麺処 びぎ屋(学芸大学)/醤油らーめん 半熟味付玉子入り

さて、学芸大学駅周辺ラーメン散策、2軒目を食べ終わったその続き。
友達は用事があると言うことで、駅まで一緒に戻りお見送り。

で?私は「せっかくなかなか来ない場所に来たからな~」と、もう1軒行くことしました(〃'∇'〃)ゝエヘヘ


そんな訳で、ずーっと気になっていたこちらのお店へ。

麺処 びぎ屋 めんどころ びぎや
(学芸大学・東京都目黒区)
2017,12,9訪問

こちらのお店は2009年のオープン以来、学芸大学駅周辺のラーメン屋さんと言えば名前がすぐにでてくる人気店。
ミシュランガイド ビブグルマン店であり、店舗はこの本店以外にニューヨーク、シンガポール、そしてご店主さんの故郷である静岡県に2店舗を展開しています。

さて、こちらのお店の場所は東急東横線・学芸大学駅東口より徒歩約5分。
「風は南から 学芸大学店」さんへ向かうときにも通った「東口商店街」を道なりにまっすぐ。

賑やかな商店街、道の左側を見ているとお店に到着。
そして、到着したのはお昼のピークタイムも過ぎた午後13:30頃ですが、ガラス戸を通して覗く店内は満席。
店内には立って待っている人がいるのも確認できますので、動きがあるまでしばし店の外で待機します。

前客の人が帰り、店内待ちの人が席に着き店内に入るスペースができた所で入店です。
ガラリと引き戸を開けて中に入れば「いらっしゃいませー」と活気のあるお声がけ。
ぺこりと会釈を返してから、入口すぐにある券売機に向かいます。

おー、券売機の左上に書いてある「柚子香る白醤油らーめん」って名前にすごい惹かれますね~(*゚∀゚*)

さて、券売機の一番上大きいボタンに並ぶのは醤油らーめんのラインナップ。

そして、一段間を空けて「醤油つけめん」のボタンが並びます。

気になった「柚子香る白醤油らーめん」のボタンはどこかなー?とちょっとキョロキョロ。
そうしている内にもう1人、人が入ってきちゃって見つからないボタンにちょっとアワワ。
むー!!ま、また来ればいいやっ!(≧◇≦)

って事で、今日は醤油らーめんにします(〃'∇'〃)ゝエヘヘ
そして、味玉は…さっきの反動か?思わず付けちゃった( ̄▽ ̄)エヘヘ

さて、食券を買ってから少し店内待機した後、席へご案内。

使い込んだ飴色のL字カウンターテーブルは全部7席。
どうやらテーブル席もあるようですが、入口に近い方のカウンター席端に座った私は全然気付きませんでした(笑)

さぁ、席について食券をお店の方にお渡し。
それから、L字カウンターの角にあるウォーターサーバーまで戻ってお水の準備をしたら完成までは周りをチェック。
まずはらーめんについての解説。


そして、イラストでのメニュー案内。

写真はわかりやすいけど、イラストも味があっていいですね~(*'▽'*)

卓上調味料は粗挽きブラックペッパー、一味唐辛子。


そして、「柚子薫る白醤油らーめん」で使っているであろう白醤油のご案内。

そうそう、見つけられなかった「柚子香る白醤油らーめん」のボタン。
後でよく見たら、醤油らーめんの食券を買って現金で100円添えての口頭オーダーしてくださいって書いてありました。
人って慌ててると色々見えなくなっちゃうもんですねー(〃'∇'〃)ゝエヘヘ

まぁ、今日は醤油らーめんを食べる運命だったんだ~ってことで完成でーす\(^o^)/

醤油らーめん 半熟味付玉子入り850円
ふわぁ~( *´艸`)穏やかに香るスープに思わず顔が緩みます。

それでは、いただきます(*^-^*)

まずはスープからごくり。

おぉぉぉ~、おーいーしーい~(*´▽`*)♡
じわーっと身体に染みこむ、どちらかと言うと和の趣のラーメンスープ。
節に味にインパクト置いたスープは、丸鶏の旨味などもあって滋味深くとっても美味しいです(≧▽≦)

続いて麺をいただきます。

麺はさっくりとした細麺ストレート、滑らかな麺肌も気持ちいい。
そして、麺は食べ進めるうちにスープを吸ってシコシコとした食感に変化していくのもいいですね(*^-^*)

さて、のっけもののチャーシュ-は2種類。
1枚は甘めの味付けの焼豚タイプ。

プリッとしまった豚肩ロースの焼豚は、外側から内側に向けて味の濃淡がありとってもうんまい!(≧▽≦)

そして、もう1枚は豚バラ肉の煮豚のチャーシュー。

よーく沁みた豚バラ、最後にふわりと生姜?なんだか爽やかな風味があってこちらもうまい。
むふー!!(≧▽≦)これは、チャーシュ-増ししたいわー

さて、チャーシュ-以外ののっけものも素晴らしかった。
まずはザクザクとした食感の気持ちいいメンマ穂先


そして、メンマも2種でこちらは平打ちタイプ。

味付けはどちらもスープとのバランスのいいもので、メンマ好きの私は大満足。

薬味はシャキシャキとした白髪ネギ、彩りの万能ねぎ。


そして、勢い余って頼んだ味玉♡

程よい半熟、味しみ具合、らーめんのスープとの味のバランスも最高です!(≧▽≦)

3杯目だというのに気が付いたら、器の中身が空っぽ。
思わず名残惜しくて、卓上調味料に置いてあった一味唐辛子で味変。

お!!辛味でキリっと味が締まった(*‘∀‘)♡
そのままでも十分美味しいスープだけど、こうやって味変をした時の違いを感じるのって楽しいですよねー(*´▽`*)

さぁさぁ、さすがに今日は塩分過多なのでスープは残して終了です。

ごちそうさまでしたー(*´▽`*)
ぷはー、美味しかった~

3杯目でもぺろりと食べれるこのバランスの良さはすごい!
店内の客層が老若男女と言うのもうなずける、この味が嫌いな人っていないんじゃないかな~?(*´▽`*)

ちなみに?この後もちろん今日一緒にいた友達にこちらに来たことをを報告しました。
すると友達も後日、1人で来てどうやら「ゆず香る白醤油らーめん」を食べたそう。
もちろんそっちも美味しかったようで…むぅ~、羨ましい!
私も次はそっちを食べてみようと思います(≧▽≦)


2017年231杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキングへ

びぎ屋 学芸大学駅前本店さんの公式Twitterはこちら

麺処 びぎ屋さんの食べログ店舗情報はこちら
東京都目黒区鷹番2-4-9


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)
スポンサーサイト

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

麺LABOひろ(学芸大学)/鶏そば

さて、「風は南から 学芸大学店」さんでまずは1杯食べた後。
この後は友達とどうしようかと、ちょっと相談。


そして、候補に挙がっていたお店の中からこちらへ~\(^o^)/

麺LABOひろ めんラボひろ
(学芸大学・東京都目黒区)
2017,12,9訪問

こちらのお店の場所は、東急東横線・学芸大学駅西口より徒歩約7分。
西口を出たらしばし線路沿いを右方向、少し大きめの通りを斜め左方向へ。
そして「駒沢通り」を超えたらさらに少し先、道路の左側に。

ま、でも私はこの辺に詳しい同行の友達頼りで「風は南から 学芸大学店」さんから。
なので一応地図アプリの画僧もつけておきますね(∀`*ゞ)エヘヘ

さぁ、お店の前に立つ「のぼり」が見えてきました。

そうそう、こちらのお店は東京ラーメンオブザイヤー、通称TRYの今年度(2017-2018)の新人大賞を取ったお店。
ミシュランにも掲載されている焼き鳥屋さん出身という経歴のご店主さんが営むお店です。

さて、到着したのは昼のピークを過ぎた13時少し前。
ちらりと覗く店内はかなり落ち着いた雰囲気で、
「待たずに入れると思わなかったねー(*‘ω‘ *)」「良かったねー(*´▽`*)」と友達と二人で店内へ。

扉を開けて中に入ると遠くから「いらっしゃいませー」とお店の方のお声がけ。
おぉ~、奥まで長ーいお店だな~( ゚Д゚)( ゚Д゚)

こちらのお店、外から見た店舗正面の幅は小さめ、ですが中に入ると奥までずずずいっと長い印象。
後調べですがテーブル席12席分、長編の長いL字カウンセリングテーブルは12席と結構な集客力です。
ちなみに私たちの訪問時は、店員さんは3名体制。

さて、余談が長くなりましたまずは食券の購入です。
入口すぐにある券売機へ。

後ろに待っている人なし、券売機の付近も広めなのでじっくりとチェック。

ちなみに券売機横には写真付き、ラーメンのご案内あり。


そして、券売機の配置でお店のオススメが置かれていることが多い一番左上は「鶏そば(醤油)」。

そこから右方向に「端麗煮干そば」「鶏そば(塩)」「つけそば(醤油)」「つけそば(塩)」の並び。
その下の段にあるメニューに「LABO」が付くものは特製みたいな感じかな?
あ、でもその並びの中に「白だし鶏そば」なんてメニューもありますね~(*‘∀‘)

その他には薄口醤油を使った「琥珀そば」、そして話題沸騰?価格1800円という「フォアグラそば」なんて言うのもあります。
さすがLABO…麺・研究所だけあってびっくりしちゃうものが色々ありますね(^^;)

さて、それでは考えた末に私はさっき醤油を食べたので「鶏そば(塩)」をチョイス。
ま、本当は味玉も付けたかったのですが…¥200と言うお値段に連食で食べるにはもったいないと止めておきました( ̄▽ ̄)エヘヘ

さて、購入した食券を持って振り返ればお店の方から「カウンター席へどうぞ」とのお声がけ。
案内された席に座り、目の前に来た店員さんに食券をお渡しします。

それでは完成までに置いてあるグラスに水を注いで食べる準備。
目の前にある卓上調味料はブラックペッパーと一味唐辛子。

そして、「お!!(*‘∀‘)」と目を引いたのば箸入れに置かれた「吉野杉 柾(まさき)ソゲ箸」の文字。
木や割り箸に詳しい訳ではありませんが、これは高級な割り箸ですね。
ちなみに?使う前に香りを嗅いでみたら、優しい木のいい香りがしました~( ̄▽ ̄)フフフ

さぁ、こうして待つこと約5分、私のラーメンが完成でーす\(^o^)/

鶏そば(塩)900円
おぉ~、柚子皮の香りがふわ~っと出てきた瞬間から漂ってきます~(*´▽`*)

それでは、早速いただきます!( `ー´)ノ

まずはスープからごくり。

おわっ!あっち!(≧◇≦)
見た目の穏やかさに騙されて?(笑)ひとくち飲んだらびっくりするほどスープがアツアツでした(〃'∇'〃)エヘヘ

それでは、改めてふーふーとちょっと冷ましてからごくり。
見た目の透明感からは想像できないほど濃い鶏の旨味、鶏油は結構多く予想よりもオイリーな感じ。
じわ~っと染みるスープの塩加減はとってもいい塩梅です。

続いて麺。

麺はしなやかな細麺で喉越しがよくするするっと食べることができますね。
後調べですが麺量は130g、私たちみたいな2杯目の人にも嬉しい麺量ですね( ̄▽ ̄)エヘ

さぁ~、気になる3種類のチャーシューを左からいただいていきます。
まずはしっとりとした鶏胸肉のチャーシュー。


続いてピンク色が美しい鴨のレアチャーシュ-。

※食べるころにはついスープの熱で火が少し入っちゃいうのが私の常(〃'∇'〃)エヘヘ

そして、旨味がじわーっと舌に広がる豚肩ロース肉のチャーシュー。

3種3様の美味しさがあって、どれを食べても違う旨味が感じられてすごい!!
さすがお肉の美味しさがとっても重要な焼き鳥屋さん出身の方が作るラーメンですね!!(≧▽≦)

さぁ、チャーシュ-以外にはかなり極細、シャキシャキの白髪ねぎ。

パラりと添えられた三つ葉の茎と葉は、一緒に味わうと和のテイストが強くなります。

そして、最初上に乗っていたのですがすっかりスープの中に落ちてしまった実山椒。

スープと一緒にいただくとピリっしたシビれ、爽やかな香りがとっても心地よいですね(*^-^*)

さて、本日2杯目なのでこの辺で終了です。

ごちそうさまでした~(*´▽`*)
見た目も上品で1つ1つにとっても気を配って作りこんでいる1杯。
さすがお肉を知り尽くした焼き鳥屋さん出身!チャーシュ-が特にとっても美味しかったです!(≧▽≦)

ちなみに?1軒目でほぼ汁完した友達(笑)はこちらをオーダー。

かけそば700円
鶏そばとの違いはチャーシュ-、実山椒が乗っていないこと。
味が一緒だったのでこちらは味見しませんでしたが、200円の違いであの3種のチャーシュ-が食べられるなら、私は断然デフォルトのラーメンにしますね!(・∀・)

ま、ただよく考えると…かけラーメンで700円…。
未知なる味玉、美味しかったチャーシュ-をいっぱい食べたかったら特製1200円。
この洗練された特別な1杯はとっても素敵。
でも、デイリーなラーメンの方に重きを置いてしまう私としてはやっぱりちょっとお高いなー。
ついつい小市民な私はそう思っちゃいますね(〃'∇'〃)テヘ


2017年230杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキングへ

麺LABOひろさんの公式Twitterはこちら

麺LABOひろさんの食べログ店舗情報はこちら
東京都目黒区五本木2-51-5


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

風は南から 学芸大学店(学芸大学)/醤油らーめん+味玉

さて、この日の私は友達とラーメン散策~(≧▽≦)
という訳で、降り立ったのは東急東横線・学芸大学駅。



行動範囲的に私はあまり使うことがない東急東横線、もちろん学芸大学駅に降りるのは初めて(*^-^*)
乗ったことのあまりない電車、見慣れない新しい街並みを見るとなんだかワクワク。
しかも、気になるお店が学芸大学駅周辺にはいくつもあって楽しみです(≧▽≦)

さてさて、前日ちょっと飲んでいたので集合時間はちょっとゆっくり12時過ぎ。
友達と合流したら1軒目、まずは行こうと行っていたこちらのお店に到着でーす\(^o^)/

風は南から 学芸大学店
かぜはみなみから がくげいだいがくてん
(学芸大学・東京都目黒区)
2017,12,9訪問

こちらのお店の場所は学芸大学駅東口より徒歩約1分。
駅前の「東口商店街」を真っ直ぐ行き「亀屋万年堂」と立ち食いそばの「かしわや」の間を左折。
この辺りは「学芸十字街」と言う飲食店街で、「風は南から 学芸大学店」さんもこの中にあります。

そうそう、ちなみに「風は南から」さんの本店は同じく東急東横線・武蔵小山駅にある店舗。
こちらの学芸大学店さんはフランチャイズ?と言う形。
風は南からさんのオリジナルメニュー、そしてこちらの店主さんのオリジナルメニューが食べられるお店だそう。

さぁー、到着したら入店前にまずはお店の前をチェック。
まずは目を引く店名の入った部分、そしてその周りには壁から飛び出た麺箱がずらーり。

麺箱にも「風は南から」の文字が入っていて、なかなか目を引く斬新なデザインです(*‘∀‘)

そして、立て看板にはお店のオススメメニュー(右)とセットで食べると~こんな感じ(左)。


それから、気になる冬季限定?かな?
寒いシーズンに喜ばれそうな辛めの「旨辛麻辣拉麺」「酸辣湯麺」のご案内。

ちなみに本日同行の友達、こちらのお店には既に訪問済み。
「背油醤油らーめん」と「旨辛麻辣拉麺」をすでに食べたそうです(・`◡´・)ゝキリッ!

友達の話も聞きつつ何を食べるか話し合ってついに決定、入店でーす\(^o^)/

扉を開けて中に入ると「いらっしゃいませー」と言うお声がけ。
お店の人にぺこりとご挨拶を返してから、まずは入口すぐにある券売機へ。

おぉ、1万円だけじゃなく2000円札も入る券売機だ~(≧▽≦)
実は先日、券売機に万札が入る券売機は高いって聞いたのでちょっと興奮?しちゃいました(∀`*ゞ)エヘヘ

さてさて、気を取り直して券売機をチェック。

メニューは上から色分けされて赤・醤油らーめん、クリーム色・背油醤油らーめん、青・塩らーめんの並び。
そして、横方向には特製→デフォルト→チャーシュー麺→わんたん麺の順になっています。

さて、それではお互い決めたメニューの食券を購入したら空いている席に着席。
こちらのお店の造りは、奥へ長く緩やかにカーブしたカウンターテーブル9席。
お店の雰囲気から、以前はカウンターバーとかだったのかな~?と思う感じの空間です。

カウンターテーブルの上にあるアルミ製の小ぶりなヤカンの中身はお水、グラスの下には箸箱。

卓上調味料はコショウとおろしニンニク。


さて、それでは食券をお渡ししたら後は完成まで友達とおしゃべり。
そして、程よく少し経ったところでラーメンが完成でーす\(^o^)/

醤油らーめん700円
+味玉100円

おぉ~、結構色黒?な丼顔ですね~(*‘∀‘)

では、早速いただきまーす(*´▽`*)

まずはスープからごくり。

あぁ~、じわーっと染みる~(*´▽`*)♡
色黒なスープの見た目に反して、甘くて優しいホッとする味。
スープのベースは鶏ガラ系、そこにほんのりと魚介が旨味が効いていて旨味の厚みを出しています。

続いて麺をいただきます。

麺はプリプリっとした中細の縮れ麺、縮れた部分に甘い醤油のスープが絡んでいい感じ。
この麺とスープの組み合わせは、なんだかちょっと懐かしい感じもしますね~(*^-^*)

さて、のっけもののチャーシューは2枚2種類。

豚バラチャーシューは脂身が甘くて柔らか。

そして、豚ロースチャーシュ-は大判で程よい厚み。

噛むとじわーっと感じる肉の旨味、程よくスープを含んでいて口の中に美味しい味が広がります(*^-^*)

さて、その他に平べったいメンマ。

こちらもかなり色黒ですが優しい味わい。

ですが、こっちの色黒味玉さんはよーく味が染みていました~( *´艸`)


さて、途中友達と味交換もしつつ、次の事も考えてこの辺で終了です。

ごちそうさまでしたー(*´▽`*)
全体的に見た目のインパクトはガツン!と力強いのですが、食べてみるとなんだか懐かしくてホッとする味。
ネオクラシック?とでもいう感じの醤油ラーメンで、幅広い年代の人が楽しめそうだな~と思いました。

ちなみに?同行の友達が食べたのはこちら。

酸辣湯麺サンラータンメン850円
とろとろの酸辣湯スープにはふわふわの玉子がたっぷり。
程よい酸味、甘味、そしてピリっと辛くて美味しかったです~(≧▽≦)

そして、酸辣湯麺に合わせたのは多分、私の食べた醤油らーめんと同じ麺。

ですが!合わせるスープが違うと全く違う印象。
とろとろアツアツの酸辣湯スープがよく絡んだプリプリ麺がこれまた美味しかった!
この後がなければ、これに白いご飯付けてもいいでしょうね~(*´Д`)

ま!!でも今日はラーメン散策…まだ食べたいお店があるのでこの辺でご飯ものはガマンです(・`◡´・)ゝキリッ!
という訳で、まだラーメン散策@学芸大学駅続く~。


2017年229杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキングへ

風は南から学芸大学店さんの公式Twitter はこちら

風は南から 学芸大学店さんの食べログ店舗情報はこちら
東京都目黒区鷹番2-20-4 学大十字街ビル 1F


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

ラーメン千里眼(東北沢)/【夏季限定】冷やし中華(ヤサイ・ショウガ・カラメ・ガリマヨ・カラアゲ少し)

さて、今日は9月3日で終了することが本日告知されたこの夏期限定麺のブログです。
行ってきたのは先週の木曜日ですが、もうすぐ終了なのでお先にアップします。



と言うことで、行ってきたのがこちら~\(^o^)/

ラーメン千里眼 ラーメンせんりがん
(駒場東大前・東京都目黒区)
2017,8,17訪問

こちらのお店は言わずもがな!がっつりタイプのラーメンが食べられる人気店。
この日の私は、来てみたいけど1人じゃ入りづらいと言っていた同僚と一緒に訪問です(*´▽`*)

さて、こちらのお店の最寄り駅は「小田急線・東北沢」、そこから徒歩約8分。
ですが小田急線の東北沢駅は各駅停車の電車しか止まらないので、私と同僚は「代々木上原駅」から歩いてお店へ向かいました。
ちなみに代々木上原駅からだと徒歩約11分とその差は約3分ほど。
がっつり食べるんだから、10分位はもちろん歩いちゃいますよ~(≧▽≦)エヘヘ

3回目、久しぶりの訪問ですがラーメンのことなら記憶力を発揮できるのかすんなりとお店へ。
ちょうど前日まで夏休みだった千里眼さんの並びはどんなもんでしょう~??

ドキドキしながら店前が見えた瞬間思わずにんまり。
到着時、店の外には約10名ほど。
こちらでは中待ちもできますが、思っていたよりも少ない人数でラッキーです。
だいたい去年と同じくらいだから30分くらいで入れるかな~(≧▽≦)♡

ちなみにラーメン千里眼さんの並び方は、店前のに6人ほど。
そして、歩道を開けて通れるようにした道の反対側、地面にラインの引いてある所から後続の人達が並ぶようになっています。

お並び中の注意点などもありますので、ご参考にしてくださいね!('◇')ゞ

さて、それでは並ぶ前にご案内写真を1枚パシャリ。

反対側の列にいると遠くてよく見えないので、まずはこの写真を撮ってから並びます(∀`*ゞ)エヘヘ
それでは、待っている間にこの写真を見ながら同僚とどんなオーダーをするかじっくり相談。

ご存知のない方も多いと思いますが、ガッツリ系ラーメンには基本的に「先のオーダー」「後のオーダー」があります。
「先のオーダー」は麺少なめ、味薄めなど調理後に変更できないタイプのオーダー。
「後のオーダー」は完成直前にお願いできる追加のトッピングサービスです。

ちなみに、ラーメン千里眼さんの後のオーダーはこんな感じ。

上から5つ目まではラーメンでも、冷やし中華でもできる追加トッピング。
そして、下の2つは冷やし中華だけのオリジナル追加トッピングです。

ふふふふ~( *´艸`)
私は去年も食べているので、を思い出して思わずウキウキじゅるり。

さて、同僚にも説明しながら待つこと約25分。
お店の方が中から大きな声で「前の方どうぞ店内へ~」と声をかけられ店内へ。
中に入れば「いらっしゃいませー!」と活気のあるお声がけが添えられ、「2人ですか?」と人数確認もしてくれます。

それでは、それが済んだらまずは入口付近の券売機の前へ。


こちらの基本メニューはラーメン、味玉ラーメンの2種類。

そして、この時期だけ作ってある夏期限定の冷やし中華のボタンは分かりやすく矢印が添えてあります。
ちなみに冷やし中華のボタンは左から少なめ200g、普通250g、大350gの並び。

私は去年同様、冷やし中華少なめをチョイス(#^.^#)

さて、店内待ちのスペースにて空席待ちをしている間にオーダーをお店の人が確認。
「ラーメンですか?冷やしですか?」の問いかけに「冷やし少なめです!(^◇^)」と返します。

どうやら、ラーメンと冷やし中華は麺が違うのかな?
先に聞いておいて、麺を茹でる準備をしている様子でした。

店内に入って約5分、店内待ちの先頭に。
そして、空席が出来た時点で「まずは1名様どうぞ」とのご案内。
ちなみにこれは店内待ちスペースを広げるためなので、2人並んで座れないわけではありません。

それでは、先に席に着いた私は店内ほぼ中央にあるウォーターサーバーからお水、レンゲを持ってきて準備。


お久しぶりなので卓上調味料もチェックします。

置いてあるのは唐辛子、ラーメンのタレ、ブラックペッパー、酢。

さて、続いてもう1つ席が空いて同僚が着席。
最初は少し離れた位置に座りましたが、同僚の席の隣が空いたところで私に席の移動の案内がありました。
初めてのお店だと緊張するので、一緒に座れるようにと配慮してくれるのは本当に助かりますね(*´▽`*)

そして、千里眼さんの後のオーダーはとってもマイルド(∀`*ゞ)エヘヘ
「〇番さん、ニンニクいれますか?」と席順呼ばれて、後のトッピングを言うと復唱して確認してくれます。

という訳で(笑)
「ヤサイ・ショウガ・カラメ・ガリマヨ・カラアゲ少なめ別皿で~\(^o^)/」
こんな長いオーダーも安心して言えましたよ。
ま、店内に張り紙がしてあるのでそれをもちろん参考にしながら言いましたけどね( ̄▽ ̄)エヘ

さぁー、完成でーす\(^o^)/

【夏季限定】冷やし中華(少なめ)800円
追加トッピング:野菜マシ、カラメ、ガリマヨ、ショウガ、カラアゲ少なめ別皿
うひょー、今年もお世話になります~(≧▽≦)

さぁ、食べる前にぐるりと裏側もチェック。

去年同様、ミニトマトが1つ彩りを添えています。

では、同僚のところにもほぼ同じタイミングで着丼。
2人そろっていっただきまーす\(^o^)/\(^o^)/

まずは山になっている野菜の上の部分をひと口パクリ。

(≧▽≦)うん、シャッキシャキ~!
使ってる野菜の割合は大根の細切りが主流、後はにんじん、キュウリ、水菜など。
シャキシャキ野菜を優しくニンニクが効いたマヨネーズで食べるイメージはほとんどサラダ。

それでは、続いて麺をいただきたいので…

野菜のミステリーサークル~(≧▽≦)ぐーるぐる~。

からの~麺リフト~(≧▽≦)

がぶり!
ごわっし!うんまい!!(*´▽`*)
平打ち気味の太麺はしっかりと冷たく絞めてあって、コシがありますね~。
クリーミーなマヨネーズタイプの冷やし中華のタレがしっとりと付いてきます。

少しそのまま麺と野菜を食べ進めた後、今度はレンゲとお箸を使って天地返し。

こうなってくると麺と野菜の一体感が楽しめます。
シャキシャキ野菜、わしわしっと極太麺!
少なめと言っても野菜マシしているので、食べ応えがしっかりとあります。

さて、去年好きだった鶏もも肉をぱくり。

今年もうんまい!!(≧▽≦)
しっとり、ぷりっとした鶏もも肉には柚子胡椒が効いていて、ピリッと締まった味付けにな言っています。
うんうん、去年もこれ美味しいな~と思ったんですよね~( *´艸`)

お次は、昨年の冷やし中華が終わった後にできるようになったショウガゾーンをぱくり。

ショウガを絡めて食べてみると、スキッと爽やかで辛味よりもさっぱりとする感じ。
ただがっつりと混ぜてしまうとマヨソースの方が強くて生姜感が薄くなってしまいますね。
ショウガ好きなので、次回はショウガマシマシにしよう~(*´▽`*)

さて、それでは程よいところで別皿にしてもらったカラアゲを投入~。

少し混ぜてから、麺や野菜と一緒にカラアゲが口の中へ。
うん!これはうまい!(≧▽≦)
実は前回、このカラアゲの辛味がタレに移り過ぎてしまって私には結構辛かったんですよね~。
別皿にするとタレの辛味が強くなり過ぎないのでとってもいい感じです。
しかも、このサクサクっとしたカラアゲの食感がいいアクセント。

数回に分けてカラアゲを投入。
そして、最後はこんな感じ(*´▽`*)

カリカリとクリーミーなソースを絡めて、シャキシャキ、わしわし。

最後まで思いっきり食感を楽しんで…

ごちそうさまでした~(*´▽`*)
はぁ~、去年よりもあっさりと食べきってしまいました。

これは、多分ここ最近ガッツリ系を食べる事が増えたから?
それと去年の追加トッピングを踏まえて、さらに自分好みにカスタマイズできたのも大きいところかな~。
うん、カラアゲ少なめ別皿は私にぴったり大正解です~(^-^)

さて、それでは先に食べ終わってしまった私は同僚に声をかけてお先に外へ。
そして、びっくり!食べ終わってお店を出たらこの並び。

中待ちも合わせるとざっと30人くらい?
出て来た同僚と2人で思わずタイミングの良さを喜んでしまいました(*^▽^*)エヘヘ



お知らせ
2017年ラーメン千里眼さんの冷やし中華は9月3日(日)終了予定です。


2017年155杯目


ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキングへ

ラーメン千里眼さんの食べログ店舗情報はこちら
東京都目黒区駒場4-6-8 佐藤ビル 1F 

ラーメン(少なめ)(アブラ、ショウガ、カラアゲ別皿)を食べた時のブログはこちら
【夏季限定】冷やし中華を食べた時のブログはこちら


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

ラーメン千里眼(東北沢)/ラーメン(少なめ)(アブラ、ショウガ、カラアゲ別皿)

さて、この日の私は普段よくランチラーメンを一緒にしている友達に連絡。
「今日はどない~?(∩´∀`)∩」

案の定「どこか行こうか~」という話になり、しばし相談。
二人の意見が一致したのがこちら~\(^o^)/



ラーメン千里眼 ラーメンせんりがん
(東北沢・東京都目黒区)
2016,11,15訪問

こちらのお店で食べられるのは、いわゆるがっつり系のラーメン。
今年の夏、人気メニューの「夏季限定 冷やし中華」を食べて以来、ずっとレギュラーメニューのラーメンも食べに来ようと思っていたんですよね~(*´▽`*)
ちなみに、その時一緒に行ったのも同じ友達。

という訳で、最寄り駅は小田急線・東北沢駅ですが、今回も代々木上原駅で待ち合わせ。
共通の友達も一緒に行くということになり、駅で集合した後3人でお店へ向かってGO~!
徒歩約10分の道のり。
あまり目印はないけれど2回目と言うことで迷わずすんなり到着。

もしかして、ラーメンのことになると記憶力も上がるのかもね~( ̄▽ ̄)エヘヘ

さて、到着、ラッキー外並びない~(*´▽`*)。
前回来た時は、入店まで20分強、食べるまでを入れると30分待ちだったんですよね。

それでは、さっそく店内へ~。
「いらっしゃいませ~」の声に迎えられながらチラリと店内の混雑具合をチェック。
外並びはありませんが、店内はさすがに満席ですね(*‘∀‘)
ま、でも店内ウェイティングスペースは空いているので、外待ちしないで済むのはこの季節嬉しいです。

さて、店内に入ると店員さんから「何名様ですか?」と聞かれます。
「3人です」と答えると、「それでは先に食券をどうぞ」と食券の購入を促されます。

それでは、入口右手にある券売機の前へ。



こちらの基本メニューは「ラーメン」と「味玉ラーメン」の2つ。
さすがに「冷やし中華」のボタンはなくなってますね(#^.^#)

しかし、でっかく掲示された「豚追加3枚始めました」の文字が目立ってますね~(*’▽’)

後で、前回来た時の券売機の写真をチェックしてみましたところ、どうやら以前は1名2枚までしか豚追加できなかったよう。
これは、お肉好きさんは嬉しい変更ですね。

それでは、食券を購入したら店内のウェイティングスペースに着席。
ほどなく3人並びの席が空いて、お店の方から案内された席へ移動します。
そして、食券を渡す際に麺量の変更があれば申告します。
※タイミングによっては着席前に麺量を聞かれる場合もあるようです。

ちなみにラーメン千里眼さんの麺量は、普通盛りで茹で前300g、大は400g。
それから料金は一緒ですが、普通盛りは麺の量を「少なめ」と「半分」にもできます。

半分は多分、予想通りならば150gですよね?(*’▽’)
少なめは一体どれくらいなのか?
そこで、お聞きしたところ「少なめ」は250gとのことでした。

冷やし中華の「少なめ」は200gだったので、ラーメンの「少なめ」の方が麺量が多めなんですね。
ラーメンの少なめが200gだったら野菜マシしようと思っていたけど、250gなら野菜マシしないでいいかな。
私はやっぱりヤサイより麺が好きです( ̄▽ ̄)

さて、オーダーが済んだら完成前にお水、レンゲ、紙エプロンを準備します。
これらの物は店内入って左手側、ウォーターサーバーの近くに置いてあってセルフサービス。

準備が整ったら、後はのんびり完成を待つばかり。
そして、座番号を呼ばれたら無料トッピングをコールです。
「ニンニク入れますか?(^o^)」

ちなみに千里眼さんでできる無料トッピングはこちら。

私はショウガ好きなので、ショウガがトッピングが増えて嬉しいです~\(^o^)/

それでは、頭の中で考えていた無料トッピングを噛まずにコール!
お店の方が柔らかな声で私のコールを復唱してくれます。

そして、私の1杯が完成~\(^o^)/

ラーメン(少なめ)730円
無料トッピング:アブラ、ショウガ、カラアゲ別皿

むっひゃ~!!豚の厚みがすご~い!!((๑✧ꈊ✧๑))

そして横からだとこんな感じ。

野菜マシしなくても、結構ありますよね~Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

ちなみにカラアゲ別皿提供はこんな感じ。


それでは、いっただっきま~す(*´▽`*)♪♪♪
まずは丼の端にレンゲを押し付け、スープを掬います。

ごくり。
おぉ~、キリッとしています~( *´艸`)
豚の甘みもあるけれど、醤油味のカエシが結構しっかり。
いわゆるがっつり系の言葉にある「乳化」の位置づけでは「微乳化」って感じなんでしょうかね(#^.^#)

続いて生姜を少しスープに混ぜて、ごくり。

すっきり、うま!!(≧▽≦)
生姜の爽やかな辛さと香りがいいですね~。

さて、本格的に食べる前にチャーシューを観察(*´ω`*)

ぶ、


厚っ~~~い!!٩̋(๑˃́ꇴ˂̀๑)♡

それでは、準備万端?
野菜の山を箸で掻き分け、ぐる~り。

野菜ミステリーサークル!(=゚ω゚)ノ

そして、その輪の中から麺を引っ張り出します~\(^o^)/

うふふふふふ(≧▽≦)うんまそ~♡
がぶり。
ごわっし、うんまーい!!٩̋(๑˃́ꇴ˂̀๑)
ゆるいウェーブがかかった極太麺は噛み応え十分。
私はこういう噛みたくなる麺大好きなんですよね~(≧▽≦)

さて、でっかいチャーシューをスープの中に沈めます。
よーし、スープであったまっておいで~(*´▽`*)

その間に、麺をごわっし、ごわっし、そしてもやっし!!

甘いアブラを纏ったホカホカシャキシャキのモヤシとキャベツ。
これを麺と一緒に掻っ込む幸せ( *´艸`)たまらんです~♡

さて、こんな感じでガッツガッツとラーメンを満喫。
それでは、そろそろ味変のカラアゲを少~し投入~\(^o^)/

カリカリ…辛い…けど、思ったより辛くない?
よし、もっと入れちゃえとお皿を傾けたら、結局ザザーっと全部入っちゃいました(*’▽’)エヘヘ

前回の冷やし中華は汁なし系、食べ進めるうちにカラアゲがとても辛く感じました。
しかし、スープのあるラーメンだとそこまで辛く感じないみたいです。
別皿オーダーができるのでしてみましたが、ラーメンは別皿じゃなくてもいいみたい。
まぁ、カラアゲのカリカリ感は楽しめますが、私は結構スープを含んだカラアゲの方が好きでした。

よーし、また1つ学んだぞ~(*´▽`*)

それでは、そろそろメイン?の登場~\(^o^)/
丼の中でよく温めておいたチャーシューをぱくり~。

うんま!!((๑✧ꈊ✧๑))
スープの熱で温まった豚がすっごいウマい!
赤身の部分は裂けるようにほどけ、脂身の部分はとろ~っととろける。
冷やし中華の時は、鶏チャーシューだったからこちらの豚は初めて。
むふふふふふ~( *´艸`)これはたまらん~。

実は今日、ここに来ると決めてから、豚追加しようかな~ってちょっと考えてたんですよね~。
でも、多くて食べきれなかったらと思うと、思いきれなかったんですよ~(´Д`)

まぁ、今更言っても時すでに遅し。
これは次回の課題?だな~と言うことで、美味しく完食。

ごちそうさまでした~(*´▽`*)

ぷは~、まんぷくはっぴ~!(≧▽≦)生姜のおかげで身体ポカポカ、汗だくです~。
でも、さすがにお腹いっぱいなのでスープは残しますね。

さて、友達2人は私より先に食べ終わってお店の外。
私も丼をカウンターの上へあげてたら、ごちそうさまのご挨拶して外に。

そして、元来た道を戻りながら頭の中では、次来た時のどうしようかな~とか考えてしまいます。
食べ終わったばっかりなのにね(〃'∇'〃)ゝエヘヘ
でも、こういうことを考えられるのも、がっつり系ラーメンの魅力なんですよね~。


2016年233杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキングへ

ラーメン千里眼さんの食べログ店舗情報はこちら
東京都目黒区駒場4-6-8 佐藤ビル 1F 

【夏季限定】冷やし中華を食べた時のブログはこちら


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

お知らせ
ラーメンブログランキングに参加しています(^ム^)
プロフィール

もりみ

Author:もりみ
1日1ラーメン食べられたら幸せですが、周りが心配しますし体力的にも経済的にも無理なんでボチボチやってます
(*^^)v

最新記事
カテゴリ
タグ

新宿区 杉並区 小金井市 中野区 千代田区 武蔵野市 渋谷区 北区 調布市 豊島区 練馬区 番外編 埼玉県 荒川区 千葉県 中央区 台東区 世田谷区 三鷹市 ラーフェス 国分寺市 青梅市 港区 ラー飲み 目黒区 文京区 品川区 立川市 葛飾区 カップ麺 墨田区 昭島市 神奈川県 江東区 うどん 大田区 まとめ 板橋区 江戸川区 福生市 府中市 チェーン店 国立市 足立区 国分寺 小平市 西東京市 閉店 八王子市 東大和市 曙橋 茨城県 コラボ 日本蕎麦 浜田山 自宅麺 蕎麦 日野市 多摩市 あきる野市 町田市 練馬 阿佐ヶ谷 

ラーメンブログ リンク

ラーブロ
ラーメンブログ専門リンク集「ラーブロ」に登録しました
\(-o-)/設定ってむずかし~
月別アーカイブ
FC2カウンター
訪問ありがとう~
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード