FC2ブログ

中華料理21(西荻窪)/麻婆麺+ライス

さて、相性の良くないお店というのはあるもので?
友達から教えてもらって気になっていたお店に2度もフラれたその後のこと。
こうなったら!食べれるまで粘り強くだ~!( `ー´)ノ



そんな訳で3度目の正直とはよく言ったもので?
この度こちらのお店には3度目の訪問、遂にやっていました~!\(^o^)/

と言う訳で、行ってきたのがこちらのお店。

中華料理21ちゅうかりょうり にじゅういち
(西荻窪 東京都杉並区)
2019,5,14訪問

こちらのお店はJR中央総武線・西荻窪駅南口より徒歩約2分。

南口から出たらすぐ左手、「西荻窪駅入口」の信号を渡り線路沿いを少し歩けば到着。
ちなみにこちらのお店の前を通るのは実は3回以上。
なぜか他の用事で来ると開店していて、食べるつもりで来ると閉まっているというなんとも不思議な間柄(笑)

さて、それでは遂に!遂に!入店でーす\(^o^)/

店内に入るとなんと先客さんは誰もおらず、広い店内はガラン。
店内を流れるNHK連続テレビ小説、お昼時ののんびりとした空気。
そして、店内奥では店主さんらしい男性がイスに座って新聞?を読んでいます。

およよー(・∀・)ドキドキ

ま、でも、ほどなく私の入ってきた気配に気づいて「イラッシャイマセー、今日ハイインテンキダネー」とニコニコ。
ちなみに、この日の天気は生憎の雨模様で思わずこの緩~い雰囲気に私もへらり(∀`*ゞ)エヘヘ

さて、こちらのお店の客席は4人掛けのテーブル席がずらり。
中央の通路を開けて左右に分かれるように店内奥まで続いています。
どこに座ろうかとキョロキョロしていると「ココイイヨー」と入口から2つ手前の席を勧めてくれました。

テーブルには既にお箸と使い捨てのお手拭き。
席に着いた私に「ナニニスルー?ユックリ考エテネー」と言いつつも、おススメは麻婆豆腐定食とのこと。
そして、ニコニコ笑顔で「飲ミ物ドウスルー?」と聞かれる私。
これはアルコールの事かな?と思いましたが、この後もあるので飲めません。
ここではお水をお願いしました(*^-^*)

さて、それではテーブルの上に立ててあったメニューをチェック。


なんとも個性的なメニューの表紙。

これってもしかして、ご店主さんがモデルだったりするのかな?

さて、メニューのページはかなりありますのでここからは一挙に行きますよー!
まず、メニューの裏面は生姜焼き!


大人気だそう、「角煮火鍋」は1人前より注文可。

うん、確かに美味しそう~(*‘∀‘)

そして、更に続く鍋メニューは「すき焼き」と「しゃぶしゃぶ」。

はて、中華料理と思うけどここのご店主さんの雰囲気ならOK!( ̄▽ ̄)♡

お次は定番のチャーハンを筆頭にしたご飯ものとスープのページ。

酸辣湯のスープがあるなら、酸辣湯麺もあるかな~。

さぁ、そして私にとってのメインページ、麺類はこんな感じ。

麻婆麺、角煮ラーメン、担々麺、特製焼きそば(エビ入り)。
冷麺は5月~9月までの夏季限定メニュー。
ちなみに期待の酸辣湯麺はありませんでした( ̄▽ ̄)ワラ

さぁー、まだまだ続くメニュー、次は海鮮料理のページ。

海鮮料理はエビかイカって感じですね(笑)

そして、本格一品料理の数々。


おつまみもいっぱい。

うわー、これだけあるんだから夜は遅くまでやってそうだ~(゜o゜)

…ちなみに卓上メニューを見返したら、こちらの営業時間はPM11:30~AM4:30と記載されていました。
あれ?今の時間は営業時間じゃないけど…ま、でも、あの店主さんならOK~( ̄▽ ̄)♡

さて、後は店主さんおススメのページ。

既に出てきていた麺類を始め、今まで出てきたメニューの中からのオススメ?
そう言えばここを教えてくれた友達がこちらお店に来た時のこと。
4人組のお客さんが全員、杏仁豆腐頼んでて気になったって言ってたな~(*´з`)

さぁ、メニュー終わりまでもう少し。
ここは先ほど店主さんが教えてくれた麻婆豆腐定食など。

ふぅむ、思ったより定食メニューは少ないけど1品料理にプラスいくらかで定食とかできないのかな?
思わずキョロキョロそう言う案内がないか探しましたが、見つけられませんでした。

さて、ついに最後のページ。
ここはお飲み物とおまかせコースについて。

はうー、メニューいっぱい盛りだくさんですね~(*‘∀‘)

ちなみに店内にもなんとも中国料理店らしいメニューの紙がズラリとはってあります。

しかも、よく見ると卓上のメニューには書いてない物もある感じ。

うわ~、ここで夜飲むのも楽しそうだな~(*‘∀‘)

さてさて、私がのんびりメニューを見ている間に男女夫婦?のお客さん。
そして、???ちょっとよくわからない常連さんらしいおじさんが来店、着席。
ちなみにこのおじさん何も頼んでいない様子?タバコだけ吸ってしばらくしたら出ていってしまいました(謎)。

さて、注文が決まった私はご店主さんに声をかけて注文。
後から来たお客さんは1人は常連さんのようで、連れてきた女性にオススメを教えつつサクサクと注文。

さて、注文が済んだ後は改めて店内の様子をキョロキョロ眺めます。

ちょうど座った席の後ろには何やら写真がいっぱい。

あ、あれは角〇卓造!!(≧▽≦)

そう言えば、あの方は荻窪辺りに在住でしたっけー?
その他、俳優の寺島進さんと一緒にご店主さんが移っている写真もありました。
ご店主さん、意外とミーハーなのかしら~(∀`*ゞ)エヘヘ

さて、入店した時は私だけだった店内ですが気づけばさらに数組のお客さん。
ご店主さん1人営業なこともあり、割と待ち時間がなく注文してから約15分後。
完成した麻婆麺2杯とライスを持って現れたご店主さん「オマタセシマシター」とニコニコ笑顔。

そして、目の前に置かれたのがこちら~\(^o^)/

麻婆麺390円
おぉー、すごいシンプル~(*‘∀‘)
麻婆豆腐に覆われて麺は全く見えず、また薬味なども乗っていません。
でも、コレ390円だもんねー(∀`*ゞ)エヘヘと

そして、一緒に持ってきてくれたライスがこちら。

ライス200円
うん、すごい普通~(゚∀゚)ワラ

麻婆麺と並べてみるとこんな感じ。

うん、むしろこのご飯が200円は高いとさえ思ってしまいます。
が!!これがセットで590円だと思うとすごいお得に感じますよね~( ̄▽ ̄)♡エヘヘ

さて、ご店主さんが持っていたもう1杯の麻婆麺は前の席に座った女性のお客さんの1杯。
私が写真を撮っている間に食べ出し、向こうの席から「ズボボボ~」と麺を啜る豪快な音。
あんかけ系のラーメンってそうなるよね~( ̄▽ ̄)

「わー、ホントだ美味しい~」なんて女性の声が私の耳にも届いてきます。
では、私も追っかけ!いただきまーす\(^o^)/

さて、早速麺をズボボボ~と啜り上げたいところ。
ですが、まずはレンゲを使って餡が緩んでいない麻婆豆腐部分を掬う!( `ー´)ノ


そして、ごはんの上へ。


ミニ麻婆豆腐丼、完成…(ΦωΦ)フフフ…。

餡かけ系のスープは時間が経つと餡が緩んでくるので、こうしておくといい感じ。
後で食べる時になってもちゃーんと餡の強さが残っています(*^-^*)

さて、では今度こそめーん!\(^o^)/

お、よ、よ、よ…麺が…重い~(≧◇≦)
麻婆豆腐の下でしっかりと折りたたまれていた麺、箸で引っ張り出そうとするとスゴイ重力?思い!
しかも麻婆豆腐が全部それに絡んでくるというミラクルな状態。
一瞬、丼の中身が全部麺に絡めとられたようになってしまいびっくりしました(≧▽≦)ワラワラ

箸とレンゲを使って少し麺をほぐしてからようやくがぶり。

うんまーーーー(・∀・)♡
予想以上にどろりんちょな麻婆豆腐が麺によーーーく絡んで美味しい。

ちなみに麺は中細、ちょっと縮れていてなるほどしっかり麻婆餡が絡む。
そして、食べ始めはちょっと固めな茹で上がり、少し粉っぽい印象。
でも食べ進めるほどにシコシコ、豆腐の柔らかさとはちょっと柔らかいけどシコシコ食感。
豆腐との食感の違いがいいコントラストになっています(*^-^*)

さて、硬めの茹で上がりな麺はゆっくり食べても大丈夫そう。
お次は改めてとろーり麻婆餡の味見、レンゲで掬ってふーふー、ごくり。

お、ウマ辛~(*´▽`*)♡
麻婆豆腐特有のラー油、唐辛子系の辛さはどうやら調整可能だそうですがデフォルトの辛さは旨辛+ちょい辛の範囲。
痺れ系の調味料は入っていないのか、ビリビリ来る感じもないので辛味耐性ほどほどな私も美味しく食べられます(*^-^*)

ちなみにこの麻婆餡の中には干しエビと豆豉(トウチ)がいっぱい~(*´▽`*)♡


香ばしい干しエビの風味、口に入った時のサクプチっとした食感。

そして、大豆の発酵食品である豆豉は口に入れば旨塩の味わい。
単調になりがちな麻婆豆腐にいい味のアクセントを付けてくれています(*^-^*)

さて、それでは白飯片手に麻婆麺を大満喫。
麺を啜る音が「ズボボボ~」から「ずるずるー」になる頃には麺はそろそろ終わり。
すっかり緩んだスープの中から最後は具材を綺麗に攫ってご飯の上へ。

ま、そして、麺を食べ終わった後はこうなるよね~( ̄▽ ̄)

あ、そして、干しエビ発見!(≧▽≦)

サクシャキ、エビの旨味じわーっと出てうまい~(≧▽≦)

さぁさぁ、そして最後は見ためはアレな麻婆スープご飯をサラサラ~っと完食。


で!本当はスープ残そうと思ったのですが、後引く辛さに思わず汁完!

ぷはー、ごちそうさまでしたー(*´▽`*)♡
いやー、美味しかった~、そして諦めなくて良かった~(*´▽`*)♡

ちなみに教えてくれた友達曰く、こちらのお店の麻婆麺日によって味が違うそう。
美味しくない日もあるから、もしそうだったらごめんと言われていました。
でも!間違いなく私の行った日は美味しい日だと思います!( `ー´)ノ
そして、このキャンペーン価格の麻婆麺、かれこれずーっとキャンペーン中だそうです(笑)

さて、食べ終わったらお会計なんですが…奥で一人調理を続けるご店主さん。
大変そうだな~と思い、器とグラスを持って店内奥へ。
実は店内奥、客席?の大テーブルの上に洗い物がどっちゃり乗っていました。
多分、後でまとめてあのお皿洗うんだろうな~と思い、私の使ったお皿などもそちらへ持っていきました。

さぁ、そしてお支払いを済ませたらごちそうさまのご挨拶。
するとご店主さん「マタキテネー」とニコニコ笑顔、ホントすごくキュンとしました(〃▽〃)ポッ
これはまた来ないと、で、その日はちゃんとお店空いてますように!


2019年83杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキング

中華料理21さんの食べログ店舗情報はこちら
東京都杉並区西荻南3-14-11


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)
スポンサーサイト

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

えのけんラーメン(南阿佐ヶ谷)/【夏季限定】冷やし中華

さて、なんだか梅雨入りしてから蒸し蒸しする日が続きますね。
なので!今日のブログは先日食べてきた冷やし中華のブログを書こうと思います(*^-^*)



さぁー!そんな訳で行ってきたのがこちらのお店。

えのけんラーメン
(南阿佐ヶ谷・東京都杉並区)
2019,7,27訪問

こちらのお店を知った最初のきっかけはラー友さんのツイート。
美味しそうな冷やし中華だな~と思い、冷やし中華好きの友達を誘って一緒に行くことにしました。
ちなみにこちらのお店、某テレビ番組の冷やし中華ランキングで9位に入っていたそうです(*^-^*)

さて、こちらのお店は最寄り駅の東京メトロ丸ノ内線・南阿佐ヶ谷駅1番出口より徒歩約3分。
目の前を走る青梅街道を右、新宿方面に歩いて行けばすぐ…ですが!
私は自分に使い勝手のいい「JR中央総武線・阿佐ヶ谷駅」南口から歩いて向かいまーす\(^o^)/

雨の日でも安心のアーケードのある商店街「阿佐ヶ谷パールセンター」を抜けて~。
二股に分かれた道の左側「すずらん通り」をさらに進めば青梅街道。
※実際は2股右側の通りの方が近かったかもしれません…(;´▽`A``スイマセンー

さぁ、ここまで来ればあとちょっと、お店は青梅街道を渡って斜め右方向。

お、見えた~…あ!!信号待ちしている間に友達がお店の前に着いたのが見えた。
ちょ…早く信号変われ~!(・´з`・)

さぁ、こんな感じで辿り着いた店前で友達と合流。
その店前にあった立て看板には他人と思えない?かわいいブタのイラスト(*^-^*)♡

そして、そこに書かれた「ラーメンとギョーザのうまい店」のフレーズにも惹かれます。
むむむー(*´Д`)、…でも今日は絶対冷やし中華食べますー。

一瞬芽生えた迷いを振り払い、いざ店内へ!
中に入れば「いらっしゃいませー、食券どうぞ~」とニコニコ笑顔でおで向かえしてくれる女性店員さん。
思わずこちらも笑顔になって、はーい(*´▽`*)(*´▽`*)と返事をして券売機の前へ。

こちらの券売機は入口より右手側。

なんと2台の券売機が横並びに置いてあるので2人同時に食券購入可能。
そして、この券売機が2台も置ける感じからわかるでしょうか?
こちらのお店、外からは小さいお店と思っていましたが店内はかなり広々としているお店です!( `ー´)ノ

さて、それではサイズ感は違うけど並びは全く同じ券売機。
見やすい文字帯で色分けされたボタン「赤」はラーメン類。

ご飯物は「緑」、「茶色」は餃子・追加トッピング・おつまみ類。
黄色は飲み物…あ、お味噌汁も飲み物に入るんですねー(∀`*ゞ)ワラ

ちなみにこちらのお店のラーメンメニューは「みそ」が1番上。

どうやら人気メニューのようで、これを食べている人が一番多かったような気がします。
かく言う私?次はみそラーメン食べに来よう~って思いました(∀`*ゞ)エヘヘ

さて、購入した食券を持って振り返れば「こちらへどうぞ~」と先ほどの女性店員さんからお声がけ。

優しい笑顔に吸い込まれるように、並びで座れるカウンター席に着席~\(^o^)/\(^o^)/

そして、食券はカウンターの上へ。

あ、券売機が違うと食券のサイズが微妙に違うね~(*‘∀‘)
私、こういうちょっとした違いに気づくとなんか嬉しくなっちゃうんでうよね~(笑)

さて、ほどなく水の入ったグラスが到着。

蒸し暑い中歩いて来たので早速ごくり。
あ、これレモン水だ、すごいスッキリ美味しい~(*´▽`*)♡

さてさて、それでは冷やし中華が出来るまでに店内の観察。
こちらのお店、券売機のある場所は1段低くなっていてゆったりとしたホールの様な造り。

ここにあるピンナップボードには有名人のサインも並んでいます。

そして、客席はそこから階段を数段上がった1段高い場所。
右手側に厨房スペースを囲むL字のカウンター15席、左手側壁沿いに4人掛けのテーブル席が3卓。
それからちょっと驚いたのが、こちらのお店は店内に喫煙スペースがあるところ。
ウェイティングスペースかな?と思っていたら、食後の一服をしているお客さんが結構いて「なるほど~」と思いました。

さて、その他には種類豊富な卓上調味料。

置いてあるのは醤油・酢・ラー油・唐辛子?・ブラックペッパーの大きい缶。

そして、箸箱の向こう豆板醤とおろしニンニク~\(^o^)/

余談ですけど、実はこの2つは私の位置からは最初見えず気づいたのは食べ終わってから。
ま、冷やし中華に豆板醬とおろしニンニクは必要ないですから仕方がないですよね~(笑)

さぁ、こんな感じでじっくり周りを観察した後は、遠くに見える調理風景をチラチラ。
冷やし中華の具材が多いのか、盛り付けにとても時間をかけています(*‘∀‘)(*‘∀‘)♡ワクワク

こうしてワクワクしながら眺めることしばし。
店主さんの手ずから「お待たせしました」と、運ばれてきたのがこちら~\(^o^)/

冷やし中華930円
わぁー!具沢山~!!(°▽°)♡

とりあえず、ぐるりと皿を回して具材をチェック。

艶めく薄ピンク色のチャーシュー、薪のように立てかけられたキュウリ。

メンマ、ゆで卵、ワカメ、サニーレタス。

冷やし中華には乗ってて欲しい紅ショウガももちろん!(≧▽≦)

そして、ミニではないトマト、スイートコーン。

そっと掻き分けると中には茹でもやし。

おぉ~(*‘∀‘)♡、すっごいカラフルで見ているだけで元気でる~!

なんだか崩してしまうのがもったいないですが…
もちろん!( ̄▽ ̄)ガッツリいただきまーす!

さて、まずはどんなタレなのかな~?からのごくり。

おぉー、すっきり甘い~(*´▽`*)♡
よくある醤油と酢をベースにした冷やし中華のタレとはちょっと違う個性的な味。
甘味はあるが、酸味は抑え目でツンとせずすっきりとした味わい。
でも、ごま油?が効かせてあるのかコクがあるのでさっぱりし過ぎって感じでもありません。

しかも?レンゲじゃなくてスプーンな所も個性的ですね~(∀`*ゞ)エヘヘ

さて、お次は具材をちょっと掻き分け、めーん!!\(^o^)/

麺は中細、つるつるっとした麺肌でヒンヤリぷりっとしています。
これぞ冷やし中華の定番って感じの麺ですごくホッとしますね~(≧▽≦)

ただ難点?は私が食べた体感で分量的に麺1:具材2って感じ。
具材がすごーく多いので麺ばっかり食べているとあっという間になくなりそう!
各種大盛りできるけど、冷やし中華も大盛りできるのかな~( ̄▽ ̄)ニヤリ

さぁ、それではバランスよく乗っけものを食べていきます。

まずは乗せものの花形、チャーシューをぱくり…あ、うんまい~(*´▽`*)♡
しっとりとしていて、冷たいけれど脂っぽさはなく程よい肉のバランス。
味付けは薄味なんだけどじわーっと旨味が舌に染みて美味しいです。

あぁ、きっとここのラーメンのチャーシューもうんまいんだろうな~(*´Д`)♡

そして、こちらもラーメンを想像できるメンマ。

シャクっとした食感と甘めな味付けでこちらもいい感じ。

さて、ここから先は冷やし中華らしいお野菜などなど。

麺と一緒に食べるとプチしゃき食感が小気味いい茹でもやし。

細切りキュウリはカリカリでこちらもよい食感。


ヘルシーなワカメはつけダレヒタヒタにしてぱくり(*^-^*)


びっくりするほど豪快なサニーレタスは剥がした1枚そんまんま!

友達と2人でかいなーって言いながら、顔をから?かぶりつきました(≧▽≦)ワラ

それから、冷やし中華と言えば私の中では錦糸卵ですがこちらではゆで卵。

でも、食べてて思ったんですが私はゆで卵の方が嬉しいかも~(*´▽`*)
黄色の綺麗な彩りはこちらの冷やし中華にはスイートコーンがいますしね。

さて、ラストにご紹介?はトマト。
大きさはミニ以上、普通トマトよりも小ぶり…これフルーツトマトってヤツかな~?(*´▽`*)

口に入れればサッパリだけどコクのある甘めのつけダレとトマトの汁が口の中で合体。
トマトの甘酸がタレに加わり、もう少しあってもいいかな?と思う酸味がプラスされていいアクセントです(≧▽≦)♡

さてさて、そんな訳で?もう少し酸味が欲しいとお酢をプラス。

そして、甘めのタレにはブラックペッパーのパンチもいい感じ!(*^-^*)

それからもちろん!冷やし中華に欠かせない和辛子も使います。

ツンっとくるけどすっと引く和辛子、冷やし中華に合うって誰が考えたんだろう。
これないとね~、って冷やし中華を食べる度にホントそう思います(*^-^*)

さぁ、気が付けばほとんどの具材は食べ終わり。
最後はスプーンを使ってタレの中に沈むコーンを掬っては食べ、掬っては食べ。

あ…だからレンゲじゃなくてスプーンなんだ…。
ここに来て気が付くえのけんラーメンさんの愛?に胸キュン!(*‘ω‘ *)♡

そんな訳で?綺麗に具材を攫って終了です。

はぁ~、ごちそうさまでした~(๑´ڡ`๑)
色々な食感と味を楽しめるすごくいい冷やし中華でした~。

食べ始め麺が少ない?とか言いましたが、食べ終わる頃にはお腹いっぱい。
個性的な冷やし中華のタレ、そしてたっぷりの具材の山、野菜多めですごくヘルシー。
これから暑くなる季節、夏バテした時にもお役立ちしそう!

ま、でも、多くの人が暑くても食べていたみそラーメンがすごく気になる!
次はそれを食べに来ようとすごーく強く思いました(*´▽`*)♡


2019年110杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキング

えのけんラーメンさんの限定情報などがわかる公式Twitterはこちら

えのけんラーメンさんの食べログ店舗情報はこちら
東京都杉並区成田東4-34-12 池田ビル1F


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

【番外編】東京うどん 豚や(荻窪)/豚肉汁うどん白

さて、今日は予告通り1つ前のブログの続き?
駅から遠めのこちらのお店に忘れ物をしてしまったので取りに行って来ました~。



…で!!せっかくここまで来たらまた食べちゃいますよね!(笑)
そんな訳で再び「東京うどん 豚や」さんを訪問~( `ー´)ノ

東京うどん 豚や
(西荻窪・東京都杉並区)
2019,4,22訪問

さて、こちらのお店はJR中央総武線・荻窪駅と西荻窪駅2つの駅から徒歩約17分。
初訪問の時は荻窪駅から向かったので、今日は距離的には最寄駅の西荻窪駅から!(・`◡´・)ゝ

西荻窪駅南口へ出たら右方向「西荻窪駅前」交差点の信号を渡ってから左折。
線路とほぼ垂直に走っている通り歩き、「善福寺川」が見えて来たら「関根橋」を渡る。
善福寺川沿いを少し歩き突き当たるまで直進、左折→右折を繰り返えし「杉並会館南」交差点を左方向。
そこからは青梅街道に出るまで真っ直ぐ歩けば到着です。

ちなみに?荻窪駅からお店まで道は割と平坦、道のりもただ青梅街道をひたすらまっすぐ。
それに比べて西荻窪駅からだと結構アップダウンがありました。

ま、でも、西荻窪駅からだとちょっとしたお散歩気分。
善福寺川で水鳥を眺めることもできましたよー(∀`*ゞ)エヘヘ

さて、余談はそれくらいにしてお店に到着。
到着時間はお昼のピークタイムもそろそろ終わりの午後1時前。
そっと覗くガラスの向こうの店内は…あれ?席空いてるー(∀`*ゞ)エヘヘ

ではでは、入店~\(^o^)/

扉を開けて中に入れば数日前に見たのと変わらぬ暖かいお出迎え。
「いらっしゃいませー、こちらの席へどうぞ」と案内されたのは、なんとまた同じ席(∀`*ゞ)エヘヘ

ちなみに?2回の訪問で感じたのですが、常連さん達は多分お店の混雑具合をよく知ってる?
誰かが帰ると誰かがやってきて、満席になっても店内待ちで収まるくらいでした。
そう言えば、前回は14時前だったけど、その時もそんな感じだったな~(=゚ω゚)

さて、それでは席に着いたらまずは注文!
今日はもちろん、前回食べたのとは違うい一品、「豚肉汁うどん白」でーす\(^o^)/

ちなみにこちらのお店のメニューはこんな感じ。

大まかにわけると「つけ汁うどん」タイプと「丼に入ったうどん」。
そして、うどんの種類はお店オリジナル、「ふすま」も粉末にして使っている「黒うどん」。
国産小麦と厳選したオーストラリア産の小麦をブレンドした「白うどん」。

※豚やさんの詳しいメニューについては1つ前のブログに詳しく?書いてあります。
気になる方はご参考下さい~( `ー´)ノ


さて、オーダーが済んだらセルフサービスのお水の準備。
そして、しばし待つことうどんが完成…
あれ?もしかして、白うどんの方が茹で時間短い?(・∀・)

豚肉汁うどん 白950円
おぉ~、そうは言っても白うどんも太っといな~(*‘∀‘)♡

そして、塩味のつけ汁も黒と比べると全然色合いが違います。

あ、それに器の色も白と黒で違うんですね!(*^-^*)
琥珀色のつけ汁に明るい色の器がいい感じです。

さぁー、そして白うどんはこんな感じ。

確かにとっても色白!(・∀・)オォ~
ま、せっかくなので数日前に撮った黒うどんの写真と比較してみますね~(∀`*ゞ)エヘヘ

まずは遠目で…


そして、近寄ってみて…

どうです?確かに違いますよね!(〃'∇'〃)ゝエヘヘ
ちなみに解説だと黒は歯ごたえと味や香りの豊かさが売り。
比べて白うどんはもっちり、ぷりぷりの食感とつるっとした喉ごしが特徴だそうです。

では!ワクワクしながらいっただっきまーす\(^o^)/

まずはそのまま、白!うっどーん!!\(^o^)/

あ、おばあちゃんの味だ~!(*´Д`)♡
黒うどんと比べると確かにちょっと細めですが、それでもかなりの太さがある白うどん。
想像していたうどんのもちもち、つるつるとはちょっと違い、噛みしめた時のコシの強さがすごい!
たしかにもちもちつるつるですが、例えば讃岐うどんのそれとはまったく違う食感。

そして、味わいですが小麦の味はあっさりめ、噛みしめた時に感じる塩分も黒よりは弱い感じ。
あー、でも!!黒よりも白の方がおばあちゃんの手打ちうどんに近いかも!(≧▽≦)

…余談なんですけど、子供の頃おばあちゃん作ってくれる手打ちうどんが大好きでした。
行事の度におばあちゃんが打つ手打ちうどん、色々なご馳走の後でもぺろりと食べてましたー(∀`*ゞ)エヘヘ

さて、それでは続いてつけ汁へ。

塩ベースのつけ汁を使って食べた最初の印象は黒のつけ汁よりもあっさりとした味わい。
でも、食べ進めるうちに塩味の尖り?キリっとした輪郭がはっきりとしている感じがします。

そう言えば、こんな感じのつけ汁のつけ麺あったな~…と思い出し思わずニヤリ。
でも、やはりうどんは慣れた醤油系つけ汁のコクがよく合うのかも~(・´з`・)

そんな事を考えつつ、つけ汁の中の薄切り豚バラ肉をパクリ。

程よくスープに脂をプラス、食べる時にはあっさりめでいいね~(*´▽`*)

あ、そうだ!!ここはひとつ前回学んだ?ことを踏まえて…

豚肉の上にネギを乗せて~…

…クルッと巻いて食べる!(^O^)♡

うんまっ!!((๑✧ꈊ✧๑))
初回、一緒に口に入れたら時美味しかった豚バラ肉とネギの組み合わせ。
こうやって巻いて食べるとしっかりと一緒に口に入り、すごく美味しい~(≧▽≦)
もしかしたら、常連さん達は知っていることなのかもしれませんが、なんかいいこと思いついた!って感じです!

さぁー、それではそろそろ終盤の味変タイム、こちらも自分なりに一工夫?
前回はつけ汁に七味唐辛子を振りましたが、今回は麺の方へぱらり。

そして、あまりスープに広がらないよう、そっとつけ汁に浸してがぶり!
お!辛味はっきり美味しい!!(≧▽≦)
つけ汁で辛味を感じるためには多量の投入になってしまいますが、麺にかければ少量でもしっかりとしたアクセント。
お店の人も?食べる私もニコニコなのですー(∀`*ゞ)エヘヘ

さてさて、そして?白うどんにもちゃーんと当たりうどんが入っています。

写真的にはちょっと分かりづらいですが、レギュラーの麺とちょっと違う形のうどんはレア物。
釜揚げしらすの中に入っているちっさい蟹みたいに見つけるとウキウキします!( ̄▽ ̄)エヘヘ

さぁー、ホントの最後はもちろんお願いしてお出汁割り。

ほっとする温度の暖かい出汁割り、ごくりと飲めばなんだか爽やか…
あれ?もしかして柑橘系の何か入ってる?(*´▽`*)ムハー♡

元々塩ベースのつけ汁は醤油味の黒つけ汁に比べてあっさ。
なので、もうお腹いっぱいと言いながら後引く旨味についぐびぐび。
いやー…でも、さすがに出汁完飲はできないわー(∀`*ゞ)エヘヘ…ってことで終了です。

はぁ~、ごちそうさまでした~(*´▽`*)♡
それにしても、忘れ物のおかげでこの短期間に白黒両方食べれてすごくよかったと思います。

ただ、やっぱり私のなかでひやアツのつけ汁うどんと言えばやはり醤油ベースの味。
塩味のつけ汁は新感覚で美味しったけど、次選ぶならやっぱり黒のつけ汁かな~(∀`*ゞ)エヘヘ

そんな訳で?次はワガママオーダー?黒のつけ汁に白うどんの組み合わせにしてみたいです。
そうしたら、もっとおばあちゃんの懐かしい手打ちうどんを思い出せると思います(*^-^*)



ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキング

東京うどん 豚やさんの公式ホームページはこちら

東京うどん 豚やさんの食べログ店舗情報はこちら
東京都杉並区上荻4-19-23

豚肉汁うどん黒を食べた時のブログはこちら


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)

テーマ : うどん・そば
ジャンル : グルメ

二代目 げんこつ屋(阿佐ヶ谷)/げんこつらーめん しお

さて、空いている時間を使ってラーメン屋さん情報を収集していると気になるお店を発見。
そのお店はJR中央総武線・阿佐ヶ谷駅より徒歩約10分の場所に2019年3月25日オープン。



ま、オープン直後は混んでいるだろうな~と思い、お店がオープンしてから約1週間後。
そろそろお店も人も落ち着いたかな~、と思う頃を狙っての訪問です!( `ー´)ノ

さぁー、そして、行ってきたのがこちらのお店~\(^o^)/

二代目 げんこつ屋
(阿佐ヶ谷・東京都杉並区)
2019,4,2訪問

こちらのお店、元々は「げんこつ屋」という店名で1980年新高円寺にオープン。
そして、今回お店をオープンさせたJR阿佐ヶ谷駅前には北口店、南口店と2軒のお店が営業。
横浜ラーメン博物館に出店したり、徐々に店舗数を増やしていたよのですが2007年突然の営業停止からの倒産。

ちなみに?一時期、げんこつ屋さんの阿佐ヶ谷北口店が行動範囲の身近にあって実はよく食べていました。
ですが、そんな経緯もあってこちらのラーメン、私の中では突然食べることが出来なくなってしまったという印象。
でも!その味がまた、同じ阿佐ヶ谷で食べれるなんて嬉しいじゃないですかー(≧▽≦)♡

さて、前置きが長くなりましたが、お店の場所はJR中央線・総武線の阿佐ヶ谷駅より徒歩約6分。
北口を出たら線路と垂直に交わっている一番大きい通り「中杉通り」の左側をまっすぐ。
てくてくと舗装された歩道を歩いて行けば、前方に建物から張り出した店名が見えてきます。

そうして、辿り着いた店前はまだまだ開店祝いのお花がたくさんあるじゃないですかー(*´▽`*)

そして、店前…おぉぉ~、すごい懐かしい~(≧▽≦)

そうそう!げんこつ屋と言えば、この眉毛のぶっとい顔がトレードマーク。
なんだかとっても「お久しぶりですー」と声をかけたい気分です(*´▽`*)♡

さて、それではドキドキワクワクしながら入店です!\(^o^)/

扉を開けて1歩店内へ入れば、店内を漂うスープの香りにびっくり。
あっ!この香りだ~(°▽°)♡
お店が閉店したのは約12年前…と言うことは、少なくとも12年以上この香りを嗅いでいません。
でも、店内に入った途端にその時の記憶がよみがえりって思わずうわわーってなりました~。

はわわー(*´Д`)♡香りの記憶ってすごいなー…

さて、そんなことに驚きながらも態度には出さないように気をつけて(笑)
男性と女性、2人の店員さんからの「いらっしゃいませー」に軽く会釈を返します。

そして、まずは入口すぐに設置してある券売機の前へ。

まだ空白が目立つ券売機はメニューごとに色分け。

ラーメンメニューは黄色が醤油味、水色が塩味。

縦に並べられたメニューは1番上がデフォルトラーメンの「げんこつらーめん」。
続いて「わんたんめん」「ちゃーしゅーめん」「豪快らーめん」「香油らーめん」と続きます。

うむむ~、ところで?あの頃食べてたメニューは何だったかな~?
なんとなくの記憶を辿り、購入したのは「げんこつらーめん しお」!

私の中でラーメンと言えば醤油味だったあの頃。
珍しいと食べたら美味しくて、以降しつこく塩味チョイスをしていたような~(*‘∀‘)

さて、お好きな席へどうぞー」とのご案内。
空いていたカウンター席へ移動したら、購入した食券をお渡しすれば注文完了。

ちなみに?そう言えば昔は麺が太麺・細麺選べたような気がしますが…
今は2代目、麺は1種類、注文ごとに切る自家製麺だそうです~(*´з`)

さぁ、それでは待っている間に店内をチェック。
思い出深い雰囲気のものが周り中にあって思わずきょろきょろ(*‘∀‘)

厨房とカウンター席の間にはげんこつ屋さんのシンボルマーク入りの短い暖簾。

店内には同じ書体で書かれた額に入った書が飾られ、


そして、木製の板に書かれたラーメンメニューがずらり。

そうそう、私が行っていたげんこつ屋さん、外から見えるようにこれがかけてありました~(*^-^*)

さて、木製メニューを見ていてふと目を落とすとそこには窓に向かって座るカウンター席。

混雑時はここにも座るのかな~(・∀・)
ちなみに?こちらの客席は厨房を囲むL字のハイカウンター12席。
そして入口から正面、券売機の後ろ側には2人掛けのテーブル席が壁沿いに2卓。

あ、そして、お水は券売機後ろのウォーターサーバーからのセルフサービスです!(=゚ω゚)ノ

お水を準備したら、置いてある卓上調味料もチェック。
置いてあったは「グルメミル」と書かれたブラックペッパーのホールでした(*^-^*)

さて、こんな感じで懐かしいスープの香りが漂う店内。
ほどよく色んなものを見ることもできたころ、私のらーめんが完成。

げんこつらーめん しお870円
おぉー、濁としたスープがなみなみで麺が見えませんね~(・∀・)

ま、でもすごく懐かしいこのどんぶり。

円錐形のすっとした白い器に黒の毛筆風の模様入り。
そう言えば、この丼を見る度「牛」みたいんだな~って思っていたっけ~(笑)

さて、それでは早速いただきます。

まずはスープをふーふー、ごくり。

うぉぉ~!!懐かしいー!!(≧▽≦)♡
アツアツ、サラリとしたスープはこちら独特の魚介動物系の味わい。
お店のトレードマークのあの絵とも符合する和風なラーメンスープでじんわりと身体に浸みます。

そして、すごく絶妙だったのがスープを飲むと一緒に口に入ってくる小さめの刻みネギ。
ネギに元々塩気が効かせてあり、ネギが口に入るたびいいアクセント。
スープ以外の程よい塩気が感じられ、その都度少しずつスープの塩気に揺らぎがあっていい感じ( *´艸`)

ちなみに?よくげんこつ屋さんを食べてた頃、スープの詳しい材料を気になど全く気にしていませんでした。
そこで改めて調べてみるとこちらのスープはマグロ節ベース、そこに豚骨・鶏ガラの動物性の白湯スープを合わせた物だそう。
げんこつ屋さんならではの味の正体、マグロだとは…全然、知らんかった~(・∀・)テヘ

さて、お次は初めて食べるこちらの自家製麺。

スープの中から引き上げた麺は、透明感すら感じさせるツヤ感のある中細ストレート。
つるつるの麺肌、瑞々しいという表現がぴたりとくる滑らかで柔らかい麺はぷりぷり、もちもち。

昔のイメージで食べ始めたので実は最初ちょっと違和感?
でも、食べ進めるうちにこれもなかなか美味しいなーと思うようになりました(∀`*ゞ)エヘヘ

スープと麺を味わった後は添えてある薄切りのチャーシューをぱくり。

箸で触るだで崩れてしまうほど位柔らかく、食べるとじわーっと下地に付いている味が口に広がる。
美味しい!!そして、このチャーシューの味もなんだか懐かしい!!(≧▽≦)

さて、その他にはコリコリとしたメンマ。

こちらの味付けもしっかりしみしみ、そしてなんだか懐かしいと感じてしまう。
でも、きっとそれは気のせいじゃないはず…(*´ω`*)

そして、懐かしさ全開になったのはこの「るーたん」と呼ばれている煮玉子。

バードボイルドのゆで卵にしっかり味をつけた「るーたん」は白身プリっと!
黄身は食べるとふわっと鼻を抜ける黄身独特の硫黄臭?
スープをひたひたにして食べれば、ぞろり?とした舌触りがいい感じです( *´艸`)

ちなみにあの頃の私は知らずに、るーたん!るーたん!言ってましたが…
調べてみるとどうやら卵料理用語「しょうゆで煮る」ということを「滷蛋(ルータン)」と言うようですね(∀`*ゞ)エヘヘ

さて、あっという間に麺や具材をぺろり。

そして、いつも通り?食べ時を見失っていた海苔は残ったスープを浸してぱくり。

最後は卓上調味料のグルメミルでちょこっと味変。

うむうむ、これも有り(*´ω`*)

さぁ、懐かしさと並盛だとちょっと量的にもう少し食べたいと思わせる量だったこともあり思わず汁完。

はぁー、ごちそうさまでしたー(*´▽`*)
いやー、あの頃のまんまとは行きませんが、すっごい懐かしくて美味しかった~(*´▽`*)

最後に食べた時からあまりにも時間が経っていたので、味を覚えている自信はホントありませんでした。
でも、こうやって食べてみると意外と思い出すもんなんですねー(∀`*ゞ)エヘヘ

ちなみに?昔のげんこつ屋さんにはすごくでっかい餃子がありました。
普通の餃子の2倍はあろうかというでっかいものが2つ、通常の餃子よりちょっとお高めの値段設定。
1人で頼むのには勇気がいる1品だったのですが、旨味を吸った春雨入りで感動したことを覚えています。

訪問時、券売機になくて思わず気になりお伺いしたところで追々販売する予定とのことでした。
そして、今回ブログを書くのにあったって調べてみた所、もう販売スタートしているようです。
次は餃子、頼んじゃおうかな~(*´▽`*)フフフ


2019年56杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキング

二代目 げんこつ屋さんの食べログ店舗情報はこちら
東京都杉並区阿佐谷北1-37-6



コメント投稿を承認制にしました。
ご解、よろしくお願いします(-_-)

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

【番外編】肉汁饂飩屋 とこ井(高円寺)/肉汁つけうどん(中盛)(極太の冷)+揚げ茄子

さて、この日の前日がっつり飲んでしまった私。
うむむ~、今日はラーメンじゃなくてうどんが食べたい気分だな~(*´з`)♪
…そんな訳で?本日は番外編、友達が美味しかったよーと言っていたうどん屋さんへ行ってきました。



で!そのお店がこちら~\(^o^)/

肉汁饂飩屋 とこ井
(高円寺・東京都杉並区)
2019,3,22訪問

こちらのお店は最寄り駅のJR中央総武線・高円寺駅南口より徒歩約3分。
分かりやすくお店の場所を説明しますと、線路と垂直に交差している「高南通り」を直進。
「高円寺南四丁目」交差点まできたら右折、そして1ブロック先を右に曲がるとお店です。

ま、この辺りは私にとっては結構馴染みの場所。
お店に入ったことはないけれど、通りかかったことはあったので確かこの辺りだったよな~。
そんな感じでお店に到着しました(*^-^*)エヘヘ

さて、入店前にまずは店前を観察。

そうそう、こちらのお店で食べれるうどんは「武蔵野うどん(むさしのうどん)」。
ちなみに武蔵野うどんとは、東京都・多摩地域と埼玉県に伝わる手打うどんのこと。
コシが強くて、わっしわっしとしたかなりゴッツイタイプのうどん。

余談ですけど、子供のころは知りませんでしたが私のおばあちゃんが作ってくれた手打うどんが正にコレ。
うどんは冷たく皿に盛り、あったかいつけ汁に浸して食べる「ざるうどん」。
知らずに食べていた「武蔵野うどん」は私の子供の頃からの大好物なのですー(∀`*ゞ)エヘヘ♡

さて、店前には年季の入った1枚板に張り付けられたお品書きなど。
1番上はメニュー一覧が文字で書いてありますが、下には写真と解説付きの案内もあって親切。

そして、こちらはうどんの種類が「極太麺」「細麺」「ひもかわ」の3種類から選べるそう。
ちなみに、ひもかわを選ぶと作っている量が少ないので極太麺との合い盛りになるようです!('◇')ゞ

そして、店舗正面ガラスにはお持ち帰りできるうどんのご案内。

2人前からの販売で、うどん麺だけ・うどん麺とつゆのセットが選べるのか~。
本格的な手打うどんが家で食べられるのはいいかもしれませんね~(*‘∀‘)

さて、それではそろそろお腹も空いてきたので入店。
ガラリと引き戸を開けて中に入れば、店内は落ち着いた照明の奥へ長く続く空間。
ご店主さんらしき男性からの「いらっしゃいませー、食券どうぞー」のお声がけ。

ではでは、まずは入口すぐにある券売機の前へ。
券売機の周りには外にもあった案内以外の物もあって、思わずきょろきょろ。

まず、券売機の上にはそれぞれのうどんに合う追加トッピングのご案内。
そして、うどんの量は並盛350g、中盛450g(+¥50)、大盛り650g(+¥150)、特盛850g(+¥250)。
ちなみに?つけうどん以外のメニューでは特盛できないみたいです(*- -)(*_ _)ペコリ

さて、それでは大体の感じがわかった所で食券の購入。
こちらのお店の1番人気は券売機左上、武蔵野うどんの定番の「肉汁つけうどん」。

それ以外のメニューは辛さの選べる「肉辛汁つけうどん」、魚介ときのこだしの「田舎汁つけうどん」。
2段目の「炙り鴨汁つけうどん」と「とこ井スペシャル」はなんだか贅沢な雰囲気。
そして店主さん推しメニューの「ひや肉うどん」、うどんをダイレクトに楽しめる「もりうどん」。

※券売機右側2つ「肉かけ(温)」「カレー(温かけ)」は季節商品。
現在は既に終了してますのであしからず(*- -)(*_ _)ペコリ

さぁー!途中、後ろに人が来てあわわっとなったけど無事に食券購入。

買った食券はこの3枚、まずは武蔵野うどん定番メニューの「肉汁つけうどん」。
そして、うどんの麺量ってラーメンとは体感が違うのでよくわからないけどとりあえず中盛!(笑)
それから、私の中では武蔵野うどんにあるとテンションが上がる「茄子」を追加~\(^o^)/

それでは程よく空いていたカウンター席へ移動、着席。
ちなみにこの時入口そばにコップがあるので、お水を汲んで席へ行くといい感じです(*^-^*)

さて、こちらのお店の客席はストレートのハイカウンター8席、カウンター席の向こうが厨房スペース。
外から見えていたガラスの向こう側にはどうやら製麺室?があるようです。

さて、1人で調理を担当しているご店主さんらしき方に食券をお渡し。
すると麺の種類をまず聞かれたので、ここはもちろん極太麺。
そして、冷たい麺か暖かい麺かを尋ねられたのでここはもっちろんのこと「冷たい」方!\(^o^)/

ちなみに後で気が付いたのですが、麺のオーダーは「極太の冷」「極太の熱」「細の冷」「細の熱」。
こんな風に短縮して言ってもらえるとオーダーがスマートに済むそうです!

つまり…今日の私のオーダーは「極太の冷」!ってことですね。
よーし、次からはそう言えるようにしよう!('◇')ゞ

さて、武蔵野うどんは茹で上がりにちょっと長めの時間がかかります。
オーダーが済んだ後はのんびり、じっくり店内を観察。

見上げたカウンター席上には色々なご案内がずらり。
夜の営業23:30までって結構、遅い時間までやっているんですね~(*‘∀‘)♡

まぁ、でもその中でひときわ目立つ赤字の禁止事項。
こういうのは言われなくてもと思うのですが、書くってことはそう言うことなんでしょうね…(T_T)

さて、カウンターボードにも色々とご案内。

ふむふむ、卓上調味料は直接麺にかける方が美味しいのか~(*‘∀‘)

そんなこちらのお店の卓上調味料は七味唐辛子とすり胡麻器。


そして、お願いすると出してもらえる味変アイテム「胡麻辣油」と「ゆず」。

ただし、これは注文したメニューが「肉汁うどん」「とこ井スペシャル」「ひや肉うどん」のどれか。
そして2種類ありますが、どちらか1つだけなのでご注意を!( `ー´)ノ

さて、そんなこんなで待つこと約10分、私のうどんか完成でーす\(^o^)/

肉汁つけうどん800円極太の冷
+中盛50円+揚げ茄子50円

これぞ武蔵野うどん!という感じのちょっと茶色がかったうどん。

おぉぉ~、すごいぶっとい~(≧▽≦)♡

そして、お出汁のいい香りがするつけ汁はすごく具沢山。

大きく切られた油揚げに素揚げの茄子がプカプカ浮かんでいい感じです(*^-^*)♡

さぁー!!それでは、いただきまーす!\(^o^)/

まずはうどんだけをそのままぱくり。

うんまっ!!(≧▽≦)♡
ちょっと硬めでワシワシとした冷たい極太の平打ちうどんはすごい歯ごたえ!アゴにくるぜぃ!
でも、このごっつい感じの食感こそが武蔵野うどんなんだよね~(∀`*ゞ)エヘヘ
そして、塩分がちょいと強めでそのまま食べてもうんまいんだ~。

さぁ、続いてあったかいつけ汁へ。
あらら、うどんが太すぎて一度に2本ぐらいしかつかめなかった~(笑)

そんな訳で、ちょっと四苦八苦しながらつけ汁にうどんを入れてずずっと啜り上げる。
つけ汁はの味は節と豚肉の旨味がプラスされた肉汁つけうどんらしいちょっとしょっぱな醤油味。
ま、つけうどんなのでこれくらいの塩気がなくっちゃね~(∀`*ゞ)エヘヘ

さて、お次は肉汁うどんの主役の薄切り豚肉をぱくり。

うんうん、コレコレ~(*´▽`*)♡
薄切りで柔らかい豚肉、脂身もほどよく付いていて甘くつけ汁との相性バツグン。

そして、武蔵野うどんのトッピングで好きな茄子をぱくり。

お、こちらのお店の茄子は思ったより浅い揚げ方だな~(*‘∀‘)
さっくりとした食感を残しつつ、ナス本来のいい香りと味が失われない上品な揚げ方。
…ただ、私としてはもう少~しディープフライ、身の部分がとろり?として甘味が出た物が好みです~(*´з`)

さて、他にはこれでもかと美味しいつけ汁をよく含む油揚げ、たっぷりと入っている長ネギ。

長ネギは特徴的な長めの切り方で、これが噛むとモキュモキュっとして食感が楽しい。
そして、ネギ由来の甘味もしっかりと出ていて、程よくつけ汁に風味を移しています~(*´▽`*)♡

さぁ、少し食べたところで味変。

まずは登場、かの有名なゴマすり器「スリッキー」~\(^o^)/

さぁ~、お店からのアドバイスに従ってうどんの上に直接ゴマをスリスリ。

こうやってから、そっとつけ汁にうどんを入れてぱくり、ワシワシ。
おぉ~、確かに摺りたての胡麻のいい香りがしっかりわかる~( *´艸`)

これで気をよくした私は更に定番の味変、七味唐辛子も…

うどんの上へ直接、ぺぺぺ~。

お、思ったより黒胡麻たっぷり。

七味唐辛子の中身に黒胡麻ってあったかな~と思いつつぱくり、ワシワシ。
お!ピリっと辛くて美味しい!やっぱうどんに七味唐辛子は合いますね~(≧▽≦)

さて、そろそろうどん自体の量が少なくなってきた。
ここでお店の方に声をかけてお願いしてできる味変アイテムをお願いします。
「胡麻辣油」と「ゆず」が選べますが、私は断然?ゆず派と言うことで~(≧▽≦)エヘヘ

ちなみに案内によれば数滴かけただけで味がかなる変わるとのこと。
慎重に麺にぽたぽたとゆずの果汁をかけて食べたら、うなる位美味しかった~(≧▽≦)
爽やかなゆずの香りがしっかりと感じられて美味しかった~(≧▽≦)

さてさて、うどんを食べ終わった後は、つけ汁の中にまだ潜んでいるネギをしっかり攫って…

モキュモキュ、うんまい!(*´▽`*)

そして、最後はちょっとだけ卓上にあったステンレスポットに入ったうどん湯?で割りを楽しみました。

はぁー、ごちそうさまでしたー(*´▽`*)♡
私にとっては懐かしいおばあちゃんの味、武蔵野うどん。
記憶の味とはちょっと違うけど、美味しい武蔵野うどんが自分の身近で食べれるなんて!
もっと早く食べに来ればよかったな~と素直に思いました(*^-^*)

ちなみに?このお店を教えてくれた友達が店主さん推しメニューの「ひや肉うどん」も食べてみたそう。
そっちはまた一味違った味わいで美味しかったそうなので、次はそれを食べてみたいです。

それから、店内で馴染みのお客さんらしき人が麺の茹で加減を注文時言っている場面に遭遇。
お店の人と仲良くなったら、茄子ももうちょい揚げて~って言ったらやってもらえるかなぁ~(∀`*ゞ)エヘヘ



ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキング

肉汁饂飩屋 とこ井さんの公式ホームページはこちら

肉汁饂飩屋 とこ井さんの食べログ店舗情報はこちら
東京都杉並区高円寺南4-7-5 久万乃ビル 1F


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

お知らせ
ラーメンブログランキングに参加しています(^ム^)
人気ブログランキング
プロフィール

もりみ

Author:もりみ
1日1ラーメン食べられたら幸せですが、周りが心配しますし体力的にも経済的にも無理なんでボチボチやってます
(*^^)v

最新記事
カテゴリ
タグ

新宿区 杉並区 小金井市 千代田区 中野区 武蔵野市 渋谷区 豊島区 番外編 北区 練馬区 埼玉県 調布市 千葉県 中央区 台東区 世田谷区 三鷹市 荒川区 ラー飲み ラーフェス 国分寺市 神奈川県 港区 葛飾区 青梅市 うどん 目黒区 文京区 町中華 立川市 カップ麺 江東区 品川区 足立区 墨田区 昭島市 大田区 茨城県 板橋区 自宅麺 国立市 江戸川区 国分寺 チェーン店 福生市 府中市 東大和市 町田市 八王子市 曙橋 閉店 西東京市 小平市 宮城県 多摩市 浜田山 広島県 阿佐ヶ谷 長野県 コラボ 福島県 あきる野市 日野市 蕎麦 日本蕎麦 練馬 

ラーメンブログ リンク

ラーブロ
ラーメンブログ専門リンク集「ラーブロ」に登録しました
\(-o-)/設定ってむずかし~
月別アーカイブ
FC2カウンター
訪問ありがとう~
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード