中華蕎麦 とみ田(千葉県松戸)/味玉そば

さーて、最近月1くらいでラー友さんと行ってるラーメン遠足。
2017年3月はこちらに行ってきました~\(^o^)/



中華蕎麦 とみ田 ちゅうかそば とみた
(松戸・千葉県松戸市)
2017,3,11訪問

こちらのお店は言わずもがな!!(≧▽≦)
濃厚な豚骨魚介スープの最高峰と言われる超有名店です。
私も昨年初めてこちらの「特製つけそば」を食べてとっても美味しくて感動しました(*´ω`*)

そして、また来たいと思いながら約1年…(*´Д`)
ラーメンフェスやコンビニの監修麺を食べましたがやっぱりお店で食べたい…
と言うことで、またまた千葉県在住のお友達にお願いして整理券を取ってもらいました~\(^o^)/ヤッタネ

さて、中華蕎麦とみ田さんで食べる為には、朝7時から配られ始める整理券を取ることから始まります。
この整理券は代表者が5人分まで取ることが可能。
この時点でオーダー、お支払いをしてしまいますので友達には何を食べたいか伝えておきます。

ちなみにメニューは、大きく分けて「つけそば」と「中華そば」の2つ

後は麺の量やトッピングの違いです。
そう言えば、ごはんメニューを食べている人もいましたが、外にあるメニューにはそれは書いてありませんね。
今になって気が付いた…
けど、ま、麺まっしぐらだったのでとりあえずいいか…(*‘∀‘)


↑ちなみに整理券取る際の注意点、詳しくはこちらをクリック

さて、そんな訳で友達が受け取った整理券の時間はこちら。

私たちはこの時間までにお店に来ればOKです。
代表して整理券を取ってくれた友達から「前回より遅めでゴメン~」とメッセージ。
いえいえ、ちょうどお昼としていい時間帯ですよ~(*´▽`*)いつもありがとう~。

そんな訳で、私は集合時間の20分前にJR松戸駅に到着。
前回は駅集合でしたが、今回はお店集合だったので地図アプリを立ち上げて徒歩約6分の道を歩きます。

2回目だからなんとなく分かるけど、こういう時こそ慎重に。
お店に着くと私以外のメンバー4人は既に到着していました。
お待たせしてすみません~…って15分前、みんな早い!(≧▽≦)ワクワク

さて、整理券は代表者が取ることができますが、食べる時は代表待ちは禁止。
全員お店前に集合した時点で、お店の人に揃いました~とお伝えします。

後はお店に入るのを待つばかり、待っている間はおしゃべりと店前のチェック。

ひと通り気が済んで店外のベンチに腰掛け待っていると、整理券制を知らない人がやってきました。
「あ、並び少ない。並んじゃう?」と言っている声が聞こえてきました。
そして、「あ…」と思っているうちにお店の入口へ。
出て来たお店の人から「今だと16:00過ぎくらいです」と言われているのが聞こえます。

まぁ、その人達は諦めてどこかへ行ってしまいましたが11時前で16時過ぎ…、頑張れないこともないかも…(*´з`)

さて、そんなこんなで予定の時間を過ぎた頃ついに私たち5人にお声がけ。
遂に店内へ~(^O^)(^O^)(^O^)(^O^)(^O^)

中へ入れば「いらっしゃいませ、お待たせいたしましたー」とお店の方達からお声がけ。
そして、やっぱりお会いできれば嬉しくなってしまうのがご店主の「富田さん」の存在!
美味しいラーメンが食べられると言う条件反射なんでしょうか?とっても興奮してしまいます(≧▽≦)

さて、それでは興奮する気持ちを抑えて、入口より右手側のカウンター席へ。
そうそう、こちらのお店の作りは入口中央から左右に分かれるカウンター席が2列。
調理スペースに向かって座る7席と窓に向かって座る4席の計11席。
窓に向かって座る4席の方に座ると調理スペースに対して背を向けて座ることになってしまうんですよね。

ま、今回も運よく調理が見える側。
なので、待っている間は目の前で調理を進める富田さんと助手さんの動きをじ~っ(*´Д`)
きっと沢山の人からこんな風に見つめられているんでしょうね。
でも、その動きは洗練されていて、見ていてうっとりしてしまいます(#^.^#)

さて、今回はつけそばと中華そばを頼んだメンバーが混在。
まずは、中華そばのメニューから着丼で~す\(^o^)/

味玉そば900円
おぉ~、盛りだくさんです~(*’▽’)♡

前回の私が選んだ「特製つけそば」はチャーシューがたっぷり乗っていました。
美味しかったけど、やっぱりちょっとお腹いっぱいになり過ぎちゃったので今回はそれを踏まえてオーダー。
何をいっぱい食べたいか考えた結果、やっぱり私は麺喰い。
そして、味玉が大好きなのでこうなりました~(〃'∇'〃)ゝエヘヘ

それでは、いただきまーす(*´▽`*)

レンゲを沈めるととろ~っとスープがレンゲの中に。

おぉ、見るだけでも濃厚な感じが伝わってきます。
そして、ごくり。
おぉぉぉ~、濃いうんまいぃ~( *´艸`)
つけそばのつけダレと同じくらい濃いんじゃないかなと思うくらい濃厚な豚骨魚介にびっくり。
味の違いとしては、中華そばのスープの方が甘味は少なく塩味を強く感じます。

続いて麺をいただきます。
箸をどんぶりの中に指し入れて麺をググッと引っ張りあげればしっかりとスープが付いてきます。

ふーふー、と冷ましてからがぶり。
おぉぉ!!((๑✧ꈊ✧๑))!!すっごい噛み応え!
つけそばの麺の時にびっくりした弾力が中華そばになってもあります!
しかも、このガチムチな麺の質感が食べ終わるまで変わらないのがまたすごい(≧▽≦)

さてさて、のっけもの。
まずはピンク色でしっとりとしたチャーシュー。

フチが香ばしくて美味しいです~(*´▽`*)

そして、ほろほろっと柔らかい豚のロールチャーシュー。

あれ、それにしてもチャーシューいっぱい乗ってる気がします~。
確か外のメニューではチャーシュー1枚って書いてあった気がするけど…
2種1枚ずつってことなんでしょうかね(〃'∇'〃)アリガタヤー

さて、その他薬味はネギと柚子皮。

柚子皮のほろりとした苦み、そして清涼感ある香り。
麺を啜り上げると一緒に口に入ってきて爽やかなアクセント( *´艸`)

そして、角太メンマはゴリゴリっとしていてしっかりとした食感。

そして、前回も美味しかったけどやっぱり味玉、お出汁が染みててすっごい美味しい~(≧▽≦)

…が、味玉を割ったところで興奮して写真を撮り忘れ。
メンマの写真を撮った時に移りこんでいる写真しかありませんでした(*^▽^*)テヘ

さてさて、中華そば組から遅れる事しばしつけそばも完成。
隣の席に座っていた友達が写真と味見をさせてくれました(#^.^#)
まずは美しい流線形がたまらない麺鉢。

冷たく絞められた麺はガチムチ、コシの強さ、しっかりとした弾力。
麺単体で食べれば小麦の甘みがしっかりと感じられてこりゃやっぱりうんまい( *´艸`)

そして、どろ~り濃厚な豚骨魚介のつけダレ。

あ、ちなみに友達が頼んだのは「つけ味玉950円」。
友達も前回特製で苦しかったので、特製でなく味玉にしていました。

途中味交換をしたものの、やっぱり先に食べ始めていた中華そば組2人は先に食べ終わり。

ごちそうさまでした~(*´▽`*)

さてさて、人気店ですし、ここはお先に外へ出ようと友達が立ち上がります。
するとお店の方から「この席はお客様たちのために時間を取っておりますので、どうぞ皆様が終わるまでご一緒にいらしてください。」とのお声がけ。

おぉぉ~…なんかすごい嬉しい…(*‘∀‘)♡

もちろん私は、人気店に行ったら先に食べ終わった人は次の人やお店の事を考えて先に出ているのがいいかな~と思います。
ですが、とみ田さんでは時間指定の整理券制をきちんと活用されていて、その時間はその人達のために確保してくれているんですね。
友達同士で来ても食べるスピードは人それぞれ、残されてしまうと焦る気持ちもありますのでそのお声がけとっても嬉しいです。

ま、私たちの横にいて食べきれない量を頼んでしまった2人組に
「そろそろお時間ですので…」と申し訳なさそうに声をかけていましたけどね。

さて、そんな訳でつけそば組はスープ割もきっちりいただいて…
そして、全員揃ってごちそうさまでした~(*´▽`*)

初めて来た時も思いましたが、中華蕎麦とみ田さんの1杯は麺、スープ、乗ってる具の1つ1つに対する気遣いが本当にすごい。
そして、味だけじゃなくそのおもてなしの心もすごいな~と、再び感動してしまいました。
はぁ~、また来れて本当に良かった。
友達にまたおねだりして連れてきてもらおうっと~(*´▽`*)


2017年50杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキングへ

中華蕎麦 とみ田さんの食べログ店舗情報はこちら
千葉県松戸市松戸1339

特製つけそばを食べた時のブログはこちら


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)
スポンサーサイト

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

大ちゃんラーメン(千葉県君津市)/とんしお

さて、ちばからさんを満喫した後、まさかのガッツリ系からの連食!(ΦωΦ)フフフ
せっかく千葉まで来たのだからと、急遽もう1軒行くことに~。


そんな訳で、再び車で移動して向かったのがこちら。

大ちゃんラーメン
(君津・千葉県君津市)
2017,2,18訪問

こちらのお店の最寄り駅はJR内房線「君津駅」。
しかし、こちらのお店は最寄り駅からの距離が4km以上とこれまた歩くにはちょっと難しいお店。
ま、一応、バスで向かうこともできるようですが、知らない土地の乗り慣れないバスに乗るのってコワイですよね。
ちなみにお店のホームページには「徒歩難」と書いてありました( ̄∇ ̄)ハハハ

そんな訳でちばからさんから車で約30分、お店に到着。
私はこちらのお店の予備知識はありませんでしたが、この日同行したラー友さんが長年食べに来たかったそう。
そう言われたら、食べさせてあげたいじゃないですか~( ̄▽ ̄)
と言うか?私の知らないラーメンをたくさん食べ歩いているラー友さんが長年食べたかった味。
きっと美味しいにちがいないと食べる気マンマンです( ̄▽ ̄)

入店前に軽くジャンプ?して体調を整え…
それでは、入店でーす\(^o^)/

ドアを開けると中はしっとりと温かい空気、窓は熱気ですっかり曇っています。
しかも店内は白くもや?…香ばしい?いやちょっと煙いくらい。
わぁ~、目がシパシパします~(*_*;

そして、店内入口付近には空席待ちの並びがずらり、もちろん客席は満席。
ちなみにこれはかなりタイミングが良い状態のようで、帰り際には外にもはみ出すほど人の列ができていました。

それでは、待っている間に店内を観察。

こちらのお店は入口より正面が通路兼、ウェイティングスペース。
入口左手側が客席のスペースで店舗正面1番奥に厨房。
その向かいに長いローテーブルのストレートカウンターがずらりと9席。
カウンターの後ろは通路になる空間があり、それを挟んで小上がりのテーブル席が3卓。
一応テーブル席は4人がけのようですが、お子様ならプラスして座れる感じです。

従業員さんはご店主さんらしき男性1人、接客担当の女性の方が3人。
しかし、基本定に調理はご店主さん1人でやっている様子。
ラーメンの調理、そしてこちらに来た人のほとんどが頼むという餃子がガンガン焼かれていきます。
なるほど~、この煙の正体は焼き餃子なんですね~(^▽^;)

ちなみに、気になる焼き餃子はお持ち帰りも可。

1人前200円って安いですよね~(゜o゜)
今日はもう餃子はさすがに食べられないので、ちょっとお持ち帰りしちゃおうかしら~。

と、隣に書かれている「ゆで卵1個サービス」の案内に気が付きます。
なんとこちらでは、ラーメン1杯に付きゆで卵が1個無料。
知っているのか、みなさんこちらのカゴの中から慣れた手つきで持っていきます。

もちろん私もいただきます。
味玉も好きだけど、ゆで卵も好きなんですよね~(#^.^#)

さて、待ち始めて少ししたところでお店の方から人数確認、そしてオーダーを聞かれます。
ちなみにメニューはカウンターの上、黄色いボードに赤字でずら~と長く出ています。
※タイミング的に写真を撮れなかったので、気になる方はぜひお店のHPを参考にしてください(〃'∇'〃)ゝエヘヘ

ざっと説明すると、こちらの麺類の基本メニューは「とんしお¥650」と「みそ¥700」の2種類。
それに「ねぎ」、「チャーシュー」、「ネギチャーシュー」がトッピングされたものがあり全部で8種類の組合せ。

そして、サイドメニューはライス、チャーシュー丼を筆頭に構成。
大ちゃんギョーザ、Wギョーザ、トリプルギョーザ、ギョウザライスと餃子人気がうかがえるラインナップ。

私はもちろん一番人気の「とんしお」をオーダー。
そして、「席バラバラでもいいですか?」と言う確認に対して、2軒目と言うこともあり一緒に座れるのを待ちますとお伝えします。

そんこんなで、後ろの人に席を譲りつつ待つこと30分。
並びでカウンター席が4席空いたのでご案内。

席へ着いたら、まずはセルフサービスのお水の準備。
ウォーターサーバーが先ほどのゆで卵の近くにありますのでそこから持ってきます。

ちなみに、コップは紙コップ。
こちらは脂こってりタイプだそうなので、もしかしたら洗うより清潔でエコなのかもしれませんね(#^.^#)

卓上調味料はラー油、酢、醤油、ブラックペッパー。


そして、ちょうどご店主さんがラーメンを作っている目の前の席だったこともあって待っている間は調理をじっくり観察。
ずら~っと並べられた丼に次々とラーメンが作られていき、その間にも餃子が店内を飛び交います。
あー、餃子も美味しそう~\(~o~)/

こうして待つこと約10分、着丼で―す。

とんしお650円
おぉ~、なんか盛り付け豪快!(*´▽`*)

それでは、早速いただきまーす\(^o^)/
まずはスープからごくり。

おぉ~、めっちゃニンニク効いてる~(@ ̄□ ̄@;)!!
口に入れるとすぐさまガツンとニンニクの強烈なパンチ。
しっかりと乳化した豚骨塩スープはクリーミィで甘味もしっかりとあります。
そして、不思議なのは塩なのに味噌のような醤油のような…。
ちょっとしょっぱめで独特の濃い味わいがうんまいなぁ~!(≧▽≦)

続いて麺を。

麺はちょっと硬めでぷりぷりっとした中細麺。
すこし緩めなウェーブにこの中毒性の高いスープがよく上がりますね( *´艸`)

さて、のっけものチャーシューをぱくり。

おぉ~、めっちゃ香ばしい。
脂身しっかりの豚バラ肉に香ばしく焼かれた肉の風味がよく合います。

しかも、嬉しいことに私のラーメンには端っこチャーシュー入ってました~(*´▽`*)

端のチャーシューって味がしっかり沁みてて、香ばしい部分も倍増で嬉しいです。
あー、これは2軒目じゃなかったら?チャーシューご飯も食べてみたいな~(*´з`)

さて、その他にはけっこうたっぷりのシャキシャキもやし。


コリコリのメンマ。

懐かしいメンマ臭もするタイプでこれ好きです(*´▽`*)

そして、玉ねぎのみじん切り。

これが、甘くて程よい食感もあっていいですね~(≧▽≦)

さて、それでは途中でどんぶりのフチに乗っていたブラックペッパーを少しずつスープにとかして行きます。

あ~、これも合う~(*´ω`*)
甘め濃いめのスープにブラックペッパーのピリピリとした辛さが美味しいですね~。

って、後でラー友さんの写真を見たら、みんなのブラックペッパーはチャーシューの上にかかっていました。
私のはどうやら、勢い余って?どんぶりのフチになってしまったみたい。

ですが、これが存外いい感じ(#^.^#)
チャーシューの上にあった場合、結果的にブラックペッパーが全部スープに入ってしまいますよね。
でも、これならばこれならば自分のペースで溶かし混ぜて食べられます。
ちなみに、豪快に降られたブラックペッパーは結構辛く、私は全部使えませんでした(〃'∇'〃)ゝエヘヘ

さて、終盤ちょっとスープがしょっぱいな~と感じて来たところでゆで卵の登場~(≧▽≦)
卵の尻の部分をテーブルでガチンっ!と割ってからむきむき。

そしてどーん。

ぱか~(≧▽≦)

しっかり茹でられたゆで卵の黄味にスープをなじませてからぱくり。
口の中でぞろ~っと広がる黄身。
卵の黄身を通して沁み込んだスープをの甘み塩気を満喫~( *´艸`)♡

最後はどんぶりの中身を軽くさらって、今日はこの辺で終了です。

ごちそうさまでした~(*´▽`*)

さすが、ラー友さんが長年食べてみたかった味。
どこか懐かしいけど、最近なかなか食べれない濃い味付け。
中毒性が高くて、これは病みつきになりますね~。
ここは本当に車のない私ではなかなか来れないお店ですが、また来れたら今度は餃子も是非食べてみたいです。

…だだ、はぁ~…さすがに、今日はまんぷく過ぎはっぴ~です…(*´з`)けぷ~。

さて、食べ終わる頃にはお店の外へはみ出すほどの行列が。
お支払いをしてお店を後にします。
そして帰りも楽しいラーメントーク。
途中で海にも立ち寄ったりして、普通に遠足気分も満喫して終了です(*´▽`*)

今回もお付き合いしてくださった皆様、ありがとうございました(〃'∇'〃)ゝエヘヘ


2017年34杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキングへ

大ちゃんラーメンさんのホームページはこちら

大ちゃんラーメンさんの食べログ店舗情報はこちら
千葉県君津市常代5-4-2


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

ちばから(上総村上・千葉県市原市)/ミニ油そば(醤油)(アブラ・ネギとラー油マシマシ)

さて、この日の私はラー友さん達とラーメン遠足。
1度行って、また食べに行きたい!と思っていたけど私の行動範囲からはかなり遠くて行けないお店へ連れていってもらいました。


そんな訳で、朝9:30頃にJR南船橋駅南口に集合。

それでは、全員揃ったところで出発でーす\(^o^)/

ここからは、カーナビを頼りにお店の近くまで友達が運転。
ラーメン好きが集まれば、自然と会話の中身はラーメンの事。
そして、これから行くお店は私以外のラー友さんたちは初訪問。
なので、お店の事を私がレクチャー?しちゃったりしました(〃'∇'〃)ゝエヘヘ

そんなこんなで約45分、カーナビ&私ナビでどうにかお店到着。
2回目と言っても3ヶ月以上前の事なので、見覚えのある建物が見えた時は嬉しかったなぁ~(*^▽^*)
しかも、店前に待っている人はまだいませんでした。
つまり、誰もいないと言うことは、店前の駐車スペースも空いていると言うこと。
店前の一番特等席に駐車することができました(*´σ-`)エヘヘ

ちなみにちばらかさんの駐車スペースは店前に昼は1台、夜は3台分。

そして、お店の建物裏側に赤いカラーコーンが目印の砂利敷き駐車スペースが8台分あります。

さて、それでは改めて行ってきたのはこちら~\(^o^)/

ちばから
(上総村上・千葉県市原市)
2017,1,18訪問

さて、こちらのお店の最寄り駅は小湊鉄道線・上総村上駅(かずさむらかみえき)。
そして、最寄り駅からは徒歩約20分。
まぁ、駅までたどり着ければ歩けない距離でもないのですが、私の行動範囲からはかなり遠いのでやっぱりお友達のお力を借りれるととっても嬉しいですね。

ちなみに隣駅の「五井」からだとお店までは3.5kmほど距離はありますが、バスで向かうこともできるそうです。
バスの場合は小湊鉄道バス五井駅から「国分寺台行」、または「山倉こどもの国行」に乗り約15分。
「国分寺入口」というバス停からは徒歩約3分とのことです(#^.^#)

さて、この日の到着時間はオープンの約1時間前。
先頭をゲットしましたが、並び始めてほどなく後続の人たちが続々と到着。
店前のベンチに詰めて座われば、前回気づかなかったことに気が付きます。

お!自販機の横にこんな文字が入っていたんですね~(°▽°)

ちなみに正面からみるとこんな感じ。

インパクトのあるオレンジ色、2つの自販機を渡って入った「ちばから」の文字。
2段目の列にずら~っと黒烏龍茶が並んでいるのが、やっぱりガッツリ系ラーメン屋さんならではですよね。

途中、大量のもやしを持ってきた八百屋さんに「これ1日分だよ(^_^)」と教えてもらったり、わくわく待つ事ついにオープン時間。
ちなみにその頃には、オープンを待つ人の列はベンチには座り切れないで立っている人も出ています。
うぅ~(*´▽`*)早起きしてよかった~。

そして、ガラガラ~っとシャッターが開き「お待たせしました~」のお声がけ。
「いらっしゃいませー」の声に迎えられて入店で~す!\(^o^)/

それでは、経験者?という事で、1番に食券を購入するのは私 (〃'∇'〃)ゝエヘヘ
店内に入って右奥にある券売機の前へ。
後続の人たちに迷惑にならないよう、さっと1枚写真をパシャリ。
そして、お金を入れたら前回同様、「ミニらーめん」の食券を購入。

ちなみにその時に撮った券売機の写真がこちら。



券売機1段目左から「らーめん豚一切れ」「らーめん豚なし」
そして、「油そば 醤油」「油そば ごまだれ」「つけ麺 醤油」「つけ麺 ごまだれ」と続きます。

2段目はトッピングなどで「節券」「麺大盛券」「麺特盛券」「豚券」
一番右側にあるのが麺量200gの「ミニらーめん」。

3段目は「白飯」「豚めし」「飲み物(お茶orコーラ)」「ビール」の並び。

それから、ちばからさんは券売機にはない有料トッピングもありますよ。
頼めるものは、味玉 ¥100、チーズ¥100、温玉¥50、のり¥50、レン草¥50、生卵¥30。
こちらの有料トッピングは、食券を渡す時に口頭で現金払いでの注文となっています。

さて、食券をお店の方へ渡すタイミングで、私は「油そば醤油でお願いします。」と言い添えます。
そう、ちばからさんでは女性と子供は「ミニらーめん」を「ミニ油そば」または「ミニつけ麺」に変更することができるんです (∀`*ゞ)エヘヘ

そして、油そばへの変更に気を取られてて、一瞬忘れそうになった先のオーダー。
「麺硬め」もギリギリ思い出してきちんとお伝えできました。
ちなみに先のオーダーでお願いできるのはこちら↓

麺少なめ、アブラ少なめ、麺硬め・柔め、味薄め。
調理後に変更できないお好みオーダーはここでします(#^.^#)

さて、オーダーが済んだら、まずは入口近くのウォーターサーバーからお水の準備。
そして、完成までの間は目の前で作られていくラーメンを眺めます。
ガッツガッツと力強く混ぜられる寸胴、テキパキと阿吽の呼吸で作られていくラーメン。
麺の湯切をする二の腕の筋肉のカッコイイこと!(*‘∀‘)

思わず惚けてしまいますが、後のオーダーをちゃんと言えるかそろそろ心の準備。
前回と同様、一緒に座った4番目のラー友さんから後のオーダーの声がかかります。
そして、一番最後に私に後のオーダーのお声がけ。
一瞬ドキリとしますが、ここは落ち着いて店内の張り紙を見ながらはっきりゆっくり丁寧に!

「アブラ、ネギとラー油マシマシで!( `―´)ノキリッ!」

ちなみに、後のオーダー「ラー油」は書いてありませんができます。
甘い豚骨スープにラー油のピリ辛が合いますよ~(*´▽`*)

さて、今日一番の大仕事?後のオーダーも無事に終了。
お待ちかねの着丼で~す\(^o^)/

ミニ油そば醤油710円
アブラ・ネギとラー油マシマシ
※女性・子供サービス ミニらーめんを油そばに変更

おぉ~(*‘∀‘)今回は野菜マシしなかったけど、結構量があるように見えますね~。
混ぜる事を前提にしているからなのか、ミニらーめんよりも油そばの方が器もでっかいです。

さらに油そばは温玉付き。

割スープが入ったポットも一緒に提供され、色々出てきてちょっとドキドキします。

そして、提供された時、お店の方から「油そばは初めてですか?」とのお声がけ。
私が「はい」と答えると、
「タレが底に入っているのでよく混ぜてお召し上がりください。温玉は途中で入れるのがオススメです」とのご案内。

とっても丁寧なご指南ありがとうございました。
それでは、いただきまーす!(*´▽`*)

それでは、混ぜ合わせる前に、ちょっと丼の底のタレを確認。

おぉ~、油そばと言うけれど結構タレは多めですね~(*‘∀‘)

そして、まぜまぜしてしまう前に豚さんにご挨拶。

お久しぶりです、また後で!(・`◡´・)ゝ

では、レンゲとお箸を使って器の底から麺をぐる~り、ぐる~り。
よーくまぜまぜして、これくらいかな~( `―´)ノ

タレを纏ったツヤツヤと光る平打ち麺、見ているだけでじゅるり(๑´ڡ`๑)

それでは、がぶり~(^○^)

んんん!((๑✧ꈊ✧๑))うんまーい!!
あぁ~、ラーメンも美味しかったけど…油そばもめっちゃうんまいわー(≧◇≦)♡

麺はラーメンと同じく平打ち、つるつるとした麺肌が気持ちいい自家製麺。
とろりと乳化したタレは麺によく絡み、豚の甘みと醤油の味が美味しい。
ラー油を入れてあっても、豚の甘みがすごいのでマシマシでも程よいピリ辛具合です。

さて、よく混ぜ合わせてあるので、ここからがわっしわっしと食べ進めます。
するともちもち麺と一緒にシャキシャキもやしが口の中に。

この食感のコントラスト、そして感じる味わいにちょっと違いが生まれます(*´ω`*)

そして、よく混ぜ合わせた麺の中から、いいタイミングで豚が。

がぶり。
くぅ~!!(≧▽≦)たまらーん!!
麺の中で温められた豚はほかほか。
タレとはまた違う味が染みていて、食べれば旨味が舌にじわ~っと広がります。
脂身は甘く、赤身はほどよくほろりと崩れて、頬張る度に思わず顔がにや~、にや~( *´艸`)としてしまします。

あぁ…こんなうまい豚あるんだねぇ~。
私、ラーメンの中では麺が1番好きかな~って思っていたけど、豚もいいねぇ~( *´艸`)

さて、それでは終盤に温玉を投入~。

卵のまろやかさがプラスされていい感じ。
油そばは温玉もついて来るのが嬉しいなぁ~(*´▽`*)

そして、ご厚意で出してもらった生姜で味変も。

実は、この生姜のトッピング、こちらの常連さんが食べていて気になっていたんですよね。
追加トッピングに案内がなかったので、食券を渡す際にお尋ねしたら出していただいちゃいました(〃'∇'〃)ゝエヘヘ
味は甘酢風味でとってもさっぱりしていて、とってもいい箸休め。
私は体質的に生のニンニクがあまり食べられないので、生姜がトッピングに増えるといいな~と思いました(#^.^#)

さて、麺、具を完食したら、最後はスープ割。

これが!!!めっちゃうまかった!!(≧◇≦)
私以外のラー友さんが食べ終わり先に外へ出ていたこともあり、ちょっと慌てていて写真がないんですけど、このスープ割が本当にすごく美味しかったです。
白濁したほんのりとろみのあるスープは甘くてうんまい。
せっかくこんなに遠くまで来て、スープが飲めない油そばってどうかな~と思ったけど、このスープ割をいただけばその気持ちもなくなりました(・`◡´・)

そんな訳で、思ったより残っていた油そばのタレ。
スープ割をしたら思わずぐびぐび。

ごちそうさまでした~(*´▽`*)
これは汁完?それともタレ完?( ̄▽ ̄)

はぁ~、まんぷくはっぴ~。
今回もすごいうんまかったわ~。
また食べに来たい…と、食べ終わった瞬間そう思ってしました(*´ェ`*)ポッ

はぁ~…でもなかなか行けない「ちばから」さん
…そう思っていましたが朗報です( ̄▽ ̄)
なんと渋谷にある「蕎麦ちばから」さんの場所で「ちばから」さんのラーメンが食べられるようになるそうです。

いつから、どんな感じで食べられるのかはまだ分かりませんが、すっごい楽しみ。
絶対に食べに行こう~♡\(^o^)/


2017年33杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキングへ

ちばからさんの食べログ店舗情報はこちら
千葉県市原市西国分寺台1-3-16

初訪問!ミニラーメン(ヤサイ・アブラ・ネギとラー油マシマシ)を食べた時のブログはこちら


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

中華蕎麦 とみ田@大つけ麺博2016(新宿)/10年目の濃厚魚介豚骨つけ麺+特製全部のせ

年末も近づいて来ると、普段よりもなんだか忙しくなってきますよね。
そんな訳で遅いブログ、自称「チブログ」にも拍車がかかってきています(〃'∇'〃)ゝエヘヘ


さて、本日のブログは終了して間もなく約1ヶ月経つこちらのブログ~\(^o^)/

大つけ麺博presents
つけ麺vsラーメン
本当に美味いのはどっちだ決定戦2
2016,10,27訪問

行った人も、行かなかった人にもさらっとおさらい?
この「大つけ麵博」は約1週間ごとにお店が入れ替わり第1陣~第4陣に分かれています。
そして、各陣ごとに10店舗、つまり全部で40店ものお店が出店されます。

さて、訪問した日は最後の陣、第4陣。
第4陣のラインナップはこんな感じ~\(^o^)/


そして、私のお目当てはこちらで~す

中華蕎麦 とみ田
こちらのお店は、千葉県松戸市に本店を構える言わずもがなの超人気店!
私も1度松戸のお店に行きましたが、その美味しさと1杯への丁寧さにとても感動しました。
※松戸の本店に行った時のブログはこちら。

そうそう、以前の私はラーメンフェスに「中華蕎麦とみ田」さんが来ているよと聞いても、「ふぅ~ん」って気持ちぐらいの反応でした。

でも、1度お店に行ってみて考えが変わりました。
松戸に行かず、整理券がなくても「中華蕎麦とみ田」の味が食べられる!
それは食べてみたい~!!(≧▽≦)

さて、そんな訳で食べる気マンマン!
ちなみに本店に行った後、アツくその美味しさを聞かせていた同僚も一緒に行くことになりました( ̄▽ ̄)

と言う訳で、チケットは2人で食べ比べセット券を購入。

会場内の券売機ではなく、セブンチケットで前もって購入しておきました。

それでは、わくわくしながら同僚と「中華蕎麦とみ田」さんのブースの前へ。
入口付近には、でっかい字で店主の富田さんからのご挨拶。


そして、隣には追加トッピングのご案内。

鶏ももと豚バラのチャーシューは炭火焼き。
だからなんででしょうね~。
とみ田さんのブースの前はけぶっていて、とってもいい香りがしています~( *´艸`)

それでは、同僚と2人列に並びます。
少しするとスタッフさんからトッピングの有無のお声がけ。
ここはやっぱり~と「特製全部のせ」にしちゃいました(〃'∇'〃)ゝエヘヘ

列が進んでいくのを待っている間に、遠くに見えるブースの中を確認。
たくさんのスタッフさんが忙しく働いている中にいました~!!
店主の富田さんが奥の方にいるのが見えて、私も同僚も興奮です~(≧▽≦)(≧▽≦)

さて、並び始めて約8分。
あっという間に私たちが先頭に。
受け取ったつけめんをこぼさないように気を付けつつ、速足で席へ移動。
夜はちょっと冷えますので、ストーブからちょうどいい距離の場所に着席です。

よ~し!!落ち着いてご対麺~(〃▽〃)ポッ

10年目の豚骨魚介800円※食べ比べセットチケット使用
+特製全部のせ300円
(中華蕎麦 とみ田)
うひょ~(*´▽`*)麺の流れが美しい~。

それでは、早速いただきま~す\(^o^)/
まずは麺だけをがぶり~(^O^)

小麦が甘くてうんまい!!((๑✧ꈊ✧๑))
ストレートの太麺はコシがあってもちもち。
乗っていた炭火焼きの肉の味が、ほんのりと麺に移っているのもこれまたうまい~(*´▽`*)

さて、続いてつけダレへ。

見てみると、表面に魚粉の粉が見えますね~(*´▽`*)

それでは、つけダレの中に麺をどぼーん!



がぶり~。
うんまーーー!!(≧▽≦)♡
いわゆる濃厚な豚骨魚介。
でも、甘味とか味の具合とかもう群を抜いて美味しいんです。
そして時々、口に入ってくる柚子のほろ苦さと清涼感がたまりません~。

はぁ~、さすが最高峰~(*´▽`*)

はぅ~、お店の味と比べたらそれはやっぱりお店。
ですが!こんなに手軽に食べられるなんてすごい嬉しいです~( *´艸`)

さてさて、それではデフォルトの方の添え物から。
まずは、程よい厚み、サイズも結構大きい丸チャーシューが1枚。


つけダレの中には角太メンマ。


特製のトッピングは炭火焼の肉が2種類。
まずは炭火焼鶏もも。

ぷりっとした鶏もも肉独特の弾力のある食感がいいですね。
炭火焼きだからこその香ばしさもたまりません!(≧▽≦)

そして、もう1つは炭火焼バラチャーシュー。

こっちもうんま~い!(*´▽`*)
香ばしい香りと脂身の甘いこと♡
同じ炭火焼きでも、下味のつけ方、肉の違いで感じ方が全然違うなぁ~。
でも、なにより嬉しいのは焼き立てなので野外でもあったたかいことですよね。

それでは、そろそろ味玉もいただきます。
割り箸を使って、ぱか~\(^o^)/

ありゃ、珍しく縦割りになったな~と思いながら口の中へ。
ぱくり。
おぉ!!うんま!!(@ ̄□ ̄@;)!!
味が染みているのはもちろんのこと。
なんと口に入れたら、味玉が温かかったのにびっくり。
ラーメンフェスでのつけ麺。
野外の少し冷えてきた夜に、まさかあたたかい味玉が食べれるとは!(≧▽≦)

同僚と美味しいね~とおしゃべりしながら、気づけば麺と具を完食。

さて、同僚はまだ食べていたので、お先にスープ割をもらいに行ってきま~す\(^o^)/

スープ割は同じく「中華蕎麦とみ田」さんのブ―ス、通常レーンの隣に割スープ専用のレーンがありました。


ちなみに、スープ割りもこんなにスペシャル~(*´▽`*)

先日、中華蕎麦とみ田さんの10周年記念限定の際にもコラボした「らぁ麺屋 飯田商店」さん、「JapaneseSobaNoodles蔦」さんとの3店舗合同のスープ割りです。

さて、スープ割り専用窓口へ行ってつけダレの器を渡します。

そして、スープ割りに追加できるトッピングのお願い。
「千葉県松戸産のあじさいねぎ」と「おろし柚子」から、もちろん両方を追加してもらいました。
にこにこ笑顔の女性スタッフさんからスープ割りを受け取ったら、いそいそと席へ戻ります。


3店コラボスープ割り
『10周年記念 心のスープ割り ~絆~』
濃厚だったつけダレはさらりと飲みやすい濃度に変化。
でも、旨味のすごく詰まったスープ割りがプラスされたので、薄くなったって感じはしません。

はぁ~、貝出汁がさらにプラスされてうま~い!!(≧▽≦)
そして、追加してもらったサクサクねぎの食感。
おろし柚子の清涼感がこれまたうまーい!!

ぺろりと飲み干して終了です。

ごちそうさまでした~(*´▽`*)
はぁ~、美味しかった~。


松戸の本店で食べた味と比べたら、そこはもちろんお店!
でも、1つ1つが丁寧で素晴らしい完成度でした。
本当に、ラーメンフェスでもこのクオリティはすごい!
また来年、中華蕎麦とみ田さんが来てたら食べに行っちゃいますね。

でもその前に、また松戸のお店の方にもまた行きたいな~(*´▽`*)


2016年221杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキングへ

中華蕎麦 とみ田さんの食べログ店舗情報はこちら
千葉県松戸市松戸1339

お店で特製つけそばを食べた時のブログはこちら


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)


同僚とのラーメン部会の記録まとめのページはこちら

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

ちばから(上総村上・千葉県市原)/ミニらーめん(ヤサイ・アブラ・ネギとラー油マシマシ)

さて、この日の私はラー友さん達と遠足。
ずっと行ってみたかった、私の行動範囲からはかなり遠いお店へ行ってきました~\(^o^)/


それがこちら。

ちばから
(上総村上・千葉県市原市)
2016,10,22訪問。

お店の場所は、千葉県市原市。
最寄り駅は小湊鉄道線・上総村上駅(かずさむらかみえき)。
しかも、最寄駅からも徒歩20分。
行ってみたいとは思っていましたが、1人で初訪問するにはかなりハードルが高い。
そんな折、同じく行ってみたいと思っていたラー友さんが誘ってくれてついに行くことが出来ました(#^^#)

さて、こちらで食べられるラーメンは、いわゆる二郎インスパイア系。
二郎系のラーメンはまだまだそれほど食べていませんが、みんなが食べている写真やコメントを見ていてすごく食べてみたかったんですよね~(≧▽≦)♡

さて、当日は東京駅に9時待ち合わせ。
そこから高速を使い、1時間半弱ほどでお店の周辺に到着。
まずはお店の前へ向かいます。

オープン時間まで45分以上あるにも関わらず、やはり既に先客の方が店前に数名。
そして、出ていた「本日は、ちばからの営業です。」の立て看板。

やってて良かった~( *´艸`)!!
実は、ちばからさん意外と臨時休業あるそうなんですよね。
※休業情報はTwitterにて確認できます。

さて、それでは営業しているのがわかったら車の駐車。
ちばからさんの駐車場は、昼営業時は店前1台・夜営業時は3台分。
※床屋さんが閉まっていれば5台駐車することが可能だそう。
そして、店の裏手側、砂利敷きの駐車場に8台分の駐車スペースがあります。

↑お店からの駐車場のご案内。

↓そして、駐車についてお店からのお願い。

お店がここにあり続けるためにも、こういうのはきちんと守って気持ちよく!が大事ですよね。

既に店前の駐車スペースは先客の方が駐車済みなので、裏手の駐車場へ。
赤いコーンの立っているところに車を止めて、ウキウキしながら再びお店へ戻ります。

ここからは、オープンまでは充分な時間があるのでまずは店前の観察。
ネットで何度も見た看板に思わずニヤニヤ。

こんな高い位置についてたんですね~(#^.^#)

それから「お腹いっぱいだけどアイスならまだ入るかも」なんてコメントを見たことがありました。

なるほど~!(≧▽≦)
この自販機があるからこその言葉だったんですね~。

そして、ひときわ目を引くのは、どどーん!と「ちばから」の店名入りの自販機2台。

中央の列に並んでいるのは、ずら~っとトクホのサントリー黒烏龍茶。
私は二郎系の食べ歩きはまだまだ初心者ですが、よく皆さん黒烏龍茶の写真を上げていますよね

ちなみに、この黒烏龍茶は店内に持ち込みが可能。
と言うことで、私もオープン10分前に購入しておきまいたよ~(^o^)

(ΦωΦ)フフフ…、準備万端。

さて、それではついにオープン。
「いらっしゃいませ、お待たせしました~」の声に迎えられ、前の人から順番に中へ。
こちらのお店の券売機は店内入口よりまっすぐ前、右手奥の方。
ずらりと並ぶ人の中、券売機の写真をさっと撮影。

お金を投入したら、決めておいたメニュー「ミニらーめん」の食券をポチリ。

待っている人がいるので、決めておいたもの以外の観察は後で。
という訳で、これが券売機の並び。

左上から「らーめん豚無」、「油そば醤油」、「油そばごまだれ」、「つけ麺醤油」、「つけ麺ごまだれ」。
中段は「節券」、「麺大盛り券」、「麺特盛券」、「豚券」、「ミニらーめん」。
そして、一番下が「豚飯」、「飲み物(お茶orコーラ)」、「缶ビール」。

…「らーめん豚無」!!ですと!Σ(・ω・ノ)ノ!
後でじっくり見て、ちょっとびっくり。
つまり並盛りの「らーめん」を頼むときは、豚が必要ならば豚券を追加で購入する必要があるんですね(@_@;)アブナイアブナイ。

まぁ、でも、私のお目当ては「ミニらーめん」。
こちらは、元々豚1切れ入っているので、慌てずに済んでよかったです( ̄▽ ̄)

さて、それでは着席したら食券をカウンターの上へ。
そして受け取ってもらう際に、「先のお好み」をお願いします。

「先のお好み」でできるのは、「麺少なめ」、「アブラ少なめ」「麺硬め、軟らかめ」「味薄め」
つまり、後からでは変えることのできないお好み類です。

そして、有料のトッピング
券売機にあるものは、食券を一緒に出すだけ。
券売機にない有料のトッピングはこの時に現金にて支払いするシステム。

ちなみに、後調べ。
有料トッピングは券売機のメニュー以外に、「白めし 100円、味玉 100円、チーズ 100円、温玉 50円、のり 50円、レン草 50円、生卵 30円 」があるみたいです。
※店内に掲示してあったのですが、初訪問で緊張していて店内写真を撮っていませんm(_ _)m

さて、私の「先のお好み」は、既に食べたことのあるラー友さん達からアドバイスを元に「麺硬め」。
一瞬言い忘れそうになりましたが、ラー友さんが声をかけてくれたのでセーフ~(∀`*ゞ)エヘヘ

後は、「後のお好み」を聞かれるまで(心の?)準備~\(^o^)/
黒烏龍茶は購入しましたが、一応店内ウォーターサーバーからお水。


そして、卓上調味料のチェック。

置いてあるのは、コショウと一味唐辛子。

先の人に着丼。
次はきっと私たちの辺り。
…と、目の前で着々と作られていくラーメンとお店の方を眺めながらドキドキ。
そろそろかな~、と思っているところで、最後に座ったラー友さんに「後のお好み」のお声がけ。

おぉっと!!そっちから来るのか~Σ(・ω・ノ)ノ!

先に座ったラー友さん2人はらーめん、そして、私ともう1人がミニらーめん。
なので、どうやらミニらーめんの方が先に完成するようです。

ラー友さんが後のお好みを済ませ、ついに私の番。
よし、コールはハキハキと!!
「ヤサイ、アブラ、ネギとラー油マシマシ(でお願いします)(=゚ω゚)ノキリッ!!」

ε-(´∀`*)ホッ、ちゃんと言えた~。

ちなみに、「後のお好み」でできるラインナップは、「野菜(増やす)」「からめ(濃い味)」「にんにく(入れる)」「あぶら(増やす)」「ねぎ(入れる)」「ラー油(入れる)」
チョイ増しや、マシマシもできますよ(#^.^#)

という訳で、オーダーから約5分着丼で~す(*´▽`*)

ミニらーめん710円
ヤサイ・アブラ・ネギとラー油マシマシ

うひょ~(≧▽≦)美味しそう~♡
ちなみに横から見るとこんな感じ。


それでは、いただきま~す\(^o^)/
まずは、レンゲをググッと丼の端の方に押し付けてスープを掬います。

ごくり。
おぉおおおお!!うんま!!((๑✧ꈊ✧๑))
とろりとした豚のスープが甘くてうまい~(≧▽≦)
いわゆる、二郎系でよく聞く「乳化」という言葉で言うならば、「ど乳化」ってヤツなんでしょうね。

そして、そこに「後の好み」でお願いした「ラー油」がたまりません。
あまり辛いものが得意じゃないので「マシマシ」大丈夫かな~と思いましたが、スープがとろりと甘いのでラー油のアクセントが本当によく合います~( *´艸`)

ちなみにラー油のトッピングは店内の掲示にありません。
これも既に訪問済みのラー友さんからのアドバイスによるものです( ̄▽ ̄)わら

さて、続いて麵を。
と行きたいところですが、こぼれそうなのでまずは上の野菜をすこしかき分けながら。

もやっし、もやっし(*´▽`*)
シャキシャキ、ホカホカ野菜がうまい!(≧▽≦)

そして、ついてに麺に到達。
箸を中に差し入れてぐぐっと引っ張り出すようにします。
えいや~\(^o^)/

むふふふふ( *´艸`)♡ご対麺~(照)
見ているだけで、ちょっと幸せ。
ツヤツヤの平打ち麺にかぶりつきます(^O^)がぶり~!!

うんま~い!!(≧▽≦)
つるつるとした麺肌、平打ち麵だから舌を撫でる感触が気持ちいい。
そして、とろりとしたスープもよく絡みます。
麺は硬めでお願いしましたが、想像よりは柔らかめ。
二郎系の麺は固めなイメージがあったので、「麺硬め」のオーダーは大丈夫なのかな?と思っていたので、なるほど「硬め」がちょうどいいんだな~と実感しました。

ちなみにミニラーメンの麺量は200g。
しかも、「ミニらーめん」は女性とお子様限定で、ミニラーメンをミニ油そば(醤油or胡麻)ミニつけ麺(醤油or胡麻)へ変更可能することが可能とのこと。

さて、しばし麺と野菜をわっし、わっしと食べ進めます。
そ・し・て~!!(≧▽≦)スープに沈めておいた分厚いチャーシューをがぶり~。

むは~!!(≧▽≦)うんまーーーい!!
赤身ほろほろ、脂身とろ~り。
あぅうう~、これを食べたラー友さん達が神豚言っていた意味が分かったよ~。

しかも、嬉しいこと端豚が入っていました~( *´艸`)

これはチャーシューを切った端っこの部分。
初めの方に並ぶと入っているかもしれないもの。
もちろん美味しくいただきました~(*´▽`*)

さて、ガッツガッツと食べ進め気づけば丼の中は空っぽ。
中身は綺麗に攫いましたが、さすがにスープは残して終了。

ごちそうさまでした~(*´▽`*)

最後にお水をごくりと飲んで、ちらりと外を見ればもちろん行列。
この味を求めて並ぶ気持ちがわかります~(#^.^#)
では、さっと丼をカウンターの上にあげてごちそうさまのご挨拶。

はぁ~、美味しかった~(≧▽≦)
これぞ、まさに、まんぷくはっぴーです~。

さて、帰りの車の中ではもちろんたべた「らーめん」の話などなど。
ついつい、思い出しては顔が緩んでニヤニヤしちゃいます。
本当に連れてきてもらって良かった~。
お付き合いしていただいたみなさん、本当にありがとうございました~(*´▽`*)


2016年218杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキングへ

ちばからさんの食べログ店舗情報はこちら
千葉県市原市西国分寺台1-3-16


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

お知らせ
ラーメンブログランキングに参加しています(^ム^)
プロフィール

もりみ

Author:もりみ
1日1ラーメン食べられたら幸せですが、周りが心配しますし体力的にも経済的にも無理なんでボチボチやってます
(*^^)v

最新記事
カテゴリ
タグ

新宿区 杉並区 小金井市 渋谷区 千代田区 武蔵野市 中野区 調布市 埼玉県 豊島区 中央区 北区 荒川区 世田谷区 練馬区 台東区 青梅市 三鷹市 千葉県 立川市 ラーフェス 港区 品川区 国分寺市 文京区 葛飾区 目黒区 神奈川県 墨田区 大田区 昭島市 江東区 チェーン店 福生市 国立市 番外編 江戸川区 府中市 曙橋 まとめ 東大和市 茨城県 八王子市 西東京市 浜田山 足立区 あきる野市 国分寺 阿佐ヶ谷 小平市 日野市 練馬 板橋区 

ラーメンブログ リンク

ラーブロ
ラーメンブログ専門リンク集「ラーブロ」に登録しました
\(-o-)/設定ってむずかし~
月別アーカイブ
FC2カウンター
訪問ありがとう~
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード