らぁ麺やまぐち 辣式(東陽町)/えびワンタン 味玉塩らぁ麺

さて、お昼に珍しく蕎麦を食べたこの日。
夜は約1ヶ月ぶり、同僚とのラーメン部会。


今回、向かったのはこちら~\(^o^)/

らぁ麺やまぐち 辣式 らぁめんやまぐち らつしき
(東陽町・東京都江東区)
2016,5,13訪問

そう、今回の同僚のリクエストはずばり、「辣式に連れてって!!」
同僚の中でも辛い物が好きな同僚。
私が書いた「麻婆まぜそば」のブログを見て食べたがっていたんですよね~(#^^#)

ただ、残念なことに、当日もう1人の同僚は急遽欠席。
前日まで「塩」を食べるか「麻婆」を食べるかあんなに悩んでいたので実に残念。
また、機会を見計らって食べに行きましょうね~(=゚ω゚)ノ

そんなわけで今回は私と同僚1人、計2人での訪問。
そして、さすがに辣式さんに3度目の訪問。
今回はちゃーんと迷わずに来れましたよ~(≧▽≦)

ちなみに、お店の場所は、地下鉄東西線・東陽町4番出口より徒歩1分。
4番出口を出たら左手に、2つ目の右に入る道を除けば立て看板が見えます。

さて、金曜日の夜のディナータイムは少しスロースタート?
19時を少し回った店内は満席ですが、外の並びはありません。
とりあえず店内に入って、まずは食券を購入します。

券売機は店内入って右手角に設置。
基本メニューは「麻婆まぜそば」と「塩らぁ麺」の2種類。
同僚はもちろん「麻婆まぜそば」を選択。
私は同僚にやまぐちさんの「塩」も味わってほしいって気持ちも籠めて「塩らぁ麺」。

ま、実は前回「塩らぁ麺」を食べた時から、スープもリニューアルしているそうなんですよね。
それに、これ!!

少し前から提供の始まった「えびワンタン」。
これ食べてみたいに決まってます~ ٩(ˊᗜˋ*)و

食券を購入したら1度外へ、席が空くまでしばし待機です。
ま、でも待ち時間は3分ほどであっという間に着席。
しかも、タイミングばっちり。
私たちが入店してから、ほどなく店前に行列ができ始めましたよ。

うふふふ、やったね~。
思わず同僚とこっそりガッツポーズです(・`◡´・)ゝ(・`◡´・)ゝ

ではでは、待っている間に同僚と店内を観察。

卓上調味料は麻婆まぜそば専用の「青山椒」。
前回試してみたかったのですが、私には辛さそのままで十分、手が出なかったんですよね(〃'∇'〃)ゝエヘヘ

お、そして麺メニューの解説が新しくなりましたね(#^.^#)
「麻婆まぜそば」の解説。


「塩らぁ麺」の解説。


そして、サイドメニューのご案内。

とろ豚丼~((๑✧ꈊ✧๑))♡
たぶん麻婆まぜそばに添えられていたあのチャーシューの乗ったごはんなんだろうな~。

でも、今月はサイドごはん禁止月間だからな…ガマン、ガマン(´・_・`)

さて、ところで基本的にこういう解説、私は食べる前には読めない私。
実は、ワクワクふわふわしているので文章に集中できないんですよね。
なので、とりあえず写真だけ撮って後で読ませてもらいます~\(^o^)/

さて6分ほどでまずは私の「塩らぁ麺」が着丼~!

えびワンタン 味玉 塩らぁ麺1,030円
むっひゃ~!٩̋(๑˃́ꇴ˂̀๑)
黄金色のスープが美しい~!

それではお先にいただきま~す\(^o^)/
スープからごくり~。

むっひゃ~ん((๑✧ꈊ✧๑))うんまい~。
一番最初に感じるインパクトは鰹節系の和風な味わい。
そして、甘塩でじんわりと体に沁みます~。
まさに、いい塩梅ってやつですね~。

ブラッシュアップ前後の違いは私にははっきりわかりません。
でも、前だって今だってもうぅぅ~ってくらい美味しんだからいいですよね!(≧∇≦)

続いて麺を。

麺はしなやかな角細ストレート麺。
のど越しの良さがいい感じ。
すすりたい!って気持ちが満たされます~((* ´艸`))

さーて、それではお楽しみのえびワンタンをぱくり。

おぉ!!海老甘~い!!((* ´艸`))
海老が持っている独特な甘味がすんごいうんまいです°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°
そして、この海老の甘味と塩のスープの組み合わせが絶妙!
プリプリとした海老の食感ももちろんたまらん~。

このえびワンタンが3つで¥150はお得な気がする~(*´ェ`*)ポッ

さて、他のっけものはチャーシューが2種類。
脂身が甘くてほろりとした豚バラと


もっちりとしたタイプのもう1枚。

そういえば~と確認してみたら、初めて食べた時は豚バラが2枚でした。
部位違いの豚2種もうれしいですね(*´◡`​*)

メンマはサクサクの穂先メンマ。


そして味玉は黄身が緩めのぶっしゃー系。

茹で加減の好みとしてはもう少し火が入っているものが好きなのですが、でもこの味玉うんまいんです!!(≧∇≦)
白身にもお出汁がしっかりしみてて、うー!たまらん!!

ちなみに同僚は麻婆まぜそばでトッピングが「温玉」。
なので、この美味しさを知ってほしくておすそ分け?いや餌付け?しておきました( ̄▽ ̄)

さて、途中で同僚と味交換。
2度めの麻婆まぜそばは、シビれるけれウマ。
こっちもやっぱり美味しいなぁ(*^_^*)

ちなみに、ラーメン部の中では一番辛い物が大丈夫な同僚。
「辛いけど美味しいけど辛い!というか、よく(この間)食べきれましたね~」と驚いた様子。
えへへ、私、意外とシビれには強いんですよ。
まぁ、同僚に比べて胃のサイズがでっかいので、お水もたっぷりいただいてますけどね(〃'∇'〃)ゝエヘヘ

さて、気づけば2人とも綺麗に完食。

ぷは~、美味しかった~。
ごちそうさまでした~\(^o^)/

外の並びが結構長くなっているので、食べ終わったらごちそうさまの挨拶をしてお店を後に。
そして、帰りの車内ではもちろん食べたラーメンの話です。

その中で、次は2つのメニューのどっち食べようか迷うという話に。
で、結論は「麻婆まぜそば」⇔「塩らぁ麺」を交互に食べるといいのでは。
ま、そんなわけで、次回は私は「麻婆まぜそば」辛さ控えめでお願いしようと思います!(・`◡´・)ゝ

と思ったのも束の間、5/20から塩らぁ麺のメンマが「熟成穂先メンマ」に変わったんですって!!
むはーーーー!!
「熟成穂先メンマ」気になるじゃないですか!(>_<)


2016年99杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキングへ

らぁ麺やまぐち 辣式さんの食べログ店舗情報はこちら
東京都江東区東陽4-6-3 栗林ビル1F

プチライス付き 麻婆まぜそば+温玉を食べた時のブログはこちら
塩らぁ麺を食べた時のブログはこちら


1号店「らぁ麺やまぐち」東京都新宿区西早稲田2-11-13
で食べた時のブログはこちら↓


鶏そばロースト豚丼セットを食べた時のブログはこちら
【春の限定】アサリと桜エビの塩そば
【夏期限定】冷し煮干しそば2015
味玉入り鶏つけそば
味玉入り追い鰹中華そば
味玉入り鶏そば


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)


同僚とのラーメン部会の記録一覧はこちら(^ム^)
スポンサーサイト

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

らぁ麺やまぐち 辣式(東陽町)/プチライス付き 麻婆まぜそば

さて、この日は食べてみたかった1杯を求めて東陽町。


そして、目的のお店はこちら~\(^o^)/

らぁ麺やまぐち 辣式 らぁめんやまぐち らつしき
(東陽町・東京都江東区)
2016,4,5訪問

こちらのお店名前から分かるとおり、新宿区早稲田にある「らぁ麺やまぐち」さんの2号店。
地下鉄東西線 東陽町駅4番出口より徒歩1分とすごい駅近。

なのにも関わらず、私前回来た時なぜか2番出口から出ちゃって迷ったんですよね~。

さて、前回食べたのは淡麗の「塩らぁ麺」。
そして今回は「麻婆まぜそば」がお目当て。
実はこの「麻婆まぜそば」、元々1号店の限定メニューとして人気だったものをブラッシュアップしたものなんだそうです。
「辣式」…お店の看板に掲げるほどの1杯を食べないわけにはいきませんよね~((* ´艸`))

それでは、満を持しての入店で~す\(^o^)/


さぁ、店内に入ると、いらっしゃいのお声がけ。
そして「先に食券お願いします」とスタッフさんからご案内。
では、まずは入口右手に設置してある券売機で食券を購入します。

さて、選ぶのはもちろん「麻婆まぜそば」。
ですが、これはこれでパクチーや温玉、ライスなど色々な組み合わせがあります。

色々と魅力的ですが、でも今日は初「麻婆まぜそば」なので、シンプルに。
と、券売機一番上の段、大きいボタンに気づきます。

それは、おすすめ!の赤字が付いている「温玉付き麻婆まぜそば&ライスセット¥930」。
しかも、ライスは並・大どちら選んでもいいのか~( ̄▽ ̄)

むぅ~…悩む。
実は、友達の報告でやまぐちさんの「麻婆まぜそば」はかなり辛いと聞いていました。
「温玉、ライスは付けたほうがいいよ~」と言われていたのでこのセットかなり魅力的。

しかし、迷った挙句選んだのは「プチライス付き麻婆まぜそば800円」
まずはそのままの味を食べてみたかったので、温玉は食べてから考えることにしました。

ちなみに温玉を付けると、このおすすめセットとの値段の違いは¥30。
プラス¥30でお腹いっぱい食べられるならば、オススメセットといきたいところ。
ですが、最近食べすぎなんで強制的にセーブできる組み合わせにしてみました。
ま、後で後悔するんですけどね( ̄▽ ̄)

さて、食券を購入したタイミングで前客の人がちょうど食べ終わり、運よく待たずに着席。
食券を渡せば、あとは着丼までのんびり待つだけです。

さて、待っている間は店内の観察を。
こちらの店内はL字のハイカウンター14席。
短い辺が3席なので、かなり奥へ長い造りになっています。
一番奥のカウンター席のその先が厨房。
入口からはかなり遠いですが、ご店主の山口さんの姿が見えました。
前回もお会いできたし、昼営業は2号店にいることが多いんでしょうかね?(#^.^#)

卓上には「麻婆まぜそば」用の青山椒。

調べによると、この4月から置かれるようになったものだそう。
青山椒のホールか~、爽やかそうだなぁ~使ってみよう~(#^.^#)
※と思いましたが、結局、私には必要ありませんでした~( ̄▽ ̄)

こんな感じで約5分強、ついに着丼で~す\(^o^)/
しかも、ご店主の山口さん自ら運んでくださいました~。

プチライス付き 麻婆まぜそば800円
提供時、山口さんに「辛いの大丈夫なんでしたっけ?」と聞かれます。
「いいえ~、実はあまり辛いの得意じゃないんですよね~(〃'∇'〃)ゝエヘヘ」と私。
すると、「温玉を付けるのもオススメですよ(^o^)」との事。
アドバイスありがとうございます。
お手間取らせちゃうけど、多分そうなると思うので100円玉ポケットに用意してま~す( ̄▽ ̄)

さて、まずは最初に麻婆ダレを味見。

ぺろり。
おぉ~、辛い~がぁ~コクがあってうま~い~((* ´艸`))
いわゆる四川風のスパイス使い?
スパイスに詳しくないのですが、山椒のいい香りがたまりません~。
これ豆腐も欲しくなっちゃう味ですよね~( ̄▽ ̄)

でも、やっぱ辛いので、とりあえずお水をひと口飲んでちょっと舌をリセット。
でも、ひと口食べたことで、辛さの具合がわかりましたよ(〃'∇'〃)

つづいて、混ぜる前に添えられているチャーシューをパクリ。

おお!うんま!!((๑✧ꈊ✧๑))
甘めの味付がされた厚切り豚バラチャーシューは脂身部分はほろっと柔らか。
赤身の部分は甘めの味がしっかり滲みててすっごく美味しい。

これは~…、特麻婆まぜそばにやっぱりしておけば良かったか…(~o~)

こちらの「特麻婆まぜそば」はお値段¥1,000。
ちなみに単品に通常チャーシュー増しは+¥200。
「特麻婆まぜそば」はパクチー、温玉、チャーシュー増しで+¥250とかなりお特。

ちなみに、隣にいた人がこのお肉が乗ったご飯物「とろ豚丼」を食べてました。
それも、すごく美味そうで気になりました~(〃'∇'〃)
むぅ~、「特麻婆まぜそば」もいいけどプラスで「とろ豚丼」もいいですね~。

さて、長くなりましたがそろそろ麺をいただきます。
まずはそれほど混ぜず、丼の底に箸を差し入れぐわっと持ち上げ、

がぶり~(^○^)
むふ~(*゚▽゚*)うんまぁ~。
ほかほか、もちもちの中太縮れ麺に麻婆ダレが良く絡んでたまりません。

それでは、本格的に混ぜます。

レンゲとお箸を使って丼の底から混ぜ返すようにして、麻婆ダレを均一に。
がぶり~(^○^)

最初よりも麺によ~くタレが絡んできて更にうんまい!(≧∇≦)

まず最初は唐辛子系の辛みがガツン!
そして山椒でシビれた~と思ったら、ひき肉の甘味が受け止めてくれます。

だから、辛いだけじゃないくてクセになる!
頭の中はうま~い!辛~い!の2つの言葉がぐるぐる回って止まりません(๑´ڡ`๑)

しかし、これはやっぱり私には温玉必須とほどなく判断。
ということで、近くにいたスタッフさんに現金で温玉をお願いしました。

温玉100円
温玉は別皿に殻のついた状態で提供。
どうやら一緒にたのんでも、自分のタイミングで入れられるようこのスタイルでの提供のよう。
最初から乗っていると見た目はいいけど、私としてはこっちの方が嬉しいですね。

それでは、温玉ON~!!\(^o^)/


えーい、ぱか~\(^o^)/

ねっとりとした卵黄を絡めながら食べるとまろやかになっていい感じ。
しかし、私には温玉1つでは足りないかも~(*´ェ`*)ポッ

だんだん、温玉の部分がなくなって辛味が舌にたまってきます。
おかげで?アツアツじゃないのに無意識にふーふーと息を吹きかけちゃったりして(〃'∇'〃)ゝエヘヘ

それでも気づけば麺は完食。
さぁ、ここからはプチライスにタレをかけていただきま~す(^○^)

これが、おいしくないわけない!(≧∇≦)

辛いので丼に入れるより、ご飯の上に残ったタレをかける形にしてみたのですが、逆にしても一緒でした。
結局、美味しくて全部食べちゃったんで( ̄▽ ̄)てへ。

ぷは~、ごちそうさまでした~(#^.^#)

食後お水を飲むと、辛味で喉がヒューヒューしていることに気づきます。
でも、めっちゃ美味しかった~((* ´艸`))

これは次来た時、塩にするか、麻婆にするか迷いますね~

ちなみに後調べですが、注文時に「花椒少なめ」「花椒抜き」「辛さ控えめ」など言えば調整もしてもらえるそうです。
私は結構シビれはすきなので、次は辛さ控えめとか言った方がいいのかな~。
でも、食べられなかったわけではないし、ご飯多めにすればこのままで大丈夫かな~( ´ ▽ ` )

ちなみに…
今日、お店のTwitterをチェックしたら、なんと塩らぁ麺に海老ワンタンがトッピングできるようになったそうです。
うー!ますます悩むわ!!(>_<)


2016年70杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキングへ

らぁ麺やまぐち 辣式さんの食べログ店舗情報はこちら
東京都江東区東陽4-6-3 栗林ビル1F

塩らぁ麺を食べた時のブログはこちら


1号店「らぁ麺やまぐち」東京都新宿区西早稲田2-11-13
で食べた時のブログはこちら↓


【春の限定】アサリと桜エビの塩そば
【夏期限定】冷し煮干しそば2015
味玉入り鶏つけそば
味玉入り追い鰹中華そば
味玉入り鶏そば


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

らぁ麺 やまぐち 辣式(東陽町)/味玉入り 塩らぁ麺

さて、行徳「支那ソバ 小むろ」さんで食べたその後。
急ぎ足で駅まで戻りUターン!

間に合うといいな、という気持ちで到着した駅は東京メトロ東西線「東陽町」。
駅に到着すると時刻はすでに14:45分過ぎていました。
目的のお店の昼営業は15:00までなので、とってもドキドキします。


ま、でもこの日は地下鉄メトロの1日乗車券を使用。
ダメでもとりあえず外観だけでも見ようって思えば間に合わなくても気楽ですけどね(〃'∇'〃)ゝエヘヘ

さて、目的のお店は駅から徒歩1分。
ですが、案の定?出口を間違えてちょっとウロウロ(~o~)
それでも、スマホのナビを見ながらどうにか到着したのはクローズ時間の約7分前。
やった~、間に合ったよ~!!\(^◇^)/
売れ切れで早仕舞いとかになってなくて良かった~。

で、お店はこちら\(^o^)/

らぁ麺 やまぐち 辣式 らぁめん やまぐち らつしき
(東陽町・東京都江東区)
2015,12,25訪問

こちらのお店、西早稲田の「らぁ麺やまぐち」さんのセカンドブランド店で2015年9月17日にオープン。
場所が私の行動範囲からは外れているのでなかなか来れない場所でした。
だけど、ぜひ今年のうちに1回は~って思っていたんですよね~(#^.^#)


とりあえず、外観をパシャリと撮影。
さっそく店内に入ります。

入ってすぐ右手角に券売機。

基本メニューは「麻婆まぜそば」と「塩らぁ麺」の2種類。
連食の2杯目なので迷わず「塩らぁ麺」をチョイス。

店名に「辣」の文字が入っているので本当は「麻婆まぜそば」を食べた方がいいかな~と思うんですけど…
でも、ご飯も付けたいので「麻婆まぜそば」は次のお楽しみにします(#^.^#)

さて、無事に食券を購入して空いているカウンター席に着席。
食券をスタッフの方に渡してやっとひと安心です。

さて、店内は濃い目の木目カウンターテーブルに抑え目の照明で落ち着いた雰囲気。
奥へ続く長辺が長めのL字カウンターは14席。
そして、調理場はカウタンー奥に配置しているようで、調理風景はよく見えないですね。
お、ご店主の山口さんが奥にいました~。
どっちのお店にいるのか分からなかったので、姿が見れて嬉しいです(#^.^#)

さて、こちら卓上調味料は1号店と同じくなし。
お水は卓上に設置してあるグラスを使うセルフサービス方式。

お、グラスの向こうに「塩らぁ麺の麺が変わりました」との案内。
おぉ~、「はるゆたか麺」に変わったのか~。

ふむふむ♪( ´▽`)


取り出して解説を長めたりしているうちに着丼でーす(^O^)/

味玉つき 塩らぁ麺880円
おぉ~、綺麗な黄金色のスープ。
そして、出てきた時から節系のいい香りがたまりません~( ´ ▽ ` )

では、さっそくスープをひと口、ごくり。

おぉお~、うんまぁ~((* ´艸`))和風だなぁ~。

魚介+動物の清湯スープはどちらかというと魚介の方が強めの配分。
出てきた時からしていた節系のうま味がぐわ~っと来ます。
解説によると動物は丸鶏、魚介はムロアジ節・宗田節を使用とのこと。

塩ダレはまろやか、じんわりとってもいい塩梅です~。
はぁ~、やさしくてじんわりと染み入いるなぁ~((* ´艸`))

実は、私の中で1号店の醤油スープはどちらかというとキレがある印象。
なので、この優しい塩ダレはいい意味でびっくりしました~(^ム^)

続いて麺をいただきます。

希少な強力粉「はるゆたか麺」は細麺ストレート。
ザクっとした歯切れとシコシコとした食感でスープとの相性がいいですね。

う~ん、この細麺うんまい~!
希少な強力粉はるゆたかを使った麺だから?
スープに浸ったタイプのラーメンだと小麦の香りが分かりにくくなるけど、でもなんだかいい香りがしているような気がします~( ̄▽ ̄)エヘヘ

ぜひ、そのままの状態の麺もわってみたい。
まだ券売機に空きスペースがあるから、つけそばもやって欲しいなぁ~ (#^.^#)

乗っけものは豚バラのチャーシューが2枚。

脂身がほわほわで甘い。
さっぱりな塩スープにこの脂感がちょうどいいですね~。

メンマはサクサクの穂先メンマが2本。


薬味は極細のネギとカイワレ。


そして、そろそろと味玉に手をつけます。


箸を立てると直ぐ分かる柔らかさ。
スープに浸らない場所で割ってみると、黄身はかなり柔らかめのとろとろ状態。

おわ~!これも1号店と違う~(・o・)
1号店の味玉は黄身が流れ出さないしっかりめの半熟味玉です。
しかし、「辣式」では黄身がとろりと柔らかめな仕上がり。
心なしか黄身の色も辣式の方が黄色っぽいような気がしますが、これはスープの色合いの違いのせいかいしら?

それにしても、この違い。
もしかして「麻婆まぜそば」に合わせることも考えてなのかな~(#^.^#)

実は「辣式」には「味玉」と「温泉玉子」の2種類の卵トッピングがあります。

麻婆まぜそばにはやっぱり温玉?と思っていたけど、この茹で加減ならどっちでも充分に合いそう。
っていうか、白身がどろっとしている温玉よりこっちの方が私は好きかも~(*´◡`​*)

さて、気が付けば綺麗に完食。

ま、2杯目なのでちょっと体を気遣ってスープは少々残して、ごちそうさまでした~(#^.^#)

それにしても!食べに来て見て分かったのは、1号店と本当にいろいろ違っていて嬉しいような~、くやしいような~って感覚。
しかも、店主の山口さんと食後にちょっとお話しできて聞いたところ、塩らぁ麺のスープまだまだこれからブラアッシュアップしていくそう。
なかなか来れないのになぁ~(>_<)とほほ~、嬉しい悲鳴?

でも2015年のうちに1回は食べたいはどうにかクリア。
よーし、2016年はまずは未食の「麻婆まぜそば」を目標にがんばりますよ~(・`◡´・)ゝ


2015年288杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキングへ

らぁ麺やまぐち 辣式さんの食べログ店舗情報はこちら
東京都江東区東陽4-6-3 栗林ビル1F


1号店「らぁ麺やまぐち」東京都新宿区西早稲田2-11-13
で食べた時のブログはこちら↓


【夏期限定】冷し煮干しそば2015
味玉入り鶏つけそば
味玉入り追い鰹中華そば
味玉入り鶏そば


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

お知らせ
ラーメンブログランキングに参加しています(^ム^)
プロフィール

もりみ

Author:もりみ
1日1ラーメン食べられたら幸せですが、周りが心配しますし体力的にも経済的にも無理なんでボチボチやってます
(*^^)v

最新記事
カテゴリ
タグ

新宿区 杉並区 小金井市 渋谷区 千代田区 武蔵野市 中野区 調布市 埼玉県 豊島区 中央区 北区 荒川区 世田谷区 練馬区 台東区 青梅市 三鷹市 千葉県 立川市 ラーフェス 港区 品川区 国分寺市 文京区 葛飾区 目黒区 神奈川県 墨田区 大田区 昭島市 江東区 チェーン店 福生市 国立市 番外編 江戸川区 府中市 曙橋 まとめ 東大和市 茨城県 八王子市 西東京市 浜田山 足立区 あきる野市 国分寺 阿佐ヶ谷 小平市 日野市 練馬 板橋区 

ラーメンブログ リンク

ラーブロ
ラーメンブログ専門リンク集「ラーブロ」に登録しました
\(-o-)/設定ってむずかし~
月別アーカイブ
FC2カウンター
訪問ありがとう~
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード