FC2ブログ

餃子 宝家(木場)/Aランチ(餃子3ヶ+タンメン)

さて、この日の私は先日行って行列で挫折してお店に再チャレンジ!
今日はすっと入れるといいな~…(´ー`)



そんなことを思いながら到着したのがこちらのお店。

餃子 宝家 ぎょうざ たからや
(木場・東京都江東区)
2020,3,13訪問

すません、実際は営業中は緑の暖簾がかかかってます。

店前写真、食べ終わってあら撮ったのでこんな感じになってます。
この写真は初訪問で諦めた時の写真です(*- -)(*_ _)ペコリ

さて、余談はさておき…
こちらのお店、詳しい創業年は分からなかったのですが調べによれば創業66年以上。
タンメンと餃子の組み合わせた「タンギョー」発祥のお店とのウワサ。
そして、看板に「餃子」を掲げるだけあり餃子がとっても美味しいとの話。

ちなみに以前ブログに書いた「タンメン 餃子の店 來々軒」さん、「東京タンメン トナリ 東陽町店」
友達の話によればここに「宝家」さんを加えたこの3店を木場~東陽町の3大タンギョー店と呼ぶらしい。

さぁー、そんな訳で3大タンギョーを食べ尽くしたいと思うのは自然の流れ?
前回、並びを見て諦めた宝家さんに再び訪問。

あ、ちなみに宝家さんのお店の場所は木場駅1番出口より徒歩約3分。

1番出口から地上に出たら「永代通り」を反対側に渡ってから左、東陽町方面へ。
程なく赤字で書かれた「餃子」の文字が目立つ看板が見えてきます。

ばばーん!!

餃子!!
どう見ても?店名よりも大きく書かれた「餃子」は食べねば~( ̄▽ ̄)エヘ

さて、ちなみにこの日は前回の反省?も込めて時間に余裕を持っての訪問。
店前に並びはなかったのですが、とりあえず入店前に店前の確認をじっくり。

まずは写真付きのランチメニュー。

そして、こちらが手書きのランチメニュー。

ふむふむ…A・B・Cのランチは麺類に+α。
スペシャルランチはラーメン、半チャーハン、餃子3ヶと更にお得!
ま、でも、私はやっぱりタンメンが気になるからAランチかな~(∀`*ゞ)エヘヘ

さぁ、そして、くるっと回って反対側には単品メニュー。

これ…手書きななのかな~?「宝」の文字が✨ってます~(・∀・)♡

それにしても?とっても見やすい文字はころんと丸く可愛らしい。
それに対して、このノスタルジックな雰囲気漂う外観のギャップがなんかいい…(〃▽〃)ポッ

さぁ、それでは気が済んだところでそろそろ入店!('◇')ゞ

引き戸を開けて中に入れば「いらっしゃいませー」のお声がけ。
「こちらどうぞー」と示されたのは厨房前のカウンター席。

ちなみにこちらのお店の客席は入口から細長く続くストレートのカウンター8席。
そして、その奥にはテーブル席がある様子。
後調べによればテーブル席は4人掛け1卓、2人がけ2卓。
混雑時はもしかしたら相席もあるかもしれません( `ー´)ノ

ま、でも、私が訪問した日は奥のテーブル席にはお客さんの姿はなし。
自粛の営業がじわじわと出始めた頃だったので空いていたのかもしれません。

さて、余談はさておき席に着けばすっとお水が到着。
「ありがとうございます」と一声かけて受け取ってAランチを注文。
そして、順番が違いますけど卓上に置いてあったメニューを確認。

片面は麺類とスープメニューがずらり。
そして「そば大盛り」って言うのは麺の大盛りってことでしょうね~(=゚ω゚)

さぁ、そして裏面は麺類以外のメニュー。

餃子、焼飯は普通と半量、…ん?マンボ?
かっこ書きで「ニラと豚肉の炒め物」って書いてあるから中身はすぐにわかります。
でも、なんで「マンボ」なんだろう?踊りたくなっちゃう味なのかしら~?
しかも踊りはマンボ限定~♪♪♪( ̄▽ ̄)ワラ

さて、こうして待つことしばし私の注文が完成。

Aランチ900円
(餃子3ヶ+タンメン)
おぉ~、タンメンのどんぶりおっきい~!
そして、餃子もでっかいな~(*‘∀‘)♡

そして、もひとつ嬉しかったのはタンメンと餃子がほぼ同時に到着したこと。
バラバラでもまぁOKなんですけど、一緒に出てきて皿が並ぶと嬉しいですよね(∀`*ゞ)エヘヘ
ちなみに餃子は店主さんが担当、麺類は奥さん?って感じの女性がほぼ調理を担当していました。

さて、それではさっそくいただきます。

さぁー、まずはアツアツ焼き立ての餃子から~\(^o^)/

ちなみにランチの3ヶ餃子にはタレ専用の小皿は付いてきません。
到着時「直接お皿にタレをかけてください」とのご案内があります。

そんな訳で、私はとりあえず卓上のラー油を餃子の上にたらーり。


で!そのまま、がぶり!!

アツアツうんまっ!!(゚∀゚)♡
鍋底になっていた餃子の皮はカリっと香ばしい!
それに対して、それ以外部分はむっちり~うんま~( *´艸`)♡
そして、肝心の肉餡は野菜の甘味が肉に染みてて優しいけれど下味しっかり。
そうかな~と思っていたけど、ラー油だけでも美味しく食べられます~(∀`*ゞ)エヘヘ♡

さて、餃子を1つ食べてちょっと心に余裕ができた所で改めてタンメン。

タンメン700円※単品価格
薄水色のどんぶり、スープの上に飛び出た野菜はちょっと色白。
雰囲気的にもクラシカルな顔立ち。

とりあえず、まずはスープをごくり。

ふわー、甘塩~(*´Д`)♡
あっさりとした塩のスープは野菜の旨味と甘みがたっぷり。
そして、スープの塩加減は薄過ぎず濃過ぎずのええ塩梅で懐かしうんまい!
いやぁ~、アツアツでじわーっとカラダの芯に染み渡る~(*´Д`)♡

さて、そんなタンメンの麺は懐かしい感じの細い中華麺。

つるつるとした麺肌、少し柔らかめの茹で加減。
野菜たっぷり、アツアツで急いで食べれないのでちょっと後半はゆるゆるです。

ま、でも、これはこれでイヤじゃない!(≧▽≦)
郷に入っては郷に従え?この店ならばこれがいい気がしてきてしまう。
そう、なんだか懐かし美味しい、それにお腹にも優しそうです~(≧▽≦)エヘヘ

さて、そんなタンメンはタンメンですからもちろん野菜たっぷり。

確認できたのは白菜、玉ねぎ、人参、もやし。
甘味を出しやすい白菜と玉ねぎが特にたっぷり~(*´▽`*)

そして、切らずに使ってあるとちょっと嬉しいキクラゲ。


それからタンメンの具はもちろん野菜が主役ですが、ちょびっと豚コマ肉。

ちなみに?ちょっと前にも書きましたがこのタンメンめちゃくちゃアツアツ。
なので気を付けて食べないと舌をヤケドするので気をつけてくださいね!(≧▽≦)

さぁ、そんな訳でふーふー、はふはふしながら食べ進めることしばし。
合いの手に食べた餃子は結局、ラー油オンリーで完食。

そして、残すところはタンメンが残り僅か。
あ…そうだ、ラー油を少~しタンメンにも使ってみようっと~(*´▽`*)

ちなみにこのラー油も多分こちらのお店のオリジナル。
辛さが結構強めなので、使うときは少しずつにするのが◎!
でも、優しいスープなのでラー油をちょっと入れるといいアクセントになりますね(∀`*ゞ)エヘヘ

さてさて、最後はスープの中に沈む野菜の捜索。

レンゲと箸を使って攫って口へ運び、ついでにスープをごくり。
まだ食べてますよーアピールをしつつ野菜を攫って、スープをごくり。

…というのも?こちらのお店の昼営業終了時刻は13:30。
そのはずなんですが…ラストオーダーはその15分前?それともスープ切れ?
13時10分過ぎには暖簾は仕舞われ、来たお客さんには昼営業終了のご案内。

その為、店内にいた先客さんが段々と帰っていき、最後に残ったのは私1人。
アツアツな上に実は猫舌なもんで~!…すっかり取り残されてキンチョーしちゃいますー💦

さぁ、そんなドキドキ感の中、もうちょっとスープ飲みたい~と思いつつ終了。

ぷはー、ごちそうさまでした~(*´Д`)♡
いやぁ、看板に掲げるだけあって餃子がすっごく美味しかった。
それに野菜たっぷりのタンメンのおかげで、ヘルシーにお腹いっぱいでーす(∀`*ゞ)エヘヘ

ちなみにどことなく懐かしくてほっとするこちらのタンメン。
後調べなのですが、こちらの野菜は炒めずスープで煮る昔ながらの調理法だそう。
なるほど、だから量はあるけどあっさりめ、でもスープにたっぷり野菜の旨味が溶けているんですね~(*´ω`*)

さて、それではお店の皆さんも休憩したいと思いますのでサクッとお声がけしてお支払い。
そして去り際「ごちそうさまでした」とご挨拶すれば「またどうぞー」とにっこりと笑顔で送り出してくれる皆さん。
そう、ここで私の最後のキンチョー感、勝手な思い込みだったな~と気が付きました( ̄▽ ̄)テヘ


2020年34杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキング

餃子 宝家さんの食べログ店舗情報はこちら
東京都江東区東陽3-20-5 1F


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)
スポンサーサイト



テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

博多鶏炊き濃厚らーめん ひのとり(東陽町)/鶏白湯 黄金らーめん+半替玉(極細麺)

さて、そろそろお腹も空いたしお昼ごはん…今日はどこに行こうかなー?(´-`).。oO
そこでしばし考えて、ピピン!と思い出したのは最近同僚が言っていたお店。



それがこちら~\(^o^)/

博多鶏炊き濃厚らーめん ひのとり東京東陽町本店
(東陽町・東京都江東区)
2020,3,6訪問

こちらのお店、調べによれば2012年9月3日オープン。
そして、ホームページの案内には宗教上の理由で豚や牛が食べれない人も食べられるラーメン。
鶏を長時間、丁寧に煮出した濃厚鶏白湯スープがお店のコンセプトとのこと。

余談ですけど、私は「ひのとり」って店名から辛いラーメン屋さんと一瞬思っちゃいました(∀`*ゞ)エヘヘ

さて、そんなこちらのお店の最寄駅は東京メトロ東西線・東陽町駅。

一番出口から地上に出たら斜め右前方、「東陽町駅前」交差点を斜めに渡れたらすぐそこ。

ま、実際は斜めには突っ切れないので横断歩道を渡って、渡ってお店の前。
ちょい手間?はあるものの駅近なことにはかわりまりません~(∀`*ゞ)エヘヘ

さて、入店前に店前の確認とまずは入口左横の大きな幕が目を惹きます。

そして、店舗正面ではなく側面には冬季限定。

…ブログが遅くって今更すいません~(;´▽`A``
あ、でも、思えばこちらは「鶏」のメニューだけに特化しているって訳でもないんですね。

そんな訳で?店舗正面左側には豚骨スープ系のメニューが並ぶ。

ちなみにその下は「黄金フォー」なるメニューの張り紙。
ベトナムの国旗を思わせる赤と黄色い☆マーク、麺はフォーを使用していると思われます。

色々とバラエティー豊かなラインナップの中、実は私が1番気になったのはコレ!!( ̄▽ ̄)エヘ

「ガッツ盛りまぜそば」!
ポップなコミック調のご案内、ちなみにこのメニュー麺300g・野菜300gだそう。
これはおなかペコペコがっつり食べたい時に挑戦してみたいな~( ̄▽ ̄)フフフ

ま、でも、今日は初訪問だしもちろん同僚に聞いた1番人気の1杯にします!('◇')ゞ

さぁ、それではそろそろ入店です。
「いらっしゃいませー」とのお声がけは若い感じの女性が1人。
おやおや、女性が1人で切り盛りしているお店なのか~(*‘∀‘)

とりあえずぺこりと会釈で挨拶を返してから入口すぐにある券売機の前へ。

おぉ~、ボタンいっぱいあるなぁ~(*‘ω‘ *)
とりあえず、後ろの人が来ない事を祈りつつ券売機のボタンをぐるりと確認。

どうやら券売機の上から4段目までが麺メニューで結構な数。
全部を把握するのは一度では難しいですが、そんな時は券売機横のコレを参考に…

①「鶏白湯黄金らーめん」②「濃厚鶏白湯らーめん」③鶏白湯辛味噌らーめん④濃厚つけ麺

これを見てから券売機を見直してみれば対応する番号の場所に対応のボタンが配置されています。

ちなみに今写真を見返してみたら「やみつきしびれ濃厚鶏白湯らーめん」なる1杯を発見!
看板メニューの鶏白湯スープは色々アレンジあって美味し楽しそうですね~( ̄▽ ̄)エヘヘ

さて、その他にはサイドメニューのひのとり丼物の案内。

ちなみにこちらのラーメンはごはんが合う?
…ってことで、ごはん(雑炊用)のボタンがあったのは今見つけた…_| ̄|○

あ、それから訪問した日は「全部のせ祭り」開催中。
鶏白湯黄金らーめん・濃厚鶏白湯らーめんの全部のせが¥1050‐。

通常はラーメンの金額に+¥330なのでちょっとお得なお祭り中でした。
ちなみにのちなみに、こちらの全部のせすごく色々乗ってくるそうで、お鍋みたいなんですって(*^-^*)

ま、ただこの後眠くなっちゃうと困るので?ここは大人しくデフォルトに。
それでは購入した食券を持って空いている席へ移動~( `ー´)ノ

こちらの客席は窓の方に向かって座るタイプと厨房を囲むコの字型のカウンター席。
全部で18席ありますが、結構高さがあるのでよっこいしょーな感じで着席。

最初にお声がけしてくれた女性店員さんが食券を受け取り、内容を復唱&確認して調理スタート。
ちょっと素っ気ない感じだけど、まぁ、ある意味構われ過ぎないのはそれでよい。

さて、それではラーメンが来るまでに周りの確認。
卓上調味料は擦っていないゴマ、ブラックペッパー、一味唐辛子。

そして、カウンター台の上には紅生姜が入った入れ物がどどーん。
これはメニューに「長浜屋台らーめん」があるからかしらね?(´ー`)

その他、卓上に置いてあるのは追加トッピングやおつまみにと書かれた¥110メニュー。

見てみるとなかなか魅力的なラインナップ。
量は不明だけど、ちょっとしたおつまみを色々楽しめるしこれはいいかも~( ̄▽ ̄)

さぁ、そして裏面は替玉についてのご案内。

ほぅほぅ、替玉の麺は極細麺…そして固さが選べるとの事。
…しかし、これは長浜屋台ラーメン用の替え玉なのかな~?…(*´з`)

ちょっと聞いてみたい気はするが、なんだか話しかけずらい雰囲気の店員さん。
ま、タイミングがあったらにしようっと思っていれば私のラーメンが到着。

鶏白湯黄金らーめん790円
おぉ~、すっごい本当に黄金色だ~(=゚ω゚)

さぁ、それではさっそくいただきます。

まずはスープからごくり。

おぉー、アッツアツでぽたぽた~(≧▽≦)♡
とろりと滑らかな質感のスープは名前の通り脂がキラッキラの黄金色。
脂感がしっかりだからすごくスープの温度がアツアツですが、しつこい感じではなく意外とあっさり。

さて、お次は麺をいただきます。
アツアツスープの中から引っ張り出した麺は細麺ストレート。

ふーふー、と少し冷ましてから啜り上げれば食べ始めはちょっと硬めのサックリ食感。
次第にシコシコとした食感に変化して、2種類の麺を楽しむことができますね。

ま、でも、それよりもおっ!と思ったのはこのラーメン丼が円錐形でなかなか冷めないところ。
アツアツスープ、啜りやすい麺のおかげで何度もムネがキューン!ってなりました(笑)

なので?安全策として、私は麺を少し上に引っ張り上げて丘の上へ。
少し冷めた部分から啜り上げつつ食べ進めました(〃▽〃)テヘヘ

さて、この黄金らーめんのトッピングはどーんと乗った鶏チャーシュが1つ。

これは柔らかくて、むっちりとしていて美味しい(*´ω`*)

そして、その他にはシャクシャクとしたメンマ。

ぽたぽた甘い鶏のスープの合いの手になる輪切りの青ネギ。
ネキは食べ進めるうちにシャキシャキ+ネギ特有の甘味が立っていい感じでした。

ま、でも、ラーメンの造りとしてはかなりシンプル。

では、味変にゴマでも振ってみますか~…

そんな訳でパラリとゴマを振ってからスープをごくり。

うん…あんまり変化ないかな( ̄▽ ̄)エヘヘ
プチっとした食感はまぁヨシ!ですが、すりごまじゃないのでゴマの風味はそこまで感じられず。
もしかしたら、このゴマの正しい使い方はコレじゃなかったのかもです(笑)

さて、そろそろアレを頼むか悩みどころ…と思っていると、外から別の店員さんがやって来ました。
最初にいた女性店員さんに話しかける雰囲気から、もしかしてこの方が店主さん?
もしかして?ちょっと空いているしと場を任せていただけ?

ま、でも、先ほどまでの素っ気ない感じが消えた女性店員さんと和気あいあいな感じで話しています。
そして、後から来た人は話しかけやすい雰囲気だったのでお伺い。
「替玉って長浜屋台らーめんじゃなくても頼めますか?」と聞けば「大丈夫ですよー」とにっこり。

ではでは、半替玉「かた」でおねがいしまーす( ̄▽ ̄)エヘヘ

さぁ、そんな訳であっという間に替玉到着。

半替玉(かた)100円
見るからにさっきとは色も細さも違う麺。

とりあえず、麺だけ食べてみよう…ぐぐぐっと…

そう思って麺だけを持ち上げてみたけど、あっという間にくっつき合う麺。
うむむ、この麺はそういうタイプじゃないんだな~と判断してそのまま食べるのは断念。

皿を持ち直して麺をスープの中へどーん!
箸で少しスープの中を泳がせて馴染ませてから、めーん!(=゚ω゚)ノ

替玉は極細で低加水のコリコリ、ポキポキとしたタイプ。
やっぱり長浜屋台ラーメンがある~からねの九州豚骨ラーメン系。

つまり、これってことは紅生姜も合うね~(∀`*ゞ)エヘヘ

そんな訳で半替玉なんでペロッと食べて、〆に紅生姜ですっきりお口直し。
ちなみにこちらのお店のお水はこれまたすっきりレモン水。

スープは思ったより濃いぃ感じではないけど、ぽたぽた質感。
ペタペタとした感触の後のすっきりレモン水がホントいい感じです。

そんな訳で、もうやめておこう~と思ってレモン水を飲むとあとひとくちとスープを飲む。
そんな名残スープとレモン水のエンドレスタイムを経て終了。


ぷはー、ごちそうさまでした~(*´▽`*)♡
最初にも書きましたが、このラーメンのどんぶりは円錐形でスープが最後まで冷めにくい。
ブログの更新が遅くてこのコメントの魅力?も半減かもしれませんが、体の芯からあったまりました~(∀`*ゞ)エヘヘ

ま、これからの季節はクーラーで隠れ冷え性なんていうのもありますし。
そんな時にあっさりだけどしっかり鶏の旨味たっぷりアツアツなこの1杯ってどうですかね?

まぁ、そんなことを書いておきながお腹いっぱいが大好きな私。
次の狙いは「ガツ盛りまぜそ」かな~と思っているとかいないとか?( ̄▽ ̄)エヘヘ


2020年30杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキング

博多鶏炊き濃厚らーめん ひのとりさんの公式ホームページはこちら

博多鶏炊き濃厚らーめん ひのとりさんの食べログ店舗情報はこちら
東京都江東区東陽2-5-18 ジャパンハイツ東陽 1F


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

ハッスルラーメン ホンマ 亀戸本店(亀戸)/ハッスルラーメン+煮卵+のり明太ランチ

さて、この日の私は諸事情により東京の東側。
せっかくなので行ったことのないお店に行ってみたいな~と某ラーメン本をぺらぺら、チラチラ。

すると…お!ここのラーメン屋さんが場所的に行きやすいんじゃない?
しかも、ラーメン試食券が付いているじゃあないですか~♡(・∀・)エヘヘ



さぁ、そんな訳で行ってきたのがこちらのお店~\( ̄▽ ̄)/エヘヘ

ハッスルラーメン ホンマ 亀戸本店
(亀戸・東京都江東区)
2020,3,4訪問

こちらのお店、私が読んだラーメン本によるとスープは12種類の素材をじっくり煮込んだもの。
掲載されていたラーメンがすごく美味しそうで、試食券もあるし機械があったら行ってみたいな~と思っていました(∀`*ゞ)エヘヘ

ちなみにブログを書くにあたって調べてみた所、この亀戸本店は創業1994年。
その2年後、株式会社化?したようで、都内に数店の姉妹店あり。
ラーメン店としても、飲食業を経営する会社としても結構大きいんですね(*^-^*)

さて、そんなハッスルラーメン ホンマ亀戸本店はJR亀戸駅より徒歩約6分。

駅北口側に出たら「明治通り」をしばしまっすぐ。
亀戸四丁目交差点まで来たら道を渡って右折、「蔵前橋通り」を更に直進。

…と、あ!こんなところに!!Σ(・ω・ノ)ノ!

ちなみに?この日の私はタイミング的にこの系統のラーメンを食べるのはムリ!
だから、最初から候補になっていなくて知らなかったんですけ…
そうか~、ここにあるのか~…いつか食べてみたいな~…(´-`).。oO

さぁ、そんな訳で?シャッター前にすでにならんでいる人達をチラ見しつつもう少し先へ。
こうして到着した店前はなんとも派手!

しかも、なんだかメニューが色々ありますね~(・∀・)オォ~

ちなみに?予定に合わせて開店時間を狙ってきたのでまだオープンのちょっと前。
それまでのいい暇つぶしと店前を手当たり次第にチェック!('◇')ゞ

ふむふむ…復刻スペシャルは復刻ラーメン(1番人気)にトッピング8種盛り。

こっちはおススメのラーメンメニュー6品。
左は上からハッスル黒のりラーメン、ハッスル肉肉肉ラーメン、ハッスルニララーメン。

右はハッスル野菜ラーメン、中華そば、ハッスルパクチーラーメン。
…すべてのメニューに「ハッスル」が付くのかと思いきや、1つ毛色の違う「中華そば」(笑)

そして、こちらは…お腹いっぱいになれそうなセットメニュ~(∀`*ゞ)エヘヘ

餃子ライスセット¥330、煮豚飯¥310、高菜飯¥260、海苔明太子飯¥330。
どれも300円前後でラーメンメニューにプラスできるんですね。

さぁさぁ、他には~…とうろうろしていたら入口扉の開く気配。
「よかったらどうぞー」とお店の方からお声がけがあり、開店時間より少し早めに店内へ。
ありがとうございます~(〃▽〃)ポッ

さて、店内はとっても広い空間でどこに座ろうか迷うほど。

後調べですが、客席の内訳は店内厨房前にカウンター8席。
4人掛けのテーブル席2卓、2人掛けのテーブル席1卓。
店内一番奥には靴を脱いで座る小上がりタイプの4人用テーブル席が2卓。

カウンター席上に掲げてある色々なメニューにこの座席の感じ。

営業時間が11:00~翌4時の通し営業ということからしても飲みも歓迎ってことなんでしょうね~( ̄▽ ̄)エヘ
ちなみに、こちらのランチタイムはびっくりすることにすでにランチ?の18:00。
ま、利用する方としたら、その時間までランチタイムって言うのはありがたいですね( ̄▽ ̄)フフフ

さて、今日の私は無料試食券を使うのでメニューはすでに決まっています。
ですが!さすがにそれだけ使うのはなんだか悪いので、メニューをチェック。

そうそう、こちらのお店はオーダー後払い。
しかも、最近私も使い始めたPayPay払いができました~\(^o^)/

さぁ、余談はさておきテーブルに置いてあるメニュー…かなり分厚い。
まずはリングで止められているランチセットメニューをチラリ。

おぉ!!これ外にあったセットメニューより更にお安い!!Σ(・ω・ノ)ノ!
ちなみにお店にいる間、よく出いていたサービスランチにおいては+¥100。
それで餃子3個とライスが付いてくるんだから、そりゃあお腹いっぱい食べたい人は付けちゃいますよね~

その他、リングで止めたメニューは外で見たセットメニュー。

そして、飲ませるつもりマンマンですよね~のお飲み物~( ̄▽ ̄)エヘヘ

そして、とっても分厚いメインメニューの表紙がこちら。

むむむ、選べるメニュー2850種類って…(;´∀`)オオスギル…

ま、でも、ページをめくってみてひと安心?
季節限定のメニューも入っていますが、基本のラーメンは10種類。

それに好きなトッピング類、麺の茹で加減、背脂の量などを選ぶ方式。
ちなみに基本の味は醤油?ですが+¥50で辛味などのアレンジもできるようです(*^-^*)

さて、その他のページには外で見た写真付きのメニュー案内。

文字だけのメニューでピンと来ないときはこちらで選ぶのもありですね(*^-^*)

そして、心惹かれるキーワード「脂は旨み」

背脂チャッチャな見ためですもの、美味しい背脂じゃなくちゃですよね~(〃▽〃)ポッ

さぁ、後は…とめくったところにお鍋メニュー。

冬季限定メニューなので今はもうないかもしれませんが美味しそう。
〆に麺やおじやが選べるなんて、すっかり飲んでしまうラインナップだよね( ̄▽ ̄)フフフ

ちなみに美味しいおつまみ豚バラもやしは大人気!…ですって!(≧▽≦)

私的にはこの「大人気」の文字の配置具合がなんだかたまらないです!

さて、長々とメニューを解説しましたがそろそろ注文。
まずは無料試食券を出して利用できるか確認、そしてランチセットの中からのり明太ランチをチョイス。
それから、ラーメンは無料だからと煮卵も追加~\(^o^)/
ちなみに麺の茹で加減や脂の量は全部ふつうでお願いしました。

サービスランチでもいいんですが、さすがにお支払い100円だけは気が引ける?
ま、そうは言っても¥290+¥80=¥370…ワンコイン以下ですけどね~(∀`*ゞ)エヘヘ

さて、それでは注文が済んだらセルフサービスのお茶の準備。
すいません、記憶がちょっとあいまいなのですが確かに冷たい麦茶?だったはず…( ̄▽ ̄)

それから、卓上調味料は餃子があるならの醤油・酢・ラー油。
それに加えてコショウ2種類、おろしにんにく、豆板醬、ゴマはすり機とそのままの物。

いやぁ~、この雑多な感じ?がラーメンも食べられる、飲めるお店って感じがします。
ちなみに?入口付近にはお子様サービスのおもちゃなんかも置いてありました(*^-^*)
時間帯的に訪問時は近所で働く男性多めでしたが、時間帯によってはアットホームな感じなんでしょうね~。

さぁ、きょろきょろと回りを見まわしているうちに私のラーメンが到着。

ハッスルラーメン660円
+煮卵80円

おぉ~、結構大きなどんぶりに細かな背脂がチャチャチャっと雪のよう。
これでこのお値段はお得だな~…って、この分の無料券使うんですけどね~(∀`*ゞ)エヘヘ

さて、そしてラーメンとほぼ同時にランチセットも到着。

のり明太ランチ290円
まるっと盛り付けられた明太子が四角い海苔の上に乘っててなんかかわいい(笑)

さぁー、揃ったお皿を全部並べるとこんな感じ。

いやぁ、2人用のテーブルの上が結構半分以上埋まってますー(∀`*ゞ)エヘヘ
最初、誰もいないからと思ってテーブル席に座ったけどそれで正解だったかもです。

さて、それでは冷めないうちにいただきます。

まずはラーメンのスープからごくり。

はぁ~、豚が甘優しい~(*´▽`*)♡
解説にあった12種類の材料は区別することはできないけれど、どこかほっとする動物系のスープ。
甘味と塩味がほどよく懐かしい、そして滑らかな背脂が美味しい。
うんうん、なるほど脂は旨みですね~(∀`*ゞ)エヘヘ

さぁ、お次はめーん!\(^o^)/

麺は細めのストレート、食べ始めたばかりのころはサックリとした歯切れ。
食べ進めていくうちに次第にシコシコ、いい感じの啜り心地でうんまい~(๑´ڡ`๑)

さて、軽くラーメンの味を確認したらまだまだ焼き立ての餃子の番。
とりあえず最初のタレは酢コショウでぱくり。

あ、普通以上に?美味しい~(∀`*ゞ)エヘ
実は私ランチセットのメインはごはんで餃子3個はおまけ?みたいな物かな~と思っていました。
それがどっこい!?しっかり下味が付いていて、何もつけなくても食べられちゃうくらい!

ま、せっかく作ったのでこの後も酢コショウで美味しくいただきました。
そして、私的にはこの餃子、酢醤油ラー油よりあっさり酢コショウが合うと思います!(∀`*ゞ)エヘヘ

さてさて、それではラーメンに戻ってチャーシューをぱくり。

おぉ~、柔らかうんま~い(*´ω`*)♡
口に入れるとホロリとほぐるロールチャーシュー。
スープの味を邪魔しないし、程よくスープを含んでいい感じ~(*´▽`*)♡

そんな訳で?もう1枚のチャーシューはお肉をぎゅっと巻いて肉巻きご飯に。

お肉の甘味とスープの塩味、そこにコメってたまらないです!!
うむ、お肉いっぱい食べたかったら煮豚ランチにするのもいいね~(∀`*ゞ)エヘヘ

ま、でも、この日の私の気分は明太子。
そして、この明太子はいわゆる業務用の「バラコ」と言われるタイプ?かな?

でも、そのピリ辛加減も量も私にはこれくらいがちょうどいい(*^-^*)

それと?元をたどればむかーし食べた九州系の豚骨ラーメンのトッピングなんですが。
豚骨ベースのラーメンに明太子ごはんってなんか好きなんですよね~( ̄▽ ̄)エヘ

さて、ラーメンにはチャーシュー以外にプチシャキもやし。

写真は摂り忘れちゃったけど味付けメンマにシャクシャク薬味の白ネギ。

追加トッピングした煮卵は程よい半熟。

お出汁のしみ具合もほどよい感じ(*^-^*)

さぁ、ガッツガッツと食べ進め気が付けば残り僅か。
味変しなくても食べれるけど、なんとなーくすりごまを投入。

うんうん、香ばいゴマの風味がまたいいねぇ~(∀`*ゞ)エヘヘ

そんな訳で?最後の〆は少し残しておいたごはんと明太子すりごま。
そこにスープを少~し足して、明太豚骨スープ茶漬け?

見た目的にはアレですし、お行儀悪い?けれど美味しいんだよね~( ̄▽ ̄)エヘヘ
ピリっと辛い明太子と甘塩で優しいスープの組み合わせがバツグンです。

さぁー!それではお腹いっぱい。
次の予定の時間も迫ってきているのでこの辺で終了です。

ぷはー、ごちそうさまでしたー(*´▽`*)♡
無料券があるからという理由で来てみたけれど、どこか懐かしくてほっこりウマイ1杯でした。

ちなみに?私がお店に行ったときのスタッフさんは3名。
年代も性別も国籍も三者三様でしたが、みなさんとても気持ちのいい接客。
昼時が近づくにつれて混雑してくる店内に納得しきりです(*^-^*)

さぁー、そんな訳で?食後のお会計。
「PayPay払いでお願いしますー」と言えば、「ハイ¥290デスー」と言われてちょっとびっくり。
そこで「煮卵も頼みました~」と申告すると訪問した日は女性は味玉がサービスの日。
マジっすか!!(@ ̄□ ̄@;)!!
いやぁ~、リーズナブルだし、お店は広いし、通し営業翌4時までだし、ランチタイムは18:00までだし。
こんなお店がご近所さんにあったら、ラーメンが食べたい~ってなった時の心の支えになりそうですね(*^-^*)フフフ


2020年28杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキング

ハッスルラーメン ホンマさんの公式ホームページはこちら

ハッスルラーメン ホンマ 亀戸店さんの食べログ店舗情報はこちら
東京都江東区亀戸4-35-16 シャローム亀戸 1F


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

タンメン 餃子の店 來々軒(木場)/たんめん+餃子3個

さて、この日の私は野菜がいっぱい食べたいな~って気分。
そして、野菜のいっぱい食べられるラーメンと言えばやっぱりタンメンですよね~(∀`*ゞ)エヘヘ



さぁ、そんな訳で?気になっていたタンメン人気店へ行くことに。
そのお店がこちら~\(^o^)/

タンメン 餃子の店 來々軒
(東陽町・東京都江東区)
2020,2,28訪問

こちらのお店は昭和34年創業。
看板に「たんめん」「餃子」と名前が入っちゃうくらいこの2つが看板メニュー。

ちなみに?この界隈はなぜかタンメンと餃子を出すお店が多いそうで~(∀`*ゞ)エヘヘ。

友達から聞いた話によれば、先日行った「東京タンメン トナリ」さん。
来々軒のご近所にある「餃子 宝家」さん、そしてこの「タンメン 餃子の店 来々軒」さん。
この3店舗を東陽町~木場あたりの3大タンメン店と呼んでいるとかいないとか…

さて、そんなこちらのお店は先述した通り東京メトロ東西線・木場駅と東陽町駅の間。
私は木場駅駅からお店へ向かいまーす!(=゚ω゚)ノ

まずは1番出口から外へでたら目の前を走る「永代通り」を渡って反対側。
その後は永代通り沿いを駅から見て左方向、東陽町方面へ。

すると少しして見えてくるのが、3大タンメン?のお店の1つ「餃子 宝家」さん。

おぉ~、並んでる~…( ゚Д゚)
実を言うと?当初の目的地はこちらの宝家さんでした。
でも、この並びだと時間的にアウトかも~ってことで、少し先にある来々軒さんへ。

遠目で見て、タイミング的に並びがなかったこっちにしました~\(^o^)/

ま、でも、この判断は実は正解?
なんと来々軒さんに入ってほどなく、こちらのお店も外並びができたのでした~(∀`*ゞ)エヘヘ

さぁ、それでは店内にはいると「いらっしゃいませー」と活気あるお声がけ。
店舗入口付近には4人がけのテーブル席、壁に向かって座るカウンター3席。
そして、1段当たったところに奥へ長く続くカウンター席がありその向こうが厨房スペース。

「食券をどうぞー」、と言うお声がけにまずは店内中ほどにある券売機の前へ。

ちなみに券売機の右横には両替機。

さて、色分けされた券売機のボタン、1番上の段は黄色でタンメン系のラインナップ。
2段目は緑のボタンは「ラーメン」を軸にトッピング類を追加したもの。

そして、3段目ピンクのボタンは全部餃子~♡(≧▽≦)ワラ
一番左の「餃子3個」を筆頭に、1~5人前までボタンがあるってどれだけ餃子人気なんだろう~!

ちなみに今しっかり券売機のボタンを見直したら、下の方にはお持ち帰りの冷凍・生の餃子。
そして、「弁当」とあるのは餃子弁当ですかね~(*‘∀‘)キニナリマス~♡

ま、それはさておき、初訪問なのでここは基本のタンギョー。
但し、1人前の餃子は5個で結構なボリュームになりそうなのでここは無難に餃子3個にしておこう。
頭の中で5個頼む方が少しだけ割安…と思うけど、無理は禁物です( ̄▽ ̄)エヘヘ

さて、食券を買ったらそばに控えていた女性店員さんへ食券をお渡し。
するとオーダー確認→…からの~、活気ある雰囲気を盛り上げるオーダーが厨房へ。

そして、私を空いている席へご案内。
私が座ったのは運のいい事に厨房が真横から見られるカウンター席の1番端!(*^-^*)
ちょっとカウンター台が高くて調理の手元はよく見えないけど雰囲気がすごい伝わりますー!

さて、完成ラーメンが来る前に回りの確認。

まずは目に付くお持ち帰り餃子とラー油の案内。
ほぉ~、ラー油は自家製なんですね~(・∀・)

そして、ふむふむ…「タンメン野菜のサービスしています」…

なんですって!!Σ(・ω・ノ)ノ!
案内をよく読んでみるとこちらではタンメンの野菜を「初めに」サービスしているとのこと。
キョロキョロ回りを見てみれば、皿に盛られた野菜を食べている人が見える。

ありゃー、最初に言わないといけなかったのかな~?(;´∀`)
しまった~、…と思っていると…
「はい、サービスの野菜。自家製ラー油をかけて食べてねー」

チャキチャキっとしたいいお年頃の女性店員さんニコニコ笑顔で私の目の前にお皿を。
あ、はーい、ありがとうございます~♡(〃▽〃)ポッ

さて、そんな訳で?タンメン待ちをしている間の場つなぎにサービス野菜をいただきます。
ちなみにおススメの自家製ラー油は私の席からはちょっと手を伸ばさないと届かない所。
するとお隣さんが気を使ってラー油を取ってくださいました(*- -)(*_ _)アリガトウゴザイマス

何度も手を伸ばすのも悪いので、餃子のタレ用の小皿にちょっと多めに出しておきます!( `ー´)ノ

あ、それからちなみに?卓上調味料は自家製ラー油以外にコショウ・酢・醤油。

座ってほどなく野菜が来たりしてワタワタして写真は撮り忘れました(∀`*ゞ)エヘヘ

さぁ、そんな訳で?まずはそのまま野菜をぱくり。

はぁー、ほっとする味です~(*´▽`*)♡
アツアツの野菜はキャベツともやしメインですがお肉もちょこっと入ってる♡
そして、この少しかかっているスープの塩気が野菜の甘味を引き立ててうんま~い!
これがサービスでいただけるなんてありがた過ぎる!(≧▽≦)♡

さぁ、では続いておススメの自家製ラー油をちょっと付けて…ぱく!

ごぉっ、カライ!!(◎_◎;)
意外や意外、自家製ラー油はキリっと辛みがあってパンチがある。
ただ香ばしい唐辛子がいい香りだけど…付け過ぎ注意です~(≧◇≦)💦

ちなみに?ラー油を渡してくれたお隣サマも知らなかったようで、タンメンにラー油を大量投入?
同行の方に「これ辛い!」って言っているのが聞こえてきました。
いやぁ~、自家製ラー油はまず少しずつがいいですね…( ̄▽ ̄;)ベンキョウニナッタヨ…

さぁ、そうこうしているうちに私の元にタンメンが到着!\(^o^)/

タンメン760円

そして、こちらも~。

餃子3個 330円
おぉ~、餃子でっかい~!!(*‘∀‘)♡
餃子5個と3個と迷って3個にしたけどこの大きさなら普通の餃子の5個分ありそう!
野菜もサービスしてくれるし、この組み合わせで大正解です(*^-^*)

ちなみにタンメンと餃子3つを並べるとこんな感じ。

餃子との対比でわかるかと思いますが、タンメンも結構なボリュームです(*^-^*)♡

さて、それでは勢揃いしたところで改めていただきます。

まずは焼き立てアツアツのうちに餃子を食べたい。
急ぎ餃子のタレを先ほどの小皿に作る~(=゚ω゚)ノ

…と言っても、まずは先に入っていたラー油に酢を少し足して酢ラー油。

そして、箸で餃子を掴む!

やっぱ、でっか!(゚∀゚)

そして、ヤケドに気を付けつつがぶり。

うわ、うんまっ!!((๑✧ꈊ✧๑))
厚手の皮は外側カリっ!内側はもちっ!ジューシーな肉汁が甘うんま~い(≧▽≦)♡♡♡

ちなみに?何を思ったかタレを作ったクセにまずはそのまま食べました。
でも、この餃子タレを付けなくてもすごく程よい味が付いていてとっても美味しいのです~!(≧▽≦)♡

ちなみにのちなみに!この美味しさが気になって調べてみました。
この餃子、1度スープで茹でて旨味を吸わせた後にカリっと皮を焼き上げているそう。
かぁー!!お土産餃子買うのもいいかな~って思ったけど
お店の美味しさで食べたかったらやっぱりお店に行かないとだ~!!(≧◇≦)

さて、餃子の美味しさに思わず興奮し過ぎちゃいましたがメインはタンメン。
たっぷり乗っている野菜からまずはぱくり。

ハフハフ、あ、つ、い…(*´Д`)♡ハフハフ
ちなみにスープの写真はブレていて使い物にならない状態でトホホ…
でも、餃子に気を取られていても全く冷めないアツアツの鶏ガラスープはええ塩梅の塩加減。
そして、その程よい塩気が野菜の甘味を引き立てて、とってもほっとする味わいです(*´ω`*)

さぁ、続いて麺を野菜の中から引っ張りだしてみます。
お、想像以上に太いですね~(゚∀゚)

すごくアツアツなのでふーふー、と少し冷ましてからがぶり。
もちもち、うんまいっ!!(≧▽≦)♡
この出で立ちなので中華麺的な感じかな~と思いきや、中太で縮れていてもっちり食べ応えしっかり!
そして嬉しいことにつるりとした麺肌は伸びにくいようで、アツアツで早く食べれなくてもひと安心。

さぁ、それではマイペースでたっぷり野菜のタンメンを食べ進めます。
麺をずるずる、野菜をシャキシャキ、時々出てくる豚肉はお宝扱い。

ま、でも、私的には食べるほどに甘さが引き立つキャベツがとっても好き(〃▽〃)♡

さてさて、最初のサービス野菜を食べきる前にタンメンと餃子が到着。
ちょっと放置してしまったサービス野菜が冷めてしまったのでザザ~っと丼へ。

合体!!\(^o^)/
ちょっとお行儀はよくない?かもしれませんがこうしたら温度がちょうどよくなりました(∀`*ゞ)エヘヘ

さぁ、そろそろ終盤なので味変タイム。
卓上調味料を使ってもいいのですが、ここは餃子のタレ「酢ラー油」を再利用。

残すのももったいないと思っての思い付きでしたがコレ、意外と美味しかった!(≧▽≦)エヘ
ラー油の辛みは酢の効果か香りはありつつ、程よい辛さ。
そして、酢の酸味であっさりと言えどもたまる油感がすっきりします。

さて、綺麗に野菜を食べ終えたところで名残スープをごくり~、ごくり~。

はぁ~、ちょーええ塩梅や~(*´Д`)♡

あぁ、でも、さすがにアレだけ野菜を食べるとお腹いっぱい。
次の予定もあることですし、今日はこの辺で終了です。

ぷはー、ごちそうさまでした~(*´▽`*)♡
タンメン 餃子の店と名乗るだけあってどっちも美味しかった~(≧▽≦)

そして、当初の目的地ではなかったけど、結果オーライ!
味だけじゃなく、お店の人のチャキチャキとした接客もすごく居心地よかったです。
ここは私のお気に入りに登録?改めてまた食べに来たいなと思いました(≧▽≦)エヘヘ


2020年26杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキング

タンメン 餃子の店 來々軒さんの営業状況などがわかるホームページはこちら

タンメン 餃子の店 來々軒さんの食べログ店舗情報はこちら
東京都江東区東陽3-21-4 ライオンズマンション 1F



コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

らーめん とうかんや(南砂町)/しお玉らーめん+小ライス

さて、この日の天気はギラギラ太陽が照り付ける夏らしい日。
でも、私は友達が教えてくれたラーメン屋さんに向かって汗をかきながらもちょっぴり遠出(笑)


という訳で行ってきたのがこちらのお店~\(^o^)/

らーめん とうかんや
(南砂町・東京都江東区)
2018,7,12訪問

こちらのお店は2001年3月オープン、今年17年目を迎えたお店。
そして、こちらのお店は三鷹の「らーめん たきたろう」さんの修業先とのこと。

実は先日あげた「らーめん たきたろう」のブログを見たラー友さんがこちらのお店の事を教えてくれました。
たきたろうさんのらーめん美味しかった!その修業先のラーメンも食べてみたい~。
ま、そんなきっかけがあっての訪問です(≧▽≦)エヘヘ

さて、お店の場所は東京メトロ東西線・南砂町駅より徒歩約12分。
2b出口を出たら、目の前の大きいめの道路を駅を背にしてひたすら直進。

葛西橋通りを超え、その先に見える清洲橋通りより少し手前。
大通りの道の右側でらーめんとうかんやさんは営業しています。

ま、でも私はなぜか勘違いして2a出口から外へ出ちゃいました(・∀・)アリー


お店に近い方の出口が2bとは知らずに地上に上がった私。
その左手側に広がっていたのは「南砂町三丁目公園」。

日差しが強かったので、気持ちがよさそうな木陰を選んでちょっとした散歩を楽しみます。
ミニ森林浴でリフレッシュしながらお店に到着したのは、お昼のピークタイムを外した午後1時半ごろ。

店外から店内の様子は分かりませんが、外観の落ち着いた雰囲気もあってなんだか自分の気分もゆったり。
なかなか自分の行動範囲からは遠いので、張り紙の1枚1枚をしっかりとチェックします(*^-^*)

入口近くにはこちらのお店の営業時間。

平日は11:00~15:00・18:00~20:00、土・祝日は11:00~15:00の昼営業のみ。
定休日は毎週日曜日と第2・4・5月曜日。

その隣、店舗正面にはお店で食べられるメニューとおぼしき張り紙2枚。


右側にこちらで食べられるラーメンメニュー。


左側、上には追加トッピング、下の段にはごはん類。

ま、実際にはもっと種類はありますが外にあるのは多分こちらの代表的なメニューなんでしょうね(*^-^*)

さぁ、そしてさらにその横、店外の自販機の横には目を惹くステッカー。

あ、「とうかんや」っ漢字で書くと「十日夜」って書くんだ~(*‘∀‘)

ちなみに店内にはお店の由来となった「十日夜」の解説もありました。
帰り際にお願いして写真に撮らせてもらったその解説がこちら。

秋の収穫を祝う日、10月10日を「十日夜(とうかんや)」と呼ぶこと。
食べ物への感謝、美味しい物を作りたいと言う気持ちが込められているお店と言うことが書かれていましたよ(*^-^*)♡

それでは、気が済んだところでそろそろ入店です!(=゚ω゚)ノ

扉を開けて中に入れば「いらっしゃいませー」と言うお声がけ。
店外は落ち着いていましたが、店内客席は満席でウェイティングスペースであろうイスにも待っている人。
とりあえず、お声がけにぺこりと軽く会釈を返してから券売機へ向かいます。

おぉ~、メニューすごいズラ~っとありますね~(;・∀・)ハァハァ

こちらの基本メニューは上から醤油、塩、味噌の順、つけめんの順。
しかもつけ麺はシンプルな「つけめん」の他に「白濁濃厚」「から味噌」「カレー」の全4種類。

こ、これは迷うわー(;・∀・)💦

…と、横を見ると「冷凍お土産らーめん」のご案内。

なんと、こちらのお店ではお店のラーメンを通常のラーメンの価格より-¥50で販売中。

日によって販売個数は変わるみたいですが、別途黒板に記載があるのでこちらを参考にどうぞ。


ちなみに?つけめんのお土産販売は昼営業の間だけみたいなのでご了承を~(=゚ω゚)ノ


さぁ、後ろに人がいないことをいいことにキョロキョロしてしまいましたが、無事に食券購入。
色々食べてみたかったけど、今日の気分で塩らーめん。

それから、前調べで評判がよかった味玉と小ごはんを付けました。
ちなみに後で発見したのですが、こちらには小ごはんよりさらに小さい「ミニごはん¥50」もあります。
ちょっと食べたい人用、券売機1番下の50円券を購入して頼めるようですよ(*^-^*)

さて、食券を購入している間にちょうど空いた席にほどなくご案内。
客席後ろにあるウォーターサーバーからお水を汲んでから着席です。

ちなみにこちらのお店の客席は、ちょっといびつな短辺が短いLカウンターテーブル10席。
途中、カウンターが出入り用に切り取られていて、一番奥側に位置する席はちょっとしたカップルシート。
ああいう席ってすごく落ち着くんですよねー(*´▽`*)

ま、私の座った席のは長いカウンター席の方で、隣にはご近所さんの常連さんって感じのご夫婦が座っていました。
そう言えば店内にいるお客さんはこちらのお店の馴染み客って感じの方が多い印象です。
お店の方もご店主さんと女性の方で、ご夫婦?って感じでとっても息の合った接客が印象的でした。

さてさて、カウンターに置いていある卓上調味料のチェックも忘れずに。

種類豊富で酢、醤油、ブラックペッパー。

3種類のツボの中身、まずはおろしニンニク。


こちらは入れすぎ注意の案内付きの辛子高菜、そして白ごま。


美味しそうなカウンターボードの案内にも目を奪われつつ待つこと少し。
私のらーめんが完成でーす\(^o^)/

しお玉らーめん800円
スープの表面にはうっすらと油の膜が張っていて見るからにアツアツ!(*^-^*)

そして、ごはんも登場。

小ごはん100円
うわっ!!(≧▽≦)盛り方、マンガ飯みたい~♡
確かに小ごはんだけあって、お茶碗はちょっと小ぶりなサイズ。
ですがその分?上にスゴイ出てますよ~(笑)

さぁ、それでは食べやすい位置にご飯を並べて…

いただきまーす\(^o^)/

では、まずはスープからごくり。

うわっ、めっちゃアッツい!
でも、うんまー!(≧▽≦)

スープは魚介と動物を合わせてあるのか、とってもバランスのいいウマ塩スープ。
受け取った時に感じた器の熱で分かっていたけど、とってもアツアツで体に染みるー。
そして、程よく聞いているフライドガーリックのいい香りと味のアクセントがたまらない!
じんわり優しいスープのようで、程よいパンチがありこれはとっても美味しいですー(*´▽`*)♡

さぁ、それでは続いて麺をいただきます。

麺はつるりと滑らかな麺肌の丸中太ストレート麺。
食べるともっちり、シコシコとしていてこの組み合わせもいいですね~(*´▽`*)

さて、それではのっけものもいただきます。
まずは一番目を引く大判のチャーシューをぱくり。

ほろりとほどける~( *´艸`)♡
スープをよく含んだチャーシューはとっても柔らかく、口に入れるとスープと肉の旨味が広がる。

あ、ごはんあるんだからこれもしなきゃ~(≧▽≦)
美味しいチャーシュ-と白いコメがあると最近どうしてもやってしまう…。

ぽん!('ω')ノ、オンザライス!

…からの、肉まきゴハーン! ٩(ˊᗜˋ*)و

うんうん、やっぱりこの食べ方はやめられないですね~(∀`*ゞ)エヘヘ

チャーシュ-以外は、細め、ちょっと長めの優しい味わいコリコリメンマ。

薬味のネギはシャキシャキとしていて、食べている合間に口にはいるといい清涼感。

さぁ、ほどよく食べ進めた所で卓上調味料も使っていきます。

白ゴマをスープに入れると、香ばしい胡麻の香りがいい感じ(*^-^*)

辛子高菜はスープに入れると辛くなり過ぎた時取り返しのつかないので、ごはんの上へ。

そのまま食べたら辛いので、この上で麺をバウンドさせて少々旨味をプラス。
そして、ちょいとスープと辛味の味が加わった白飯をかっ食らうと最高~(≧▽≦)ナハハ♡

さぁ、お楽しみの味玉をごはんの上へ。


そして、ぱかー!\(^o^)/

うほほほほほ~(≧▽≦)♡
とろーり流れる綺麗な黄身のオレンジ色に思わずニヤニヤしてしまいます。

そうそう、こちらのお店の卵はお持ち帰りもできる「こだわりの地玉子」。
もちろんメニューにこの卵をつかった卵かけごはんもありますが、私は生卵より火の入った卵派。
写真で見たこちらの味玉はかなりとろとろタイプだったので、この組み合わせで食べようって思っていたんですよねー(∀`*ゞ)エヘヘ

…で?味の感想は!
ヤバイ!うんまい!(*゚▽゚*)

ささ、更に卵液のついたご飯を海苔巻きに。


そして、〆はスープごはん。

程よく温度も下がったスープは塩分が少し高く感じますが、お茶漬け使用ならこのくらいがちょうどいい。
スープに浮かんだネギも上手にスープご飯の薬味にしてサラリと完食。

ごはんも食べたので、さすがにスープは全部飲まずにこの辺で終了です。

ぷはー(*゚▽゚*)ごちそうさまでしたー
何と言うか、安定感のあるほっと安心できるラーメンだけど他ではちょっと味わえない美味しさ。
らーめんたきたろうさんへ行った流れでこちらへ来たけど、似ているようでやっぱりちょっと違っていました。
でも、そこがまたよかったな~(*´▽`*)♡

さて、それでは待っている人もいますので、食べ終わった器をカウンターの上へ。
大満足でごちそうさまのご挨拶をすれば、女性の方がちょうどカウンターの外側に出てきてお見送り?
これはチャンスとばかりに、店内の張り紙の写真を撮りたい旨を伝えると快くお受けしてくれました。

そして、そのタイミングで少しお話を。
らーめんたきたろうさんを食べて、それでこちらに来ることになったことを話すと嬉しそうににっこり。
「最近、お会いしていないのでよろしくお伝えください。」と言われてしまいました。
これはまたらーめんたきたろうさんへ食べに行かないといけませんね。
そして、その後はまた…(∀`*ゞ)エヘヘ


2018年136杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキングへ

らーめん とうかんやさんの食べログ店舗情報はこちら
東京都江東区南砂5-21-4


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

お知らせ
ラーメンブログランキングに参加しています(^ム^)
人気ブログランキング
プロフィール

もりみ

Author:もりみ
1日1ラーメン食べられたら幸せですが、周りが心配しますし体力的に無理なんでボチボチやってます(*^^)v

最新記事
カテゴリ
タグ

新宿区 杉並区 武蔵野市 小金井市 千代田区 中野区 豊島区 渋谷区 番外編 練馬区 北区 埼玉県 調布市 千葉県 三鷹市 中央区 世田谷区 ラー飲み 荒川区 台東区 町中華 ラーフェス 国分寺市 神奈川県 青梅市 港区 葛飾区 文京区 うどん 自宅麺 江東区 目黒区 昭島市 カップ麺 立川市 墨田区 品川区 足立区 大田区 板橋区 茨城県 八王子市 江戸川区 国立市 福生市 チェーン店 国分寺 府中市 東大和市 曙橋 西東京市 宮城県 町田市 閉店 小平市 阿佐ヶ谷 広島県 栃木県 蕎麦 浜田山 多摩市 福島県 日野市 練馬 日本蕎麦 あきる野市 コラボ 長野県 

ラーメンブログ リンク

ラーブロ
ラーメンブログ専門リンク集「ラーブロ」に登録しました
\(-o-)/設定ってむずかし~
月別アーカイブ
FC2カウンター
訪問ありがとう~
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード