FC2ブログ

【番外編】純手打ち讃岐うどん 五郎(錦糸町)/ひやひやうどん(大)+とり天

さて、今日のブログは番外編!
友達が以前から美味しいよーと言っていた讃岐うどんのお店へ行ってきました。


そのお店がこちら~\(^o^)/

純手打ち讃岐うどん 五郎
じゅんてうちさぬきうどん ごろう
(錦糸町・東京都墨田区)
2018,9,21訪問

こちらのお店の最寄り駅はJR総武本線と東京メトロ半蔵門線の錦糸町駅。
お店までは、駅南口を出たら「京葉道路」と平行に走る1本駅よりの道をほぼまっすぐ歩いて約5分。

ま、この日の私はこのお店をおススメしてくれた友達と駅で待ち合わせ。
お店まで連れて行ってもらんたんですけどねー(∀`*ゞ)エヘヘ

さて、そんな訳で無事に店前に到着~\(^o^)/\(^o^)/

店の敷地手前には白黒で書かれた柿と鶴?家紋でしょうかね~(・∀・)

そして、雨が降っていたこの日、店舗入口にはキャンプ場などで見れそうな屋根付きのスペースが。

ちなみにこの屋根、どうやら雨の日だけの特別仕様。
何度かこちらに来ている友達によれば、この屋根付きスペースは初めて見たそう。

そうそう、こちらのお店は火・土曜定休日。
平日は昼の11:00~15:00、日曜日が10:30~15:30、麺がなくなれば営業時間前に終了。
昼営業しかないためハードルが高く、お昼のピークタイムにはかなりの並びもできるそう。
それを考えると雨の日にこんな屋根付きのスペースを作ってくれる心遣いは素晴らしいですね(*^-^*)

さぁー、でもこの日の私たちはタイミングよく待ちなしで入店でーす\(^o^)/\(^o^)/

店内に入るとお店の方から「いらっしゃいませー」のお声がけ。
空いているテーブル席に促されて着席。

こちらのお店の客席は、入口から左手側に2人がけのテーブル席が点在。
テーブル席は動かして4人で座ったりもできそうな感じ。
そして、右側にはカウンター5席があり、その向こう側には厨房スペース。

さて、それでは何を食べようかな~っ(*‘ω‘ *)
セルフサービスのお水を先にいただきながら、テーブルにあったメニューをチェックします。

うどんメニューは全部で7種、小400円、大600円。
上から「あつあつ」「ひやあつ」「ひやひや」「しょうゆ」「湯だめ」「ぶっかけ」「じょうれん」の並び。
ちなみにそれぞれのメニューの横には短く解説が付いていますが「じょうれんうどん」…
「じょうれんに盛り付けた」って一体どんな感じなんでしょうね?(*´з`)

さて、単品のうどんメニューの下には「しょうゆうどん小」と3種類のうどん小サイズから1つを選ぶ「しょうゆうどんセット700円」。
選べるうどんは讃岐うどんの代表的なメニュー「あつあつ」「ひやあつ」「ひやひや」。
小サイズが各400なので、食べたい組み合わせがあれば100円お得なセットですね(∀`*ゞ)エヘヘ

さぁ、その他にはうどんトッピングとサイドメニュー。

これに関しては、店内カウンター席上にその日の天ぷらメニューなどの案内アリ。

ちなみにオーダーしてから気づいたんですが、辛味大根おろしや大和芋のトッピングとっても魅力的。
すごいうどんに合いそうですね(∀`*ゞ)エヘヘ

それによく見てみるとうどんメニューは大にさらに+¥200で特盛にすることが可能。
しょうゆうどんセットも+¥150するごとに小→大→特盛に変更できる。
しょうゆうどんセット以外のうどん2種類選んだ場合は-¥50してくれるなど。
次はどういう組み合わせで食べようかな~と嬉しい妄想がいっぱいできていい感じ。

ま、実はこれに気づいたのはオーダーした後だったので、活用するのは次回以降のお楽しみですね(∀`*ゞ)エヘヘ

さぁー、それではオーダーが済んだら卓上に置いてある物をチェック。

置いてあるのは醤油、一味唐辛子、生姜、すり胡麻器、卓上塩。
写真には写ってないんですが、セルフサービスの揚げ玉の入れ物も完備。

さてさて、讃岐うどんは極太なのでオーダーしてからの待ち時間は少し長め。
しばし待つこと遂にうどんが完成でーす\(^o^)/

ひやひやうどん(大)600円
+とり天150円

おぉ~、美味しそう~(*‘∀‘)♡

見るからにごわっし!としていそうなうどんの角!

すっごくしっかり残っていてますね(*´▽`*)

そして、ちょっとびっくりしたのがこのとり天。

天ぷらのイメージで考えていたので、このしっかりとからまった衣の具合。
どうみても天ぷらと言うよりフライドチキン?って感じでがします(・∀・)オォォ~。

ま、どんなもんか楽しみ~ってことで、いたっだきまーす(*´▽`*)

まずは丼抱えてお出汁をごくり。

うんまーい(*´▽`*)♡♡♡
キーンと冷たいイリコのお出汁がたまらない。
これぞ讃岐うどん!!って感じですね(≧▽≦)

そして、すごく楽しみにしていた、うっどーん!(∩´∀`)∩

箸で持ち上げるのもちょっと一苦労ある極太のうどん、がっしと掴んでちょっと器に顔を寄せてがぶり!
うんま!!((๑✧ꈊ✧๑))
私が今まで食べた中ではピカイチの硬くてコシのしっかりとした讃岐うどん。
このアゴを鍛えてくれそうなうどん、噛みしめると小麦と塩気の旨味がすっごい出てくるよ~((๑✧ꈊ✧๑))♡

「小じゃなくて大にしてよかったー」と、ひとくち食べて思うけど極太の麺だからあっという間に食べ切ってしまいそう。
こんな時は合の手に、揚げたてのとり天をぱく、さくっ!

うんめっ!( *´艸`)
アツアツの鶏天の鶏肉は薄く延ばした鶏もも肉。
厚手の衣、生姜と醤油の味が感じられてそのまま食べてもしっかりとした味わいです(*^-^*)

さて、そろそろ味変しながら食べ進めていきます。

まずは香ばしい香りがたまらぬすりゴマをすりすり~(*‘∀‘)♡

大好きな生姜をプラスしてさっぱり爽やかに(*^-^*)


そして、生姜を溶かしたお出汁にとり天を浸して食べるのもうんまいゾ~(≧▽≦)


あー、もっと食べたいな~と思いながらチラチラ、チラつく追加うどん。
でもな~、時間的に厳しいな~、ってことで諦めて目の前にあるうどんを完食。

はぁ~、ごちそうさまでしたー(*´∀`*)♡
ラーメン好きの私ですが、ここは!と友達がずっと誘ってくれていた理由がよく分かりました!

さぁ、そんな友達が頼んだのはこちら。

しょうゆうどんセット700円
(しょうゆうどん小×ひやあつ小)
+しいたけ昆布天140円

もちろん味見させてもらったこの2杯。
ひやあつのうどんは麺が冷たく、お出汁があたたかなのでうどんのコシはひやひやよりはやや優しめ。
まぁ、噛みしめたい気持ちの時はやっぱりひやひやだねーとここは意見の一致を見ました。

そして、しょうゆうどんセットというだけあるしょうゆうどん!めっちゃうまかった!!(≧▽≦)
解説によれば「だし醤油と柚子だけ」と書いてあったけど、このシンプルさでこの美味しさ。
しかも、しょうゆうどんを頼むと一緒にでてくる「かぼす」果汁?

これをかけると柑橘のさわやかさとほろりと苦いアクセントが付き、びっくりするほど美味しかったです。
次回、またこちらにこれたら絶対しょうゆうどんを1杯、独り占めで食べたいって素直に思いました(∀`*ゞ)エヘヘ



ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキングへ

純手打ち讃岐うどん五郎さんの食べログ店舗情報はこちら
東京都墨田区江東橋1-13-1


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)
スポンサーサイト

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

中華そば 満鶏軒(まんちいけん)(錦糸町)/鴨中華そば・雑炊セット(塩)

さて、この日の私は用事があって東京の東側。
普段の自分の行動範囲からはちょっと外れるところなので、気になっていたお店にもちろんお立ち寄り~(∀`*ゞ)エヘヘ


そんな訳で、行ってきたのはこちらのお店。

中華そば 満鶏軒ちゅうかそば まんちいけん
(錦糸町・東京都江東区)
2018,5,25訪問

こちらのお店がオープンしたのは、訪問した日の約1か月前4月24日。
ご存知の方も多いと思いますが、こちらは錦糸町の人気店「真鯛らーめん 麺魚」さんの2号店。
店名からもわかる通り今度は鶏、それも鴨を使ったラーメンが食べられるお店です(*^-^*)

そして、こちらのお店の場所は元々「真鯛らーめん 麺魚」さんが営業していた場所。
壁にどどーんと描かれた鯛のの絵はそのまま残っていてちょっとホッとしました(∀`*ゞ)エヘヘ

ちなみに?真鯛らーめん 麺魚さんの移転先はすぐ目と鼻の先。

それにしても、噂には聞いていましたがこんなに近いとはね!!(≧▽≦)

さてさて、こちらのお店の最寄り駅はJRと東京メトロ半蔵門線の錦糸町駅。
私は自分に使い勝手のいいJR錦糸町駅から5分ほどの場所にあるお店へ向かいます。
南口を出たら目の前の大きい通り「京葉道路」を渡り右方向、両国方面へてくてく。
「江東橋二丁目」交差点を左折して、まっすぐ歩いて行けばでっかい真鯛が見えてきました。

到着したのはお昼のピークタイム外した午後13時過ぎ。
混雑は一通り落ち着いたところって感じ?店内入口に人影が見えるものの外並びはありません。
おぉ~(*´▽`*)ラッキー♡

ま、券売機前にいる人が食券を購入しているので、しばし待機。

そしてその方の後、お店の方からの案内があってまずは食券購入のため一旦店内へ。

券売機は入口入ってすぐ左手。

お、この券売機、すべてのお札が入れられる~(*‘∀‘)スゴーイ

さて、どどーんとでっかい券売機でボタンがいっぱいなので一瞬目が泳ぎます。
ですが…よく見るとこちらの券売機は日本語と英語表記を上下に配した配置。

基本メニューは上から「鴨中華そば(塩)」「鴨中華そば(醤油)」。
この日はまだ販売前だった「鴨中華つけそば(塩)」「「鴨中華つけそば(醤油)」。
そして「フォアグラ油そば」の下や隣には追加トッピングやご飯物のサイドメニューなど。

デフォルトの他に特製、味玉付き、鴨チャーシュー増し、雑炊セットなんかもあって迷います…。
ま、でも、やっぱりこれかな(*‘∀‘)

実は真鯛らーめん麺魚さんに行った時頼んだのも雑炊セット。
迷った時はメニューの1番上、安定の感じにしていみましたー( ̄▽ ̄)ノエッヘッヘッヘ

それでは、購入した食券はその場でホール係のスタッフさんへお渡し。
店内待ちをするスペースはないので、一旦外へ出て空席の案内を待ちます。

ちなみに訪問した時は外並びがなかったのですぐお店の入口付近にいましたが、店前にあふれる場合は道の向こう。
道を渡った公園脇に並ぶことになっています。

立て看板によると列の左側が「真鯛らーめん麺魚」さんの列、右が「中華そば 満鶏軒」さん。
ここに並ぶ時は間違えないようにお気を付けくださーい(=゚ω゚)ノ

まぁ、でもタイミングよくあんまり待つことなくすんなりと再び店内へ。
案内された席に着き、まずはセルフサービスのお水の準備。

こちらのお店の造りはL字ハイカウンターテーブルで座席数は8席。
隣との距離感もほどよく広く、テーブル上には必要なものだけが置かれていてすっきり。
よく見るとコップを置くところ、箸立てに鶏の絵が付いています(*^-^*)

そして、高さのあるカウンターボードにお店からのご案内。

ふむふむ、ここのラーメンのスープは鴨と水だけなのか~。
…と、カウンターのフチに付いていていたラベルプリンターの文字が目に入ってきました。
お、申告制の薬味がある(*´з`)

これは気になる…と言うことで、お店の人に声をかけて薬味3種お願い。

左からわさび・しょうが・ゆずこしょう、味変も楽しみでーす\(^o^)/

さて、準備万端で待つこと少し私のラーメンが完成。

鴨中華そば850円(塩)※単品の価格
おー、スープから鶏の絵がちょうどいい感じに出てますね~(´▽`)

そして、ごはんも到着。

デフォルトにプラス¥200で付く雑炊用のごはんの上には小ぶりな鴨肉、小ねぎ、刻み柚子。
盛りだくさんでなんだかとって贅沢ですね~(*‘∀‘)

ちなみに並べてみるとこんな感じ。

鴨中華そば(塩)・雑炊セット1050円

さぁ、それではお腹もペコペコですし、早速いただきまーす\(^o^)/

まずはスープからごくり。

おぉ~、鴨がぐわ~っと来る~(≧▽≦)
レンゲで掬ったスープは少し粘土を感じる鴨の甘味と旨味が濃いスープ。
麺魚さんの時も感じた塩の旨味と言う甘みを感じさせるもので、少し塩気は強め…かな?
でも、このスープは雑炊にすることまで考えるとちょうどいいんですよね~(*´▽`*)

そして、この刻み柚子が食べ進めるうちに時々口の中に入っていいアクセントになるんです。


さぁ、それではそろそろご対めーん\(^o^)/

麺は細麺ストレート、麺肌がしっとり?つるりとしていて冷麦などをちょっと連想。
食べるとシコシコとした食感があり、スープ上がりの良さもいい感じです。

それでは、のっけものもいただきます。
2種類の鴨チャーシュー、まずはスライスをぱくり。

むっちりとした食感、程よい厚みがあって鴨の旨味がじわーっと口に広がる。

そして、ゴロっとしたブロック状の鴨チャーシュー。

こちらも鴨!!って感じですが、少し炙りが入っていて香ばしいですね~(*´▽`*)

さてさて、お願いして頂いた薬味も色々食べ比べ。

辛味よりはさわやかさが際立つわさび、すっきりとさせてくれる生姜、パンチのあるゆずこしょう。
鴨肉の独特な風味に薬味それぞれの個性が合わさあって美味しいです。
まぁ~…でも私のイチオシは雑炊にもぴったりのワサビですかね~(*‘∀‘)フフフ

さて、鴨チャーシューの他にはサクサクとした青菜の茎。


白ネギは色紙サイズにカットされていてもきゅもきゅする食感がいい感じ( *´艸`)


さぁ、残すところスープだけになったら雑炊を作ります。
ま、その前にまずお米だけをぱくり。

うん、普通に白めしでした~(・∀・)ハハハハ

ではでは気が済んだので、レンゲを使ってスープをお米の方へ。

鴨スープの雑炊完成~(∩´∀`)∩♡
すごくいいビジュアルです~(≧▽≦)

ささ、ぱくり。(*‘∀‘)

うんま!(≧▽≦)
食べているうちに程よい温度に下がった鴨塩スープ。
刻み柚子から薫る柑橘類独特のさわやかさとほろ苦い風味がなんだか大人味~。

たっぷりと乗っている刻み鴨チャーシュー。
途中で薬味のわさびも少し追加してみたりして、気が付けば完食。

ふー、ごちそうさまでした~(*´▽`*)
実を言うと?雑炊にかけたスープは全部じゃありません。
なので残してもよかったはずなんですけど、なかなか来れないお店と思ったらつい汁完してしまいました(∀`*ゞ)エヘヘ


2018年103杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキングへ

中華そば 満鶏軒さんの営業状況などがわかるTwitterはこちら

中華そば 満鶏軒さんの食べログ店舗情報はこちら
東京都墨田区江東橋2-5-3


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

拉麺 吉法師(本所吾妻橋)/鶏清湯 青+ほうれん草※ランチサービス

今日はどこに行こうな~と、ぼんやりとしている通勤時間。
「今日の予定は~?」と友達から連絡が。
やり取りをしているうちに、そう言えばこの友達と以前から「気になるね」と言っていたラーメンを思い出しました。
そんな訳で?その話をしたところ「じゃあそこに行こう」と言うことに。



そして、その気になるラーメンが食べられるお店がこちら~\(^o^)/

拉麺 吉法師 らーめん きっぽうし
(本所吾妻橋・東京都墨田区)
2017,12,5訪問

こちらのお店は最寄り駅の都営地下鉄浅草線・本所吾妻橋駅より徒歩約1分とかなり駅近。
ただし?ほ、ほんじょあづまばしえき…初めて降りる駅で、実は読み方も覚束ない感じ。

さて、友達は東京メトロ銀座線・浅草駅から向かうということなので、お店までは自力でがんばります!
土地勘が全然ない場所なので、とりあえず駅に着く前にお店までの道順を地図アプリで確認。

うーん、出口としては「A0番」が近いのかな?
ま、でも実はこの目の前の道「三ツ目通り」はちょっと突っ切って渡るには微妙な大通り、A2 出口からぐるっと回った方が安全。
かくいう私も結局渡れなくて、浅草通との交差点まで結局戻る形でお店に到着しました(∀`*ゞ)エヘヘ

ちょっとアワワとなりましたが、友達と無事店前で合流。
ランチのピークタイムを外した時間帯だったので、入店前にまずはゆっくり店前をチェック。

イーゼルに建てられたメニューに、季節的に飾られたポインセチアの造花。
「拉麺 吉法師」のイメージだったので、予想以上にオシャレカフェ風でちょっとびっくり!(*‘ω‘ *)

そして、道にちょこんと置かれたこのメニューが今日のお目当。

おぉぉ~、本当に青いね~(・∀・)(・∀・)
そう!友達と私が気になっていたのはこのラーメンです!

さぁ、それではそろそろ入店。
店舗正面が全面ガラスなので写真を撮っていた私たちは丸見え。
中に入るとすぐに店員さんたちから「いらっしゃいませ-」と笑顔で迎えられ、席に案内されます。

こちらのお店の店内は白を基調にした、思った通りカフェ?のような空間。
店内奥にL字のハイカウンターテーブル7席、入口付近に2に掛けのテーブル席が2卓。
私たちはちょうど空いていたテーブル席に着席。

そして、座るとすぐにお水とおしぼりが提供。
「お決まりになりましたら、お声がけ下さい」と言われます。

そうそう、こちらのお店は券売機はなし、オーダー後払いシステム。
食べるものはもう決まっていますが、とりあえず卓上のメニューをチェック。


まず最初のぺージはこの時の期間限定メニューがどーん!

※秋季限定なので、もう多分終わっていると思います(*- -)(*_ _)ペコリ

そして、今日のお目当て青いラーメンが乗っている清湯(ちんたん)のページ。

お、下の岩下の新生姜を使った鶏清湯も気になりますねー(・∀・)

続いて清湯があるなら、やっぱりあるよね白湯(ぱいたん)。


寒い季節に嬉しい味噌と担々麺のページ。


お飲み物もかなり充実…ってことは、夜はおつまみメニューもあるのかな?(*‘∀‘)


そして、嬉しいランチタイムのご案内。


最後のぺージはお店からのご挨拶。

写真と丁寧な解説入りで、これは頼んだ後完成までの時間に読むこともできますね(*‘∀‘)

さて、それではそろそろオーダー。
なかなか来れない場所ですが、ここは最初の予定通り私も友達も「鶏清湯 青」をオーダー。
するとお店の方から「鶏清湯 青には最初から味玉が付いています」との前置き。
それからランチの無料トッピングはどうしますか?と丁寧に尋ねられます。

デフォで乗っているのを知らなくて、味玉頼んでダブルになっちゃうことってありますー!
こういうちょっとしたお気遣い、ありがたいですね~(〃▽〃)ポッ

さて、それでは先ほどのメニューで囲まれた中から友達は「もやし」、私はさらに青くしようと「ほうれん草」をチョイス。

完成までは結構早く、ちょっとおしゃべりしている間に完成です。

鶏清湯 青900円
+ほうれん草100円※ランチトッピングサービス
おぉー!写真で見ていたけどやっぱり青い~(*‘∀‘)!!

そして、ほうれん草は生なんですね~。
なんかこの乗せ方、ジャングル風?草の冠が乗っているみたいです( ̄▽ ̄)

さぁ、それではいただきまーす\(^o^)/
まずはスープからごくり。

おぉぉ~!見た目は青いけど美味しいです!(≧▽≦)
透明感のあるスープはあっさりとした鶏塩のスープ。
青は食欲限定の色なのでダイエットに最適と聞いたことがあります。
ですが、思ったより青と言うより碧で味は普通に美味しいので1口で色のことが気にならなくなります。

ちなみに、この青いは何?と調べてみましたが正解は不明。
聞いた人の話では「企業秘密」ってことしか分かりませんでした( ̄▽ ̄)

さぁ、続いてめーん!\(^o^)/

持ち上げてみるとスープを吸った麺がすっかり青く染まっています。
食感はぷりっとしていて、麺肌がつるつるっとしたストレートの細麺でなかなか個性的。

のっけものはしっとりとした鶏チャーシュー。


コロッとしたタイプの物はいつもなのかな?それともたまたま?

噛み応えの違いがまたいいですね。

ランチサービスで付けたほうれん草のトッピングは生のまま。

ほうれん草独特の香りやアクがまったくないのであっさりとした印象。
スープにくぐらせてちょっとしんなりさせた方が食べやすいかな?(*‘∀‘)

薬味の白髪ねぎはキリっとした辛味があるタイプ。


味玉はほどよい半熟、甘めのお出汁で美味しい~。

これはランチサービスのトッピング味玉ダブルでもいいかも~(〃'∇'〃)エヘヘ

さて、終盤には卓上調味料で少々味変。
友達がブラックペッパーはちょっと強いかな~と言っていたので私は擦り胡麻を少々。

うん、合う!(≧▽≦)
あっさりとした鶏塩スープに、胡麻のコクと香ばしい香りがいいアクセントになりますね。

さて、友達はここでもう少し食べたいと替え玉を追加注文。
私はスープを余すことなくごくごく…

ごちそうさまでした~(*´▽`*)
気になっていた青いラーメンが食べられて大満足。
しかも、こちらのお店の方たちの接客はほどよくてとっても感じがよかったです。

なかなか遠いお店ですが、次は別のメニューも食べてみたいです。
ま、でも、私たちがいる間ほとんどの人がこの青いラーメンを頼んでいました。
このビジュアルでこの味わい…ついつい青いラーメンを食べたくなるその気持ちもわかるな~(≧▽≦)


2017年224杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキングへ

拉麺 吉法師さんの公式Twitter はこちら

拉麺 吉法師さんの食べログ店舗情報はこちら
東京都墨田区吾妻橋3-1-17 吾妻橋ハイム 101


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

下町中華そば すずめ食堂(曳舟)/味玉中華そば

さて、この日は用事があって浅草方面へ。
そこでちょっと足を伸ばして、ずっと気になっていたこちらに来てみました~\(^o^)/



下町中華そば すずめ食堂
(曳舟・東京都墨田区)
2016,7,21訪問

こちらのお店は2013年7月にオープン。
その「下町中華そば」というフレーズと「ずずめ食堂」というかわいらしい店名が気になっていたんですよね~。

さて、こちらのお店の最寄り駅は東武スカイツリーライン「曳舟駅」と京成押上線「京成曳舟駅」。
私は東武スカイツリーライン「曳舟駅」東口方面から。
駅前にあるイトーヨーカドー曳舟店に隣接した商業スペース「イーストコア三番館」へ向かいます。



すずめ食堂さんの住所から「111」がすずめ食堂の店舗の場所ですね(#^.^#)

この日は雨が降っていたので早速入店と行きたいところ。
ですが、こちらのお店は券売機はお店の外にあるのでまずは食券の購入です。

あ、ちなみに外の券売機ですがちゃんと屋根があるのでゆっくり見ることができますのでご安心を~\(^o^)/

さて、基本メニューは全部で4種類。

「中華そば」「濃口中華そば」「味噌濃口中華そば」「つけそば」。
ちなみに特製のことを「特すずめ」っていうんですね(*´ω`*)思わずほっこりしちゃいました。

まぁ、私は初訪問なので、ここは券売機でも人気No.1の「味玉中華そば」をチョイスです。
おつりと食券を受け取って店内へ。
ガラス張りだったので、なんとなく中が見えていましたが、思った通り店内は明るくて清潔感があり、ちょっとカフェのような雰囲気ですね。

客席はゆったりとした感覚のL字カウンター8席。
カウンターの中と、さらに奥のスペースがお店の方の調理スペース。
到着時は店員さん1名体制だったので、行ったり来たりと忙しそうでした。
「いらっしゃいませ。お好きな席へどうぞ」と言われ、一番端の居心地の良さそうな席に着席。
食券を渡してたら、入口左手側にはセルフサービスのお水のある場所へ行ってお水の準備。
卓上に水ポットはないので、おかわりもこちらへ取りに来るシステムです。

卓上調味料は小ぶりな瓶に入ったブラックペッパー、七味唐辛子。

プラスチックのケースに入ったのは辛子高菜かな?

そして、着丼はかなり早め。
席について3分もしないういちに着丼でーす\(^o^)/

味玉中華そば850円
おぉ~、色黒~((๑✧ꈊ✧๑))

そして、とっても特徴的なこのどんぶり。
横から見るとこの角度!

すっごいとんがった感じですよね(≧▽≦)

さて、それではまずはスープからいただきまーす!

ごくり。
アッツ!!Σ(≧◇≦)
強烈に熱いスープに胸のあたりがきゅーっと締まります。

おぉぉ、びっくりした~(◎_◎;)
よーし、次はちゃんとふーふーと冷ましてからごくり。
あ、すっごいうんま~い(*´▽`*)♡
すっごいアツアツのスープの最初の印象はまずは煮干しの味と香り。
そこに動物系のガラスープも加えているようで、深い旨味と地味深い味わいが美味しい。
初めて食べるのにほっとする、なんだか懐かしい味って言う感じですね(*´ω`*)

さて、続いて麺を。

麺は細麺のストレート。
色が少し茶色がかっていて、見ると全粒粉を使用しているのか粒々が確認できます。
そして、この麺の一番の特徴はその食感。
ザクパツっとした歯ごたえは、ちょっと日本蕎麦のようでとっても美味しいです( *´艸`)

それでは、のっけものもご紹介。
まずは2種類の豚チャーシュー。

1枚は色白でみっしりとしたもの。

そして、もう1枚はほろほろ、味しみしみの豚バラ。


最初から目を引いていた色黒メンマもぱくり。

カリコリっとした食感の色黒メンマ、こちらはスープとは違って結構しょっぱめ。
これは白いごはんが食べたくなる味付けだな~。

薬味はみじん切りのネギともう1つがコレ!

かなり厚さのある大ぶりな柚子の皮?のかけらが1かけ入っています。
ほろりと苦い柚子の風味がこのスープとよく合っていて美味しかった~(*´▽`*)

さーて、そろそろ味玉をいただきます。

おぉ~、黄身はかなりとろ~りとしていますね。
スープに流さないよう、そっと口の方へ運んで、ぱくり!
うんまー!!(≧▽≦)
滑らかな黄身の周りの白身はとろとろ。
外側の白身はしっかりと火が入っていて、この絶妙な感じにおもわずにんまり。
味玉と温泉玉子の両方を味わっているみたいでこれいいです~(∩´∀`)∩

さて、お蕎麦っぽい雰囲気があったので途中で七味唐辛子で味変を。

思った通りすっごく合いますね。

さて、最後までアツアツのスープにヒートアップ。
汗だくになっても汁完しちゃいました。

ごちそうさまでした~(*´▽`*)

このラーメンを食べてみたいと思わなかったら多分来なかっただろうと思う「曳舟」。
距離的にも再訪はなかなかできそうにないけど、今日はこれを食べに来れて本当に良かった~(*´▽`*)

ちなみに店内で見つけたこの張り紙「すずめ」のうぬぼれ

スープに麺にトッピング、いろんなこだわりがたっぷりと書かれていました。
美味しさの工夫がたっぷりですね。
これは、うぬぼれていいと思います~(*´▽`*)


2016年150杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキングへ

下町中華そば すずめ食堂さんの食べログ店舗情報はこちら
東京都墨田区京島1-2-2


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

真鯛らーめん 麺魚(錦糸町)/真鯛らーめん 雑炊セット

さて、この日は前から友達と行ってみたいねと言っていたこちらのお店。



真鯛らーめん 麺魚 まだいらーめん めんぎょ
(錦糸町・東京都墨田区)
2016,3,8訪問

こちらのお店は、今年2016年1月6日にオープンしたばかりの行列店。
午前11:00~売り切れまでという営業スタイルでなかなかハードルの高いお店です。

お店の場所は錦糸町駅南口より徒歩5分。
目印は道を挟んだところにある江東橋公園。
実は一緒に行く約束をしていた友達、1度店前まで来たのですが余りの行列に断念。
なので2度目の訪問になった友達に連れて行ってもらったので、道案内が適当ですいません(〃'∇'〃)ゝエヘヘ

さて、友達、私、そして話を聞いて合流した友達の3人で店前に到着すると予想通りの大行列。
並び方は店前に6名くらい、そして道を挟んだ向かい側、先ほど目印に上げた公園の前にも行列が…。

ちなみに、店前には並び方のお願いがありました。

店内でもどうやら2名くらい待てるようで、ざっと20人くらいの並び。
まぁ、待つのは覚悟の上です~。

さて、待っている間は友達とおしゃべり。
どのメニューにするかなどから始まり、最近食べたラーメンの報告などなど。
ラーメンのおしゃべりをしながら気長に待ちます。

少しずつ進んで、公園側の列の先頭になったのは20分後。
ここで店入口脇に描かれている鯛の絵をぱしゃり~(^○^)

派手だな~( ̄▽ ̄)
よく見るダクトの上にも絵が描かれていますね。
影もしっかり描かれていて、まるで鯛が浮いているように見えます。

そこから道を渡るのに約5分。
店の前からは東京スカイツリーが綺麗に見えるロケーション。

更に進んで入口付近。
暖簾は五角形の中に鯛の絵で粋な感じ。

そして、粋と言えば中から聞こえる軽快な三味線を使った力強い和の音楽。
扉の前に立つと聞こえてくるこの音楽、これからの入店を盛り上げてくれますね。

さて、待ち初めて30分強で遂に店内。
漏れ聞こえていた活気ある三味線の音色とそれにぴったりな「いらっしゃいませ~!」と活気あるお出迎えの声。
店主さんらしき男性が忙しそうにしている中でも、入ってきた私達にむかってにっこりと笑顔を向けてくれます。
その表情、長く待ったけど来てよかったなって思わせるいい笑顔でした(#^.^#)

それでは入口左手側にある券売機の前へ。

基本メニューは上から「真鯛らーめん」「濃厚 真鯛らーめん」の2種類。
その下には「真鯛つけ麺」「濃厚 真鯛つけ麺」の表示がありますが、提供はまだのようですね。
そして待っている間、話題になっていた「鯛油そば」。

散々待っている間に考えていたのですが、ここに来てまたまた迷うな~。
実はこの日の夕方、人と会う約束が。
なので、あんまりがっつり食べない方がいいかなと思うのですが、麺魚さんのメニューは+¥200円で付ける「雑炊セット」が人気の様子。

うーん、なかなか来れないお店だし~、待ち時間も長いしな~…えーい!!
やっぱりセットで買っちゃった(〃'∇'〃)ゝエヘヘ
だって、この混雑だから友達と並んで食べれないかもしれないしね。

食券を買ったら店内の邪魔にならない場所で空席待ち。
客席は厨房を囲むL字のハイカウンターの8席。
バラバラで座ることも覚悟していたけど、タイミングよく3人並んで着席できました。
ちなみに着席までにかかった時間は約50分でした~( ̄▽ ̄)

さて、食券渡すタイミングで味変用の柚子胡椒をお願い。
後は完成を待つばかりですが、まずはお水をごくり~。

この日はあったかい日だったので冷たいお水が美味しいです~。

そして、店内を観察。
いたるところに鯛のオブジェがいっぱい。

厨房内側の高い位置には和服の帯を利用した棚の目隠しがあったりと和の趣きたっぷり。

そして、カウンターにはこのご案内。

うんうん、「鯛」を売りにしているお店ならではですよね~( ̄▽ ̄)

そして麺魚のススメなどラーメンの解説。

左下に写真撮影はご自由にとのご案内は私には嬉しい限り。
ま、マナーはもちろん守って撮影しますよ(・`◡´・)ゝ

さて、5分ほどで着丼で~す。

真鯛らーめん 雑炊セット1,000円
雑炊セットにはわさびが付いてきます。
味変追加用の柚子胡椒もあるのでお皿がいっぱいですね。

さて、単品の真鯛らーめんはこんな感じ。

暖簾と同じ鯛のマークが入った丼がかわいいですね~(=^ェ^=)

ま、それはさておきまずはスープをいただきます。

ごくり。
おぉ~ガツンと鯛キタ~!!
タイプとしてはいわゆるあら炊きタイプの清湯スープ。
見ためよりも濃い鯛の風味、特に特徴的なのは香ばしい鯛の香りです。

続いて麺を。

麺は角中細ストレート麺。
もちもちともシコシコとも違うちょっと変わった食感でこんな麺は初めてです。
ですが、角ばったエッジによくスープがついてきますね。

乗っけものは燻製感のあるレアチャーシュー。

うんまーい!((* ´艸`))
しかし、驚くべきはその量。
デフォルトでこれでもかってほど乗っています。
特製になったらどうなっちゃうんでしょう~。

そして、香ばしい鯛の風味の秘密を発見!

それはこの鯛のほぐし身。
ほぐし身を食べれば香ばしさが近く、なくても風味を感じたりと香ばしさの強弱がたまらないですね。

その他ののっけものはあとは青菜とシンプル。


そして風味替えの柚子が時々味にアクセントを付けてくれます。


さて、味変用の柚子胡椒使用。

鯛塩に柚子胡椒は合いますね~。
ですが、スープの温度が下がると塩分を強く感じるように。
なので、もらった柚子胡椒はそれほど使わなかったのでなんだか申し訳なかったです(〃'∇'〃)ゝエヘヘ

ほぼ食べ終わったところで、そろそろ雑炊タイム(#^.^#)

まずは、スープをかける前に少々味見。
炊き込みご飯系をあわせるところが多いですがこちらは白飯。
青ネギ、柚子、そして焦げ目が付くまで炙った鯛のほぐし身が乗っています。

では、最後までとっておいたチャーシューもちょっと乗せて雑炊セット~\(^o^)/

がぶり~(^○^)
香ばしい鯛のスープとごはんは文句なしの美味しさ。

2口目からは雑炊用に付属してきたワサビを追加。
このワサビのさっぱりとした辛味がすごく良く合います。
さらり~さらり~と食べ進め、

ごちそうさまでした~\(^o^)/

後半に温度が下がって少ししょっぱいと感じたスープですが、白飯と合わせれば問題なし。
というか、このラーメンは雑炊セット込みで食べるように作られている気がしますね(〃'∇'〃)ゝエヘヘ

さて、ちなみに友達の1人が濃厚を食べましたので味見させてもらいました。

味玉濃厚 真鯛らーめん950円
見た目のビジュアルから濃そうですが、こちらの鯛の風味も私の食べた真鯛らーめんとひと口ならば同じ感じ。
きっと1杯食べると温度の変化など、色々分かるんじゃないかな。
ま、この日の私は濃厚じゃない方で正解でした( ̄▽ ̄)

そして、濃厚の方の麺。
見た目は同じ感じなのにちょっともっちりむちむち。
スープとの組み合わせのせい?それとも麺違いなのかは不明です。

ちなみに~(^ム^)味玉半分お裾分けしてもらっちゃいました。

最近はオレンジ色の黄身のところが多いですが、こちらの味玉は黄身が黄色とこれまた特徴的。
濃厚な黄身というよりは瑞々しいと言う感じの一風変わった味玉でした(#^.^#)

こちらのお店、雑炊セット込みだ食べるの人がほとんどなので、ちょっと回転率が悪いのかな?
でも、活気があり接客も丁寧なので待った甲斐があります。
機会と気合のあるときに再訪して「鯛あぶらそば」も食べてみたいですね(#^.^#)


2016年49杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキングへ

真鯛らーめん麺魚さんの食べログ店舗情報はこちら
東京都墨田区江東橋2-5-3 井上ビル 1F


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

お知らせ
ラーメンブログランキングに参加しています(^ム^)
プロフィール

もりみ

Author:もりみ
1日1ラーメン食べられたら幸せですが、周りが心配しますし体力的にも経済的にも無理なんでボチボチやってます
(*^^)v

最新記事
カテゴリ
タグ

新宿区 杉並区 小金井市 中野区 千代田区 武蔵野市 渋谷区 北区 豊島区 調布市 練馬区 千葉県 番外編 埼玉県 中央区 荒川区 台東区 三鷹市 世田谷区 ラーフェス 国分寺市 ラー飲み 港区 青梅市 葛飾区 文京区 目黒区 神奈川県 江東区 品川区 立川市 足立区 昭島市 墨田区 カップ麺 うどん まとめ 板橋区 大田区 チェーン店 福生市 江戸川区 茨城県 府中市 国立市 閉店 自宅麺 曙橋 国分寺 東大和市 町田市 八王子市 西東京市 小平市 日野市 浜田山 長野県 多摩市 宮城県 コラボ 蕎麦 あきる野市 広島県 日本蕎麦 練馬 阿佐ヶ谷 

ラーメンブログ リンク

ラーブロ
ラーメンブログ専門リンク集「ラーブロ」に登録しました
\(-o-)/設定ってむずかし~
月別アーカイブ
FC2カウンター
訪問ありがとう~
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード