こうかいぼう(門前仲町)/らーめんセット

さて、この日の私は午後半休を使ってちょっと遠出。
そこで、ずーーーっといつか行ってようと思っていたお店に行くことにしました。



そのお店がこちら\(^o^)/

こうかいぼう
(門前仲町・東京都江東区)
2018,5,10訪問

こちらのお店は2001年10月にオープン、今年17年を迎えるお店。
お店で食べらられるラーメンは毎日食べても飽きの来ないラーメン。
そして、ご店主さん夫婦の接客、お人柄が素晴らしいというのが評判です。

ま、なかなか私にとって馴染みのない場所なので、いつか行こうと思い続けて数年経過。
ようやく初訪問することが出来ました(∀`*ゞ)エヘヘ

さて、お店の場所は東京メトロ東西線・門前仲町駅より徒歩約6分。
6番出口から地上に出たら右方向、高速道路の下を抜けて「深川一丁目」交差点を渡ってから右折。
大きめの道「葛西橋通り」をまっすぐ進んでいけば、道の左側にこの「のぼり」が見えてきます。

うわーい(*´▽`*)、やってる~。

…というのも、実は先月もこちらに来るには来たんですよ…(∀`*ゞ)エヘヘ
ただ、定休日だっただけで…。

↑これがその時撮ったパンダ🐼ちゃん…
ちなみにこちらのお店の定休日は水・日曜日(祝日でも定休)。
営業時間は平日、月火木金は11:00~15:00、17:30~18:30。
土・祝日は11:00~15:00の昼営業のみで、基本的には売切れ次第閉店します。

さてさて、到着したのはお昼のピークタイムを外した午後13時過ぎ。
ちょうど私の目の前を歩いていた人達がお店にするりと吸い込まれていくのが見えました。
ちらりと除く店内は満席、入口そばのウェイティングスペースのイスに前を歩いていた人達の姿。

すぐには入れそうにないので店の外の写真も1枚。

…と、中から女性の方が出てきて「どうぞ中でお待ちください」と柔らかな笑顔でお声がけしてくれます。
そして、店内待ちのイスに座れば「どうぞ」とメニューが出てきました。

こちらの基本メニューは「らーめん」と「つけめん」の2種類。
らーめんにはトッピングをプラスしたメニューやご飯物と一緒に頼むセットメニューもありますね。

さて、程よく時間が経ったところで「注文はお決まりですか?」とお声がけがあり注文を済ませます。
そして、席が空けば遂にご案内~\(^o^)/

((* ´艸`))ふっふっふっ。
こちらのお店の客席はストレートのカウンターテーブル7席、奥に4人掛けのテーブル席が2卓。
このでっかいユーモラスな置物は、カウンターテーブル一番端の席の前にどどーんと置かれています。
ウェイティングスペースから見えていて気になっていたんですよね~(∀`*ゞ)エヘヘ

それにしてもこれは何だろう…?
けっこうパンダグッズも多く飾られているのですが、さすがにこれはパンダじゃないですよね(笑)

置物がなんなのか気になりますが、まずは初めて来たお店の中を観察です。
置いてある卓上調味料は定番の感じ。

ブラックペッパー、酢、ラー油、お醤油?メニューに焼き餃子があるお店らしいラインナップ。

レンゲは2種、よくあるレンゲ型とまるっとしている形のもの。


そして、カウンターボードにはお店からのご案内。

イラスト付きでほんわり、優しい気持ちになる語り口がお店の雰囲気とぴったりです(*^-^*)

さて、ひと心地ついたところにまずはこちらが到着。

セットのごはんと生卵

そして、程なくらーめんも完成~(∩´∀`)∩♡

らーめん680円※単品料金

並べてみるとこんな感じ。

らーめんセット780円
メニューに「たまごかけご飯にしょうゆらーめんが結構いけます。」って書いてあったので背中押されちゃいました(∀`*ゞ)エヘヘ
それにらーめんに+¥100で生卵も付いてくるのはとってもお得ですよね。

さぁ、それではそろそろいただきます。
まずはスープからごくり。

おぉぉ~、ホッとする~( *´艸`)♡
スープ自体はサラリとしているけれど、結構ガツンと節と煮干が効いています。
そこに合わせた動物系の旨味が味に厚みを加えている感じですが、濃淡がちょうどよく思わずほっとする安心感がありますね。

続いて麺をいただきます。

めーん!ちゅるり~ん(*´▽`*)
麺肌がつるつるとしていて、噛みしめればもっちりとした歯ごたえのある中細ストレート麺。
スープとの相性もよく食べ始めてすぐ、これはあっという間に食べ終わってしまいそうな予感がします。

ちなみに後調べですが、こちらの麺量は150gなので決して少なくありません。
ただ周りを見ていた所、女性のお客さんでもご飯物と一緒に食べている人多かったです。
私もらーめんセットにしておいてよかったなーと正直思いました(∀`*ゞ)エヘヘ

さて、話は戻ってのっけものもいただきます。

こちらのチャーシューは厚み程よくみっしり、さっぱりとしたタイプのもの。

メンマは甘め、柔らかく煮てあって美味しい。

薬味のネギは歯ごたえのしっかりとした輪切り。
食べているうちに口に入るとネギの風味が口に広がり、スープの味にアクセントがついていい感じです(*´▽`*)

さてさて、もちろん食べている途中でセットのごはんもいただきましたよ。

まずは卵をぱかー\(^o^)/

粗めに卵を溶きほぐしたら、醤油をたら~り。

お箸で掬うように卵かけごはんを口の中に入れれば思わず、ふふふ( *´艸`)
卵のまろやかさと醤油の塩気って、どうしてこうも合うんでしょうか。
ま、実はそんなに卵かけごはん大好きってわけでもないんですが、たまにむしょーに食べたくなりますよね~。

そして、このらーめんが毎日食べても飽きない1杯と言うならば、このラインナップは卵かけごはん定食とも言える?
そんな訳でここから先は、らーめんをお味噌汁に見立ててこんな感じで食べ進めます。

まずは、らーめんに添えてあった海苔で海苔巻き~\(^o^)/

うんまい!(≧▽≦)
ちなみにらーめんの海苔で海苔巻きにしようと当初から考えてた私。
2枚の海苔がふにゃふにゃにならないよう、到着してすぐ卵が入ってたお皿に移しておきました(笑)

そして、卓上調味料のラー油も少し。

これまたうんまい!(*‘∀‘)♡
こちらのラー油、ごま油の香りがしっかりとあってとってもいい香りです~。

最後はスープをかけて猫まんま~…と、行きたかったのですが気が付いたらご飯はさらりと食べ終わっていました。
なので、残ったのはスープはそのままごくごく。
見た目は濃いめ…でも飲むとあっさり…だけど旨味しっかり。
後引くな~、このスープ~(*´з`)♡と、考えているうちに気づけば汁完。

はふー、ごちそうさまでした~(*´▽`*)
確かにこれは、毎日食べても飽きない味わいですね~。
強いて言うなら?ラーメン界のお味噌汁ってところでしょうか(∀`*ゞ)エヘヘ

さて、お昼のピークタイムを超えてもこちらのお店は本当に大人気。
誰かが帰れば誰かがやってくる、そして並びもなくなったと思ったら気づけばまた出来ている。
食べ終わった私はさっと席を立ち、お家計のため入口のレジの方へ。

「ありがとうございました、お会計780円です」、「はーい(*´▽`*)」…と、カバンの中を探る私。
あれ??(@ ̄□ ̄@;)!!
レジ前で今日は職場でお財布を出したこと思いだし、さーーーっと血の気が引く私( ;´Д`)))) アワワワワ
お財布を持っていないことをしどろもどろに説明すれば、待合席にいた人からも「大丈夫よー」との励まし?の声。

結局一旦職場に戻り、再度お店に戻ってお支払いをしたのは昼営業終了後。
支払いに戻った私に「せっかくのお休みを使わせちゃってごめんなさいね」と言って対応してくれた奥様。
そして「またよかったらお立ち寄りくださいね」とご店主さんと2人で見送ってくれたことは本当に忘れられません(;´Д`)

迷惑をかけたのは私なのに、本当にありがとうございました。
次は絶対にお財布忘れずに食べに来たいと思います。
ちなみに?この事があってからすぐ、Suicaのケースに1000円札を1枚入れることにしました(;´∀`)ヘコー


2018年92杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキングへ

こうかいぼうさんの食べログ店舗情報はこちら
東京都江東区深川2-13-10 ニックハイム深川 1F


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)
スポンサーサイト

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

亀戸煮干中華蕎麦つきひ(亀戸)/味玉 中華蕎麦+和え玉

さて、この日の私は用事があって東京の東側。
自分の行動範囲からは外れる場所に来たならば、すかさず気になってたお店に行ってしまいます(∀`*ゞ)エヘヘ


そんな訳で、行ってきたのがこちらのお店~\(^o^)/

亀戸煮干中華そば つきひ
かめいどにぼしちゅうかそば つきひ
(亀戸・東京都江東区)
2018,3,16訪問

こちらのお店は2018年1月28日オープン。
店名からもわかる通り、煮干を使ったラーメンが食べられるお店。
オープン以来気になっていはいたのですが、行けそうな日に限って売り切れ閉店の早終い。
なかなかタイミングが合わなかったんですが、この日お店のTwitterを見ると「暇です」とのつぶやき。
ちょうどそっち方面の予定もあるし、これは行っとくチャンスです~(∩´∀`)∩

さて、お店は最寄り駅のJR総武線・亀戸駅北口より徒歩3分。
私事ですが亀戸駅に来たのはこれが初めて。
ただ文字に「亀」が入っているだけで、亀有とすごい近い場所なのかな~と思っていたくらい土地勘なし。
駅に着いたらもちろん地図アプリを使用。


こんなにも簡単そうなのに何故か、お店の入っている建物が見つからず少しうろうろ。

…で、どうにか発見~\(^o^)/あー、よかった~。

さて、亀戸横丁の入口手前には目的のお店「亀戸煮干中華蕎麦つきひ」さんの立て看板。


そして、建物正面左手側にある案内図を見てお店の位置を確認!

2つある入口のうち、ちょうど立っている側がお店に近い入口ですね(*‘∀‘)
よし、それでは引き戸を開けて建物の中へ。

中に入ってみるとこんな感じ(・∀・)おぉ~。

亀戸横丁は色々な飲食店が入っている商業施設?なんですね。
但し、ほとんどのお店が夜営業だけのようで、昼に来るとこの雰囲気。

灯りの灯った通路、まだ開いていないお店の脇を通り抜けてお店に到着。
暇と言っていたけれど店内客席は満席、外並びも前6人と結構な並び。

なんとなく勝手がわからず、とりあえず最後尾。
すると、少しして並びを確認しに来たお店の方から先に食券をどうぞと促され券売機の方へ。

券売機は客席の端、カウンターテーブルの右端に設置されています。

ちなみにウォーターサーバーもこちら。
卓上にお水のポットは置いていないので、お水のおかわりもこちらまで取りに来るシステムです。

さて、食べるものは決めて来たけれど、時間もありそうなので券売機をチェック。

こちらの券売機のボタンの並びは左から特製→チャーシュ-増し→味玉→デフォルト。
メニューは上から中華蕎麦、中華蕎麦(塩)、濃厚蕎麦、つけ麺、油そば。
ま、ですが、訪問した時は中華蕎麦と濃厚蕎麦だけの提供のようでした('◇')ゞ

それでは、購入した食券を持って列へ戻ります。

ちなみにこちらには、いわゆる味付きの替玉「和え玉」もありますが、この日は夜飲み会があるのでちょっと保留。

まぁ、そうは言いながらも現金対応できるそうなので、小銭の準備はしておく私です( ̄▽ ̄)テヘ


それでは、待っている間にお店の外から客席などを確認。
こちらのお店の客席はストレートカウンター6席。

そして、こういう造りのお店ですから壁や扉がありません。
そこで暖簾がハンガーラックと兼用になっているのがなかなかのグッドアイデア?
なんとなく暖簾にコートをかけるのは申し訳ないな~と思ったのですが、意外と安定感があっていい感じ(・∀・)

それから、こちらではやはり和え玉は大人気。
ほとんどの人が和え玉を頼むので、1人2杯分のラーメンを食べている感じになるので待ち時間は少し長め。
ま、タイミング的にグループ訪問していた人達がいたこともあったんですがね…(^-^;

さぁ~、そんな事はさておき遂に着席でーす\(^o^)/
席に着けばご店主さんと助手さんから「お待たせしてすいません」とのお声がけ。
そして、ご店主さんから「騒がしくてすいません」とのお気遣い。
いえいえ、色んな人がいますよね…ホント、大変だな~と思いながらペコリとご挨拶を返します。

さて、コートをハンガーにかけたりしてからお水の準備とカウンターの上のチェック。

卓上調味料は一味唐辛子と昆布酢、置いてあるのは箸箱だけですっきり清潔。

そして、座ってからはあっという間に完成でーす\(^o^)/

味玉 中華蕎麦850円

おぉ~、なんかスープの表面のこの泡立ち?

ふよふよと動くスープの表面の感じに思わずニヤニヤしてしまします(*‘∀‘)

さぁー、それではいただきまーす\(^o^)/
まずはスープからごくり。

おー!!ぐわーっと来る~(≧▽≦)
ちょっとグレーがかった煮干スープはアツアツ。
飲み口はさらりとしているけど、飲めばぐわーっと煮干の旨味と塩味が口いっぱいに広がります。
少々、しょっぱめな気もしますがこの塩の甘みがうんまいです!(*´▽`*)

続いて麺をいただきます。

お、うんま!(*‘∀‘)
麺は中細のストレート麺。
ポクポク、コリコリ?としたちょっと個性的な食感で、スープの旨味に負けないインパクトがあります。
むむむ~、この麺は面白いな~( *´艸`)

さて、のっけものは低温調理の豚チャーシュー。


それとしっとりとした鶏チャーシュー。

鶏チャーシューはセロリ?か何かの香味野菜の香りがしっかりと移してありました。
これは好みが分かれるところかもしれませんが、私はコレとっても大好きですー(∩´∀`)∩♡

さて、こちらの味玉は結構な色黒タイプ。


ぱかー!\(^o^)/

しっかりと味が染みていて、白身がぶりんっとしてて美味しかったです(*´▽`*)

さてさて、頼むかどうかで迷っていた和え玉。
こちらの麺がもっと食べたくて、結局頼んじゃいました~(∀`*ゞ)エヘヘ

麺を2/3ほど食べた所でお店の人にお声がけ。
ちょうど麺を食べ終わったくらいで到着です(*^-^*)

和え玉200円
乗っているのは玉ねぎ、煮干粉、チャーシュー。

よく混ぜてお食べ下さいと言われた気もしますが、そのまままずめーん!\(^o^)/

うんまい!!(≧▽≦)
ほかほか、アツアツのポクポク麺に絡む醤油ダレがたまらーん!
混ざり切っていない煮干粉が、舌にアクセントをつけてくれます。

付いてくるチャーシューは拍子切り。

中華蕎麦に乗っていたスライスとは、また一味違う肉感が楽しめていい感じ(*^-^*)

1/3ほど食べた所で、味変の昆布酢を少々使用。

昆布でまろやかになった酢の華やかな香りと酸味が、食べ口をさっぱりさせてくれます。

そして、最後の1/3には残しておいた中華蕎麦のスープをかけて楽しみます!

むふふふ~( *´艸`)♡
元々のスープ+和え玉の味が合わさって旨味がさらにガツン!ときますね。

さてさて、本当のラストは取っておいた海苔をスープにひたひたにしてぱくり。

海苔を通して味わう煮干スープも楽しいものです~(*´з`)

さぁー、なかなか来れないお店と言うのもあってついついスープをぐいぐい。
もったいないオバケ?発動で汁完です。

ぷはー、ごちそうさまでしたー(*´▽`*)
夜はガッツリ食べたり飲んだりする予定だけど、つい調子にのってやってしまった…(笑)
やっぱりなかなか来れないと思うと、ついつい欲張りになってしまいますねぇ。
ま、でもとっても美味しかった!悔いはありません!!キリッ('◇')ゞ


2018年51杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキングへ

干中華蕎麦つきひさんの食べログ店舗情報はこちら
東京都江東区亀戸5-13-2 スクエア三報104区画

亀戸煮干中華蕎麦つきひさんの公式Twitterはこちら


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

らぁ麺やまぐち辣式(東陽町)/プチライス付き麻婆まぜそば+温泉玉子

さて、思い出しては食べたくなる味ってありますよね。
ただし、私の場合それが辛い味の場合は、自分の体調などなどタイミングが合わないとなかなか食べられない。


そんな訳で?「明日は絶対行くぞー!」と、前日から気合を入れて向かったのがこちら。

らぁ麺やまぐち 辣式 らぁめんやまぐち らつしき
(東陽町・東京都江東区)
2017,10,20訪問

さて、こちらのお店は言わずもがなの有名店「らぁ麺やまぐち」さんの2号店です。
お店の最寄り駅の東京メトロ東西線・東陽町駅からは徒歩約1分。
自分の行動範囲からは遠いのですが、駅から近いのは本当にありがたいです~(*´ω`*)
4番出口から地上へ出たら左手へ、2つ目の右に入る道のすぐ先にお店があります。

お店に入る前に、入口に近寄って一番店名のわかりやすい場所の写真をパシャリ。

それから、店内をちらりと覗くと…満席?かな?

ま、でも、こちらのお店は食券を先に買うシステムだったはずなので、まずは一旦中へ入って食券を購入します。

扉を開けて中に入れば「いらっしゃいませ~」のお声がけ。
その声に(*- -)(*_ _)ペコリと頭を下げていから、入口より右手にある券売機へ向かいます。


こちらの基本メニューは「塩らぁ麺」と「麻婆まぜそば」の2つ。

ちなみに?塩らぁ麺はえびワンタンなどのトッピング。
麻婆まぜそばはライス、温玉などを添えるのがおススメです(*^-^*)

さて、今日のお目当ては麻婆まぜそば~(≧▽≦)♡
辛い物を食べるときは体調、気分がぴったり合っていることが大事。
今日の私の準備は万端、心に決めていた麻婆まぜそばの食券を迷わず購入です。

食券を購入して振り返ると、お店の方から「こちらの席へどうぞ」と一番奥の席へご案内。
そうそう、こちらのお店はL字のハイカウンターテーブル11席。
入口の間口は狭めですが、かなり奥へ長く続いているという印象です(#^.^#)

それでは、席に着いたら食券を目の前に来たスタッフさんへ。
「辛さ控えめでお願いします」と言い添えれば、お店の方から「シビレはそのままでいいですか?」と聞かれます。
シビレは結構好きなので、なんとなく「はい」と答えてしまいました~(∀`*ゞ)エヘヘ

ちなみに辛さの調整はラー油・花椒がそれぞれ普通・控えめ・なしで選べるようです。

さて、オーダーが済んで一安心。
まずは卓上に用意してあるグラスにお水を注いで食べる準備を。


そして、卓上に置いであるご案内を眺めます。

まずは今日食べる麻婆まぜそば~(*^-^*)

そして、塩らぁ麺の案内。


サイドメニューのご飯もの、ライス、温玉や味玉などのトッピング類。


さて、久しぶりの店内をきょろきょろしているとまずは温玉が到着(*^-^*)


そして、ほどなく主役のこちらも到着~\(^o^)/

麻婆まぜそば780円※単品価格
※辛さ控えめ、シビレふつう
見ためから濃厚そうな麻婆まぜそばのタレがたっぷりです~( *´艸`)

ちなみに?私はプチライスと辛味緩和のお助けアイテムとして温玉をトッピングしました。
なので全体像はこんな感じです(#^.^#)

プチライス付き 麻婆まぜそば830円
+温泉玉子100円


むひゃー(≧▽≦)!これが食べた買ったんですよ~
それでは、さっそくいただきまーす。

提供時に「よく混ぜてお食べ下さい」とのご案内。
ですが、あえて最初は混ぜずにまずはちょっとタレを観察。

おおぉ~、控えめでも真っ赤なタレの量が多いですね~(^▽^;)ドキドキ

チャーシューはごろっと、四角くく切ったもの。

このチャーシューそのまま食べても美味しいんだよね~。

まぜそばを食べ始めると、麺とタレに混ざってしまいます。
なので、そのまま食べたい分を少しだけプチライスの上へ避難~( ̄▽ ̄)フフフ


さぁ、それではやっぱりお言葉に従ってよーく麺とタレをまぜまぜ。
温玉もいつでも投入できるようにスタンバイにして準備完了!!


そして、がぶり~(*´▽`*)

辛い!(≧◇≦) けど!うまい(≧▽≦)
もちもち、ほかほかの中太麺にたっぷりと麻婆ダレが絡んで口の中へ。
麻婆味のタレは唐辛子、ラー油の辛さに加えて山椒系のシビレが辛いけどクセになる~(*゚▽゚*)

さて、ここからは本格的にガツガツ、ずるずる、麻婆ダレともちもち麺を夢中で食べます。
途中、ご飯の上に麺を乗せて白いお米をちょっと麻婆で汚してぱくり~(^O^)

その麻婆ダレの味が付いた部分のご飯を食べるのも美味しいです。

そして、辛味が舌にたまってきたところで温玉を投入~\(^o^)/


お箸で目つぶし、ぱか~!(≧▽≦)


麺によ~く絡めて食べれば…

うふふふふ( *´艸`)、麻婆の辛味がまろやかになり別の味わいが楽しめます。
ちなみに?初めて麻婆まぜそばを食べたときは、辛さのあまり途中で温玉を追加購入したんですよね。

さーて、麺をすべて食べ終わったら最後はお楽しみのご飯投入。


結構、たっぷりと残った麻婆ダレに白飯をどーん!

初回の時はこれ以上の辛さはと思って使えなかった卓上の花山椒のミルをすりすり(#^.^#)

そして、タレと白いご飯をさっくり混ぜたらパクパク(^○^)

(≧▽≦)麻婆ごはんうんまい!!
まぁ、見ためはそうそうお見せするものじゃないかもしれませんが、間違いなく美味しいですー!

麺もご飯も大満喫。

ぷはー、ごちそうさまでしたー(*´▽`*)
もちもちの食べ応えがある麺に〆のご飯でまんぷくはっぴー。

そして、ラー油の辛さを控えめにしたので、前よりはお水を飲まずに完食することができました。
でも…バランス的にシビレも少し控えめにした方がいいのかもしれません(∀`*ゞ)エヘヘ
まぁ、こうやって一歩一歩?自分の好みを探っていくのも食べる楽しみの1つですよね。


2017年196杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキングへ

らぁ麺やまぐち 辣式さんの食べログ店舗情報はこちら
東京都江東区東陽4-6-3 栗林ビル1F

限定情報などなどはお店のTwitteなどでチェックしてみてください。

らぁ麺やまぐち&辣式さんで食べたブログのまとめはこちら\(^o^)/


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

らぁ麺やまぐちさん&らぁ麺やまぐち辣式さんで食べたブログのまとめ(#^.^#)

私が「らぁ麺やまぐち」さんでの食べたメニューのブログ一覧↓

2017,12,15 【期間限定】ポルチーニ香る新麦そば+味玉
2017, 6,20 【夏季限定】潤目煮干の冷やしとろみそば+味玉
2016, 4,19 鶏そばロースト豚丼セット
2016, 4,14 【春の限定】アサリと桜えびの塩そば
2015, 7,30 【夏期限定】冷やし煮干そば2015
2015, 7,15 鶏つけそば+味玉
2015, 5,19 追い鰹中華そば+味玉
2014, 2,25 鶏そばを食べたときのブログはこちら

らぁ麺やまぐちさんの食べログ店舗情報はこちら。
東京都新宿区西早稲田2-11-13

らぁ麺やまぐちさんのTwitterはこちら。


私が「らぁ麺やまぐち辣式」さんでの食べたメニューのブログ一覧↓
2017,10,20 プチライス付き麻婆まぜそば(辛さ控えめ)+温玉
2016,5,13 えびワンタン 味玉塩らぁ麺
2016,4,5 プチライス付き 麻婆まぜそば+温玉
2015,12,25 味玉入り 塩らぁ麺

らぁ麺やまぐち辣式さんの食べログ店舗情報はこちら。
東京都江東区東陽4-6-3 栗林ビル1F

らぁ麺やまぐちさんのTwitterはこちら。


【番外編】明星 らぁ麺やまぐち監修 辣式まぜそばを食べた時のブログはこちら


らぁ麺やまぐちさんのレギュラーメニューはリニューアル後の物がないのでまたいずれ乗せたいです。

という訳で(^o^)丿
辣式さんのレギュラーメニューその①

プチライス付き 麻婆まぜそば800円

辣式さんのレギュラーメニューその②

えびワンタン 味玉 塩らぁ麺

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキングへ


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

らぁ麺やまぐち 辣式(東陽町)/えびワンタン 味玉塩らぁ麺

さて、お昼に珍しく蕎麦を食べたこの日。
夜は約1ヶ月ぶり、同僚とのラーメン部会。


今回、向かったのはこちら~\(^o^)/

らぁ麺やまぐち 辣式 らぁめんやまぐち らつしき
(東陽町・東京都江東区)
2016,5,13訪問

そう、今回の同僚のリクエストはずばり、「辣式に連れてって!!」
同僚の中でも辛い物が好きな同僚。
私が書いた「麻婆まぜそば」のブログを見て食べたがっていたんですよね~(#^^#)

ただ、残念なことに、当日もう1人の同僚は急遽欠席。
前日まで「塩」を食べるか「麻婆」を食べるかあんなに悩んでいたので実に残念。
また、機会を見計らって食べに行きましょうね~(=゚ω゚)ノ

そんなわけで今回は私と同僚1人、計2人での訪問。
そして、さすがに辣式さんに3度目の訪問。
今回はちゃーんと迷わずに来れましたよ~(≧▽≦)

ちなみに、お店の場所は、地下鉄東西線・東陽町4番出口より徒歩1分。
4番出口を出たら左手に、2つ目の右に入る道を除けば立て看板が見えます。

さて、金曜日の夜のディナータイムは少しスロースタート?
19時を少し回った店内は満席ですが、外の並びはありません。
とりあえず店内に入って、まずは食券を購入します。

券売機は店内入って右手角に設置。
基本メニューは「麻婆まぜそば」と「塩らぁ麺」の2種類。
同僚はもちろん「麻婆まぜそば」を選択。
私は同僚にやまぐちさんの「塩」も味わってほしいって気持ちも籠めて「塩らぁ麺」。

ま、実は前回「塩らぁ麺」を食べた時から、スープもリニューアルしているそうなんですよね。
それに、これ!!

少し前から提供の始まった「えびワンタン」。
これ食べてみたいに決まってます~ ٩(ˊᗜˋ*)و

食券を購入したら1度外へ、席が空くまでしばし待機です。
ま、でも待ち時間は3分ほどであっという間に着席。
しかも、タイミングばっちり。
私たちが入店してから、ほどなく店前に行列ができ始めましたよ。

うふふふ、やったね~。
思わず同僚とこっそりガッツポーズです(・`◡´・)ゝ(・`◡´・)ゝ

ではでは、待っている間に同僚と店内を観察。

卓上調味料は麻婆まぜそば専用の「青山椒」。
前回試してみたかったのですが、私には辛さそのままで十分、手が出なかったんですよね(〃'∇'〃)ゝエヘヘ

お、そして麺メニューの解説が新しくなりましたね(#^.^#)
「麻婆まぜそば」の解説。


「塩らぁ麺」の解説。


そして、サイドメニューのご案内。

とろ豚丼~((๑✧ꈊ✧๑))♡
たぶん麻婆まぜそばに添えられていたあのチャーシューの乗ったごはんなんだろうな~。

でも、今月はサイドごはん禁止月間だからな…ガマン、ガマン(´・_・`)

さて、ところで基本的にこういう解説、私は食べる前には読めない私。
実は、ワクワクふわふわしているので文章に集中できないんですよね。
なので、とりあえず写真だけ撮って後で読ませてもらいます~\(^o^)/

さて6分ほどでまずは私の「塩らぁ麺」が着丼~!

えびワンタン 味玉 塩らぁ麺1,030円
むっひゃ~!٩̋(๑˃́ꇴ˂̀๑)
黄金色のスープが美しい~!

それではお先にいただきま~す\(^o^)/
スープからごくり~。

むっひゃ~ん((๑✧ꈊ✧๑))うんまい~。
一番最初に感じるインパクトは鰹節系の和風な味わい。
そして、甘塩でじんわりと体に沁みます~。
まさに、いい塩梅ってやつですね~。

ブラッシュアップ前後の違いは私にははっきりわかりません。
でも、前だって今だってもうぅぅ~ってくらい美味しんだからいいですよね!(≧∇≦)

続いて麺を。

麺はしなやかな角細ストレート麺。
のど越しの良さがいい感じ。
すすりたい!って気持ちが満たされます~((* ´艸`))

さーて、それではお楽しみのえびワンタンをぱくり。

おぉ!!海老甘~い!!((* ´艸`))
海老が持っている独特な甘味がすんごいうんまいです°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°
そして、この海老の甘味と塩のスープの組み合わせが絶妙!
プリプリとした海老の食感ももちろんたまらん~。

このえびワンタンが3つで¥150はお得な気がする~(*´ェ`*)ポッ

さて、他のっけものはチャーシューが2種類。
脂身が甘くてほろりとした豚バラと


もっちりとしたタイプのもう1枚。

そういえば~と確認してみたら、初めて食べた時は豚バラが2枚でした。
部位違いの豚2種もうれしいですね(*´◡`​*)

メンマはサクサクの穂先メンマ。


そして味玉は黄身が緩めのぶっしゃー系。

茹で加減の好みとしてはもう少し火が入っているものが好きなのですが、でもこの味玉うんまいんです!!(≧∇≦)
白身にもお出汁がしっかりしみてて、うー!たまらん!!

ちなみに同僚は麻婆まぜそばでトッピングが「温玉」。
なので、この美味しさを知ってほしくておすそ分け?いや餌付け?しておきました( ̄▽ ̄)

さて、途中で同僚と味交換。
2度めの麻婆まぜそばは、シビれるけれウマ。
こっちもやっぱり美味しいなぁ(*^_^*)

ちなみに、ラーメン部の中では一番辛い物が大丈夫な同僚。
「辛いけど美味しいけど辛い!というか、よく(この間)食べきれましたね~」と驚いた様子。
えへへ、私、意外とシビれには強いんですよ。
まぁ、同僚に比べて胃のサイズがでっかいので、お水もたっぷりいただいてますけどね(〃'∇'〃)ゝエヘヘ

さて、気づけば2人とも綺麗に完食。

ぷは~、美味しかった~。
ごちそうさまでした~\(^o^)/

外の並びが結構長くなっているので、食べ終わったらごちそうさまの挨拶をしてお店を後に。
そして、帰りの車内ではもちろん食べたラーメンの話です。

その中で、次は2つのメニューのどっち食べようか迷うという話に。
で、結論は「麻婆まぜそば」⇔「塩らぁ麺」を交互に食べるといいのでは。
ま、そんなわけで、次回は私は「麻婆まぜそば」辛さ控えめでお願いしようと思います!(・`◡´・)ゝ

と思ったのも束の間、5/20から塩らぁ麺のメンマが「熟成穂先メンマ」に変わったんですって!!
むはーーーー!!
「熟成穂先メンマ」気になるじゃないですか!(>_<)


2016年99杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキングへ

らぁ麺やまぐち 辣式さんの食べログ店舗情報はこちら
東京都江東区東陽4-6-3 栗林ビル1F

限定情報などなどはお店のTwitteなどでチェックしてみてください。

らぁ麺やまぐち&辣式さんで食べたブログのまとめはこちら\(^o^)/


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)
同僚とのラーメン部会の記録一覧はこちら(^ム^)

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

お知らせ
ラーメンブログランキングに参加しています(^ム^)
プロフィール

もりみ

Author:もりみ
1日1ラーメン食べられたら幸せですが、周りが心配しますし体力的にも経済的にも無理なんでボチボチやってます
(*^^)v

最新記事
カテゴリ
タグ

新宿区 杉並区 小金井市 中野区 千代田区 渋谷区 武蔵野市 豊島区 北区 調布市 練馬区 千葉県 埼玉県 番外編 荒川区 台東区 中央区 世田谷区 三鷹市 国分寺市 ラーフェス 青梅市 ラー飲み 港区 目黒区 文京区 立川市 葛飾区 品川区 江東区 昭島市 カップ麺 墨田区 神奈川県 うどん まとめ 大田区 江戸川区 足立区 チェーン店 国立市 板橋区 府中市 福生市 八王子市 国分寺 曙橋 小平市 閉店 西東京市 東大和市 茨城県 日野市 浜田山 日本蕎麦 自宅麺 コラボ 練馬 あきる野市 町田市 蕎麦 多摩市 阿佐ヶ谷 

ラーメンブログ リンク

ラーブロ
ラーメンブログ専門リンク集「ラーブロ」に登録しました
\(-o-)/設定ってむずかし~
月別アーカイブ
FC2カウンター
訪問ありがとう~
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード