九十九里煮干つけ麺 志奈田(秋葉原)/純濃煮干味玉つけ麺(並)

さて、この日の私は用事があって秋葉原。
せっかくなので、気になっていたラーメンも食べちゃいまーす(〃'∇'〃)ゝエヘヘ


そんな訳で、行ってきたのがこちら。

九十九里煮干つけ麺 志奈田
くじゅうくりにぼしつけめん しなだ
(末広町・東京都千代田区)
2018,3,9訪問

こちらのお店は東京都豊島区にある「志奈そば 田なか」さんのセカンド?サード?ブランド。
元々は「志奈そば 田なか second」という店名でオープンしましたが、2017年6月にリニューアル。
現在の店名「九十九里煮干つけ麺 志奈田」に変更して、煮干を使ったラーメン屋さんになりました。

ちなみにオープン当初は木曜日だけ海老を使ったラーメン屋さんの「木曜日の志奈田」でしたが、こちらはすでに終了。
ただし、こちらで食べれた海老のメニューは変わらず木曜日の曜日限定として食べることができます。
ある意味、レギュラーの煮干も選べるので選択肢が多いのはいいかもしれませんね(=゚ω゚)ノ

コメントいただきました!現在、志奈田さんの曜日限定はこんな感じだそうです↓('◇')ゞ
水曜日:海老吟醸そば、木曜日:濃厚海老つけ麺、金曜日:勝浦タンタン麺

さて、お店の最寄り駅は東京メトロ銀座線・末広町ですが私は自分に使い勝手のいいJR秋葉原駅より。
いつも通り地図アプリを立ち上げて、確認しながらお店に到着。


小雨の降る中お店に到着すると、店前の立て看板の前に人だかり。


とりあえず、後ろに着く前に店前をチェック。

金曜日の曜日限定メニューのご案内。
…あ、提灯の店名は今の屋号だけど、ここは前の店名のままなんですね(´▽`)

さて、それでは並ぶか…と、立て看板の前にいた2人組の後ろへ。
するとその人たちから並んでませんと言われます。
「え。( ゚д゚)」
どうやら…ただ、店前の立て看板を見ていただけみたいです。

そんな2人が夢中になって?眺めていた立て看板がこちら。

確かにとっても美味しそうで目を惹きますよね~(〃'∇'〃)ゝエヘヘ

ま、でも、なだか紛らわしいわー(〃ω〃)なんか恥ずかしいー!
…とは思うけど、そんな素振りは見せずに入店でーす(笑)

店内に入ればいらっしゃいませのお声がけ。
食券をどうぞ~と言うお声がけにペコリと会釈を返して券売機に向かいます。

さて、券売機を前にしてそのメニューの豊富さに思わず目がキョロキョロ。
券売機の前でマゴマゴしていると、後ろに誰か来るんじゃないかとなんかヒヤヒヤしていしまいます。
とりあえず、まずは食べようと思っていた「純濃煮干つけ麺」をチョイスです。

ちなみに?後で落ち着いて写真を見た所、券売機の左右に張り付けてある小さなポップで確認するのがわかりやすいみたい?

後は「純濃煮干」はボタンの色が黄色、「辣純濃煮干」は赤と言うように色分けしてあるようですね。
それにしても、濃厚系のもの以外にもあっさり系と思われる「淡麗汐煮干そば」。
汁なしの「鴨脂煮干醤油油そば」なんかもあって、これは決めてこないと迷ってしまいますね(∀`*ゞ)エヘヘ

それから、券売機の上の曜日限定のご案内もチェック。

ちなみに曜日限定は水曜日:海老吟醸そば、木曜日:濃厚海老つけ麺、金曜日:勝浦タンタン麺。

さて、話が長くなりましたが、本編?に戻ります(∀`*ゞ)エヘヘ
買った食券を持って振り返れば「こちらの席へどうぞ」とご案内があり着席。

こちらのお店の客席はちょっと段差のあるハイカウンターテーブル12席。
ダウンライトがカウンターテーブルを照らすタイプのムーディな空間。

席に着いたら食券を渡したら、その後はのんびりと周りをチェック。

卓上調味料はブラックペッパーのミル、ちょっと気になる辣油唐辛子。

卓上にもメニュー表。

これがあれば待っている間、次のプランを練るのに便利ですね( ̄▽ ̄)

それから、濃厚なつけめんのつけ汁が有料で追加できるとのご案内。

海老のつけ麺の時もそうでしたが、こちらの濃厚はすごいから追加は大盛りの人にはありがたいですね。

さぁ、つけ麺なので結構時間がかかるかなと思っていたら、意外とあっという間に完成~\(^o^)/

純濃煮干 味玉つけ麺(並)990円

つけダレの表面にはプカリと浮かぶ紫玉ねぎ、青ネギ、メンマ。


麺は平打ちでパスタで言うところのフェットチーネみたい。

そう言えば、前進の「志奈そば 田なか second」さんのアンチョビまぜそばの麺もこんな感じでしたね(*^-^*)

さぁ!それではそろそろいただきます。
まずは麺だけをそのままぱくり、つるーん!

うんま!(〃'∇'〃)♡
ペロペロっとした幅広麺の舌を撫で上げる感触が気持ちいい。
しかも、小麦の甘みがしっかりあってうんまいです(*゚∀゚*)

ではでは、続いてつけダレの中へ麺を…

おっと!すごい濃厚で麺を器に入れただけでは麺が沈んで行きませんね(*‘∀‘)

では、麺の手助け、箸を使ってしっかりとつけ汁を絡めます。
そして、がぶり(^O^)、つるーん。

うんまーーー!!((๑✧ꈊ✧๑))
濃厚だけどつけダレの味自体は甘みがありクリーミー。
ほんのり酸味があってさっぱりとしています。
煮干の強さはあまりないけど、とても食べやすい仕上がりです。

こんなに濃いのに重くないって、ある意味カルチャー?ショック( ̄▽ ̄)

そして、濃厚だからだと麺量を控えめにした事をこの時点でちょっと後悔。

ま、今更言っても仕方がないので、そのまま食べ進めていきますよ。
つけ汁以外、チャーシューは2種の部位があるのかな?

淡いピンク色のタイプと、

色が濃いめのチャーシュー。

食べてみるとどちらも程よい下味が付いています。
ただ、濃厚なスープをくぐらせると負けそうなのでチャーシューはそのまま麺を食べる合間にパクパク。

味玉の仕上がりは黄身がジェル状。

甘めのお出汁がしっかりと沁みていていい感じ。

つけ汁の中に入っていたメンマはゴリゴリとしたいい食感。

つけダレと一味違う塩気が効いてて、これは美味しいー(*´◡`​*)

さぁ、終盤は添えてあったカットレモンを絞って味変。

麺の方に直接絞って、つけ汁に少し浸してぱくりと食べれば、レモンの爽やか香りと酸味が程よいアクセント。

それから、気になっていた辣油唐辛子も少々~。

こうして味わってみると…ん( ・∇・)?あれ?
濃厚なつけ汁にこの量だと何にも変わりませんでした( ̄▽ ̄)エヘヘ
ただ、変わるのがわかるまで入れていたらすごいことになりそうなのでやめておきます。
きっとこれに合うメニューは別の1杯なんでしょうね。

さぁ、気がつけば麺はペロリと完食。

丼に付いたスープの線で確認してみても明らかにわかる、つけ汁の減り方にちょっとびっくり。
普段つけ汁の量があまり減らない私でも、この濃厚なつけ汁だとかなり減っていますね(*‘∀‘)

ま、でも、スープ割りを残さず飲みきるにはちょうどいい量。
それでは、お店の方に声を掛けたら器をカウンターの上に置いて、スープ割りをしてもらいます。

戻ってきたスープ割りは、どろどろが「さらとろ」くらいの質感にシフト。
スープ割りのベースは魚介系、濃厚つけ汁の宿命?すっかり下がった温感も程よく復活していただきやすい(*´ω`)

ぐびぐびと飲み干し、底に沈んだ紫玉ねぎなどもちゃんと救出。

ごちそうさまでした~(о´∀`о)
濃厚ドロドロのつけ麺だったけど、思ったよりもあっさり。
すごい食べやすて並盛りの240gぺろりと食べ切っちゃいました。

さて、用事があるので食べ終わったらごちそうさまの挨拶。
そして、お店の外に出てチラリと立て看板を見てあることに気付きます。

あ、これ茹で後表記だ( ・∇・)
ご存知の方も多いとおもいますが、麺量は茹でる前後ではその重量は大体1.5~2倍くらい違います。
なので茹で後240gだと、茹で前は…あはは、そりゃぺろりなはずだわー( ̄▽ ̄)(笑)

ま、でも、この日の夜に部活が待ち構えていますので結果的にOK!
きっとラーメンの神様が食べ過ぎを心配してるんだってことで。
ま、でも、次来たら思いっきり食べようっと~(〃'∇'〃)ゝエヘヘ


2018年45杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキングへ

九十九里煮干つけ麺 志奈田さんの食べログ店舗情報はこちら
東京都千代田区外神田3-4-1

志奈そば田なか 代表 田中友規さんの公式Twitterはこちら


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)
スポンサーサイト

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

担々麺 辣椒漢(小川町)/正宗坦々麺+麺 大盛

さて、まだまだ寒かったこの日の朝、友達からどこか行きますかー?と、メッセージ。
そうだね、寒いからあったまるもの(ラーメン)が食べたいね~。
担々麺系もいいねー…と話し合うことしばし、それならば気になっているここに行きたい!と私が提案。


そして、行ってきたのがこちらのお店~!(=゚ω゚)ノ

担々麺 辣椒漢 たんたんめん らしょうはん
(小川町・東京都千代田区)
2018,3,6訪問

ばばーん!と掲げられた「担々麺」の文字からもわかる通り、こちらのお店は担々麺が看板メニュー。
本格的な本場四川の辛さとシビれの効いた担々麺が食べられるそう。
辛い物はそこまで得意ではありませんが、1度来てみたいと思っていたんですよね(∀`*ゞ)エヘヘ

さて、こちらのお店は最寄り駅の都営新宿線・小川町駅より徒歩約6分。
ですが、私は例のごとく自分に使い勝手のいいJR総武線・御茶ノ水駅からお店に向かうことに。

聖橋口を出たら、駅を背にして伸びる下り坂をずんずん、てくてく。
突き当たった大通りの「靖国通り」も突っ切って、ほぼ直進していけばお店に到着。

ま、もちろん地図アプリ使用していますよー(*´σー`)エヘヘ

さぁ、約束した友達と共通の友達もう1人と店前で合流。
挨拶もそこそこに、まずは外に設置してある券売機に向かいます。

券売機の1番上、大きいボタンになっているのは汁なしの「政宗担々麺」と汁ありの「日式担々麺」。
その他のメニューも意外と種類が豊富で、メニュー振られた番号から全部で10種類あることがわかります。

順番にすると…
①政宗担々麺、②プレミアム政宗担々麺、③酸辣拌麺(汁なし)、④日式担担麺(汁あり)、⑤激辛麻辣担々麺、⑥九条担々麺、⑦酸辣湯麺(汁あり)、⑧麻辣麺(汁あり・俗称:火鍋麺)、⑨香辣麺(汁あり)、⑩醤油ラーメン

辛いメニューじゃないものもあるんですね~(*‘∀‘)
ま、せっかっく「担々麺」のお店に来ていることだし?私のお目当てはやはり券売機の一番左上「政宗担々麺」です!

さて、それでは全員食券を購入したら入店でーす\(^o^)/

ちなみに?いつも並びが絶えないお店だそうですが、この時なんだか「谷タイム?」。
すんなり入れてすごくラッキーでした~(#^^#)
※食べ終わる頃にはけっこう並びできていましたよー。

ガラスのドアを開けて中を覗けば、そこは細く長く続く空間。
ストレートのカウンターテーブルは8席、カウンターを挟んだ向こう側が厨房スペース。

そして、座れる席には箸袋に入ったエコ箸がセットされています。
店内の入りはほどほどでちょうどよく3人並びで着席。

お店の方は調理を主に担当している男性、多分ご店主さん。
そして、女性の助手さんがいて着席すると食券を受け取りくれます。

そう言えば、外の券売機に(太麺・細麺)と書かれていたのを思い出し慌てて「太麺でお願いします」と言い添えます。
すると、女性の方「政宗担々麺は通常太麺、細麺の場合だけ言えば大丈夫です」とのこと。

作り出してからだと変更できないと思って慌てちゃったけど、そうでしたかー(〃▽〃)ポッ
ちょっと照れくさい気持ちになりつつも、とりあえず卓上の物をチェック。

卓上調味料はホールの山椒が入ったミル。

そして、卓上にもこちらのメニューがありました。

お、それぞれのメニューの後ろに見える唐辛子マーク。
これは、あれですね!辛さの強さの段階をしめしているんですね!(=゚ω゚)ノ

私の頼んだ「政宗担々麺」は唐辛子3つ…大丈夫かな~と思いながら裏面もチェック。

こちら側はお持ち帰り商品のご案内と注意書き。
汁なし担々麵は跳ねそうなので、読んで気づいた紙エプロンを取りに行き装着!

準備万端、しばし待つこと完成でーす\(^o^)/

正宗担々麺まさむねたんたんめん850円
+麺 大盛100円
ふわーっと香る山椒の香りがとっても食欲を刺激します~(*´▽`*)

…と、アレ?同じものを頼んだ友達と私の見た目がなんだか違う。
するとお店の方から「すいません、並盛で作ってしまったので別皿で大盛り分をお出しします」とのこと。

あ、そうでしたかー(・∀・)
じゃ!お先に出ている物からいただきます(≧▽≦)

解説によるとこの政宗担々麺、よく混ぜて食べたほうが美味しいとのこと。
それでは、混ぜる前に上の部分をちょっとチェック。

ぱくりと肉みその部分だけを食べてみると、旨味と甘味があって美味しい(#^^#)

さぁー!それではよーくまぜまぜ~。

これくらいでいいかな?(*^-^*)

では、がぶり~(^O^)!

むほ!!辛い!!(≧◇≦)
でも、これうまい!(≧▽≦)
麺はもちもち、平打ち気味に太麺でスパイシーな担々タレがよく絡みます。

ひとくち目は急に辛いものを口に入れたのでびっくりしたけど、食べ進めるうち段々辛さに慣れてきます。

そして、甘味のあるひき肉、香ばしいナッツなどが口に入るといいバランス。
これは、辛いけどクセになる~( *´艸`)

さぁ、そんな感じで食べているところに追加の麺が登場~\(^o^)/

あ、なんか具がいっぱい追加されているー(∀`*ゞ)エヘヘ
多分、一緒に作るより多めですよね…なんだか逆に恐縮しちゃいます。

ま、でもありがたくいただきます。
まずは小鉢のままでめーん!!(∩´∀`)∩♡

辛い!ウマイ!やっぱ辛い!!(≧▽≦)
小鉢に足してくれたタレは、範囲が小さいのでダイレクトに来るな~♡

…と言う訳で、やっぱり小鉢のままだと食べづらいしで元々の器の方へどーんと入れて食べ進めます。
ここから先は自由な感じ、そして気づけば麺はすべて食べ終わりました。
器には坦々ダレの絡んだ肉みそが結構多めに残っています。

実は前調べで、こちらのお店の麺量は並盛150gで少なめ。
麺にタレがよく絡むので追い飯向きじゃないので、大盛り(225g)がおススメと言う記事を読んだんですよね。

ありー(・∀・)これなら、ライスって手もあったな~…とか思いながら最後のひとくちをぱくり。

ごちそうさまでした(*´▽`*)
複雑な辛味について私では解説できませんが、程よい辛さとシビれ、甘味のあるひき肉とナッツにとても助けられました。

お酢が卓上調味料にあったら、もっと辛さを和らげることができるんだけどな~。
そんなことを考えながら食べ終わりに券売機を見直したら、なんと追加トッピングの中に「カットレモン¥50」を発見。
あれが、きっとお酢の代わりなんでしょうね(*^-^*)

ま、ちなみに?飲んだお水はグラスに3杯ぐらい(私にしては少ない)…だったかな。
それから注意書きに書いてありましたが、こちらのお店では辛さ調整も言えばやってくれるようです。

そうそう、1人違うメニューを頼んだ友達の1杯がこちら。

酸辣湯麺サンラータンメン850円
+大盛り100円
私の中のイメージで酸辣湯麺と言えば、とろみのあるふわっとかき卵が入っている物。
ですが、こちらのお店の酸辣湯麺はサラリとしたスープで酸味も程々、辛さも優しめでした。

そして、麺は細麺ストレート。

汁ありだからこその細麺だと思いますが、そうなると汁なしである「酸辣拌麺」がとっても気になりました。
やっぱり汁なしは太麺仕様なんでしょうかね~(*^-^*)


2018年43杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキングへ

担々麺 辣椒漢さんの食べログ店舗情報はこちら
東京都千代田区神田錦町1-4-8 ブロケードビル 1F

担々麺 辣椒漢さんの公式ホームページはこちら


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

青島食堂 秋葉原店(岩本町)/青島ラーメン+チャーシュー50円増し

さて、この日の私は同僚たちとラ部活~\(^o^)/
…でしたが、急遽メンバー1人が欠席となりました。
予定していたお店は以前から3人で行きたいと言っていたお店なので、それは次回行くことに。


そんな訳で、急遽同僚と2人で向かったのがこちら~(∩´∀`)∩

青島食堂 秋葉原店
(岩本町・東京都千代田区)
2017,11,24訪問

こちらのお店の営業時間は午前11時~午後18時。
基本的にメンバー3人が集まるとすると、どうしても夜18時は過ぎてしまうのでラ部活するには困難だったお店。
今日、一緒にラ部活できる同僚がずっと行ってみたいと言っていたので即こちらに行くことにしました。

さて、こちらのお店の最寄り駅は都営地下鉄新宿線・岩本町。
ですが!私たちは自分たちに使い勝手のいいJR秋葉原駅よりお店へ向かいます。
昭和通り口を出たら、まっすぐ道を渡って徒歩約6分。
「佐久間公園」付近を右に曲がれば、目印のように並んでいる人の行列が見えてきます。

おぉぉ~( ゚Д゚)( ゚Д゚)!すっごい並んでいる~。
実はこの日、お店に着いたのは、お昼のピークタイムをかなり外した15時過ぎ。
混雑時は誰かと一緒に食べに行ってもバラバラに座るシステムなので、空いている時間を狙ってみたけどこれは無理そう。

とりあえず最後尾に並び、こちらのお店初訪問の同僚にお店の感じを伝えます。

さて、少しずつ列が進んでいくと目に入ってきたのは立て看板。

よく見るとなんと!青島食堂さんのラーメン味の柿ピーのご案内。
うひゃー(≧▽≦)生姜醤油味の柿ピー美味しそう~。
お店で買えるんでしょうかね?

そんな感じで待つことしばし、遂に先頭。

入口の扉に貼られている張り紙を眺めているとあることに気づきます。

あぁ~、11月から値上げしたんですね~(*´Д`)

でも、こちらのお店のスープ、麺、チャーシューなど具材はすべて長岡で作ったものを秋葉原まで運んでいるそう。
実はちょうどこの日の夕方、放送されていた情報番組でその事を知りました。
そう考えると、新潟まで行かずにこの味が食べられるって考えたらちょっと値上がりしても仕方ないことですよね(*´з`)

さて、余談が長くなりましたが遂に私たちも入店でーす\(^o^)/
まずは入口扉を開けてすぐにある券売機に向かいます。

こちらのお店の券売機は、ちょっとドキドキするタッチパネル方式。

角度によってちょっと写真が光ってしまうので2方向からパシャリ、パシャリ。
ま、でもページはここだけなのがありがたいです(∀`*ゞ)エヘヘ

さて、中待ちも多いしゆっくりと券売機のボタンをチェックします。
一番上、写真付きのボタンは左から「青島ラーメン」「青島ラーメン 麺大盛」「青島チャーシュー」「青島チャーシュー 麺大盛」。

その下にある黒いボタンはトッピングの追加など。
そうそう、こちらのお店はチャーシューなどの追加が50円増し、100円増しなどのように小刻みに頼めるのがいいですよね(*^-^*)

お、柿ピーのボタンも発見!(≧▽≦)ちゃんと買えるんだー。

ま、でもこの日のチョイスはこんな感じ。

それでは、購入した食券を持ってウェイティングスペースに着席。
ずらりと壁沿いに並べたイスに座っていると、お店の人が少しずつ前の人に「食券を見せて下さーい」と声をかけていきます。

そうそう!これがこちらならではの感じ。
待っている間に厨房からお店の人が「食券見せて下さい」と声をかけてくれます。
お店の人に買った食券を見せて、お願いしたい人はこのタイミングで「麺固めで」とか言うことになっています。

以前、連れてきてくれた友達のことを思い出しながら私、私に倣って同僚も「麺固め」でオーダー。
独特のリズム感でメニューを繰り返す女性スタッフさん。

ラーメン~、チャーシュ~。
チャーシュ~、メンマ~、のり~…

そうそう…この頭の中に残る感じ、青島食堂さんに来たってって実感するわ~(*´Д`)♡

さて、順番に空席ができた場所へお客さんが座っていき、遂に私の番。
同僚と隣同士に座れたらいいなって気持ちもありつつ着席。

食券をテーブルの上に置いて、まずは出されたお水で乾燥した喉を潤します。

そして、お久しぶりなので卓上調味料のチェック。

置いてあるのはコショウ、ホワイトペッパーとブラックペッパーのミル。
そして、卓上調味料の近くに置いてある入れ物には、先客さんたちの食券が山盛りです。

と、ここでちょうど隣の席の人がごちそうさま、タイミングよく同僚が隣に来ました~(≧▽≦)♡

そんな訳で、ここからは2人でおしゃべりしながら調理風景を眺めます。
しかも、とってもいい場所なので湯釜がちょうどいい感じで見えますね~(*‘ω‘ *)(*‘ω‘ *)♡

ちなみにしばらく観察していると分かってきた?
どうやら器のサイズ、どんぶりに張り付けるナルトの位置などでメニューを表している様子です。

さぁ~活気のある店内、遂に私のラーメンが完成でーす\(^o^)/

青島ラーメン800円※麺硬め
+チャーシュー50円増し
ふわ~( *´艸`)、いい香り~♡

それでは、熱~いうちにいただきます!

まずはスープから、ふーふー、ごくり。

おぉぉぉ~、じんわり染みる~(*´▽`*)
スープはアツアツ、ベースは甘みと旨味がある動物系醤油スープ。
程よく生姜が効いていいて、これは身体の芯からあったまります~(*´ェ`*)ポッ

続いて麺。

麺はプリッとした縮れ麺、硬めオーダーでちょうどいい塩梅(*^-^*)
ちなみに並盛で175gと通常のラーメンと比べるとちょっと多めなので満足感もありますね。
ちなみに大盛は225gとかなりボリューム満点です。

さぁさぁ、増量したチャーシューもぱくり。

醤油系の味が染みたチャーシューは赤み多めの部位、脂身多めの部位。
食べる場所ごとに色々と味わいが違って、その微妙な違いが飽きさせません(*´▽`*)

メンマはコリコリで美味しいです!

これは、メンマ50円増しもすれば良かったな~(*´ω`)♡

さて、印になっていたナルトはかなり薄切り。


たっぷり生姜醤油スープをい含んだほうれん草もいい感じ(#^.^#)


途中、3種類あるコショウの中から細引きのコショウをパッパッ!

うんうん、こういう滋味深いスープには白コショウが合うんだよね~(*´▽`*)

没頭する感じで食べ進め、気づけば器の中はスープを残すのみ。
少し後から着丼した同僚が程よく食べ終わるころまで、じわじわスープをごくりごくり。
そして、目線でそろそろの合図をお互い送って終了です。

ごちそうさまでした~(*´▽`*)(*´▽`*)
さて、まだまだ並んでいる人がいっぱいいるのでごちそうさまのご挨拶をしてさっと退席です。

はぁ~、久しぶりの青島食堂さんやっぱり美味しかった~(*´▽`*)
秋葉原近辺はラーメン激戦区で他にもたくさんお店があります。
つい青島食堂さんが行列だと諦めて他のお店へ行ってましたが、やっぱりこの味は替えの効かない味だな~と思いました。
よーし、時間のある時にまた食べに来ようっと(*´з`)


2017年217杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキングへ

青島食堂 秋葉原店さんの食べログ店舗情報はこちら
東京都千代田区神田佐久間町3-20-1


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)


同僚とのラーメン部会の記録まとめはこちら

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

木曜日の志奈田(末広町)/濃厚海老つけ麺(並)+味玉

さて、この日の私は用事があって秋葉原。


せっかくなので?気になってたこちらのお店へ行くことにしました~( ̄▽ ̄)

木曜日の志奈田 もくようびのしなだ
(末広町・東京都千代田区)
2017,11,9訪問

こちらのお店の場所は以前「志奈そば 田なか second」として営業していたのと同じ場所。
2017,6,29よりリニューアルして現在は「九十九里煮干つけ麺志奈田」さんとして営業しています。
そして、私が訪問した木曜日はセカンドブランドの「海老」を使ったラーメンが食べられるお店「木曜日の志奈田」さん。

「志奈そば 田なかセカンド」の次のリニューアル店の、セカンドブランド…。
ちょっとややこしいですが(笑)、ま、とにかく気になっていたので楽しみです(*‘∀‘)♪

さて、お店の最寄り駅は東京メトロ銀座線・末広町ですが私は自分に使い勝手のいいJR秋葉原駅より。
2回ほど「志奈そば 田なか second」さんに訪問しているのですが、何せ秋葉原駅は広くて出口だけでも迷います。

しっかりと地図アプリを立ち上げて、確認しながらお店に到着。
ちなみに?今日は、こちらに向かう前に連絡をくれた友達と店前で合流です。

友達に軽く挨拶、それからちょっと店前をチェック。

店前に立ててある看板にあるメニューは「九十九里煮干つけ麺 志奈田」さんの物。
そして、その上から「本日は木曜日の志奈田、海老出汁専門店」ですとのご案内。

「木曜日の志奈田」さんのメニューは外にはないみたいですので、とりあえず中に入ってみましょう~('◇')ゞ

暖簾をくぐるれば「いらっしゃいませ~」のお声がけ、そして「食券をどうぞ」とご案内。

それでは、入口すぐにある券売機で食券の購入です。

ズラ~っとボタンはありますが…

よく見てみると「木曜日の志奈田」さんのメニューは「濃厚海老つけ麺」「海老吟醸そば」の2つ。

「とりあえず、どちらも食べてみたいよね」と言うことで私は濃厚海老つけ麺、友達は海老吟醸そばをチョイス。

買った食券はその場ですぐに受け取ってもらい、そして席へご案内。
席へ着いたらカウンター周りをチェックします。

客席はハイカウンターテーブルの12席でどうやら店内の内装はあんまり変わっていない感じ?かな?(・ω・)

置いてある卓上調味料はブラックペッパー、辣油唐辛子。


そして、卓上メニューは今日は食べれない「九十九里煮干つけ麺 志奈田」さんの物。

ちなみに裏面はお土地柄なのか英語表記アリ。

替え玉は半玉も選べるお腹に優しい仕様。

ま、でもこちらも「純濃煮干そば」と書いてあるからの「九十九里煮干つけ麺 志奈田」用かもしれません。

さて、新しいお店だと色々気になるものがあってついついキョロキョロ。
友達とあれは何だろう、これは何だろうと話しているとまずはつけダレが到着。

お店の方から「よく混ぜてお使い下さい」とのご案内。

そして、つけダレが提供されてからしばし待つこと麺が到着。

濃厚海老つけ麺(並)1,000円
+味玉100円


ちなみに、横に並べるとこんな感じ。

ちょっとつけダレが来てから麺が出てくるのが遅く、つけダレに油膜が張ってますね。

ま、でも、きっと油膜の下はアツアツに違いありません。
お腹も空いているので早速いただきます。

まずは麺だけをぱくり。

麺はしっかりと水で絞められたほのかに小麦の甘味があるモチモチの角中太麺。
ちなみに麺量は並盛240g、中盛360g、大盛480gとのこと。
中盛りはさすがに多いと並盛にしたけど、中盛りでもよかったかも(∀`*ゞ)エヘヘ

さて、続いて箸でつかんだ麺をつけダレへ…あれ?(*‘∀‘)

なんだか麺が沈まない…。
なんとこのつけダレ、とってもどろりと濃厚で麺をつけダレに入れてもすぐには沈みません。

と言う訳で、自主的に?麺をつけダレの中にくぐらせてからぱくり。

おぉぉ!!すっごい海老濃厚!(@ ̄□ ̄@;)!!
ガツン!と海老に動物系の甘味をプラス、つけ麺のつけダレなので割と塩味は強め。
とろ~りと滑らかですが、麺にエッジがあるのですごいよく絡みます。

しかし、ひとくち食べて最初に「よく混ぜて」と言われた意味が分かります。

ちょっとのんびりしているとつけダレ表面に油?が浮いてきて、ちょっと分離している?
ま、でも、ぐぐっと麺を絡めながら食べればOK!(・`◡´・)ゝ

さて、それでは添え物もいただきます。
まずはチャーシューをぱくり。

チャーシューはロースト系?とってもいい香りで美味しい。
だけど、つけ麺で乗っているだけなので冷たいのがちょっと残念。
では、と思ってつけダレにくぐらせて食べたらチャーシューの味が全部海老味になってしまって…(;´∀`)ハハハ

その他には、ちょっと変わった短め穂先メンマ。

サクサクとした食感と程よく染みた味わいが美味しい。

味玉も程よい半熟、お出汁感。

ただ、基本的にトッピングはつけダレにくぐらせると全て海老になるのでそのまま食べる方がいいかもしれませんね(〃'∇'〃)ゝエヘヘ

さて、終盤は舌がすっかり海老味になっているので味変。

気になっていた辣油唐辛子を少々。
…濃厚過ぎて少々じゃよくわかりませんでした~( ̄▽ ̄)エヘヘ
ま、もしかしたら置いてある卓上調味料は「九十九里煮干つけ麺志奈田」用だったのかな?

さて、濃厚なつけダレのおかげか麺を食べ終わるとかなりお腹がいっぱい。
でも、気になるのでスープ割りをやっぱりお願いしました。

ふむふむ(*´ー`*)海老のガツンとした感じはやわらぎましたが、思ったよりも塩分強め。
しかも、すっかりつけダレが冷めていたのでスープ割りをしてもなんだかぬるい…。

お店の方が「濃かったら言ってください」と言ってくれたのですが、これ以上スープを割ってもらっても飲み切れる自信がありません。
申し訳ないですが、ここで終了です(^▽^;)ゴメンナサイ

ごちそうさまでした(*- -)(*_ _)ペコリ
中盛でもいいかもと最初行ってたけど、並盛でちょうどよかったです。

ところで、こちらのつけダレかなり濃厚。
普段、つけ麺のつけダレの減りが悪い私ですが最後はかなり少なくなっていました。
なのでもし中盛・大盛にしたらつけダレ足りなくなるんじゃないかな~…と思いましたがご安心を。

どうやら、こちらではつけ麺のスープは有料で追加できるようです。

そうそう忘れちゃいけない友達との味交換ももちろんしましたよ。
こちらが友達が頼んだ方の1杯。

海老吟醸そば880円
こちら見ためは端麗な感じですが、こちらも海老がガツンと来るタイプ。
しなやかな細麺を合わせてありますが、塩味、油感もしっかりとあるので予想以上にパンチのある味になっていましたよ。


2017年207杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキングへ

木曜日の志奈田さんの食べログ店舗情報はこちら
東京都千代田区外神田3-4-1

志奈そば田なか 代表 田中友規さんのTwitter はこちら


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

中華そば 二階堂(九段下)/【冬季限定】味玉・味噌らあめん

さて、朝の寒さが強まってきたこの頃、朝から友達とあったかいラーメンが食べたいねーとメッセージ交換。


しばし、どこに行こうかとやり取りをした結果、行って来たのがこちら~\(^o^)/

中華そば 二階堂
ちゅうかそば にかいどう
(九段下・東京都千代田区)
2017,10,31訪問

さて、こちらのお店の最寄り駅は都営新宿線・九段下駅。
A3出口より約徒歩5分の場所にありますが、私は自分に使い勝手のいいJR水道橋駅から向かいます。

地図アプリを参考にてくてく歩くこと約8分、お店に到着です。
友達とは店前で合流予定、どうやら先に着いたみたいなので待っている間に店前をチェックします(#^.^#)

入口右手側には立て置き型のメニュー一覧。


店前には張り紙。

おぉ、毎月第一土曜日は立ち飲みのバー営業なんですね~( ゚Д゚)

そして、とっても気になる季節限定のご案内。

むむむ~(*´ω`*)悩む~。
夏の冷やしイリコそばが美味しかったので、今日はあったかいほうの「イリコそば」を食べてみようと思っていたんですけど…。
寒いから味噌もいいなぁ~(*´ω`*)

さて、友達と無事合流。
中から出てきたお店の人に声をかけられて、とりあえず食券の購入です。

券売機は店内入ってすぐ右手。

券売機の並びは一番上に季節限定。

またボタンは「白→中華そば、ピンク→イリコそば」のように、ほぼ種類ごとに色分けされていてとってもわかりやすいですね(#^.^#)

購入した食券はその場でお店の方が回収。
店内満席のため、こちらでお待ち下さいと店内の壁際でスタンバイ。
そして、席が空いたところで案内されます。

ハイカウンターテーブルなので、「よっこいしょー」といった感じで着席(*‘∀‘)


座ればすぐホール係の女性の方から、保冷力バツグンのステンレスタンブラーでお水が提供。

しかも、この日はハロウィンだったため「良かったら食後にどうぞ」と飴ちゃんもらいました~(*^^)v

さぁ!そんな感じでちょっとほっこりしているうちに完成でーす。

味玉・味噌らあめん950円
本当はあったかいイリコそば食べようと思ってんですが、張り紙を見たらすっかり味噌モードになっちゃいました~(〃'∇'〃)ゝエヘヘ

それにしても、スープがなみなみ~。

あったかそう~(*‘∀‘)♡

それでは、いただきまーす。
まずはスープからごくり。

おぉ!!アツアツピリ辛!?(≧◇≦)
見た目で辛いと思っていなかったので、意外と辛味の効いた辛味噌スープでちょっとびっくり。

一旦お水を飲んで、心の準備をしてからもう一度ごくり。
うん、アツアツ旨辛~(*´ω`*)♡
ラードが効いててアツアツ、味噌の甘みと酸味もいい感じ。
生姜、ニンニクはのんのり、生姜も効いていてとっても美味しいです。

続いて麺をいただきます。

麺は中太縮れ麺でぷりぷり、もちもち。
食べ始めはちょっとスープとの馴染みが弱いけど、次第にスープと馴染んでいい一体感。
最初ちょっと硬めのゆであがりなのは、アツアツのスープで食べるのに時間がかかるからこその配慮かもしれませんね。

さて、それではスープと麺以外も食べて行きます。
まずは炒め野菜をがぶり~(*´▽`*)

使われている野菜はシャキシャキのもやし、甘みの出た玉ねぎ、彩りの人参。

野菜にかぶりついているとメンマ発見。

野菜と一緒に炒められていたのか、野菜の合間にメンマのシャクっとした個性的な食感が面白いです(*´ω`*)

その他には、サイコロサイズに切ったジューシーなチャーシューがゴロゴロ。


野菜と一緒に炒めたであろうひき肉も美味しい( *´艸`)

味噌らあめんのひき肉を食べると、本当に白いお米が食べたくなるんですよね~。

さて、終盤はお楽しみの味玉~\(^o^)/

うんまい!!(≧▽≦)♡
プリッと白身に程よいジェル状の黄身、味付けもしっかりだけど程よい和風。
冷やしイリコそばを食べた時も思ったけど、こちらの味玉は相変わら美味しいです。

スープたっぷり具沢山の味噌らあめん、気が付けばお腹いっぱい。
そろそろ…というところで終了です。

ごちそうさまでした~( ´ ▽ ` )
思っていたより辛かったからびっくりしたけど、身体ぽっかぽか。
寒かったから実は味噌モードだったので大満足です~(*‘∀‘)

そうそう、食べてみたかったイリコそばは友達が食べたので味見させてもらいました。
それがこちら。

わんたんイリコそば880円
見ための美しさもさることながら、イリコの旨味とほどよい塩梅の塩加減がとっても美味しかった~(*´ω`*)
いずれ、イリコそばも自分でちゃんと頼んで食べてみたいと思います。

ま、でも、もう一つある季節限定ローストトマトの乗った「カリー味噌らあめん」も気になるんだよね!
うーん、いつになったらレギュラーのイリコそばを食べれることやら~( ̄▽ ̄)♡


2017年203杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキングへ

中華そば 二階堂さんの食べログ店舗情報はこちら
東京都千代田区飯田橋2-3-7 1F

【夏期限定】冷やしイリコそば+味玉を食べた時のブログはこちら
「わんたんめん」を食べた時のブログはこちら


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

お知らせ
ラーメンブログランキングに参加しています(^ム^)
プロフィール

もりみ

Author:もりみ
1日1ラーメン食べられたら幸せですが、周りが心配しますし体力的にも経済的にも無理なんでボチボチやってます
(*^^)v

最新記事
カテゴリ
タグ

新宿区 杉並区 小金井市 中野区 千代田区 武蔵野市 渋谷区 北区 調布市 豊島区 練馬区 番外編 埼玉県 荒川区 千葉県 中央区 台東区 世田谷区 三鷹市 ラーフェス 国分寺市 青梅市 港区 ラー飲み 目黒区 文京区 品川区 立川市 葛飾区 カップ麺 墨田区 昭島市 神奈川県 江東区 うどん 大田区 まとめ 板橋区 江戸川区 福生市 府中市 チェーン店 国立市 足立区 国分寺 小平市 西東京市 閉店 八王子市 東大和市 曙橋 茨城県 コラボ 日本蕎麦 浜田山 自宅麺 蕎麦 日野市 多摩市 あきる野市 町田市 練馬 阿佐ヶ谷 

ラーメンブログ リンク

ラーブロ
ラーメンブログ専門リンク集「ラーブロ」に登録しました
\(-o-)/設定ってむずかし~
月別アーカイブ
FC2カウンター
訪問ありがとう~
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード