零一弐三(すうじ)(東海神)/ミニらーめん(麺硬め・野菜少なめ)

さて、本日のブログはもう食べられないラーメンのブログです。
私が食べたラーメンの記録ブログとなっていますので、ご了承下さい(*- -)(*_ _)ペコリ

そんな訳で、そんな1杯を食べに行ったのはゴールデンウィークも後半のこどもの日。
基本的に夜ラー禁止にしているのですが、こちらのお店はその日は夜営業のみ。
どうしても、どうしても~、その1杯が食べたくて来ちゃいました(∀`*ゞ)エヘヘ


さて、そのどうしても食べたかった1杯を出していたのがこちら。

零一弐三(すうじ)
(東海神・千葉県船橋市)
2017,5,5訪問

こちらのお店は2017年3月13日にオープン。
ご店主さんは東京都板橋区にある「伊吹」さん、千葉県市原市の「ちばから」さん出身。
独立前にお会いしたことがあり、オープン以来ずっと来てみたいと思っていました。
ただ、その人気と自分の行動範囲から遠いこともあってなかなか来れなかったんですよね(∀`*ゞ)エヘヘ

ま、ですが、意外と電車に乗ってしまえばかなり駅近。
最寄り駅は東葉高速鉄道東葉高速線・東海神駅。

一度も乗った事のない電車、降りた事のない駅でとってもドキドキ。
でも、こちらの駅は地下鉄メトロ東西線からの直通電車があって思ったよりもあっさりと到着。

下調べ通りT4出口から地上へ上がります。


外に出ると斜め左方向にファミリーマート、そしてその先に見たことある看板を発見!

おぉ~、本当に駅からは本当に目と鼻の先ですね(*^-^*)
零一弐三(すうじ)さんの看板は、ネット上でよく見ていたので難なく見つけられて良かった~。

さて、到着したのはオープン時間の30分ほど前ですが、すでに店前には並んでいる人がいます。
私もみなさんに倣って列の後ろへ、とりあえず並び始めてから1、2、3…と順番を数えます。
大体8?9番目くらいかな…。
1回目のターンで座れるかどうかは微妙なところですが、ま、食べられればOKでーす(*^-^*)

待っている間は、零一弐三さんをネット検索して予習復習~(・∀・)
そんな事をしている間に、どんどんと並びの列は長くなっていきオープン前には20人以上の人だかり。
店前のスペースに立てられたポールチェーンに沿って、ぐるぐると列が伸びていきます。

そして、ついにオープンの時間、ご店主さんが出てきてお待たせしましたのお声がけ。

「オープン」の看板と「営業中」の札が返されて前の方から順番に店内へ入っていきます。

少しずつ列が進んでいき、遂に私が店内へ。
しかも、ちらりと覗けば店内客席はまだ空きがあり、どうやら食券購入したらすぐに座れそう。

では、店内入って左手にある券売機へ向かいます。

この時の基本メニューは「ラーメン」「ミニラーメン」「油そば」。
券売機の雰囲気からお気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、この時のメニューはいわゆる二郎系ラーメン。
実はお店の事情により、これらのメニューはこの日より数日後に休止することになったのです。

つまり、かなり複雑な気持ちですが、今食べないと!と言う気持ちが私を動かしたのです…(T_T)

まぁ、なんにしてもギリギリセーフで食べに来れて良かった。
そんな訳で私の初、零一弐三さんのチョイスはもちろん食べられる量を考慮して「ミニラーメン」!

プラスチック製の食券を握りしめ、空いているカウンター席へ移動。
こちらの客席はL字のローカウンターテーブル14席くらいかな?
でも日によって解放する席数を変えているようで、訪問した日は9席目以降は座れないようになっていました。

さて、食券をカウンターの上へ乗せ受け取ってもらうタイミングで「麺硬め」をお願い。
オーダーが済んだところで、店内カウンター席後ろに設置してある自販機で黒烏龍茶を購入。

L時カウンター席のちょうど角の辺り設置されていたウォーターサーバーからお水も汲みます。
ちなみに、卓上に水ポットは置いていませんのでお代わりもこちらからです。

さて、後は完成を待つばかり。
オープン直後は既に食べている人がいない状態からスタートなので、待ち時間は通常より長め。
そのためゆっくりとご店主さんのラーメンを作る姿を見ることが出来ます。

そんな中、完成前のお好みのお声がけ。
番号を呼ばれるかと思いきや、名前で呼ばれてちょっとびっくりした私。
およよ…や、野菜少なめでお願いします(@ ̄□ ̄@;)!!

さぁ、ついに着丼でーす!

ミニらーめん750円
(麺硬め・野菜少なめ)
ふわわ~んと立ち上る湯気、美味しそう~(≧▽≦)

そして、横から見るとこんな感じ。

どーん!!(≧▽≦)うっはー、端豚乗ってる~♡
野菜は少なめにしたクセに、端豚が乗ってるとすごい嬉しいというこのウラハラな自分を笑ってください。

では、ありがたくいただきまーす!\(^o^)/

まずはスープからごくり。

おぉぉ~、濃い~(≧▽≦)
熱いスープをふーふーしながら、さらにもうひと口。
クリーミーな動物系スープは濃厚、キリッとしたカエシの味も際立ってしょっぱうんまいです。

さて、それでは本格的に食べ始める前にまずは少し野菜をぱくり。

茹でたてホカホカ、シャキシャキですね~(*´▽`*)
野菜は1回に提供する杯数をその都度ゆで上げているようでとっても美味しいです。

それでは、レンゲと箸を使って底から麺をぐるーり、ぐるり~。

ふっふっふっふ( *´艸`)美味しそう~。

さぁ、ご対麺からのがぶり~!!(^○^)

うんまー!!(≧∀≦)
この平打ちでつるもちの平打ち麺美味しいです~。
ホント、野菜少なめは言えても麺少なめは言えないわ( *´艸`)

さて、しばし麺をわっしわっし。
麺と野菜を一緒にわっし、モシャモシャと食べ進め、程よいところでスープで温めておいた豚にがぶり!

(≧▽≦)ぐは!!これもうんまい!
分厚くって、でっかくて、味がよく沁みています。
口に入れるとほろりとほどける豚がたまりませんね~(*´▽`*)

そして、端豚は終盤にとっておいて…

こっちもでっかいな~(*^-^*)♡

そして、スープの中身は綺麗にさらって。
禁断の夜ラー、しかもガッツリ系なのでスープは全部飲まず終了です。

ごちそうさまでした~(*´▽`*)まんぷくはっぴ~です~

さて、店の外は大行列なので、食べ終わったらお片付け。
「遠くまでありがとうございました」とにっこり見送ってくれたご店主さんにごちそうさまのご挨拶をしてお店を後に。

ガッツリ食べたのでその後は運動も兼ねて?地図アプリを頼りに知らない町を一駅分ぐらいお散歩。

そして、食べたラーメンの事を考えながら、あぁ~、もっと早く食べに来ればよかった~と後悔。
でもそう思う一方、1回でも食べれたことに感謝しないと~と思うのです(´Д⊂ヽ

そして、ただいま零一弐三さんは煮干を使ったラーメンを提供中。
今日食べた二郎系ラーメンはもう食べられませんが、こちらを食べにまた行かないと!と思っている今日この頃なのです。


2017年85杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキングへ

零一弐三さんの営業情報はお店のブログでご確認ください。

零一弐三さんの食べログ店舗情報はこちら
千葉県船橋市本町7-23-14 文平ビル


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)
スポンサーサイト

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

濃麺 海月(こいめん くらげ)(東千葉)/煮干濃麺HV+味玉+和え玉

さて、ちばからさんへ行った翌日も千葉へラーメン遠足~。


という訳で、行ってきたのがこちら~\(^o^)/

濃麺 海月 こいめんくらげ
(東千葉・千葉県千葉市)
2017,4,16訪問

こちらのお店の最寄り駅はJR総武本線・東千葉駅。
駅からお店までは徒歩約3分ほどと駅近なのですが、私の行動範囲からはかなり遠い場所。
実はちばからさんへの訪問の後、行けたらいいな~と思っていたのですが前日はなんと臨時休業。

それはザンネン(-_-)…と、おとなしく帰る車の中で急激に「こういういことはタイミング!」と思った私。
翌日は営業する予定とのことだったので、その勢いで2日連続で千葉に行くことにしました!ヽ(・∀・)
そして、その事を帰りの道で話したところ、ちばからへ行ったラー友さん2人も一緒に行くことに(*^-^*)

そんな訳で?本日もありがとうございますm(_ _)m、2日連続の千葉ラーメン遠足へ出発~。
今度は船橋駅に集合して、またまたラー友さんに車を出してもらってお店へ。

そこから約1時間の間、楽しいラーメンの話などなど。
そして、これから向かう濃麺 海月さん行ったことがあるラー友さんからどんなメニューがあるかなどを教えてもらいます。
ちなみに私たちは全員、ご店主さんと以前お店の外でお会いしたことあり。
普通の順番とは逆ですが、ご店主さんの雰囲気からどんなラーメンを作るんだろうとずっと思っていたんですよね~(^-^)

さて、お店近くに到着したのはオープンして程ない頃。
店の前にはすでに大行列、もちろん店の脇にあるお店の駐車場3台分はすでに埋まっています。
そういう訳で、近隣のコインパーキングを探して駐車。

再びお店に戻り列に並んだ時はこの距離感。
おぉ~、大人気です~(*´▽`*)
待ち時間は長そうですが、私としてはなかなか来れないお店なので待てば食べられるのならばOKでーす。
ちなみに並び方は、店横にある駐車場のフチを囲むように並ぶスタイル。

それでは、並ぶ前に店前を通った時に撮った写真でご案内を確認。

道路側に面した立て看板には営業時間とメニューのご案内。

裏面はご挨拶と食券の購入の仕方など。

食券の購入と店の中へ入るのはお声がけがあってから。
そうそう、こちらのお店は訪問した時はご店主さんの1人営業。
調理から、ご案内、片付けまですべてこなしているんですからペースがありますよね(*‘∀‘)

さて、そんなこんなで待つことしばし、まだお店までの距離はありますが食券購入のお声がけ。
訪問済みの友達によると、食券の購入は1人ずつの方がいいとのことなのでまずは私から店内へ。
中に入れば「お待たせしてすいませんー」とご店主さんからお声がけ、私もぺこりと軽くご挨拶。

券売機は入口扉を開けた右手側。

こちらの基本メニューは外の看板にもあった「鶏濃麺」「煮干濃麺HV(ハイブリッド)」。
そして、あっさりタイプの「にぼしらーめん」の3種類?かな?
ちなみに限定などがある場合はお店のTwitterにてご案内しているようです。

それから、券売機脇にはオーダーに関するご案内。

「大人は1人1杯で」と「店内連食希望の場合は先にお声がけを」など基本的なお願い。

下の部分は和え玉に関する説明と麺量。

和え玉コールをする時に、和え麺とか替玉って言っちゃダメだそうです~( ̄▽ ̄)w

さて、後ろに待っているのは自分の友達。
しかも店前までにはまだ距離があったのでじっくりメニューを眺めてから食券購入。
そして、これが私の海月さんでの初オーダー!(≧▽≦)

これを食べなきゃと言われている「煮干濃麺HV」と味玉好きなので味玉。
それから、なかなか来れないからと欲張って「和え玉」も買ってしまいました(*´▽`*)エヘヘ

さてさて、並び始めて約1時間強。
建物横のベンチ部分まで来たところで、「お待たせしちゃってすいません」と店内窓際からのお声がけ。
ここで人数確認と食券のお渡しを済ませたら、後は店内へ呼ばれるのを待つばかり。
ちなみにバラバラで座ることになるかもと思っていましたが、3席空いたところで店内にご案内されました。

海月さんの店内、客席はこじんまりとしたL字カウンター7席。

卓上にはグラス、お水の入ったピッチャーと卓上調味料が入ったツボが2つ。

ちなみに、遂に食べれる~と嬉しくてツボの中身はすっかり未確認。
そこを確認するよりも目の前で作られていく、調理風景に目を奪われてました。
特に七輪で焼なおしをしているチャーシューいい香りでしたよ~( *´艸`)

さて、それでは約7分ほどで完成でーす\(^o^)/

煮干濃麺HVにぼしこいめんハイブリッド800円
+味玉100円

…あれ?これは…ご店主さんのご好意盛り?( ゚Д゚)
なんかデフォに+味玉の分量ではないような気がします。

ま、でも、いただいた物はありがたく、いっただきまーす\(^o^)/♡

それでは、まずはスープから。

煮干濃麺のスープ量はかなり少なめ。
ぐぐっとレンゲをスープの表面に降ろし、スープをすくってごくり。
おぉ~、ニボ甘うんまい~!((๑✧ꈊ✧๑))
とろとろ濃厚なスープはしっかりとした煮干し、そこに甘い鶏白湯が合わさってすごくいい塩梅。
見ためのグレーな感じからもっと煮干のエグミ、塩気が強いのかな~と思っていたけどそんな事少しもありません。
鶏白湯がまあるく、煮干を受け止めてる?って感じでしょうか(〃▽〃)ポッ

続いて麺をいただきます。

麺は硬めのゆであがりで細麺ストレート。
パツパツ、ザクザクで歯切れがとってもいいですね(≧▽≦)

さて~、それではたっぷり乗っているチャーシューもいただきまーす(≧▽≦)
まずは薄切りのこちら~。

おぉぅ、むっちりとしていて香ばしくてうんまい~(*´▽`*)

ほろほろっと柔らかい豚チャーシューは口の中に入れればほろりとほぐれます。

(≧◇≦)うんまい!のに、写真が下手ですいません~。

そして、しっとりとした鶏チャーシューをぱくり(^○^)

おぉ、うんまい!!(≧▽≦)
厚みがしっかり、ほんのりハーブ系の味付けがしてあってこれ大好きなヤツです!

そして、その他にはみじん切りの玉ねぎ、アオサ。
味玉は好みの茹で加減、いい塩梅の味の沁み具合

うんうん、やっぱり味玉大好きだな~(*´▽`*)

さて、友達2人が和え玉コールしたところで、私も追っかけお願いしました。
煮干濃麺をほぼ食べ終わったところで和え玉が到着。

和え玉200円
おぉ~ニボ粉のいい香りがします~( *´艸`)

そして「味変にどうぞ」とこちらがずら~っとご提供。

うわ!!(≧▽≦)辛そうなラインナップです!

ま、でも、まずはそのままいただきます(再)
ざっくりと箸で麺を持ち上げてがぶり。

んま!!( *´艸`)
ほかほかの麺は、煮干濃麺の時よりも更にパッツパツ。
ザクザクとした歯ごたえが気持ちいです。

この後はざっくりと和え玉を混ぜ合わせ、ガッツガッツ。
シャキシャキ玉ねぎ、むっちりとしたゴロチャーシューもたっぷりで嬉しいです。

そして中盤に出してもらった調味料で味変。

で、こちらの味ですが…すこーく控えめにしたので実はよくわかりませんでした( ̄▽ ̄)エヘヘ
ま、でも、辛いもの耐性ほどほどなのでこれくらいでヨシ。

ま、最後は和え玉に煮干濃麺のスープをたら~り。

ふふふ( ̄▽ ̄)♡

和え玉も食べ終わりましたが、名残惜しくスープをごくり。

あ、アオサがスープにしっかり馴染んでめっちゃうまい…。
煮干濃麺の麺量150gに加えて、和え玉の麺150gを食べたためかなりお腹いっぱい。
もう食べれませんが、食べれる胃袋があったらこれにごはんを入れたいです…(*´Д`)

さて、私が食べ終わる前に友達2人は食べ終わり既に退席。
あともうちょっと食べたいけど、待っている人もまだまだいっぱいいるので焦りながらこの辺で終了です。

ごちそうさまでした~(*´▽`*)

念願の海月さんにやっと来れてとりあえず満足?と言うか、1度来るとまた来たい。
遠いのでなかなか再訪できないけれど、次はごはんとセットで食べたいな~。
和え玉も食べたいから、誰か一緒に来て頼んでくれないかな~…とか色々欲望が出て来ちゃいますね。

さて、最後になりましたが、ご店主の北村さんにありがとうございまいた。
忙しい中いろいろお気遣いしていただきとっても嬉しかったです。
そして、2日連続で付き合ってくれたラー友さんにも感謝です、また一緒に行ってくださいね~(*^▽^*)エヘ



【お知らせ】
濃麺 海月さんの定休日が6月から火曜と金曜になるそうです。
2017年75杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキングへ

濃麺 海月さんの営業情報などはTwitterから
千葉県千葉市中央区要町1-4


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

ちばから(上総村上・千葉県市原市)/ミニつけ麺(醤油)(ネギとラー油マシマシ)

さて、ずいぶんブログ更新が遅くなってしまっていますが…
4月も恒例の?ラー友さん達とのラーメン遠足に行ってきました~\(^o^)/


という訳で、行ってきたのはこちら( ´ ▽ ` )

ちばから 市原本店
(上総村上・千葉県市原市)
2017,4,15訪問

話がちょっと前後してしまっているのですが、5月7日に渋谷に「ちばから 渋谷道玄坂店」がオープン。
ちなみに調べによると、渋谷のちばからさんは支店ですが直営ではなくFCとのこと。
一応、ブログで分かりやすくなるように「市原本店」と付けてみました(〃'∇'〃)ゝエヘヘ

さて、今回も友達3人と朝9:30にJR南船橋駅南口に集合。
全員揃ったところで出発です\(^o^)/
ここからは、カーナビを頼りにお店の近くまで友達が運転。
車内はいつも通り楽しいラーメンの会話で盛り上がります。

さて、そんなこんなで約1時間15分。
この日は前回よりも道が混んでいたので、到着したのはオープン時間の約30分前。

おぉ~、並んでますね~(@ ̄□ ̄@;)!!
店前に並べられたベンチはすでに満席状態。
もちろん昼営業の時間帯に停められる店前のスペースは既に他の車が停車しています。

それでは、ここは店の建物裏側にある駐車スペースへ。

ちなみにちばらかさんの駐車スペースは店前に昼は1台、夜は3台分。
そして、お店の建物裏側に赤いカラーコーンが目印の砂利敷き駐車スペースが8台分。
くれぐれも、MINISTOPさんには駐車してはいけませんよ(*´з`)

初訪問の時に裏の駐車場に停車していたので、迷うことなく友達を駐車場にご案内。
赤コーンが立ててあるスペースもちゃんと空きがあり無事停車。
と、駐車場で見知った顔の人と遭遇!
会うと思わなかったのでびっくりしましたが、せっかくなので一緒に並ぶことにしました~( ´ ▽ ` )

と言う訳で、オープンまで5人で楽しくおしゃべり、そしてお好みオーダーの練習などなど。
そうこうしているうちに、遂にオープンです\(^o^)/

前の人から順番に店内へ入って食券の購入、店内の座席が次々に埋まっていきます。
そして、私たちが食券を買う番。

こちらの券売機は左上から「らーめん豚一枚」、「らーめん豚無」、「油そば醤油」、「油そばごまだれ」、「つけ麺醤油」、「つけ麺ごまだれ」。
中段は「節券」、「麺大盛り券」、「麺特盛券」、「豚券」、「ミニらーめん」。
そして、一番下が「白飯」、「豚飯」、「飲み物(お茶orコーラ)」、「缶ビール」。

券売機にはボタンはありませんが、口頭で頼める有料トッピングもあります。
あるのは「味玉 100円、チーズ 100円、温玉 50円、のり 50円、レン草 50円、生卵 30円 」。
ちなみに、レン草(ほうれん草)+のり+白飯で家系風ちばからを楽しむ常連さんもいらっしゃるそうですよ。
ちょっと憧れるけど、絶対にこれは腹パンだろうな~(≧▽≦)

さて、解説長くなりましたが、この日は券売機にこんなご案内も…。

有りまくるのか~(≧▽≦)欲しいな~!!
しかし、オミヤを持って帰るにはちょっと家が遠い、保冷バッグがあればと思うけど…。
迷っているとオミヤ購入経験者、最後に合流した友達から「あったら買った方がいいですよ」と最後の一押し。

よし!買いましょう!(≧▽≦)
保冷バッグは食べ終わった後にみんなで近所の100円ショップに行くことにしました。

という訳で、じゃじゃーん\(^o^)/
ピンクの方がミニらーめんの食券。
オミヤは「らーめん豚一枚」の券を購入して、お店の人に言うと交換してくれるそうです。

さて、最初のターンでは座れなかったので店内のウェイティングスペースで待機。
初訪問、2回目とオープンと同時に着席していたので見ることがなかった角度。

あ、こんな感じだったんだ~(*´▽`*)
ちなみに暑くなってきたからでしょうか、前はなかった(はず?)扇風機がカウンター上にありました。

入口付近のウォーターサーバーの近くにもご案内。


ふむふむ。

並んで待っている時に「食券見せて下さい」と言われたら、その時に先のお好みを言うんですね(#^.^#)

ちなみに先のお好みで言うのはこちら。

「麺少なめ」、「アブラ少なめ」「麺硬め、軟らかめ」「味薄め」。
あとここには書いてありませんが「野菜抜き」にする場合もここで。
野菜は茹で置きではなく、その都度調理しているので先に言う必要があるんですね(*^-^*)

さて、待っている間に「食券見せて下さい」のお声がけ。
ここで先のオーダーも一緒に言います。
私は前回同様、女性・子供が出来るサービス「ミニらーめん」を「ミニつけ麺」に変更、味は醤油でお願いしました。

そして、前の方が食べ終わり、入れ替わりでついに着席~\(^o^)/
まずはセルフサービスのお水の準備をしたら、完成までの間は目の前で調理されていくらーめんを見ながらおしゃべり。
しかし、心の中では後のお好みに備えてちょっとドキドキしています。

↑ちなみに後のお好みでできるのはこれ。
そして、ここに書いてありませんが、ラー油もお願いできます。
それから、「ニンニク」は元から入っていないそうなので、「ニンニク抜き」「ニンニクなし」などのキーワードは聞き間違いしやすいので言わない方がいいようです。

さて、席の番号が呼ばれて後のお好みを伝えます。
今回は~…「ネギとラー油マシマシで!( `ー´)ノキリッ!」
ずいぶん慣れたように思いますが、実はついつい目は店内の張り紙の方へ泳いで行っています(〃'∇'〃)ゝエヘヘ

そして、ほどなく完成で~す\(^o^)/

ミニつけ麺(醤油)710円
先のお好み:麺硬め
後のお好み:ネギとラー油マシマシ

※女性・子供サービス ミニらーめんをミニつけ麺に変更

うわ~、嬉しい端豚入り~( *´艸`)

そして、つけ麺も油そばと同様、温玉付き。
スープ割のポットも出てきます(*´▽`*)

つけダレはこんな感じ。

ラー油マシマシなので赤いですね~(#^.^#)

では、いただきまーす(*´▽`*)
ちばからの自家製麺をそのまままずはぱくり。

うんま!!(≧▽≦)
しっかりと冷たく締められた麺はハリがあって、小麦の香りがふんわり。
はぁ~、麺を単体で味わうとこんな感じなんだ~( *´艸`)
ラーメンを食べる方が多いけれど、つけ麺を食べると麺そのものを味わうことが出来ていいな~って思いますね~。

続いて、つけダレの方へ麺をどーん。

がぶり。
おっと、辛っ!(@ ̄□ ̄@;)!
そりゃあそうです、つけ麺のつけダレはラーメンに比べたら量が少ないけど濃度が濃いめ。
らーめんと同じ量ラー油マシマシならば、前よりも辛くなるのは自然な事ですよね。

よーし、次つけ麺頼むときはネギマシマシ、ラー油にしよう~\(~o~)/

では、お水をいただいてちょっと気持ちをリセット。
ふたくち目をぱくり~(^○^)
今まで食べた中で一番辛い!けどやっぱりうまい!(≧▽≦)
クリーミーなつけダレにラー油のピリリとした刺激が美味しい~。

辛いとわかって食べれば大丈夫、ホント心構えって大事だよね( ̄▽ ̄)

まぁ、でも嬉しいことにお助け要員として温玉があります。
程よく食べ進めたところで、温玉さんを麺に絡めれば...

まろやかになって、これまた美味しいです(≧▽≦)

それでは、そろそろ大好きなちばからさんの豚をいただきます。
端豚はまずそのままぱくり。
もちろん美味しいのですが、やっぱり温まっていた方が美味しいので豚一枚の方は一度つけダレの中へ。

がぶりとかぶりつけば…
くぅ~!!(≧▽≦)今日もうんまーい!
赤身は旨味がじゅわ~、脂身とろり~今日もネ申月豕です!

麺は食べ終わりましたが、麺鉢の中には温玉が少々。
こちらも最後までいただくつもりで、つけダレの器の方へ。


そして~、スープ割り。
卓上ポットからひと口分だけまずはレンゲに注いでごくり。

おぉぅ~、うんまい~(≧▽≦)
前回も思ったけど、ちばからさんのスープ割りめちゃめちゃうんまいです~。
甘くて、ほんのりとろみが合って、アツアツで…これ持って帰りたい~( *´艸`)

この後は普通につけダレの方へ割りスープを。
そして、ごくごく。

ぷは~、美味しかった~(≧▽≦)
ごちそうさまでーす!!


はぁ~、つけ麺だとミニじゃあペロリと食べちゃうなぁ~。
そう、ミニは麺量200gなので、意外とつけ麺の量としては普通かもしれません。
むむむ、つけ麺を食べたかったらミニじゃなくて普通のを頼んだ方がいいのかも…。
なかなか来れないお店なのに、頭の中で次のオーダーを思わず組み立ててしまいます。

ちなみに?余談ですが、同行の友達は3人がミニらーめん。
そして1人がつけ麺(ごまだれ)をオーダー。
これが美味しくて…私、この後渋谷のちばからさんでごまだれの油そば2回連続で食べます( ̄▽ ̄)エヘヘ


2017年74杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキングへ

ちばからさんの食べログ店舗情報はこちら
千葉県市原市西国分寺台1-3-16

ミニ油そば(醤油・アブラ・ネギとラー油マシマシ)を食べた時のブログはこちら
初訪問!ミニラーメン(ヤサイ・アブラ・ネギとラー油マシマシ)を食べた時のブログはこちら


ちばから 渋谷道玄坂店さんが2017年5月7日オープン!!
そちらで食べたミニらーめん(麵硬め・ネギとラー油マシマシ)のブログはこちら

ちばから 渋谷道玄坂店さんの食べログ店舗情報はこちら
東京都渋谷区道玄坂2-22-2 SHIBUYA道玄坂ビル1956 1F



コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

中華蕎麦 とみ田(千葉県松戸)/味玉そば

さーて、最近月1くらいでラー友さんと行ってるラーメン遠足。
2017年3月はこちらに行ってきました~\(^o^)/



中華蕎麦 とみ田 ちゅうかそば とみた
(松戸・千葉県松戸市)
2017,3,11訪問

こちらのお店は言わずもがな!!(≧▽≦)
濃厚な豚骨魚介スープの最高峰と言われる超有名店です。
私も昨年初めてこちらの「特製つけそば」を食べてとっても美味しくて感動しました(*´ω`*)

そして、また来たいと思いながら約1年…(*´Д`)
ラーメンフェスやコンビニの監修麺を食べましたがやっぱりお店で食べたい…
と言うことで、またまた千葉県在住のお友達にお願いして整理券を取ってもらいました~\(^o^)/ヤッタネ

さて、中華蕎麦とみ田さんで食べる為には、朝7時から配られ始める整理券を取ることから始まります。
この整理券は代表者が5人分まで取ることが可能。
この時点でオーダー、お支払いをしてしまいますので友達には何を食べたいか伝えておきます。

ちなみにメニューは、大きく分けて「つけそば」と「中華そば」の2つ

後は麺の量やトッピングの違いです。
そう言えば、ごはんメニューを食べている人もいましたが、外にあるメニューにはそれは書いてありませんね。
今になって気が付いた…
けど、ま、麺まっしぐらだったのでとりあえずいいか…(*‘∀‘)


↑ちなみに整理券取る際の注意点、詳しくはこちらをクリック

さて、そんな訳で友達が受け取った整理券の時間はこちら。

私たちはこの時間までにお店に来ればOKです。
代表して整理券を取ってくれた友達から「前回より遅めでゴメン~」とメッセージ。
いえいえ、ちょうどお昼としていい時間帯ですよ~(*´▽`*)いつもありがとう~。

そんな訳で、私は集合時間の20分前にJR松戸駅に到着。
前回は駅集合でしたが、今回はお店集合だったので地図アプリを立ち上げて徒歩約6分の道を歩きます。

2回目だからなんとなく分かるけど、こういう時こそ慎重に。
お店に着くと私以外のメンバー4人は既に到着していました。
お待たせしてすみません~…って15分前、みんな早い!(≧▽≦)ワクワク

さて、整理券は代表者が取ることができますが、食べる時は代表待ちは禁止。
全員お店前に集合した時点で、お店の人に揃いました~とお伝えします。

後はお店に入るのを待つばかり、待っている間はおしゃべりと店前のチェック。

ひと通り気が済んで店外のベンチに腰掛け待っていると、整理券制を知らない人がやってきました。
「あ、並び少ない。並んじゃう?」と言っている声が聞こえてきました。
そして、「あ…」と思っているうちにお店の入口へ。
出て来たお店の人から「今だと16:00過ぎくらいです」と言われているのが聞こえます。

まぁ、その人達は諦めてどこかへ行ってしまいましたが11時前で16時過ぎ…、頑張れないこともないかも…(*´з`)

さて、そんなこんなで予定の時間を過ぎた頃ついに私たち5人にお声がけ。
遂に店内へ~(^O^)(^O^)(^O^)(^O^)(^O^)

中へ入れば「いらっしゃいませ、お待たせいたしましたー」とお店の方達からお声がけ。
そして、やっぱりお会いできれば嬉しくなってしまうのがご店主の「富田さん」の存在!
美味しいラーメンが食べられると言う条件反射なんでしょうか?とっても興奮してしまいます(≧▽≦)

さて、それでは興奮する気持ちを抑えて、入口より右手側のカウンター席へ。
そうそう、こちらのお店の作りは入口中央から左右に分かれるカウンター席が2列。
調理スペースに向かって座る7席と窓に向かって座る4席の計11席。
窓に向かって座る4席の方に座ると調理スペースに対して背を向けて座ることになってしまうんですよね。

ま、今回も運よく調理が見える側。
なので、待っている間は目の前で調理を進める富田さんと助手さんの動きをじ~っ(*´Д`)
きっと沢山の人からこんな風に見つめられているんでしょうね。
でも、その動きは洗練されていて、見ていてうっとりしてしまいます(#^.^#)

さて、今回はつけそばと中華そばを頼んだメンバーが混在。
まずは、中華そばのメニューから着丼で~す\(^o^)/

味玉そば900円
おぉ~、盛りだくさんです~(*’▽’)♡

前回の私が選んだ「特製つけそば」はチャーシューがたっぷり乗っていました。
美味しかったけど、やっぱりちょっとお腹いっぱいになり過ぎちゃったので今回はそれを踏まえてオーダー。
何をいっぱい食べたいか考えた結果、やっぱり私は麺喰い。
そして、味玉が大好きなのでこうなりました~(〃'∇'〃)ゝエヘヘ

それでは、いただきまーす(*´▽`*)

レンゲを沈めるととろ~っとスープがレンゲの中に。

おぉ、見るだけでも濃厚な感じが伝わってきます。
そして、ごくり。
おぉぉぉ~、濃いうんまいぃ~( *´艸`)
つけそばのつけダレと同じくらい濃いんじゃないかなと思うくらい濃厚な豚骨魚介にびっくり。
味の違いとしては、中華そばのスープの方が甘味は少なく塩味を強く感じます。

続いて麺をいただきます。
箸をどんぶりの中に指し入れて麺をググッと引っ張りあげればしっかりとスープが付いてきます。

ふーふー、と冷ましてからがぶり。
おぉぉ!!((๑✧ꈊ✧๑))!!すっごい噛み応え!
つけそばの麺の時にびっくりした弾力が中華そばになってもあります!
しかも、このガチムチな麺の質感が食べ終わるまで変わらないのがまたすごい(≧▽≦)

さてさて、のっけもの。
まずはピンク色でしっとりとしたチャーシュー。

フチが香ばしくて美味しいです~(*´▽`*)

そして、ほろほろっと柔らかい豚のロールチャーシュー。

あれ、それにしてもチャーシューいっぱい乗ってる気がします~。
確か外のメニューではチャーシュー1枚って書いてあった気がするけど…
2種1枚ずつってことなんでしょうかね(〃'∇'〃)アリガタヤー

さて、その他薬味はネギと柚子皮。

柚子皮のほろりとした苦み、そして清涼感ある香り。
麺を啜り上げると一緒に口に入ってきて爽やかなアクセント( *´艸`)

そして、角太メンマはゴリゴリっとしていてしっかりとした食感。

そして、前回も美味しかったけどやっぱり味玉、お出汁が染みててすっごい美味しい~(≧▽≦)

…が、味玉を割ったところで興奮して写真を撮り忘れ。
メンマの写真を撮った時に移りこんでいる写真しかありませんでした(*^▽^*)テヘ

さてさて、中華そば組から遅れる事しばしつけそばも完成。
隣の席に座っていた友達が写真と味見をさせてくれました(#^.^#)
まずは美しい流線形がたまらない麺鉢。

冷たく絞められた麺はガチムチ、コシの強さ、しっかりとした弾力。
麺単体で食べれば小麦の甘みがしっかりと感じられてこりゃやっぱりうんまい( *´艸`)

そして、どろ~り濃厚な豚骨魚介のつけダレ。

あ、ちなみに友達が頼んだのは「つけ味玉950円」。
友達も前回特製で苦しかったので、特製でなく味玉にしていました。

途中味交換をしたものの、やっぱり先に食べ始めていた中華そば組2人は先に食べ終わり。

ごちそうさまでした~(*´▽`*)

さてさて、人気店ですし、ここはお先に外へ出ようと友達が立ち上がります。
するとお店の方から「この席はお客様たちのために時間を取っておりますので、どうぞ皆様が終わるまでご一緒にいらしてください。」とのお声がけ。

おぉぉ~…なんかすごい嬉しい…(*‘∀‘)♡

もちろん私は、人気店に行ったら先に食べ終わった人は次の人やお店の事を考えて先に出ているのがいいかな~と思います。
ですが、とみ田さんでは時間指定の整理券制をきちんと活用されていて、その時間はその人達のために確保してくれているんですね。
友達同士で来ても食べるスピードは人それぞれ、残されてしまうと焦る気持ちもありますのでそのお声がけとっても嬉しいです。

ま、私たちの横にいて食べきれない量を頼んでしまった2人組に
「そろそろお時間ですので…」と申し訳なさそうに声をかけていましたけどね。

さて、そんな訳でつけそば組はスープ割もきっちりいただいて…
そして、全員揃ってごちそうさまでした~(*´▽`*)

初めて来た時も思いましたが、中華蕎麦とみ田さんの1杯は麺、スープ、乗ってる具の1つ1つに対する気遣いが本当にすごい。
そして、味だけじゃなくそのおもてなしの心もすごいな~と、再び感動してしまいました。
はぁ~、また来れて本当に良かった。
友達にまたおねだりして連れてきてもらおうっと~(*´▽`*)


2017年50杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキングへ

中華蕎麦 とみ田さんの食べログ店舗情報はこちら
千葉県松戸市松戸1339

特製つけそばを食べた時のブログはこちら


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

大ちゃんラーメン(千葉県君津市)/とんしお

さて、ちばからさんを満喫した後、まさかのガッツリ系からの連食!(ΦωΦ)フフフ
せっかく千葉まで来たのだからと、急遽もう1軒行くことに~。


そんな訳で、再び車で移動して向かったのがこちら。

大ちゃんラーメン
(君津・千葉県君津市)
2017,2,18訪問

こちらのお店の最寄り駅はJR内房線「君津駅」。
しかし、こちらのお店は最寄り駅からの距離が4km以上とこれまた歩くにはちょっと難しいお店。
ま、一応、バスで向かうこともできるようですが、知らない土地の乗り慣れないバスに乗るのってコワイですよね。
ちなみにお店のホームページには「徒歩難」と書いてありました( ̄∇ ̄)ハハハ

そんな訳でちばからさんから車で約30分、お店に到着。
私はこちらのお店の予備知識はありませんでしたが、この日同行したラー友さんが長年食べに来たかったそう。
そう言われたら、食べさせてあげたいじゃないですか~( ̄▽ ̄)
と言うか?私の知らないラーメンをたくさん食べ歩いているラー友さんが長年食べたかった味。
きっと美味しいにちがいないと食べる気マンマンです( ̄▽ ̄)

入店前に軽くジャンプ?して体調を整え…
それでは、入店でーす\(^o^)/

ドアを開けると中はしっとりと温かい空気、窓は熱気ですっかり曇っています。
しかも店内は白くもや?…香ばしい?いやちょっと煙いくらい。
わぁ~、目がシパシパします~(*_*;

そして、店内入口付近には空席待ちの並びがずらり、もちろん客席は満席。
ちなみにこれはかなりタイミングが良い状態のようで、帰り際には外にもはみ出すほど人の列ができていました。

それでは、待っている間に店内を観察。

こちらのお店は入口より正面が通路兼、ウェイティングスペース。
入口左手側が客席のスペースで店舗正面1番奥に厨房。
その向かいに長いローテーブルのストレートカウンターがずらりと9席。
カウンターの後ろは通路になる空間があり、それを挟んで小上がりのテーブル席が3卓。
一応テーブル席は4人がけのようですが、お子様ならプラスして座れる感じです。

従業員さんはご店主さんらしき男性1人、接客担当の女性の方が3人。
しかし、基本定に調理はご店主さん1人でやっている様子。
ラーメンの調理、そしてこちらに来た人のほとんどが頼むという餃子がガンガン焼かれていきます。
なるほど~、この煙の正体は焼き餃子なんですね~(^▽^;)

ちなみに、気になる焼き餃子はお持ち帰りも可。

1人前200円って安いですよね~(゜o゜)
今日はもう餃子はさすがに食べられないので、ちょっとお持ち帰りしちゃおうかしら~。

と、隣に書かれている「ゆで卵1個サービス」の案内に気が付きます。
なんとこちらでは、ラーメン1杯に付きゆで卵が1個無料。
知っているのか、みなさんこちらのカゴの中から慣れた手つきで持っていきます。

もちろん私もいただきます。
味玉も好きだけど、ゆで卵も好きなんですよね~(#^.^#)

さて、待ち始めて少ししたところでお店の方から人数確認、そしてオーダーを聞かれます。
ちなみにメニューはカウンターの上、黄色いボードに赤字でずら~と長く出ています。
※タイミング的に写真を撮れなかったので、気になる方はぜひお店のHPを参考にしてください(〃'∇'〃)ゝエヘヘ

ざっと説明すると、こちらの麺類の基本メニューは「とんしお¥650」と「みそ¥700」の2種類。
それに「ねぎ」、「チャーシュー」、「ネギチャーシュー」がトッピングされたものがあり全部で8種類の組合せ。

そして、サイドメニューはライス、チャーシュー丼を筆頭に構成。
大ちゃんギョーザ、Wギョーザ、トリプルギョーザ、ギョウザライスと餃子人気がうかがえるラインナップ。

私はもちろん一番人気の「とんしお」をオーダー。
そして、「席バラバラでもいいですか?」と言う確認に対して、2軒目と言うこともあり一緒に座れるのを待ちますとお伝えします。

そんこんなで、後ろの人に席を譲りつつ待つこと30分。
並びでカウンター席が4席空いたのでご案内。

席へ着いたら、まずはセルフサービスのお水の準備。
ウォーターサーバーが先ほどのゆで卵の近くにありますのでそこから持ってきます。

ちなみに、コップは紙コップ。
こちらは脂こってりタイプだそうなので、もしかしたら洗うより清潔でエコなのかもしれませんね(#^.^#)

卓上調味料はラー油、酢、醤油、ブラックペッパー。


そして、ちょうどご店主さんがラーメンを作っている目の前の席だったこともあって待っている間は調理をじっくり観察。
ずら~っと並べられた丼に次々とラーメンが作られていき、その間にも餃子が店内を飛び交います。
あー、餃子も美味しそう~\(~o~)/

こうして待つこと約10分、着丼で―す。

とんしお650円
おぉ~、なんか盛り付け豪快!(*´▽`*)

それでは、早速いただきまーす\(^o^)/
まずはスープからごくり。

おぉ~、めっちゃニンニク効いてる~(@ ̄□ ̄@;)!!
口に入れるとすぐさまガツンとニンニクの強烈なパンチ。
しっかりと乳化した豚骨塩スープはクリーミィで甘味もしっかりとあります。
そして、不思議なのは塩なのに味噌のような醤油のような…。
ちょっとしょっぱめで独特の濃い味わいがうんまいなぁ~!(≧▽≦)

続いて麺を。

麺はちょっと硬めでぷりぷりっとした中細麺。
すこし緩めなウェーブにこの中毒性の高いスープがよく上がりますね( *´艸`)

さて、のっけものチャーシューをぱくり。

おぉ~、めっちゃ香ばしい。
脂身しっかりの豚バラ肉に香ばしく焼かれた肉の風味がよく合います。

しかも、嬉しいことに私のラーメンには端っこチャーシュー入ってました~(*´▽`*)

端のチャーシューって味がしっかり沁みてて、香ばしい部分も倍増で嬉しいです。
あー、これは2軒目じゃなかったら?チャーシューご飯も食べてみたいな~(*´з`)

さて、その他にはけっこうたっぷりのシャキシャキもやし。


コリコリのメンマ。

懐かしいメンマ臭もするタイプでこれ好きです(*´▽`*)

そして、玉ねぎのみじん切り。

これが、甘くて程よい食感もあっていいですね~(≧▽≦)

さて、それでは途中でどんぶりのフチに乗っていたブラックペッパーを少しずつスープにとかして行きます。

あ~、これも合う~(*´ω`*)
甘め濃いめのスープにブラックペッパーのピリピリとした辛さが美味しいですね~。

って、後でラー友さんの写真を見たら、みんなのブラックペッパーはチャーシューの上にかかっていました。
私のはどうやら、勢い余って?どんぶりのフチになってしまったみたい。

ですが、これが存外いい感じ(#^.^#)
チャーシューの上にあった場合、結果的にブラックペッパーが全部スープに入ってしまいますよね。
でも、これならばこれならば自分のペースで溶かし混ぜて食べられます。
ちなみに、豪快に降られたブラックペッパーは結構辛く、私は全部使えませんでした(〃'∇'〃)ゝエヘヘ

さて、終盤ちょっとスープがしょっぱいな~と感じて来たところでゆで卵の登場~(≧▽≦)
卵の尻の部分をテーブルでガチンっ!と割ってからむきむき。

そしてどーん。

ぱか~(≧▽≦)

しっかり茹でられたゆで卵の黄味にスープをなじませてからぱくり。
口の中でぞろ~っと広がる黄身。
卵の黄身を通して沁み込んだスープをの甘み塩気を満喫~( *´艸`)♡

最後はどんぶりの中身を軽くさらって、今日はこの辺で終了です。

ごちそうさまでした~(*´▽`*)

さすが、ラー友さんが長年食べてみたかった味。
どこか懐かしいけど、最近なかなか食べれない濃い味付け。
中毒性が高くて、これは病みつきになりますね~。
ここは本当に車のない私ではなかなか来れないお店ですが、また来れたら今度は餃子も是非食べてみたいです。

…だだ、はぁ~…さすがに、今日はまんぷく過ぎはっぴ~です…(*´з`)けぷ~。

さて、食べ終わる頃にはお店の外へはみ出すほどの行列が。
お支払いをしてお店を後にします。
そして帰りも楽しいラーメントーク。
途中で海にも立ち寄ったりして、普通に遠足気分も満喫して終了です(*´▽`*)

今回もお付き合いしてくださった皆様、ありがとうございました(〃'∇'〃)ゝエヘヘ


2017年34杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキングへ

大ちゃんラーメンさんのホームページはこちら

大ちゃんラーメンさんの食べログ店舗情報はこちら
千葉県君津市常代5-4-2


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

お知らせ
ラーメンブログランキングに参加しています(^ム^)
プロフィール

もりみ

Author:もりみ
1日1ラーメン食べられたら幸せですが、周りが心配しますし体力的にも経済的にも無理なんでボチボチやってます
(*^^)v

最新記事
カテゴリ
タグ

新宿区 杉並区 小金井市 渋谷区 千代田区 中野区 武蔵野市 調布市 埼玉県 豊島区 北区 中央区 荒川区 台東区 世田谷区 練馬区 千葉県 青梅市 三鷹市 品川区 港区 立川市 ラーフェス 文京区 国分寺市 葛飾区 目黒区 神奈川県 墨田区 大田区 昭島市 江東区 チェーン店 福生市 国立市 番外編 府中市 江戸川区 まとめ 足立区 曙橋 板橋区 東大和市 西東京市 八王子市 茨城県 あきる野市 小平市 日野市 浜田山 練馬 国分寺 阿佐ヶ谷 

ラーメンブログ リンク

ラーブロ
ラーメンブログ専門リンク集「ラーブロ」に登録しました
\(-o-)/設定ってむずかし~
月別アーカイブ
FC2カウンター
訪問ありがとう~
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード