唐辛子。
うむ、本日もお変わりないようで良かったでーす('◇')ゞ

そして、ふと見上げるカウンターの上には金魚鉢?
その中には「揚げ煮干¥50」「煮干しの佃煮¥100」と書かれています。

…これ、お土産で買えるのかな~(*‘∀‘)(*‘∀‘)
煮干を佃煮にするってなかなか想像がつきませんが、煮干ラーメンのお店が作る1品だし美味しいんでしょうね~(∀`*ゞ)エヘヘ

さぁ、そんなこんなで待つこと少しまずは同僚の注文が先に完成。

煮干そば(並)750円
+ランチB(肉めし)150円

やはり、煮干そば流。さんで最初に食べるべき?レギュラーメニューはコレですよね~♡
そして、昼時だとお得に食べれる肉めしも付けるとは同僚ナイス!(≧▽≦)

さて、少し遅れて私のたのんだつけそばも完成!

アブラつけそば(中)830円
ちなみに?煮干そば流。さんにはあっさりタイプの「つけそば」もあります。
最初はそっちにしようかな~と思っていたんですが、同僚とのバランスを考えて?
お初ですけど、こってりタイプの「アブラつけそば」にしてみました!(*^-^*)エッヘン

おぉ~、それにしてもなみなみと入っているつけ汁。

表面を覆う脂の層に厚みがあるような気がします~(*‘∀‘)
ただし、脂の層があると表面は静かに見えますが、中はすっごく熱かったりするので気を付けないとね(笑)

さぁ、そしてひんやりと冷たい器にいれられた麺の方はこんな感じ。

そうそう、ちなみに「つけそば」の麺量は並170g、中250g、大350gとなっています。
…まぁ~、大盛りでも行けそうな気がしましたが、最近食べ過ぎなので節制?して中盛です!('◇')ゞ

それでは、そろそろいただきます。

まずは麺をそのままぱくり、つるりーん!!(*´▽`*)

おぉー、うんまーい(*´▽`*)♡
水でしっかりと冷たく〆てある少し緩いウェーブのかかった角中細麺。
何もつけずに食べてもほんのりと塩気があり、小麦の甘味も感じられて美味しいです(*^-^*)

さぁ、お次はもちろんつけ汁へ…めーん\(^o^)/

甘塩でうんまっ!!(≧▽≦)

ツヤツヤと輝くつけ汁の表面の脂は滑らかで、イヤミのない甘味。
アブラの層の下にはしょっぱうんまい醤油とじわーっと煮干の旨味が来ます(*^-^*)

おぅぅ~(*´▽`*)、すごく「らしい!」って味ですねー!!

それにしても、このつけ汁すごくたっぷりなので麺を入れるスペースが少ない?

レンゲを使って中を探ってみると、つけ汁の中にはたっぷりの細切りチャーシュー。

とりあえずこぼしたくないので、ガット掴んでがぶり!

おぉ!炙りが入ってて香ばしうんまい!(*´▽`*)♡
しかも、みっしりとした肉を噛めれば、じわーっと染み出てくる煮干醤油味がまたたまりません~(≧▽≦)

さぁ、つけ汁の中にはそれ以外にカリカリ食感が小気味いい平べったいメンマ。
薬味は玉ねぎみじん切り、シャキ感、ほんのり辛味がいいアクセント。

そして、細切りにしたナルトの優しい甘味に思わずニヤリ。
肉のみっしりとした食感の間に入ってくる、ナルトのふわっと柔らかい食感がなんかいいですね(*^-^*)♡

さて、しばし麺やチャーシューをそのまま食べ進めてから味変タイム。

このアブラの甘味に加える味変、ここはやっぱり一味唐辛子かな~?(∀`*ゞ)エヘヘ

つけ汁全体の味が変わり過ぎることのないよう、一味唐辛子は直接麺の方へ。
そして、そのままそっとつけ汁へ浸して、つるりーん!

ピリ辛うんまい!!(≧▽≦)
そうそう、流。さんの一味唐辛子は辛味がかなりキリっと立ったタイプ。
一瞬びっくりするけれど、サッと引く辛さがこの甘いアブラとも相性よしです(*^-^*)

さぁ、麺を食べ終えスープの中の具もほぼ食べ尽くしたら最後はスープ割りをお願い。
つけ汁の器を渡せば、あたたかなスープが足されて戻って来ます。


ごくり…。

ほっ(*´▽`*)♡
飲むために抑えられた塩味、暖かでほっとする温度に思わず顔がほころびます。
それにスープで割ってあるけれど、旨味は薄くなっている感じがしませんね~。
あ、少し麺を残しておけばラーメン風に楽しめたかも~( ̄▽ ̄)エヘヘ

そんなことを考えている横で、同僚からそろそろキラーパス?

おかげさまでランチ肉めし(ほぼ肉)+スープ割りの定食をラストに楽しむ私。
ま、こんなこともあるかな~と思っての実はアブラつけそば(中)なのでした( ̄▽ ̄)ワラ

さぁー!そんな訳でもちろん途中で味交換などもしてお腹いっぱい。
さすがにスープ割りは全部飲まずに終了です。

ごちそうさまでしたー(≧▽≦)♡
はぁー、つけそばも美味しかったな~(*´▽`*)
そして、久しぶりに同僚のおかげで味わえた「煮干そば」もうんまかった!
やはり券売機の一番左上は伊達じゃないですね(*^-^*)

煮干そば 流。さんの限定メニューは期間が長めでしかも美味しい。
ついつい限定メニューを食べてしまいがちなんですが、レギュラーメニューもいずれは全制覇したい。
よーし、次は~…(∀`*ゞ)エヘヘ


2019年29杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキング

煮干そば 流。さんの限定情報などがわかるTwitterはこちら

煮干そば 流。さんの食べログ店舗情報はこちら
東京都北区上十条1-13-2

煮干そば 流。さんで食べたブログのまとめはこちら(*´▽`*)


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)


同僚とのラーメン部会の記録まとめはこちら
スポンサーサイト

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

煮干そば 流。(十条)/【期間限定】春子+メンマめし

本日のブログは昨日に引き続き期間限定のラーメンブログ。
そのうち食べに行こうと思っていて、食べ損ねることのないよう再びこちらのお店へ行ってきましたよ(∀`*ゞ)エヘヘ


さぁ、そんな訳で今日のお昼は5日ぶりのこちら~\(^o^)/

煮干そば 流。 にぼしそば る。
(十条・東京都北区)
2019,1,31訪問

こちらのお店の場所はJR 十条駅北口・南口どちらからでも約徒歩3分。
お店自体は南口側にありますが、新宿方面から十条駅に着くと到着するのは北口側。
私はいつも通り、駅を背にして右方向の線路沿いを歩き線路を渡ってお店に到着。

お、やったね、並びなし~( ・∇・)♡

お昼のピークタイムをはずしての訪問、ばっちりのタイミング。
ただし券売機の前には食券をちょうど購入している人。
その人が食券を購入し、店内奥へ進むまでしばし待ってから入店でーす\(^o^)/

さて、引き戸を開けて中に入れば「いらっしゃいませー」のお声がけ。
数日前に来たばかりの私はなんだか気恥ずかしいですが、ぺこりと軽く会釈を返して券売機へ向かいます。

こちらの基本メニューはこあっさりタイプの煮干そば、こってりタイプの背脂煮干そば。
つけそばもあっさり、こってり、さらに辛いバージョン、その他に油そばもあってメニューは豊富。

ま、私の今日のお目当ては期間限定のコレ!!\(^o^)/

1/24~2月下旬までの昼(11:00~15:00)限定「春子」!
張り紙に書かれた「待ち遠しい春をイメージしたという味噌バターコーンラーメン」との案内。
このフレーズにとっても惹かれます~(∀`*ゞ)エヘヘ

さて、食券を購入してチラリと中を覗けば「お好きな席へどうぞー」とのお声がけ。
では~、と着席した場所は奇しくも「もやしそば」を食べた時に座ったのと同じ席。

そして、食券をお店の方に渡せば注文の確認と「紙エプロンいりますか?」とのお声がけ。
今日の服は汁はね目立ちそうなので、ここは素直にお願いします(*^-^*)

さて、ひと段落したところで、まずはセルフサービスのお水の準備。

そして、いつもの?卓上調味料の確認。

置いてあるのは、酢・ラー油・ブラックペッパー・一味唐辛子・ホワイトペッパー。
はい、前回確認忘れましたがお変わりありませんでした~('◇')ゞ

さぁーやることをやった後はラーメンの完成を待つばかり。
先客さん達のラーメンが着々と到着し、そして私のラーメンも到着~\(^o^)/

春子900円
わ~(*‘∀‘)♡、「春子」って名前がすごいぴったり。
ピンクの花型かまぼこ?とキャベツの黄緑色が春らしくてかわいいですー。

さぁ、そして嬉しいお気遣いはこの穴あきレンゲに乗ったバター。

これならすぐにバターが溶けないし、あとでコーンもしっかり浚えますね(∀`*ゞ)

春子のビジュアルにニヤニヤしているとこちらも到着。

メンマめし100円
※ランチタイム価格、通常は¥200-

さぁ、それでは食べやすい位置にそれぞれを置いて…

いっただきまーす!\(^o^)/

まずはバターを溶かす前のスープをごくり。

おぉ~、優しい味噌ぉ~(*´▽`*)♡
じんわり甘い味噌のスープはすごくほっと落ち着く優しい味わい。
そして、飲み干したスープの余韻に感じる煮干の風味がやはり、こちらならではです(*´▽`*)フフフ

さぁ次は、箸を指し入れて麺を中から引っ張り出します。
スープの中から現れた麺はエッジのしっかりとしている中細縮れ麺。

食べてみるとプリっとしていて、ほどよい弾力があって美味しい(*^-^*)
でも、その一方で先日食べた「もやしそば」とは全く違う春子さんの麺にちょっとびっくり。
いやー、こんなに色々な麺が楽しめるってホント嬉しい、ありがたい~(*´▽`*)♡

さて、そんな感じで食べ始めるうちに段々とバターがとろけてきましたよ。


それでは今度は、バターの溶けた部分を麺に絡めてがぶり。

おぉ、バターのコクがたまらーん!(≧▽≦)
バターの味を表現するならそれはやっぱり「甘い」だけど、味噌ともトウモロコシとも違う物。
強いて言葉にするなら、乳製品ならではのこのこっくりとした甘さですね~(*´▽`*)

さて、ここからは麺とスープ以外の色々もいただいて行きます。
まずはたっぷり乗ったコーンをレンゲで掬ってがぶり。

噛めば口に広がるとうもろこしの甘い水分、それが味噌のスープと一緒になって言うことなし!
うんうん、味噌ラーメンにコーンってホント合うよね~(*´▽`*)

そして、湯がいたキャベツも甘うんまい!(≧▽≦)

火が通って甘味が出たキャベツは芯は少しシャッキリ、葉の部分はふんわり柔らか。
コーンとはまた違う野菜の甘みが優しいです(*^-^*)

さて、野菜多めの春子さんですが、もちろんチャーシューも乗っています。

しかも2種類あって1つは豚肩ロース。

もう1枚は豚バラチャーシュー。

どちらも提供直前にガスバーナーで炙ってあって香ばしうんまい!(≧▽≦)

そして、ラーメンの定番トッピングメンマはシャクシャク。


そうそう、メンマご飯のメンマと同じ食感ですが味付けはちょっと違います。

ラーメンの方に乗っているのはラーメンスープを邪魔しない程よいお出汁の染みたタイプ。
一方、メンマめしのメンマはブラックペッパーとごま油?の風味が効いています。
メンマめしのメンマはおつまみにもなりそうな感じですね~( ̄▽ ̄)エヘヘ~

さぁ、春子さんのシンボル?ピンクの花型かまぼこも1枚ぱくり。

もう1枚はこの後で大事に?使おうと思います~( *´艸`)フフフ

さて、ほぼ麺を食べ終わったらスープの中に落ちているコーンを攫います。

もちろん、ここで穴あきレンゲが大活躍。

仕上げに一味唐辛子を少し降れば、コーンごはん完成~\(^o^)/

先述しましたが、春子さんは待ち遠しい春をイメージしたラーメン。
そして、これはとうもろこしの炊き込みごはんをイメージしたラーメンライスです~(*´▽`*)エヘヘ~

ま、スープの水分で食べている時の見た目はちょっとアレですが…(*‘∀‘)エヘヘ
味はラーメンを食べている時に、一味唐辛子を振れば良かったと思うほどバッチリ。
ピリっと辛い一味唐辛子と甘いコーンがよく合っていて美味しかったです。

さて、最後はすっかりバターの溶けきったスープをごくり、ごくり。

味噌バターが甘くてうんまい~((* ´艸`))♡

でも、名残り惜しいけど~、春子さんとメンマめし両方を食べたのでお腹いっぱい。
これ以上はもう入らない~と言うことで、この辺で終了です。

はー、ごちそうさまでしたー(≧▽≦)
春子さん、名前のイメージにぴったりの優しい味噌バターラーメンでした~。
そして、脇役といえばそうなんですが添えてあったキャベツが甘くて春を感じる味でした。

いやー、寒いのは嫌だけど、こんなじんわり優しい味噌ラーメンが美味しいと感じるのは冬ならでは。
そんな昼11:00~15:00まで、期間限定の「春子」さんは2月下旬まで。
1日大体40杯くらいの提供みたいですが、気になる方はぜひどうぞ。
思い立ったが吉日ですよー!って、期間長いな~と思ってよく私食べ損ねちゃったりするんですけどね(∀`*ゞ)エヘヘ


2019年15杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキングへ

煮干そば 流。さんの限定情報などがわかるTwitterはこちら

煮干そば 流。さんの食べログ店舗情報はこちら
東京都北区上十条1-13-2

煮干そば 流。さんで食べたブログのまとめはこちら(*´▽`*)


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

煮干そば 流。さんで食べたブログのまとめ(*^-^*)

「煮干そば 流。」さんで食べたブログ一覧↓

2019年
2019,2,25  アブラつけそば(中)…と、久しぶりのラ部活!(*´▽`*)
2019, 1,31 【期間限定】春子(味噌バターコーンラーメン)+メンマめし
2019, 1,26 【期間限定】流。のもやしそば2019+ビール

2018年
2018 ,9,20 油そば(並)+生玉子+メンマめし
2018, 9,14 【期間限定】煮干スワロー2018+生卵
2018, 6,11 【期間限定】大井町ネオン街ブルース+ランチ肉めし
2018, 2, 9 【昼の期間限定】ジオラマ(鹽・辣・麻)+肉めし
2018, 1,25 【期間限定】流。のもやしそば2018+味玉

2017年
2017,12, 7 【期間限定】煮干スワロー2017+味玉
2017,11,13 【3周年記念ワンコインキャンペーン】アブラ煮干そば+味玉
2017, 5,15 【期間限定】カレーなアブラ煮干しそば+チーズ+肉めし
2017, 1,19 【期間限定】流。のもやしそば2017

2016年
2016,11, 2 【期間限定】煮干スワロー(2回目)+味玉
2016,10,21 【期間限定】煮干スワロー+味玉

2015年
2015,9,14 味玉煮干そば


煮干そば流。さんで私が食べたレギュラーメニューの写真↓

味玉煮干そば


アブラ煮干そば+味玉


油そば(並)


煮干そば 流。さんの限定情報などがわかるTwitterはこちら

煮干そば 流。さんの食べログ店舗情報はこちら
東京都北区上十条1-13-2


ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキング


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

煮干そば 流。(十条)/油そば(並)+生玉子+メンマめし

さて、この日の私は同僚と急遽ラ部活~\(^o^)/
同僚から約1週間前に私が食べていた限定が食べてみたいというリクエスト。
そんな訳で、そちらのお店へ一緒に行ってきました!


そのお店がこちら!(≧▽≦)

煮干そば 流。 にぼしそば る。
(十条・東京都北区)
2018,9,20訪問

こちらのお店は店名からもわかる通り、煮干しを使ったラーメンが食べられるお店。
1ヶ月弱くらいで入れ替わる期間限定のラーメンも人気で、この期間に食べられたのは「煮干スワロー」。

いわゆる煮干スープに背脂の乗った新潟燕三条系のラーメン。
毎年、私もとっても楽しみにしている1杯でもあります(∀`*ゞ)エヘヘ

ちなみに余談ですが、私の勝手なラーメン食べ歩きルール?
栄養バランス?が偏らないよう、同じお店に行くのは1ヵ月以上開けるというのがあったりして。
まー、でも、ここは同僚のリクエストとあっちゃ簡単に目をつぶってしまうのです。
そんな訳で、煮干しスワローは同僚のを味見さてもらうことにして、別のメニューを食べたいと思います!( ̄▽ ̄)エヘヘ

さぁー、余談が長くなりましたが、同僚と2人お店の最寄り駅のJR十条駅に昼12時過ぎに到着。
ちょうど自分が着いたホーム側、北口から線路沿いをぐるっとまわってお店へ。
店前には並びが出来ていましたが、こちらのお店は食券を購入してから並ぶシステムなので一旦店内へ入ります!('◇')ゞ

さて、扉を開けて中に入れば、通路奥に見える客席の方から「いらっしゃいませー」のお声がけ。
その声にぺこりと軽く会釈、そして通路にある券売機へ向き直ります。

こちらの基本メニューはあっさりタイプの煮干そば、こってりタイプの背脂煮干そば。
その他にも油そば、つけそばは普通バージョンと辛いバージョンもあってメニュー豊富。

そして、券売機の上には麺量のご案内。

ラーメンだけ少量と言う設定があり、小さい順に少量120g、並170g、大250g。
つけ麺と油そばは小さい方から170g→250g→350gの設定。
ただし、よく見てみると盛りの名前はつけ麺は並・中・大。
油そばは並・大・特大という名称になっているんですね(*‘∀‘)ナンンノチガイダロウ~?

ま、でも大事なことはお腹のサイズにあった麺量選び。
そんな訳で、私のチョイスはこちら~\(^o^)/

ずっと食べようと思いつつ限定の誘惑に負けて食べそびれていた「油そば(並)」+生卵。
ちなみに?サイズを並にしたのは、ランチごはんを食べたかったからでーす(*´▽`*)エヘヘ

さて、それでは購入した食券を持って再び外へ。
少しして食べ終わったお客さんが出ていき、テーブルの上などが片付いた時点で店内へのご案内。

そして、着席~\(^o^)/\(^o^)/
席に着いたらまずはセルフサービスのお水を自然な流れで準備。
チラリと目で確認する卓上調味料は変わらず酢、ラー油、ブラックペッパー、ホワイトペッパー、一味唐辛子。

カウンター上にある追加注文の案内もチェック!


そして、油そばの食べ方指南!!(≧▽≦)
やっとこの案内を私も使う日が来ましたよー(笑)

ふむむふ、混ぜる→食べる→味変ですね。
こういうご案内を見ると初めて油そばを食べた時の事を思い出して思わずふふふ(*´▽`*)
スープがないラーメンなんてって初めはびっくりしましたが、今じゃすっかり食べこなしている気さえします。

そんなことを考えているとまずはこちらが登着。

生玉子50円
(ΦωΦ)フフフ…、油そばの麺をほぐした生卵に絡めて食べるの好きなんですよ~。

思わずにんまりしたところで、油そばも完成!

油そば(並)700円
お、メンマ、ネギ、玉ねぎ、三つ葉、中央にはナルト。

おぉ~、炙りの入ったチャーシューが美味しそうです~(*´▽`*)


しかも!!びっくり嬉しいスープ付き~\(^o^)/

おかげさまでテーブルの上がぎゅうぎゅう詰め。

しかも!しかも!私、ランチライスのメンマめしも頼んでいたので…

結果的にこうなりました!!(≧▽≦)ワッハ♡

ちなみに?今日は同僚が肉めしをオーダーしていました。
なので、違う味の方がいいかな~と思って初めてメンマめしを注文してみました( ̄▽ ̄)ハハハ

メンマめし100円
※ランチタイムサービス、通常¥200円

いやー、それにしてもどこから食べようか迷っちゃうな~。
ま、でも、冷めないうちにいただきまーす\(^o^)/♡

まずは麺をそのままがぶり、めーん!

うんまーい(*´▽`*)♡
ほかほか、麺はつるりと滑らかな中細の縮れ麺。

底に溜まった煮干の味の醤油ダレがシンプルでほっと落ち着く味わい。

油そばだけれど油の重たい感じはなくて、割とあっさりと食べれてしまいそう。
メンマめしを付けたので並盛にしたけれど、これじゃもしかしたら物足りないかもー(*´ω`)

焦って麺をがっつかないよう、ここでランチのメンマめしにも手を出します。

食感が小気味いいシャクシャクメンマ。
味付けはブラックペッパーとごま油で辛味のパンチとコクがたっぷり(*^-^*)
そして、メンマがたっぷり乗っているから、全然ごはんにたどり着けない~、と嬉しい悲鳴(笑)

しかも、油そば付属のスープを一緒にいただけば、ちょっとしたミニ定食だね(∀`*ゞ)エヘヘ

あ、そうそう、スープは中華そばのスープかな?あっさりうんまい、煮干の醤油スープでした(*^-^*)

さぁー、ここから先は本格的にいただきます。

ざっくり混ぜ合わせた麺をよーくまぜまぜ\(^o^)/

ほぐした生玉子の器へどーん!!\(^o^)/

つけ玉うんめー♡(≧▽≦)
ただ生玉子1個に対して並盛の麺だと量が少ないかも~(∀`*ゞ)エヘヘ

さて、食べ進めていると麺の中かお宝のチャーシューが出てきましたよ。

噛みしめると「にくー!!」って旨味が口の中にじわーっ。
程よく付けた炙りの香ばしさが、油そばのオイル感あるタレといいコントラストになっています。

さぁー、それではそろそろ食べ方案内に従ってお酢をたらーり、1周半。

ぱくり、おぉ、さっぱりうんまい~(^o^)
お酢前だって美味しく食べていたけれど、やっぱり途中でプラスするお酢は格別。
舌の味覚をリセット?してくれるから、もっと食べたいと思ってしまいます。

そして、お次はもう1つのおススメラー油。

ラー油は適用、半周をそろーっ回しかけてからがぶり。
うん、先にお酢をかけてあったのものあって、ほんのりピリ辛で美味しいです~(*^-^*)

さて、まだスープがあるのでこんな食べ方はどうだとつけ麺風。

ちょっとスープが冷めてしまっていたけど、これはこれであっさり美味しい中華そば。

そして、最後の最後は器に残った玉ねぎやちょっとした具をご飯の上へ。

メンマ卵かけごはん完成~(≧▽≦)エッヘン
見た目的にはアレなんですが(笑)、ちょっと残った生玉子の卵液も掛けちゃっいました。

ここから先は、一心不乱に掻っ込む!掻っ込む!
そして…

むはー、ごちそうさまでした~(*´▽`*)♡
いやー、流。さんの油そば、スープ付きだから色々楽しめていいな~♡
食い意地の張った私、あれやこれやと色々試して大満喫しました~。

ところで余談ですが気が付きました?なんだかお皿の数が多いこと(笑)。
実は同僚が頼んだ肉めしも最終的には私の胃袋に収まりました(∀`*ゞ)エヘヘ

さぁー、そんな同僚が頼んだセットがこちら。

煮干しスワロー880円
煮干スワローについてのくわしいブログはこちらをどうぞ。

そして、ボリューム満点で美味しい肉めしがこちら。

肉めし150円
※ランチタイムサービス、通常¥250円
香ばしくて色々な部位のお肉が食べられる肉めしはランチタイムだと150円でとってもお得。
同僚が頼んでみたかったって気持ちはよくわかります(∀`*ゞ)エヘヘ

ただ元々、煮干そば 流。さんのラーメンは並のラーメンの麺量が170g。
通常のラーメン屋さんで並盛は150g前後のお店が多いと思うので、ちょっと麺量は多めな設定。
人並み?胃袋の同僚には多いんじゃないかな~と実は心配していましたが、どうやら食べ切れなかったら私にお願いしよーって最初から思っていたらしいです(≧▽≦)

ま、そんな訳で?同僚の肉めしも食べてパツンパツンのまんぷくはっぴー!
今日はちょっぴり食べ過ぎだったけど、同僚も喜んでくれたし幸せでしたー(〃'∇'〃)ゝエヘ


2018年187杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキングへ

煮干そば 流。さんの限定情報などがわかるTwitterはこちら

煮干そば 流。さんの食べログ店舗情報はこちら
東京都北区上十条1-13-2

煮干そば 流。さんで食べたブログのまとめはこちら(*´▽`*)


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)


同僚とのラーメン部会の記録まとめはこちら

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

自家製麺 鶏八朗(十条)/【期間商品】つけ朗 ふつう(野菜増し・魚粉・背脂・ねぎ)+とり増し1ヶ

さて、この日の私はハラペコだ~(∩´∀`)∩
お腹いっぱい食べたいぞー!!


さぁ、そんな訳でそれならココ!と思い付いたのがこちらのお店。

自家製麺 鶏八朗じかせいめん とりはちろう
(十条・東京都北区)
2018,9,7訪問

こちらのお店の場所はJR十条駅南口より徒歩約1分。
改札を出たら右方向、大きめの通りへ出たら駅を背にしてまっすぐ歩ける道の左手側。

そうそう、鶏八朗さんへ行く前にはお店のTwitterをチェックするのも忘れずに!
実はこちらのお店ただいま従業員さん不足なこともあり、場合によっては臨時休業することも。

ちなみに基本的なこちらのお店の定休日は基本的に木・日曜日。
営業時間は平日は11:30~15:00/18:00~20:00、土曜・祝日は11:30~16:00。

それから、約1週間おきに変わる限定メニューの案内もお店のTwitterにてされています。
なので訪問前のTwitterのチェックは必須ですよー(∀`*ゞ)エヘヘ

さぁー、それではお出かけ前のTwitterチェック!
よしよし、今日は営業しているな~(∀`*ゞ)エヘヘ
そして、この時の限定メニューはレギュラーのとり朗をつけ麺にした準「つけ朗」が提供中。
よーし!今日はこの「つけ朗」を食べよう~\(^o^)/

さて、決意硬くお店に到着したのはお昼のピークタイムを少し外した頃。
まずは店内に入る前に、お店正面のガラスに掲示されたメニューなどをチェック。

こちらがこちらのお店のレギュラーメニューである「とり朗」。
※初訪問の時はもちろんこれを頂きました、その時のブログはこちら。

そして、この時の期間限定メニューの「つけ朗」。

お、無料トッピングもできるのか~(*‘∀‘)
限定は基本的に無料トッピングなしだと思っていたので、ガッツリ食べたい今日の私には嬉しい限りです(*^-^*)

ちなみに、ここでお願いできる無料トッピングはこんな感じ。

お、無料トッピングの種類が増えてる。
「濃いめ」と「ねぎ」は以前は書いてなかったな~(*‘∀‘)♡

さて、それでは見るもの見た所で店内へ。
いらっしゃいませーというご店主さんと助手さんは、以前と変わらぬ優し気な笑顔。
思わず私もにっこりしながら、ぺこりと軽く会釈を返してから券売機の方へ(*´ω`)

券売機は店内入って左側角。


そして、券売機上には学生さんに嬉しいお知らせ。

いいな~(*´з`)、学生時代にこういうお店が近くにあればよかったな~。

さてさて、券売機のメニューの1番上はいつも通り「とり朗」のラインナップがずらり。
左から「ふつう150g」「中盛200g」「大盛300g」「ミニ100g」の麺量違いで並んでいます。

そして、お目当ての「つけ朗」はその下の段、麺量は「ふつう200g」「大盛300g」の2種類。
無料トッピングもできるから、今日は麺量はふつうにしておきます( ̄▽ ̄)

それでは購入した食券を持って空いているカウンター席へ移動。
席に着く途中、券売機と対称の位置にある角地でセルフサービスのお水を準備。

ちなみにここには割り箸、紙エプロン、テーブルの下にはゴミ箱などが完備。
おしぼりはカウンターテーブル、短い辺の方の角に置いてあるのでそれもゲット!

よし、スマートに?着席~\(^o^)/♡

あ、よく見るとおしぼりの袋に「おもてなし」って書いてあるんですね(*´▽`*)

そうそう、余談ですけど?鶏八朗さんの店内は空調がしっかり効いています。
その為、おしぼりの入っているビニールの袋を放置していると飛ばされてしまいますので気を付けて下さいね。
食べている入のどんぶりの中に入ったりしたら事なので~(^▽^;)

さて、食券をカウンターの上に置いて少ししたところで受取り。
にっこり笑顔の助手さんが、今日はこのタイミングで無料トッピングを聞いてくれました。

それでは~…としっかり上を見ながら「野菜増し・魚粉・背脂、お願いします(*^-^*)」と私。
すると助手さんが「ねぎは大丈夫ですか?」とお声がけ。
「あ、じゃ、ねぎもお願いしますー(*´▽`*)♡」

そんなほんわかとしたやり取りを終えた後、いつもの卓上調味料のチェック。

置いてあるのは七味唐辛子、一味唐辛子、テーブルコショウ。

そうそう、ちなみに?こちらのお店では無料トッピングのニンニク・魚粉は調味料入れに入っての提供。
以前来た時、生ニンニクがあまり食べれない私でもあれならちょっとだけ使えていいな~と思ったんですよね(∀`*ゞ)エヘヘ
それから、つけ麺には特別に「昆布酢」も味変用にと出してもらえます。

さぁー、店内はオーダーごとに焼いてくれるトッピングの鶏を焼く音がジュー!!
鶏の焼ける匂いとほんのりニンニクの香りがたまりません~(≧▽≦)♡

まだかな、まだかな~と待つことしばし、「お待たせしました」のお声がけがあってこちらが到着。

あれ??Σ(´∀`;)
つけ麺じゃなくてラーメンの方が来ちゃった???

あらら、と思っていたのもつかの間、すぐに麺が登場。

おぉぉっ!!Σ(´∀`;)

なんとびっくり、つけ汁の器がとり朗(ラーメン)の入っている丼。

調子に乗って盛りだくさんにしたので、ちょっとびっくりのサイズ感です~(笑)

ちなみに横に並べて見てみるとこんな感じ(∀`*ゞ)エヘヘ

つけ朗(ふつう)750円
+とり増し1ヶ 80円
無料トッピング: 野菜増し・魚粉・背脂・ねぎ

どう見ても麺の量に対してつけ汁のサイズが…( ̄▽ ̄)ハハハ~♡

ま、でも、今日の私の希望を叶える1杯だってことは間違いありません!
それでは、早速いただきまーす ٩(ˊᗜˋ*)و

まずは麺だけ、ちゅるりーん( *´艸`)

うんま!(≧▽≦)
麺は黄身がかった平打ちのストレート麺、つるりと滑らかなな麺肌が舌の上を撫で上げます。
麺だけで食べると小麦の優しい甘味を感じられて美味しいです。

さて、お次はのっけものの「とり」を1枚、焼き立てのうちにがぶり。

うんまい!!(≧▽≦)♡♡♡
その都度焼いてくれる鶏もも肉は外がカリっと中はジューシー。
焼いている油にニンニクが効かせてあるのか、ニンニクの風味がほんのり効いていてたまらん美味しさです。
ちなみに、とりの追加トッピングのお値段は1つ80円というのも魅力的なんですよね~(≧▽≦)♡

さぁ、それではそろそろ麺をつけ汁にいれて食べましょう。
…と、その前につけ汁をちょっとだけ味見、ごくり。

おぉ、さすがにしょっぺ~( ̄▽ ̄)ワラ♡
なるほど納得、つけ汁はとり朗とほぼ同じ味ですがつけ麺様なのでしょっぱめな仕様。
鶏清湯のスープにキリっと効かせた塩ダレ、そして魚粉の風味がいいアクセントです。

さぁ、それではそろそろ麺をつけ汁へ~

…あれ(・∀・)
あははは、つけ汁の器の中は野菜や肉がいっぱいに詰まっていて麺が入る場所がありませんー(≧▽≦)

ここはちょっと頑張って?少しつけ汁の中に隙間を作ります。
まずはほかほか、シャキシャキのもやしにがぶり!

もやっし!(*´▽`*)♡

そして、野菜は程よく湯がかれた食べ応えもあるキャベツ。

もやしも好きだけど、こちらの野菜はキャベツの割合がけっこう多くてなんか嬉しい(≧▽≦)

そうそう、ちなみにもやしの上にはチャチャっと背脂。

ちょっと写真だと分かりづらいのですが、ここは食べながらスープに沈めてコクをさらにプラス。

さぁ、ゴロゴロと入ってるサイコロ状の鶏肉もたっぷり。

これまた香ばしくって、ちょうどよく塩清湯のスープを含んでうんまい!( *´艸`)
これをご飯に乗せて食べても合うだろうな~、こちらのお店にご飯メニューがないのがザンネンです。
ま、盛りだくさんでオーダーしたから、これ以上ごはんは付けられないでしょうけど~(∀`*ゞ)エヘヘ

さてさて、こんな感じで食べ進め、つけ汁の器の中をまるで書道の硯のようにしたぞ~\(^o^)/

ここまで来れば、つけ麺として食べれますね(*^-^*)

さぁー、それでは今度こそつけ朗をしっかといただきまーす\(^o^)/
麺をつけダレの中へ、ざぶーん、がぶり、ちゅるりーん。

うんまーい(*´▽`*)♡
ほぼシャバっとしたつけダレですがコクは香油と背脂でほどよく。
ベースの鶏清湯はちょっと塩気の強いタイプですが、麺肌がつるつるなのでちょうどいいスープ上り。

麺量として200gだとあっという間に麺だけがなくなってしまいそうだな~。
そんな訳で?たっぷり入った野菜やゴロチャー、麺を交互に食べ進めてちゅるりん、ちゅるりん(*´ω`)

あ、沈めておいたもう一枚の「とり」もも肉発見~\(^o^)/

すっかりカリっとした外側部分はスープを吸ってしっとり、コクがさらにアップ。
齧り付けば口の中にスープと鶏の旨味が広がって美味しいです~(*´▽`*)

そう言えば、使うの忘れていたつけ朗専用の味変アイテム「昆布酢」。
せっかくなので、すこーし麺の上へたらーり、ぼしゃーん、がぶり、ちゅりーん(*´ω`)

おぉ、まろやか昆布酢いいね~(*´▽`*)♡
酢の単体ではすっぱいのだろうけど、スープと合わせると塩味が少し抑えられすっきりとした味わいに変化。
掛け過ぎはよくないけれど、元の味に小慣れてきた舌にはとってもいい刺激です。

さぁさぁ、気が付いたら外に行列ができてきて焦る、焦る。
でも、頼んだものは綺麗に食べたい私は、レンゲを使ってつけダレの中身を少し残しておいた最後の麺の上へ。
これはもう、つけ麺と言うよりはまぜそばスタイル?(∀`*ゞ)エヘヘ
だけど、こうやって食べれば綺麗に具を食べ切れますよね。

さぁ、ラストスパートは唐辛子、再び昆布酢を少しかけてガツガツ!

ちなみに?スープ割りもあるかもしれません
ですが、さすがにお腹いっぱい過ぎてそこまでいただけそうにないので、今日はこの辺で終了です。

ぷはー、ごちそうさまでしたー( ´ ▽ ` )♡♡♡
いやー、久しぶりに鶏八朗さんに来たけど大満足のまんぷくはっぴー。
私の望み通りのボリューム満点で美味しい1杯だったな~。

さて!それでは並んでいる人もいるので食べ終わったら器をカウンターの上へ。
そして、ごちそうさまと挨拶をすれば、店主さんと助手さんはニコニコといつもの笑顔で声「ありがとうございました、またどうぞー」とお声がけ。
その声に心の中こっそりですが「もちろん(≧▽≦)」と言わずにはいられませんでした。


2018年177杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキングへ

自家製麺 鶏八朗さんの営業や限定が分かるのTwitterはこちら~\(^o^)/

自家製麵 鶏八朗さんの食べログ店舗情報はこちら
東京都北区上十条1-19-7

【期間商品】ジンジャ朗を食べた時のブログはこちら
とり朗+とり増し1ケ(野菜・アブラ・魚粉)を食べた時のブログはこちら


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

お知らせ
ラーメンブログランキングに参加しています(^ム^)
人気ブログランキング
プロフィール

もりみ

Author:もりみ
1日1ラーメン食べられたら幸せですが、周りが心配しますし体力的にも経済的にも無理なんでボチボチやってます
(*^^)v

最新記事
カテゴリ
タグ

新宿区 杉並区 小金井市 千代田区 武蔵野市 中野区 渋谷区 豊島区 北区 練馬区 番外編 調布市 千葉県 埼玉県 中央区 荒川区 台東区 世田谷区 三鷹市 ラー飲み ラーフェス 神奈川県 国分寺市 港区 葛飾区 青梅市 目黒区 文京区 うどん 江東区 立川市 品川区 足立区 昭島市 墨田区 板橋区 茨城県 カップ麺 大田区 町中華 国立市 江戸川区 チェーン店 国分寺 福生市 自宅麺 府中市 町田市 曙橋 東大和市 閉店 西東京市 小平市 八王子市 宮城県 多摩市 浜田山 広島県 阿佐ヶ谷 長野県 日本蕎麦 日野市 あきる野市 蕎麦 福島県 練馬 コラボ 

ラーメンブログ リンク

ラーブロ
ラーメンブログ専門リンク集「ラーブロ」に登録しました
\(-o-)/設定ってむずかし~
月別アーカイブ
FC2カウンター
訪問ありがとう~
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード