ホープ軒本舗 吉祥寺店(吉祥寺)/中華そば+味付玉子

さて、急遽決まったラーメンツアーでラーメン屋さんを3軒はしごした翌日。
ラーメンの話もたくさんして、昨日は楽しかったな~と余韻に浸ってぽや~ん。



そして、懐かし食べたくなるラーメンについて話していたこともあり、今日の私はこんな気分。

ホープ軒本舗 吉祥寺店
(吉祥寺・東京都武蔵野市)
2017,3,9訪問

お店の場所は吉祥寺駅北口から徒歩約4分。
屋根のある「吉祥寺サンロード商店街」をしばし歩いて右手側の横道を入ったところ。
天気の悪い日でも行きやすく、年中無休で昼の11:30~深夜遅くまでお店は営業。
ちょっとお腹が減っているけど、お昼が遅くなっちゃった。
そんな時でも確実に開いているってのが本当に助かるんですよね~(*´▽`*)

さて、その例にも漏れず、この日の私はお昼がすっかり遅くなってしまいました。
もうハラペコな午後14時過ぎ、早速入店でーす\(^o^)/


間口は狭めですがこちらのお店は奥へ長~い造り。
中に入れば店員さんが2名、遠くの入口に向かって「いらっしゃいませー」のお声がけ。
客席は長辺が長いL字のローカウンターテーブル15席、その内側がこれまた長い厨房スペース。
客席後ろの狭い通路を壁際に沿うように歩いて、奥の空いている席へ移動します。

席を決め、脱いだ上着は壁際のコートかけへ。
席に着いて一息、近くにいる店員さんにオーダーの声をかけます。

そうそう、こちらは前払い制なのでオーダーと一緒にお支払い。
メニューは「中華そば」と「チャーシューメン」の2つだけ。

トッピングはいくつかありますが、麺大盛りやライスなどはありません。

さて、完成までに久しぶりの店内をチェック。
卓上調味料はコショウ、酢。

そしてホープ軒本舗の名物、お土産でも買える唐辛子「唐華(とうか)」。

買ったことはないけど「お土産唐華」は¥850なんだね~(*´з`)


さて、オーダーから3分ほどで着丼。

中華そば650円
+味付玉子50円

相変わらずスープたっぷりで麺が見えないな~(*^_^*)

それでは、いただきます。
まずはスープをごくり。

おぉ~、これこれ~(≧▽≦)
アツアツで甘い豚骨スープに醤油のカエシ。
洒落っ気はないけど、いつ食べてもホッとする昔ながらの豚骨醤油スープです。

そうは言っても、初めてホープ軒を食べた時は衝撃でした。
それまであっさりとした鶏ガラ、煮干しのラーメンしか食べた事がなかった私。
今思い出しても、東京豚骨醤油ラーメンのパンチに感動したなぁ~(*´з`)

それでは、続いて中細の縮れ麺を啜り上げます。

ずるずるずる~、うんうん、これこれ~(*´з`)
低加水の博多豚骨ラーメンもいいけど、やっぱり東京豚骨醤油と言えばこのタイプですよね~。

さて、普段は中盤以降に入れる辛味の唐華。
ですが、この日は寒くて辛いラーメンモードだったので、少し食べてすぐに投入。


馴染ませて~


ずるずるずる~(*´з`)

辛い!うんまい!あったまる~( *´艸`)

さて、ここからは自分のペースで好きに食べます。
麺とスープの合間にトッピングもぱくり。
乗っているのはみっしりしたチャーシュー1枚。


茹でもやし。


そして、つい付けてしまう味付玉子は色黒。


しかもガチガチに硬いハードボイルドな茹で加減。

そのままで黄身がモサモサするのもご愛敬。

私はこの黄身にスープを浸しておぼろ月にして食べるがいつもの食べ方。

うーん、これこれ~(*´∀`)♪

さーて、ごちそうさまでした~(*´▽`*)

今日は早い段階で唐華を入れたので、いつもより辛くていつもより汗だく。
でも、このラーメンの根本はそのままだから、今日食べている間に何度もついつい「うん、これこれ」って思ってしまいます。
いつ来ても変わらない安定した味。
そして、いつも開いてるホープ軒、忙しくてもさっと入れて本当頼りになりますね~(*´▽`*)

さて、余談ですが私はあまりお店の歴史みたいなものに詳しくありません。
ですが、今回ブログを書くので調べてみたら「ホープ軒本舗」さんは昭和13年創業。
「東京豚骨醤油ラーメン」の先駆け的お店とのこと。
私が生まれるずっと前から愛され、世に出ていた味なんだ~と思うと今更ですがとってもびっくり。
私は美味しければOK!って思うんですけど、改めてこの味を作ってくれた人達に感謝。
その歴史を知ると本当にすごいことだな~と感激しますね(∀`*ゞ)エヘヘ


2017年48杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキングへ

ホープ軒本舗 吉祥寺店の食べログ店舗情報はこちら
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-14-12

2015年11月に中華そば+味付玉子を食べた時のブログはこちら


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)
スポンサーサイト

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

東京味噌らーめん 鶉(武蔵境)/辛つけ麺+味玉

12月に入るとさすがに冬本番、寒くなってきますね。
という訳で、味噌らーめんが恋しい季節。


今年のうちにここも食べておかなくちゃ~!
ってことで、訪れたのがこちら。

東京味噌らーめん鶉
とうきょうみそらーめん うずら
(武蔵境・東京都武蔵野市)
2016,12,2訪問

こちらのお店は、JR中央線・武蔵境駅北口より徒歩約5分。
駅前の「すきっぷ通り商店街」を抜け、さらにまっすぐ。
道の左側にお店があります。

さて、到着したのはお昼のピークタイムを外した13時半頃。
まだ売り切れていないようでホッとしました。

と言うのも、こちらのお店の味噌ラーメンは私の中では他に替えのきかない1杯。
なので、ここで食べ損ねた時はなかなか気持ちの切り替えが難しいんですよね。

「よかった~(*´▽`*)」と思いながら、入店で~す。
店内に入ると「いらっしゃいませ~」とご店主さんと奥さんからお声がけ。
私に気づいて奥さんが、「お久しぶりですね~(^∇^)」とにっこり。
「どうも、ご無沙汰しちゃいました~(*´▽`*)エヘヘ」

よくよく考えたら前回来たのは5月ごろ。
本当に随分お久しぶりになっちゃいました。
でも、いつも温かい笑顔で迎えてくれるのでとっても嬉しいです(#^.^#)

さて、それでは券売機に向かいます。



こちらの味は「味噌」と「辛味噌」の2趣類。
そして、「らーめん」と「つけ麺」がそれぞれの味に用意されています。

さて、今日の私のオーダーは「辛味噌」!
鶉さんにある2種類の味のどちらも好きなので、迷わないよう私は味噌と辛味噌を交互に食べるようにしているんですよね。
前回、味噌らーめんだったので今回は辛味噌つけ麺を自然にチョイス。

ちなみに、麺量は並盛・大盛、共に同一料金なので、私はいつも大盛で~す(∀`*ゞ)エヘヘ

券売機の近くに来てくれた奥さんに食券を渡したら、空いている席に移動です。
コートを後ろのハンガーにかけたりしてから着席。
セルフサービスのお水を準備したところで、カウンターテーブルの上の扇子に気が付きます。

「扇子を置くようになったんですね~」と私が言えば、店内が熱いので使ってもらおうと夏ぐらいから置いているとのこと。
でも、よくお客さんに忘れ物がありますよって言われちゃうんですって。

ちなみに、確かに鶉さんの店内は冬でも扇子が活躍しそうな熱気があります。
しっとりとした温かい空気に「ここで働いていると肌がツヤツヤになるんじゃないですか~(*’▽’)」と私。
すると、奥さんは「そうなんですけど、私より(店主さん)の方が肌ツヤツヤなんですよ」とちょっと悔しそうな苦笑い。
こんな会話も楽しくて、なんだかほのぼのしてしまいます(*´▽`*)

さて、つけ麺の方がらーめんよりも完成までが長め。
約12分ほどで完成で~す\(^o^)/

辛味噌つけ麺(大盛)830円
+味玉100円

( *´艸`)ふふふふ、これこれ~。
まずはこのツヤツヤの手もみ麺が見るだけでよだれ物。

そして、真っ赤なつけダレから飛び出している野菜の山。


早速、いただきま~す(≧▽≦)
まずは麺だけがぶり~!!

( *´艸`)むふふ~、小麦の甘みがたまら~ん!
もちもちとした食感、滑らかな麺肌が舌を撫でると気持ちいいんですよね~。
らーめんもいいけど、つけ麺はこうやって麺本来の味がじっくり楽しめるのもいいですね~。

続いてつけダレに麺を入れたいので、山を崩します。


ネギをどかすと、辛そうなポイントを発見。

ここはがっつり口に入れないように気をつけなきゃね( ̄▽ ̄)

さて、このつけダレの中は野菜もたっぷり。
麺を入れる隙間が少ないので、お先に野菜をぱくり。

シャクっとしたモヤシの食感は、やっぱり味噌と相性がいいですよね(*´◡`​*)
野菜はもやし以外にもニンジン、ニラなどが入ってます。

さて、そろそろ準備完了。
麺をつけダレにどーん!!

がぶり。
うんま辛~い!(≧▽≦)
ラー油由来の真っ赤なつけダレ、最初はやはり刺激的。
だけどその後追いかけてくる味噌の甘みがとっても引き立ついいバランスです。

ここから先は夢中で麺、野菜をがぶり~、がぶり。
そして、つけダレの中からごろごろと出て来るチャーシューも食べます。

このチャーシューがまた美味いんだ~( *´艸`)♡
厚みがあって、しっとりむっちりとしたゴロチャーシューはまるで高級なハムのよう。
それがこんなに分厚いんだから、たまりませんよ~。

がぶりがふり!
辛ウマ!辛ウマ!(((o(*゚▽゚*)o)))♡
それでは、舌に辛味がたまってきたので味玉で緩和。

ちょっと柔めなゆで加減、黄身はジェル状。
優しく味の沁みた味玉は、辛みの緩和要員としてぴったりです(*´▽`*)

こんな感じで、麺を完食。
スープの中の具も平らげたら、スープ割をお願いします。

器を渡してスープを入れてもらうと、色合いも穏やかに。
ひと口いただけば、ほっとあたたか辛味も和らいで美味しいです。

あ、そうだ、せっかくなので山椒をひと振り

うんうん、これも美味しい~( *´艸`)
スープ割りに山椒の香りが引き立ちますね。

そして、あんなに麺を食べたのにスープ割も完飲。

ごちそうさまでした~(*´▽`*)美味しかった~
ぷは~、まんぷくはっぴ~でーす。
それにしても鶉さん、前より確実に美味しくなっていました(*´ェ`*)ポッ

さて、次は順番的に「味噌」チョイス。
寒い季節だから体の温まる味噌らーめんもいいけれど、麺の旨味が楽しめるつけ麺もいいな~。
ブログを書いていたら、食べたくなってきましたがさすがに年内にもう一度行くのは難しいかな。

さて、そんな鶉さんの年末年始の営業予定はこんな感じ。

11/30(金)11:30~17:00ごろまで(材料切れ次第終了)
12/31・1/1・1/2の3日間はお休み
1/3(火)11:30~17:00ごろまで(材料切れ次第終了)


一応予定ですので、詳しくはお店のTwitterで確認してくださいね(*´▽`*)


2016年244杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキングへ

東京味噌らーめん鶉さんの食べログ店舗情報はこちら
東京都武蔵野市境2-3-20

東京味噌らーめん鶉さんの営業状況はTwitterなどで確認を~\(^o^)/

味玉味噌らーめんを食べた時のブログはこちら
辛味噌つけ麺を食べた時のブログはこちら
冷やし辛味噌らーめんを食べた時のブログはこちら
特製辛みそらーめんを食べた時のブログはこちら
みそつけ麺を食べた時のブログはこちら
みそらーめんを食べた時のブログはこちら


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

ラーメン大山家(武蔵境)/【限定】濃厚アジ煮干し豚骨らぁめん

今日のブログは本日食べてきた1杯。
なぜかと言うと、この限定ラーメンは9月26日から販売スタート、2ヶ月ほどで終了の予定。
そろそろ終わりになりそうなのでお先にアップします。


さて、本日はお休み、ゆっくり朝起きると喉に違和感が。
ツバを飲み込むとヒリヒリとしています。

むむむ…喉風邪引いたっぽい、今日は家でおとなしくしているか…(T_T)
そう思っているとラー友さんから「風邪には家系ラーメン」がいいらしいよ~という情報が。

へぇ~、じゃあ家系ラーメン食べに行かなきゃ~( ̄▽ ̄)

という訳で、やってきたのがこちら~\(^o^)/

ラーメン大山家 本店
(武蔵境・東京都武蔵野市)
2016,11,16訪問

こちらのお店の場所は、JR武蔵境駅より徒歩約15分。
駅からの距離はちょっとありますが、私が初めて食べた家系ラーメンのお店。
とき卵が入った家系ラーメンが看板メニューです(*´◡`​*)

ちなみに駐車場はお店の隣に2台、向かい側の駐車場に6台と計8台分完備。
まあ、私はいつも通り歩いて到着。

到着すると、来る途中でお店のホームページに出ていた限定ラーメンののぼりが出ているのを発見。

むぅ~、風邪に家系ラーメンってことは、きっと基本のラーメンのことだよな~。
そうは思いつつも、限定ラーメンも気になりますねぇ~(*´▽`*)
久しぶりの大山家さん、レギュラーにするか限定にするか迷います。

とりあえず、外は寒いので店内へ。
お昼のピークタイムは外したので、外の並びはないものの店内は満席。
中待ちしている人も3人ほどいます。

いつも通り活気のある店内に「いらっしゃいませ~」の声に迎えられ、まずは券売機へ。
券売機は入口すぐ左手に配置されています。

券売機、半分より左側には看板メニューの「とき卵ラーメン」系のラインナップがずらり。
そして溶き卵の入っていないメニューは券売機の右側。

でも、何よりも目立っていたのはこの張り紙。

キャベツトッピング中止か~(´;ω;`)ウッ…
確かに今、葉物野菜どころか野菜全体が高いですもんね。

キャベツがトッピングできないことが分かった時点で心は決まりました。
よし!やっぱりここは限定ラーメン~(∀`*ゞ)エヘヘ

ちなみに、冒頭に書きましたがこの限定は9/26~約2ヵ月間の提供。
あと10日ほどで終了してしまうようですのでご注意を!(・`◡´・)ゝ

それでは食券を持って、中待ちしている人たちの一番最後に。
私が並び始めると、また新たなお客さんが。
もうちょっと奥に前の人が行ってくれたら…と思っていたら、すぐに女将さんから「できるだけ詰めてお待ちください~」とお声がけ。
大山家さんの女将さんはチャキチャキ、テキパキしていてかっこいい。
なかなか自分からは言いづらい、こういうシーンはお店の人から言ってもらえるとありがたいです(*´ω`)

さて、空席を待つこと約10分。
着席したら、まずは券売機後ろにあるウォーターサーバーへ行ってお水の準備。
後は完成を待つばかりです。

卓上調味料はいつも通り。

コショウ、酢、豆板醬、しょうが、にんにく。

そうそう、席に座ると家系ラーメンの特徴の「お好み」を通常聞かれます。
ですが、限定ラーメンはお好みオーダーはなく仕様は一緒です(#^.^#)

さて、着席してから5分強ほどで着丼で~す\(^o^)/

濃厚アジ煮干し豚骨らぁめん950円
おぉ~、結構泡立ってますね~(*‘∀‘)

それでは、いただきま~す。
まずはスープをごくり。

おぉ~ニボニボしてる~( *´艸`)♡
煮干し独特の塩気を感じるスープは思ったよりもシャバ系。
煮干しがガツン!と来た後に、甘味のある豚骨が追いかけてきます。
しょっぱいけど、甘くて( *´艸`)ふふふ、うまい~。

さて、続いて麺を。

麺は平打ちの縮れ麺。
つるつるとした麺肌に、もちもち、ほわほわっとした口当たりが優しいですね( *´艸`)

さて、続いてチャーシューを。

丼を渡るほどの長さがあるチャーシューは持ち上げてみてもでっかい~。
かぶりつけば、とろりとやわらかで脂身が甘い。
程よい厚みにスライスされているので、とっても食べやすいですね~(*´▽`*)

そして、大山家さんでは初めて食べるワンタン。

ごく薄の皮はちゅるんちゅるん。
肉餡を中心に置いて、くるくると巻いたタイプで数は3つ。
肉餡の味は肉と野菜のバランスがいい優しめのもの。。

薬味は薄い輪切りの白ネギ。

もちもちっとした麺と、シャキシャキしたネギの食感の違いが気持ちいい。

それでは、大好きな味玉をぱくり~(^O^)

この限定は最初から味玉付きで嬉しいな~(*´▽`*)
黄身の半熟加減、白身の火の入り方。
ともに私に好みです。

せっかくの限定なので、卓上調味料は使わず終盤。
でも、「風邪の引き初めに」という名目で来たので、それらしく?生姜を少々トッピング。

お!!スープの味がキリッとしまったぞ!!
(*・ω・)(*-ω-)(*・ω・)(*-ω-)ウンウン♪、これも美味しいじゃないですか~。
もうちょっと早く、生姜追加していてもよかったな~と思いながらもう1杯追加。

そして、最後は海苔にたっぷりとスープを含ませてぱくり~(^O^)

う~、うんまい~( *´艸`)
海苔を通して味わうスープって好きなんですよね。

ホントはライスも欲しかったけど、出かけに検索してみた「風邪 家系ラーメン」のキーワード。
風邪に効果あっても、食べ過ぎぎると胃に負担がかかるから食べ過ぎ注意ってあったので我慢しました。

そして、最後はわかっちゃいるけどやめるの大変。
珍しいアジ煮干しの家系スープと水のエンドレスコースに突入。
けっこういいところまで飲んでから終了です。

ごちそうさまでした~(*´▽`*)

さて、店内待機をしている人の数は、私が来た時より多くなっていました。
それでは、器をカウンターの上にあげて、ごちそうさまのご挨拶。
従業員の皆さんに「ありがとうございました~、またどうぞ~」と笑顔で見送られて心もほっこりしました。

はぁ~、美味しかったな~(*´▽`*)

そう言えば、後で「あ。」と思ったことが。
それは、大山家さんの自動ドア。
以前ブログで人気店だけあって自動扉の開閉が多く入口付近は寒いと書いたことがありました。
それが、今日行ったらボタン式の自動扉に変わっていました。
これは、これからの季節は本当に嬉しいですね~(*´▽`*)


2016年234杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキングへ

【限定】味噌とき卵ラーメン+味玉を食べた時のブログはこちら
とき卵塩ラーメン+ごはんを食べた時のブログはこちら
【限定】青森煮干し中華そばSPを食べた時のブログはこちら
とき卵塩ラーメンを食べた時のブログはこちら


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

吉祥寺 武蔵家(吉祥寺)/あご塩ラーメン+味玉

さて、お買い物をしに吉祥寺。
週末の吉祥寺はさすがに大混雑、すっかり歩き回ってお腹が空いてしまいました。


と言うことで、ランチタイムでもディナータイムでも空いている私の定番のお店へ。
それがこちら~\(^o^)/

吉祥寺 武藏家 きちじょうじ むさしや
(吉祥寺・東京都武蔵野市)
2016,10,15訪問

お店の場所は、吉祥寺駅公園口から徒歩約5分。
井の頭通り沿い、ドン・キホーテさんの脇の道を少し入ったところにあります。

そして、こちらのお店は、私が大好きだった四麺燈さんの系列店?
というか、四麺燈さんがセカンドブランドだったのでこちらが本店です。
そして、店名からも分かる通り、いわゆる「家系ラーメン」が食べられるお店。

それにしても、吉祥寺武蔵家さんに来るのは久しぶり。
まずは店前をチェック~!と、すぐにこの看板に気づきます。

おぉ~、あご塩がさらに美味しくなったですと~。
これは食べなきゃいけませんね~(≧▽≦)♡

そして、その隣には目を引くこちらの案内が。

(>_<)うぅ~、すごい誘惑されるけど最近食べ過ぎ。
口唇炎になりかけの状態だったので、今日はガマンです。

それでは、ご飯はガマンするぞと意を決して入店。
店内に入ると、「いらっしゃいませ~!」と活気あるお声がけ。
それでは、まずは入口右手に設置してある券売機へ向かいます。

こちらのメニューは王道家系の「ラーメン」。
そして、とびうお出汁の「あご塩ラーメン」の2種類。

食券を購入したら、空いているカウンター席に移動します。
食券を渡すと家系ならではのお好みを聞かれます。

普段は麺硬め、味とあぶらは普通にすることが多い私。
ですが、今日は麺も普通にすることにしました。

実は最近、あるラー友さんが家系ラーメンを「やわらかめ」で美味しいそうに食べてたんですよね。
「硬め」からいきなり「やわらかめ」は勇気がいるので、とりあえず普通の硬さからお試しです(#^.^#)

さて、オーダーが済んだらお水の準備。
お水は入口より左手側にウォーターサーバーとコップが用意されています。
おかわりもこちらですが、店内移動スペースが広いのでおかわりしやすいです。

ちなみにウォーターサーバーの隣には炊飯器。
おかわり自由のライスはここに準備されていてセルフサービス。
好きなだけよそれる上に、武蔵家さんのお米はとっても美味しいので、ライス付けると食べ過ぎちゃうんですよね(〃▽〃)ポッ

余談が長くなりましたが、席に戻ったら久しぶりの店内をチェック。

卓上調味料はカラフル3色な入れ物に入ったにんにく、しょうが、とうばんじゃん

そして、気になるご案内。

家系ラーメンにチーズトッピングって初めて見ました~(^O^)

そして、更に気になったのは、ニュートッピングの「カラシタカナ」。

武蔵家流の辛子高菜、興味あります!
次来た時、ライス+カラシタカナの絶対美味しいラインナップで並べたい~(*‘∀‘)

さて、約10分ついに着丼。

あご塩ラーメン650円
(味:普通、あぶら:普通、麺:普通)
ふわ~っとあご出汁のいい香り~(*´∇`*)
でも、見た目的にはあんまり変わっていないですね。

そして、ごはんをガマンした代わりに付けた味玉は別皿で提供。

味付玉子100円
私は乗せてもらっちゃっていて構わないんですが、おつまみにする人もいるからですかね(#^.^#)

という訳で、セルフでトッピング~\(^o^)/

味玉の黄身のオレンジが加わると、気分上がります~(≧▽≦)

では、いただきま~す(*´▽`*)
まずはスープをごくり。

おぅうう~、うんま~い(≧▽≦)
とろりとした粘度のあるスープは、あご出汁の旨味に豚骨の甘みが加わって美味しい((* ´艸`))

久しぶり過ぎて、「さらに美味しくなった」部分ははっきりわかりません。
でも、美味しいからいいですよね(〃'∇'〃)ゝエヘヘ

続いて麺をいただきます。

お~((๑✧ꈊ✧๑))うんま~い!!
麺は平打ち、オンザライスもしやすい短めの角麺。
いつも麺硬めでオーダーしていたけど、普通にした麺はいつもよりプリっとした食感でとっても美味しい。

実は、私に家系ラーメンの食べ方を指南?してくれた友達が「麺は硬め!」と言っていたので、今まで何も考えずに「硬め」オーダーしていました。
硬めのこわっとした食感は、ライスも一緒の時は食べるのがゆっくりになるから向いているかも。
でも、麺だけ食べる時は、普通茹での方が私は好きだな~(*^▽^*)

さて、のっけものはチャーシューが1枚。

味付はピンク色が綺麗なむっちり、甘塩タイプ( *´艸`)♡

彩りには水菜。
薬味は笹切りのシャキシャキとしたネギ。

ぷりぷりとした麺と一緒に食べると食感のコントラスト。
あご出汁豚骨スープのコクとネギの清涼感がいい組合せです。

さて、中盤はおろし生姜で味変。

すっきりとした生姜の辛みがこれまた合うんだよね~( *´艸`)
生姜好きなのでついつい、追い生姜してしまいます。

それから、味玉もぱくり~(*´▽`*)

白身はちゃんと火が入り、黄身は8割りほどの半熟。
( *´艸`)ふふふ~♡うま~い

さて、あご塩ラーメンがさらに美味しくなりましたよ?ってことで、気づいたら汁完。

ごちそうさまでした~(*´▽`*)
はっきり、これがこうなった、あーなったなどの解説はできません。
でも、しっかり完食しちゃうほど美味しかったってことでいいですよね。

それにしても、ちょっと大げさかもしれませんが、この日の私は新しい発見をしました。
それは、麺の茹で加減でこんなに感じ方が違うんだ~ってこと。
無意識で「硬め」一択にしていたけど、これこそ「お好みに応えてくれるお店だからこその楽しみ方」。
こだわりも大事だけど、こだわらず色んな食べ方をするのもとっても楽しいですね。

よーし、次はやわらかめにも挑戦してみよう~(*´▽`*)


2016年213杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキングへ

吉祥寺 武蔵家さんの食べログ店舗情報はこちら
東京都武蔵野市吉祥寺南町1-8-11 弥生ビル 1F

あご塩ラーメン+ライスを食べた時のブログはこちら
あご塩ラーメン+キャベチャー+ライスを食べた時のブログはこちら
ラーメンを食べた時のブログはこちら


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

吉祥寺 真風(きちじょうじ まじ)(吉祥寺)/鯛塩

さて、この日の天気は台風の予報。
まだこの時は降っていませんでしたが、駅から近めのラーメン屋さんへ行くことに。


そこで、訪問したのがこちら

吉祥寺 真風 きちじょうじ まじ
(吉祥寺・東京都武蔵野市)
2016,9,8訪問

真の風と書いて「まじ」と読む、店名の由来はわかりませんが…(∀`*ゞ)エヘヘ
調べてみるとこちらのお店、以前、国立にあった「まっこうや」というお店の味が食べられる貴重なお店だそう。
まぁ、そちらに行ったことがないので、私にはわからないんですけどね。

さて、お店の場所は吉祥寺駅南口より徒歩5分弱。
ヤマダ電機LABI吉祥寺店の右脇、「末広通り」の中。
「蒙古タンメン中本 吉祥寺店」に行く途中にあるので、通りかかる度にここも食べてみたいな~って思っていたんですよね(*´▽`*)

それでは、雨が降ってくる前に入店。
中へ入ると、小さな空間ですが前室のようになっていてそこに券売機。

券売機の一番左上はこちらの一番おすすめ「鯛塩」。
そして、右へ向かって「シロ」「クロ」「味噌」と並びます。

ちなみに外にあった立て看板の解説によると、

シロ→マー油が決めての「白湯豚骨」
クロ→カツオの焦がし油がきいた「醤油豚骨」
鯛塩→豚骨スープに鯛の風味を利かせたここだけの味
味噌→コクがある濃厚味噌らーめん、とのこと。

そして、嬉しいことに平日のランチタイムはサービス満点。

替玉or半ライスじゃなくて、替玉&半ライスが出来きまーす(≧▽≦)
お腹いっぱい食べたい派には嬉しいサービスですね~。
ただし、食べ残した場合は通常料金のお支払いをお願いしますとの注意書きがありますので食べられる分だけ頼みましょう~(*´σ-`)エヘヘ

さて、満席だったので空席が出来るまで約5分。
客席は全11席で奥が短い辺のL字カウンター。
店内照明は割と暗めで落ち着いた雰囲気、、1つ1つの席に紙製のランチョンマットが置かれています。


卓上調味料は結構豊富で左から黒七味、コショウ、すりごま。


そして、陶器の入れ物が3つ

ただ、こちらは隣の人の正面にあったので、食べながら試してみました。
中身は左からラーメンの塩ダレ?、ゴマを合わせた自家製唐辛子。
そして、一番右のは確認し損ねちゃいました(〃'∇'〃)ゝエヘヘ

さて、座ってからは5分ほどで着丼~\(^o^)/

鯛塩850円
なんかすごい詰まってる!って感じの丼顔です~(*´▽`*)

しかも、1杯ずつ正方形の木製トレイに乗せて運んできてくれます。


さて、それではスープからいただきます。

ごくり。
わ~、すごい香ばしい~((๑✧ꈊ✧๑))
臭みのないさらっとした豚骨スープに香ばしい鯛油の香りがたまりません!(≧▽≦)
コクがあるけど、さっぱりしている。
さっぱりしているけど、旨味が強くて濃いという何とも摩訶不思議なスープです。

今まで食べた「鯛塩」と付くラーメンのどれとも違うこのスープ。
なんと言っても一番の特徴は、この香ばしい風味が食べ進めて行ってもなくならないところ。
鯛を焦がすほど煮込んで作った鯛油を使っているとのことですが、香油って食べ進めていくうちに感じなくなってしまったりするけどこれはいつまでも香ばしくてうまい~(*´▽`*)♡

さて、続いて麺を。

麺は中太、ぷりぷりっとした加水率高めの縮れ麺。
私の勝手なイメージですが、昔ながらの札幌味噌らーめんとかに使ってそうな感じ。
久しぶりに食べるこの感じ好きだ~\(^o^)/これは、替玉しなくっちゃ~

さて、「鯛塩」ののっけものは量も種類も豊富。
まずは薄切りの豚バラチャーシューが2枚。

脂身がとろとろで、味もしっかり沁みていて、赤身も柔らかく箸で持つだけでほろりとほぐれます。

野菜はたっぷりのほうれん草。


薬味の長ネギはシャキシャキ。


メンマはゴマ油系の味付けがしっかりとされていてしゃっくりとした食感。

むむむ~、これはおつまみにもよさそうですね~( *´艸`)

でも、今は飲めないので、ここはやっぱりランチタイムの半ライスを追加でお願いすることに。
そして、こんな感じにしてみました~\(^o^)/

半ライスで作る鯛塩トッピング丼~( ̄▽ ̄)
むふふ、もちろんおいしいです~(≧▽≦)

さて、ラーメンをおかずにご飯をぱくぱく。
添えてあった海苔でごはんを巻いて食べたりと大満喫。
麺を食べきったところで、もう1つのランチサービス替玉をお願い(^◇^)

替玉(1玉)※平日ランチサービス
ちなみに、替玉の麺は最初の麺と同じものなので、茹で時間が約5分くらいかかります。
なので、食べ終わる前にオーダーした方がいいみたいですよ(・∀・)

それにしても、ランチサービスの替玉、結構な量がありますね(〃▽〃)ポッ
券売機を見たところ、こちらは「半替玉¥100」「替玉¥150」の2種類がありました。
私は勝手にサービスだから半替玉と思いこんでいたんですが、どうやらランチサービスは1玉。
こちらの麺量は1杯分が150gだそうですので、ということは平日ランチは2玉分の300gを食べられるってこと。
本当に大サービスですね~( ̄▽ ̄)♡

さて、まずはそのまま麺をちょっと味見。
油的なものがまぶしてあるけど、特に味付けはしてないようです。

さて、卓上調味料のラーメンダレをかけて和え玉風。
少しそのまま食べてみるのもなかなか美味しいですが、段々と麺がくっつき始めたのでこの辺でスープの中にどーん!!


少しそのまま食べ進めてから、今度は辛いタイプの調味料で味変。

うんうん、クリーミー、甘い豚骨魚介スープに辛味の味変はいい感じです。
ただし、この辛みは結構味が強いので入れ過ぎると味が変わり過ぎちゃうので注意ですね(^o^)丿

それでは、最後は〆のスープごはん~(*´▽`*)

おすすめの調味料の黒七味を振ればとっても美味しい~、すっごい合う~( *´艸`)
黒七味、ラーメンのスープに入れて食べても良かったな~。

さて、それでは頼んだものは最後まで美味しく。
ということで、ごちそうさまでした~(*´▽`*)

ぷは~、まんぷくはっぴ~ (*´▽`*)
初訪問だったので、つい色々試したくて欲張っちゃいました~。

それにしても、なんとなく訪問しそびれていたけど、もっと早く来ればよかったな~
他のメニューも気になるし、絶対また来よう~(≧▽≦)


2016年185杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキングへ

吉祥寺 真風さんの食べログ店舗情報はこちら
東京都武蔵野市吉祥寺南町2-6-2 松岡ビル 1F


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

お知らせ
ラーメンブログランキングに参加しています(^ム^)
プロフィール

もりみ

Author:もりみ
1日1ラーメン食べられたら幸せですが、周りが心配しますし体力的にも経済的にも無理なんでボチボチやってます
(*^^)v

最新記事
カテゴリ
タグ

新宿区 杉並区 小金井市 渋谷区 千代田区 武蔵野市 中野区 調布市 埼玉県 豊島区 中央区 北区 荒川区 世田谷区 練馬区 台東区 青梅市 三鷹市 千葉県 立川市 ラーフェス 港区 品川区 国分寺市 文京区 葛飾区 目黒区 神奈川県 墨田区 大田区 昭島市 江東区 チェーン店 福生市 国立市 番外編 江戸川区 府中市 曙橋 まとめ 東大和市 茨城県 八王子市 西東京市 浜田山 足立区 あきる野市 国分寺 阿佐ヶ谷 小平市 日野市 練馬 板橋区 

ラーメンブログ リンク

ラーブロ
ラーメンブログ専門リンク集「ラーブロ」に登録しました
\(-o-)/設定ってむずかし~
月別アーカイブ
FC2カウンター
訪問ありがとう~
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード