韃靼ラーメン 一秀(北池袋)/味噌ラーメン

さてさて、この日の私は用事があって北池袋。
普段なかなか行かないエリアなので、用事の前にこの辺りで食べられるらーめん屋さんを調べてみました。


そこで気になったのが、こちらのお店~\(^o^)/

韃靼ラーメン 一秀
だったんラーメン いっしゅう
(北池袋・東京都豊島区)
2017,3,10訪問

こちらのお店は2008年頃オープン。
実は身体にいい韃靼麺を使ったラーメンを食べられるお店と言うことで名前だけは以前から知っていました。
ただ行動範囲からはよくわからない場所と思っていたこともあって今回初訪問。
韃靼麺ってどんな感じなのかとっても楽しみです(#^.^#)

さて、こちらのお店の最寄り駅は東武東上線・北池袋駅。
そちらから徒歩約9分ですが、私は時間に余裕があったのでJR池袋店よりお店へ向かいます。

池袋駅20a出口を出たら線路沿いをしばし真っ直ぐ、1つ目の信号を斜め左方向へ。

池袋平和通り商店街を通り抜けれれば川越街道。
そして、左方向の横断を渡った向こう側に目的の「韃靼ラーメン一秀」さんがあります。
ここまで徒歩約15分、意外と池袋からでも歩ける場所ですね~(#^.^#)

さて、それでは店内へ入る前に気になる店前の写真をぱしゃり。

店舗正面右側に「韃靼そば」の健康効果についてのご案内。

扉左側には食べられるラーメンの種類。

と、使われている材料などの有無が分かる表?かな?
それでは、一通り写真も撮ったところで入店でーす\(^o^)/

店内に入ると、扉に下がっているベルが綺麗な音色を奏でます。
そして、その音に気付いたお店の方から「いらっしゃいませ~」のお声がけ。

店内はなんとなく山小屋風?
木製のカウンターテーブルはコの字型。
客席数は11席でカウンターの内側はお店の方の移動スペース。
正面右手奥側がかなり広めの厨房。

訪問時は店員さん1名、先客1名とゆったりとした雰囲気。
ですが客席と厨房との距離が結構あって、これは結構混んだら忙しそうですね(*‘∀‘)

さて、それではまずは入口より斜め左奥にある券売機の方へ。

ぱっと見てびっくり、思ったよりもラーメンの種類が多いですね~(゜o゜)

券売機のボタンは中心を分けるようになっていて、こちらが左側。

ラーメンのメニューは「特製ラーメン」「味噌ラーメン」「激辛ラーメン」「正油ラーメン」。

そして、右側。

1段目は「塩ラーメン」「どなべラーメン」「ホウレン草とベーコンのヴォンゴレ」「トマトとアスパラ ヴォンゴレ風」。
2段目に「半ラーメン」「味噌つけ麺」「正油つけ麺」、3段目は「おこさま割(中学生まで)」。
おぉ、予想していなかった「ヴォンゴレ」ラーメン?にちょっと度肝を抜かれます( ̄▽ ̄)

ま、でもネットで調べた限りではこちらで定番のラーメンは「特製ラーメン」。
しかし、余りにも選択肢が多すぎて思わず頭の中がぐるぐるぐる~(◎_◎;)
他に何か手がかりがないかと、ちらりと店内を振り返ればお店の方が食券待ち。
そして、目が合うとにっこりと笑顔。
この人、とっても優しそう!これは聞いてしまおう~!

と言う訳で…「あの~、このメニューは全部、韃靼麺を使っているメニューなんですよね?」
私が聞くと、「そうです」とのこと。
そして、一番出るのはやっぱり「特製ラーメン」だそうですが、韃靼麺との相性ならば「味噌ラーメン」もオススメですと教えてくれました。

おぉ、そうですか~(*‘∀‘)なんか、心が決まりました~。

実は、この日はからりと晴れていますが北風が冷たい。
ここは親切なお店の方のアドバイスに従って、味噌ラーメンにすることにしました。

購入した食券をお店の方に渡せば、麺の茹で加減を聞かれます。
選べる茹で方の「硬め、普通、やわらかめ」の中から私は普通でオーダー。

オーダーが済んだら、お店の中に色々貼られている張り紙などを観察します。


まずは、改めて「韃靼」についての解説。


韃靼粉は蕎麦の仲間なので「そばアレルギー」の方へのご注意。


そして、オススメメニューランキング。

お、味噌つけ麺もラーメンもオススメなんですね~。

そして、オーダーしてから気づいたこれ!

「残したらイッパツ芸」と言う一文に思わず( ̄▽ ̄)ニヤリ
でも、味噌ラーメンに小ライス付けたいな~(*´з`)これはお店の方にこれからできるか聞いてみよう~。

頭の中で小ライスの事を考えながら、待っているとドアベルがシャララーン。
お客さんが次々と中へ入ってきて、あれよあれよと言う間に店内はほぼ満員。
お1人様営業なものですから、両替をお願いされるだけでも結構なあわただしさ。

おぉ~、さっきメニューのアドバイスしてもらえたのすごい運がよかったんだな~(゜o゜)

そんなこんなで約10分、ついに着丼で~す。

味噌ラーメン850円
おぉ~、背脂がチャッチャッ!と丼のフチにまで豪快に飛んでいます~(≧▽≦)

そうそう、そしてここで忘れずランチサービスの小ライスをお願い。
お店の方は「はい」と返事をするものの、すぐにはっとした顔になり炊飯器をチェック。
そして「すいません、まだごはん炊けていなくて…」とすまなさそうな顔。

あ、いえいえ~(^▽^;)
炊けてないものは食べられないですもんね、お気になさらず~。

ま、味噌ラーメン×ライスもしたかったけど、そんな日もあるさってことで。
いっただきまーす\(^o^)/

まずはスープからごくり。

おぉぉ~、ニンニクガツンと来る~!(≧▽≦)
しっかりとした味噌の風味に甘い背脂、ガツンと来るけど懐かしくてなんだかほっとしちゃいます。
あー、こういうのもやっぱりいいね~(*´▽`*)

続いて麺をいただきます。

お、思ったよりも麺の色が黄色いな~(゜o゜)
実は向かいで「特製ラーメン」を食べていた人の麺はかなり茶色になっていました。
しかし、麺は一緒のはずなので、きっとスープの色で随分変わる麺なんでしょうね。

さて、そして気になる韃靼麺はちょっと最初は粉っぽい感じもありますが、シコシコとした食感が特徴的。
もしかしたら、この麺は茹で加減普通~やわめでも全然食べやすいのかも(#^.^#)

さて、続いてのっけものもいただきます。
チャーシューはほろほろ、脂身がふわふわの豚バラ。

縁のあたりが香ばしくて美味しい~(≧▽≦)
ごはんにチャーシューのっけて食べたかったな~…と、ちょっと女々しいことを思っちゃった( ̄▽ ̄)エヘ

他は、味のよく染みた茶色い平メンマ。


デフォルトで、半玉子も乗っています。


そして、薬味のネギがとても味噌に合いますね(*´◡`​*)


さて、ランチサービスの小ライスは食べられませんでしたが、食べ始めてすぐにお店の方から
「もしよければ、麺を替玉でお出しします」と声をかけていただいちゃいました。
と言うことで、忙しい中すいませんがお言葉に甘えちゃいました。

替え玉※ランチサービス
ちなみに替玉の量は半玉と1玉が選べたので、やっぱり1玉にしちゃいました(〃'∇'〃)ゝエヘヘ

さて、まずはスープに入れずにひと口がぶり。

うん、ただただホカホカの麺です~( ^∀^)アハハハ
やっぱりスープに入れないと味がないや~。

それでは、丼の中へどーん!
替玉ですから、味変に唐辛子も少々。


そうそう、こちらの卓上調味料はこんなラインナップ。

すりゴマ、コショウ、一味唐辛子、酢。

シコシコ韃靼麺、替え玉したから思う存分楽しめていいな~。

ごちそうさまでした~(*´▽`*)
一発芸なんて持ってないし、無事食べ終えられてよかった~( ̄▽ ̄)わら

さてさて、次の予定もありますので食べ終わったらごちそうさまのご挨拶。
すると店内奥の厨房にいるお店の方から「ありがとうございました~」とお声がけ。
いえいえ、忙しいのに色々お気遣いありがとうございました(*´▽`*)

さて、思っていたよりニンニクガツンだったので、ここはリンゴジュース。
実は、以前コメントでニンニクにはリンゴジュースがいいよ~と教えてもらったのでニンニク後にはいつもリンゴジュースを飲んでいます。

プハ~( ̄▽ ̄)、この辺に用事があったら、また一秀さん行ってみよう~。


2017年49杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキングへ

韃靼ラーメン 一秀さんの食べログ店舗情報はこちら
東京都豊島区池袋本町2-1-1


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)
スポンサーサイト

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

北大塚ラーメン(大塚)/激辛(半)ラーメン中+小ライス

さて、私のラーメンな仲間たちの間で麺テロ勃発!
みんなが連日行っていて、すっかり私の頭の中もそのラーメンが食べたモードに!


と言う訳で、皆にあおられ?行ってきたのがこちらのお店~(*´▽`*)♡

北大塚ラーメン
(大塚・東京都豊島区)
2017,1,31訪問。

こちらのお店は、モンゴル人のご夫婦が営む人気のお店。
場所は大塚駅北口より駅前のロータリー右方向。
巣鴨警察署交差点の先の坂道を少し上がった所にお店はあります。

さて、こちらに来るのは2回目、実に2年以上ぶり。
前回も一緒にここへ来た友達を誘って、2人でてくてく歩くこと約2分お店に到着です。

到着した時、店前には並んでいる人は4名ほど。
こちらは、店内待ちスペースもありますが、まぁ予想よりは少ない感じ。

それでは!と気合を入れて並び始めて約3分、タイミングが良かったみたいであっという間に店内へ。
「イラッシャイマセー」のお声がけの中、まずは券売機で食券の購入をします。

こちらの基本メニューは「ラーメン」と「激辛ラーメン」の2種類。
そして、そのメニューにそれぞれたっぷりとチャーシューが乗ったチャーシュー麺バージョン。
ちなみにデフォルトのラーメンは1杯¥600。
「ラーメン」と辛味がプラスされた「激辛ラーメン」が同一料金というのも嬉しいところ(#^.^#)

さて、私は前回ラーメンを食べたので、今回は激辛ラーメン。
友達は逆に前回、激辛だったのでラーメンをチョイス。

少しして、購入した食券をお店の方に渡し、麺量を伝えます。
ちなみに選べる麺量は並150g、中200gのどちらか。
私はもちろん?中盛り。
そして、ランチタイムの無料サービスの小ライスもお願いしちゃいました(*´σ-`)エヘヘ

それと、激辛ラーメンを頼む人は辛さを聞かれるのでここで申告。
普通・半分から私は半分でお願いしました(#^.^#)

さて、食券を渡すと「2階席へドウゾー」とのご案内。
人がすれ違うにはちょっと狭い階段を上って2階へ。
階段を登りきると短い通路の先には四角い空間。
その先にテーブル席が4人卓×2、2人卓×3と程よい間隔で並べられています。
1階のL字カウンターは8席と合わせると、結構集客力がありますね~(゜o゜)

さて、「2人席へお願シマス」と言われていたので、空いていた2人掛けテーブル席へ。
2階席の入りは6割程度で比較的ゆったり。
どうやらグループ客だとこちらに案内されることが多いみたいですね。

さて、それでは完成前にお水の準備。
水は中央壁際に置いていあるウォーターサーバーでセルフサービス。

卓上調味料はコショウとニンニク。


後は完成を待つばかりと友達とおしゃべり。
思ったよりすんなり入れたね~と喜ぶものの、ここかはらちょっと長め。
のんびり待つこと約20分ついに着丼。

激辛(半)ラーメン(中)600円
+小ライス50円※ランチタイムは無料サービス
おぅ~、このラーメン見ると、条件反射?なんだかじわ~っと口の中によだれが出て来る~( *´艸`)

余談ですが、お値段一緒のラーメンと激辛ラーメン。
どうやら激辛にすると乗っている豚バラチャーシューの枚数が少し少なくなるみたいです。

さて、美味しい匂いの中で待っていたのですっかりハラペコ。
早速いただきたい所ですが、その前にこちらが友達の頼んだ1杯。

チャーシュー麺800円
もうチャーシューいっぱい過ぎて、玉子が埋まってます。
友達曰く、1人でチャーシュー麺を頼むのは量が多い。

と言うことで…、お裾分けタイム~\(^o^)/

友よありがとう~、こんなんなりました~(〃▽〃)ポッ

それでは、いただきまーす!!\(^o^)/
まずは挽肉のない部分のスープをごくり。

うぅ~( *´艸`)沁みるぅ~。
スープのベースはラーメンと同じ動物ガラ系で、じんわりとくる美味しさです。

続いて辛い挽肉とスープを一緒にごくり。

おぉ!(≧▽≦)!ウマ辛!
激辛ラーメンに乗ってくる挽肉はラー油、唐辛子を効かせた辛い物。
ちょっと表現できないオリエンタルなスパイス感もあります。

しかし…直に食べると思ったより辛いですね~(;´∀`)

さて、続いて麺をいただきます。

麺は柔らかめの中太ストレート麺。
もちほわとした優しい食感でほっとさせてくれます。

ま、でも今までの経験上?挽肉が入っているラーメンは啜り上げる時はゆっくりと。
辛味が喉を直撃したりしないよう、よくふーふーと冷ましながら食べ進めます。
大体、こういう挽肉が入っているのはむせちゃったりするんだよね~(^▽^;)

さて、豚バラチャーシューをぱくり~。

とろっと柔らかい脂身とほろりとほどける赤身肉がうんまーい!!

デフォルトでゆで卵が半分乗っているのも嬉しいですね。


こんな感じでそのまま食べ進める事しばし、挽肉に付けられた辛味がどんどんスープに広がります。
そして、それに比例して私の目の下に汗がじわじわ、舌はビリビリ。

よし、ここはライスでひと休み。
たっぷり乗っている豚バラチャーシューをご飯に乗せて~

ミニチャーシュー丼~\(^o^)/

そして、もちろん辛い挽肉を乗せた挽肉ご飯も食べますよ~\(^o^)/


麺、スープ、チャーシューを思うままに味わいます。
そして麺を食べ終わったら最後は〆のスープごはん。

さらさらっと最後のご飯をかき込んで完食~(≧▽≦)


ぷは~、ごちそうさまでした~
(;’∀’)結構辛かった~。


前回、友達の激辛ラーメンをほんのひと口味見した時の印象はウマ辛。
他の人の感想でも「程よい辛さ」と言う人が多かったので油断していました。
最近、自分でも辛さに対して耐性ができてきたなぁ~と思っていたけど、唐辛子の辛さに私は弱いのかもしれません。

うーん、後を引く美味しさでクセになるけど、私はノーマルのラーメンの方がいいのかも。
またはできるなら辛さ半分の更に半分、1/4とかできたらいいな~。
次にこちらの激辛ラーメンを頼む機会があったら、できるか聞いてみようと思います(*'▽'*)


2017年22杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキングへ

北大塚ラーメンさんの食べログ店舗情報はこちら
東京都豊島区北大塚1-14-1


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

創作麺工房 鳴龍(大塚)/特製塩拉麺

今年も残す所あとわずか。
同僚と定期的にやっているラーメン部会、愛称「ラ部活」。
12月はみんな忙しくて部活している時間がないかもしれないと言うことで、11月は2回開催することにしました~\(^o^)/


という訳で11月1回目の「ラ部活」はこちら~\(^o^)/

創作麺工房 鳴龍
そうさくめんこうぼう なきりゅう
(大塚・東京都豊島区)
2016,11,18訪問

こちらのお店は、言わずもがなの名店。
2016年11月29日にミシュラン1つ星店としてミシュランガイド2017に載ることになりました。
おめでとうございます(*- -)(*_ _)ペコリ
ま、でも素直な気持ちを言いますと、嬉しいですがなかなか食べに行きづらくなってしまうと思うと悲しいです(´;ω;`)ウッウッウッ

まぁ、同僚と訪問した時はまだ発表前。
この後、なかなか行けないお店になるとは露知らず。
JR大塚駅南口から徒歩6分のお店へ、同僚と3人ウキウキしながら向かいます。
ちなみに、ラ部活では鳴龍さんは2回目の訪問です。

さて、店前に到着。
ディナータイムのピークには少し早めですが、既に店前には数人の並び。
でも、4~5人くらいなのでそれほど待たずに入れそうですね。

まずは、店前に出ているメニューの写真をパシャリ。
その写真を見ながら、どのメニューにしようかと同僚たちと悩みます。

ま、実は今回「鳴龍に行く」と決まった時点で3人ともすっごい悩んでいたんですけどね。
ちなみに、来る途中の電車の中での会話もどれを食べるかとそればかり( ゚∀゚)アハハ

そんな訳で、待っている間に固い決意で食べるメニューを決めた同僚は一人余裕?の笑顔。
私ともう1人の同僚は、あれやこれやと気持ちがフラフラ。
だって、どれ食べたって美味しいだろうな~って思うから~(>_<)

ちなみに私が鳴龍さんで食べたことのあるメニューは「担担麺」、冬季限定だった「味噌拉麺」、「醤油つけ麺」。
そして、友達のおすそ分けで食べた「担担つけ麺」の全4種。

うぅ~、でもおすそ分けで食べた「担担つけ麺」を自分で食べてみたい気持ちもあるし、まだ食べていない醤油や塩も食べてみたい。
あー、久しぶりに担担麺もいいな~(>_<)

こんな感じで葛藤しているうちに、外の列の先頭に。
前の人が出て来たところで、チラリと店内に声をかけ「3人です」と伝えます。
するとお呼びしますので、外で少しお待ちくださいとのご案内。

はーい(*‘∀‘)(*’▽’)(*’▽’)
ちなみに以前は中の空いているスペースに待っている人がいたりしましたが、どうやら現在は中待ちしないようにしたみたいですね。

そんなこんなで、待ち始めて35分ほどで店内へ。
ご店主さんと助手の女性スタッフさんに「いらっしゃいませ、お待たせしました~」と迎えられます。
店内は暖房も聞いていてもちろん温か。
その上、ご店主さんとスタッフさんの笑顔も優しくてほっこりしますね~(*´▽`*)

さて、それではついに決断の時!?券売機へ向かいます。



こちらのメニューは上から「辛麺」、「醤油」「塩」「つけ麺」の並び。
千円札を券売機のスロットへ入れて、心に決めたボタンをポチリ~!!( ̄Д ̄)ノ
私の指先を見ていた同僚2人が「おぉ、それか~!」とつぶやきます。

(ΦωΦ)フフフ…、今日はこれにしました。

特製塩拉麺
決め手は、前日醤油ラーメンを食べていた事。
※ブログの順番が前後していますがこの日の前日は「京紫灯花繚乱」へ行ってました~(∀`*ゞ)エヘヘ
それと、この日はまだ先日引いた喉風邪で喉が本調子じゃなかったの事で、辛いのはやめておくことにしました。
それに、初訪問した時に隣の人が特製塩拉麺を食べていて、ずーっと食べてみたいと目を付けていたんですよね(ΦωΦ)✧キラーン

それでは、案内された席へ移動。
食券を助手さんに渡したら、後は完成を待つばかり。
出来上がるのを待つ間に、久しぶりの鳴龍さんの雰囲気を満喫です。

こちらの店内は明るくて綺麗、暖色系の灯りで温かい雰囲気。
客席は厨房を囲むL字カウンターのローテーブル10席。
席と席との間隔が広めなので、ゆったりとできるのもいいですね~(#^.^#)

そして、ゆったりと言えば夜の鳴龍さんらしいお客さんもチラホラ。
鳴き龍さんは夜だけのアラカルトメニューも美味しいそうで、おつまみを食べて飲んで、〆に麺をいただくという楽しみ方もできるんですよね~。
ま、そんな楽しみ方があるので、夜は少し回転は緩やか。
ですが、きっとこちらでお酒を楽しむ方はちゃんと周りに配慮している方たちだと思うのと、「私もいつかはね( *´艸`)♡」って実は憧れたりもしているんですよね~。

さて、おしゃべりしつつもご店主さんの調理している姿に見とれているうちに遂に完成。
着丼で~す\(^o^)/

特製塩拉麺1,000円
わ~(*´▽`*)美しい~、これが鳴龍さんの塩か~♡

ちなみに海苔は器と受け皿の間に扇状に並べられています。


それでは、いただきまーす\(^o^)/
まずはスープをごくり。

わぁ~、すごいうんま~い(*´Д`*)ホワワ~ン
この透明感なのに旨味の厚みがすごい。
そしていい塩梅の塩加減。
はぅ~、これはひと口飲んだだけで、スープ全部飲んじゃうな~と思わず確信( *´艸`)♡

ちなみに、後で調べてみた所、鳴龍さんのスープは20種類以上の食材。
塩拉麵の塩ダレは羅臼昆布にモンゴル産岩塩などを使用しているそう。
でも、ただ色々な材料をつかったってこの美味しさになるかどうかはやっぱり作る人の力ですよね。
こんなに美味しいものを作ってくれて、本当にありがとうございます~(´;ω;`)ウッ

続いて麺をいただきます。

麺の中に粒が見える自家製麺の細麺ストレート。
鳴「龍」の名前にふさわしい?わりと長めの麺はもち上げると龍のごとき曲線がうつくしい。
麺を啜り上げる気持ちよさ。
麺と一緒に上がったスープのいい香りが鼻を抜けて( *´艸`)ホントたまらん~。

さて、特製塩拉麺ののっけもの、チャーシュー2種類はそれぞれ2枚ずつ。
まずは桃色で色鮮やかな豚チャーシューをぱくり~(^O^)

舌に吸い付くようなしっとり感でうんま~い(*´▽`*)

そして、もう一つは薄ピンク色のこちら。

程よく脂身の甘みもあって、食感はさっくり。
そして、こちらもしっとりとしているけれど、部位が違うのでまた違った食感です。
はぁ~、甲乙つけがたい美味しさですね~(*´Д`*)

メンマはコリコリとした細めの物。


それから、薬味は極細のシャキシャキ白髪ネギ。

麺と一緒に食べると、食感の違いがこれまたいいですね(#^.^#)

さて、それではそろそろ味玉をいただきます(*´▽`*)ぱか~!

ぶしゃ~!
あれ~こんなに柔らかいヤツだったけか~(*’▽’)

黄身がスープに流れ出すと、スープの味が変わってしまうので味玉の茹で加減は黄身が流れ出さないくらいが好きなんですよね~。
ま、でも今日は絶対スープ飲み干すからいいか~( ̄▽ ̄)

気を取り直して?ぱくり、味玉にかぶりつきます。
味玉はお出汁の味がしっかりと浸みていて、柔めの黄身だけどやっぱりうまい。
玉子の白身の香りもちゃんとしていていいですね。

さて、あとは好きな感じで食べ進めます。
麺の最後の一口は、添えてあった海苔で麺を海苔巻き。

う~(≧▽≦)これはうまい~!
海苔を通して味わうスープもこれまた絶品。

他の乗り物スープを吸わせてぱくり、ぱくり。
あぁ~これはごはんも欲しくなる~( ̄+ー ̄)

はう~、気が付いたらからっぽです(*´Д`*)

ごちそうさまでした~(*´▽`*)
やっぱり、予想通り完飲完食。
旨味たっぷりのスープを全部いただいて、風邪の名残もどこかへ行ってしまいそうです(#^.^#)

さて、同僚たちととっても悩んで決めたメニュー。
2人はそれぞれこちらをチョイス~\(^o^)/

酸辣麵850円
こちらは、最初から食べたい物をキリッと決めた同僚のチョイス。
私も興味があったので、もちろん味見させてもらいました(^^♪

スープはさらりとしていて、一般的なとろみのある酸辣湯麵とはちょっと違う。
ブラックペッパー、山椒が効いていて旨辛。
酸味はトマトを使っているようで、甘酸っぱくて個性的。
ですが、とっても鳴龍さんらしい1杯でこれもとっても美味しかったです!(*´▽`*)

そして、悩みまくっていたもう1人の同僚のチョイスはこちら!

担担つけ麺880円
+パクチー盛100円

以前味見させてもらいまいたが、こちらももちろん食べましたよ( ̄▽ ̄)
このつけ麺の特徴と言えば、麺の下に惹かれているトマトピューレ?
胡麻の風味の辛いつけダレにこのトマトピューレ?が合わさるとまた一味違う美味しさで、ついつい夢中で食べ進めちゃう味ですね。

ただ喉風邪を引いてから、辛い物を控えていた私には2人の辛麺はけっこう辛く感じました。
どうやら、今日の私の塩拉麺チョイス大正解だったっみたいです(#^.^#)

三者三様、違うメニューを食べましたが、予想通りどれも美味しかった。
また食べに来たいですが、次は一体いつになるんでしょうかね~(;´д`)トホホ

兎にも角にも、ご店主さん、お店の方々は以前に増して忙しくなると思いますので、どうぞお体を大事にしてください。
落ち着いたころに?(そんな時が来るかな~)また、食べに行きたいと思います。
ごちそうさまでした~\(^o^)/


2016年236杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキングへ

鳴龍さんの食べログ店舗情報はこちら
東京都豊島区南大塚2-34-4 SKY南大塚 1F

醤油つけ麺を食べた時のブログはこちら
【限定】味噌拉麺を食べた時のブログはこちら
担担麺を食べた時のブログはこちら


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)


同僚とのラーメン部会の記録まとめのページはこちら

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Japanese Soba Noodles 蔦(巣鴨)/ワンタン醤油Soba

さて、この日は約1か月ぶりの同僚とのラーメン部会~
今回のお店はこちら~\(^o^)/



Japanese Soba Noodles 蔦
ジャパニーズ ソバ ヌードルつた
(巣鴨・東京都豊島区)
2016,10,6訪問

こちらのお店は言わずものがな!の名店!!
もちろん同僚とのラーメン部会でも、行ってみたいお店として名前があがっていました。
ですが、以前は営業時間が夕方16時までと部活で行くのは絶対無理。
さらに行列緩和のため、整理券制になったこともあって普通に行くのも難しそうと諦めていました。

だが、しかし!!
なんと9月8日より夜営業がスタート~!\(^o^)/
しかも、よく蔦に行っている友達情報によると、「認知度がまだまだ低いので夜はねらい目だよ~」とのこと!

という訳で、行くなら今だ~!
\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

さて、巣鴨駅南口を出て徒歩2分ほどのお店に到着。
ついついみんな揃って、
「わ~、やってる~(*´▽`*)(*´▽`*)(*´▽`*)」と声がもれちゃいます。
と言うのも、以前部活で夜営業のあった2号店「蔦の葉」さん(現在休業中)へ行きました。
そして、その後に「せっかく巣鴨にいるのだからその外観だけでも」と見てから帰ったのです。

入口付近には和紙?を使った行燈が置かれていて、趣きある雰囲気。

はぁ~、本当に夜営業始まったんだ~( *´艸`)嬉しいな~。

さて、ここからが緊張の瞬間?
最初の方にもちらりと書きましたが、こちらのお店は整理券制。
昼の部は朝7時から配り始め11時~15時までの4時間。
夜の部は17時から配り始めて18時~21時までの3時間営業。
向かう途中でチェックしたお店のTwitter「JSN蔦公式整理券情報」では余裕がありそうでしたが、どうでしょう~(´Д`)

ちょっと扉を開けて中を覗くと、お店の方が外へ出てきてくれました。
爽やかな笑顔で対応するお店のスタッフさん。
整理券の時間を聞くと、一番早いもので19時台とのこと。
到着時間が18:30頃での19時台ならばっちりじゃないですか~(*´▽`*)

という訳で、整理券をゲット!


ちなみに預り金として1000円を整理券と引き換えに払うシステムになっています。

↑詳しくは裏面を~\(^o^)/

さて、19時頃にお店の前へ戻ってきてくださいとのご案内。
ですが、他に行くところもないので、お店の脇のマンションの通路にある蔦さんの列に並んでおしゃべりなど。
しばらくすると、前に並んでいた人から案内が回ってきました。

おぉ~、お店からのご案内がずらり~。
うんうん、いろんな人が来るから色んな事が起きますよね。
お店が在り続けるためにも、こういうお願いはちゃんと守らねば!(=゚ω゚)ノ

少しずつ列が進んで外待ちの先頭。
並んでいる側の建物の壁にはご挨拶

もうそろそろだね~。
(*´▽`*)(*´▽`*)(*´▽`*)ワクワク

ほどなくして再び現れたスタッフさんが、私たちの整理券を受け取ります。
そして、最初に渡しておいた1000円が返ってきて、ついに入店。
「いらっしゃいませ、お待たせいたしました~」
キリッとしたお声がけといい香りに思わずニヤニヤしてしまいます。

さて、それではまずは券売機に向かいます。

↑真ん中より下の段は英語表記。


ずらりと並ぶボタンと文字に一瞬、戸惑いますが大丈夫。
蔦によく来ている友達が、食べるなら「ワンタン醤油Soba」がオススメだよ~とアドバイスをもらっていたのです~(≧▽≦)
という訳で、3人揃って「ワンタン醤油Soba」をチョイス!

ちなみに、基本メニューのあったかいSobaは「醤油Soba」「塩Soba」。
そして、つけSobaメニューは「大地のつけSoba」「太陽のつけSoba」。
後で卓上に置いてあった案内を見たら、このつけSoba2種もとっても気になりました~(≧▽≦)

↑卓上のご案内はこれです(#^.^#)

さて、食券を購入してから約10分、店内のウェイティングスペースでしばし待機。
空席が出来て案内されたら、1度カバンなどを席に置いてから飲み水の準備。
お水は券売機横にあるウォーターサーバーから持ってくるセルフサービス方式です。

さて、後は完成を待つばかり。
席にはそれぞれトレイ、お箸、レンゲがセットされています。

このレンゲとお箸を置ける小皿もとっても素敵~( *´艸`)
同僚2人もこの雰囲気などなどに対する期待でワクワクしているのを感じます。

そして、約4分ついに着丼です(#^.^#)

ワンタン醤油Soba 1,300円
おぉ~((๑✧ꈊ✧๑))いい香り~!

お店に入った時から、いい香りがしていました。
ですが、目の前に丼が出て来ると、さらに1段強い薫りがしてドキドキします( *´艸`)♡

それでは、まずはスープからいただきまーす\(^o^)/

ごくり。
おぉぉおお~、うまっ!!((๑✧ꈊ✧๑))
味わった一番最初、印象的だったのは貝出汁。
そこに動物系の清湯スープ、トリュフの香り、香味野菜の爽やかさが加わっています。
うわぁ~、すごい!
これは他では味わえない味だよ~(≧▽≦)♡

続いて麵をいただきます。

麺は細麺ストレート、滑らかで喉越しと舌触りの気持ちよいもの。
しかし、麺が長いみたいで、一回でなかなか啜り切れない。
でも、この喉越しの良さにずっと浸ってられるからこの長さがいいのかもしれません( *´艸`)

さて、それでは友達にオススメされたワンタンをぱくり。

おぉっと、すっごい美味い!!(@ ̄□ ̄@;)!!
ワンタンに包まれている肉餡は小ぶりなものですが、食べた時に感じる肉の旨味が半端ない!
えぇ~、このサイズでこの旨味ってすごい!(@ ̄□ ̄@;)!!

そして、肉の部分を噛みしめるとほろほろとほぐれるワンタン皮。
皮はかなり大きく、長く、すべすべのつるつる。
噛みしめる部分によって、皮が重なっていたりして厚みがランダムに。
その食感の違いがまたたまらなくいい感じ!(≧▽≦)

はぁ~、友達の言うことに従って大正解~(*´▽`*)
普通の醤油Sobaは¥1,000、そこに+¥300でワンタンが2つ。
ですが!この美味しさなら納得です~٩̋(๑˃́ꇴ˂̀๑)

ちなみに後調べ。
このワンタンの肉餡に使っているのは「今帰仁(なきじん)アグー」という黒豚のミンチ。
豚に詳しくないですが、とっても希少な豚さんのようです。
今帰仁(なきじん)アグーについて詳しくはこちら。

さて、その他にも色々ありますよ~\(^o^)/
まずチャーシューは2種類。
豚バラのロールチャーシューは脂身が甘く。


もう1種類は赤身、焼き豚系なのか香ばしい味わい。


そして、チャーシューを食べると、上に乗っていたトリュフがスープに溶け込んでさらに芳醇に。


メンマは穂先メンマが1本。

これもトリュフ系の出汁につけられていたものか、すごくいい香りとお出汁感。

個性的なトッピングとしては茶色のえのき。

コリコリとした食感とちゅるりとした食感。
この2つが同時に楽しめて、これは私のすごい好み!(≧▽≦)

薬味は極細のシャクシャクっとした白ネギと小口切りの青ネギ。

白ネギと滑らかな麺と一緒に食べた瞬間、その食感のコントラストにときめきました( *´艸`)♡

はぁ~、気づけば汁完。

ごちそうさまでした~(*´▽`*)
はぁ~、これはたまらんわ~。

さて、食べ終わったら待っている人がいますのでさっと退席。
「ありがとうございました~」と爽やかなお声がけに見送られて、お店を後に。
大満足の帰り道はもちろん、食べたラーメンのことで盛り上がります。

余談ですが、実は¥1000越えのラーメンってやっぱりちょっと、気が引ける?んですよね。
でもこの1杯にはそれ以上の美味しさがあったと思います。
整理券制や値段のことを考えると、私にとってはデイリーなラーメンではないけれど素直にまた食べたいです。

そして、本当にみんなで食べに来られてよかった。
また一緒に来れるといいね~(*´▽`*)


2016年206杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキングへ

Japanese Soba Noodles 蔦さんの食べログ店舗情報はこちら
東京都豊島区巣鴨1-14-1 Plateau-Saka 1F

初めてJapanese Soba Noodles 蔦さんへ行った時のブログはこちら


今はやっていませんが、「味噌の陣」へ行った時のブログはこちら

現在休業中の「蔦の葉」さんへ行った時のブログはこちら↓
味玉塩そばを食べた時のブログはこちら
【夜限定】鴨脂そばを食べた時のブログはこちら


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)


同僚とのラーメン部会の記録まとめのページはこちら

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

麺屋Hululu(池袋)/みそSOBA+塩味玉

さて、先週末のラーメン部。
同僚が1人行けなくなっちゃったので、緊急仕切り直し~\(^o^)/


と言うことで、久しぶりに向かったのはこちら。

麺屋Hululu めんやフルル
(池袋・東京都豊島区)
2016,5,16訪問

こちらのお店、ハワイ思わせる空間でゆったりとした気持ちにさせてくれる癒し系なお店。
同僚との食べ歩き「ラーメン部会」ではこの度3回目(^^)v。
急な集まりの時はやっぱり、慣れたお店がいいですよね。

ちなみに、ラーメン部で来た1回目は毎年6月から食べられる「Hululu風冷やしSOBA」を。
そして、2回目は毎週金曜日だけの「つけそば」を食べに来ました。
実は以前から、「通常メニューも食べてみたい」という話になっていたので、場所はあっという間に決まりました(#^.^#)

さて到着したら、店前をチェックします。

この日の限定は「みそSOBA」「ちょこっと煮干しSOBA」の2つ。
私は一応レギュラーメニューは、味見も含めるとひと通り食べているので、どっちかにしよう~っと。

それでは、入店~\(^o^)/

ディナータイムのオンタイム少し前、店内はすでに満席。
ウェイティングスペースにも人がいます。
まずスタッフさんから「食券をどうぞ」と言われて、券売機前へ。

こちらの基本メニューは「醤油SOBA」「塩SOBA」「ピリ辛まぜSOBA」の3種類。
同僚2人は依然私がブログに書いた「ピリ辛まぜSOBA」を選択。
残念なこと日・月限定の「ちょこっと煮干しSOBA」は既に完売。
なので、私は「みそSOBA」の方を食べることにしました。

ちなみに「みそSOBA」、以前は水曜日限定メニュー。
ですが、現在は毎日メニューにはあるようですね。
もしかしたら、数量限定なのかもしれませんがそこは不明、すいませんm(._.)m

さて「みそSOBA」券売機のボタンがないので、現金でスタッフさんにお支払い。
食券を渡したら、店内が込み合っているので1度お店の外へ出て並びます。
店外→店内ウェイティングスペース→着席までは約15分ほど。
まぁ、でも3人での訪問なので、おしゃべりしたりして待ち時間もあっという間。

着席からは、既に食券は渡してあったこともあって約5分ほどで着丼で~す\(^o^)/

みそSOBA850円
+塩味玉100円


小高く盛られたカイワレの緑。

味噌のスープの黄色と糸唐辛子の赤と色鮮やかでキレイですね~( *´艸`)

それでは、スープからいただきます。

おぉ~、アツアツで甘~い( *´艸`)
鶏ガラベースのスープに甘めの味噌味はちょっと濃い目。
しかもナッツがの香ばしいいい香りとサクサクっと食感がたまりません~。

続いて麺を。

麺は平打ちストレート麺。
ハリがあって、しっかりとした噛み心地もいい感じです。

さて、みそSOBAののっけも。
まずはチャーシュ―が1枚。

厚みも程よく、脂も甘くて美味しいもの。
実は私の中で、麺屋Hululuさんのチャーシューは刻みチャーシューのイメージ。
なので、普通の感じのチャーシューはなんとなく印象が薄かったのですが、これもすごく美味しいです(*´◡`​*)

野菜はシャキシャキのもやし。

平打ち麺と一緒に食べれば、食感のコントラスト。
そして、味噌ともやしはやっぱり合いますね~(〃'∇'〃)ゝ

メンマは平べったくてコリコリっと。

しっかりと味の沁みたメンマは味噌のスープとは違った味付けで味のアクセントになっています。

薬味はたっぷりのカイワレ。

甘い味噌スープにちょっとピリピリ。
カイワレ大根の辛みが程よいなぁ。

さて、そろそろ塩味玉をぱくり~(*´▽`*)

あれ?
味噌スープのインパクトが強いので味玉の味加減がよくわからなかった~(〃'∇'〃)ゝエヘヘ
でも、白身のプリッとした感じと、程よい硬さの黄身は私の好みのタイプです((* ´艸`))

食べながら口に入ってくる鶏ひき肉。

これももちろん美味しいけど、やっぱり終盤になると丼の底に落ちてます。

ま、もちろんこれも丁寧に掬って食べますよ~(#^.^#)

はぁ~、これを白いご飯にかけたい~(>_<)
早く5月終れ~!!(´・Д・)」
※5月は自主的にサイドごはん禁止月間を行っていますm(._.)m

ま、そう思っているうちに完食。

ごちそうさまでした~( ´ ▽ ` )ノ
こちらに来るのはちょっとご無沙汰でしが、やっぱり美味しかった~。

さて食べながら、初めてここへ3人で来た時に食べた「冷やし」の話に。
そして、もちろん「あれ、また食べたいよね~」と3人でうなずき合い。

そうそう、毎年恒例の麺屋Hululuさんの冷やしは6月よりスタート。

ちなみに、食べに行ったときはまだ提供前でしたが、ブログを書いている今の時点ですでに販売スタートしています。
ぜひ暑い日を狙って食べに行きたいですね(≧▽≦)

ちなみにのちなみに~。
現在、麺屋Hululuさんは早めの夏季休暇だそう。
期間は6/7~6/10、ご注意下さい。


2016年104杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキングへ

麺屋Hululuさんの食べログ店舗情報はこちら
東京都豊島区池袋2-60-7

金曜日限定 みそつけめんを食べた時のブログはこちら
第2・4限定のロミロミサーモン バジルSOBAを食べた時のブログはこちら
同僚とHululu風フルルの冷やしSOBAを食べた時のブログはこちら
フルルのピリ辛まぜSOBAを食べたときのブログはこちら
去年初めて「冷やし」を食べたときのブログはこちら


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)


同僚とのラーメン部会の記録まとめのページはこちら

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

お知らせ
ラーメンブログランキングに参加しています(^ム^)
プロフィール

もりみ

Author:もりみ
1日1ラーメン食べられたら幸せですが、周りが心配しますし体力的にも経済的にも無理なんでボチボチやってます
(*^^)v

最新記事
カテゴリ
タグ

新宿区 杉並区 小金井市 渋谷区 千代田区 武蔵野市 中野区 調布市 埼玉県 豊島区 中央区 北区 荒川区 世田谷区 練馬区 台東区 青梅市 三鷹市 千葉県 立川市 ラーフェス 港区 品川区 国分寺市 文京区 葛飾区 目黒区 神奈川県 墨田区 大田区 昭島市 江東区 チェーン店 福生市 国立市 番外編 江戸川区 府中市 曙橋 まとめ 東大和市 茨城県 八王子市 西東京市 浜田山 足立区 あきる野市 国分寺 阿佐ヶ谷 小平市 日野市 練馬 板橋区 

ラーメンブログ リンク

ラーブロ
ラーメンブログ専門リンク集「ラーブロ」に登録しました
\(-o-)/設定ってむずかし~
月別アーカイブ
FC2カウンター
訪問ありがとう~
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード