fc2ブログ

はりけんラーメン 本店(茨城県つくば市)/鶏そば 塩

さて、久しぶりのラーメン旅2軒のお店を回ってお腹もかなり満たされました。
ですが?せっかくの遠出ですからもう1軒くらいいいよね?( ̄▽ ̄)

まぁ、そうは言ってもそろそろ昼営業時間終了になるお店も多い時間帯。
いい天気ですし、ちょっと近場を観光しちゃったりしました~

写真には撮り損ねましたが大洗海鮮市場に寄ったり~。
お土産買ったり、道の駅で野菜買ったり大満喫。
私は海なし県育ちなので「海~!!」見るとそれだけで大興奮です(∀`*ゞ)エヘヘ

さぁ、そんなこんなでそろそろ夜営業が始まる時間帯。
それに合わせて3軒目にと選んだお店に行ってみると…

ガーン!!(@ ̄□ ̄@;)!!
やっちまったよ、遠出での臨休…_| ̄|○…しかも、手書きだよ…大好物だよ…w



ちなみに改めてお店の公式Twitterを確認したらちゃんとお休みの案内出てました。
うむむ…、営業日でも下調べ?は大事ですね。(;´▽`A``

ま、それは置いといて(笑)、やっていないものは仕方がありません。
どうしようか~って事になり、この辺に詳しくない私は友達から3択を引き出す。
…で、その中から友達も行っていない、私も行ってみたいと思っていたお店へ~\(^o^)/

で!そのお店がこちら。

はりけんラーメン 本店
(茨城県つくば市・土浦駅)
2023,7,11訪問

さぁ、ブログを書くにあたって調べた所、こちらのお店がオープンしたのは2011年5月10日。
食べログラーメンEAST「百名店」に2017年から選出され続けている人気店。
店名の由来はフレンチ出身の店主、張替健一(はりがえけんいち)さんの子供の頃のあだ名「はりけん」から。

ちなみに?私も以前より、茨城の人気店とお店の名前を聞いていました。
ただ?最寄り駅がよく分からない、駅からはかなり遠い場所のお店。
1人で行くのは難しいな~と思っていたお店でもあります。(;´▽`A``エヘヘ

さて、そんなお店の場所、某食べログ情報によれば駅からだとスタートはJR常磐線・土浦駅
そこからバス「筑波大学中央行き」に乗車し「TARAセンター前下車、徒歩15分。

ちなみに駅からの距離は約10km、徒歩で行くなら2時間越え(笑)
…まぁ、そんな訳もあって?しっかり店前には駐車場スペースが確保されています!('◇')ゞ
スペース的には14台くらいのようですが、舗装なしなので場合によってはもう少し少ない?かも?

さて、そんなこんなでお店に無事到着。
広々とした駐車場から見ても暖簾はかかっているし、電気もバッチリ点いてる~(∀`*ゞ)エヘヘ

…って?実は1軒目でフラれたので一応電話して営業確認しました。
※お店の公式Twitterはあるのですが、お休み案内は出ていないものの不安過ぎて連絡しちゃいまいた。
まぁ、電話が通じた時点で営業していることはほぼ確定なんですが…
「お忙しいところすいません~」と確認すれば「お待ちしておりますー」と優しいお声がけ。
ありがとうございます。おかげさまで安心してお店に向かえました~!(≧▽≦)♡

さぁ、車を降りたら自然溢れるここラーメン屋さん?って感じのちょっと不思議な雰囲気。
ちなみに広々としたスペースは駐車場になっているけどその分、道路から店までは遠い。
日が落ち始めていることもあり、森の中にぽつんと灯りが灯っているような感じになってます。

とりあえず入口まで近寄ればホワイトボードのご案内が目に入ります。

ふむふむ…オススメは皮から出作りの自家製ワンタン。
3個¥200はお手頃価格なのでは~…と思うけど、さすがに余力がないわね~…(=_=)

ま、ともあれ?入店でーす!\(^o^)/\(^o^)/

扉を開けて店内に入れば「いらっしゃいませー」のお声がけ。
厨房スペース内には調理をしているすごいキビキビ動く男性、多分こちらの方が店主さん。
そして、年配の助手さんの男性、少しして若い男性スタッフさんも加わっての3人体制。

お声がけにペコリと会釈をしてから、入口から見てほぼ正面の券売機の前へ。

おぉ~、すっごいメニュー多いです~(;'∀')ドキドキ

さぁ、それでは写真を見て改めて基本メニューをここで再確認。

1段目「中華そば」、左から「塩」「醤油」「エビ風味 塩」「エビ風味 醤油」
2段目は「鶏そば」の塩と醬油、鶏白担々そば。
更にその右側には「平日限定 素ラーメン」、こちらは2種類、塩or醤油のエビ風味。
3段目「濃厚魚介豚骨」、4段目「濃厚つけそば」。
そして、よく見るとトッピングボタンやサイドメニューの間をぬって「背脂煮干ラーメン」や「辛味噌ラーメン」なんかもある!

こりゃあ…全制覇するとなったら何度も来なくちゃ~!
ご近所さん達がうらやましいです~!!(≧▽≦)イイナァ

さて、この日の私は本日3杯目のラーメン。
つけめん⇒油そばと来たのでここはもちろんスープのある、しかもあっさりしていそうな「中華そば」に気持ちが動く。
ただ、調べによればこちらのお店の人気No.1 メニューは「鶏そば」…
迷うけど…やっぱりここは人気メニューを選んどこう~!(≧▽≦)エヘヘ

さぁ、それでは購入した食券を持って空いている席へ移動。

そして、席に着いたら食券はカウンター台の上へ。
ちなみにお水は券売機横のウォーターサーバーから汲んで席へ持って行くスタイル。
全然、目に入っていなかった私をよそにラーメン屋さん慣れしてる友達が持って来てくれました。

さて、注文が済んだ後はテーブルの上をチェック。

卓上調味料、置いてあるのはブラックペッパー、ホワイトペッパー。
酢・醤油・ラー油…このラインナップはそう餃子がメニューにございます。( ̄▽ ̄)

ちなみに店内はどこか山小屋?ロッジのような内装で広々していてゆったり空間。
客席は厨房前のスペースにストレートのハイカウンター6席。
カウンター席後ろは広く開いており、窓際沿いに4人掛けテーブル席が3卓。

ちなみにのちなみに後から来た親子4人が真ん中テーブル席へ座わると
「そこの席は冷えるから」とクーラーの温度を上げたりと心遣いが素晴らしい!(〃▽〃)♡

さぁ、先客さん達のラーメンが順次提供されいていきます。
そして、ほどなく私たちのラーメンも完成~\(-o-)/

鶏そば 塩 930円
おぉ、なんと驚き、バケットが乗ってる~(*‘∀‘)✨
しかも、鶏白湯系ラーメンと聞いていたけどほんのりオレンジ色がかったスープ。

すっごく気になる…早速いただきまーす!(≧▽≦)

まずはスープからふーふー、ごくり。

おぉ~、甘塩うまぁ~(*´Д`)♡
鶏白湯スープと言えばとろぽたり、時にはどろどろなスープのイメージ。
でも、こちらのスープは程よく鶏白湯ならではのポタっと感。
口に入り、飲み干せばさらりと軽くとっても口当たりが優しい~(*´Д`)♡

そして、このオレンジ…今、ふわっと甲殻類の風味がしたかも~?
第一印象が気になってもうひと口と飲んでみるけど今度はあれ?
…うーむ、確信が持てない…けど、美味しいからいいや~(≧▽≦)ワラ

さて、お次は麺をがぶり、するするす~(*´з`)💦

あー、すっごいスープと合う~!(≧▽≦)♡
いわゆる低加水タイプのストレート麺はパツっと歯切れがよくて心地いい♪
食べるほどに感じるシコシコ食感、併せてぽたりとしたスープが適度に口の中に一緒に入る。
すごくスープと麺の相性がバツグンでたまりませんー(≧▽≦)♡

…が!?めっちゃ麺が、スープがアツアッツ~!(≧▽≦)💦
なんとなく鶏白湯スープ?って冷めやすい印象もあったけどそれが全然ない。
むしろ、慌てて食べると麺もスープも極熱で油断をすると胸がキュッとなってしまいます。

だ・か・ら!!落ち着かなきゃ~と思うんだけど、美味しいから箸が止まらず…
ついまた、胸がキュっとしてしまいます~( ̄▽ ̄)ハハハ

さて、麺とスープを楽しんだ後は添え物もいただきます。
まずは見るからにふわふわしていそうな脂身の付いた豚バラチャーシュー。

がぶりと噛めば予想通りに脂身ふわとろ、赤身はほろりと柔らか~。
そして、下味はちょっと醤油系でじわーっと噛めば口に広がる。
鶏白湯スープに負けない味わいです~(≧▽≦)♡

そして、穂先メンマもちょっと甘めの味付け。

食感は穂先メンマなのでサクサク、シャクっと良い食感。

丸っとしたこちらは鶏団子。

小ぶりだけど噛むと鶏の甘味が美味しかった。
他、薬味のねぎ、シャクシャクっとしたみじん切りの玉ねぎが清涼感をプラス♪(๑´ڡ`๑)

そして、後は少しの麺が残るタイミングでもう我慢できない!バケットをがぶり。

おぉ、スープ染みててうまっ!(≧▽≦)♡
そりゃあ、お店が添えてくれる物ですもん、合うようになってますよね~。

ちなみに後調べですがこのバケット、茨城で人気のパン屋さん「クーロンヌ」の品とのこと。
ここにガーリックバターで味付けしたものが添えてあるんだそうです~。
うー、ぜひともそちらのパン屋さんにも行ってみたいと思いました~(≧▽≦)エヘヘ

さて、3軒目ですからスープは残した方がいいと思うんですが!

すごく美味しいこのスープ、もう手が止まりません~(∀`*ゞ)エヘヘ

そんな訳でしっかり名残スープもいただき汁完!

ぷは~、ごちそうさまでした~(≧▽≦)♡
最近は濃厚なラーメンを食べる頻度が下がっていることもあり、あまり鶏白湯系を食べてませんでした。
ですが?ここの鶏白湯スープは旨味濃いけど、程よい質感ですごく美味しかった~(≧▽≦)♡

ブログ書いている今、思い出してまた食べたい~と素直に思っています!(∀`*ゞ)エヘヘ
そして、プランAの臨時休業があったからこそこの美味しさにありつけたのだと思わずにいられません!
はぁ~、ラーメンの神様、いい出会いをありがとうございました~(≧▽≦)♡

そして、車出してくれた友達には大感謝です!
土地勘、距離間がないもので、プランAとB間は結構な距離があったそうで…
これに懲りずにまた一緒にラーメン旅ができたらとても嬉しいでーす!( ̄▽ ̄)エヘヘ



2023年77杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキング

はりけんラーメン 本店の営業状況などがわかるTwitterはこちら

はりけんラーメン 本店の食べログ店舗情報はこちら
茨城県つくば市栗原2857-8


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)
スポンサーサイト



テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

麺’sキッチン RIRI(茨城県笠間市)/貝出汁油そば

さて、楽しいラーメン旅はまだまだ続きます~(∀`*ゞ)エヘヘ
1軒目を食べ終えた後、お腹の具合を考えてゆっくりと次のお店へ移動~♪
途中、道の駅に立ち寄ったりローカルスーパーで買い物したり。



こういうのも旅の醍醐味だよね~( ̄▽ ̄)エヘヘ
なんて、感じで次のお店の昼営業の終了時間間際に到着~♪
さぁ、2軒目のお店はこちら~\(^o^)/

麺’sキッチン RIRI メンズ キッチン リリ
(茨城県笠間市・笠間駅)
2023,7,11訪問

こちらのお店、ブログを書くにあたって調べた所、2017年8月19日オープン。
食べれるラーメンは見た目クラシカルな中華そばから変わりダネまで。
お店の公式Twitterを眺めてみれば気になる限定メニューも豊富。

こちらも行列必至なお店との話でしたが…ラッキー!\(^o^)/
昼営業終了間際の平日だったことが功を奏して到着時は並びなしでした~♡

さぁ、そんなこちらのお店の最寄り駅はJR水戸線・笠間駅。
駅からの距離は1.2km、地図アプリを使って調べると駅から徒歩約17分。

…ですが車で約10分と某食べログには案内あり。
あれ?徒歩17分=車10分になるかしら?(・∀・)ウム~

ま、普段の私は基本駅からは徒歩の人ですが、今日は頼もしい友人あり。
こちらのお店は横長いスペースに複数のテナントが入る場所にあり共有の駐車場完備。
並びが落ち着ていることもあり、駐車場もすんなりと停めることができました。( ̄▽ ̄)エヘヘ

さて、それでは入店前に店前の案内をチェック。

おぉ、なんか色々出ているな~(*‘∀‘)ワクワク

ふむふむ、「今月の人気No.1は「にんにく油そば」ですと!

うむむ…来る前に車の中でシンプルに中華そばを食べようかな~と思ってた私。
ちょっと気持ちがゆらゆら~、ゆらゆら~(=_=)

そして、改めて中央ボードを見てみれば人気No.1「貝出汁油そば」!
女性人気No.1 「トムヤムヌードル」!

めっちゃ、どっちも気になる~!(≧◇≦)💦

さて、そんな感じでふわふわのゆらゆら状態で入店~♪
店内に入れば「いらっしゃいませー」のお声がけ。
ペコリと会釈で挨拶して、入口すぐの券売機前。

券売機メニューは1段目に汁なし系「貝出汁油そば」「にんにく油そば」「激辛油そば」。
2段目はスープがある「中華そば」のラインナップ。
ちなみに女性人気No.1 のトムヤムヌードルは「限定1」で購入できるようです。

とりあえず、チラっと券売機横から出ている案内を確認。

おぉ、貝出汁油そばはテイクアウトもできるのね~。
うん、でも、やっぱり私は今お店で食べることにしよう~( ̄▽ ̄)ハハハ

さぁ、そんな訳で人気No.1 のフレーズに乗っかって「貝出汁油そば」の食券を購入。
そして、購入した食券を持って振り返れば空いている4人掛けのテーブル席にご案内。

食券は券売機の近くでお渡しし、その代わり?に小さいビニール袋が手渡されます。
「こちらの方に使ったテッシュや爪楊枝は入れて下さい」とのこと。
なるほど、感染対策の一環ですね~( `ー´)ノイエッサー‼

さて、案内された席に着席。

テーブルの上に置いてある卓上調味料はブラックペッパー。
他、セルフサービスのお水用のグラスと水の入ったステンレス製のポット。

ちなみにこちらのお店の客席は厨房スペース(よしず?のような目隠しあり)の前にカウンター席。
他、広々としたスペースには程よく空間を開けてテーブル席が設置されています。

そして、店内には鬼瓦や骨董品、謎の仮面などなど。
店内壁には価値が高そうな古い「恵比寿ビール」の看板が額縁に入っています。


その他、薪ストーブ用?の木材が積んであったりお店のTシャツがずらり。


そして、これは店主さんのお子さんが描いた絵かしら~(∀`*ゞ)エヘヘ

そろそろ昼営業終わりの時間帯ということもあり落ち着いた店内。
こういう色々な物を眺めて私も思わずほっこりしてしまします~。

さぁ、そんな感じで少し落ち着いたところにお猪口に入った液体が到着。

「こちら貝出汁油そば用のお酢です」とニコニコ笑顔で紹介されます。
おぉ~、油そば、お酢使いたくなりますもんね~(∀`*ゞ)エヘヘ

さぁ、そして、待つ事しばしまずは私の油そばが到着。

貝出汁油そば850円
おぉ~、チャーシューの香ばしい香りがたまら~ん( *´艸`)♡
ちなみに貝出汁油そばは「よく混ぜてお食べ下さい」とのご案内アリ!

では、さっそくいただきまーす!

…と、よく混ぜちゃうのでその前にぐるっと観察。

まずはいい香りを醸しだしてる角切りチャーシュー。

ふわっと乗せられた岩海苔。

その向こうには薄く輪切りにされた白ネギ。

手前には紫玉ねぎ、万能ねぎとネギだらけ~


さぁ、それではそろそろ…がっと底からタレを絡めるようにまぜまぜ。
これくらいでいいかな~ってところまで混ぜ合わせてがぶり。
ずるずるずるずるるるば~(*´з`)💦

あぁ、貝出汁うんまっ!(≧▽≦)
食べた最初、まずは貝の旨味がしっかり前面に。
そして、その後見た目を裏切る?ちょっとした辛味があってクセになる!

ちなみにチラっと見た案内に「塩もできます」って書いてありました。
ってことは、基本の味は醤油ベースなのでしょうか?
だとしたら貝の旨味を引き立てる醬油の量が絶妙なんでしょうね~(∀`*ゞ)エヘヘ

ちなみに麺はほかほかと温かく平打ち、もちもちのつるつる。

少し波打つタイプの太めの麺でとっても麺にタレがよく絡む!
せっかく来たのにスープを味わわないなんてもったいないと思ったけどさすがNo.1。
あー、この麺好っき!!(≧▽≦)♡

さぁ、そして、よく混ぜた具材も食べ進めるながらレンゲですくってがぶり。

海苔は麺に絡まってコリコリと海藻ならではのアクセント。
もちろん海の香りの風味がすごく貝出汁にも合う。

香ばしいチャーシューも美味しいし、玉ねぎのシャキシャキ感。
青ネギ、白ネギそれぞれの清涼感の違いも感じられます。

そして、添えてくれたお酢も途中で少したら~り。

加えるとおぉ、口慣れた油がさっぱりすっきり。(*´ω`*)
うま~っとなってまた食べて、少し足してまたすっきりさっぱり。

こうして気が付けば残すところは名残タレ。
本来の私ならここに白いご飯とかぶち込みたいところですが今日はガマン!

もう1軒行きたいからな~ってことでレンゲで丁寧にタレをすくってごくり。


ごちそうさまでした~(*´Д`)♡
いやぁ~、やっぱりラーメン=スープも飲みたいってなっちゃう私ですが…
このつるつるでプリッとした麺に絡む貝の旨味がたまらんかった!
さすがの人気No.1 は間違いなしの美味しさでしたね~(≧▽≦)♡

ちなみに友達は私が迷った中華そばを注文してくれました。

中華そば880円
見た感じクラシカルでいい丼顏♡

ですが!私もスープを少し味見させてもらったんですが、思ったよりも違う感じ。

ひと味違う何か辛味が効いてて、個性的でひと口味見じゃ物足りなかったです(笑)

さて、食べている途中でラストオーダーの時間、1席毎にお伺いのお声がけ。
1軒目もそうだったけどこちらのお店もすごく感じのいい接客で更にほっこり。
お店が広々、ゆったりとしていると自然とそこにいる人もゆったりした感じになるんでしょうかね?(*^-^*)



2023年76杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキング

麺’sキッチン RIRIの営業状況などがわかるTwitterはこちら

麺’sキッチン RIRIの食べログ店舗情報はこちら
茨城県笠間市下市毛 1425-1


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

【番外編】おまけ?拉麺人生さんでラーメン2杯食べたその後…(∀`*ゞ)エヘヘ

さて、拉麺人生さんでラーメンを食べたその後。

食べたかったラーメンと暖かくてステキなお店の人達に癒されすっかりご機嫌。
駅へ戻ろうと元来た道を歩いていると、対岸にある「拉麺時代遅れ」さんがまた見えてきました。

ちなみに2つ前のブログ書きましたが、「拉麺 時代遅れ」のご店主さんは「拉麺 人生」を初めた方。
息子さんに「拉麺 人生」を譲り、今現在は「拉麺 時代遅れ」を営業しています。

そして、ここで気づく信号機の色。

あ、青信号に変わってる!(@ ̄□ ̄@;)
そう…私はてっきりお休みだったと思っていのですが、実はこの日ちゃんと営業していました。

後から知ったのですが私が通りかかったのは営業時間前。

営業時間前は営業するとしても赤信号が点いているんですね…。
つまり、お休みと思ったのは早とちりだったという訳です_| ̄|○

ま、でももう2杯ラーメンを食べてしまった私は「拉麺 時代遅れ」さんでもう1杯食べるのは断念。
せっかくのラーメンを美味しく食べられる自信が(まんぷくなので)ないから諦めましたー(≧◇≦)

そんな訳で…またいつか来るよ…( ;∀;)シクシク

ま、実は言うとちょっとお腹が空かないかな~、と店回りでウロウロしちゃったんですけどね~(∀`*ゞ)エヘヘ

さてさて、そんな訳でちょっと後ろ髪を引かれつつ駅までてくてく。

戻る道すがら見つけた草木の写真を撮ったりしてのんびり観光気分。

そして、戻った水海道駅でも電車を待つ間に写真撮影。
守谷駅へ戻る電車は来た時とは反対のホームで反対ホームへ行くには線路を渡ります。



だからこそ撮れたこの写真、なかなかいいじゃないですか~(∀`*ゞ)エヘヘ

さて、この後来た電車に乗り再び守谷駅へ。
夜の「特級中華蕎麦 洋介」さんのレセプションで美味しく食べる為にこの後は食べない予定を入れてみました。
しかも~、ここならではの予定です~(∀`*ゞ)エヘヘ

それがこちら~\(^o^)/

筑波宇宙センター
茨城県つくば市千現2-1-1

筑波宇宙センターの最寄り駅は、つくばエクスプレス「つくば」駅。
バスターミナル「つくばセンター」5番乗り場から関鉄バス「荒川沖駅」行きに乗り「物質材料研究機構」下車、徒歩約1分。

ま、私はラーメン2杯食べたので運動も兼ねて歩いて向かってみました(∀`*ゞ)エヘヘ
途中、道を尋ねた郵便局員さんに「何度も歩くの?」と聞かれちゃいましたがいい気分転換。

時間にも余裕があったし、天気もよかったのでとても気持ちよかったですよ~。
今の季節は寒いかもしれませんが、ちなみに片道約35分くらいです(=゚ω゚)ノ

さて、筑波宇宙センターに来た一番の目的はもちろん施設の見学。
こちらでは自由見学、1日数回決められら時間にやっている説明員による展示館ガイド(無料)。
そして、今回私が申し込んだ有料、事前申し込みが必要な「ツアー見学」

ちなみに宇宙飛行士模擬訓練・体験などもあるみたいですがこちらはちょっと勉強不足。
時間的にも調べることが出来なかったので、気になる方はJAXAのホームページをチェックしてみて下さい(*^-^*)

さて、そんな訳で筑波宇宙センターに着いたらまずは有料見学ツアーの受付。
受付番号の確認、書類の記入、中学生以上の方は写真付き本人確認書類の提示が必要
そして、お支払いを済ませたら見学ツアー集合場所に時間までに戻っでくれば大丈夫です。

待っている間は無料で見れる施設やお土産コーナーをブラブラ。


そして、時間になったらまずは受付をしたのと同じ施設内でJAXSについてのDVD鑑賞。
その後はロケットの前まで移動して、ここでちょっとした撮影タイム。

ここでは一人参加した私もJAXAの職員さんに記念撮影してもらったりしました~(∀`*ゞ)エヘヘ

さて、少しの時間記念撮影などをした後は、施設敷地内をバスで移動。
見れる場所はその日によって変わるみたいですが、私の参加したツアーでは宇宙飛行士訓練施設。
それから宇宙ステーション「きぼう」の管制室を見学させてもらいました(*^-^*)

一部写真撮影禁止の場所もありましがた、意外と色々な写真撮影も可能。

見たことある~(*´▽`*)日本人宇宙飛行士の皆さんの写真~。

120㎏あるという宇宙服。

着てしまうと胸元が見えないそうで、手首には手鏡。
宇宙服に書いてある文字は全て鏡文字になっています。

その他にも色々。

これは向井千秋宇宙飛行士と宇宙へ行った宇宙メダカの子孫たち。

大人気だった管制室がある棟の入口にあるJAXAのロゴマーク。

ここは見学者一同、入れ替わり立ち代わり記念撮影していました。

そして、同じく管制室がある棟で写真撮影可能だった場所。


その中で見つけた金井宣茂 宇宙飛行士の書いた色紙。

宇宙飛行士の仕事って大変だろうな~と思うからこそ。
この「肩の力を抜いて楽しく」って言葉がなんだか身に染みました。
うんうん、ホント私もこうありたいものです(*^-^*)

ま、ざっくり説明しましたがこれ以外にもいろいろな物を見て回りました。
展示物に解説が書いてあったりしますが、ただ読むだけと違い説明してもらうことでより楽しむことが出来たと思います。
ちなみに見学ツアーは約70分、私のように1人で参加している人もいて結構和気あいあいとしていましたよ(*^-^*)

さぁー、そしてお土産ももちろん買いました~\(^o^)/

ま、私は次の予定の事も考えて、最低限の配る用の月並みなお土産を購入しました。
でも、ここでしか買えないJAXAグッズやちょっと気になる色んな宇宙食も売っていましたよ(*´▽`*)



ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキングへ



コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

拉麺 人生(水海道・茨城県常総市)/人生ラーメン+手羽餃子+人生ラーメンpart2

さて、前回までのあらすじ(笑)
茨城まで行く用事があった私は、せっかくなのでその前にラーメン一人旅。
気になっていた「人生 拉麺」さんに行くことにしました。



生き方についての詳しい説明&そこまでの道のりは1つ前のブログにあります。
気になる方はよろしければそちらをどうぞ~。

さぁー!そんな訳で?電車を乗り継ぎ到着したのがこちらのお店~\(^o^)/

拉麺 人生 らーめん じんせい
(水海道・茨城県常総市)
2018,11,7訪問

こちらのお店の場所はJR常総線・水海道駅より徒歩約20分。
fc2blog_20181226165413e2d.jpg
ちょっと距離はありますが、行き方はとても簡単。
駅前の道を渡ったら道なりに北上、国道354号線に出たら道を左折。
鬼怒川にかかる豊水橋を渡ったらその先、右手側がお店。

ちなみにお店の建物外には信号機がありその信号が青信号の時は営業中。
赤信号だとお休みで…ちょうど前回のブログは赤信号を見て愕然としている所で終了しています。

さぁ、そんな訳で?あわわわわ…これ、どうすんだー;つД`)

うむー…代替えのお店なんて思い浮かばない困った…。
そう思いながらキョロキョロしていると、店舗前の敷地に止まっている車の中には人がいます。
あれ?これは…開店待ちしている人かな?( ;∀;)

ここは思い切って聞いてみた方がよさそうと思い「すいませんー」とお声がけ。
すると「中に人がいる気配がするからやると思うよー」とのこと。
はわわわー(´Д`)よかった~
多分この方、お店の事をよく知っていそうだし常連さん?かな?

でも、この一言でほっと一安心。
ちなみに後で気づいたのですが、こちらのお店はオープン前は近場に車を停めて待機している人が多い様子。

とりあえず、私は初訪問ですので待っている間に店入口にある掲示版をチェック。

ここには拉麺人生さんがもらった色々なラーメンの賞が分かります。
…が、そのど真ん中にある「落語」?が何だか面白い(*^-^*)

さて、見るものはこのくらいかな~と思った後は、店舗前のオープンテラスで少しのんびり。

そして、歩いてきて温まっていた体がほどよクールダウンしたところで中から人が。
「お待たせしました、どうぞ~」と言う声に立ち上がれば、先に到着してた車の男性が先を譲ってくれて1番乗りで店内へ。
すいません~(*- -)(*_ _)ペコリ

さて、「お好きな席へどうぞ」と言われた私はカウンター1番右端に着席。
すぐにお水とおしぼりが出てきて「決まりましたらお声がけください」とのこと。


「はい」と返事を返してから、卓上にあるメニューをチェック。


メニューをめくって一番最初に目に入ってきたのは飲み物とおつまみのページ。


ラーメンメニューはその隣。

線が引かれているメニューもある中、選べるのは「人生ラーメン」「人生ラーメンpart2」。
それから「みそラーメン」と「ラーメン」の全部で4種類。

この後ろのページには色々な雑誌などで掲載された記事が続き、その最後のページにはこの文章。

ラーメン(だけ)ではなくて感動を売ろうというお店からのメッセージ。
こういう気持ちがこちらのお店の基礎にあるんですね~(*^-^*)

ちなみに?こちらのお店には人生の勉強になるメッセージが店内にも色々散りばめられています。

店内カウンター席一番左側の壁はこんな感じ。

そして、ここにはこんな言葉。

うんうん!いきなりコショウを入れるのはちょっと待ったー!…ですよ(∀`*ゞ)エヘヘ

さて、ちょっと長くなりましたがそろそろ注文。
私がきょろきょろしていると最初に席に着いた時声をかけてくれた年配の女性がニコニコ笑顔でこちらへ。
なんとなく、店主さんのお母さんって感じの年代の方でとっても優しそうです(*^-^*)

その優しい雰囲気もあって、思わず私「あの、ラーメン2杯食べてもいいですか?(*‘ω‘ *)」とお伺い。
驚くことなく返ってきた「大丈夫ですよ」の返事にホッとした私。
気になったので「人生ラーメン」と「人生ラーメンpart2」を両方お願い。
それから、こちらでよく食べられている「手羽餃子」も欲張って注文しちゃいました~(∀`*ゞ)エヘヘ

ラーメンを出してもらう順番も確認してもらったら、後は完成を待つばかり。
待っている間はいつものカウンター上のチェック。

置いてあるのは醤油、ブラックペッパー、塩。

振り返ればそこにはいい雰囲気のだるまストーブ。


そして、見上げた上には曜日限定・数量限定の「第二の人生」というメニュー。

うん?「第二の人生」ってなんだ?(*‘ω‘ *)
人生ラーメンpart2とは違うものなのかなー?

とても気になった私は先ほどの女性の方がちょうど近くを通りかかった時にお伺いしてみました。
で!分かったのは「第二の人生」というメニューは、ごはんの上にチャーシューや卵が乗たご飯物。
それをラーメンの名残りスープと合わせていただく食べ物だそう。
なるほど~、ラーメンの「第二の人生」って感じなんですね!(*‘∀‘)

ま、でも、さすがにラーメン2杯の上にそれは食べられそうにもありません。
それはまたの機会があったら試してみたいですね(∀`*ゞ)エヘヘ

さて、そうこうしているうちにまずは最初の1杯が到着。

人生ラーメン450円
おぉ~、綺麗なかけラーメンです~(*´▽`*)♡

では、さっそくいただきます。

まずはスープからごくり。

おー、アツアツうんめー(≧▽≦)♡
透明感のある見た目はあっさりの醤油スープですが、旨味たっぷりで体にじわーっと体に染みる。
優しいけれど物足りなさはなく、いつまでも飲んでいたいと思うくらいホっとする味です~( *´艸`)

さて、続いて麺をいただきます。

箸で持ち上げた麺はちょっと浪打つ縮れ麺。
アツアツのスープをまとっているので、ちょっとふーふーとしてからがぶり、ずずずずっと。
むふー( *´艸`)、ぷるっとした食感が特徴的でこのスープともよく合ってます~♡

さて、それ以外には彩りにもなる薬味の万能ねぎ。

白髪ねぎはシャキ、モキュっとした食感で麺と一緒に食べるとともていいアクセントです。
シンプルゆえに夢中で没頭して食べられる1杯、気が付けば麺はぺろりと完食。

そして、そんな私の様子を見てたお店の方から「次のラーメン作って大丈夫?」とのお声がけ。
もちろん答えは「はい、お願いしますー(*^-^*)」

返事を返した後は、まだ残っている名残スープをごくり、ごくり~。
最初の極アツだったスープから少し温度の下がってスープも美味しいです~(*´▽`*)

さて、人生ラーメンpart2が来る前にこちらが到着。

手羽餃子440円
ぷっくりと丸い手羽餃子、手羽餃子周りの空気が何だか熱い。
ラーメンを作るところとは別の所で揚げていると思われ、揚げたてアツアツってことがよくわかる!(≧▽≦)

提供時に「味はしっかり付いているのでレモンだけでどうぞ」とのご案内。

ではでは、レモンを絞ります~(*´▽`*)

…と、のんびり写真を撮っていたらこっちも来ちゃった(∀`*ゞ)エヘヘ

人生ラーメンpart2 550円
おぉ~、こっちは胡麻たっぷりですね~(*´▽`*)

どっちから食べようか迷うけど、やっぱりラーメンの方から。
まずはスープをごくり。

おー!こっちもアツアツうんめー!(≧▽≦)
シャバっとした優しいお出汁にブレンドされた味噌、そしてプチプチ胡麻の香ばしさ。
こちらもアツアツで、味噌の甘味もあるけれどほんのりぴりっと辛い気がする

そして、麺は人生ラーメンと同じくつるり、ぷるりとした細縮れ麺。

1杯目の時はちょっと焦って?すごい勢いで食べてしまった分、2杯目はじっくりといただきました。
どちらかと言うと柔らかい麺ですが、スープの旨味が麺に含まれて行くところも美味しいですね。

さぁー、そして合の手に手羽餃子をがぶり~(≧▽≦)

むふー( *´艸`)!ジューシィ~♡
カリっとした外側の鶏皮、柔らかい鶏肉、中に詰まった粗びきの餃子の肉餡。
溢れる肉汁の甘さと、さっぱりレモンのアクセントがたまりません。

はぁ~、これはビールが飲みたくなるな~(・´з`・)♡
ま、でも、この後駅に戻ることなどを考えるとアルコールはやめておかないとね。

さて、食べているうちにも後から後からお客さんが入ってきます。
ちょっと焦る気持ちで食べていれば「ゆっくり食べて大丈夫ですよ」なんてお声がけ。
その優しさにほっこりしつつ、気が付けば順調に完食です(∀`*ゞ)エヘヘ

ごちそうさまでした~(≧∀≦)♡
あっさりとしながらもシンプルな醤油スープの人生ラーメン。
優しいながらも味噌の効果なのか?食べ終わる頃には身体ポカポカ?むしろ汗だく人生ラーメンpart2。
さらに人気の手羽餃子まで食べて、いやー、文句なしのまんぷくはっぴーでーす( ´͈ ᗨ `͈ )◞♡⃛

さてさて、お会計はちょうど座った席のすぐそばのレジにて。
言われた金額を支払いごちそうさまのご挨拶をすれば、「遠くから来たの?」と声をかけられます。
「はいー(〃▽〃)ポッ(バレバレですよねー)」。
そして、どこそこから来たという私に「気を付けて帰ってきてくださいねー」と最後まで気遣いの言葉をかけてくれました。

はぁ~(*´▽`*)、遠かったけどやっぱり来てよかった~。

ちなみにこちらの「ラーメン¥700」「味噌ラーメン¥800」は今回食べた2種類のラーメンに+具が乗ったもの。
乗ってくる具はチャーシュー、わかめ、なると、メンマなど基本的な物です。
シンプルで没頭できるかけラーメンもいいけれど、次回来れたらトッピングありでも食べみたいですね~(∀`*ゞ)エヘヘ



2018年214・215杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキングへ

拉麺 人生さんの食べログ店舗情報はこちら
茨城県常総市豊岡町乙1485-1


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

【番外編】ラーメンひとり旅、拉麺人生(茨城県常総市)へたどり着くまで(∀`*ゞ)エヘヘ

さて、このブログは番外編。
茨城までひとりラーメン旅をしてきたので、ちょっと長めの自分備忘録。
まずはお店までの行き方編からスタートです。
食べたラーメンについては次のブログになると思いますのでご了承ください(∀`*ゞ)エヘヘ



さぁー、そんな訳で?この日の私は1日お休み。
夜は既にブログアップしていますが「特級中華蕎麦 洋介」さんのプレオープンにお呼ばれしていました。

まぁ~、せっかく茨城まで行くならば、やっぱりどこかラーメン屋さんに行きたいですよね~
今日は一日休みですしね~(ΦωΦ)フフフ…。

では、どこに行こうかな~、と数日前からリサーチ開始。
訪問日の水曜日が定休日のお店は除外して、私は車の運転はできないから歩きやバスなどで行けるお店…。
遠方の土地勘のない場所のお店選びは悩みどころがいっぱいです。
あー、ここ行ってみたいけどお休みか~(;´・ω・)

さて、そんなこんなで?当日の朝はかなり早起き。
夜のプレオープンでがっつり食べることも考えて、目的のお店に着く時間は昼営業開始直後を狙います。
ま、そんな訳で朝9時半過ぎには秋葉原駅。

ここからつくばエクスプレスに乗り換えて、いざ茨城へ~\(^o^)/

ちょい乗り鉄ぎみ?なもので(∀`*ゞ)エヘヘ
とっても綺麗な車両、すごい速さで走るつくばエクスプレスにドキドキワクワク。
…ま、あまりにも電車のスピードが速すぎて途中で耳がピーンとなっちゃいましたけどね…(;・∀・)

ちょっと乗り物酔い?しているような気もしつつ、どうにか乗り換えの「守谷駅」に到着。

ちなみに秋葉原から守谷駅までは快速で32分、各駅停車の電車に乗っても約40分。
耳は痛くなるけれど、乗車料金も高いけど、やっぱりこの距離をこの時間で移動できるのはすごいですね~(*^-^*)

さて、目的のお店はまだまだ先。
お次は関東鉄道常総線に乗り換え~\(^o^)/

つくばエクスプレスから出ていた掲示板に導かれて素直に改札を通過。
さらに向かい合うように位置していた常総線の改札を通過したら、駅構内の案内を確認。
自分の行きたい方面の電車が出るホームへと続く階段を下りていきます。

さて、階段を降り切った所には既に電車が待機中。

おぉぉぉ~(*‘∀‘)♡
普通の電車と比べると少し長いですが、なんと1両編成の電車だ~。
最新な感じのつくばエクスプレスからのこのギャップがたまらんです!!(≧▽≦)

そして、乗り込んでみれば車内はシートの色分けで優先席が決まっている模様。

もっと進行方向前の方に乗りたいけど、既にそちら側には人がいっぱい。
とりあえず後ろの方の開いている席に座ってキョロキョロ(*‘ω‘ *)

車内には守谷駅には自動改札があったので使用していませんでしたが、整理券の発行機。


車内には乗った区間からの金額がわかる運賃表。

うわー、なんかときめく~(*‘∀‘)♡
常総線の事、全然知らなかったけすごくいい雰囲気です~。

しかも、走り出した電車は心地いい揺れでゆっくりガタンゴトン。
つくばエクスプレスでちょっと乗り物酔い?になっていたけどこのゆったり感ですっかり回復。
小旅行気分をもっと味わっていたいな~と思いつつ目的の駅は4つ先。
あっという間に到着です(*‘ω‘ *)

さぁ、目的のお店の最寄り駅はここ「水海道(みつかいどう)」駅。

おぉぅ~(*‘∀‘)♡この感じもたまらんね~。

張り切り過ぎて、お店の開店時間の約1時間前には最寄り駅である「水海道」駅。
時間はまだたっぷりあるのでのんびり駅内も見て回ったりして~。


ちなみに?常総線はここ水海道駅~大田郷駅までの区間はサイクルトレインとして利用することも可能だそう。

利用時間は決まっているみたいですが、1人1台自転車を無料で持ち込めるサイクルトレイン。
ちょっとした距離の移動に自転車があると便利ですよね~(*^-^*)
※サイクルトレインについて詳しくはこちらをご確認下さい。

さて、その他には…

お、今時っぽい萌えキャラ?が待合室の中から見てますー(〃▽〃)ポッ

そして、改札外には鉄道グッズのご案内などもあったりして…ちょっと欲しいかも…(*´ω`*)

いやいやいや、でも、きっとこれはちょっと旅気分で浮かれているだけ!
お店に行って食べた後、それでも気になったらにしておこうっと~(>_<)

さぁーこうしてのんびりと水海道駅を見て回ってから外へ。

いやー、思ったよりもいい天気でよかったな~(*´▽`*)
前日の予報ではあまりいい天気じゃなさそうだったので、意外と暖かい日で一安心。

それでは、ここからお店に向かって歩きます!
もちろんいつもの通りスマホの地図アプリを立ち上げて…ふむふむ。

ざっと見た所、行き方はとても簡単。
駅を出たらほぼまっすぐ道を北上、国道354号線に突き当たったら左折してさらにまっすぐ。
鬼怒川にかかる豊水橋を渡ったその先が目的値の「拉麺 人生」さん。

ま…豊水橋を渡る手前にある「拉麺 時代遅れ」さんも営業していたら食べてみたいな。
なんて、ちょっと邪な?気持ちもあったりなかったりなんですけどね( ̄▽ ̄)エヘヘ

さぁ、それではお店に向かってGO!
少し歩いていると目に入ってきたのは手書き映画看板が飾られている場所。


うん??駐車場…?だよね?

後調べですが、どうやらここは「宝来館」という映画館の跡地みたいですね(*^-^*)

さぁ、そしてさらに先には消防署?

青空に映える火の見やぐらがなんともいい感じ。

さらに先にある商店街の入口ゲートがこれまたシブイな~(*‘ω‘ *)

さてさて、商店街を抜けるとすっかりお店は少なくなりましたがそのまま直進。
大きい通りに出たら左折してずんずん歩いて行けば、目の前に鬼怒川が見えてきました。
ま、でもこの川を渡る前に見ておかないと~…。

|ω・`)チラリ…

川にかかる橋の手前の横道、右側に少し行ったところにあるこちらのラーメン屋さん。
「拉麺 時代遅れ」さんはこれから向かおうと思っている「拉麺 人生」のご店主さんのお父さんが営業しているお店。
ちなみに元々「拉麺 人生」さんはこちらのお父さんが始めたお店。
現在店主である息子さんにお店を譲り、その後こちらの「拉麺 時代遅れ」を始めたそう。

そして、この2つのお店の共通店と言えば、お店の外に立っているこの信号機。

うわー、赤信号か~( ;∀;)
そう…この信号機、お店が営業している時は青信号が点いているそう。
あぁ~、つまり?これは今日はお休みってこと?( ;∀;)

まぁまぁ、こちらのお店が休みだとしても本来の目的地は「拉麺 人生」さん。
鬼怒川にかかる豊水橋を渡り、対岸にある「拉麺 人生」さんを目指して歩きます。

なんとなーく見える信号機、赤だったらどうしよう~( ;∀;)

そんな感じで、ドキドキしながらお店に到着。

橋の上から見た時から「あれれ?( ;∀;)」と思った信号機はこちらも赤。

何度も写真で見た二宮金次郎?が店入口に鎮座していますが…

こ、ここまだ来てお休み?( ;∀;)

つづく(笑)



ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキングへ

拉麺 人生さんの食べログ店舗情報はこちら
茨城県常総市豊岡町乙1485-1


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

お知らせ
ラーメンブログランキングに参加しています(^ム^)
人気ブログランキング
プロフィール

もりみ

Author:もりみ
1日1ラーメン食べられたら幸せですが、周りが心配しますし体力的に無理なんでボチボチやってます(*^^)v

最新記事
カテゴリ
タグ

新宿区 杉並区 千代田区 中央区 番外編 小金井市 豊島区 武蔵野市 足立区 中野区 台東区 渋谷区 江東区 練馬区 北区 埼玉県 町中華 三鷹市 ラー飲み 調布市 千葉県 荒川区 世田谷区 ラーフェス うどん 港区 国分寺市 葛飾区 文京区 神奈川県 自宅麺 青梅市 目黒区 昭島市 カップ麺 墨田区 蕎麦 板橋区 立川市 品川区 茨城県 大田区 八王子市 江戸川区 チェーン店 福生市 国立市 栃木県 国分寺 府中市 宮城県 東大和市 小平市 曙橋 西東京市 閉店 町田市 青森県 あきる野市 練馬 阿佐ヶ谷 浜田山 日本蕎麦 日野市 多摩市 東陽町 三鷹 福島県 広島県 長野県 コラボ 

ラーメンブログ リンク

ラーブロ
ラーメンブログ専門リンク集「ラーブロ」に登録しました
\(-o-)/設定ってむずかし~
月別アーカイブ
FC2カウンター
訪問ありがとう~
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード