FC2ブログ

麺屋 紅 KURENAI(TX浅草)/トマトらーめん紅+ごはん(小)

さて、この日は各地から友達が東京へやってくる!
久々にみんなで集まりたいねってことで、東京の玄関口の1つでもある上野で15時から飲む約束。



まぁ~スタート時間が15時だし、その前にお昼食べたほうがいいよね~( ̄▽ ̄)フフフ~

さぁ、そんな訳で普段あまり来ない上野方面、ずっと気になっていたお店でまずはお先に1杯(笑)
で、行ってきたのがこちらのお店~!\(^o^)/

麺屋 紅 KURENAIめんや くれない
(TX浅草・東京都台東区)
2019,5,12訪問

私がこちらのお店に興味を持ったのは数年前、ラー友さんが食べていた創作ラーメン。
イタリア料理他、色々な経験を経てこちらのご店主さんが作った「オニオングラタンラーメン」がとっても美味しそうでした。
ただ食べてみたい!と思ったものの、そのラーメンは期間限定でタイミングが合わず(>_<)

でも、他のメニューも美味しそうだったのいつか行ってみようと思っていました。
…が、なーんでか?私が行こうと思うとお店が長期休みに入っていたり、何故かタイミングが合わず!
ですが、今日こそは~!って気持ちでお店のTwitterをちゃんと調べて行ってきました( `ー´)ノ

さて、こちらのお店、最寄り駅の「つくばエクスプレス・浅草駅」。
ですが、東京メトロ日比谷線・入谷駅からでも約12分ほどなので私はこちらから向かいます!('◇')ゞ

入谷駅からの行き方、まず1番出口から地上に出て左方向「言問通り」をひたすら浅草方面へ。
「西浅草三丁目」交差点まで来たら左折、今度は「国際通り」をひたすら直進。

道路の左側を歩いていれば、前方にこの景色が見えてきました。

到着でーす\(^o^)/ワーイ
TX浅草駅からの方がもちろん近いですが、使い勝手を考えると私は入谷駅。
ちょっと運動&お散歩がてらに程よい距離だと思います(∀`*ゞ)エヘヘ

さて、入店する前にまずは大事な営業時間を確認。

ここにある案内によれば、基本の営業時間は火~土が11:30~14:00、18:00~22:00。
日曜日は11:30~14:30、祝日は11:30~14:00 / 18:00~21:45、定休日は月曜日。
但し、日によって臨時休業したり早じまいをする場合があります。
お出かけ前にお店のTwitterをチェックするのがおススメです!( `ー´)ノ

さて、その他にはこちらで食べれるラーメンの写真がずらり~。

むふふふ、色々あるけど食べたいものは決めて来たので大丈夫~( *´艸`)♡

さて、それでは入店です。
扉のを開けて中に入るとそこは奥へと長~く続く空間。
L字のハイカウンターは全15席あり、入口すぐの短い辺の部分に先客さん。
その陰に隠れて?「いらっしゃいませー」と言う声が聞こえましたがお店の人の顔はよく見えません。

ま、でも、軽く一礼?する気持ちで入口入ってすぐ右手にある券売機へ向かいます。

おぉ~、ボタンの他、色々なご案内ありますね~(*‘∀‘)ワクワク

こちらの基本メニューは清湯スープ系の「地鶏醤油ラーメン」「地鶏塩ラーメン」。
そして、「トマトラーメン紅」「油そば」「つけ麺」の全5種類。

ちなみに今ブログを書くのでじーっと写真を見てみたところ醤油と塩は背脂プラスしたバージョンもあり。
トマトラーメン紅は麺もスープも冷たいバージョンに変更することも出来るみたいです!('◇')ゞ

ちなみにトッピングボタンの中にある「塩変更券」は塩ラーメン用の特別バージョンに!

イタリア料理出身のご店主さんが作るジェノバ味、美味しそうです~( *´艸`)

ちなみにブログを書くのでお店のTwitterをチェックしたところ、現在は1日15食程の限定。
「冷やし白味噌ボンゴレジェノベーゼ」というメニュ-を提供しているようです(*´Д`)ウマソー♡

さて、その他に目に入ってきたのは「麺リニューアル」の張り紙。

以前の麺を知らないから、何とも言えませんがきっと吟味してのこと。
もう、美味しければオールオッケーなのです~(∀`*ゞ)エヘヘ

さぁ、目的の食券を購入したら客席の方へ移動。
ハイカウンターテーブルなので、手をついてよっこいしょーな感じで着席。

カウンター席の向こう、厨房スペースには店主さん1人。
調理している途中なのでとりあえず食券をカウンター上、見えるところに置いておきます。

そして、カウンター上にあるコップと水ポットを使ってセルフサービスのお水を準備。
ごくり、歩いてきてちょっと暑かったので生き返る~(*´▽`*)プハー♡

さぁ、そしてほどなく受け取ってもらった食券。
調理が始まり、待っている間は店内を流れるTV放送をなんとなく聞きながらのんびり。

こうして待つことしばし、私のラーメンが完成でーす\(^o^)/

トマトらーめん紅850円
わぁ~、バジルのいい香りがたまりません~(*‘∀‘)♡

それにしても、このラーメン丼とってもユニーク。

両横の部分が狭まっていて、なんだか不思議な形です。
でも、ここがポイント?食べている時レンゲを引っかけておけてスゴイ便利でした(∀`*ゞ)エヘヘ

さて、それでは早速いただきます。

まずはスープをごくり。

おー、アツアツ甘酸うまーい(*´▽`*)♡
ごくりと飲んだスープはサラシャバ、ちょっとびっくりするぐらいの極アツで思わず胸がキュー。
そして、トマトだから洋風なのかと思ったらスープのベースは鶏・と魚介で和風寄り。
そこにトマトとバジルのいい香り、トマト由来の甘みと酸味と旨味がしっかりあってすごくうんまい(*^-^*)

さぁ、お次はリニューアルしたというめーん!\(^o^)/

麺は中細、平打ちで麺肌がすごくつるつるといして滑らか。
つるつる過ぎて?エコ箸ではちょっと掴みづらい~(≧▽≦)ワラ
でも!でも!その滑らかな麺肌が啜り上げると舌を撫で上げ最高に気持ちいいです~(≧▽≦)♡

いやー、この後飲み会だからな~と並盛にしたけど大盛りでもよかったな~(*´з`)

さて、そんな事を考えつつ次はこちらをいただきます。

なんか不思議な形のお肉だな~(・∀・)♪

ぱくり。

ぎゃっ、うんまいっ!!(@ ̄□ ̄@;)♡♡♡
実は事前にどのラーメンがいいかは調べて来たのですが、詳細はあまり読まないタイプの私。
なんと、このトマトラーメンに乗っていたのはすごく希少な鶏の「せせり」という部位。
鶏の首の部分で1羽の鶏から、わずかしか取れない為に希少で高級なんだそうです。

しかも、このせせり肉、注文してから都度フライパンで焼いていた様子。
アツアツで香ばしくてものすごくうんまいですー!!(≧◇≦)♡♡♡

ちなみに気になって他のラーメン写真をよく見てみましたが、このトマトらーめん以外は見た目が違う。
つまり他のラーメンはせせりじゃないってことですね。
…ま、でもそんなときのための嬉しいメニュを発見しました、ご飯もののせせり丼!
他のラーメンを食べたい時はせせり丼を頼むのもいいですね( ̄▽ ̄)フフフ

さて、すごく美味しいせせり肉以外にはサクサクのネギと三つ葉。


そして、アツアツスープの中にたっぷり入ったトマト。

とろとろ、甘ずっぱいトマトがこれまたうんめーなっ!(≧▽≦)

あぁ~…これはちょっとやっぱりガマンできません。٩̋(๑˃́ꇴ˂̀๑)
もうこの後のことは後で考えようってことで…
「すいません~…ご飯追加していいでしょうか?(*´Д`)ポッ」

さぁ、そんな訳で?追加でごはんを注文!

ごはん(小)100円
おう…小と言ってもいい感じの盛り具合。

まずはお店の既存メニューを想像してせせり肉をそっ(*´Д`)ノ

妄想せせり丼!!( *´艸`)♡
味はもちろん言わずもがな!!
思わずいいこと思いついたな~とニヤニヤしてしまいました(∀`*ゞ)エヘヘ

さぁ、そしてその後はスープ中のトマトを掬ってご飯の上に。

熱の入ったトマトとごはん、一見それほど合うかなと思う組み合わせ。
ですが、トマトらーめんのスープが思うより和風な味わいなのでとてもいい感じ。

さぁさぁ、そして、最後はスープかけごはん~\(^o^)/♡


ごはん茶碗を片手にもって、レンゲを使ってサラサラ~(*´▽`*)

途中、すっかり忘れていた味変アイテム、ペッパーミルをガリガリ。
そして、あっという間完食~(*´▽`*)♡

あ、もうちょい名残スープをごくり~、ごくり~( ̄▽ ̄)♡

このまま、汁完してしまいそうな勢いですが、さすがに後の事を今さら思い出す。

うむ、スープは残して終了にしよう!( `ー´)ノ
って、もうこれしか残っていないけどね~(笑)

はぁー、ごちそうさまでしたー(*´▽`*)♡
店内はしっかり空調効いていますが、アツアツのトマトスープで気が付けば汗だく。
でも、この後を引くトマトスープが美味しくて手がとめーられませんでした。

あぁ、こうなるとアツアツじゃない冷たいバージョンのトマトらーめん紅もすごく気になります。
ここの所涼しいけれど、暑くなってきたらそれを食べにまた来たいです。

そうそう、ちなみに?ブログを書くのでお店のTwitterをチェックしました。
それによると麺屋 紅さんは7月14・15・16日の3日間大阪視察のためお休みしているようです(*- -)(*_ _)ペコリ


2019年81杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキング

麺屋 紅 KURENAIさんの営業時間などがわかるTwitterはこちら

麺屋 紅 KURENAIさんの食べログ店舗情報はこちら
東京都台東区千束1-15-8 柴田ビル 1F


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)
スポンサーサイト



テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

中華料理 味の幸楽(新御徒町)/半ナシゴレンとラーメンセット

さて、この日の私はいつものランチラーメン友達と一緒。
以前、友達から話を聞いて気になっていたお店に行くことにしました。



そのお店がこちら~\(^o^)/

中華料理 味の幸楽
ちゅうかりょうり あじのこうらく
(新御徒町・東京都台東区)
2019,1,29訪問

こちらのお店、最寄り駅の都営大江戸線新御徒町駅より徒歩約5分。
ま、私は地図アプリを頼りに自分に使い勝手のJR御徒町駅よりお店へ向かいます(∀`*ゞ)エヘヘ

JR御徒町駅北口を出たら「春日通り」を右方向、「台東四丁目」交差点を渡ってから右折。
少し歩いて「台東三丁目」交差点まで歩いたら左に曲がり、後はひたすら道なりにまっすぐ。
時間にしてJR御徒町駅からだと徒歩約12分。
ちょっと歩きますが、私にとってはむしろ運動になって一石二鳥なのです(∀`*ゞ)エヘヘ

さて、地図をチラチラ見ながら最後のストレートをてくてく。

すると前方にそれらしい看板が見えてきました。

(*‘∀‘)オォ~

夜になれば明かりが点くんだろうなと思われる看板もすごく年季が入っていますね~(*‘∀‘)♡

ちなみに?ご存知の方も多いとは思いますが、こちらのお店は某テレビ番組でご紹介。
店構えは汚いけれどその味は抜群に美味しい、「きたなシュラン」で星3つを獲得したお店。

店前、入口にはその時にもらったと思われれる認定証とトロフィー。
季節柄だと思いますがトロフィーに鬼の面、思わず見てニヤリとしちゃいました( *´艸`)フフフ

さぁーて、友達とはお店で合流する予定。
先に着いてしまった私は、待っている間にお店の周りをチェック。

まずは目についたのは入口左横にあるカラフルなメニューの板。
これがこちらの人気メニューなんでしょうかね~(*‘∀‘)

ちなみにこの上には先ほどのトロフィーと認定証。
その後ろには窓があり、ここから待っている人声をかけて先にオーダーを聞いてくれたりします(*^-^*)

そして、歩道と車道の間には手書きのメニューが書かれた立て看板。

こちら側には一品物メニューとセットメニューなど。

裏側には麺類、焼きそば、ご飯物。

そ、それにしてもメニューの数がすごい多い!
何も知らに出来たら、絶対にすごい迷っちゃいますね~(・∀・)

まぁ、今日はこちらのアレを食べようと友達と最初から決めて来たので大丈夫。
ただあまりじっくり見ていると、心が揺れてしまうかもしれないのでここは目を逸らして別の所をチラリ。
すると気が付くご案内。

お、こちらのお店2月から火曜日・木曜日の夜営業はなくなるのか~(*´з`)フムフム

これを踏まえてまとめると営業時間は月~金曜日の11:00~15:00、月・水・金17:00~20:00。
ちなみに?幸楽さんは土日祝日は定休日なのでご注意を~('ω')ノ

さて、ほどなく友達と無事に合流しましたが、店内はちょうど満席。
先に店前の窓から注文を済また後、席が空くまでのんびりこの店構えを堪能。

「この店構えたまんないよねー(*´▽`*)(*´▽`*)」

そんな感じで待つこと少し、先客さんがぞろぞろっと出ていくタイミング。
入っていいのかな~とチラチラと店内を覗いていると整った席へご案内。
中に入れば「よかったら荷物は奥へ置いてくださいー」とのお声がけ。

はーい(*‘∀‘)(*‘∀‘)

こちらのお店の造りは間口が一番狭く、奥へと長く続く造り。
入口より一番右手側に厨房、仕切り窓?があってストレートのカウンターテーブル。
そして通路を挟んだ右手壁際にテーブル席が2卓と狭いながらも、腰を下ろすと落ち着く空間。

ちなみにに外の立て看板近くにはテーブルとイスが置いてありました。
ま、たださすがに冬場の寒い季節は使用していないようです(∀`*ゞ)エヘヘ

さて、既にオーダーは済んでいるので料理が出てくる前に周りを観察。
テーブルの上の卓上調味料はさすがのラインナップ?

醤油、酢、ラー油、一味唐辛子、ホワイトペッパー。
それに多分?魔法の白い粉~( ̄▽ ̄))エヘヘ

そして、その他キューちゃん漬けが置いてあるのがなんだかニクい!(≧▽≦)

ちなみにカウンター席のテーブルの上にはマヨネーズも置いてありました。
あれは多分、定食系のメニューを注文すると持ってきてくれるのかもしれませんね。

さて、自分の身の回りの観察が済んだ後は厨房の方が気になります。
チラリと目線を向けたカウンター席の上にはずらーっと並ぶメニュー。

これは、すごい圧巻ですね~!(≧▽≦)
近所に住んでいたら端からぜーんぶ食べてみたいな~(≧▽≦)

席に着いて辺りを見回し、ほっと一息。
店先でオーダーを済ませていたこともあり、あっという間にこちらが到着。

半ナシゴレン400円※単品価格
おぉ~、確かにチャーハンというには色合いが赤い!
それにチャーハンとはちょっと違うエスニックな香りがします~(*‘∀‘)

そして、半ナシゴレンに見入っているとラーメンも到着。

ラーメン550円※単品価格
うんうん、いいではないか-(*‘∀‘)♡
チャーシュ-にメンマにナルト、ラーメンの基本なお顔立ちですね~(*´▽`*)

ちなみに2つを並べれば、こちらのお店の人気セット!

半ナシゴレンとラーメンとセット800円
それぞれ別々だと950円になるので、セットだと150円お得です(∀`*ゞ)エヘヘ

まぁ、他のラーメンと半ナシゴレンを組み合わせたい人もいるからこその存在する単品価格。
ちなみに?店内で飲んでいた常連さんらしき人達は1品物の料理で昼呑み、〆に半ナシゴレンを注文をしていました。
なるほどー、そんな楽しみ方もいいすねー(*´▽`*)

さて、それではそろそろいただきます。
…と、そこへ店主さんが「これも美味しいから食べな~」と白菜漬けを持ってきてくれました。

うほっ!(≧▽≦)ありがとうございますー。
見ればカウンター席の方には白菜漬けの入れ物もありました。
テーブル席になかったの気づいてどうやら持ってきてくれたみたいです。

ではでは、改めていただきます(*^-^*)

まずはスープからごくり。

ふぅー、ほっとする~(*´▽`*)♡
アツアツでじんわりと身体に染み混む醤油スープは鶏がらベース。
旨味じわじわ、油は少なめであっさりとしているのでどんな時でも食べたくなる感じ。

そして、お次はめーん~\(^o^)/♡
ふーふー、と少し冷ましてからがぶり。

ほわもち、うんま~い(*´▽`*)♡
こういうタイプのラーメンでイメージしやすい麺より、ちょっと太めで麺肌つるり。
柔らかめと言えばそうなんですが、麺を啜るとほどよくスープも口の中に入ってきてとってもいい感じ。
こういうのをきっとほっとする美味しさっていうんじゃないかな~(∀`*ゞ)エヘヘ

さてさて、ラーメンをちょっと食べたらこちらも気になるナシゴレン。
いざ!ナシゴレンをぱくり!!(^o^)

お、うんまっ!!((๑✧ꈊ✧๑))
口に入れたら思わずはふはふしてしまうナシゴレンはアツアツ、炒め具合はしとパラ。
具材は挽肉、玉子、ネギ、ほんのり感じるニンニクの風味。
ピリッと辛くほのかな酸味が確かにエスニックな味付けでとっても美味しいです~(*^-^*)

ただ私、実はナシゴレンを今までに食べたことがありません(∀`*ゞ)エヘヘ
そんな訳で、これがナシゴレンなのかどうかと言うと判別できませんのでご了承下さい(笑)

さて、ナシゴレンを合の手にしながらラーメンも食べ進めます。
ラーメンの乗っけものは豚肩ロースのチャーシューが2枚。

淵に行くほど味がよく染みたチャーシュ-は程よい肉感。
柔すぎず硬すぎず、あー、こういうのホッとします~(*´▽`*)

その他にはシャクシャクとした味付けが優しいメンマ。

ほんのり感じるメンマ臭もよい感じ。

そして、このザ!な感じのラーメンには欠かせないナルト。

薬味はネギ、齧るとピリっと辛いカイワレ大根。

さてさて「これも美味しいよー」といただいた白菜漬けもいただきます。
テーブルの上に小皿が置いてありますが、洗い物が増えるのもアレなんで~(∀`*ゞ)エヘヘ
ナシゴレンのお皿の空きスペースへ、とりゃ~( `ー´)ノ

シャクシャク~(*´з`)♡
むはー、さっぱりうんま~い(*´▽`*)♡
アツアツの醤油スープ、麺!アツアツピリ辛ナシゴレン!
その合の手にひんやりと冷たい白菜の浅漬けがすごくいい箸休め。
実は食べ終わる頃には、ピリ辛ナシゴレンが結構辛く感じてきていたので大助かりです~(≧▽≦)

さぁ、すっかりラーメンもナシゴレンも食べ終わりましたがちょっと名残り惜しい。
せっかくなので残りスープにちょっと白コショウで味変。

うんうん、やっぱりこのスープに白コショウは合う!(*^-^*)

そして、最後にもうひとくち白菜漬け。
今度はレンゲの上に乗せてスープと一緒にぱくり、シャクシャク(*´з`)

うんうん、あっさり塩気の白菜に醤油スープの塩気プラスするのもいいね~(*´▽`*)

そんなこんなで?友達と一緒に後引くね~と言いながらスープをごくごく。
そして、その片手間に聞こえてくる常連さんとお店の人達のやり取りにもほんわか。
つい長居してしまいたくなりますが、そろそろスープ終わりにしなくちゃな~と思っているところにガラリと扉が開く音。
入口付近には近所で働いているであろう人達がご一行様でご来店~(=゚ω゚)ノ

では、譲り合いの気持ちも大事?ってことでこの辺で終了です(∀`*ゞ)エヘヘ

ごちそうさまでしたー(*´▽`*)♡
はぁー、食べてみたかったナシゴレンも美味しかったけど、ラーメンも美味しかった~。

さて「すいません、お会計お願いします-」と言ってお会計。
そして、奥に置いていた荷物を取って「ごちそうさまでした~(*´▽`*)(*´▽`*)」と挨拶。
「ありがとうございました、またどうぞー」と見送ってくれる声は朗らかでホント来てよかったな~と素直に思いました。

ちなみに?後調べですが、こちらのお店のナシゴレンはお客さんの「こういう物が食べたい」から生まれたメニュー。
一味やニンニクをブレンドして独自につくった特製味噌が味の決め手だそうで、本場のナシゴレンとは違うようです。
でも、これがお店とお客さんの日々のやり取りで出来たと思うとすごいですよね(∀`*ゞ)エヘヘ



2019年14杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキングへ

中華料理 幸楽さんの食べログ店舗情報はこちら
東京都台東区小島2-1-3


コメント投稿を承認制にしました。
ご解、よろしくお願いします(-_-)

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

麺 ろく月(浅草橋)/【期間限定】白いカレーらぁめん(1辛)+半ライス

さて、本日は期間限定、今月3月末までのラーメンのブログ。
提供終了まであまり時間がないので、お先にアップします(∀`*ゞ)エヘヘ



さぁ、そんな訳で?最近なんだか友達の周りでカレーブーム。
なんとなーくカレーの話をしていたら、そうだ!こちらのお店のあの1杯が気になっていたんだ~(≧▽≦)

…と言う訳でこちらのお店に久しぶりの訪問~\(^o^)/

麺 ろく月
(浅草橋・東京都台東区)
2019,3,15訪問

こちらのお店の最寄り駅はJR総武線・浅草橋駅。
東口から外へ出たら、西口方面へ少し戻る感じで線路沿いを歩き、右側に入れる道の3つ目を右折。
しばしまっすぐ歩き少し大きめの「桜井町通り」を超えれば、ほどなくお店に到着です。

さて、久しぶりのろく月さんの店前には手書きのブラックボード。

そこには明日16日までの限定メニューがどどーんと書かれています。
「ふむ、背油醤油らぁめんも美味しそうだ~(*´з`)」

ま、でも、私のお目当てはその下に書いてある3月末までの「白いカレー」。
以前よりこちらでこのメニューが期間限定で提供されているのは何となく知っていました。
でも、いつも気が付くと期間が終わっていて食べられずじまい、やっと食べに来れた~って感じです(∀`*ゞ)エヘヘ

さて、入店前にその他に何かないかと店前をキョロキョロ。
台座型のメニュー台にはレギュラーメニューの「豚白湯らぁめん」のご挨拶。

白いカレーらぁめんの写真もありますね(*^-^*)

そして、入口扉左側には自転車とバイクの駐輪方法。

停める場合は店前の「豚白湯」と書いてある幕の前に止めてもいいようです。
まぁ、私がこちらに自転車で来ることはないと思いますが~(∀`*ゞ)エヘヘ

さて、それでは見るものも見た所でそろそろ入店でーす\(^o^)/

扉を開けて中に入れば、扉の開く音に気づいたお店の人達から「いらっしやいませー」のお声がけ。
こちらのお店の造りは入口より奥へ長く続いている空間。

扉より少し斜め左に券売機、その右横が奥へ長く続く厨房スペース。
一番近くにいたスタッフさんと目が合ったので、その方にとりあえずぺこりと会釈。

そして、食券を購入するために券売機前へ。
券売機、1番左上のボタンはこちらの基本メニュー「豚白湯らぁめん」の特製。

その下の段に今日のお目当ての「白いカレーらぁめん」のボタン。
パッと見た所、訪問した日の時点で食べられるのはこれにプラス外に出居てた限定メニューの3種類のみ。
その他のボタンはトッピング、飲み物、ご飯ものなどそれぞれ綺麗に色分けされたボタンが並んでいます。

さぁー、私は迷うことなくお金を投入したら目当ての「白いカレーらぁめん」のボタンをポチリ。
出てきた食券はすぐ横に来ていたスタッフさんにその場でお渡しします。
まず「白いカレーらぁめんは少しお時間かかりますが大丈夫ですか?」との確認にもちろん私はOK!(*^-^*)

そして、白いカレーらぁめんの辛さ1~3までありますが?と聞かれます。
辛味耐性ほどほどなので、とりあえず辛さの加減の確認は大事!
「結構辛いですか?」とお伺いすると3辛だと結構辛いですとのこと。

うむ!ここは慎重に?1辛でお願いします!(・∀・)エヘヘ

さぁ、オーダーが済み「お好きな席へどうぞ」と言われた私は程よく空いていたカウンター席へ移動。
こちらのお店の客席は入口近くにある4人がけのテーブル席1卓とカウンター9席。

ハイカウンターテーブルなので、テーブルに手をついて「よっこいしょー」な感じで着席。

席に着いたらセルフサービスのお水をテキパキと準備。

そして、いつもの流れで卓上調味料の確認、置いてあるのはコショウ、すりごま機、柚子胡椒?
お、液体の「かけ柚子胡椒」が置いていあって珍しいな~と思っていたんですけど変わったんですね~(・∀・)

その他にも置いてあるなと思った2つは替え玉用のタレと一味唐辛子。

見れば一味唐辛子のフタには「味噌用」、横には「つけ麺用」とのテプラが張ってあります。
ふぅむ、どうやら今日の私にこの2つは必要なさそうですねー( ̄▽ ̄)エヘヘ

さて、待っている間にしばらく読んでなかったラーメン解説を一読。

ふむふむ…「替え玉は食券をお願いします」ってことは、現金払いはできないってことなのかな?
まぁ、でもきっと「白いカレーらぁめん」は麺が通常のと違うみたいだから替え玉はできないんだろうな~(*´з`)

そんなことを考えていると厨房の中が少し慌ただしい雰囲気?
ジャッジャッ!と中華鍋で野菜を炒める音、店員さん同士が声をかけあってラーメンが仕上げられていきます。
そして、冷蔵庫から取り出されたステンレス製のボトル?から白い物体が丼の上に!!
あ、アレ、きっと私のラーメンだ~(*‘∀‘)

そして、到着!!

白いカレーらぁめん(1辛)1,000円
おぉぉー!!すっごい確かに白い~(≧▽≦)

…と!!あわわー、泡~!!((((;゚Д゚)))))))

見る間にしゅわしゅわっと白いふわふわに気泡が立ってきます。
およよよー、コレ、あっという間に消えちゃうんじゃないだろうかー?(@ ̄□ ̄@;)

ではでは!急げ!いただきます!

まずは気になる白いふわっふわっをレンゲに掬ってぺろり。

お、じゃがいも味!!(*‘∀‘)♡
じゃがいもの味がする白いふわふわは滑らか、クリーミーで優しい甘味。
うんうん、カレーと言えばじゃがいもだよね~(∀`*ゞ)エヘヘ

では、続いて麺をいただきます。
白いふわふわのど真ん中に箸を差し入れして…めーん!\(^o^)/

お、お、重い~٩̋(๑˃́ꇴ˂̀๑)
箸で掴んで持ち上げた麺が周りのふわふわをがっつりと絡めスープ?のカサが一気に減少。
思わずこの玉待食べたらスープがなくなっちゃう?と引き上げた麺を一旦戻す。

お、戻った?(笑)


それでは、気を取り直して?もう1度麺リフト。
ふーふー、と少し冷ましてからがぶり。

はふっ!はふっ!あつひぃ~(*´Д`)♡
芯までアツアツの麺は柔らかいけどもちもちとして程よい弾力。
丸中太のつるりとした麺肌にとろ~り滑らかカレースープと挽肉がすごくよーく絡む。

そして、豚白湯とカレーのペーストを合わせて作ったであろうスープはマイルド。
ですが、スパイスの香りはしっかりとあるので、すごく食欲をそそります~。
むふー( *´艸`)、うんまーい!!

さて、スープの中には炒められた玉ねぎ、にんじん、ひき肉、ドライトマト。

炒めて甘味の出た玉ねぎはシャキ感の残っているものもあり、ほどよい食感のいいアクセント。
挽肉が入っているので追いかけているとスープ?を飲んでしまいます( *´艸`)

さて、段々と食べ進めていると麺にスープ?をよく絡ませたくなってくる。
麺を少し丼の中でぐーるぐると回したりして、よーく混ぜ合わせた後のスープ?はこんな感じ。

カレーのスパイス感とじゃがいものふわふわが混ざりあってとろーっと滑らか。
そして、ふわっとした質感もるのでなのでこれをラーメンのスープとは言い難い。
むむむ~、していうならクリームカレー?かな~?

そして、こんな食べ物、こうしない訳にはいかないよねっ!!(≧▽≦)

思わずお店の方に追加していいですか?ってお伺いしちゃいました(∀`*ゞ)エヘヘ

さぁ、そんな訳で?カレーと言えばやっぱりライス。

半ライス100円

ちなみにこちらのお店のは半ライスのサイズ感はこんな感じ。

私基準ですが大体、普通サイズのお茶碗1杯分。
半ライスとしてはちょっと多めかな~(∀`*ゞ)エヘヘ

さて、それではいただきます(再)。
お茶碗片手に麺をごはんの上にワンバウンドさせてがぶり、ちゅるりーん。

うんまっ!!(*´▽`*)♡
ごはんって食べ進めていても全然温度が下がらないアツアツ麺のちょうどいい休憩所ですね(〃▽〃)ポッ

さぁー、そしてカレーでちょっと汚した白飯をぱくっ!

これも、うんめぇぇ~( ´ ▽ ` )♡

そして、ここまで来ればすっかり麺とスープ?カレーはしっかりまざりあってこの感じ。

どろんどろんと麺に絡まるこの見た目だけで、白いごはんが食べられそうな気さえしてきます(笑)

さて、そろそろ終盤なので味変を。

本当は味噌らぁめん用みたいですけど、置いていあるので使わせていただきます!('◇')ゞ

一味唐辛子をぺぺぺっ!それからぱくり、ちゅるり。

うんうん、ピリっと辛味が加わっていい感じです~(*´▽`*)

さて、麺がなくなった後は箸で具を探してはぱくり。
あ、まだドライトマトあった~(*´▽`*)

ドライトマトは噛みしめるとぎゅっと甘酢っぱい味が口に広がるいいアクセントですね。

さぁー、最後のお楽しみはやっぱりこれ~(∀`*ゞ)エヘヘ

ご飯の上に残りスープ?をかけてぱくり、うまうま♡
みんな大好きカレーライス~(∀`*ゞ)エヘヘ

…ま、でも食べ始めてすぐやっぱりこっちかも…。
そう思ってご飯をラーメン丼の方へ入れ直しました(∀`*ゞ)エヘヘ

見ためアレなんですけど、ふわふわクリーミーなカレールゥにご飯。
サイコーでーす!!\(≧▽≦)/♡

まぁ、こっちにご飯を入れた時点でこうなりますよね~。
そんな訳で?気が付けばすべては私の胃袋の中。

ぷはー、ごちそうさまでしたー(*´▽`*)
カレーに半ライスも付けて、まんぷくはっぴーですー(*´▽`*)

ずっと気になっていた「白いカレーらぁめん」、やっと食べられて本当によかった。
今回、ヒヨって1辛にしたけれど、白いふわふわのじゃがいもが甘くて優しい。
食べ進めていくと混ざり合って辛さマイルドになるので、もしかしたら2辛でも行けたかもしれまえん。
3月末の提供終了までにもう1度行けるか分かりませんが、次は2辛に挑戦してみよう~(∀`*ゞ)エヘヘ



2019年46杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキングへ

麺 ろく月さんの公式Twitterはこちら

麺 ろく月さんの食べログ店舗情報はこちら
東京都台東区浅草橋2-4-5

【夜限定】濃厚豚白湯味噌(2017年)を食べた時のブログはこちら
【夜限定】濃厚豚白湯味噌(2016年)を食べた時のブログはこちら
豚白湯らぁめん+味付き替玉を食べた時のブログはこちら


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

自家製麺 中華そば 多繋(稲荷町)/海老薫る白だしそば(中)

今日はあっさりめのラーメンが食べたいな~と思っていると友達からランチラーメンのお誘い。
どんなラーメンが食べたいかと希望を出し合い話し合い。


そして決定、行ってきたのがこちらのお店~\(^o^)/

自家製麺 中華そば 多繁
じかせいめん ちゅうかそば たけい
(稲荷町・東京都台東区)
2018,5,8訪問

こちらのお店は元々、千代田区にある「麺巧 潮」さんの2号店だった「Ramen&Bistro ushio ueno east」さんの跡地。
そして、こちらのお店のご店主さんはその「Ramen&Bistro ushio ueno east」で店長を務めていた方だそう。
いわゆる場所は引継いての独立オープン?なのかもしれませんね。

ちなみに私は「Ramen&Bistro ushio ueno east」さんには訪問していませんが、「麺巧 潮」さんには行ったことあり。
最近はすっかりご無沙汰ですが潮出身の方が作るラーメン、とっても楽しみです(*^-^*)

さて、お店の最寄り駅は東京メトロ銀座線・田原町ですがJR上野駅からでも大丈夫。
友達とは店前で合流の約束なので、私は上野駅から地図アプリを頼りに向かいます。

それにしても…大きい駅って出口が多くてまずどこから出たらいいか迷うよねー。
友達に駅集合にしてもらえばよかったなと思いつつ、どうにかお店に到着…(*´Д`)ハァハァ

すでに到着していた友達とちょっと会話を交わしつつ、まずは店外にある券売機の前へ。

外の券売機って、後ろに人がいなければじっくり見れるので安心。
しかも、こちらの券売機の上は屋根があるので雨の日でも買いやすいです(*^-^*)

さて、こちらのお店の券売機の一番左上は「醤油そば」

その下の段には「海老薫る白だしそば」「ベジ豚そば」のボタン。

ですが、訪問した日は「ベジ豚そば」は売り切れの赤ランプで提供なし。
むぅー(*´з`)、実はそれが一番気になっていたんだけどな~。

ではー、と言うことでこの日選べる2つのメニューからそれぞれ食べたいものを選ぶことに。
うーん、潮さんと言えば「にほんいち醤油そば」なので、こちらでも「醤油そば」を選ぶべきか…。
でも、潮さんにはなかった海老の白だしも気になる…

そんな感じで迷って選んだのはこれー\(^o^)/
ま、友達のうち1人が「醤油そば」を選んだので、単純に味見できると思って「海老薫る白だしそば」にしました(笑)

さぁ、それでは入店と行きたいところですが、店前に気になるものがあるのでこちらもチェック。
まずこちらのお店はペットを連れた人のためのスペースあり?


ただし、雨の日は使用不可なんでしょうかね?

テーブルなどが濡れていて、イスもしまわれていました('ω')ノ

それから、食べに行くうえで大事な営業時間はこんな感じ。

平日は夕方17:00まで、土・祝祭日は15:00まで。
日曜日定休日、どうやら夜営業はなしでちょっとハードル高めですね。

さて、それでは店回りのチェックが済んだら入店~\(^o^)/

扉を開けて中に入れば、ご店主さんらしき男性の方から「いらっしゃいませー」のお声がけ。
お昼のピークタイムを外しての訪問、ちょうどよく3人並びで空いていたカウンター席に着席。

こちらのお店の客席は厨房前にストレートのハイカウンターテーブル席が6人分。
そして、入口より左側奥のスペースに2人がけのテーブル席が2卓。
明るく清潔感のある店内は、席ごとに木製トレイと伏せたグラスが置かれた形でセッティングされています。

さて、席に着いて食券を渡せばご店主さんから麺量を聞かれます。
並(150g)・中(200g)が同一料金と言うことなので、私はやっぱり?中でお願いしました(∀`*ゞ)エヘヘ

そして、その後は卓上に置かれたステンレスポットを使ってお水の準備。
こちらの卓上調味料はブラックペッパー。
縦置きのティッシュペーパーケースの後ろには、外にあったのと同じお店のメニュー。

こちらのお店は、卓上に置かれた物すべてが1人1つずつあるって感じになっています。
自分の手に届かない所に卓上物があったりして、横の方にすいませんって時ありますがこれはある意味いいかも。
もしかしたら、ある意味1人営業ならではの工夫?なのかもしれませんね(*^-^*)

さて、周りにあるものを眺めている間にあっという間にラーメンが完成~\(^o^)/

海老薫る白だしそば(中)780円
おぉ~、なんか華やかな丼顔です~(*‘∀‘)

ちなみに横から見るとこんな感じ。

円錐型の底にいくほど細くなる丼…なんとなーく、実はこの形のどんぶり苦手だったりして…( ̄▽ ̄)エヘヘ

さて、それでは早速いただきます。
まずはスープからごくり。

おぉ~、じんわり染みる~(*´▽`*)♡
アツアツで身体が程よいと感じる塩加減、そこに海老の風味が優しく花を添えてくれます。
おぉー、なるほどメニュー名通りふんわりと薫る感じがいいですね~(*^-^*)

続いて麺をいただきます。

食べ始めた時は、ちょっと固めのストレート麺。
段々食べ進めるていくとシコシコ、つるつるとした食感が増していくのがいい感じ(*^-^*)
ただ円錐タイプの丼なので、麺が丼の底に詰まった感じになってなんだかちょっと食べづらい?かな?

さて、それではのっけものもいただきます。
まずはチャーシューにがぶり。

うんま~(≧▽≦)♡
このチャーシュ、赤身多めで柔らかくて美味しいです~(*´▽`*)

そして、メンマは甘めの味付け。

色々なサイズのものがあって食感にバラエティがあってとっても楽しい。

薬味はネギ、三つ葉、刻み柚子。

ネギの清涼感、刻み柚子のほろ苦い味わいが海老の風味の白だしそばに好印象。
でも、私は何より三つ葉とスープを一緒に味わった時の「和」になるスープが好きですね~(*´▽`*)

そして、気になっていたピンクペッパー。

ガリリと噛んでからスープをごくり。
ペッパー独特のキリっと締まったスパイス感が合わさってなかなか美味しい。
ただし!麺を啜っている時、無意識に口に入った時はびっくりムセてしまいましたのでお気をつけを~( ̄▽ ̄)エヘヘ

さて、円錐形の丼は苦手とか言いつつ、最後までスープがアツアツでいただけるのはいいところだよね~。
そんなことを考えつつ、気が付けば丼抱えて最後のスープまでぐびぐび。

ふわー、ごちそうさまでしたー(*´▽`*)
食べている時にちょろっと入ってくる柚子がまたよかったなー。
朝から考えていた今日の気分にぴったり合った一杯が食べられてとっても大満足。

そうそう、ちなみにこちら友達が食べた「醤油そば」。

醤油そば(中)780円
もちろん味見をしましたが、こちらは節と動物系のスープに醤油の甘みが効いた1杯。
こちらもじわーっと染みるスープで美味しかったです~。
今日の気分はあっさりと白だしチョイスをしましたが、醤油そばでも十分にその気持ちにピタッと来たと思います。
ま、つまるところこちらのお店に来て大正解ってことでした(*´ω`*)


2018年90杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキングへ

中華そば多繋さんの営業などがわかるTwitterはこちら

自家製麺 中華そば 多繋さんの食べログ店舗情報はこちら
東京都台東区東上野3-22-2 クレアツィオーネ上野 1F


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

らーめん稲荷屋(稲荷町)/美味しい物たくさん!稲荷屋さんでラー飲み2回目~(*´▽`*)♡

さて、今日はラーメン屋さんでの美味し楽しいラー飲みブログ。
お店の常連さんであるラー友さんの力を借りて、またまた美味しいものをいっぱい食べました。
お酒も入っていますので、味についての感想はごにょごにょ…ですがご了承ください(*- -)(*_ _)ペコリ



さぁー、そんな訳で?写真で綴るラー飲みの舞台となったお店はこちら~\(^o^)/

らーめん稲荷屋
(稲荷町・東京都台東区)
2018,4,24訪問

こちらのお店は最寄り駅は東京メトロ銀座線「稲荷町」駅2番出口より徒歩約3分。
目の前を走っている大通り「浅草通り」の右側、田原町方面に歩いて行けばほどなくお店に到着です。

ちなみにこちらのお店でラー飲みさせていただくのはこの度2回目。
前回来た時、私はめくるめく美味しいものの登場に大興奮!
今回もとっても楽しみでーす\(≧▽≦)/
※稲荷屋さんで初めてラー飲みさせてもらった時のブログはこちら

さて、集合時間の少し前にはほぼメンバーが集合。
店前でたむろしているのもなんですから~と、とりあえず入店。
扉を開ければご店主さんと助手さんから「いらっしゃいませ-」のお声がけ。
「今日もよろしくお願い致します~(*´▽`*)」、とご挨拶を返して予約してもらっていた奥のテーブル席へ移動。

ここから先はまずは飲み物の注文。
集合時間になりメンバーも集合したところで、まずはカンパーイ ٩(ˊᗜˋ*)و

スペース的に入り切ってないんですが、今回はメンバーは全部で8人です。

さぁー、まずはビール~(≧▽≦)


そして、最初に出来てきたのがこれ!

なんだこりゃー!(・∀・)
出てきたのは赤い大根を薄~くスライスしてさらしたもの。

そして、その中にはなんとフォアグラ!!(@ ̄□ ̄@;)

ねっとりとしたフォアグラをサクサクのスライス大根と一緒に食べるといいおつまみになります。
おぉぅ、これはいきなりビールではなくてワイン的なイメージ~( ̄▽ ̄)

さて、お次もさっぱりとしていて冷たいおつまみ。

サーモンカルパッチョ

カルパッチョのタレ?はオリーブオイル、ケイパーなどが効いていてとっても美味です~(≧▽≦)

そして、脂の乗ったサーモンと一緒に食べる葉野菜が嬉しい。
前回も思ったけど、稲荷屋さんはメインの料理に添えてくれる野菜がこれまた美味しいですよね~(*´▽`*)♡

さて、さっと出てくる感じのおつまみの後はドシンとくるおつまみ2品。

うずらのロースト
全身が筋肉みたいな肉質?らしい鶉はかなり歯ごたえのある肉肉しい食感。
齧る方向を間違えると「うぐぐぐ」っとなってしまいますが、それを間違えなければかなり食べ応えのある感じ。

ちなみに?多分、私が鶉肉を食べるのはこれが人生初。

がぶり!っていう言葉がぴったりの1皿はとってもソースが美味しかった~(*´▽`*)
思わず赤ワイン!それからバケットも欲しい~、ライスでもいい~っと思ってしまう味わいでしたよ。

そして、こちらのソースも絶品!

豚肉のコンフィ

この料理はじゃがいもと一緒にどうぞということなので、それに従ってぱくり。

うんまーい(≧▽≦)
ほろりと柔らかい豚肉、添えてあるジャガイモの甘味とほくほくとした食感。
添えてあるクリーム系のソースを絡めて食べればこれまた格別です!
ジャガイモは家にあることも多い食材、これは自分でも作れたらいいですね~(*´ω`*)

さぁ、結構食べていますがまだまだあります。
お次はこれ!

黒ソイのアクアパッツァ
なんとも贅沢な1皿です~(*´▽`*)

思わず興奮して…ソイリフト~(∩´∀`)∩

濃いめの料理の後に食べた黒ソイのアクアパッツァはサッパリ。
身はふわふわと柔らかくてなんとも優しい味わいです~( *´艸`)

そして、おつまみラストはこちら。

イチボのロースト
これは前回の時も食べましたが、添えてあるバターを使ったソースがめちゃくちゃうんまいんですよね~!
鶉のローストからの欲望がまたまた再燃、あー、これをご飯にかけて食べたい~(≧▽≦)

さて、美味しいおつまみ料理はここで終了ですが今日はラー飲み!
お楽しみのラーメンはここからスタート、まず1杯目はこちら~\(^o^)/

鶏油そば
油そば?と言うにはスープたっぷりでちょっと驚く1杯ですが、鶏油を使った醤油スープはまさにあの味!

実はこの1杯は今日、一緒に食べているラー友さんが食べた味をご店主さんに解説。
そこから想像して作ったという何とも面白い1杯でした。

だから、油そばと言う名前にも関わらずスープがたっぷりになっちゃったんですね。
でも、飲んだ体にこの鶏清湯スープ…いや鶏油そばは本当に美味しかったです(≧▽≦)

さ、そして2杯目はちょっとピリ辛のこちら。

オマール海老のビスク風
濃厚な海老の旨味がしっかりと感じられるスープにピリリと辛いアクセント。

麺は最初の鶏油そばよりは太麺。

添えてある海老もプリッとしていて美味しかったです!(≧▽≦)

さぁ、そして3杯目は4・5月の月替わり限定だったこの1杯。

牛ほほ肉のポトフ風
こーれがーまたうまかった~!!(≧▽≦)

牛の旨味たっぷりのブイヨンスープ、そこに野菜の旨味がバランスよく配合!

乗せてあった野菜、牛ほほ肉もそれぞれ美味しくて本当にたまりませんでした。

ただ、本当に飲みすぎて感想がそれくらいしか思い出せないところがサンネンな私…_| ̄|○
しかも、ブログが遅すぎて4・5月ならもう一度食べられたのにもう終了しているという…。

ま、ちなみに6・7月は白身魚・ホタテ・オマール海老などを使った「ブイヤベース・グランメゾン」だそう。
食べた方の写真を見たけどとっても美味しそうでした。
1日限定10食だけど、タイミングがあったら食べてみたいです('◇')ゞ

さて、楽しかった宴もこれが最後の1皿。
で、びっくりラー飲みのラストを飾ったのがこちら~(=゚ω゚)ノ

自家製イカ墨ミパスタ
ま、まさかラーメン飲みのラストが自家製パスタって言うところがたまりません~。

こちらは平打ち、幅の広いイカ墨を練りこんだ真っ黒なパスタ。

パスタソースは魚介とトマトで麺を噛みしめると感じるイカ墨。
あのお歯黒になっちゃうイカ墨パスタと同じ味がするのにまったく口が黒くならないのはとっても嬉しい。
そして、味ももちろん美味しかったでーす!(*´▽`*)

さて、さすがに8人でシェアと言ってもすごい色々食べたので…
めちゃくちゃまんぷくはっぴーでーす(∩´∀`)∩
今回も色々作ってくれた店主のケンケンさん、そしてお付き合いしてくれた皆様ありがとうございました。
ぜひぜひ、またお呼ばれしたいでーす~(∀`*ゞ)エヘヘ



ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキングへ

らーめん稲荷屋さんの食べログ店舗情報はこちら
東京都台東区元浅草2-10-13 島田ビル 1F

初めての稲荷屋飲みをした時のブログはこちら
初訪問、ワンタン麺を食べた時のブログはこちら


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

お知らせ
ラーメンブログランキングに参加しています(^ム^)
人気ブログランキング
プロフィール

もりみ

Author:もりみ
1日1ラーメン食べられたら幸せですが、周りが心配しますし体力的に無理なんでボチボチやってます(*^^)v

最新記事
カテゴリ
タグ

新宿区 杉並区 武蔵野市 小金井市 千代田区 中野区 渋谷区 豊島区 番外編 練馬区 北区 埼玉県 調布市 千葉県 中央区 三鷹市 世田谷区 荒川区 台東区 ラー飲み ラーフェス 国分寺市 神奈川県 青梅市 葛飾区 港区 うどん 文京区 町中華 目黒区 昭島市 品川区 カップ麺 立川市 江東区 足立区 板橋区 大田区 墨田区 茨城県 自宅麺 八王子市 江戸川区 国立市 福生市 国分寺 チェーン店 府中市 町田市 閉店 宮城県 東大和市 小平市 曙橋 西東京市 栃木県 広島県 阿佐ヶ谷 蕎麦 浜田山 多摩市 福島県 日野市 練馬 日本蕎麦 あきる野市 コラボ 長野県 

ラーメンブログ リンク

ラーブロ
ラーメンブログ専門リンク集「ラーブロ」に登録しました
\(-o-)/設定ってむずかし~
月別アーカイブ
FC2カウンター
訪問ありがとう~
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード