FC2ブログ

一条流がんこラーメン総本家(四谷三丁目)/牛骨の上品なラーメン(アメリカン)

さて、予告通り本日はブログをもう1本。
引き続き、日曜日から営業を再開したばかりのこちらのお店のブログ!



さぁー!それでは恒例のスタートということで?
行ってきたのはこちらお店~\(^o^)/ワッホーイ♡

一条流がんこラーメン総本家
(四谷三丁目・東京都新宿区)
2019,6,18 訪問

思い起こせばこの2日後からお店は長期休業に入ります…(T_T)
この時の私はそんなことはつゆ知らず、6月もお店の来れてよかったな~と思っていました。

ちなみに6月1日から営業時間とラーメンの価格が改定。
営業時間は体力的な面から10:00~13:00までと1時間短縮。
ラーメンの価格は原価高騰などのため+¥100の¥900になりました。

でもね!それでも食べたいものには人は集まってしまうんですよねー(∀`*ゞ)エヘヘ
そんな訳で?この日の並びはこんな感じ…

ひやー!!Σ(゚Д゚)💦💦
もう何人人が並んでいるのか分からないです~。

とりあえず並びは先頭から壁沿いにいっぱいになり通路の反対側へ。
そして反対側の並びがちょうど先頭の人にぐるりとくっつくような感じ。
イメージ的にはしっぽを追いかける犬のように?
平日に来て、ここまでの並んでいたの見たのは初めてかも~( ̄▽ ̄;)オォォ~

ま、でも13時閉店になってから初訪問、終了案内の出る前にちゃんと辿り着けてよかった~( ̄▽ ̄;)

そうそう、ちなみに先月5月からは外並びは夏仕様に変更。
夏と冬では並び方が逆になるこちらのお店、夏の並びは建物奥側が先頭。

そして、暑くなってきたこの日は暑さ対策用の大型扇風機も登場!
待っている人の快適さを考えた工夫にはホントいつも愛を感じます~(*´▽`*)♡

さて、こうして待つこと約50分段々と列が進み最後のストレート(笑)の一番後ろ。

そこには既に13時を回っていたこともあり、終了の案内が出ていました。

…と、お店の中から「女の子にねー」とさくらんぼを配り歩く家元。

暑かったし、果物の自然な甘みと水分がすごーく美味しかった~。
よっしゃー!店内に入るまでもうひと踏ん張りがんばるゾー(∀`*ゞ)エヘヘ

さぁー、待ち初めて約1時間経過したところでついに外待ちの先頭。

お店の中から流れてい来るスープのいい香りが一番よーく嗅げる位置。
無意識で思わずクンクンしてしまいますー(∀`*ゞ)エヘヘ

お、そして、あれは梅酒かな~(*‘∀‘)

もしかしてあれもスープに使ったりするのかな~なんて考えいていれば食べ終わった人が外へ。
さぁー、それでは遂に私の順番、交代で店内に入りまーす\(^o^)/

「いらっしゃい!」「お待たせしましたー」と声をかけてくれる家元と女将さん。
「こんにちはー、来ましたー(∀`*ゞ)」と私も挨拶をしつつ着席!

あ、ちなみに?さくらんぼの入れ物は外にテキトーに置いといてと言われました。
でも、風で飛んでいったらイヤだな~と思ったので持ってきちゃいました(∀`*ゞ)エヘヘ

さて少し待つこといつも「さぁー、どうする?」と家元からのお声がけ。
ちなみにこの日の家元のTシャツは思わずニヤリと指定しまう「○魔」のマーク。

悪魔ラーメンを頼むのにぴったり~?(≧▽≦)エヘヘ♡

いえいえ、この日の私の狙いは牛骨スープを使った「上品なラーメン」です!
ちなみにこの日の「下品なラーメン」は日曜日のカニ×牛骨スープの不純スープ仕様。
そっちも食べてみたいけど、やっぱり上品なラーメンの牛骨バージョンがすっごく気になります~(≧▽≦)

さぁ、そんな訳で?上品なラーメン、アメリカンでお願いしまーす\(^o^)/

さて、程よい所で女将さんにお支払い。
約1ヶ月ぶりの女将さんと少しおしゃべりもしつつ、待つこと少し完成でーす\(^o^)/

牛骨の上品なラーメン(アメリカン)900円
うわーー!!(≧▽≦)♡澄んだスープが美しい~!

そして、この琥珀色のスープの中に見えるチャーシューがまたたまらん!(≧▽≦)

はぁー!!もうガマンできません。
早速いただきます!(≧▽≦)

それではまずはスープからごくり。

ふわぁ~(゚∀゚)♡、スゴイ優しい甘味~♡
いつもとは全然違う優しい旨味と甘味、そして牛骨由来と思われるコク。
じわじわ身体に浸みる優しいけれど、後引く美味しさがたまりません!(≧▽≦)

さて、それではスープを味わった後は麺をいただきます。
ふーふー、がぶり、ズズズズズズ~。

むはー、うんまーい!!(*´▽`*)♡
ぷりっとした細麺と一緒に口に入るええ塩梅の甘塩の醤油スープ。
いつもの甲殻類の味がないのでちょっと不思議な気もするけど、ほっと落ち着く美味しさがあります。

そして、たっぷりと乗った輪切りのネギがまたうんまい!(≧▽≦)

スープでちょっと熱が入って甘味の出た物、まだシャッキリしていて食感と辛味が少し残っている物。
どれが一緒に麺と口に入るかで味に変化を付けてくれて、その都度ニヤっとしてしまいます!(∀`*ゞ)エヘヘ

さぁ、それではネギ以外ののっけものもいただきます。

大判のチャーシュー2枚、とても柔かくてしっとり美味しい。
牛のスープも良く含むしいい塩梅です~(*´▽`*)♡

そして、上品なラーメンと言えばのカニカマ。

メンマは柔らかく煮込まれていてシャクシャクうんまい。

さぁー、そして程よく食べ進めた所でラーメンタレを少々使います。

…とは言っても、がーっとスープには入れずレンゲの上へちょろっと。

そして、そこに少しスープを加えて…

お手元5番~\(≧▽≦)/エヘヘ
そして、レンゲの上のスープをごくり、くー!しょっぱうめー(≧▽≦)♡

ちなみに?「5番」と言うのは悪魔ラーメンと同じ量のカエシのこと。
ま、正確に5番かどうかと言われると違うと思いますが塩分過多を気にして?
いやいや、ありがたいスープを飲みたい時はアメリカンオーダーのお手元5番が私の定番なのですー( ̄▽ ̄)フフフ

さて、ここから先は完食に向けてさらに自由に(∀`*ゞ)エヘヘ

まずは珍しく?卓上のブラックペッパーを少々。
普段はホワイトペッパー派だけど優しめのスープにはブラックペッパーのパンチもいい感じ。

そして、今日の煮玉子~\(^o^)/

お、今日もハードボイルド系か~(*‘∀‘)
このスッキリとした牛骨スープに黄身を溶かし食べるのもいいね♡

それから、スープヒタヒタの海苔をぱくり。

はぁ~、海苔を通して味わうスープも美味しい…。
しかも、このスープ後半につれて少し味わいが変わっています。

多分、その正体は豚のチャーシュー!
あっさり澄んだスープだからこそ分かる、チャーシューから染み出して変化した味。
段々食べるにつれて牛の旨味だけじゃなく、チャーシュ-の旨味もプラスされていて美味しい~(≧▽≦)

思わず??(∀`*ゞ)エヘヘ…汁完です。

はぁぁぁ~、ごちそうさまでしたー(*´▽`*)♡
普段、甲殻類のパンチが効いたスープを頂いている身としては最初の食べ始めは少し物足りない?印象?
でも、食べ進めるうちじわじわと身体に浸みこむスープの味。
やっぱりこれはがんこラーメンなんだなーと思わせる旨味がありますね~(≧▽≦)

ちなみに?元々、がんこラーメンと言えば牛骨を使ったスープのお店!
だからこその看板に掲げられた牛の頭骨ですが、私がここで牛骨のスープを味わうのは初めて。
はぁー、牛のコクはあるけれどケモノ臭さはなくすっきりうんまいかったです~(*^-^*)

さて、2つのブログに渡って営業再開について書きましたがしばらくの間は混雑必須。
ちなみに再開初日オープン時間から約1時間半後の11:30で打ち切り終了。
食べるために6時間待ちした人もいるそうです。

そんな訳で?まだしばらく私の口には入らないと思いますがそれでも再会がとっても嬉しい!
一条流がんこラーメン総本家さんがそこにあるんだって思うだけですごい幸せです(*^-^*)


2019年103杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキング

一条がんこラーメン総本家の食べログ店舗情報はこちら
東京都新宿区舟町4-1 メゾンド四谷106

一条流がんこラーメン総本家 公式ブログはこちら

一条流がんこラーメン総本家さんで食べたブログのまとめはこちら(*´▽`*)


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)
スポンサーサイト



テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

手打 焔(てうち ほむら)@小田急百貨店 新宿店【小田急うまいものめぐり】/小田急限定 特製海老ワンタンメン

さて、本日はただいま開催中の催事のラーメンのブログ。
開催初日は昨日8月28日(水)、そこから約1週間9月2日(月)までの短い期間開催されています。



ちなみに?こういう情報あまりチェックしていない私。
昨日、ラー友さん達がこぞって食べに行っていてSNSでその存在を知りました(笑)

さぁー、そんな訳で?開催日2日目の今日、行ってきたのがこちらの催事~\(^o^)/

小田急うまいものめぐり
@小田急百貨店 新宿店


ちなみに「小田急百貨店 新宿店」さんは新宿駅中央西口から直結している百貨店。
この催事は本館の11階で開催されています(*^-^*)
お目当てラーメンが食べられるイートインコーナーは中央エレベーターで上がって降りた少し奥。

ちなみに朝連絡を来れた友達も巻き込んでイートインコーナーへまっしぐら~\(^o^)/

手打 焔 てうち ほむら
@小田急百貨店 新宿店
(栃木県那須塩原市)
2019, 8,29訪問

こちらのお店があるのは観光地としても有名な栃木県は那須塩原!
自家製手打ち麺が人気のお店で、いつか行ってみたいな~と思っているお店。

ちなみに去年つけ麺博で食べた「まぜそばつけめん」が美味しかったんですよね~(∀`*ゞ)エヘヘ
なので!また焔さんの味が身近で食べれるのがとっても嬉しいです。

さてさて、初日は結構な並びだったようでどれくらい待つのかな~とちょっとドキドキ。
友達と2人並びの一番後ろを目指して店前→奥の通路~そして階段を上がった先へ~。
回転がいいことを祈りつつ?あ、でも屋内だから暑さの心配がいらないのはいいよね~なんて言いながら友達とおしゃべり。

さぁ、こうして少しずつ列が進み気が付けば入口手前。
そして、そこにはこのイートインコーナーで食べられる写真付きのメニュー。

書いてあるのは「小田急限定 特製海老ワンタンメン」「チャーシューメン」「ラーメン」。
そして、サイドメニューに「豚めし」。

実は友達と手打ち麺が自慢のお店だから、大盛りできたらいいのにな~と思っていました。
やっぱり、こういう時にはできないよね~( ̄▽ ̄;)

さて、外のメニューの下には名だたるラーメンの有名人のサイン。

サインの日付から見るに、お店から持って来たんでしょうね~(*‘∀‘)

さぁ、前の人の食券購入が済み遂に私達の順番。

係の方の案内に従って入店でーす\(^o^)/\(^o^)/

濃紺の暖簾をくぐってまず目に飛び込んできたのはお店の経歴や受賞歴。


そして、中に入ってすぐ左側にレジ。

まずはこちらで注文と支払い、そして客席へ案内という流れになっています。
さぁー!そんな訳で友達も私も決めていたメニューを伝えてお支払い。
それから、お店の人に人数を言えば程よく空いた席へ「どうぞー」と通されます。

ちなみにこちらのイートインコーナーは入って左側、パーティション沿いには奥まで長く続くカウンター席。
そして、レジ後ろ側と、店内奥カウンター席の後ろ側に4人がけのテーブル席が数卓。
厨房スペースはすっかり衝立の向こう側になっていて、調理風景は見えない仕様でちょっとザンネン~(・∀・)

さて、案内された席に着くと食券の回収、半券はとりあえずテーブル上へ。

そして、セルフサービスのお水の準備~(=゚ω゚)ノ
ちなみにコップはプッシュ式で出てくる紙コップ、お水は卓上に水ポットが置いていあります。
それから卓上調味料はとくになしでした!('◇')ゞ ビシッ

さて、そんな訳でお水を飲みながら待つことしばし私達のラーメンが完成でーす\(^o^)/

小田急限定
特製海老ワンタンメン1,380円
おぉー、なんかワイルド~!メニューの写真と印象が違いますね~(≧▽≦)ワラ
ま、得てしてそんなことありますよね~ってことで?味に問題なければOKですー。

そうそう、それから運ばれてきたトレイの上にはお手拭き、割り箸、レンゲ。

ちなみに?余談ですけど、ランチは基本1000円以内と決めている私。
でも、那須塩原市へ行く交通費を考えたらここは奮発して?特製ですよね~(∀`*ゞ)エヘヘ

さて、それではそろそろいただきます!(*^-^*)

まずはスープをごくり~。

おぉー、鶏油ぐわーっっときた~!(≧▽≦)
レンゲに掬った時から層になっているな~とは思いましたが、口に入れるとまず来るのは鶏油。
カエシはキリっとしっかりめ、甘くてちょいとしょっぱめだけどしっかりとしたコクのあるスープ。
こりゃあ、手打ち麺との相性が楽しみです~(∀`*ゞ)エヘヘ

さぁさぁ、それでは一番楽しみにしている麺をふーふー、がぶり。

おぉ!!不思議食感~(*‘∀‘)♡
麺は中太、縮れ麺、ちょっとゴワゴワとした麺肌で啜り上げると舌の上をザリザリと撫で上げる。
噛み応えしっかり、とっても個性的で他では味わったことのない?
いや、なんか知っているような~懐かしいような気持ちにさせます~(*´Д`)ハゥ~♡

さて、それではこの催事オリジナルの海老ワンタンをいただきます。
ちなみに?持ち上げたワンタンは見るからにこちらもなんだか思っていたのと違う雰囲気。

三角折、すごく厚みがあるワンタン皮で中の具は全く透けて見えません。
写真はイメージが伝わりやすいように?ワンタン皮を薄くしているのかな~?(*‘∀‘)

さぁ、がぶり!と食べたワンタン皮はすごくしっかりとした食感。
今まで食べたどのワンタン皮より厚みがあり、ワンタン?というかうどん?を思わせるような噛み応え。

そのおかげでしっかり感じる小麦の甘味がたまらなく美味しい。
…が、その代わり?海老のプリっと感は感じるものの海老の甘味はちょっと皮に負けてるかも?
海老の華やかさに惹かれるけど、コレ皮ワンタンでもいいな~(∀`*ゞ)エヘヘ

さて、その他にはフチが赤い、ちょっと懐かしい雰囲気のチャーシュー。

噛むとスープよりかなり濃いめの味がじわーっと染み出てきてうんまーい!!(≧▽≦)
ただ、ちょー薄い~!もっと分厚いの食べたーい!!(≧▽≦)

そして、こちらはあっさり味の角メンマ。

カリカリ、コリコリで好きな食感なのでもっと食べたいです。

それから、彩りの青菜。

薬味は輪切りのネギ…と、後で別の人の写真を見たら白髪ねぎ風?
ネギはどうやらタイミングによって切り方が変わるみたい?
私としてはメニュー通りの白髪ねぎタイプで食べてみたかったです('ω')ノ

さて、こうして順調に食べ進めたらそろそろお楽しみの味玉タイム~\(^o^)/

ちょっと持ち上げた味玉はちょっと柔らかめ?
ワクワクしながら…ぱかー!っと割った味玉は…

おぉ~、ちょーおいしそうー(*´▽`*)♡

で、食べたら…ちょーうんまい~(≧▽≦)♡
とろっとろの黄身にすごくしっかりといい塩梅の甘じょっぱい出汁が染みててたまらんです~!( *´艸`)♡
追加トッピングであったら味玉ダブルにしたいですー!( *´艸`)♡

さて、それではそろそろ食べ納め。
食べる工程で?短くなってしまった麺をレンゲと箸を使って浚います。

お、思っていたよりも量あるな~(∀`*ゞ)エヘヘ
箸で掴むにはちょっと難ありなのでレンゲから口の中へずずずっと。

そして、名残スープをごくり、ごくり。

はぁ~、うんま~い(*´▽`*)♡
鶏油が混ざり合ってキラキラ光るスープは、すっかり温度が下がり飲みやすい頃合い。
それに温度が下がったからなのか?食べ始めより甘味が増していてすごく後を引きます。
あぁ~、この着地点?最高です~(*´▽`*)♡

さて、ここから先は「もうやめよう~」と水を飲んではもう一度スープに戻るエンドレス状態。
しばしコレを繰り返しつつ、友達が箸を置いたのをきっかけにぐっとガマンで終了です。

はー、ごちそうさまでした~(*´▽`*)♡
やはり手打ち麺が人気のお店、麺がめっちゃうまかった~(≧▽≦)
やっぱりこの麺大盛りにできたらな~っとホント思わずにはいられません!

そんな訳でちょっと調べてみた所、那須塩原のお店はもちろん麺大盛り可。
あぁ、やっぱり那須のお店に行って目の前で作られるラーメンを眺めたりしたいものです~(*´Д`)♡


2019年155杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキング

小田急百貨店 新宿店さんの公式ホームページはこちら

手打 焔さんの営業時間などがわかるTwitterはこちら

手打ち 焔さんの食べログ店舗情報はこちら
栃木県那須塩原市上厚崎374-2

大つけ麵博2018で焔さんの「まぜそばつけめん(KANRYOver)+生玉子」を食べた時のブログはこちら


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

MENSHO SAN FRANCISCO(新宿)/鶏白湯らぁめん+プチリゾット&ピクルスセット

さて、この日の私はあまり時間がないけれどラーメン食べたい~!!(≧◇≦)
…ってことで?同僚とサクっと行ける駅近、しかも通し営業のお店へ行くことにしました。



で、そんな経緯で行ってきたのがこちらのお店~\(^o^)/

MENSHO SAN FRANCISCO
メンショーサンフランシスコ
(新宿・東京都新宿区)
2019,5,24訪問

こちらは2018年7月13日、新宿ミロード内のレストランフロアにオープン。
「麺や庄の」グループのアメリカ西海岸サンフランシスコにあるお店を逆輸入したお店。

そして、お店の場所は既に言いましたが新宿南口直結、新宿ミロードの7階。
南口改札を出たら左手側の新宿ミロードに入るエスカレーターを上がれOK。
天気に左右されない、とーっても利便性のいい場所です!('◇')ゞ

さて、ちなみにこちらに来るのは2回目、約半年ぶり。
前は外壁などがないオープン造りでしたが、久しぶりに来てみれは店前はちょっと変化。

天井からピンクがかった簾?が下がり、ちょっとした目隠し効果がされていました。
そういえば、場所的にもこちらのお店はお客さんの約9割が女性客。
前回来た時、確かに外から丸見えなのはちょっと恥ずかしい?かもと思ったのでこれはいいですね!( ̄▽ ̄)エヘヘ

さてさて、その他店前の様子を再び確認。

ここには以前もあったラーメンの写真付き立て看板。

券売機の近くには、こちらのラーメンメニューが一番で見れるパネル。

そして、ブログが遅いのでアレなんですが~(∀`*ゞ)エヘヘ
どうやら、今は夏季限定の「季節限定 トウモロコシの冷たいらぁめん」も提供中のようです。

さてさて、こちらのお店、並びがある場合は食券買ってから並ぶシステムです。

ちなみにに現金以外の方法でお食事したい方は、一旦店内のレジへ。
こちらで口頭オーダー、支払いを済ませてから並んでいる場合は列へ並ぶようになっています。

ま、でも、私はいつもニコニコ?現金払いなので、入口左手側にある券売機の前へ。

もちろん?こんなスタイリッシュなお店の券売機はタッチパネル式。
…実はタッチパネル式って1度に全部のメニューが確認できないところがなんか苦手…(;´▽`A``

でも、この時はタイミングよく?後ろで待っている人なし。
しっかくなので、画面をじっくり観察させてもらいました(∀`*ゞ)エヘヘ。

まず最初の画面で決めるのは「セットメニュー」か「単品」か。

セットメニューの内容は「鶏白湯」系のラーメンに+ごはん物+杏仁豆腐?かな?

ちなみに?今ブログを書きながら確認したんですがごはん物の内容については不明。
画像的には「鶏コロチャー丼」か「豚コロチャー丼」のどちらかだと思われます。
もしかしたら、次の画面でそれがわかるのかもしれません。

ただ、今日の気分はここまでガッツリじゃないので画面戻って、単品メニュー画面へ~\(-o-)/

この画面にあるのは「鶏白湯」系スープのラーメン4種、野菜たっぷりヘルシー系の「つけ麺」。
そして、「A5黒毛和牛醤油らぁめん」はそのお値段びっくり価格の1950円~!\(-o-)/
ちなみに、このA5和牛めっちゃうまいらしいですが…
小市民なもんで~、ついラーメン2杯食べれるな~って思っちゃう私なのです(∀`*ゞ)エヘヘ?

余談はさておき、 まずはここでどのラーメンを食べるかチョイス。
そして、次の画面へ進めばそこはトッピング類がズラリ。

色々あって目が泳ぎますが、今日は迷っている暇がありません。
とりあえず?1番上に出ているオススメの「プチリゾット&ピクルス」のセットのボタンをポチリ。

そして、発券ボタンを押せは金額が表示されるのでお金を投入。

これにて食券購入完了です!( ̄▽ ̄;)ヨシ‼

さて、それでは購入した食券を持って同僚と2人ピンクな(笑) 簾をくぐります。
すると待ち構えていた?店員さんが「コチラドウゾー」と空いている席にご案内。

そして、そこで気が付く店員さんの変化。
前回来た時は女性店員さんもいたけど、この日の店員さんは全員男性。
しかも、日本人はいない?のかな?この辺も逆輸入のお店だから?(・∀・)

ま、とりあえず案内された席に着けば、お水の入ったタンブラー?が目の前に。
その流れで食券も受け取ってもらった後はのんびり同僚とおしゃべり。

そして、約10分弱後、私達のラーメンがついに到着でーす。

鶏白湯らぁめん860円
おぉ~、なんかオサレ~(≧▽≦)エヘヘ

そうそう、実はこの度2回目の訪問ですが、前回は某ラーメン雑誌付属の「素ラーメン試食券」を利用しました。
だから、きちんと整った「鶏白湯らぁめん」を目の前にするのは初めて。

そして、その中心には三つ葉・カイワレ・くるみ、赤い粒はなんと「ざくろ」だそう。
今までに見たことない、さすが創作系ラーメンが有名なお店だけありますね~(*‘∀‘)

それから、この茶色い部分はとても珍しい調味料、醤油パウダー。

素ラーメンの時にはのっていなかったこの醤油パウダー、すっごい楽しみ~(*´▽`*)ワクワク

…と言うのも、実は以前「麺や庄のグループ」のお店である「gotsubo」さんで似た物?
フリーズドライの醤油を食べたんですが、カリカリとした食感と醤油の旨味が美味しくて感動したんですよねー(∀`*ゞ)エヘヘ

さて、ちょっと余談が長くなりましたがもちろん〆のオススメセットもほぼ同時に到着。

プチリゾット&ピクルスセット50円
出てきた瞬間、あっ!と前回の記憶が戻ってきて思わず苦笑い?
そうそう、このセット50円でお手頃なんですが本当にひとくちサイズでしたね~( ̄▽ ̄;)

ま、今更言ってもアレなんで、もちろんちゃんといただきまーす(笑)

さぁ、それではとまずはスープをひとくち、ごくり。

おぉ~、さっぱり柚子ぅ~(*´▽`*)
ふわふわと泡立つスープ、その中で一番インパクトがあるのは柚子の酸味と香り。
プレミアムな豆乳と鶏を使ったスープは旨味はあるが、サラリとした質感でさっぱりとした味わい。

さて、お次はキヌアを練り込んだ中太、少し平打ち短めの麺をぱくり。

…?アレ?…(*‘ω‘ *)
ひとくち食べた麺の食感は、コワコワとしていてちょっと硬くザリとした啜り心地。
あれ…なんか記憶の中の前回食べた麺と違う印象でちょっと頭と舌が付いて行きません。

食べてみての印象?は啜るっていうより麺を噛みしめる方に重点がある感じ?
もしかして、こちらのお店がサンフランシスコからの逆輸入だからなのかな~(・´з`・)アリー

さて、お次は「溶カシ…ラ食ベテクダサイ」と言われた醤油パウダーに着手!
そーっとスープと一緒に掬い、ごくり。

…ん?思ったより味があんまり変化しない…かな?(・_・)
柚子の効いた鶏白湯スープの味がかなりはっきり、ちょっとくらいじゃ味変としては弱いかも。

ま、なので、この時もっとガッツリ使って味わってみればよかったんですが…( ̄▽ ̄;)
なんと、気づいた頃にはスープにすっかり混ざり合って行方不明。
あの感動を再び~、とは行きませんでした!(泣)

さぁー!そんなザンネンな私の話はさておき、ここから先は乗っけものタイム!
そして、乗っけものの主役と言えば、やっぱりチャーシュー。

使っているのばほろりと柔らかい豚バラチャーシュー2枚。
あっさりスープとは裏腹のこってり?で脂身ふわふわ~(*´Д`)

平べったいメンマはカリコリ、食感が小気味いい。

ちなみに量も結構あったんですけど、写真に撮っていたのはこれだけでした(∀`*ゞ)エヘヘ

そして、とっても気になるくるみと柘榴の実をぱくり。

フムフム…(´~`)モグモグ
美容と健康に良さそうなこの斬新な乗っけもの、クルミは栄養としてはアリだけどトッピングとしては…?
ただ、柘榴の実は甘酢ぱくて、スープとも相性がよかったのでもっと食べたいです!\(^o^)/

さて、ひととおり楽しんだあとはガッツリ麺にスープを絡ませ、麺アゲイン!!


そして、スープの中に沈む前にデフォルトで乗ってる半味玉をぱくり~(^O^)

濃いめの味が付いていてうんまい、半熟具合もいい感じ。
ちなみに追加トッピング「半味玉¥60」と「味玉1個¥100」があるのがなんかニクイ!(≧▽≦)

さて、そろそろスープの味に舌が小慣れてきたので味変。

卓上に置いてある唯一の味変アイテム、ブラックペッパーミルをガリガリ。

ごくり。

うん、いいパンチが入った~(*´▽`*)ワラ

さぁ、残すところスープだけになったらプチリゾットのごはんの出番。

お、すごい、箸で持てるよ~(∀`*ゞ)エヘヘ

崩さないようにスープの真ん中へ。

そっ。( `ー´)ノ

スープを上からばしゃー、ばしゃー。

結構硬いリゾット用ご飯、レンゲを使って崩してから

ぱくり。

うむ…やっぱりちょっと量少ないな…( ̄▽ ̄)ハハハ
後で他の人が頼んいて気づいたんですけど、まんぷくになりたかったら替え玉だったかもしれません。
ちなみに替え玉は現金払いでの追加注文も可能のようです。

まぁ、でも、この日はこの後を考えて?まんぷく過ぎ禁止ってことで…

ピクルスでさっぱり〆っ!!( `ー´)ノキリっ!

ま、そうは言ってもしっかり汁完してるんですけどね(笑)。

ふー、ごちそうさまでした~(*´▽`*)
このラーメンのスープは鶏白湯スープと言えばのイメージである、濃厚さやぽたぽた感はなし。
でも、しっかり柚子の効いた鶏白湯スープは豆乳も入っていてとてもヘルシー。
もしかしたら、暑くなるこれからの季節にこそさっぱりとしていてピタっと来る1杯なのかもしれませんね。

ま、兎にも角にも、気になっていたこのラーメンのデフォルトの状態がやっと食べられて満足。
ただ、思ったよりも「かけラーメン」の状態でも美味しかったことに今更気が付いてびっくりしました(∀`*ゞ)エヘヘ


2019年89杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキング

MENSHO SAN FRANCISCOさんの食べログ店舗情報はこちら
東京都新宿区西新宿1-1-3 新宿ミロード 7F

試食券を使って「素鶏白湯らぁめん」を食べた時のブログはこちら


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

龍朋(りゅうほう)(神楽坂)/りゅうほうめん

さて、この日の朝、友達からあのお店行く?と連絡が。
実はそのお店はずっと行ってみたいと以前から友達との間で話題に上がってたお店。

うんうん!行くー!!\(^o^)/♡



そんな訳で?そんな工程を経て行ってきたのがこちらのお店。

龍朋 りゅうほう
(神楽坂・東京都新宿区)
2019,5,23訪問

こちらのお店は1978年創業の中華料理店。
この日同行の友達からはチャーハンが美味しい!いつも行列との話。
そして、別の友達からはラーメンも美味しいよ~との情報アリ。
ここの所の町中華ブームの私、ここは絶対に行っておかないと~とずっと思っていました~( ̄▽ ̄)エヘヘ

さぁ、そんな龍朋さんは最寄り駅はある東京メトロ 東西線「神楽坂駅」2番出口から徒歩約1分。
地上に出たら目の前の「神楽坂通り」を左方向、飯田橋方面に歩き1つ目の路地を右に入ればお店。

ま、でも私は自分に使い勝手のいいJR飯田橋駅から向かいます~( `ー´)ノ

JR飯田橋西口から外に出たら右へ少し歩いて大きめの道「早稲田通り」へ。
早稲田通りを右折してまっすぐ歩けば「神楽坂下」交差点。
信号を渡った先、目の前に見える登り坂が「神楽坂通り」ですからそこひたすらまっすぐ~
道路左手側に喫茶店「カフェ・ベローチェ」が見えたら、その向かいにある脇道に右へ入れば到着~(*´з`)ノ

…実はこの脇道を行き過ぎちゃったんですけど、そこは割愛(笑)
どうにか無事に友達と店前で合流、で!話には聞いていたけどすごい行列~(゜o゜)オオォ~

でも、すごい待つのかな~と思いきや、あっという間に並んでいる人が店内へ。
食べ終わったお客さんと入れ替わり立ち代わり入って行き10分もしないうちに列の先頭。
すっごい早い~(*‘∀‘)(*‘∀‘)

さぁ、店員さんから人数の確認があり「どうぞー」とお声がけ。

あっという間に入店でーす!\(^o^)/\(^o^)/

案内されたのは店内右手側の壁際にある4人がけのテーブル席。
こちらは混雑時は相席が基本のようで、友達と横並びで着席です。

ちなみに後調べですがこちらのお店の客席は基本テーブル席の全30席。
店内中央、入口から両脇に分けた客席スぺースは食堂のようでありながら喫茶店のようの雰囲気。
なんとも言えないノスタルジックな内装に心躍ります(*^-^*)

さぁ、そしてメニューは店内にずらっと掲げられたメニューボードで確認。

ずら~っと並ぶ麺メニューの数々。

あ、冷やし中華も始まってる~(*‘∀‘)♡

そして、メニューの写真はこれだけですがこれ以外のメニューももちろんあります。
人気ナンバーワン間違いなしのチャーハン、ご飯物、炒め物などなど。
まぁ、これしか写真がないのは私が麺好きってことでご了承ください(∀`*ゞ)エヘヘ

ちなみに後調べですがこちらのお店、全てのメニューがお持ち帰り可。
しかも大盛りは+¥100、町中華の大盛り料金としてはお財布に優しいです!('◇')ゞ

さて、待っている間にメニューを決めていたので着席と同時に注文。
実はチャーハンにするかラーメンにするか迷ってたんですよね。
でも、友達がチャーハン大盛りにするから、ラーメンにしたらと言ってくれたので助かりました~(∀`*ゞ)エヘヘ

出してもらったお水を飲んでひと心地。
そして、相席の人が食べ終わり席を立ったタイミングで卓上調味料の写真を1枚!

置いてあるのは酢・ラー油・コショウ。
ステンレス製の入れ物の中身未確認…見忘れました~(∀`*ゞ)エヘヘ

さて、注文後5分も待たないうちに友達の所に到着したスープ。


そして、チャーハン!!

チャーハン(大盛)870円

うぉ!!すっごいでっかい!!Σ(・ω・ノ)ノ!

周りの人達の所に来た並盛のチャーハンはまるんとしたドーム型。
でも、大盛りチャーハンはドーム型を保つのは難しいくらいの分量。
ぱっと見でどう見ても1.5倍…?いや、約2倍くらいありそうです…(゜o゜)

さぁー、そして私の頼んだラーメンもほぼ同時に到着!

りゅうほうめん770円
おぉ~、スープなみなみ、すごい具沢山!
そして、中央にうずら卵が1つぽんと乗っているのが愛らしいです~(*^-^*)♡

さて、それでは早速いただきます。

まずはスープからごくり。

はぁ~、すごい甘優しい~(*´▽`*)♡
炒め野菜の油のおかげかスープはすごーいアッツアツ。
そして、炒め野菜の甘味がプラスされた動物魚介のスープは優しいけれど旨味しっかり。

さぁ、それではお次はめーん!\(^o^)/

野菜を掻き分け引っ張り出した麺はもうもうと湯気を立てて見た目にも食欲そそる。
ふーふー、としてから啜り上げた麺は細めの縮れ麺でその食感は柔らかめ。
でも、その分優しいスープを麺によーく含んでいてうんまいですー(≧▽≦)
あぁ、懐かしうんまいですー(≧▽≦)

さて、ボリューム満点の「りゅうほうめん」にはたっぷりの炒め野菜。

その内容は具材はもやし、にんじん、キャベツ、青菜、ニラ?
程よいシャキ感や野菜の甘味が引き出されていてなんともうまい。

そして、噛むと甘い汁が出てくるスイートコーンもとっても合う!

ただ乗せてあるだけ?かもしれませんが、こういう所になんか愛情感じます(*^-^*)

それから、こちらのメンマも美味しかったー(≧▽≦)♡

ちょっと長めで角ばったしっかりメンマ、食べればその食感はゴリゴリ小気味いい。
乾燥メンマかな~?私、こういう歯ごたえのメンマ好きなんですよね~(∀`*ゞ)エヘヘ

さぁ、たっぷり野菜もありますがそろそろラーメンの花形チャーシューをぱくり!

うぉ!うんまい!!(@ ̄□ ̄@;)
何気なく口に入れたチャーシューは厚みしっかり、柔らか過ぎず硬すぎずのすごくちょうどいい食感。
チャーシューのフチの方には甘味があり、内側の部分はじわっと程よい塩味が染みてる。
これ!めっちゃうまいです!!(≧◇≦)♡

さぁー、そんな訳でそんなチャーシューたっぷりのチャーハンもめちゃくちゃウマイ!

友達にお裾分けしてもらって、食べた瞬間思わず目がピカー!((๑✧ꈊ✧๑))
ラーメンに乗っていた美味しいチャーシューと同じ物?がごーろごろ。
しかも、その切ったチャーシューのサイズがでっかいので存在感もすごい。
もちろんアツアツ、炒め具合はラードをしっかりコーティングされたしっとり系でした~(〃▽〃)ポッ♡

さてさて、そんな訳で責任もって?友達の大盛りチャーハンもしっかりいただきます!
チャーハン食べつつ、野菜たっぷりりゅうほうめんをずるずる、もぐもぐ~(´~`)

甘め優しめのスープにラー油の味変はなかなかばっちり~(・´з`・)♡

そして、ついついお楽しみにしてしまう、うずらの卵は終盤にぱくり。

スープでしっかり温まったうずら卵の黄身。
口に入れて潰すとぶしゅーって飛び出てくるのがうんまいんだよね~(∀`*ゞ)エヘヘ

さぁ、あんなにあった野菜もそろそろ食べ終わり。

丼ヘリを使って野菜を救出して口の中へ。

そして、捕まえるのに一苦労するコーンも綺麗に攫います(∀`*ゞ)エヘヘ


最後はもうお腹いっぱいだけど、名残スープをごくり~、ごくり~。

極アツだったスープもさすがに食べ終わる頃には温度が下がり飲みやすい温度。
そして、温度が下がったことでますます甘味と旨味がじんわりと舌に感じられます。

あ、ちなみにチャーハンに付いてくるスープはりゅうほうめんのスープと味違いました!('ω')ノ
ベースは同じスープかもしれませんが、炒め野菜が入っているりゅうほうめんのスープの方がコクのある味。
チャーハン付属のスープはそれに比べるとあっさりとした味に感じました。

さて、もうさすがに食べられない~って所で終了!

はぁ~、ごちそうさまでしたー(*´▽`*)♡
さすが大人気の中華料理店の味、すっごく美味しかったです~(≧▽≦)♡
しかも、友達のおかげでほぼ1人前のチャーハンを食べることができてまんぷくはっぴー。
こちらのお店ではできない夢のラーチャンセットを堪能することができました。

ちなみに店内にいる間に来た6人のグループ客、3人チャーハン3人チャーハン大盛りオーダー。
色々頼んでシェアもいいけど、ここで全員一致のチャーハンオーダーはうなづけます。
うん、ここはまた来たいって素直にそう思いました(∀`*ゞ)エヘヘ


2019年88杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキング

龍朋さんの食べログ店舗情報はこちら
東京都新宿区矢来町123 第一矢来ビル B1


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

つけそば 丸長 目白店(目白)/たまごつけそば(中盛)

さて、この日の私は朝連絡をくれた友達とランチラーメンに行くことに。
どこに行く~としばし相談、いくつか出た候補の中から気になってたお店に行くことに。



そして、その気になっていたお店というのがこちら~\(^o^)/

つけそば 丸長 目白店
(目白・東京都新宿区)
2019,5,16訪問

さて、「丸長」と言えば有名なのが昭和22年創業、荻窪にある「丸長 中華そば店」。
そして、こちらのお店「つけそば丸長 目白店」さんは昭和29年創業。
丸長系のお店の中でも人気のある、「丸長 中華そば店」直系のお店の1つ。

その存在は知っていたのですが、最近友達が食べに行っていたこと。
そして、この頃私の中に芽生えてきてた老舗ラーメン店ブーム。
そんな2つのことが合わさって、食べに行ってみたいなーと思っていたんですよね。

さぁ、そんな訳で初訪問!(∀`*ゞ)エヘヘ
そんな「つけそば丸長 目白店」さんの最寄り駅はもちろんJR目白駅。

1つしかない改札から外に出れば、目の前には「目白通り」。
この道を左方向、「落合南長崎」方面へ約5分歩けばお店に到着です(*^-^*)

…おっと、道の反対側だった~( ̄▽ ̄;)

お店が建っている建物は目白通りの右手側。
向かっている途中で目白通りを渡っておくと楽チンでーす(〃▽〃)ポッ

さて、お店の近くに横断歩道がなくてちょっと先まで行って道を渡ることに。
こうして店前に到着すれば、すでに友達はお店に着いていました。
しかも、私がチンタラしていたせいで店内満席 (^-^; ゴメンー

ま、そんな訳で、外待ちしている間にメニューを確認。
…と思いきや、あっという間「お待たせしましたー」と声をかけられ店内へ~\(^o^)/\(^o^)/

案内された席に着席すれば水の入ったグラスが到着。
そして、「ご注文は?」と聞かれます。

こちらの基本メニューは「つけそば」と「ラーメン」。
つけそばはデフォルトのつけそばにトッピング類をプラスしているメニュー構成。

ちなみにトッピング類は「やさい」「たまご(生たまご・ゆでたまご)」「メンマ」「チャシュー」の全5種類。
そして、トッピングを組み合わせれば組み合わせるほど、ボリュームとお値段があがります( ̄▽ ̄)ワラ

さて、既に何を食べるか決めて来た私と友達は早速注文。
注文が済んだ後は卓上調味料の確認。

置いてあるのは唐辛子、コショウ、酢、ラー油、醤油?かな?

と、そこにつけ汁がどーん!!

早っ!!Σ(・ω・ノ)ノ!

そして、続いて麺もどーん!!

たまごつけそば(生卵)¥850円
+中盛50円

「お待たせしましたー」って声をかけてくれるけど、いやいやいや~!
全然待ってないですって!!(´⊙ω⊙`)
いつも行列のお店と聞いていたのに全然待たずに入れた訳がここでよくわかりました~。

ちなみに?普段なら待っている間の確認事項も出来ずじまい。
こちらのお店の客席は店内左手側が2席、店舗正面側が8席のL字カウンター全10席。
カウンター内側の厨房には店主さんらしき男性1人、テキパキ動く女性店員さん3名は中と外を出たり入ったり。
なるほどー!このテキパキとした動きは伊達じゃないですね!(≧▽≦)

さぁー!それではなんとなくもう一度写真をパシャ!

いやー、赤カウンターに生卵のオレンジ色が映えるわー(*´▽`*)♡

では、そろそろいただきまーす!\(^o^)/

まずはめーんだけをぱくり、ちゅりりーん!

おぉ、もちもち~(*´з`)
麺は丸中太のストレート、ほのかに甘味がありもちもちとした食感。
一口食べて思うことと言えば、なんとなーくちょっとうどんみたいな味わい。
そして、水でしめてあるけど冷たくはないので、ある意味すごくほっとする温感です。

さて、お次はつけ汁に麺を~…入らんっ!(*≧∀≦*)ワラ
つけ汁用と言うには大きめの器、その中にはぎっちり具がたっぷり。

仕方がないので、箸を使って具材を少し横へ積み上げ土手作り。
少し隙間を作った場所に麺をイン!( `ー´)ノ

どうにかこうにかつけ汁に麺を浸してぱくり、ちゅりりーん。

おぉ!!うんまい!!(*‘∀‘)♡
昔ながらの~の想像をあっさりと裏切る、思った以上のパンチ力でピリっと辛い!!(≧◇≦)
だ~け~ど~…これ、甘酸のバランスと醤油のしょっぱさがすごくクセになります。

はぁ~(*´Д`)♡、これは…すっごい中毒性の高い味だ~。

さて、続いてつけ汁の中の具材をぱくり。

中に入っていたのはこれまたしょっぺー短冊切りのチャシューがたっぷり。
よく煮こまれたメンマも醤油の味がしっかり染みていてたまらん、たまらん!(≧▽≦)

そして、意外といい味出していたのが細切りにしてあるナルト。
口に入ると他のしょっぱさに比べて優しい甘味があって美味しいです~(*´▽`*)

さぁ、少し食べたら今度は割らないように気を付けていた生卵の出番。

ちょっと箸で割った卵黄めがけてめーん!\(^o^)/

よーく絡めてずるずるずる~(*´з`)

マイルド甘うまー(*゚▽゚*)♡
つけ汁自体がちょいしょっぱめ、だからこそ生卵のマイルドさがいい合の手。
ゆで卵バージョンも美味しいらしいけど、これを食べたら次も生たまご頼んじゃうな~(∀`*ゞ)エヘヘ

さて、ここから先は自由に麺と具を交互にもぐもぐ、ちゅるちゅる。

もちろん麺と具を一緒に口に入れても美味しいゾー(≧▽≦)

そして、たっぷりの具の中のバイプレーヤー?みじん切りのネギもいい感じ!

ザクザクとした食感、ほんのりと感じるネギ辛さがいい清涼感。

さぁー、そして甘酸なつけ汁の味変にお酢を少々たらーり。

ごくり…うん?あんまり変化ない?(・∀・)
どうやら少々だと思うような変化はなし。
でも、今日の気分はこのままだったので冒険は次回以降にしたいと思います!('ω')ノ

さぁー、そしてついにラストスパート!
最後は箸と器のフチを使って最後の具材を掻き込む~( `ー´)ノ

お行儀悪いけど、器に顔を近づけて口の中へ掻き込む~( `ー´)ノ

ぷはー!(≧▽≦)♡

さぁ、それでは最後の〆はスープ割り。
目の前にいた女性店員さんに声をかけて、器をカウンターの上に置きます。

そして、スープ割りがされて戻ってきたのがこちら。

おぉ~、ちょっとたまご色ですね~(*‘∀‘)
ではではと飲んだスープ割りは、つけ汁として使っていた時と比べるとかなりマイルド。
どうやら、割りほぐした生卵が入っているからさらにそう感じるみたいです(*^-^*)

さてさて、並盛だと少ないかな~と思って頼んだ中盛。
ただこんなに具沢山とは思っていなかったので、思ったよりもまんぷく。
さすがにスープ割りは飲み切れず、終了です。

ごちそうさまでした~(*´▽`*)♡
「丸長」のつけそばと言えば私の中では荻窪の「丸長 中華そば店」さんのイメージ。
目白店も直系だしそんな感じかな~と思っていたら、全然違う味でびっくりしました。
でも、すごくクセになるつけそばはパンチがあって大満足。
これはまた食べに来たいです!(≧▽≦)

そうそう、ちなみに同行の友達が頼んだのはこちら。

やさいつけそば850円
+中盛50円

こちらのつけ汁の中には炒めたもやしとキャベツがたっぷり。
そして、やさいつけそばのスープ割りをもらって飲んだらこれまたうまいー!(≧▽≦)♡
もやしの甘味がスープに溶けてて、私が食べた物とはまた一味違う美味しさでした。

ちなみに?やさい多いから~って友達から少し野菜もおすそわけしてもらいました(∀`*ゞ)エヘヘ

どっちも美味しいかったから、次はやさいつけそばに生卵プラスもいいかも~(∀`*ゞ)エヘヘ
…と思うんですが、後から後からやってくる常連さん達が注文する「小鉢」なるメニュー。
お品書きには書いてないし、すっごく気になりました!!(≧▽≦)♡

ちなみに調べによると「小鉢」とは「チャーシューやさいつけそば」のつけ汁の器が小さくなった物。
50円引きでちょっとお得、そしてこれだとスープを残す量も少なくて済むしいいかも~(*゚▽゚*)ムハー♡


2019年84杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキング

つけそば 丸長 目白店さんの食べログ店舗情報はこちら
東京都新宿区下落合3-19-4


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

お知らせ
ラーメンブログランキングに参加しています(^ム^)
人気ブログランキング
プロフィール

もりみ

Author:もりみ
1日1ラーメン食べられたら幸せですが、周りが心配しますし体力的に無理なんでボチボチやってます(*^^)v

最新記事
カテゴリ
タグ

新宿区 杉並区 小金井市 武蔵野市 千代田区 中野区 渋谷区 豊島区 番外編 北区 調布市 練馬区 埼玉県 千葉県 中央区 三鷹市 世田谷区 台東区 荒川区 ラー飲み ラーフェス 神奈川県 国分寺市 葛飾区 青梅市 港区 文京区 うどん 町中華 目黒区 昭島市 立川市 カップ麺 品川区 江東区 足立区 墨田区 大田区 茨城県 板橋区 自宅麺 福生市 江戸川区 国立市 八王子市 チェーン店 府中市 国分寺 西東京市 町田市 小平市 曙橋 閉店 宮城県 東大和市 阿佐ヶ谷 浜田山 蕎麦 栃木県 広島県 コラボ 日野市 練馬 あきる野市 福島県 多摩市 日本蕎麦 長野県 

ラーメンブログ リンク

ラーブロ
ラーメンブログ専門リンク集「ラーブロ」に登録しました
\(-o-)/設定ってむずかし~
月別アーカイブ
FC2カウンター
訪問ありがとう~
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード