FC2ブログ

あさり屋(渋谷)/あさりレモンバターラーメン+無料ライス

さて、この日の私は前日友達が食べていたラーメンが気になってモヤモヤ…(´-`).。oO
ここはひとつ忘れないうちに行ってみよう!


ってことで!行ってきたのがこちらのお店。

あさり屋
(渋谷・東京都渋谷区)
2018,6,25訪問

こちらのお店は2018年5月14日オープン。
その名の通りあさりをたっぷり使ったラーメンが食べられるお店。

お店の場所は渋谷駅ハチ公口より徒歩約6分。
井の頭通りをまっすぐ北上、「神南郵便局前」交差点を左折。
右に入れる1つ目の脇道を入り、突き当りを左、次を右とちょっと入り組んだところがお店。

1枚目の写真、大きなアサリの中にラーメンが入ったオブジェが目印です。

さてこの日は、朝連絡をくれた友達と店前で合流する約束になっていました。
友達より先にお店に着いた私はもちろん待っている間に店前のチェック。

大きいあさりのオブジェの下のランチメニューを眺めます。
お、さすが若者の街渋谷!ライス無料だ~(∀`*ゞ)エヘヘ

どれにしようかな~と思いながら、看板の横へ回ると…

これは、すごいバランスですね~(*´▽`*)♡ワラ

さて、ギラギラ太陽照りつける中、友達が到着。
暑いので早速入店~\(^o^)/

建物の半地下に位置するこちらのお店の入口。
なんだかとっても渋谷らしい?アーティスティックな扉ですね。

ちなみに目立つ場所にお店の名前が入った看板などはありません。
一応扉とこの窓ガラスの所に張り紙で「あさり屋」と書いてあります。

ま、あのでっかいあさりのオブジェを目印にすればOKですよね(*^-^*)

さて、お店の中はオレンジ色の壁にソファーセットが点在する空間。
一応、壁に向かうカウンター席も用意されていて、けっこうな集客力。

元々、メキシコ料理のお店だったらしい店内はとってもオシャレです(*´Д`)ホエ~

そして、店内壁にはでっかいあさりのオブジェ。

ちなみに後調べですが、このオブジェ開けることもできるそう。
中に入っているのはもちろんこちらのお店で食べられるあさりラーメンの1つだそうです(∀`*ゞ)エヘヘ

さぁ、お店の方から「お好きな席へどうぞ」と声をかけられ、居心地の良さそうなソファー席へ。
こちらのお店は先オーダー後払いなので、とりあえず卓上に置いてあるメニューをチェックします。

メニューは一番デフォルトなスタイルの「あさりらーめん」、絶対合うだろうなと思われる「あさりバターらーめん」。
辛党の人向け?「あさり辛口らーめん」、ちょっと変わり種?「あさりレモンらーめん」、「あさりクラムチャウダーらーめん」。
そして、「あさりチャーシューらーめん」は盛りだくさんの1杯ですね(*‘∀‘)

ちなみに暑くなって来ていたこの日は期間限定の冷やしメニューもありました。

あさり冷やしらーめん、あさりつけ麺も美味しそうですね~(*‘∀‘)

そうそう、私達が訪問時はオープンしてほどないころ。
SNS投稿で¥300引きしてくれるサービスもやっていました。

ま、でも、どうやら今はすでに終了しているみたいです。
ブログ遅くてすいません(*- -)(*_ _)ペコリ

さて、色々メニューがあって迷いますがそろそろオーダー。
お店の人に声をかけ、友達は「冷やしあさりらーめん」、私は「あさりレモンらーめん」を注文。
すると、お店の人に「+\30ですが、あさりレモンバターラーメンもありますよ」と言われます。

おぉ、ランチメニューとば別にラミネート加工された「あさりレモンバターラーメン」。
今日は300円割引もしてもらうつもりだし、ここは1つちょっと贅沢してそっちにしよう~(*´▽`*)

では、それで!(=゚ω゚)ノ

さぁ、無事にオーダーが済んだらセルフサービスのお水などの準備。
セルフサービスの色々は店内一番奥側、厨房と客席を挟む仕切りの手前。

プラス¥150で頼めるドリンクバー用のジュースサーバーなどもここ。

そして、お水はこれまたオシャレななウォータージャグに入ったレモン水。


ちなみに無料サービスのご飯もここに準備してあります(*^-^*)


さぁ、レモン水とごはんを持って席へ戻れば準備完了。


完成する前に、急ぎたくさん置いてある卓上調味料も確認。

グラインドのブラックペッパー、柚子胡椒チューブ、ラー油、お酢、しそふりかけ、フライドガーリック。
そして、これもフリーで使えるの~っと思った「岩のり」が結構大きな瓶に入って置いてあります。

さぁ、見るもの見たしと思ったところで私たちの所にトレイに乗ったラーメンが到着。

あさりレモンバターラーメン980円※SNS投稿で‐¥300引き
うわー( ゚Д゚)、レモンの盛り付け方がおしゃれー。

そして、山盛りのあさりの上にはまだ溶けていないバター。

むっふっふっふ(≧▽≦)、なかなかこりゃうまそう。

それでは、トレイの食べやすい位置にご飯も寄せて準備万端!

いっただきまーす\(^o^)/

まずはバターを溶かさないようにして、スープをごくり。

おぉ~、あさりがじわーっとうまい~(*´▽`*)
あさり由来の旨味みレモンのさわやかな酸味がさっぱり、うんまい!

さぁ、お次は中央に乗っているあさりを掻き分けめーん\(^o^)/

ちゅるりーん(*´ω`*)
そう言えば、後で気づいたのですが麺は細麺と極細麺が選べます。
何も言わなかった私は多分デフォルト…は細麺かな?
でも、思ったよりも太めの中細、ゆるく縮れた麺はもちもち、つるりと滑らかな食感です。

さて、ここから先はたっぷり乗っているあさりも一緒に食べ進めます。
殻付きのあさりを1粒ずつつまんでは食べ、トレイに一緒に乗せてあった殻入れのお皿へ。

手間はかかるが、これがまたいいんだよね~(∀`*ゞ)エヘヘ

そして、このラーメンこんなにあさりが乗っているそれ以外にものっけものアリ。

しっかりと旨味、味付けがされている美味しいチャーシューが1枚(*´ω`*)

ザクザク食感の穂先メンマ。


さぁ、残すところ1/3ほどになった所で岩海苔をプラス~(=゚ω゚)ノ

おっと!Σ(´∀`;)入れ過ぎたー。
瓶についていた小さいトングがうまく使えず、ちょっと瓶を傾けたらざざざーっと…。
ま、でも入れちゃったものはちゃんといただきますm(_ _)m

スープに馴染ませ、麺にからめて見た目はアレだけど~ぱくり~。

うんうん、海の仲間同士あさりと岩海苔は合いますね~(*´ω`*)

さてさて、食べ終わる頃にはすっかりバターはスープと一体になり気が付けばコクがプラス。
たっぷり乗っていたレモンスライスから染みたレモンの香り、ほんのり感じるレモンのほろ苦さも段々とアクセントに。

ところで、こんなにあるんだからレモン齧った方がいいのかな~。
ふとそう思ってレモンスライスを1枚、ぱくり…
(@ ̄□ ̄@;)!!すっぱっ!!
…うん、このレモンは齧らなくてもいいかな…(;´∀`)エヘヘ

さぁ、残すところスープだけになったら締めはやっぱりスープごはん。


ちょっと柚子胡椒を添えていただきます。

これもちょっと見た目アレなんですけど…美味しいでーす(∀`*ゞ)エヘヘ

サラサラっとスープご飯を掻き込んだら、

ごちそうさまでしたー(*´▽`*)
すごいいっぱいあさりが入ってこのお値段はお得かも。

ちなみに私のラーメンに入っていたあさりの殻、こんなにたくさん。

正確な数は数えませんでしたが、少なくとも10粒以上はあったと思います(*^-^*)

ただ私の選んだレモンたっぷりのラーメンは、スープの温度が下がり易い?のかも。
殻付きのあさりを食べていると、手を拭いたりする手間もあります。
モタモタしていたら食べ終わる頃にはすっかりスープの温度が下がり切っていたような気がします。

ま、私は写真を取りながら食べているお行儀の悪い人なので…
もしかしたら普通に食べていればそんなことはないのかもしれませんけど~(;^ω^)
普通のあさりらーめんでもレモンスライスは1枚乗っているので次はそっちにしようかなと思います。

さて、それは次の課題ということで置いといて、こちらは友達が食べたラーメン。

冷やしあさりらーめん750円
こっちはさっぱり冷たいあさり塩スープに刻み梅?がとっても美味しいアクセント。
麺は冷たく締められた細麺、ぐぃんぐぃんとのど越しよし。
乗っているあさりはたっぷりですが剝き身なので、食べるときに手が汚れなくて良さそうでした(*^-^*)

さぁ、それでは食べ終わったらSNSの投稿を済ませてからお会計。
厨房と客席を隔てているレジ周りもとってもオシャレ(*‘∀‘)

そして、お支払い時にSNSの投稿写真をお店の人に見せて¥300の割引をしてもらいます。
こんなにお得に食べられて、逆にお店大丈夫なのかなーとちょっと心配になります。
ごちそうさまの挨拶をしながら、そんなことを私達が言えば、
「今は知ってもらうことが大事なんです」とお店の人は素敵な笑顔付きで答えてくれました。

そんな訳で?ちょっと甘えて店内の撮影などもお伺い。
快くOKしてもらえたので、あさりの効能もしっかりと写真撮影。

夏の終わりのお疲れ、飲んだ次の日に食べるにもあさりらーめんは良さそうですよね(*´▽`*)
ゆったりと落ち着く空間、お店の人もとってもいい感じなのでまた来たいと思います。


2018年124杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキングへ

あさり屋さんの公式Twitterはこちら

あさり屋さんの食べログ店舗情報はこちら
東京都渋谷区神南1-17-2 DIX神南 B1F


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)
スポンサーサイト

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

麺屋 水(渋谷)/水ラーメン+ご飯+替え玉

今日はちょっと暑さが復活してきたので冷たいラーメンをご紹介。
先日、ラー友さんが食べていて気になったので行ってきたお店です。


さぁー!そんな訳で、行ってきたのがこちらのお店~\(^o^)/

麺屋 水 めんや みず
(渋谷・東京都渋谷区)
2018,8,3訪問

こちらのお店は2018年5月17日オープン、いわゆる間借り営業のラーメン屋さん。
ちなみに後調べですがこちらのお店は元々、東京都品川区にて営業していたようです。
ま、その時も営業時間は短く11:30~13:00までと言う短時間営業だったみたいですね。

さて、お店の場所はJR渋谷駅西口より徒歩約2分。

西口から外に出たらバスロータリ抜けて、道を渡りちょうど向こう側。
三菱UFJ銀行の間、横浜銀行の脇を抜けて行きます。

すると、通りに水ラーメンののぼりがすら~り(*‘∀‘)

ちなみに朝連絡をくれた友達に、このお店が気になると言ったところ「一緒に行く」と言うことに。
友達はすでに店前に到着していて、ここで合流。

ま、後にするとすっかり忘れてしまうので入店前に外看板をチェック。

看板には「冷たい!!」と暑い日には嬉しいフレーズ。
もちろん御飯無料、替え玉無料も嬉しいけどね~(∀`*ゞ)ウシシ

ちなみに看板の手前には、麺を引っ張り出した形で留まっている食品サンプル。

麺の質感はちょっと違いますが、けっこう食べたラーメンに近いと気づくのはまた後の話です(*^-^*)

さて、店前には「いかにも」と言った感じの呼び込みの男性。
「エレベーターで4階までどうぞー」と言われ、「あ、ありがとうございます(〃▽〃)ポッ」と答えてエレベーターホールへ。

そうそう、麺屋 水さんは「ARPEGGIO (アルペジオ)」さんというキャバクラで間借り営業。
ちなみに?すごいどうでもいいことですが、私、キャバクラに潜入するのはこれが初めてです(*´σー`)エヘヘ

ドキドキ、わくわくしながらエレベーターで4階へ。
お店の入口手前に券売機があったので、とりあえずそれを見てみます。


券売機のボタンは左から「水ラーメン」「水ラーメン×2杯」「水ラーメン×3杯」。
メニュー違いではなく一度に何杯買うかって選択なんですね(*‘∀‘)

その他にあるのはアルコールメニューの「生ビール」と「ハイボール」。
ちなみにライス無料・替え玉無料のボタンはありましたが、ボタンを押しても特に食券は出ませんでした(笑)

それでは購入した食券を持って店内へ。
入口すぐの場所に柱があり、そのそばに立っていたお店の方が食券を受け取り。
「お好きな席へどうぞ」と言われ、空いていた奥のテーブル席へ。

客席はさすがキャバクラ?という感じで全てテーブル席、一応衝立があって店内を分割。
私達が着いた席の反対側、衝立の向こうからは女の子のキャッキャ、ふふふな声が聞こえてきます。

おぉ~、間借り営業って聞いてたけど女の子もちゃんといるんだ~(*‘∀‘)
ちなみに?一緒にいた友達に聞いたんですが、こういうの昼キャバって言うらしい。
ほぉ~、キャバクラって夜だけじゃないんですねー(*‘∀‘)

さてさて、薄明りの店内は何気に落ち着く雰囲気。
お水はセルフサービスかと思いきや立上った私たちに「お持ちしますよ」とお店のスタッフさん。
すぐにお水とおしぼりも持ってきてくれました。

お水がグラスじゃなくビールジョッキっていうのもなんだかニヤリ。
思わず友達と水でカンパイしてしまいました~( ・▽・)っ凵凵c(・▽・ )www

さて、それでは完成前にテーブルの上をチェック。

置いてある卓上調味料はS&B「さんしょうの粉」。

紙ナプキンの代わりに置かれているポケットティッシュには「麺屋 水」さんのチラシ入り。


そして、意外と席に着いてからあっという間にラーメンが完成。

水ラーメン680円
おぉぉ~、三つ葉テンコ盛り~(*´▽`*)

先述していた友達が「ご飯も合うよ」と言っていたので無料のご飯についてお伺い。
すると、ご飯は入口すぐに用意しているのでご自由にどうぞ、とのこと。
友達は替え玉をするから大丈夫と言うので、私だけ取りに行ってきまーす\(^o^)/

ごはんが置いていある所はこんな感じ。

ご飯以外に暖かい?お茶と分厚く切られた黄色い沢庵も置いてあります。

そして、チラリと見上げた張り紙。

ハイボールも飲み放題…って券売機でハイボールの券を購入したらそうなるのかな?
水ラーメン680円だって十分お得感あるのに、もしそうなら採算は取れるんだろうか~(・∀・)

ま、そうは言いながら使えるサービスは使わせていただきます(∀`*ゞ)エヘヘ

さぁ、ご飯もばっちり!

ちょうどいい場所に器を並べて…

いただきまーす\(^o^)/

では、まずはスープからごくり。

おぉぉ~(*´▽`*)優しい~♡
油感を感じないスープは魚介系の和風醤油スープ。
ひんやりと冷たくてスープと言うより「お出汁」と言う方がぴったりとくる和風な味わい。

そして、出汁氷が1つ添えてあるのもポイント。

これがあればスープがぬるくなるのも防げますね(*´ω`)

さて、続いて麺をいただきます。

おー!ぷりっとうんまい!(≧▽≦)
麺は中太縮れ麺、つるつるとして麺肌で冷たいスープがよく引っかかって口に入ります。
噛むともちもち、それでいてきっちり冷たく締められているからコシもしっかり。
うん、すごい食べ応えあってうまーい(*´ω`*)

それではのっけものの鶏チャーシューをいただきます。

お!これうまい!((๑✧ꈊ✧๑))
スープとは違うしっかりとした味が染みていて、これはなんだか鶏ハム?みたいな感じ。

そして、この鶏チャーシューを食べた瞬間に私がとった行動はコレ!

オンザライス~\(^o^)/
鶏モモ肉にしっかりと染みた塩気、コリコリとした沢庵。
スープが冷たいから、この暖かいご飯との温感の違いがまたいい感じで美味しいです~(*^-^*)♡
ちなみにこのご飯は麦ごはん、香りと程よい麦飯の食感がとっても心地いい。

さて、鶏チャーシュー以外には甘めの味付けのシャクシャクメンマ。


山盛りのミツバはこの和風のスープに爽やかなアクセントを加えます。


そして、謎のカリコリとした食べ物。

お漬物かな…?うむ、これもご飯にも合いそうだ~(*‘∀‘)♡

さて、見た目にも美しい半熟玉子をぱくり。

残っていた麺もすっかり食べ終わたところで、替え玉もお願いしちゃいました(∀`*ゞ)エヘヘ

替え玉のコールしてから、ほどなく別皿にて替え玉到着。

替え玉 無料

さて、麺だけ食べるとどんな感じなんだろう~。

ぱくり、ちゅるり。
…うん、普通にラーメンらしい味のするもちもちプリッとした麺だな(*‘∀‘)

やっぱりスープに入れた方が美味しいってことで、お出汁にどーん!\(^o^)/


そして、唯一置いてある味変アイテム、さんしょう粉を少々。

ほんのり感じるシビレが優しいお出汁といい塩梅。
でも、入れ過ぎるとお出汁の旨味が変わり過ぎてしまうので注意です(*^-^*)

さぁ、優しいお出汁のおかげで替え玉もなんなくぺろりと完食。
最後は残しておいたご飯に水ラーメンの具材を綺麗に拾って乗せまして~

自作の出汁茶漬け!\(^o^)/
暖かいご飯に冷たいお出汁、鶏モモ肉に三つ葉と豪華。
鶏モモ肉をもっととっておいたら、鹿児島のご当地名物「鶏飯」って言ってもいいかもしれませんね。

さて、自家製「鶏飯」を食べ終わった後も、残っているスープを名残惜しんでごくり。

はぁ~、このお出汁とっても優しいわ~(*´▽`*)
食べ終わるころには出汁氷はすっかり溶けきってしまいました。
でも、その分お出汁の旨味が感じやすくなっていたと思います。

ま、そうは言ってもごはんに替え玉まで食べたのでかなりまんぷく。
スープは全部飲まずに終了です。

ごちそうさまでしたー( ´ ▽ ` )
いやー、まさかキャバクラで?こんな美味しいラーメンが食べられるとは驚き。
しかも、こんなにコスパがよくてお腹いっぱい食べれらて大満足です。
冬になっても冷やしラーメンなのかな~とも思いますが、まだまだ残暑は厳しそう。
これはまた機会があったら食べに来たいですね(*^-^*)


2018年157杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキングへ

麺屋 水さんのホームページはこちら

麺屋 水さんの食べログ店舗情報はこちら
東京都渋谷区道玄坂1-7-10 新大宗ソシアルビル4F


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

麺恋処いそじ(代々木)/【夏季限定】冷し中華(中盛)

こんばんは、今日も暑かったですねー(;´∀`)
という訳で?今週の火曜日、同僚たちから「冷やし中華が食べたい~」ってリクエストをもらいました。


うむむ、そこでちょっと考えてピピンと思い出したのがこちらのお店。

麺恋処 いそじ めんこいどころ いそじ
(代々木・東京都渋谷区)
2017,7,31訪問

こちらのお店はJR代々木駅西口より徒歩約4分。
駅から出たら目の前の大通り左側を歩き、代々木ゼミナール本部ビルの横の下り坂をまっすぐ降りていけばお店。

ちなみに?小田急電鉄小田原線・南新宿駅からでも徒歩約4分。
JR新宿駅からは徒歩約13分と暑くない季節ならば、新宿駅からでも徒歩圏内です。

さて、この日私たちが到着したのお昼のピークタイムど真ん中!
いつも行列が出来ているイメージのこちらですが、なんと付いた時にはびっくり並びなし。
これはいいところに来たぞ~、サクッと店前の写真を撮ったら早速入店です(≧▽≦)

引き戸を開けて中に入れば「いらっしゃいませー」と程よいトーンのお声がけ。
こちらはローカウンターテーブル10席に対し、厨房に3人・ホールと厨房を行き来する店員さん1名の4人体制。
久しぶりの訪問ですが、行き届いた接客と物腰の柔らかい感じがこちらのお店の特徴ですかね(*´ω`*)

それでは「まずは食券をどうぞ」のご案内で券売機に向かいます。

こちらの基本メニューは「中華そば」「味噌中華そば」「つけ麺」「味噌つけ麺」の4種類。
それぞれのメニューに+¥200でできる特製仕様「🉐まるとく」設定あり。
そして、麺量は並210g・中盛315gが同一料金、大盛420gは+¥100。

そうそう、こちらは並盛でも結構ボリューム満点なんですよね~(*´▽`*)

ま、今日の私達の目的は季節限定の「冷やし中華」。
お金を入れたら券売機一番上、麺量の案内の下にある青いボタンをポチリ。

買った食券はその場でお店の方が受け取ってくれて、この時に麺量も聞かれるので私はもちろん?中盛~\(^o^)/

全員同じメニューなので、バラバラ着席でもOKでしたがお店の方からは「少しお待ち下さい」と言われてしばし待機。
券売機横にある丸イスに腰掛けて待つこと少し、3人並びの席が空いたところでご案内。

席に着けばカウンターの上に水の入ったグラスが到着。
暑かったのでごくりとお水を頂けば、はぅ~生き返る~(*´▽`*)♡
ちなみにこちらのお店、お水のお代わりは卓上にある水ポットでセルフサービスです。

その他、久しぶりですし卓上調味料の確認。

置いてあるのは酢、コショウ、唐辛子、ブラックペッパー。

そして、それが済んだら目の前で調理されていくラーメンを眺めながら同僚たちとおしゃべり。
ちょうど調理している所が見やすい席だったのですごいラッキーでした~(*^-^*)
どろ~っと粘度のあるタレ、あれはきっと冷やし中華のもの。
ニヤニヤ?しながら見ていると、完成前にお店の方から「辛子はお付けしていいですか?」とお声がけ。

3人そろって「お願いします」と答えれば、ほどなく冷やし中華が完成でーす\(^o^)/

冷し中華(中盛)940円
おぉ~(*´▽`*)とってもカラフル~♡

乗っているのはヤングコーン、トマト、青菜。


縞目の入ったきゅうりは1/2本分、そしてメンマ。


トマトの下に置いてある、茶色い塊はタレを凍らせたもの。

これがあることで、最後までひんやりとこの冷やし中華を味わうことができます。
実は私はこの冷やし中華を初めて食べた時、思わずこれを齧ってしまってびっくりしたんですよねー(∀`*ゞ)エヘヘ

さて、お店の人から提供時に「最後にスープ割りもできますのでよかったらお声がけください。」とのご案内。
はーい(≧▽≦)もちろん、それも楽しみにしてまーす。

では!そろそろいただきます。

まずは麺を引っ張り出したらゴロゴロしてしまいそうな味玉からぱくり。

半熟だけど、割としっかり茹での味玉は味の染み具合もしっかりめ(*^-^*)

さて、続いてがっと麺をつかんで、ぐぐっと持ち上げます。

冷たい麺ですからヤケドの心配もなし、そのままがぶり。
うんまっ!!(≧▽≦)
冷たい水でしっかりと締めた麺はもちもち、ぷりぷり、しっかりとしたコシがあってとっても美味しい。
中盛で315gは結構量が多いですがここは麺に恋するお店、毎度ぺろりと平らげていたのはちゃんと覚えています。

そして、この冷やし中華のタレがまた他では味わったことのない感じ。

ひんやりとして、質感はどろっとしているけど決してしつこくない。
節の効いた魚介が味の要になっていて、旨味は強いが見た目よりもさっぱりとしてするすると食べられます(*^_^*)

それでは、麺をズババババっとタレが絡む麺を食べつつ乗っている具も合間にパクパク。

程よい塩気が染みたチャーシュー。

カリカリとした食感が小気味いいメンマ。


サクサクとした食感のヤングコーンは自然な甘味が美味しい(*´▽`*)


くし切りのトマトはちゃんと湯剥きがされていてとっても丁寧な仕上がり。


そして、数年前に食べた時はなかった青菜の和え物。

ごま油が使ってあるのかな?コクのある味わいでいいアクセントになっています(*^-^*)
ちなみに?以前食べた時はさっと湯がいたオクラが縦半分に切って乗せてありました。

でも、麺の中から見つけて一番びっくりしたのがコレ。

春雨?Σ( ・ω・ )
あれー、前は入ってなかったよな~…と思いながら食べてみると麺とは違うプリっとした歯ごたえがいい感じです。

ちなみに?後でその話を別の友達にしたら、中華料理屋さんの冷やし中華に春雨が入っている事があるそう。
なるほど…いそじさんの冷やし中華は中華料理屋さんの冷やし中華に近づいた?ってことなんでしょうかね?(∀`*ゞ)エヘヘ

さて、たくさん乗ってた具材はすっかり食べ終えて残すところは麺だけ~。


すっかりタレがよく絡んだ麺に辛子をちょい、ぱくり。

むふー(≧▽≦)ツーンとキタ~!
でも、冷やし中華に和辛子の辛味って合いますよねー。

そして、ふと思いついたのですが冷やし中華ですから…お酢の味変もいいんじゃない?

スッキリとした酢の酸味が味に小慣れた舌にいい刺激です。
ま、入れ過ぎ注意!私はレンゲの上に少し垂らして麺を浸け食べしてみましたよ(∀`*ゞ)エヘヘ

さて、麺を全部食べ終わったところで…あ、海苔食べ忘れてた。
えへへ、こういう海苔の食べ時っていつもよくわからなくなっちゃうんですよねー(・∀・)エヘヘ

とりあえず?残っていたタレに浸してぱくり。

さぁ、この時点で私が残したタレはこれくらい。

では、お店の方に声を変えてスープ割りをお願い。
すると「箸もレンゲも入れたまま器をどうぞ」とのこと。

言われるままに丼をお渡しすれば小ぶりな器に残りダレを注ぎ入れ、暖かいスープをさらに足す。
仕上げに薬味を少々追加して、私の手元に返ってきました。

なんて丁寧…(〃▽〃)ポッ
元の器にスープを入れてしまったっていいはずなのに…

それでは、スープ割りをいただきます。
ごくり。

はぁ~、甘うんま~い(*´▽`*)ホッ♡
元々のタレは節を効かせたものですが、スープ割りをしてもらったことで今までなかった甘味を感じます。
そして、冷房と冷たい麺でしっかりと冷えた体にこの暖かい〆のスープが心地いい。

ごくごく。

はー、ごちそうさまでした~(*´▽`*)♡
久しぶりに食べたけど、いそじさんの冷やし中華は相変わらず美味しいな~。
乗っている具材などはちょっと変わっていたけれど、それはそれで新発見もできて楽しかった。

ちなみに?やっぱりこの季節は冷やし中華の注文が多いですがつけ麺も結構出ていました。
実はレギュラーメニューでつけ麺だけ食べていないので、これはまた機会を見つけて食べに行きたいと思います。
ま、でも、暑いし冷やし中華があるうちは、冷やし中華食べちゃうかな~(∀`*ゞ)エヘヘ


2018年154杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキングへ

麺恋処いそじさんの食べログ店舗情報はこちら
東京都渋谷区代々木1-14-5

2014年に食べた冷やし中華のブログはこちら


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)


同僚とのラーメン部会の記録まとめはこちら

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

中華麺店 喜楽(渋谷)/ワンタン麺

さて、この日の私は友達2人とランチラーメン。
お互いのこの後の予定などを考慮して、渋谷辺りでラーメンを食べようと言うことに。
どこに行こうか~…と上がった候補の中から、友達1人が行ったことがないと言っていたお店に行くことに。


そのお店がこちら~\(^o^)/

中華麺店 喜楽 ちゅうかめんてん きらく
(神泉・東京都渋谷区)
2018,4,24訪問

こちらのお店は創業1952年、渋谷を代表する老舗の中華麺店。
いつ行っても満席御礼、通りがかればいつも外並びが出来ている人気のお店。

さて、こちらのお店の場所は最寄り駅は京王井の頭線・神泉駅。
ですが!各線の渋谷駅からでも徒歩6分ほどなので、私はJR渋谷駅より向かいます('◇')ゞ

ま、ただ…私すごい渋谷で道に迷うんですよね…(;´∀`)
頼みの綱の友達とはお店合流、ここはもちろんスマホの地図アプリを立ち上げて。

さぁ、渋谷駅ハチ公口改札から出たら目の前のスクランブル交差点を渡ります。
この時向かう道をいつも間違うんですが、この日は間違えずにどうにか到着。
ちなみに?正解は「109」の左側を「道玄坂通り」を直進です!('◇')ゞ

さて、道玄坂をてくてく登っていきながら、道の右手側を見ていると目印を発見。

しぶや百軒店(ひゃっけんだな)商店街のアーケード?門をくぐったらお店まであと少し~\(^o^)/

ここを道なりにまっすぐ上がっていくとお店に到着。

友達2人はすでに店前、私の姿を見つけて手を振っていました。
「今日は迷わずに来れたよー」なんておしゃべりしつつ、外並びの最後尾へ。

ま、でもタイミングが良かったのか外並びしている人は3人。

店内に案内される間にさっくりと店前の写真を撮影。

入口脇にはどーんとでっかい立て看板のメニュー。

店内にもメニューがあるけど、「何食べようかな~?」と考えるのにちょうどいいですね。
もちろん私たち3人はどれにしようかとあれこれ相談していましたよ(∀`*ゞ)エヘヘ

さて、こちらのお店は回転がいいのでほどなくご案内。
お店の人から2階席へどうぞと言われて、細くて急な階段を上っていきます。
そうそう、ちなみに?こちらのお店は1階席はカウンターテーブルだけの7席。
2階は全てテーブル席の全20席で2人以上で来るとすると必ず2階席になるようです。

ちなみに?私は初訪問した時の2階席で相席。
今回も4人掛けのテーブルで3人+1人での相席となりましたが、だからこそこちらのお店は回転がいいですね(*‘∀‘)

さて、それでは席に着いたらテーブルに置いてあるメニューをチェック。
片面は麺類の部、塩の部、ワンタンの部。


そして、裏面は料理の部、御飯の部、飲物の部。

中華麺店ならではの料理の数々、こういうの見ると炒飯も食べたくなるな~(・´з`・)

ま、でも今日は前回の私からのアドバイスをもとに「ワンタン麺」をオーダー。
実は初めて来た時のブログを読み返したら次は「ワンタン麺」食べたいって書いてあったんですよね~(∀`*ゞ)エヘヘ

さて、それそれメニューが決まったのでお店の人に声をかけてオーダー。
それが済んだらまずは卓上調味料のチェック。

置いてあるのコショウ、ラー油、酢、醤油と中華麺店さんらしいラインナップ。
ちなみにグラスに入ったお水が運ばれてきますが、お代わりは水ポットがテーブルに置いてあります。

さて、おしゃべりしながら待つことしばし私たちのテーブルにお料理が到着~\(^o^)/

ワンタン麺850円

わー、ワンタンたっぷりだ~(*´▽`*)

1、2、3、4つ…は乗っているかな?
前回食べた中華麺に+150円でこのボリュームは単純に嬉しいゾー(≧▽≦)

さて、それではアツアツなうちにいただきます。

…とか言いつつ、こちらのスープはすごい油膜しっかりなんですよね。
ふーふー、と少し冷ましてからごくり。

くぅー(≧▽≦)ネギ油のパンチがたまらーん!
昔ながらの醤油スープ、そこにたっぷりと浮かんだ揚げネギのコク。
初めて食べた時もこの優しいようでいて、ガツンとパンチの効いている旨味にびっくりしたんですよね。

さぁ、続いて麺をいただきます。

うんまーい!(≧▽≦)
麺はもちもちとした中太、コシもあってしっかりとした麺を食べているって感じ。
普通の中華麺を想像していた私は初訪問の時、このしっかりとした麺にすごく感動したんですよね。
そして、再び食べてやっぱりこのしっかりとした麺は美味しいな~と再確認しました(*´ω`*)

さて、それではここからは麺以外も食べていきます。
まずはシャキシャキ茹でもやし。


もちろんそのまま食べるもよし、麺と一緒に食べて食感の違いを感じるのもよし。

スープにガツンとネギ油のコクが効いているので、合の手に食べてお口直し?にもなりますね(*‘∀‘)

さぁ、前回の私が食べてみたかったと言っていたワンタンにもがぶり~(*´▽`*)

ワンタンの肉餡は小ぶりながらもぎゅっと肉の旨味が詰まっていて美味しい。
つるりと滑らかなワンタン皮は割としっかりとしたタイプで幅広麺を食べているみたいな感じもありますね。
そして、食べながら数えていたのですが、数は全部で5?6?くらいあったので麺量並盛でもボリューム満点。

その他には厚みもほどよい、味の染みたチャーシューが1枚。


しっかりと火の入った煮卵はレンゲの上に乗せてスープと黄身を溶いてぱくり。

うんうん、ハードボイルドの黄身は朧月にして食べるのがいいよね~(・´з`・)♡

さて、終盤はお酢で味変。

コクのある醤油スープにお酢を入れるとさっぱり、すっきり。
酢の華やかな香りもプラスされて、この味に小慣れていた舌も喜びます。

麺と具などをすっかり食べ終わった後は、ついついスープとお水のエンドレスコース入り。
でも、スープの量はたっぷり、さすがに全部飲むのはちょっと難しいな~ってことで程よいところで終了。

ごちそうさまでした~(≧▽≦)
再訪するまでに数年かけちゃったけど、やっぱりこちらのお店は長年愛されているだけあって美味しい。
ちなみに同行した友達のうち1人はこちらは初訪問で私と同じワンタン麺をオーダー。
それはそれは大満足、お店を出てからもしばらくこのラーメンの話をしていましたよ。

そして、今回、私と同じく2度目の訪問を果たした友達が食べたのがこちら。

もやしワンタン麺950円
このメニューはこちらで人気の「もやし麺」にワンタンをプラスした豪華な1杯。
ちなみに?私ともう1人が食べたワンタン麺にもモヤシは乗っていますが、こちらのは「炒めもやし」。
量もちょっと多い?そして、もやし以外にもニラ、にんじんなどがプラスされています。

ま、食べ終わった後に「炒めもやし」だったことに気づいたので味交換はしませんでしたが友達の感想によると、炒めもやしが加わることで、更にこってり?としたコクのある1杯になっているそう。
後気づいた点としては、こちらの代表的になメニュー「もやし麺」系は半煮玉子は乗ってません。
玉子好きの私としては…やっぱりワンタン麺でよかったのかな~とも思ったりして(∀`*ゞ)エヘヘ


2018年82杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキングへ

喜楽さんの食べログ店舗情報はこちら
東京都渋谷区道玄坂2-17-6

初訪問、中華麺を食べた時のブログはこちら


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

札幌ラーメン 前川(恵比寿)/味噌ラーメン+炒飯

本日のブログに出てくるお店は2018年4月28日をもって閉店してしまったお店。
もう食べることができません、でご了承下さい(*- -)(*_ _)ペコリ


ちなみに私がそのお店の閉店を知ったきっかけは、ラー友さんが上げたSNSのコメントと写真。
こちらのお店、いつか行ってみたいなと思いながら営業時間が昼11:00~14:00まで。
なかなかハードルが高く行きそびれていました。

昭和43年創業、きっとこの閉店を惜しむ常連さん達でにぎわっている。
思い入れの少ない私が行くのはなんだか申し訳ないと思いつつ、最後に1回だけ食べたいと訪問しました。

そのお店がこちらです。

札幌ラーメン 前川 さっぽろラーメンまえかわ
(恵比寿・東京都渋谷区)
2018,4,23訪問

藍色の生地に白抜きの文字とその周りを縁取る雷紋。
一目見てこのお店でラーメンが食べられるって分かりますね(*´ω`)

ここに来るのはこれが最後になっちゃうので別角度の写真も。

ちなみにこちらのお店の場所はJR恵比寿駅東口からは徒歩約4分。
東京メトロ日比谷線・恵比寿駅からだと徒歩5分。
私はお昼のピークタイムを外した午後13時頃に訪問、タイミングがよく外の並びは3人ほどでした。
でも、私が写真を撮ろうと構えると皆さんそそそっと脇に避けて下さって…ありがとうございますー(*´ω`*)

そんな訳で?列が進むのにつれて写真を少しずつ撮影。

近づいてきたゾ~。

…と、ぴったり窓際のそばに来た時店内の張り紙が見えました。

50年間ここにあったものがなくなる理由が「立退」と聞くとなんだか切ない。
ここに来るのが初めての私がそう思うくらいなのだから、常連さんの気持ちを考えるとそこはさらに複雑。
ま、でも、せっかく来たのだからラーメンを楽しみます!!(=゚ω゚)ノ

さて、こちらのお店の回転は結構早く、待ち始めてほどなく先頭。

入口すぐ脇には綺麗だけど、なんだか時代を感じる立て看板。
ペプシマークの下にお店の名前が入っていて、これはとってもレア?ですよね(*^_^*)

そして、先頭暖簾の下にいれば中から女性の方のお声がけ。
「1人です」と言えば、「奥どうぞー」とのご案内がありありました。

では!と暖簾をくぐって店内へ。
こちらのお店の客席はかなり小スペースの厨房を囲む、L字の長辺の部分が歪曲したカウンターテーブル9席。
入口手前が短い辺、長い辺の部分は奥へと続いていてちょっと後ろは狭い感じ。
「すいません」と言いながら案内された奥の席へ移動していけば、先に座っている人達は自然な様子で体を少し寄せてくれます。

さて、着席。
席と席の間もそれほど広くはないけれど、皆肩を寄せ合って思い思いの物を食べている姿はなんだかいいですね(*´ω`*)

ちょっとほのぼのした気持ちになりながら、店内に貼られている献立表を見上げます。

こちらの献立は「麺類」「サッポロ麺類」「御飯類」「一品料理」の4種類に分かれています。
麺類の一番最初のラーメン430円を筆頭に、一番高い味噌チャーシューメンでも750円でとってもお財布に優しい価格設定。

ちなみに?私がいた間によく出ていたメニューは「味噌ラーメン」と「炒飯」。
中には「炒飯大盛り」や「味噌ラーメン、餃子、ライス」なんて組み合わせの方もいらっしゃいましたね。

それでは、私も程よいところでお声がけしてオーダーを済ませます。
その後は出してもらったグラスのお水を飲みつつ、ご店主さんの調理姿を眺めたりしてのんびりと。
ここで55年働いているご店主さんはやはり年配の男性、そのサポート役は奥さんでしょうか?
息の合ったやり取りがとっても素敵でした(*^-^*)

さて、そんな感じで待つこと少し、まずは私のところにこちらが到着。
写真撮っていいですか?とお伺いしてからパシャリ。

味噌ラーメン520円
おぉ~(*´▽`*)この飾らないワイルドな盛り付けがいいですね~。

では、早速いただきます。
まずはスープをふー、ふー、ごくり。

アツアツ、ウマ味噌~(≧▽≦)♡
シャバっとした味噌スープは、ラードも効かせてあってとってもアツアツ。
味噌の甘味と一味唐辛子が少々効いていてほんのりピリ辛。
間違いなく「昔ながらの」身体の記憶に沁みついている味噌ラーメンのスープです~(*´▽`*)

続いてめーん\(^o^)/

麺は縮れた中細麺、ぷりぷりとした歯ごたえで味噌ラーメンらしい組み合わせ。
縮れた部分にスープが引っかかっているから、程よく口の中にスープが入ってきます。
これは絶対汁はねするけど、これぞ味噌ラーメン。
そして、シャキシャキの炒めもやしと一緒に食べると食感の違いがまたうんまい!(≧▽≦)♡

さて、のっけものは小ぶりな豚バラチャーシュー。

味しみしみ、ちょっとしょっぱめだけど豚バラの脂身が甘くてうんまい。

メンマは色黒、平打ちでこちらもしっかりと味が染みています。


さて、味噌ラーメンを食べ進めている所にスープとたくわんが到着。


( ̄▽ ̄)えへへ、もう来れないと思って欲張ってこっちも注文しちゃいました。

炒飯590円
うわ~(*´▽`*)、こっちもとっても美味しそう~。

ただ、すいません!(≧◇≦)
あまり広くないカウンターテーブルの上を1人ですごい占領。
なので、両隣の方がそっと自分のスペースを横へずらしてくださって本当に助かっちゃいました。
ありがとうございます!(≧◇≦)

さぁー、それではアツアツなうちに炒飯もいただきまーす。
がぶり!(^O^)

うんまっ!!(*´ω`)♡
出来たてアツアツの炒飯は卵、ネギ、チャーシュー、しとパラ系の仕上がりで味付けは塩コショウ。
添えてあるスープはネギの清涼感がアクセント。
醤油味のラーメンを食べたらこんな感じなのかなと思わせます。
そして、炒飯もスープも割と優し味付なので、付け合わせの黄色たくわんがちょうどいい合の手になりますね(*´ω`)

さて、ここから先は完食に向けてガッツガッツと食べ進めます。
味噌ラーメンをふーふー、ずるずる、アツアツの炒飯をハフハフ、もぐもぐ。
なんとなく周りの人達もそんな感じで、勝手な一体感を感じつつ気づけば完食。

ぷはー、ごちそうさまでした(≧▽≦)
欲張って2種類、普段の私ならば2回分のご飯を一緒に食べたのでさすがにお腹いっぱい。
文句なしのまんぷくはっぴーでーす\(^o^)/♡

さて、ランチタイムのピークは過ぎていましたがお客さんが入れ替わり立ち代わり。
私も食べ終わったらお声がけをしてお支払い、ごちそうさまのご挨拶をして立ち上がります。
すると私の奥に座っていた方が、私が外に出るためにわざわざ立ち上がってくれました。

そう、こちらのお店入口は1つですが、奥に店脇を抜けて通りに出られる出口がもう1つ。
先に一番奥に座っていた人が帰った時に気づき、後から奥に座った方がここからも出られることを教えてくれました。
通りやすいように立ち上がって下さって本当に恐縮しちゃいます。
もちろんお礼を言って、そして、裏口を出る所でご店主さんにももう一度「ごちそうさまでした、美味しかったです」と言うことができました。

こちらのお店にはこれが最初で最後。
味ももちろん美味しかったですが、何よりもお店のお人柄?が素晴らしかった。
もうこの場所がないと思うととても残念ですが、最後に行くことができて本当によかったです(*- -)(*_ _)

2018年81杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキングへ

閉店前の札幌ラーメン 前川さんのお店の情報はこんな感じでした。
東京都渋谷区恵比寿1-22-10


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

お知らせ
ラーメンブログランキングに参加しています(^ム^)
プロフィール

もりみ

Author:もりみ
1日1ラーメン食べられたら幸せですが、周りが心配しますし体力的にも経済的にも無理なんでボチボチやってます
(*^^)v

最新記事
カテゴリ
タグ

新宿区 杉並区 小金井市 中野区 千代田区 武蔵野市 渋谷区 北区 豊島区 調布市 練馬区 千葉県 番外編 埼玉県 中央区 荒川区 台東区 三鷹市 世田谷区 ラーフェス 国分寺市 ラー飲み 港区 青梅市 葛飾区 文京区 目黒区 神奈川県 江東区 品川区 立川市 足立区 昭島市 墨田区 カップ麺 うどん まとめ 板橋区 大田区 チェーン店 福生市 江戸川区 茨城県 府中市 国立市 閉店 自宅麺 曙橋 国分寺 東大和市 町田市 八王子市 西東京市 小平市 日野市 浜田山 長野県 多摩市 宮城県 コラボ 蕎麦 あきる野市 広島県 日本蕎麦 練馬 阿佐ヶ谷 

ラーメンブログ リンク

ラーブロ
ラーメンブログ専門リンク集「ラーブロ」に登録しました
\(-o-)/設定ってむずかし~
月別アーカイブ
FC2カウンター
訪問ありがとう~
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード