FC2ブログ

煮干そば 流。(十条)/【期間限定】ラッサムダイブ(中盛)

さて、本日は後数日で終わってしまう期間限定の1杯のブログ。
その限定が始まってから気にはなっていたのですが、限定数の少なさ
そのメニュー名から「辛いのかなー?」とちょっと二の足を踏んでいたのです。



が!!ここに来て同僚が一人偵察?辛くないですよーとの報告。
そして、限定数もちょっと増えて1日50食になったのをいいことに食べに行ってきました(∀`*ゞ)エヘヘ

さぁー!そんな訳で?行ってきたのがこちらのお店。

煮干そば 流。 にぼしそば る。
(十条・東京都北区)
2019,8,8訪問

さて、こちらのお店は最寄り駅のJR 十条駅北口・南口どちらからでも約徒歩3分ほど。
お店自体は南口側にありますが、新宿方面から十条駅に着いた私は北口側からお店へ。
駅を背にして右方向、線路沿いを歩き踏切を渡れば目の前は「十条中央商店街」。

ですが!!煮干そば流。さんはこの通りに入らず右真横の線路沿いです!
すっかり慣れた私は「らっ」という間に線路横の細い路地に吸い込まれまーす(*´▽`*)エヘヘ

並んでいないといいな~と思いながら到着した店前は残念ながら数名の人。
とりあえずこちらのお店は食券を購入してから並ぶシステムなので一旦店内へ。

こうして中に入れば「いらっしゃいませー」と店内奥からお声がけ。
こちらは入口から客席までが少し距離のある造り、覗き込むようにして軽く会釈。
それから入口すぐにある券売機に向かいます。

こちらの基本メニューはこあっさりタイプの煮干そば、こってりタイプの背脂煮干そば。
その他にも油そば、つけそばは普通バージョンと辛いバージョンがあってかなりメニューは豊富。

ちなみに限定メニューのボタンはいつも券売機の下の段。
そして、ただいま提供中の限定メニューと言うのがこちら!

煮干つけそば「ラッサムダイブ」。
解説によれば南インド料理のスープ「ラッサム」に煮干を合わせたつけそば。
麺量は並盛200g、中盛300g(+¥100)、大盛400g(+¥150)。
どうやらレギュラーメニューのつけそばとは麺量が違うみたいですね。

ちなみにレギュラーメニューの麺量は券売機の左上に案内あり。

ラーメン類は小さい順に少盛120g、並170g、大250g。
つけ麺と油そばは170g→250g→350g。
ただし、麺量の呼び方はつけ麺は並・中・大、油そばは並・大・特大という名称になっています!('◇')ゞ

さて、余談が長くなりましたが無事に数量限定の「ラッサムダイブ」の食券を購入。
そして、購入した食券をもって再び外へ。

外待ち用のイスがあるのでそこでしばしの間待機します(*´Д`)アヅ~

こうして待つこと少し中から出てきた店員さんが「暑いのでどうぞー」とお水の入ったコップを渡してくれます。

わー、ありがとうございますー(*´▽`*)
さぁ、そして、ここで食券の受け渡し、すると「パクチー入りますが大丈夫ですか?」との確認。
「はい」と返事をしてから「あ、そうだ!」と、中盛にしたい私は現金で100円をお店の方にお渡し。

いやー、並盛200gじゃあ足りませんよね~(∀`*ゞ)エヘヘ
ちなみにランチめしを付けるのもいいかな~と思いましたが、せっかくの限定。
ここは思いっきり麺の方で楽しみたいと思います!!('◇')ゞ

さて、いただいたお水を飲みながら待つことしばし、店内へのご案内。
荷物を荷物カゴへ入れ、外から持って来たお水にお水を注いでほっと一息。
あれ?そう言えばイスが変わった??(・∀・)

ま、でも置いてある卓上調味料はラー油、酢、ブラックペッパー、コショウ、一味唐辛子。
本日もお変わりないようでーす\(^o^)/

さてさて、外待ちの場所はタイミング的に日陰、お水もいただいていたけどやっぱり暑かったな~。
そんな訳でしばし冷たいお水を少しずつ飲みながらクールダウン。
席に着いた時にいただいた不織布エプロンを装着して準備も万端。

そして、ようやく身体が落ち着いて来た頃、つけ汁が到着。

おぉ~、いい香り~(*´▽`*)

そして、麺もほぼ同時に到着。


2つを横に並べて完成でーす\(^o^)/

煮干つけそば ラッサムダイブ900円
+中盛100円

おー、麺とつけ汁の器のサイズがほぼ同じですねー(*‘∀‘)

さて、それでは早速いただきます。

まずはそのままめーん!\(^o^)/

緩いウェーブのかかった中太麺をぱくり、ちゅるりーん。
小麦、甘うまっ!!(*´▽`*)♡
この限定のために作った自家製麺はつるつるとした麺肌、もっちりとした食感。
噛みしめると小麦の甘味とほんのり塩気が感じられてそのままでも美味しい。
そして、水でしめてはあるけれど温感的にはそこまで冷たい感じではありません。

…なんかこの麺の感じ何かを思い出すな~(´-`).。oO

そんなことを考えながら、お次はつけ汁へ~…ダイブ!\(^o^)/

…あ、沈まない(笑)

では、箸を使って麺をちょっとつけ汁の中を泳がせてからぱくり、ちゅるりーん!

あ、甘酢っぱスパイシ~!(*‘∀‘)♡
シャバっとしたつけ汁からはスパイス由来のちょっとオリエンタルな香り。
そして酸味とパンチのある辛さ、程よい塩加減でなんだかとってもクセになります~(*´Д`)♡

ちなみに?もちろん私今までに「ラッサム」という料理を知りませんでした。
で、後調べしたところ「ラッサム」は南インドでは日常的に飲まれているスープのひとつ。
トマト、タマリンドなどを使い、黒胡椒やニンニクで味付けして煮たもので辛味と酸味が強いのが特徴とのこと。

ただ、このラッサムダイブのつけ汁は何か知っているような味わい。
これはやっぱり、煮干そば流。さんの煮干スープがベースにあるからなんでしょうね~(∀`*ゞ)エヘヘ

さぁ、そんな訳で麺を味わいつつ、その合間につけ汁をスープのようにして楽しむのも最高!
酢っぱ辛ウマ~(≧▽≦)♡
あ、ちなみにこの辛味は唐辛子じゃなくブラックペッパー由来なので辛さのタイプがちょっと違う。
ビリビリッというより、ビシビシっ??なんかパンチ力がありますねー(∀`*ゞ)エヘヘ

さて、そんなつけ汁の中には細切りのチャーシュー。

みっしり赤身とやわらかい脂身が程よく混ざったあっさり味。
一緒に口に入るスープがまたいい感じ。

そして、平べったいメンマは柔かくシャクシャク食感。

スープを邪魔しない淡い味付けで麺との食感の違いがメインの役割なのでしょう~(*^-^*)

その他、ネギとパクチーが入っていてレンゲ掬えばこの通り。

わさっとたっぷり入っていて、なるほどー麺が沈まないはずです~(≧▽≦)♡
…そして、ここで何かをモヤモヤ思い出していた私の頭にアレが浮かびます。

あ!!これ○長だ~(゜o゜)
この甘酸っぱしょっぱなつけ汁、パンチのある辛さ。
つけ汁の中にぎゅぎゅうに詰まっているチャーシュー。
あのつけそばのつけ汁にオリエンタルなスパイスとパクチーを入れたらこうなるかも!
そして、だからこの味が何だか知っている味に感じたのかもしれませんね~(∀`*ゞ)エヘヘ

さぁー、もやもやが晴れてすっきりする頃にはスパイスの辛さで唇ぼわわーん。

ここはお酢をちょっと麺に垂らしてマイルドに。

ズバババ~、ちゅるりーん!

爽やか、うんまい!(≧▽≦)
ここにお酢を足してもただ酸っぱさが強くなるだけかと思いきや、お酢の香りで華やぎます。
しかも、お酢の酸味がスープと一緒になると甘味に変わり辛さが和らぎますね~(*^-^*)

さて、麺をほぼ食べ終えるころでもまだある具。

ここは器のフチを使って口の中に掻き込む!

綺麗にネギも攫う~(≧▽≦)♡

…と、横の席を片付けに来たお店の方。
あ、聞くなら今だと思い「すいません、スープ割りってあるんですか?」とお伺い。
すると「出来ますよー、スープ割りしますか?」と流れるようなご案内。
あ、はい、よろしくお願いします~(∀`*ゞ)エヘヘ

さぁー、そんな訳でスープ割り到着。


ではでは、まずはレンゲで掬って上品に?ごくり。

ほっ。(*´▽`*)♡
食べ終わる頃にはすっかり温度の下がっていたつけ汁、アツアツのスープが足されてしっかりあったか。
ラッサム感?の象徴だった部分やすっかりやわらぎましたが辛味も抑えられて飲みやすい。

そして、透明度が上がったスープの中から見つけたコレ。

さっきから、これが口に入ってくると甘酸っぱくて美味しんだよね~(*´▽`*)
この時は「なつめ」みたいなものだな~と思っていたんですけど、多分これが「タマリンド」なんでしょうね。

さぁーて、スープ割りがかなりたっぷりあったので飲み切れないかな~。
そう思っていたのですが、ステンレスのレンゲが小さいので途中からは丼を両手で持ってぐびぐび。
ただしスパイスは辛いのでくるくるとスープを器の中で回して上澄みを気が済む所まで。

そして、もうこれ以上は~…って所で終了です。

むは~、ごちそうさまでしたー(*´▽`*)♡
ラッサムダイブ、めっちゃ美味しかった~(≧▽≦)
同僚が先に食べて「辛くない」と教えてくれなかったら、食べ逃すところだった。
教えてくれてありがとう、でも、もっと早く食べに行ってくれたらもう1回食べに行けたのにー(笑)

残すところ今日を入れて後3日、多分もう1度行くタイミングはなさそうです。
ま、でも、この限定またやって欲しいな~と思う反面。
この味がどうしても食べたくなったら丸○さんへつけそば食べに行こうと思います( ̄▽ ̄)エヘヘ

そして、余談?スープ割りを満喫した私が言うのもなんですがスープ割りはしないでもいいかも。
その代わり、この残りスープにやっぱごはん!入れたいかな~(∀`*ゞ)エヘヘ

ただ…悩む…麺は中盛にしたい!
その上にごはん追加は絶対にハラはち切れる~(≧◇≦)ウゥ~、ジレンマ~。


2019年141杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキング

煮干そば 流。さんの限定情報などがわかるTwitterはこちら

煮干そば 流。さんの食べログ店舗情報はこちら
東京都北区上十条1-13-2

煮干そば 流。さんで食べたブログのまとめはこちら(*´▽`*)


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)
スポンサーサイト



テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

かいらく(王子)/もやしわんたんめん+ミニチャーシュー炊き込みごはん…そしておまけ(〃▽〃)ポッ

さて、自分の中で最近ちょっとした町中華ブーム。
そんな話をしていたら、友達が「町中華飲みも楽しいよ~」と、のこと。
ほぉほぉ、それもなかなかオツですな~( ̄▽ ̄)



さぁ、そんな訳で?2つあった候補のお店から選び、訪問したのがこちらのお店。

かいらく
(王子・東京都北区)
2019,4,13訪問

こちらのお店、創業昭和10年の老舗ラーメン店。
お店の外観は新しく見えますが、店内に入ればノスタルジックで落ち着いた雰囲気。
店内は新聞片手にラーメンを待つおじさんなどを筆頭に地元の人達で賑わっています(*^-^*)

さて、そんなこちらのお店の最寄り駅はJR京浜東北線・東京メトロ南北線の王子駅。

駅の北口側に出たら左方向、大通りの「北本通り」の右側をしばし北上。
道向こうに「王子病院」が見えて来たら、その先の脇道を右に入り少し歩けばお店が入っている建物。

…ちなみにこの日の私は東京メトロ南北線で王子駅に到着。
4番出口から出ればそこからは徒歩約4分なのですが、出口を間違え駅前ウロウロ…(;´д`)トホホ
結局、この辺りの土地勘がある友達に迎えに来てもらってお店に連れて行ってもらいました。

ま、そんなこともありましたが、とりあえず入店でーす!( `ー´)ノ

昼営業もそろそろ終了という時間帯、それでもほどよい客入りの店内。
「いらっしゃいませー」というお声がけも程よいトーンで落ち着いた雰囲気です(*^-^*)

そして「そちらどうぞー」と勧められた席は4人掛けのテーブル席。
こちらのお店の客席は4人掛けのテーブル席が多め、厨房スペース前にカウンター席。
後調べでは全25席と言うことなので、結構な集客力です。

さて、席に着いたら壁にあるお品書きを確認。

「らーめん550円」を筆頭に上から並ぶの中には所々白い紙を貼り付けられた部分。
そこは以前あったと思われるメニューがうっすら見えます。

あー…チャーハン、食べてみたかったな~(*´Д`)

ま、お店の事情もあるでしょうからそこは仕方がありません。
でも、その代わり?今は「ミニチャーシュー炊き込みごはん」がある様子。

こうなれば、これを頼んでしまいますよね~(∀`*ゞ)エヘヘ

さて、そんな訳でメニューが決まった所でお店の方に声をかけて注文。
私は事前に調べて美味しそうだな~と思った「もやしわんたんめん」、友達はいつもの「わんたんめん」。
そして、もちろん?ミニチャーシュー炊き込みごはんもお願いします。

それでは注文が済んだら、卓上調味料の確認。

置いてあるのは醤油とお酢とブラックペッパー。
お酢も醤油もキッコーマンの醤油瓶っていうのがなんか微笑ましい。
でも、この調味料入れって昔っから使いやすくて優秀ですよね~(∀`*ゞ)エヘヘ

さて、待つことしばしまずはこちらが到着。

ミニチャーシュー炊き込みごはん200円
おぉー!なんか盛り付け具合がエアーズロック風~?( ̄▽ ̄)♡

そして、ほぼ同時にラーメンも運ばれてきました。

もやしわんたんめん750円
醤油スープの上にざざっと乗せられた炒めもやし。
2粒のったグリンピースがなんとも懐かしい風情ですね~(*´▽`*)♡

さぁ、それでは早速いただきます。

まずはスープからごくり。

うー、じんわり甘ウマー(*´Д`)♡
多分、スープのベースはいわゆる鶏ガラ醤油味なんだろうな~と思います。
ですが、そこに炒めもやし炒めが加わることで、野菜由来の甘味がプラスされていて甘ウマ!!
しかも、野菜を炒めた油が加わわることで、あっさりながらもコクのあるスープになっています(*^-^*)

さて、続いてめーん!\(^o^)/

麺は中細のストレートとでかなり柔らか、アツアツのスープをすごくよく含みます。
だから、麺を啜っているのに口の中に麺が収まった時には口の中が美味しいスープでいっぱい。
これ、なんかびっくり美味しい~( *´艸`)♡

さて、もやしわんたんめんですからモヤシたっぷり。

シャキシャキとしたもやしの食感が小気味いい。

そして、もう1つの主役わんたんは食べていると次から次へと表れる。
5つくらいまで数えた?ところで、数がわからなくなって断念、一体いくつ入っているのー?(≧▽≦)

ちなみにワンタン皮はつるりと滑らか、程よい厚み。
肉餡は小ぶりで皮が大きめなので、もう1種類の麺を楽しんでいるような感じです(*^-^*)

さぁ、合の手にミニチャーシュー炊き込みごはんをぱくり~(^O^)

おぉ~(*´▽`*)♡、ほっこりする~
チャーハンではないのでアツアツとはいきませんが、ほっとする暖かさの炊き込みごはん。
チャーシュー由来のお出汁感と醤油の味が染みています。
しかも、具のチャーシューはかなり大きめごーろごろ、チャーシューの味もしっかりと分かります。

ちなみに?もやしわんたんめんはチャーシューが入っていません。
なので、チャーシュー炊き込みごはんを添えるとちょうどいい感じですね(∀`*ゞ)エヘヘ

さぁ、チャーシュー炊き込みごはんも食べながらもやしわんたんめんもずるずる、モシャモシャ。

お、メンマもちょっと入ってる~。

そして、炒めもやしの旨味をプラスするための挽肉も少々。


さて、そろそろ終盤。
せっかくなのででっかいコショウ缶に入っているブラックペッパーを少々~。

おぉー、甘めのスープにブラックペッパーのパンチがいいですね!
ブラックペッパーのキリっとしまるスパイス感がたまりません(*´▽`*)♡

さぁー、彩のアクセントにもなっているグリンピースもぱくり。

そして、最後はレンゲと箸を駆使して綺麗に攫って完食です。


ごちそうさまでしたー(*´▽`*)♡
ふはー、もやしわんたんめん結構なボリューム。
チャーシュー炊き込みごはんも食べたので、すごいまんぷくはっぴーでーす(*´▽`*)♡

ちなみに友達の頼んだわんたんめんはこんな感じ。

わんたんめん700円
こちらはもやし炒めが乗っていない分、ダイレクトに鶏ガラ醤油スープが楽しめます。
そして、もやしわんたんめんに乗っていないチャーシューも1枚トッピング。
グリンピースはないけれど、こちらはさらに懐かし美味しかったです(*^-^*)


2019年65杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキング

かいらくさんの食べログ店舗情報はこちら
東京都北区王子2-28-9


おまけ
さぁー!!町中華飲みもいいね~!
…とか言っていたのですが、かいらくさんにはお飲み物(アルコール)メニューなし。
そんな訳で?、かいらくさんへ行った後、この界隈で飲み歩きしました(∀`*ゞ)エヘヘ

さあーそんな訳で?1軒目、昼から飲めるこちらのお店からスタート!\(^o^)/

平澤かまぼこ 王子駅前店
平澤かまぼこ 王子駅前店さんの食べログ店舗情報はこちら
東京都北区岸町1-1-10 NUビル 1F

こちらのお店はかまぼこ屋さんがやっている立ち飲みのお店。

ちなみに、かまぼこ屋さんのお店ですから!
お店の目玉は夏でも食べれるおでんです~\(^o^)/

ま、でも、すでにかいらくさんでお腹いっぱい。

実は本命のお店があるもんで、こちらではとりあえず板わさをオーダー。

そして、最初の1杯はとりあえずビール~\(^o^)/

さぁ、そんな訳で?本日の本命のお店が開くまでこちらでのんびり。
そして、ひしめき合うカウンターテーブル、店員さんと他のやり取りも心地よいBGMです(*^-^*)

さて、こちらで1杯ビールを飲み終わる頃、本日本命のお店がそろそろ開店する時間。
お会計を済ませたら、てくてく歩いてこちらへ移動~\(^o^)/

山田屋 やまだや
山田屋さんの食べログ店舗情報はこちら
東京都北区王子1-19-6

こちらのお店は王子駅より徒歩約7分の場所にある人気の大衆居酒屋さん。
夕方の営業時間は16:00からなのですが、開店時間の少し前にはお店の前に人だかり。
私達も先客さんの後ろについて開店時間を待ちました(*^-^*)

さぁー、そして開店~!\(^o^)/
常連さん達は三々五々、あっという間に席に着きマイペースで注文スタート。

新参者の私達はきょろきょろと周りを見回しながら、オドオドオーダー。

とりあえず焼酎と炭酸水、カットレモンお願いします~(゜o゜)アワワ~

ちなみにこちらのお店、焼酎の種類も結構色々。
カットレモンも1/8カットや1/2サイズなど、どれくらい飲むかを細かく自分で決められるよう。
ま、それに気づいたのは飲み始めて結構たってからなんですけどねー( ̄▽ ̄)アハハ

さて、とりあえずのおつまみにぱっと目に入った煮込みを注文。


そして、アツアツさっくりのアスパラの天ぷら。

ちなみに周りから上がる注文の内容で後で気が付くこちらの人気メニュー。
それはどうやら揚げ物メニューらしく、この天ぷらとっても美味しかったです(*´▽`*)

さぁー、少しお店に馴染んだ頃、飲み物はトマト割りにシフト~\(^o^)/

ちなみに最初はお店の人に「中(焼酎)・トマト缶ジュース」をオーダーしていました。
ですが常連さんの動向を見ていると、みなさんセルフで冷蔵庫からトマト缶ジュースを取り出していました。
なので、途中から私達も焼酎だけをオーダーし、缶ジュースは自分たちで取り出しました(∀`*ゞ)エヘヘ

さて、山田屋さんで2時間ほどのんびりしている間に、十条のB級グルメ「からし焼き」の話に。
ソレ、1度食べてみたかったんだよね~(*‘∀‘)

そんな訳で?王子駅からてくてく歩いて東十条、さらに歩いて十条へ到着。
友達オススメのからし焼きが人気のお店に到着。

それがこちらのお店~\(^o^)/

からし焼き 味の大番
からし焼き 味の大番さんの食べログ店舗情報はこちら
東京都北区上十条2-11-10

こちらのお店、店内は明るい蛍光灯が付きTV放送が流れる町の食堂。
すっかり夕飯時の店内は定食を食べるお客さん8割くらい。

ま、私達は少数派の2割の方です~( ̄▽ ̄)エヘヘ~♡

さぁ、そんな訳でレモンサワーを注文!

そして、からし焼きの前におつまみとして玉子焼きを注文!

出てきた玉子焼きはでっかくて、いい塩加減、敷いてある千切りキャベツがまたいい感じ!
しかも、玉子焼きの一番いいところ!ふわふわ、とろーりすごく美味しいです~( *´艸`)♡

ちなみにこの玉子焼きにはたっぷりのマヨネーズが添えてありました~(笑)

ま、あんまりマヨ好きではないんですが、この豪快さは思わずニヤけます(∀`*ゞ)エヘヘ

そして、もう1品頼んだ赤ウインナーも最高に美味しかった!!(≧▽≦)

噛めばカリっとした食感、焼きと言うより揚げた感じの焼加減。
外側の香ばしさとウィンナー肉の甘味にちょっと辛子を添えて食べると最高です!
ついおつまみで頼みたくなる赤ウィンナーですが、ここのはバツグンです!!(≧▽≦)

さぁー、この2品でしばし楽しんだ後はお楽しみのからし焼き。

おぉぉ~、これが十条のソウルフードなのか~(*‘∀‘)♡
実は私が想像していたからし焼きは、キーワードから「和辛子」をイメージしていました。
でも、出てきたからし焼きを見ればそれが違うことがすぐに分かります。

赤茶色のつゆに浸った豆腐と豚肉、その上にはネギときゅうり。

ぱくりと食べるとピリっと辛くて、甘辛くて!!
うぅぅー!!白いご飯が欲しくなるー!!(≧▽≦)♡

からし焼き、これは飲みのおつまみとしても優秀です。
でも、定食として食べに来たいなと思いましたー!!(∀`*ゞ)エヘヘ

さてさて、この後実はもう1軒寄ったんですが…そこの記憶はほぼなし。
翌日撮った写真を見て「念写!(@ ̄□ ̄@;)」と思うほどでしたのでここでは紹介できません。

いやー、それにしても王子~十条の間は歩いても移動可能。
楽しい飲み屋さんもたくさんあって、ホントいい街だな~と思いました。
お付き合いしてくれた友達にも感謝です(∀`*ゞ)エヘヘ



ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキング

以前、昼の王子飲みをした時のブログはこちら


コメント投稿を承認制にしました。
ご解、よろしくお願いします(-_-)

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

煮干そば 流。(十条)/アブラつけそば(中)

さて、ここのところ忙しかったこともありちょっとご無沙汰していた同僚とのラ部活。
そろそろラ部活しようよ~ってことで?数日前から私は同僚と昼ラーをする約束をしました。
さぁさぁー、久しぶりだしどこへ行く~?(∀`*ゞ)エヘヘ



そんな訳で?食べに行くお店を同僚と吟味。
せっかくの昼ラーですし、そろそろ終了しそうな昼の期間限定を求めてこちらのお店へ。

煮干そば 流。 にぼしそば る。
(十条・東京都北区)
2019,2,25訪問

さて、こちらのお店は最寄り駅のJR 十条駅北口・南口どちらからでも約徒歩3分ほど。
お店自体は南口側にありますが、いつも通り新宿方面から十条駅に着いた私達は北口側から向かいます。
駅を背にして右方向、線路沿いを歩き踏切を渡ってお店に到着。

お、やったね、外並びなし~( ・∇・)( ・∇・)♡

ただ到着してのはお昼のピークタイムど真ん中、チラリと覗く店内は空席なし??
まぁ、でも、こちらのお店は食券を購入してから並ぶシステムなのでとりあえず一旦店内へ。

引き戸を開けて入った所はちょっと狭い通路。
店内奥からは私達の姿に気づいた店員さんからの「いらっしゃいませー」と言うお声がけ。

とりあえずペコリと軽く会釈を返し、入口すぐの券売機へ向かいます。

…と、アレ?ない!!Σ(´∀`;)
実はこの日の同僚のお目当ては私が前回来た時に食べた2月末までの限定「春子」。

前日、まだ食べている人がいたのでまだあるかな~と思ってたのですが…どうやら終わった?(;・∀・)
券売機の周りをぐるりと再度見回してみたものの、やはり限定は終了した様子。
…ゴメーン?(*´Д`)、 (=゚ω゚)ノイエイエ

…ま、無いものは仕方がありませんよね。
でも、「煮干そば流。」さんのレギュラーメニューはかなり豊富でまだまだ食べてないメニューがいっぱい。
同僚は今までここでは限定しか食べたことがなかったので、初のレギュラーメニューを食べることにしました(∀`*ゞ)エヘヘ

さて、やはり店内は満席だったので購入した食券を持って再び外へ。
店前のイスに座ってのんびりおしゃべりしながら、ふと見上げる上空。

おぉー、あんなところに看板出ていたの初めて知りました~(*‘∀‘)(*‘∀‘)♡
「あの看板、駅からでも見えるのかなー?」なんて話をしていると食べ終わったお客さんが店内から出てきます。

そして、ほどなく店内へのご案内~\(^o^)/\(^o^)/
空いている席の前に辿り着けば、目の前に来てくれた店員さんが食券を受け取ってくれます。
その後は上着を脱いだり、カバンをカゴに入れたり。

席に着けばどちらからともなくセルフサービスのお水の準備。
うーむ、ラ部活歴もずいぶんと重ねて来たのでここら辺とっても気楽で居心地いいです!(≧▽≦)セッ!

さて、それでは完成する前にいつもの調子で周りを確認。

置いてある卓上調味料はラー油、酢、ブラックペッパー、コショウ、一味唐辛子。
うむ、本日もお変わりないようで良かったでーす('◇')ゞ

そして、ふと見上げるカウンターの上には金魚鉢?
その中には「揚げ煮干¥50」「煮干しの佃煮¥100」と書かれています。

…これ、お土産で買えるのかな~(*‘∀‘)(*‘∀‘)
煮干を佃煮にするってなかなか想像がつきませんが、煮干ラーメンのお店が作る1品だし美味しいんでしょうね~(∀`*ゞ)エヘヘ

さぁ、そんなこんなで待つこと少しまずは同僚の注文が先に完成。

煮干そば(並)750円
+ランチB(肉めし)150円

やはり、煮干そば流。さんで最初に食べるべき?レギュラーメニューはコレですよね~♡
そして、昼時だとお得に食べれる肉めしも付けるとは同僚ナイス!(≧▽≦)

さて、少し遅れて私のたのんだつけそばも完成!

アブラつけそば(中)830円
ちなみに?煮干そば流。さんにはあっさりタイプの「つけそば」もあります。
最初はそっちにしようかな~と思っていたんですが、同僚とのバランスを考えて?
お初ですけど、こってりタイプの「アブラつけそば」にしてみました!(*^-^*)エッヘン

おぉ~、それにしてもなみなみと入っているつけ汁。

表面を覆う脂の層に厚みがあるような気がします~(*‘∀‘)
ただし、脂の層があると表面は静かに見えますが、中はすっごく熱かったりするので気を付けないとね(笑)

さぁ、そしてひんやりと冷たい器にいれられた麺の方はこんな感じ。

そうそう、ちなみに「つけそば」の麺量は並170g、中250g、大350gとなっています。
…まぁ~、大盛りでも行けそうな気がしましたが、最近食べ過ぎなので節制?して中盛です!('◇')ゞ

それでは、そろそろいただきます。

まずは麺をそのままぱくり、つるりーん!!(*´▽`*)

おぉー、うんまーい(*´▽`*)♡
水でしっかりと冷たく〆てある少し緩いウェーブのかかった角中細麺。
何もつけずに食べてもほんのりと塩気があり、小麦の甘味も感じられて美味しいです(*^-^*)

さぁ、お次はもちろんつけ汁へ…めーん\(^o^)/

甘塩でうんまっ!!(≧▽≦)

ツヤツヤと輝くつけ汁の表面の脂は滑らかで、イヤミのない甘味。
アブラの層の下にはしょっぱうんまい醤油とじわーっと煮干の旨味が来ます(*^-^*)

おぅぅ~(*´▽`*)、すごく「らしい!」って味ですねー!!

それにしても、このつけ汁すごくたっぷりなので麺を入れるスペースが少ない?

レンゲを使って中を探ってみると、つけ汁の中にはたっぷりの細切りチャーシュー。

とりあえずこぼしたくないので、ガット掴んでがぶり!

おぉ!炙りが入ってて香ばしうんまい!(*´▽`*)♡
しかも、みっしりとした肉を噛めれば、じわーっと染み出てくる煮干醤油味がまたたまりません~(≧▽≦)

さぁ、つけ汁の中にはそれ以外にカリカリ食感が小気味いい平べったいメンマ。
薬味は玉ねぎみじん切り、シャキ感、ほんのり辛味がいいアクセント。

そして、細切りにしたナルトの優しい甘味に思わずニヤリ。
肉のみっしりとした食感の間に入ってくる、ナルトのふわっと柔らかい食感がなんかいいですね(*^-^*)♡

さて、しばし麺やチャーシューをそのまま食べ進めてから味変タイム。

このアブラの甘味に加える味変、ここはやっぱり一味唐辛子かな~?(∀`*ゞ)エヘヘ

つけ汁全体の味が変わり過ぎることのないよう、一味唐辛子は直接麺の方へ。
そして、そのままそっとつけ汁へ浸して、つるりーん!

ピリ辛うんまい!!(≧▽≦)
そうそう、流。さんの一味唐辛子は辛味がかなりキリっと立ったタイプ。
一瞬びっくりするけれど、サッと引く辛さがこの甘いアブラとも相性よしです(*^-^*)

さぁ、麺を食べ終えスープの中の具もほぼ食べ尽くしたら最後はスープ割りをお願い。
つけ汁の器を渡せば、あたたかなスープが足されて戻って来ます。


ごくり…。

ほっ(*´▽`*)♡
飲むために抑えられた塩味、暖かでほっとする温度に思わず顔がほころびます。
それにスープで割ってあるけれど、旨味は薄くなっている感じがしませんね~。
あ、少し麺を残しておけばラーメン風に楽しめたかも~( ̄▽ ̄)エヘヘ

そんなことを考えている横で、同僚からそろそろキラーパス?

おかげさまでランチ肉めし(ほぼ肉)+スープ割りの定食をラストに楽しむ私。
ま、こんなこともあるかな~と思っての実はアブラつけそば(中)なのでした( ̄▽ ̄)ワラ

さぁー!そんな訳でもちろん途中で味交換などもしてお腹いっぱい。
さすがにスープ割りは全部飲まずに終了です。

ごちそうさまでしたー(≧▽≦)♡
はぁー、つけそばも美味しかったな~(*´▽`*)
そして、久しぶりに同僚のおかげで味わえた「煮干そば」もうんまかった!
やはり券売機の一番左上は伊達じゃないですね(*^-^*)

煮干そば 流。さんの限定メニューは期間が長めでしかも美味しい。
ついつい限定メニューを食べてしまいがちなんですが、レギュラーメニューもいずれは全制覇したい。
よーし、次は~…(∀`*ゞ)エヘヘ


2019年29杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキング

煮干そば 流。さんの限定情報などがわかるTwitterはこちら

煮干そば 流。さんの食べログ店舗情報はこちら
東京都北区上十条1-13-2

煮干そば 流。さんで食べたブログのまとめはこちら(*´▽`*)


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)


同僚とのラーメン部会の記録まとめはこちら

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

煮干そば 流。(十条)/【期間限定】春子+メンマめし

本日のブログは昨日に引き続き期間限定のラーメンブログ。
そのうち食べに行こうと思っていて、食べ損ねることのないよう再びこちらのお店へ行ってきましたよ(∀`*ゞ)エヘヘ


さぁ、そんな訳で今日のお昼は5日ぶりのこちら~\(^o^)/

煮干そば 流。 にぼしそば る。
(十条・東京都北区)
2019,1,31訪問

こちらのお店の場所はJR 十条駅北口・南口どちらからでも約徒歩3分。
お店自体は南口側にありますが、新宿方面から十条駅に着くと到着するのは北口側。
私はいつも通り、駅を背にして右方向の線路沿いを歩き線路を渡ってお店に到着。

お、やったね、並びなし~( ・∇・)♡

お昼のピークタイムをはずしての訪問、ばっちりのタイミング。
ただし券売機の前には食券をちょうど購入している人。
その人が食券を購入し、店内奥へ進むまでしばし待ってから入店でーす\(^o^)/

さて、引き戸を開けて中に入れば「いらっしゃいませー」のお声がけ。
数日前に来たばかりの私はなんだか気恥ずかしいですが、ぺこりと軽く会釈を返して券売機へ向かいます。

こちらの基本メニューはこあっさりタイプの煮干そば、こってりタイプの背脂煮干そば。
つけそばもあっさり、こってり、さらに辛いバージョン、その他に油そばもあってメニューは豊富。

ま、私の今日のお目当ては期間限定のコレ!!\(^o^)/

1/24~2月下旬までの昼(11:00~15:00)限定「春子」!
張り紙に書かれた「待ち遠しい春をイメージしたという味噌バターコーンラーメン」との案内。
このフレーズにとっても惹かれます~(∀`*ゞ)エヘヘ

さて、食券を購入してチラリと中を覗けば「お好きな席へどうぞー」とのお声がけ。
では~、と着席した場所は奇しくも「もやしそば」を食べた時に座ったのと同じ席。

そして、食券をお店の方に渡せば注文の確認と「紙エプロンいりますか?」とのお声がけ。
今日の服は汁はね目立ちそうなので、ここは素直にお願いします(*^-^*)

さて、ひと段落したところで、まずはセルフサービスのお水の準備。

そして、いつもの?卓上調味料の確認。

置いてあるのは、酢・ラー油・ブラックペッパー・一味唐辛子・ホワイトペッパー。
はい、前回確認忘れましたがお変わりありませんでした~('◇')ゞ

さぁーやることをやった後はラーメンの完成を待つばかり。
先客さん達のラーメンが着々と到着し、そして私のラーメンも到着~\(^o^)/

春子900円
わ~(*‘∀‘)♡、「春子」って名前がすごいぴったり。
ピンクの花型かまぼこ?とキャベツの黄緑色が春らしくてかわいいですー。

さぁ、そして嬉しいお気遣いはこの穴あきレンゲに乗ったバター。

これならすぐにバターが溶けないし、あとでコーンもしっかり浚えますね(∀`*ゞ)

春子のビジュアルにニヤニヤしているとこちらも到着。

メンマめし100円
※ランチタイム価格、通常は¥200-

さぁ、それでは食べやすい位置にそれぞれを置いて…

いっただきまーす!\(^o^)/

まずはバターを溶かす前のスープをごくり。

おぉ~、優しい味噌ぉ~(*´▽`*)♡
じんわり甘い味噌のスープはすごくほっと落ち着く優しい味わい。
そして、飲み干したスープの余韻に感じる煮干の風味がやはり、こちらならではです(*´▽`*)フフフ

さぁ次は、箸を指し入れて麺を中から引っ張り出します。
スープの中から現れた麺はエッジのしっかりとしている中細縮れ麺。

食べてみるとプリっとしていて、ほどよい弾力があって美味しい(*^-^*)
でも、その一方で先日食べた「もやしそば」とは全く違う春子さんの麺にちょっとびっくり。
いやー、こんなに色々な麺が楽しめるってホント嬉しい、ありがたい~(*´▽`*)♡

さて、そんな感じで食べ始めるうちに段々とバターがとろけてきましたよ。


それでは今度は、バターの溶けた部分を麺に絡めてがぶり。

おぉ、バターのコクがたまらーん!(≧▽≦)
バターの味を表現するならそれはやっぱり「甘い」だけど、味噌ともトウモロコシとも違う物。
強いて言葉にするなら、乳製品ならではのこのこっくりとした甘さですね~(*´▽`*)

さて、ここからは麺とスープ以外の色々もいただいて行きます。
まずはたっぷり乗ったコーンをレンゲで掬ってがぶり。

噛めば口に広がるとうもろこしの甘い水分、それが味噌のスープと一緒になって言うことなし!
うんうん、味噌ラーメンにコーンってホント合うよね~(*´▽`*)

そして、湯がいたキャベツも甘うんまい!(≧▽≦)

火が通って甘味が出たキャベツは芯は少しシャッキリ、葉の部分はふんわり柔らか。
コーンとはまた違う野菜の甘みが優しいです(*^-^*)

さて、野菜多めの春子さんですが、もちろんチャーシューも乗っています。

しかも2種類あって1つは豚肩ロース。

もう1枚は豚バラチャーシュー。

どちらも提供直前にガスバーナーで炙ってあって香ばしうんまい!(≧▽≦)

そして、ラーメンの定番トッピングメンマはシャクシャク。


そうそう、メンマご飯のメンマと同じ食感ですが味付けはちょっと違います。

ラーメンの方に乗っているのはラーメンスープを邪魔しない程よいお出汁の染みたタイプ。
一方、メンマめしのメンマはブラックペッパーとごま油?の風味が効いています。
メンマめしのメンマはおつまみにもなりそうな感じですね~( ̄▽ ̄)エヘヘ~

さぁ、春子さんのシンボル?ピンクの花型かまぼこも1枚ぱくり。

もう1枚はこの後で大事に?使おうと思います~( *´艸`)フフフ

さて、ほぼ麺を食べ終わったらスープの中に落ちているコーンを攫います。

もちろん、ここで穴あきレンゲが大活躍。

仕上げに一味唐辛子を少し降れば、コーンごはん完成~\(^o^)/

先述しましたが、春子さんは待ち遠しい春をイメージしたラーメン。
そして、これはとうもろこしの炊き込みごはんをイメージしたラーメンライスです~(*´▽`*)エヘヘ~

ま、スープの水分で食べている時の見た目はちょっとアレですが…(*‘∀‘)エヘヘ
味はラーメンを食べている時に、一味唐辛子を振れば良かったと思うほどバッチリ。
ピリっと辛い一味唐辛子と甘いコーンがよく合っていて美味しかったです。

さて、最後はすっかりバターの溶けきったスープをごくり、ごくり。

味噌バターが甘くてうんまい~((* ´艸`))♡

でも、名残り惜しいけど~、春子さんとメンマめし両方を食べたのでお腹いっぱい。
これ以上はもう入らない~と言うことで、この辺で終了です。

はー、ごちそうさまでしたー(≧▽≦)
春子さん、名前のイメージにぴったりの優しい味噌バターラーメンでした~。
そして、脇役といえばそうなんですが添えてあったキャベツが甘くて春を感じる味でした。

いやー、寒いのは嫌だけど、こんなじんわり優しい味噌ラーメンが美味しいと感じるのは冬ならでは。
そんな昼11:00~15:00まで、期間限定の「春子」さんは2月下旬まで。
1日大体40杯くらいの提供みたいですが、気になる方はぜひどうぞ。
思い立ったが吉日ですよー!って、期間長いな~と思ってよく私食べ損ねちゃったりするんですけどね(∀`*ゞ)エヘヘ


2019年15杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキングへ

煮干そば 流。さんの限定情報などがわかるTwitterはこちら

煮干そば 流。さんの食べログ店舗情報はこちら
東京都北区上十条1-13-2

煮干そば 流。さんで食べたブログのまとめはこちら(*´▽`*)


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

煮干そば 流。さんで食べたブログのまとめ(*^-^*)

「煮干そば 流。」さんで食べたブログ一覧↓

2019年
2019,8,8 【期間限定】ラッサムダイブ(中盛)
2019,2,25  アブラつけそば(中)…と、久しぶりのラ部活!(*´▽`*)
2019, 1,31 【期間限定】春子(味噌バターコーンラーメン)+メンマめし
2019, 1,26 【期間限定】流。のもやしそば2019+ビール

2018年
2018 ,9,20 油そば(並)+生玉子+メンマめし
2018, 9,14 【期間限定】煮干スワロー2018+生卵
2018, 6,11 【期間限定】大井町ネオン街ブルース+ランチ肉めし
2018, 2, 9 【昼の期間限定】ジオラマ(鹽・辣・麻)+肉めし
2018, 1,25 【期間限定】流。のもやしそば2018+味玉

2017年
2017,12, 7 【期間限定】煮干スワロー2017+味玉
2017,11,13 【3周年記念ワンコインキャンペーン】アブラ煮干そば+味玉
2017, 5,15 【期間限定】カレーなアブラ煮干しそば+チーズ+肉めし
2017, 1,19 【期間限定】流。のもやしそば2017

2016年
2016,11, 2 【期間限定】煮干スワロー(2回目)+味玉
2016,10,21 【期間限定】煮干スワロー+味玉

2015年
2015,9,14 味玉煮干そば


煮干そば流。さんで私が食べたレギュラーメニューの写真↓

味玉煮干そば


アブラ煮干そば+味玉


油そば(並)


煮干そば 流。さんの限定情報などがわかるTwitterはこちら

煮干そば 流。さんの食べログ店舗情報はこちら
東京都北区上十条1-13-2


ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキング


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

お知らせ
ラーメンブログランキングに参加しています(^ム^)
人気ブログランキング
プロフィール

もりみ

Author:もりみ
1日1ラーメン食べられたら幸せですが、周りが心配しますし体力的に無理なんでボチボチやってます(*^^)v

最新記事
カテゴリ
タグ

新宿区 杉並区 小金井市 武蔵野市 千代田区 中野区 渋谷区 豊島区 番外編 練馬区 北区 埼玉県 調布市 千葉県 中央区 三鷹市 世田谷区 台東区 荒川区 ラー飲み ラーフェス 国分寺市 神奈川県 青梅市 葛飾区 港区 文京区 町中華 うどん 目黒区 昭島市 品川区 カップ麺 足立区 江東区 立川市 墨田区 大田区 板橋区 茨城県 自宅麺 八王子市 江戸川区 国立市 福生市 国分寺 チェーン店 府中市 町田市 閉店 宮城県 東大和市 小平市 曙橋 西東京市 栃木県 広島県 阿佐ヶ谷 蕎麦 浜田山 多摩市 福島県 日野市 練馬 日本蕎麦 あきる野市 コラボ 長野県 

ラーメンブログ リンク

ラーブロ
ラーメンブログ専門リンク集「ラーブロ」に登録しました
\(-o-)/設定ってむずかし~
月別アーカイブ
FC2カウンター
訪問ありがとう~
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード