fc2ブログ

らぁ麺やまぐち 辣式(東陽町)/まぜそば+温玉+プチライス

さて、1つ前のブログの流れから本日も「味噌」な話。
しかも、「焼きあご塩らー麺 たかはし」とも関連している1杯。
新しくメニューに加わっていたのは知っていたのですが食べるタイミングを見計らってました~(∀`*ゞ)エヘヘ



で!その1杯を食べて来たお店がこちら♪\(^o^)/

らぁ麺やまぐち 辣式 らぁめんやまぐち らつしき
(東陽町・東京都江東区)
2023,10,12訪問

こちらのお店は2015年9月オープン、「らぁ麺やまぐち@東京都新宿区」の2号店。
ちなみに1号店の「らぁ麺やまぐち」は2013年1月オープン。
そして、2021年4月「らぁ麺やまぐち」は「焼きあご塩らー麺 たかはし」を運営する会社が経営を担当。
店主の山口さんは「らぁ麺やまぐち」と「焼きあご塩らー麺たかはし」の味を作る方になりました。

まぁ、そんな訳で店主の山口さんに会える機会は減ったように思います。
ですが、一方で山口さんの作る味は増えたな~とも思っています(∀`*ゞ)エヘヘ

さぁ、それではそろそろ今日のラーメンの話へ。
まずはお店に着かないことには食べられませんので場所をご案内。

「らぁ麺やまぐち 辣式」の最寄り駅は東京メトロ東西線・東陽町駅。
4番出口から地上に上がったら目の前が「永代通り」を左方向、南砂町方面へ。
歩いて2つ目の路地(東陽4丁目交差点1つ手前)を左に入れば程なくお店。

店前にはパネルで看板メニューの「麻婆まぜそば」の写真がどーん!

そして、その後ろのお店入口付近をチラり。
ふふ…、並びナシ、グットタイミング…(ΦωΦ)フフフ…

ちなみにこちらのお店、並びが出来ている場合
「先に食券購入」→「外で待機する」というシステムです!('◇')ゞ

さぁ、それでは混まないうちに入店~♪\(^o^)/
中に入れば「いらっしゃいませー」のお声がけ。

ぺこりと会釈を返して、入口すぐの券売機の前へ。

おぉ~、あるある、まぜそば~(*‘∀‘)✨

券売機のメニューは上から「麻婆まぜそば」「まぜそば」「塩らぁ麺」「醤油らぁ麺」の4種類。

ちなみにブログを書くににあたって調べた所、「まぜそば」は2022月2月1日から提供スタート。
私が最後に辣式へ来たは2021年12月だったのでその時はなかったんですよねー!
そして、「まぜそば」の存在に気が付いてから食べに来るまで随分時間が掛かっちゃいました~

ふふふ、やっと食べる事ができます~( ̄▽ ̄)エヘヘ

さて、それでは目的の食券をポチポチと購入。
「空いているお席へどうぞ」との案内でチラリ店内を見回し、開いている奥の席へ。
目の前に来てくれた店員さんに食券をお渡しし、このタイミングで念のための確認。

「あの~、ニンニクの控えめってできますか?(・∀・)」
すると「はい、大丈夫ですよ」との回答。
「じゃ、控えめでお願いしますー( ̄▽ ̄)エヘヘ」

そう、券売機にちょこっと書いてあった文章に「八丁味噌とニンニクのコク」。
ニンニク美味しいけど耐性は低め、まずは出来るなら控えめ派なのです~\(-o-)/

こうして注文が済んだら後、セルフサービスのお水の準備。

卓上に置かれたグラスと水の入ったボトルを使って。

それから久しぶりなので卓上調味料の確認も。

置いてあるのは四川青山椒のボトル…入れ物変わったよね?(・∀・)

そして、待っている間に紙エプロンの存在を思い出し店員さんにお願い。
太めの麺だと汁跳ねしやすいからね~( ̄▽ ̄)エヘヘヘヘ~

さぁ、そんな訳で準備万端の私の元へ待望のまぜそばが到着。

まぜそば880円
おぉ~、なんかシック?な印象~(・∀・)
確か白い陶器製の器だったはず、まぜそば系の器自体も変わったんですね~

さぁ、そして、まぜそば系には必須のごはんももちろん付けました。

+プチライス120円
+温玉150円
ちなみに「まぜそばセット」は温玉・ライス(並or大)付きで¥1,200‐
たくさん食べたい人はこちらがおススメ~\(~o~)/

ちなみにのちなみに「温玉」は某ラーメン雑誌のクーポン。
辛くないまぜそばに必要かしら?と思いましたがせっかくなので付けました(∀`*ゞ)エヘヘ

「添えてある背脂はお好みで混ぜて召し上がり下さい」とのご案内。
「了解しました~、それではいただきまーす!\(^o^)/」

では、よく混ぜる前にちょっと観察。

やはり目を引くのはごろごろっと大きくカットされたチャーシュー。(*^-^*)

そして、白くて綺麗な背脂たっぷり~♡

なんともジャンクな感じがしますねぇ~( ̄▽ ̄)フフフ

それから麺と器の間に見えるタレも…黒っ!


さぁ、そろそろ限界、がっと麺を掴んで!!
ずばばばばば~(*´з`)💦

麺むっちりうんまー!!♡(゚∀゚)✨
コクのある味噌ダレは濃い旨味、でも甘味もあって奥深い!
そして、ニンニクは控えめでも結構ガツンっと感じられてくー、たまらん!!(≧▽≦)

こりゃあ、温玉なくても大丈夫だったかも~(∀`*ゞ)エヘヘ

…なんてことを考えつつ、タレがたっぷり絡んだごろチャーシューにがぶり!

うんまっ!!(≧▽≦)♡
でっかくて肉々しい、でも食べ易いやわらかさ。

ちなみにすっかり混ぜり合っちゃって背脂はお好みで~は私にはムリ(笑)
でも、かと言って多すぎることはなくちょうどいいバランス。
一緒くたになって写真に収めることができなかったもやしもプチプチ食感がいいアクセント。
ちなみに普通の茹でもやしと思われますが合いの手としてちょうどよかったです。

…と言うのも?最初、甘いと思っていたタレが段々と本領を発揮!
なんとブラックペッパーが効いていて私の舌に強烈なパンチ!!

くぅ~、温玉さん、出番ですー!!(≧▽≦;)💦


ぱか!


ぱっかー!\(^o^)/

絡めて食べれば味がマイルド~♪(*´▽`*)♡
栄養価も高いし、やっぱり温玉も必須だったね~(笑)

ちなみに?「まぜそば」と「麻婆まぜそば」とは別物。

なので、ちょっと冒険したみたくなり四川山椒こちらを少々プラス。

振りかけた部分を食べてみるとキリっとした山椒ならではのスパイス感。

これはこれでいい感じに舌の感覚を変えられました。
ま、でも、多分これは「麻婆まぜそば用?」入れ過ぎはおススメしません( ̄▽ ̄)エヘヘ

さぁ、こうして気付けば麺は完食。

何気に温玉の白身がちょっと残ってていい感じ♪(*^-^*)

では!いざ、ライスをどーん!\(^o^)/


まぜまぜ…(ΦωΦ)フフフ…


がぶり!!

むっふ!( *´艸`)♡♡♡
タレの中にごろチャーまだいた~!(≧▽≦)ヤッホウ♡

そして、タレの絡んだご飯は見た目はちょいとアレですが控えめに言ってもサイコー!
やはり汁なし系を余すことなく食べるには追い飯ですよね~

さぁ、気が付けばぺろっと完食。

ぷっはー、ごちそうさまでした~!(≧▽≦)♡
店名にもなっているから「麻婆まぜそば」を食べている人が多いのは否めない。
けど、「辛くない」と聞いていたけど、さすがの「らぁ麵やまぐち辣式」!
麻婆まぜそばとは別ジャンルのパンチがあり、とっても美味しい汁なし系ラーメンでした。

いやぁ~、大満足~(≧▽≦)♡
ちなみに私が頼んだのは「プチ」ライスでしたがプチでも結構多めでした。
食べ始め、次は温玉なしでライス並(or大)と思いましたが次もこの組み合わせにしようと思います♪


2023年杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキング

らぁ麺やまぐち 辣式さんの食べログ店舗情報はこちら
東京都江東区東陽4-6-3 栗林ビル1F

限定情報などなどはお店のTwitteなどでチェックしてみてください。

らぁ麺やまぐち&辣式さんで食べたブログのまとめはこちら\(^o^)/


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)
スポンサーサイト



テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

宮元製麺(南砂町)/半熟味玉入りラーメン(麺やわめ・他 ふつう)+半ライス

さて、1月前までの猛暑が嘘のように涼しくなった今日この頃。
本日もちょっと駅からは遠いけど歩くにはちょうどいい季節~♪
ってことで、涼しくなるのを待って行ってきたお店のブログを書こうと思います(∀`*ゞ)エヘヘ



さぁー、そんな訳で縁あって?今日のお店も最寄り駅は東京メトロ東西線・南砂町駅。
行ってきたのはこちらのお店~♪\(^o^)/

宮元製麺 みやもとせいめん
(南砂町・東京都江東区)
2023,10,5訪問

こちらのお店は2015年4月に大田区蒲田でオープンした人気店「煮干しつけ麺 宮元」の3号店。
2号店も蒲田にあり、「ラーメン宮郎」という店名の二郎系インスパイアのお店。
そして、2023年3月19日にオープンしたこちらのお店は家系ラーメンが食べられるとのこと。

余談ですけど、以前「煮干しつけ麺 宮元」には2回ほど訪問。
美味しかった…1度なんてカバンまるっと忘れて駅まで行ったほど(笑)
ただ、蒲田は私の行動範囲だととっても遠いんですよね~(;´▽`A``

なので、それよりは断然行きやすい江東区!
ただ、駅からは距離があるので涼しくなるまで待ってました~(∀`*ゞ)エヘヘ

さぁ、そんなこちらのお店最寄り駅は東京メトロ東西線・南砂町駅。

2a出口から地上に出るとすぐ前方に広がる「南砂三丁目公園」。
公園内を通り抜けつつ、公園右側の道に出れるように進みます。

さらに道を直進すると見えてくる「南砂町三丁目公園」の交差点。
その先に「TOPYLEC PLAZA」と書かれた緑の網目状のゲート。
ゲートをくぐって道なりにショッピングモールの横を直進、次に見えて来た大通りを渡る。

NISSANとドラックストアの間の道(特別区道江149号)を更に直進。
「清州橋通り」に出たら道を渡ってから右へ…てくてく…てくてく…

ちなみに?脱線しますが、この通り沿いに気になる外観のお店を発見~!
ただ?お店が営業している様子はなし…もしかしたら夜営業のみなのかしらね~?(・∀・)
ちなみにのちなみに調べてみると一応営業はしている様子。
ただ、この辺りに詳しい知り合い聞いたら「そもそもやってるのか分からない」とのことでした。


ま、それはさておき、私の今日の目標に到着~\(≧▽≦)/💦

ちなみに南砂町駅からだと徒歩約20分。
そして、訪問した日は猛暑ではなかったけど歩いたら結構暑かった~💦

ここ最近、シェアサイクルも結構充実しているので借りるのも手かもしれません。
ただ?初めてお伺いするお店は自転車が停められるかどうかが分かりませんよね?
なので、やっぱり初訪問は歩いて来るのがベストかな~なんて(∀`*ゞ)エヘヘ

ちなみにこちらのお店は駐車場なし、お車は近くのコインパーキングへ。
そして、自転車も近隣のご迷惑にならない場所にお願いしますとのことでした!('◇')ゞ

さぁ、それではお店の中に入る前に店前の確認。
まずはどどーんとでっかい黒地に浮かぶお店の店名。

なんか、すっごい、カッコイイっ!!(*‘∀‘)✨
この見た目思わず「頼もう~!」って言いたくなるかも(笑)

ちょっと道場破りをするテンションの状態で店前にある縦置き看板を確認。

ここには写真付きのレギュラーメニューと思われるラーメンがずらり。
そして、手書きでその時食べられる限定メニュー。

そして、入口右手側のガラス窓にもご案内。

めっちゃから揚げでっかー、美味しそう~(*‘∀‘)✨
お飲み物もあるみたいですし、夜は一杯できそうね~♪

ちなみに「つけ麺」と「油そば」はテイクアウト可!

って、油そばもメニューにあるのはここで知りました~!
ま、今日は絶対スープのあるラーメン食べるって決めてますけどね~(∀`*ゞ)エヘヘ

さて、それでは暖簾をくぐって「頼もう~!!」(∩´∀`)∩

入口から中に入ればすぐ正面に券売機。
店内は券売機の横から覗かないとよく見えない造り。

ちなみに券売機のボタンの数がすっごく多い!
一瞬、ドキドキしたけど色分けや区分けはしっかり。

券売機左側、上から黄色「ラーメン(醤油)」、黒「つけ麺」、茶色「油そば」。
その下、白いのボタンのは塩味で4段目は「ラーメン」5段目は「油そば」。

右上辺りに麺大盛りやライス系のラインナップ。
ピンクがかったボタンは追加トッピング、黄色がおつまみ、青はお飲み物。
そして、一番下の段には限定メニューやテイクアウト商品に関するボタン。

ちなみに券売機すぐ横の柱には麺量のご案内。

基本的な麺量は並150g、中250g、大350g、特450g。
但し、特盛が出来るのはつけ麺のみ。
また、限定メニューによっては中盛までの物もあるようです。

ま、今日は1番基本メニューと思われるラーメン。
そして、家系ラーメン系なのでやっぱりご飯を付けちゃいます♪
そんな訳でボリュームを考えてラーメンは並盛り~\(^o^)/

さて、お金を入れてボタンをポチポチ。

むむむっ!自家製麺の焼きそばも美味しそう!(*‘∀‘)✨
でも、このお値段はサイドメニュー的な位置づけかしら?

そんなことを考えつつ購入した食券を持って客席の方へ。
おぉ~、なんかすっごく広い~(*‘∀‘)✨

こちらのお店の客席は厨房スペース前にストレート、真ん中通路があるカウンター席。
そして、入口から見て左側のスペースに小上がりやテーブル席。
かなりの集客力だな~調べてみたらカウンター席は13席、テーブル席は18席あるそうです。

さて、「空いている席へどうぞー」と言われた私は店内奥の方のカウンター席へ。
お昼のピーク前なので端っこの方に座れた、うん、落ち着くな~(∀`*ゞ)エヘヘ

…と、目の前に来てくれた見たことのある男性店員さん?
アレ、この方、宮元の店主さんでは~?に食券をお渡し。
おぉ、蒲田の1号店じゃなくこちらにいらっしゃるんだ~♪(・∀・)ドキドキ

とりあえず平静を装って?食券をお渡しした後は家系ラーメンならではの注文確認。
麺の茹で加減・味の濃さ・脂の量、調理の好みを聞かれます。
私は自分が家系ラーメンを食べる時の定番オーダー、麺はやわらかめ。
そして、味の濃さと脂の量は普通でお願いしました~♪\(^o^)/

さて、注文が済んだらカウンターテーブル中央後ろ辺りの給水機の方へ。
近くにあった紙エプロンもゲットして席へ戻ったらカウンターの上をチェック。

お、生姜は希望の人はお願いするスタイルなんですね~(・∀・)
この後の仕事があるのでニンニクは使えないけど、タイミング見て生姜は頼もう~っと♪

ちなみにやはり家系ラーメンのお店は卓上調味料の種類は豊富。

写真には写ってませんがおろしにんにくの入った入れ物はこの中では大きめ。
卓上トレイの上、奥側には「海老の辛味」「醤油」「お酢」。
お酢の中には干し椎茸?何か入っている様子。

そして、手前側の列には「辛味噌」、「山椒」、「すりごま機」。

ちなみに「山椒」とは書いてありますが魚粉?鰹節っぽい物が入っているように見えます。
めっちゃ気になる、これは後で使ってみよう~っと( ̄▽ ̄)フフフ

さて、麺の茹で加減「やわらかめ」にしたので待ち時間は少し長め。
しばし待つ事、待望のラーメンが到着~\(^o^)/

半熟味玉入りラーメン 1,050円
おぉ~、黒い丼に金色の文字で入ったお店の名前。
勢いのある文字体、家系って感じでかっこええ~(*‘∀‘)✨

では!さっそく、いただきます~(*‘∀‘)♪

まずはスープから、ふーふー、ごくり。

おぉ~、豚骨ぅうまぁ~(*´Д`)♡
とろりと滑らかなで濃厚な醤油スープ、旨味が濃くてすごくパワフル。
なのに?後味はすっきりしていてすっごいいい塩梅!
濃いのにごくごく飲めちゃうってすっごいです~!!(≧▽≦)♡

さぁ、お次は自家製のめーん!\(^o^)/

ワシワシ、うんまっ!(゚∀゚)♡♡♡
中太のストレート麺、私の中で家系といえば麺は短いイメージなのでかなり長く感じます。
そして、やわめで注文してもワシワシとしたコシあって個性的!
私のイメージにある家系ラーメンとは違うけど、この自家製麺うんま~♡(∀`*ゞ)

さぁ、麺とスープをちょっと味わった所でお願いしていた生姜が到着。

ひんやりとした入れ物、やはり冷蔵庫でちゃんと保管しているんですね。

そして、一緒に食べたい白メシも到着♪

半ライス100円
おぉ、半ライスというにはしっかりした盛り具合~!(≧▽≦)ワラ

ちなみにラーメンと並べてみるとこのサイズ感。

そう、「半」とあっても基準はお店それぞれ!
この量なら私的には並盛りライスの量です~\(≧▽≦)/ワラ

さぁ、それでは早速ご飯片手に食べるのを再開!

麺もスープもアツアツなので実は猫舌。
オン・ザ・ライスでふーふー、しならが食べるのもアリ。
食べ易くなるうえに、スープの味が白いごはんに移るのが良い!(≧▽≦)♡

何て感じで麺だけじゃなく乗ってる具材もご飯のおかずにしながらがぶり!
そして、一番どーんと大きいチャーシューにがぶり!

うっわ、すっごうんまっ!!(゚∀゚)♡♡♡
チャーシューとしてしっとりとした柔らかい肉質であることはもちろんの事。
それ以上に驚いたのは燻製?すっごくいい風味が付いてます。
がぶりと噛めばふわーっと鼻を抜けていくいい香りに思わずうっとり。
そして、チャーシュー辺りのスープにも香りが移っててたまらーん!( *´艸`)ハウ~♡

ちなみに?私がいる間、このチャーシューが乗っていると思われるサイドメニュー。
「チャーシュー丼」を頼んでいる人多数、皆さん、さすが美味しい物をご存知ですね~( ̄▽ ̄)


さて、チャーシュー以外、こちらもちょっと驚いた小松菜。

家系ラーメンと言えばほうれん草なイメージなのでこれも新鮮。
でも、意外とほうれん草と違ってクセがないので食べ易い。(*^-^*)

そして、この手のラーメンならば海苔は2枚。

まずはスープをひたひたに浸してご飯の上へ。

…あ、そうだ気になっていた山椒もちょっと振ってみよう♪


そして、くるっとご飯を巻いてぱくり。

うん、美味しい~(∀`*ゞ)エヘヘ
スープひたひた海苔巻きはもちろんのこと、山椒のピリっと感と爽やかさがいいね!

さぁ、ここからは引き続き味変タイム。

せっかく出していただいた生姜はもちろん使わせていただきます。

そして、生姜に併せてすり胡麻もすりすり。

くふー、生姜を入れるとスープの甘さがちょいとキリっと締まる。
そして、すりごまは香ばしくていい風味~(∀`*ゞ)エヘヘ

それから、これも試してみたかったのです!海老の辛味🦐

スープが変身しすぎないよう、海老の辛味はご飯の上へちょっと。

そして、先ほどと同じ様にスープひたひたの海苔で巻いてぱくり。

んー、海老辛も美味しい~!(≧▽≦)
でも、すっごく味が変わるので使う量は少しにしておこうっと~

さて、終盤はお楽しみの味玉タイム。

箸で持ったらぐにっと形が変わったのでやわらかめと判断。
ご飯の上へ移動させてから…

ぱかー!\(^o^)/

ひゃっほう~(≧▽≦)♡
とろ~り、ねっとり濃いオレンジ色の卵黄がご飯の上へ~。

まずは半分、ぱくり。

うんまっ!!( *´艸`)
そして、味玉もすごくいい香りがする~!
ちなみに券売機を見直すと「燻製半熟味玉」と書いてありました。
なるほど、いい香りがするはずだ~!(≧▽≦)♡

さぁ、こうして気がつけば半ライスを完食。
残すところは名残スープのみ。

ごくり…うまぁ~♡、ごくり…うまぁ~(*´Д`)♡
普段ならば家系ラーメンに限らず、濃厚どろり系のスープは残すようにしています。
でも、このスープ不思議と濃厚なのに重くなく後を引く。

気が付いたら残りわずか、ここまで来たなら飲んじゃえ(笑)
そんな訳で思わず汁完!!

ぷはー、ごちそうさまでした~(*´▽`*)♡
いやぁ~、徒歩約20分を歩いて来た甲斐のある1杯でした~(≧▽≦)♡

私は家系ラーメンの何たるかを語るほど、私は家系ラーメンを食べていません。
なので、細かく言うと家系ラーメンではない?とも思うのですが…
それにしたって美味しい!それでいいって思いました~♡(∀`*ゞ)エヘヘ

ちなみにブログを書くにあたって後調べ?
調べていたら目に入って来た「限定 背脂煮干しラーメン」。
こちらの麺は中盛までなんですが、どうやら太めの手もみ麺タイプっぽい!

そう?ラーメン美味しかったけど手もみの太麺好きなのでとっても気になります。
これはまた、天気のいい日にタイミングを見て歩かねば~(∀`*ゞ)エヘヘ


2023年115杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキング

宮元製麺の営業状況などがわかるX(旧Twitter)はこちら

宮元製麺の食べログ店舗情報はこちら
東京都江東区東砂5-1-11 ジェイズクレイドル 1F


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

竹岡式ラーメン 竹徳(南砂町)/元祖 竹岡式ラーメン+小ライス

さて、この日の天気は曇り、夕方からは雨の予報が出ていました。
…が!暑くもなく寒くもないこんな時はちょっと歩くお店も問題なし!
そんな訳で、少し前から気になっていたご当地ラーメンを食べに行く事にしました~♪



で、そのお店がこちら~♪\(^o^)/

竹岡式ラーメン 竹徳
(南砂町・東京都江東区)
2022,5,12訪問

こちらのお店がオープンしたのは2021年3月18日。
店名からもわかる通り「竹岡式ラーメン」が食べられるお店です。

ちなみに?「竹岡式ラーメン」は千葉県内房(富津市竹岡など)周辺発祥のご当地ラーメン。
特徴はチャーシューを煮込んだ醤油ダレと麺茹でに使用した湯で作るラーメンスープ。
そのスープの色は濃い醤油色で麺は乾麺、薬味には角切りタマネギが入っているのが特徴です。

ちなみにのちなみに?竹岡式ラーメンらしき物は食べた事が今までありました。
でも、そのラーメンはお湯ではなくスープをちゃんと取っていたり。
乾麺ではなく普通の生麺だったりと本格的?な物は今まで食べた事はなし。

そんな訳で?乾麺の「竹岡式ラーメン」が食べられると聞いて行ける機会を狙ってました~(∀`*ゞ)エヘヘ

さて、そんなこちらのお店、最寄り駅は東京メトロ東西線・南砂町駅。

2番出口から地上に出たら「丸八通り」をひたすら北上
駅からは徒歩約12分の距離。

てくてくと歩いて行くと真っ赤な暖簾が見えてきます。

はぁ~…着いた…(´Д`)…
ちょっと感慨深い気持ちになります…というのも、このお店の場所。
2021年6月に一之江に移転した「らーめん とうかんや」が入っていた建物。
ちなみに一之江駅から距離にして約2km弱、昼営業のみのお店になりました。
また食べたいけど、なかなか色々とハードルが高いです…( ;∀;)

さて、そう思うと徒歩12分はまだまだ余裕で歩ける距離。
とりあえず、入店する前にお店の外から分かる案内などを確認。

ふむふむ、なかなかカッコイイ写真ですな~(*‘∀‘)✨
上のラーメンが「元祖 竹岡式ラーメン」、下にあるのは「改 竹岡式ラーメン」。
目的の本格的な竹岡式ラーメンはどうやら「元祖」と書かれている方。
ちなみに「改」の方は生麺で茹で湯ではなく「特製スープ」との記載があります。

ヨシ、私が食べるのは「元祖」だな!(=゚ω゚)ノ

…さぁー、それでは入店~!(=゚ω゚)ノ
店内に入ると「いらっしゃいませー」のお声がけ。
厨房スペースには男性1人、軽くぺこりと会釈を返して券売機の前へ。

券売機は1段目に「元祖 竹岡式ラーメン」のラインナップ。
2段目に「改 竹岡式ラーメン」、並びは左からデフォルト、チャーシュー増し、メンマ、のり。

ちなみに今見返すと3段目の1番左に「特製 塩ワンタン麺」なるメニューを発見!
元々お目当てが「竹岡式ラーメン」なので全然目に入ってなかったです~( ̄▽ ̄)ハハハ

さて、その他、サイドメニューのご飯物。
下段の赤いラインが入ったボタンはおつまみ系と夜はちょっと飲める風?なのかしらね。

さて、券売機上には外にも書いてあった「元祖」と「改」の違いについて。

加えて「元祖」で使う乾麺は茹で時間が10分ほどかかると赤字でご案内。
炭火で茹で上げるってのも本場の竹岡式ラーメンらしさなのかな~(*‘∀‘)ワクワク

さぁ、それでは購入した食券を持って空いている席へ移動~♪

ぬおぅ!カウンターが「とうかんや」の時のまんま!
あの雰囲気、この木目のテーブル好きだったから残ってて嬉しい。
でも、ちょっと気持ちは複雑!!(≧◇≦)

ちょいちょい思い出がぽろぽろしちゃいますが食券を店員さんにお渡し。
注文が済んだ後はラーメンが出来るまでに身の回りのチェック。

卓上調味料は酢、ラーメンコショー、醤油。
水餃子や焼き餃子もメニューにあるけどラー油はないのかな~と探しちゃったり(笑)
多分、注文すると出て来るのかもしれませんね。

それから、お水は券売機横のコップに注いで席まで持って行くセルフスタイル。

カウンター台の上には穴あきタイプのレンゲあり♡
ちなみに?具を攫いやすいように置かれている穴あきレンゲを見るとお店の愛を感じる。
…と、思っているのは私だけでしょうか~( ̄▽ ̄)エヘヘ

さて、カウンターボードが高いので調理風景は見えませんが!
のんびり待っている間にカウンターボードの案内をぼんやり眺めて待つ。

ちなみ茹でているのを見た方の話によれば、元祖竹岡式ラーメンは解説通り炭火。
七輪?に網、その上に雪平鍋を乗せてじっくりと麺を茹でているとのこと。

さぁ、そんな訳でちょいと長めの待ち時間があり完成~\(^o^)/

元祖 竹岡式ラーメン880円※訪問時の価格
※2023年10月現在、元祖 竹岡式ラーメン¥990‐
おぉ~、もうもうと上がる湯気がたまらん~♡(*‘∀‘)

そして、なみなみと注がれた真っ黒なスープ。

玉ねぎの白さが美しいワァ~(∩´∀`)∩♡

さぁ、そして一緒に頼んだ小ライスも到着!

小ライス50円
こちらも湯気がもうもうと…もう、完璧!!(≧▽≦)♡

さぁ、それでは早速いただきます。

まずはスープからふーふー、ごくり。

おぉ~、甘じおっぱー!(≧▽≦)♡
アツアツの真っ黒な醤油スープはまるで豚の生姜焼きのタレみたいな味わい。
ひと口飲んでちょっとびっくり、これがお湯で割ったスープとは思えません~(≧▽≦)♡
そして、豚の生姜焼きみたいなんですもの絶対に白メシ付けないとでしょ!

さぁ、お次は気になる竹岡式ラーメンと言えばの乾麺。
箸を差し入れて引っ張りだすと…おぉ、結構縮れている感じなのか~(*‘∀‘)ドキドキ

ふーふー、がぶりとかぶりつけば…うん、すごい袋麺っぽい( ̄▽ ̄)ワラ
でも、長く茹でていると思われるのにコシもあってなかなか面白い食べ応え。

ラーメンに使う乾麺といえば「稲庭中華」を想像していただけにちょっと微妙?
でも、どこか懐かしくこのラーメンにはコレなのかな~って感じもしてくるから不思議。( ̄▽ ̄)エヘヘ

さて、麺とスープを楽しんだ後はチャーシューにがぶり!

めちゃ、うんまっ!!(゚∀゚)♡♡♡
厚手の豚バラチャーシュー、赤身ほろほろ脂身ふわふわ♡

しかも、デフォルトでこのチャーシュー結構入ってます。

そして、しっかりと染みた醤油系の味が口に入れるとじわ~っと広がる。
そうよね~、このチャーシューがあってこその竹岡式ラーメンだものね~(∀`*ゞ)♡

さぁ、もちろん白いごはんの上にどーんと乗せてがぶり!

うんまっ!ヤバうんまっ!!(≧▽≦)♡

さぁ、メインの乗せ物チャーシュー以外にはたっぷりのシャキシャキ玉ねぎ。

メンマはほどよいメンマ臭、味付けは優しめ。
玉ねぎ同様、濃いめのスープの合いの手にちょうどいい感じ♪

こんな感じで少し食べ進めたところで味変に拉麺胡椒!

ぺぺっと振ると…うぉう!ジャンクな感じになった~(≧▽≦)♡
入れ過ぎはちょっと心配になるけど、これはこれでいいよね。

そして、これもやっぱり試さないとのお酢-プ!

うん、すごく合うね!(≧▽≦)♡
段々と舌に溜まってきた醤油の味が酢っぱりします~♪

それではそろそろラストスパート?

海苔をスープでひたひたにして…

くるっとご飯を巻いてぱくり。

むふむふ…( *´艸`)♡

そして、箸に麺が引っかからなくなったところで穴あきレンゲの出番!


しっかりとスープの中を攫って~

…少し残しておいたごはんの上へ~( `ー´)ノ
玉ねぎと一緒にかかったスープと一緒にガツガツ掻っ込む!

もうちょっとスープに浸したご飯もがぶり!

そして、名残スープと水をしばしエンドレス。
水のおかわりは立ち上がらないとなんだよね~…
先客さん、なるほどいい位置に座ってたんですなー( ̄▽ ̄)ワラ

…という事で?お水のおかわりが億劫でここで終了(笑)

はぁ~、ごちそうさまでした~(≧▽≦)♡
気になっていた本格的な竹岡式ラーメン、なんだかとても面白かった!
食べ物に対して面白いってちょっと表現がイマイチですが縮れた乾麺の食べ応えが私には新鮮。

そして、こちらのお店のチャーシューが本当に美味しい。
麺大盛りもできるようですが、私は断然チャーシューに合う白いごはん推し!(∀`*ゞ)エヘヘ
「改 竹岡式ラーメン」の生麺、竹徳特製スープももちろん気になるので次はそちらを頼んでみたいと思います!


2022年34杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキング

竹岡式ラーメン 竹徳の食べログ店舗情報はこちら
東京都江東区南砂5-21-4


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

濃厚宗田つけめん 麺屋縁道(門前仲町)/味玉つけ麺(中盛)

さて、ついに猛暑もひと段落。
ま、とは言っても明日からはまた気温があがるそうですがそれでもほっと一息付けますね。



さぁ?そんな訳でこの位の気温ならばつけめんなんてどうでしょう?
そんな訳で1年以上前のことですがつけめんが人気のお店へ久しぶり2度目の訪問。
…とは言っても、初訪問から店主さんが変わっているとのことなのである意味、初めて。

で、その行ってきたお店がこちら♪

濃厚宗田つけめん 麺屋縁道 めんや えんどう
(門前仲町・東京都江東区)
2022,4,21訪問

こちらのお店のオープン自体は2014年3月14日。
オープン当初はつけ麺 道@亀有で修業されていた東北出身の方が店主さん。
確かお名前が「遠藤」さんで店名の由来にもなっていたと思います。

ですが、今回改めて調べたところ初代店主さんは約1年でお店を退職。
現在は2代目店主さんが営業をされているとのことです。

さて、お店の歴史はこれくらいにしてお店の場所!
最寄り駅は東京メトロ東西線・門前仲町駅。

6番出口から地上に出たら目の前の「清澄通り」を渡って道の反対側へ。
2又に分かれている道(斜め右に「モスバーガー」)を進み更に次の2又になっている道を左へ。
ちなみにこの通りの名前は「深川モダン館通り」。
突き当たったら右して「葛西橋通り」に出ればそこがお店の入っている建物。

駅からは徒歩約4分で到着でーす!\(^o^)/

ちなみに到着したのは午後13時過ぎ、お昼のピークは過ぎたかな~の時間帯。
季節的にお店の出入口は全開で近寄ったら店員さんと目が合っちゃった。(〃▽〃)ポッ

「イラッシャイマセ、ドウゾー」と声をかけてくれるアジア系の女性スタッフさん。
ペコリと会釈を返しつつ店内へ足を踏み入れます。

「ショッケンドウゾー」とテキパキとしたご案内。
店主さんらしき男性は黙々と先客さん達の料理に集中。

では~、と入口すぐの券売機の前へ。

こちらの基本メニューは「つけ麺」と「ラーメン」。
ちなみに今気づいたのですが券売機の左下には「追い飯付き カレーつけ麺」を発見!

それから麺量はボタンに記載ありなので分かりやすい!
つけめんの並が250g、ラーメンの並は150g。
そして、中盛+50g(+¥50)・大盛+100g(+¥100)・特盛+250g(¥250)。

さて、それではお金を入れてボタンをポチ、ポチ。
そして、「コチラドウゾー」と言われた席に券売機近くにあった紙エプロンを持って着席。

座るとサクサクっとステンレスタンブラーに入っていたお水が到着。
そして、食券の受け取りとメニューの内容確認などがスムーズに完了。
おぉ、この女性スタッフさん、めちゃくちゃ段取りがいい!(〃▽〃)ポッ

さぁ、後はつけ麺が来るのを待つばかり…なのですが、なんだか緊張感が漂う静かな店内。
なんとなく大人しくしていた方が良さそうな感じなので動かず待ちます(笑)

そんな訳で?卓上調味料は目視で?
置いてあるのは酢、ブラックペッパー、一味唐辛子っと…

さて、こうして大人しく?待つことと約15分。
さすが太麺なのでちょっと待ち時間は長めで完成でーす!

味玉つけ麺1,030円※訪問時の価格
+中盛50円
※2023年7月現在の価格は味玉つけ麺¥1,080-と思われます。

おぉ~、すっごい麺線が美しい~(*‘∀‘)✨

この小麦色?薄茶な麺の色も見ててじゅるっとしてしまいます。

そして、濁々な色合いで見るからに濃厚なつけ汁!

運ぶ時付いたと思われるつけ汁の名残線を見て分かるゾロリ?感。
この先の味を想像してこちらもまたジュルリとなってしまいますー(∀`*ゞ)エヘヘ

さぁ、それでは早速いただきます。

まずは麺だけを箸で掴んでがぶり!ちゅるーん!(*´з`)💦

うんまっ!!( *´艸`)♡♡♡
麺肌つるり、噛むとむっちり角太の麺!
嚙み締めると小麦の甘みがしっかり感じられてこれだけで美味♡

さぁ、それではお次はつけ汁へ~♪(=゚ω゚)ノ
箸で麺を掴んで器へどぼん、ぐるっと絡めるようにしてがぶり。
ずぼぼぼぼ~(*´з`)💦

うんまっ!!(゚∀゚)♡♡♡
いわゆる動物と魚介を合わせた濃厚でゾロっと魚粉?が麺に絡むつけ汁。
魚介の味がバチっと決まっていて甘うま濃厚にほのかな酸味が後を引く!
塩味はほどよく、濃いけどするりと食べやすくてうんまーい!(≧▽≦)♡

さて、麺とつけ汁をまずは味わった後は添え物。

花形のチャーシューは直前に炙られた香ばしい豚バラ肉。
食べ応えもしっかりあって1枚でも満足~(∀`*ゞ)エヘヘ

そして、メンマは角太めですが柔らかさ煮てあり食べやすい。

味付けはちょいと甘めですが、ブラックペッパー?も効いててスパイシー。

薬味のネギはちょっと面白い幅の広い切り方。


これをつけ汁へ入れてから麺と一緒に食べるとサクサク食感。
ネギの爽やか風味が生きてきます。(*^-^*)

ちなみに写真には撮ってないけどピリっと辛みのあるカイワレもいいアクセントでした。
そして、いいアクセントの中でもとっておきが細かく刻まれた柚子!

これが少しずつ麺と一緒につけ汁へ、口の中へと入ってきて爽やか~♡
柚子の風味を感じる度に思わず「はぅ~(*´Д`)♡」っとなってましたよー(笑)

さて、終盤は味玉タイム~\(^o^)/

キレイなオレンジ色の卵黄はねっとりとした半熟。
白身ぷりっと出汁も程よく染みていたうまい!

そして、濃厚なつけめんの場合は海苔は千切らず海苔巻きスタイル。


終盤の味変は麺に少々のお酢で舌を少々リセット。

酸っぱさは気にならず、どちらかというと爽やか~(*´ω`*)

さぁ、こうして気がつけば麺や添え物は完食。
残すところはちょっと残ったつけ汁のみ。

…と、スープ割ってあるのかしら?(・∀・)
…と言うのも?先客さん達の誰1人としてスープ割を頼んでいる人がいなかったのです!

うーん…(=_=)
それに?スープ割するほどつけ汁も残っていないような気がする…

まぁ、なくてもいいかもってことで…

…とりあえず苦し紛れ?に一味唐辛子を少々。

そして、ごくり。

おぉ、ピリっと唐辛子がいいアクセントじゃ~(≧▽≦)
麺食べ終わってから試してみたけど、次は食べてる途中で味変にしてもいいね。

さぁ、そんな訳で割りはせず最後までつけ汁を飲み干し完食。

ぷはー、ごちそうさまでした~(*´▽`*)♡
久しぶり濃厚なWスープ系のつけ麺を食べたけどやっぱウマイよね!
そして、何と言ってもこちらのお店は麺がウマイ!(≧▽≦)

並盛250gじゃ足りないと+50gの中盛にしたけど大盛でも良かったかも!
但し、その場合はつけ汁が最後まで足りるかな~って心配もありますね(笑)

ちな、こちらのお店はスープおかわりというボタンが券売機にあり。
足りない人、特盛の人はこちらを追加で頼むのかもしれません。('◇')ゞ

さて、ブログを書いていたらまた食べたくなってきちゃったんですが気になる情報を発見?
Googleの検索エンジンから「麺屋 縁道」を検索すると「臨時休業」の赤いバーが出てくるのです。
ただ食べログやラーメンデータベースでは特にお休みの案内はなし。
今だけたまたまお休みしているだけならいいな~と思っています。(>_<)


2022年26目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキング

濃厚宗田つけめん 麺屋縁道の食べログ店舗情報はこちら
東京都江東区門前仲町1-16-5 門仲原田ビル 1F

初訪問、つけ麺(中盛)今はない「 東北トッピング」を付けた時のブログはこちら


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

麺屋ルリカケス(木場)/特製 鶏つけそば(細麺)

さぁ、引き続き?ちょっと間があきましたけどこちらのお店の話♪

オープン当初、提供メニューは「醬油そば」のみの営業。
続いて「塩そば」、そして「つけそばメニュー」は2種類。
段々と解禁されるレギュラーメニューにもちろん私は興味津々♪(∀`*ゞ)エヘヘ



で?その中でも気になったあの麺を食べてみたくて再訪問♪
初訪問から約1ヶ月後にまたたこちらのお店にやってきました~\(^o^)/

麺屋ルリカケス
(木場・東京都江東区)
2022,8,17訪問

ここからブログを読む人に向けて改めて…こちらのお店は2022年6月23日オープン!
ご店主さんは蔵前ににある「らーめん改」で店長さんを務めた方。

麺屋ルリカケスの店名である「ルリカケス」はご店主さんの出身である奄美大島の天然記念物の鳥。
そして、お店の第一メニューである「醤油そば」は鰹節と鶏を効かせたスープ。
乗せ物に錦糸卵やほぐした鶏肉が乗せてあり、奄美大島のご土地料理「鶏飯」風です。(*^-^*)

さて、そんなこちらのお店の最寄り駅は東京メトロ東西線・木場駅。

1番出口から地上に出たら左手にある「沢海橋」を渡ってから2つ目の横道を左折。
ちなみにお隣にちょっと派手な看板出している「目利きの銀次」。
そして、駅からは徒歩約2分と暑い季節も寒い季節も大助かりの駅近でーす!\(^o^)/

さて、お店に着いたら外に出ている案内をまず確認。

この写真は訪問時の写真なので営業時間が現在とは違いますのでご注意を~♪

ちなみに現在の基本的な営業時間は11:00~14:30、17:30~20:00。
定休日は火曜日ですが念のためお店の公式Twitterを確認すると安心です。(*^-^*)

さぁ、それから~…メニュー増えてるぅ♪( ̄▽ ̄)フフフ

上からメニューは「醤油そば」「塩そば」「鶏つけそば(細麺)」「濃厚つけそば(太麺)」。

…ちなみに?メニュー名の下をちゃんと見ていれば明白なのですが…
私はこういうの割と見ないタイプでして…このあとうっかり、やらかします(;´▽`A`` ハハハ

さて、今日のお目当てにしていたメニューがちゃんとラインナップされていることを確認。

それではそろそろ、入店でーす!\(^o^)/

中に入れば「いらっしゃいませー」のお声がけ。
ペコリと会釈で挨拶してから、入口扉近くにある券売機の前へ。

わ、慌てて撮った写真、スゴイぼやぼやだった~(;´▽`A``テヘヘ

ま、でも、この時の私にはちゃんとしっかりメニュー名は見えてます。

とりあえず券売機横にあるラーメン解説の案内をチラ見。
その後で券売機の中からお目当てのメニューのボタンを探して、お金を入れてポチリ。
購入した食券を取り出し、顔を上げれば「空いている席へどうぞ」とのご案内。

ではでは、ちょうど空いていた奥の方の席へ移動~♪
あ、券売機横にある紙エプロンも忘れず持って移動~♪( `ー´)ノ◇

そして、目の前に来てくれたお店の方に食券をお渡しすれば注文は完了。

ちなみにこちらのお店客席は奥へ長く続く短辺が短いL字カウンター10席。
入口から一番遠い席からチラっと見えた店内奥、小麦粉が入っていると思われる袋の山。
もしや?あの中が製麺室ですかね~(*‘∀‘)✨

さぁ、席に着いたらセルフサービスのお水の準備。
こちらのお店は卓上調味料なし、チェックする物は特になし!
後はのんびり、自分の注文した料理が来るのを待つばかり~♪

そんなこんなで待つことしばし、私の料理が到着です。

特製 鶏つけそば1,500円
おぉ~、特製はやっぱり盛りがスゴイ~(*‘∀‘)✨

でもね!?特性にしないとこの幅広の麺が乗らないと聞きました!

そう!私はこの幅広麺がどーしても食べたくて特製にしたんです~(≧▽≦)エヘヘ

…ちなみに?私、この時点でまだ気づいていません。
実はこの鶏つけそばの案内に「麺2種盛りのあっさりつけめん」という文言があったことに!
見比べてみればメンマで仕切るようになった麺が分かります。
ホント、色も太さも違う麺が盛ってありますよね~(;´▽`A``💦

まぁ、その結果?は後ほどとしてこちらがつけ汁。

澄んだ醤油スープに輪切りのネギ、特製だから味玉入り。
くんくん、鶏と醤油で出来た甘じょっぱい香りが美味しそう~♪(*^-^*)

さぁ、それでは早速いただきます!

まずは楽しみにしていた幅広麺をぱくり。

もちもち、うんまー( *´艸`)♡
幅広で少し厚みもある麺は麺肌つるつる、噛めばもちもち。
そして、噛み締めると優しい小麦の甘味?が口に広がってうんまーい!(≧▽≦)

さて、お次は(手前にあった)方の麺をそのままがぶり。

お!何コレ!!(゚∀゚)♡
麺のくっつき防止なのかいい香りのオイルがまぶしてあります~。
そして、このオイル、後調べではオリーブオイルなんでって!
めっちゃうまい!!このオリーブオイルが何なのか知りたい位ですー!(≧▽≦)

さぁ、お次は麺をつけ汁へ。
細麺でつるつるしているので手繰るようにして椀の中へ。

そして、ずばばばばば~(*´з`)💦
澄んでいるけどしっかりとした鶏の旨味がぶわーっと濃い。
そして、つけそばですからやっぱり醤油の塩味もしっかりめ。

さて、欲張って「特製」にしたので添え物たくさん。

厚みもある、ピンク色が綺麗な低温調理のチャーシューが麺の上に4枚。
噛めばしっとり、じわーっと肉の旨味が口に広がる。

そして、鶏そばとはまた違う角ばった太めのメンマ。


つけ汁の中にも色々入っていて肉餡たっぷりのワンタン。

かぶりつけば柚子?爽やかな風味があって嬉し驚き!(∀`*ゞ)エヘヘ

そして、ふわっと柔らかいつみれもお目見え。


味玉は割ってみれば綺麗なオレンジ色。

滑らかな卵黄、しっかりと出汁の染みた白身はぷりっとうんまい!(*^-^*)

ちなみに添えてあった海苔3枚はちぎってつけ汁の中へ。
スープひたひた、麺にしっかり絡むのでこれが私にはちょうどいい感じ。

それから、つけ汁の中には鷹の爪が少しだけ入っていました。
これが時々、ピリっと辛みのパンチを入れてきてうんまい!
気を抜いていると?はっ!っとさせられるいいアクセントになってました♪(≧▽≦)

…だがしかし?この頃になると私はちょっとした違和感を感じます。
あれ?最初に食べた時の麺への感動がなくなった…あのオリーブオイルの味が全然しない…
そう!?まだ麺が2種類ある事には気づいてないんですが何かを感じてはいます(笑)

さて、大事に取っておいたぴろ麺を今度はつけ汁に浸してずば~!(*´з`)💦

ハァ~、やっぱもちもちでうまぁ~(*´Д`)♡
どんな麺料理に?っていうのは思いつかないけど、この麺をお腹いっぱい食べてみたいです~♡

特製にしたので具だくさんでお腹いっぱい。
でも、つけそばはやっぱり割りスープで〆ないとねっ!(∀`*ゞ)エヘヘ

ではっ!っと近くにいたお店の方にお声がけしてつけ汁入っていた器をお渡し。
アツアツのスープがそこに足されて程なく私の手元に戻ってきます。

…ごくり♪(*´з`)💦

程よい温感、飲みやすくなった塩加減。

せっかく割っていただいたスープ割を残すはずもなく汁完~♪

ぷは~、ごちそうさまでした~(*´Д`)♡
期待していた幅広のもちもち麺がとっても好みで美味しかった♡
でも、特製にするとすごく盛りがいいのでまんぷくが過ぎる~!(≧▽≦)ワラ

ちなみに2022年8月当時の私は正直なところ「特製」で¥1500は高いな~と思ってました
でも、このお店の特製はチャーシュ&海苔増し+味玉付きというよくあるラインナップを超えていた!
ワンタンやつみれ、ひと手間きちんと掛けたあれやこれやこれでもかって。
その価値のある金額なんだな~と値段だけみて高いと思った自分を反省しました(*- -)(*_ _)ペコリ

ま!それよりも更に反省すべきは2種盛りの麺に気付かなかった事…
今度、麺屋ルリカケスの鶏つけそばを食べる時はちゃんと食べ比べしたいですね!(∀`*ゞ)エヘヘ


2022年64杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキング

麺屋ルリカケスの営業状況などがわかるTwitterはこちら

麺屋ルリカケスの食べログ店舗情報はこちら
東京都江東区東陽3-6-2 小鳥居ビル 1F


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

お知らせ
ラーメンブログランキングに参加しています(^ム^)
人気ブログランキング
プロフィール

もりみ

Author:もりみ
1日1ラーメン食べられたら幸せですが、周りが心配しますし体力的に無理なんでボチボチやってます(*^^)v

最新記事
カテゴリ
タグ

新宿区 杉並区 千代田区 中央区 番外編 小金井市 豊島区 足立区 武蔵野市 台東区 中野区 渋谷区 江東区 練馬区 北区 埼玉県 町中華 三鷹市 ラー飲み 調布市 千葉県 荒川区 世田谷区 ラーフェス うどん 港区 国分寺市 葛飾区 文京区 神奈川県 自宅麺 青梅市 目黒区 昭島市 カップ麺 墨田区 蕎麦 板橋区 立川市 品川区 茨城県 大田区 八王子市 江戸川区 チェーン店 福生市 国立市 栃木県 国分寺 府中市 宮城県 東大和市 小平市 曙橋 西東京市 閉店 町田市 青森県 あきる野市 練馬 阿佐ヶ谷 浜田山 日本蕎麦 日野市 多摩市 東陽町 三鷹 福島県 広島県 長野県 コラボ 

ラーメンブログ リンク

ラーブロ
ラーメンブログ専門リンク集「ラーブロ」に登録しました
\(-o-)/設定ってむずかし~
月別アーカイブ
FC2カウンター
訪問ありがとう~
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード