こうかいぼう(門前仲町)/らーめんセット

さて、この日の私は午後半休を使ってちょっと遠出。
そこで、ずーーーっといつか行ってようと思っていたお店に行くことにしました。



そのお店がこちら\(^o^)/

こうかいぼう
(門前仲町・東京都江東区)
2018,5,10訪問

こちらのお店は2001年10月にオープン、今年17年を迎えるお店。
お店で食べらられるラーメンは毎日食べても飽きの来ないラーメン。
そして、ご店主さん夫婦の接客、お人柄が素晴らしいというのが評判です。

ま、なかなか私にとって馴染みのない場所なので、いつか行こうと思い続けて数年経過。
ようやく初訪問することが出来ました(∀`*ゞ)エヘヘ

さて、お店の場所は東京メトロ東西線・門前仲町駅より徒歩約6分。
6番出口から地上に出たら右方向、高速道路の下を抜けて「深川一丁目」交差点を渡ってから右折。
大きめの道「葛西橋通り」をまっすぐ進んでいけば、道の左側にこの「のぼり」が見えてきます。

うわーい(*´▽`*)、やってる~。

…というのも、実は先月もこちらに来るには来たんですよ…(∀`*ゞ)エヘヘ
ただ、定休日だっただけで…。

↑これがその時撮ったパンダ🐼ちゃん…
ちなみにこちらのお店の定休日は水・日曜日(祝日でも定休)。
営業時間は平日、月火木金は11:00~15:00、17:30~18:30。
土・祝日は11:00~15:00の昼営業のみで、基本的には売切れ次第閉店します。

さてさて、到着したのはお昼のピークタイムを外した午後13時過ぎ。
ちょうど私の目の前を歩いていた人達がお店にするりと吸い込まれていくのが見えました。
ちらりと除く店内は満席、入口そばのウェイティングスペースのイスに前を歩いていた人達の姿。

すぐには入れそうにないので店の外の写真も1枚。

…と、中から女性の方が出てきて「どうぞ中でお待ちください」と柔らかな笑顔でお声がけしてくれます。
そして、店内待ちのイスに座れば「どうぞ」とメニューが出てきました。

こちらの基本メニューは「らーめん」と「つけめん」の2種類。
らーめんにはトッピングをプラスしたメニューやご飯物と一緒に頼むセットメニューもありますね。

さて、程よく時間が経ったところで「注文はお決まりですか?」とお声がけがあり注文を済ませます。
そして、席が空けば遂にご案内~\(^o^)/

((* ´艸`))ふっふっふっ。
こちらのお店の客席はストレートのカウンターテーブル7席、奥に4人掛けのテーブル席が2卓。
このでっかいユーモラスな置物は、カウンターテーブル一番端の席の前にどどーんと置かれています。
ウェイティングスペースから見えていて気になっていたんですよね~(∀`*ゞ)エヘヘ

それにしてもこれは何だろう…?
けっこうパンダグッズも多く飾られているのですが、さすがにこれはパンダじゃないですよね(笑)

置物がなんなのか気になりますが、まずは初めて来たお店の中を観察です。
置いてある卓上調味料は定番の感じ。

ブラックペッパー、酢、ラー油、お醤油?メニューに焼き餃子があるお店らしいラインナップ。

レンゲは2種、よくあるレンゲ型とまるっとしている形のもの。


そして、カウンターボードにはお店からのご案内。

イラスト付きでほんわり、優しい気持ちになる語り口がお店の雰囲気とぴったりです(*^-^*)

さて、ひと心地ついたところにまずはこちらが到着。

セットのごはんと生卵

そして、程なくらーめんも完成~(∩´∀`)∩♡

らーめん680円※単品料金

並べてみるとこんな感じ。

らーめんセット780円
メニューに「たまごかけご飯にしょうゆらーめんが結構いけます。」って書いてあったので背中押されちゃいました(∀`*ゞ)エヘヘ
それにらーめんに+¥100で生卵も付いてくるのはとってもお得ですよね。

さぁ、それではそろそろいただきます。
まずはスープからごくり。

おぉぉ~、ホッとする~( *´艸`)♡
スープ自体はサラリとしているけれど、結構ガツンと節と煮干が効いています。
そこに合わせた動物系の旨味が味に厚みを加えている感じですが、濃淡がちょうどよく思わずほっとする安心感がありますね。

続いて麺をいただきます。

めーん!ちゅるり~ん(*´▽`*)
麺肌がつるつるとしていて、噛みしめればもっちりとした歯ごたえのある中細ストレート麺。
スープとの相性もよく食べ始めてすぐ、これはあっという間に食べ終わってしまいそうな予感がします。

ちなみに後調べですが、こちらの麺量は150gなので決して少なくありません。
ただ周りを見ていた所、女性のお客さんでもご飯物と一緒に食べている人多かったです。
私もらーめんセットにしておいてよかったなーと正直思いました(∀`*ゞ)エヘヘ

さて、話は戻ってのっけものもいただきます。

こちらのチャーシューは厚み程よくみっしり、さっぱりとしたタイプのもの。

メンマは甘め、柔らかく煮てあって美味しい。

薬味のネギは歯ごたえのしっかりとした輪切り。
食べているうちに口に入るとネギの風味が口に広がり、スープの味にアクセントがついていい感じです(*´▽`*)

さてさて、もちろん食べている途中でセットのごはんもいただきましたよ。

まずは卵をぱかー\(^o^)/

粗めに卵を溶きほぐしたら、醤油をたら~り。

お箸で掬うように卵かけごはんを口の中に入れれば思わず、ふふふ( *´艸`)
卵のまろやかさと醤油の塩気って、どうしてこうも合うんでしょうか。
ま、実はそんなに卵かけごはん大好きってわけでもないんですが、たまにむしょーに食べたくなりますよね~。

そして、このらーめんが毎日食べても飽きない1杯と言うならば、このラインナップは卵かけごはん定食とも言える?
そんな訳でここから先は、らーめんをお味噌汁に見立ててこんな感じで食べ進めます。

まずは、らーめんに添えてあった海苔で海苔巻き~\(^o^)/

うんまい!(≧▽≦)
ちなみにらーめんの海苔で海苔巻きにしようと当初から考えてた私。
2枚の海苔がふにゃふにゃにならないよう、到着してすぐ卵が入ってたお皿に移しておきました(笑)

そして、卓上調味料のラー油も少し。

これまたうんまい!(*‘∀‘)♡
こちらのラー油、ごま油の香りがしっかりとあってとってもいい香りです~。

最後はスープをかけて猫まんま~…と、行きたかったのですが気が付いたらご飯はさらりと食べ終わっていました。
なので、残ったのはスープはそのままごくごく。
見た目は濃いめ…でも飲むとあっさり…だけど旨味しっかり。
後引くな~、このスープ~(*´з`)♡と、考えているうちに気づけば汁完。

はふー、ごちそうさまでした~(*´▽`*)
確かにこれは、毎日食べても飽きない味わいですね~。
強いて言うなら?ラーメン界のお味噌汁ってところでしょうか(∀`*ゞ)エヘヘ

さて、お昼のピークタイムを超えてもこちらのお店は本当に大人気。
誰かが帰れば誰かがやってくる、そして並びもなくなったと思ったら気づけばまた出来ている。
食べ終わった私はさっと席を立ち、お家計のため入口のレジの方へ。

「ありがとうございました、お会計780円です」、「はーい(*´▽`*)」…と、カバンの中を探る私。
あれ??(@ ̄□ ̄@;)!!
レジ前で今日は職場でお財布を出したこと思いだし、さーーーっと血の気が引く私( ;´Д`)))) アワワワワ
お財布を持っていないことをしどろもどろに説明すれば、待合席にいた人からも「大丈夫よー」との励まし?の声。

結局一旦職場に戻り、再度お店に戻ってお支払いをしたのは昼営業終了後。
支払いに戻った私に「せっかくのお休みを使わせちゃってごめんなさいね」と言って対応してくれた奥様。
そして「またよかったらお立ち寄りくださいね」とご店主さんと2人で見送ってくれたことは本当に忘れられません(;´Д`)

迷惑をかけたのは私なのに、本当にありがとうございました。
次は絶対にお財布忘れずに食べに来たいと思います。
ちなみに?この事があってからすぐ、Suicaのケースに1000円札を1枚入れることにしました(;´∀`)ヘコー


2018年92杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキングへ

こうかいぼうさんの食べログ店舗情報はこちら
東京都江東区深川2-13-10 ニックハイム深川 1F


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)
スポンサーサイト

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

自家製麺 中華そば 多繋(稲荷町)/海老薫る白だしそば(中)

今日はあっさりめのラーメンが食べたいな~と思っていると友達からランチラーメンのお誘い。
どんなラーメンが食べたいかと希望を出し合い話し合い。


そして決定、行ってきたのがこちらのお店~\(^o^)/

自家製麺 中華そば 多繁
じかせいめん ちゅうかそば たけい
(稲荷町・東京都台東区)
2018,5,8訪問

こちらのお店は元々、千代田区にある「麺巧 潮」さんの2号店だった「Ramen&Bistro ushio ueno east」さんの跡地。
そして、こちらのお店のご店主さんはその「Ramen&Bistro ushio ueno east」で店長を務めていた方だそう。
いわゆる場所は引継いての独立オープン?なのかもしれませんね。

ちなみに私は「Ramen&Bistro ushio ueno east」さんには訪問していませんが、「麺巧 潮」さんには行ったことあり。
最近はすっかりご無沙汰ですが潮出身の方が作るラーメン、とっても楽しみです(*^-^*)

さて、お店の最寄り駅は東京メトロ銀座線・田原町ですがJR上野駅からでも大丈夫。
友達とは店前で合流の約束なので、私は上野駅から地図アプリを頼りに向かいます。

それにしても…大きい駅って出口が多くてまずどこから出たらいいか迷うよねー。
友達に駅集合にしてもらえばよかったなと思いつつ、どうにかお店に到着…(*´Д`)ハァハァ

すでに到着していた友達とちょっと会話を交わしつつ、まずは店外にある券売機の前へ。

外の券売機って、後ろに人がいなければじっくり見れるので安心。
しかも、こちらの券売機の上は屋根があるので雨の日でも買いやすいです(*^-^*)

さて、こちらのお店の券売機の一番左上は「醤油そば」

その下の段には「海老薫る白だしそば」「ベジ豚そば」のボタン。

ですが、訪問した日は「ベジ豚そば」は売り切れの赤ランプで提供なし。
むぅー(*´з`)、実はそれが一番気になっていたんだけどな~。

ではー、と言うことでこの日選べる2つのメニューからそれぞれ食べたいものを選ぶことに。
うーん、潮さんと言えば「にほんいち醤油そば」なので、こちらでも「醤油そば」を選ぶべきか…。
でも、潮さんにはなかった海老の白だしも気になる…

そんな感じで迷って選んだのはこれー\(^o^)/
ま、友達のうち1人が「醤油そば」を選んだので、単純に味見できると思って「海老薫る白だしそば」にしました(笑)

さぁ、それでは入店と行きたいところですが、店前に気になるものがあるのでこちらもチェック。
まずこちらのお店はペットを連れた人のためのスペースあり?


ただし、雨の日は使用不可なんでしょうかね?

テーブルなどが濡れていて、イスもしまわれていました('ω')ノ

それから、食べに行くうえで大事な営業時間はこんな感じ。

平日は夕方17:00まで、土・祝祭日は15:00まで。
日曜日定休日、どうやら夜営業はなしでちょっとハードル高めですね。

さて、それでは店回りのチェックが済んだら入店~\(^o^)/

扉を開けて中に入れば、ご店主さんらしき男性の方から「いらっしゃいませー」のお声がけ。
お昼のピークタイムを外しての訪問、ちょうどよく3人並びで空いていたカウンター席に着席。

こちらのお店の客席は厨房前にストレートのハイカウンターテーブル席が6人分。
そして、入口より左側奥のスペースに2人がけのテーブル席が2卓。
明るく清潔感のある店内は、席ごとに木製トレイと伏せたグラスが置かれた形でセッティングされています。

さて、席に着いて食券を渡せばご店主さんから麺量を聞かれます。
並(150g)・中(200g)が同一料金と言うことなので、私はやっぱり?中でお願いしました(∀`*ゞ)エヘヘ

そして、その後は卓上に置かれたステンレスポットを使ってお水の準備。
こちらの卓上調味料はブラックペッパー。
縦置きのティッシュペーパーケースの後ろには、外にあったのと同じお店のメニュー。

こちらのお店は、卓上に置かれた物すべてが1人1つずつあるって感じになっています。
自分の手に届かない所に卓上物があったりして、横の方にすいませんって時ありますがこれはある意味いいかも。
もしかしたら、ある意味1人営業ならではの工夫?なのかもしれませんね(*^-^*)

さて、周りにあるものを眺めている間にあっという間にラーメンが完成~\(^o^)/

海老薫る白だしそば(中)780円
おぉ~、なんか華やかな丼顔です~(*‘∀‘)

ちなみに横から見るとこんな感じ。

円錐型の底にいくほど細くなる丼…なんとなーく、実はこの形のどんぶり苦手だったりして…( ̄▽ ̄)エヘヘ

さて、それでは早速いただきます。
まずはスープからごくり。

おぉ~、じんわり染みる~(*´▽`*)♡
アツアツで身体が程よいと感じる塩加減、そこに海老の風味が優しく花を添えてくれます。
おぉー、なるほどメニュー名通りふんわりと薫る感じがいいですね~(*^-^*)

続いて麺をいただきます。

食べ始めた時は、ちょっと固めのストレート麺。
段々食べ進めるていくとシコシコ、つるつるとした食感が増していくのがいい感じ(*^-^*)
ただ円錐タイプの丼なので、麺が丼の底に詰まった感じになってなんだかちょっと食べづらい?かな?

さて、それではのっけものもいただきます。
まずはチャーシューにがぶり。

うんま~(≧▽≦)♡
このチャーシュ、赤身多めで柔らかくて美味しいです~(*´▽`*)

そして、メンマは甘めの味付け。

色々なサイズのものがあって食感にバラエティがあってとっても楽しい。

薬味はネギ、三つ葉、刻み柚子。

ネギの清涼感、刻み柚子のほろ苦い味わいが海老の風味の白だしそばに好印象。
でも、私は何より三つ葉とスープを一緒に味わった時の「和」になるスープが好きですね~(*´▽`*)

そして、気になっていたピンクペッパー。

ガリリと噛んでからスープをごくり。
ペッパー独特のキリっと締まったスパイス感が合わさってなかなか美味しい。
ただし!麺を啜っている時、無意識に口に入った時はびっくりムセてしまいましたのでお気をつけを~( ̄▽ ̄)エヘヘ

さて、円錐形の丼は苦手とか言いつつ、最後までスープがアツアツでいただけるのはいいところだよね~。
そんなことを考えつつ、気が付けば丼抱えて最後のスープまでぐびぐび。

ふわー、ごちそうさまでしたー(*´▽`*)
食べている時にちょろっと入ってくる柚子がまたよかったなー。
朝から考えていた今日の気分にぴったり合った一杯が食べられてとっても大満足。

そうそう、ちなみにこちら友達が食べた「醤油そば」。

醤油そば(中)780円
もちろん味見をしましたが、こちらは節と動物系のスープに醤油の甘みが効いた1杯。
こちらもじわーっと染みるスープで美味しかったです~。
今日の気分はあっさりと白だしチョイスをしましたが、醤油そばでも十分にその気持ちにピタッと来たと思います。
ま、つまるところこちらのお店に来て大正解ってことでした(*´ω`*)


2018年90杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキングへ

中華そば多繋さんの営業などがわかるTwitterはこちら

自家製麺 中華そば 多繋さんの食べログ店舗情報はこちら
東京都台東区東上野3-22-2 クレアツィオーネ上野 1F


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

ラーメン きら星(武蔵境)/濃厚豚骨魚介つけ麺(大)

さて、色々ブログが前後しておりますが、この日はゴールデンウイークも間もなく終わりという頃。


そうだ~、となんとなく思い立って向かったお店がこちら~。

ラーメン きら星
(武蔵境・東京都武蔵野市)
2018,5,5訪問

こちらのお店の看板メニューは濃厚な豚骨魚介ラーメン。
最寄り駅の武蔵境駅からは徒歩約4分と結構駅近。

交通系ICカード専用の改札nonowa口を出たら、大きめの道「天文台通り」に出るまで線路沿いをまっすぐ。
左折して、次の大きめの道を右へ曲がればほどなくお店です。

ちなみにこちらのお店、すごく昔から私が来ているお店の1つです。
…が、ただ最近の私とはなんだか相性が悪い?のか、よく臨時休業の日に来ちゃったりするんですよね。

斯く言う前回、「今日は絶対にきら星食べようー!」と意気込んで来たのに臨時休業。
ま、その後豚骨気分を埋めるため「横濱家系ラーメン つばさ家 武蔵境店」さんに初訪問できたので結果オーライなんですが。
もしかして、気合入れすぎがよくないのかもと言うことで、今日はやってたらいいな~って気持ちで来ましたよ(∀`*ゞ)エヘヘ

そんな訳で、今日はやっててよかった~(≧▽≦)♡
お久しぶりの店前には美味しそうな写真付きの「チャーシューエッグごはん」の案内。

むぅ~(*´▽`*)これ前に食べたけど美味しかったんだよな~。
ま、でも、今日こそはアレを食べようと思っているのでご飯ものはガマンかな~。

さて、それではそろそろ入店です。
年季の入った木製のスライド式の扉を開けて店内へ。

入口手前側にいたお店の方から「いらっしゃいませー」のお声がけ。
奥の厨房からもお声がけがありますが、そちらの方の顔はよく見えません。
手前にいた方にぺこりと軽く会釈をしてから、まずは入口すぐにある券売機に向かいます。


こちらの券売機のメニューは1番上は「とんこつラーメン」。
実は私、こちらに来るといつもコレ、またはこれに味玉をプラスしたものを食べています(*´∀`*)エヘヘ

…なので、その下のボタンを今までよく見たことがありませんでした。
でも、よーく見てみるとその下には「濃厚つけ麺」、「きら星風 熊本ラーメン」「赤いとんこつ」…なんてボタンもあるんですね。
更に券売機をよく見れば「味噌ラーメン」はこの食券を購入して「みそ」とお申し付け下さいなんて書いてある。

…条件反射?で今までとんこつラーメンしか食べてなかったけど他のもすごい気になるなー(・∀・)

ま、そんな訳で他の味も食べてみたいというのが今日のテーマ。
いつものとんこつラーメンの下にある「濃厚つけ麺」の食券を購入したら着席です。

ちなみにこちらのお店の客席は奥へ長~く続く、途中でちょっと段差があるL字のカウンターテーブル10席。

着席して食券をお店の方に渡せば、麺の量が並と大盛りが選べるとのご案内。
ちなみに並225g、大盛300g、もちろん?私は大盛りでお願いしちゃいました(∀`*ゞ)エヘヘ

さて、オーダーが済んだら店内中ほどにあるウォーターサーバーからセルフサービスのお水の準備。
再び席に戻ったら完成するまでの間に、目に入ってくるものをキョロキョロと確認。

卓上調味料は細長い入れ物に入れられたホワイトペッパー、ブラックペッパー、七味唐辛子。

そして、壺の中身はキムチ。


卓上に置いてあるメニューには、次来た時に食べてみたい「きら星風 熊本ラーメン」の解説が。

ふむふむ、「きら星風」は生・焦がし・揚げの3種が乗っているのか…。
これはこの後の予定がない時じゃない食べれないですねー(・´з`・)♡

それから、振り返れると貼ってあったメニューの張り紙。

これは以前出していた限定の案内でしょうかね~(*‘∀‘)

その他、カウンターボードには麺とスープの解説。


そして、きら星と言えば!!のカツオ餡の解説。

これを初めて食べた時の感動は今でも忘れません。
ただ…このカツオ餡もう少し食べたいな~っていつも思うんですよね~(*´з`)

そうそう、つけ麺は待ち時間は少し長めなので、久しぶりの店内をじっくり眺めることが出来ました。
と言うことで?さぁー、私のつけ麺完成~\(^o^)/

濃厚豚骨魚介つけ麺(大)800円
おぉ~、すごいシンプルイズベストなつけ麺スタイル(*^-^*)

そして、このキャベツの上に乗っているのが先述した「カツオ餡」。

ラーメンに乗っていると気づくとスープに溶け込んじゃっていることもあるから、これはいいかも。

それからは、つけ汁はこんな感じ。

魚粉がちょっと浮かべられていて、ちょっと懐かしい感じですね(*^-^*)

さて、それではそろそろいただきます。

まずは麺だけをぱくり、ちゅるり~。

麺は丸中太でゆるくウェーブ、麺肌はつるりとしている感じ。
食感はもちもちとしています。

では、続いてつけ汁の方へ麺をどーん、がぶり。

おぉー、すごいなんか懐かしい~(*‘∀‘)
つけ汁はメニュー名通り、豚骨+魚介、更に鶏なども合わせてあるシャバ系の醤油味。
麺を入れると自然とつけ汁に広がる魚粉のアクセントとザラつきがあり懐かしい豚魚なつけ麺です。

ただ「濃厚」と書いてありますが、きら星さんの「とんこつラーメン」はいわゆる泥系スープ。
なので、それとイメージを重ねてしまうと思ったより「濃厚」な気がしないのが不思議ですね( ̄▽ ̄)

さて、つけ汁の中には程よいサイズに切ったスライスチャーシューは数枚。


平べったいタイプのメンマは少し酸味があって不思議な味わい。


それから、出てきたのがこのかなり黒い肉?にがぶり。

しょっぱ、硬っ!(@ ̄□ ̄@;)!!
あれ?これってもしかしてスープを作った時の材料であって具じゃなかったのかも~。
なんだか美味しそうな色をしていたので齧ってみましたが、なんだかカチカチでした(笑)

さて、程よく食べ進めたところで味変にお酢を少々。

麺に酢を少し垂らしてから、つけダレに入れて食べると酢の甘味と酸味でさっぱり。
元の味に小慣れていた舌がいい感じでリセットされます。

そして、お久しぶりのカツオ餡も麺に絡めてからつけダレへ~\(^o^)/

うんうん(・´з`・)、久しぶりのカツオ餡うんまい。
でも、つけ麺だともともと魚介系の味が付いているから味変効果はとんこつラーメンより小さい感じですね。

私的には、添えてあったキャベツと一緒に食べるのが美味しかったです
「カツオ餡キャベツ」ってメニューがあったらいいおつまみになりそうだと思いました(∀`*ゞ)エヘヘ

さて、普段の私ならばここでスープ割りがあればお伺いするところ。
ですが、このゴールデンウイーク中の私はちょっと食べ過ぎ。
多分スープ割りを頼んでも残してしまいそうなので、このままごちそうさまをすることに。

ごちそうさまでした~(*´▽`*)

きら星さんに来るといつも「とんこつラーメン」をオーダーしていた私が初めて食べたそれ以外のメニュー。
素直な感想を言わせてもらうと、やっぱりガツンと豚骨どろどろ、いつも食べている「とんこつラーメン」の方が好きでした。
まぁ、でも、食べたことのない物を食べたいって好奇心が強いのでこれはこれでとっても満足です(∀`*ゞ)エヘヘ
そんな訳で?次に来れたら今度は「きら星風 熊本ラーメン」食べてみようかな~、と思いました。


2018年89杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキングへ

ラーメン きら星さんの食べログ店舗情報はこちら
東京都武蔵野市境南町3-11-13

味玉ラーメン+厚切りチャーシューエッグごはんを食べた時のブログはこちら


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

創作麺工房 鳴龍(大塚)/第3回 鳴龍飲み+醤油つけ麺 切歯8番!\(^o^)/

さて、今日のブログは時系列に戻りまして…今年のゴールデンウイークの話。
急遽友達に誘われて、大好きなお店でラー飲みをしてきました~。
ま、例のごとく味のレポートは怪しげですのでご了承を~(∀`*ゞ)エヘヘ


さぁー、では行ってきたのはこちらのお店~\(^o^)/

創作麺工房 鳴龍そうさくめんこうぼう なきりゅう
(大塚・東京都豊島区)
2018,4,29訪問

こちらのお店は言わずもがなの、ミシュランガイド1つ星を獲得したラーメン屋さん。
海外からのお客さんも多く、いつも大行列で平均して1時間半~2時間待ちは当たり前。
ま、でも、美味しいから並んじゃうんですよね~(*´σー`)エヘヘ

さて、お店の場所はJR大塚駅南口より徒歩約4~5分。
駅前を伸びる大通り「南大塚通り」の左側を真っ直ぐ歩き、通りに鳴龍さんの立て看板を見つけたら左折。
そこからはさらに少しまっすぐ歩けばお店に到着。

さぁ、今日の並びはどうかな~…

うむ、いつも通-り!(・∀・)
鳴龍さんでの並び方は店舗前に数名。
それ以上並んでいる場合は、道を挟んだ向こう側のマンションのガードレール手前に並ぶシステム

ちなみに?道を挟んだ側の並びの先頭と最後尾を間違えてしまう人が結構多いです。

私も初めての時間違えていますので、前書いた手書き画像をまたつけておきますね(∀`*ゞ)エヘヘ

さて、余談が長くなりましたがこの日の私達は19時半に大塚駅に集合する約束。
でも、気の早い私たちはそれより早めに到着したので、そのままお店へ向かうことにしました。
私達が並び初めた後、もう1組が並んだ時点でこの日は閉店案内が登場。

うひゃー、アブなかった~(;´∀`)ヒヤヒヤ
そう!鳴龍さんの夜営業の終了時間は21時ですが、売り切れ終了することがほとんど。
お店のTwitterをチェックしていればわかるのですが、大体平均的に20:00~20:30位には終わることが多いような気がします。

ちなみにこの日は、海外からの春の観光シーズン?が重なっていたみたいで終了早かった~。
お店からの閉店告知がTwitterに上がったのは19:33、集合時間ちょうどに皆が来ていたら危なかったです~(;´∀`)

さて、ここから先はラー友さんたちとおしゃべりしながらお店に入れるのをじりじり待ちます。
そうして待つこと1時間半、遂に先頭。

今日は何を食べようかな~(・´з`・)♡

しかし、ここからがこの日は長かった…先頭になってからお店に入るまで約30分。
今日は割と早く入れそうと思いましたが、安定の?予想通りの2時間待ちでした(;・∀・)ハハハ
ま、その日お店にいる人によって食べスピードはまちまちだから仕方ないですよねー。

さぁ、でも、やっと入店できてひと安心。
店内に入ればご店主の齋藤さんのお出迎え?に思わずニヤリ。

そこ、私達の席ですよー(≧▽≦)ハハハ

それでは、齋藤さんやスタッフさんたちに軽くご挨拶をしてからまずは食券の購入。
店内入口より右手にある券売機の前へ。

こちらの麺メニューは上から「辛麺」「醤油味」「塩味」「つけ麺」の並び。

まぁ、でも、私達はまずはアラカルトと飲み物の食券を購入します!('◇')ゞ

…あ、しらす冷やっこ売り切れだー( ̄◇ ̄;)ガーン
なんとこの日は豆腐はあるけど、しらすがないということでしらす冷やっこは売り切れの赤ランプ。
無いものは仕方がないのので、それ以外をみんなで手分けして購入することに。

ちなみに?余談ですが鳴龍さんの券売機には千円札と二千円札を投入することができます。
この日お財布の中に1万円札しかなかった私、両替をお願いしたらこんな感じになりました。

わら!!(≧▽≦)!!
ピシッと綺麗なピン札の二千円札が5枚で返ってきてびっくりです(笑)

さて、購入した食券をカウンターの上に置いて着席。


出てくるのを待っている間に久しぶりにカウンターボードのメニューをチラリ。

海外からのお客さんがかなり多くなった鳴龍さん、メニューの下には英語表記。
メニューだけじゃなく、1品1品のメニューの解説も英語で説明してありますね(*‘∀‘)

さ、メンバー全員にまずは飲み物が到着。

瓶ビール500円

並べてみるとこんな感じ~(≧▽≦)

ずらーっと並んでいる瓶ビールの絵面にニヤリとしてからカンパイでーす\(^o^)/

そして、あっという間にまずはこちら!

海老ワンタン400円

ぱくり(^O^)

アツアツ、プリプリの海老ワンタンうんまーい(≧▽≦)
さっぱりとした酢醤油系のタレがまたぴったりです。

そして、本日は売り切れだったしらすやっこの代わりにこちらが到着。

いつもはない広東チャーシュー冷やっこ
冷やっこの上にたっぷりのネギ、細切りチャーシューをピリ辛のタレがかかっててうんまい!
これはお酒ば進みます~(≧▽≦)

それから、通常アラカルメニューのこちらも到着。

水餃子400円

ってか、皿でっか!(笑)(≧▽≦)

それに対して、左上に出された取り皿の小ささ。
まぁ、味はいつもと同じなんですけど、その遊び心にに思わず笑ってしまいます(≧▽≦)

さぁ、アラカルトはまだまだ続きます。

ごまきゅうり300円

たっぷりの摺り胡麻が香ばしい、ピリ辛のカリコリきゅうり。

これ大好きです~(*´▽`*)♡

ま、どのアラカルトも好きなんですけどね~( ̄▽ ̄)フフフ
そして、レギュラーアラカルトの中でも人気の高いこちら。

炙り焼きチャーシュー500円
これも盛り付けがいつもと違うー(≧▽≦)ワラ

さぁ、みんなが写真を撮ってから、ぱくり~(^O^)

うんまーい(*´▽`*)
ラーメンの上だとスライスされているチャーシューを分厚く切って、炙りを入れて焼いた1品。
さっぱりとしたおろし玉ねぎソース、ほんのりピリっと辛いクレソンが添えてあるのもいい感じ。

さて、私たちの最初のオーダーが全て出てきた辺りで他のお客さんは全員お帰りに。
こうなってくるとお店の人達はもうお疲れ様の時間…ってことで。

お疲れ様でーす!!(・`◡´・)ゝ
一段とリラックスした雰囲気になった店内、飲み物を追加したりしつつ楽しい時間は過ぎていきます。

そして、この日は普段はないものも登場。

あるけどやらない炙り豚バラ巻きチャーシュー
これももちろん、拉麺に乗ってくるものを使ったおつまみ。
手間がかかるから作らないそうですが、この日は特別に作ってもらっちゃいました。

たっぷりの九条ネギに香ばしい摺り胡麻、旨味がある醤油ダレ。


噛めばほろりとほぐれるチャーシューはもちろん…

うんまーい!!(≧▽≦)♡♡♡

それから、スタッフさんが食べていたまかないをアレンジしたおつまみもいただきました。

まかない牛しゃぶしゃぶ
ふわふわ、柔らかい薄切り牛しゃぶしゃぶに美味しいタレがかかっていて美味しかった。
スタッフはこの下にご飯が入っていたみたいです。
うんうん、これはお米にもお酒にも合いますね(*´▽`*)♡

さてさて、美味しいおつまみいつもよりいっぱい食べた気がします。
ですが、もちろん麺も食べますよ~\(^o^)/

みんな仲良く並んで再び券売機で思い思いの食券を購入。
そして、食券をお渡しすればほどなく完成です。

醤油つけ麺 切歯8番 900円
実は?この日の麺は常連さんである友達の力を借りて食べさせてもらった特別なもの。

通常の醤油つけ麺は以前食べたことがありますが、中細麺でこの麺よりもかなり細いもの。

最近、製麺機が変わりこんな麺も作れるようになったそうでお試し?で作ったもの出してもらいました。
ちなみに麺は250gしかなかったので、私が代表してオーダー。
ま、もちろんみんなにもちゃんと味見してもらいましたよ(∀`*ゞ)エヘヘ

さぁ、それではお愉しみの醤油つけ麺を切歯8番の麺でいただきまーす\(^o^)/

まずは麺だけをぱくり。

おぉぉ~いしぃ~(≧▽≦)♡
つるりと滑らかな麺肌が舌の上を滑り、撫でていく感触がまずたまらん!
小麦の甘味も極太だからしっかりとわかるし、これはうんまい~( *´艸`)

さて、続いてつけ汁に…


めーん、ちゅるり~

うんま!!(≧▽≦)
わはははは(≧▽≦)、思わず笑いがこみあげてくる美味しさです~。

それにしても、私の中にあった以前食べた醤油つけ麺の記憶と味が違っていてちょっとびっくり。
約3年くらい前の事になっちゃうんですが、その時のイメージはかなりキリっとした醤油味でした。
ですが、今回食べた醤油つけ麺のつけ汁はもっとマイルド。
旨味が強くなっていて、この味の方が私はすごく好きです~( *´艸`)

さて、醤油つけ麺にはその他にピンク色が綺麗なチャーシューが麺の上に。


つけダレの中にはメンマ。


そして、気まぐれおつまみでも食べた豚バラ巻きチャーシュー。


お出汁がよく染みた、ねっとりとした黄身の味玉。

こちらはちょいと型崩れだったものをサービスしてもらっちゃいました。
卵好きなので嬉しいです~(∀`*ゞ)エヘヘ

それから、鳴龍さんの付け合わせと言えばのクレソン。

ほんのりとした苦みと辛味があって、齧ると舌がリセットされるのがいいんですよね~(*´▽`*)

さてさて、途中隣に座ったラー友さんのもいただきました。
それがこれ(*´▽`*)

坦々つけ麺930円
麺の下にはトマトピューレ、食べ進めるうちにつけ汁に少しずつ変化が付きます。

麺は細麺ストレート、ピリ辛の担々つけ汁はしたと上では味わいが違うのも特徴的。


それから、こちらは友達おススメの味変アイテム。

麻辣50円
これは鳴龍さんにある「麻辣担々麺」に添えてあるものを追加オーダー、別皿にて提供してもらうったもの。
券売機にボタンはないので、欲しい方は現金にてオーダーできるそうです。

そんな訳で、ちょいと私も麻辣をプラスして味見。

ウマイ…けど辛い!!(≧◇≦)
担々つけ麺も担々麺も私にはほどほど辛いので、追加麻辣はなくても大丈夫みたいです(笑)

さて、自分の麺に戻って食べ進め麺を全部食べ終わったらスープ割りをお願いします。
カウンターの上に器を置けば、スープが入れられて戻ってきます。


ふー、ごくり。

うんま~い(*´▽`*)♡
ホッとする温度の醤油スープはスープ割りですからつけ汁として使っていた時より塩味は少なめ。
でも、旨味は薄まってないよね~( *´艸`)♡

色々なアラカルトメニューにアルコールもビール以外に、サワーを数杯。
8番の麺は1人分しかなかったけど250gあったそうで、かなりお腹いっぱいです。
なのに気づいたら、あらら、スープ割りも全部飲み干してました~(*´∀`*)エヘヘ

はぅ~、ごちそうさまでしたー(*´Д`)
さすがにまんぷくはっぴーでーす(∩´∀`)∩♡
こちらで飲むのはこの度3回目、今日は特に一段と美味しいものいっぱい食べさせてもらっちゃって恐縮です。
まぁ、これもみんな店主の齋藤さん初めスタッフの皆様、常連さんである友達のおかげですね。

そして、恒例のお見送りタイム~\(^o^)/

今回はウェイティングスペースのベンチからお見送りいただきました~(笑)
本当に遅い時間までありがとうございます。
とっても楽し美味しかったです!(*´ω`*)


2018年87杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキングへ

鳴龍さんの食べログ店舗情報はこちら
東京都豊島区南大塚2-34-4 SKY南大塚 1F

鳴龍さんの営業状況などはお店のTwitterにてご確認を。

2回目の鳴龍飲み+梅塩拉麺を食べた時のブログはこちら
初めての鳴き龍飲み+味玉醤油拉麺を食べた時のブログはこちら
担担つけ麺+小さいチャーシューご飯を食べた時のブログはこちら
特製塩拉麺を食べた時のブログはこちら
醤油つけ麺を食べた時のブログはこちら
【限定】味噌拉麺を食べた時のブログはこちら
担担麺を食べた時のブログはこちら

【番外編】セブンプレミアムRAMEN NEXT 「鳴龍 担担麺」を食べた時のブログはこちら


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

サバ6製麵所 成城学園前店(成城学園前)/サバ醤油そば+サバ寿司

さて、本日は昨日オープンしたばかりの新しいお店のブログ。
ラー友さんが上げていた新店情報で知り、なんだかとっても美味しそうだったので早速行ってみました。


と言うことで、行ってきたのはこちら~\(^o^)/

サバ6製麺所 成城学園前店サバろくせいめんじょ
(成城学園前・東京都世田谷区)
2018,6,13訪問

こちらのお店は、大阪を中心に多くの店舗を展開させてるサバを使ったラーメンを売りにしている人気のお店。
先述したラー友さんのつぶやきで初めて知ったのですが、関東初出店。
なかなか遠いところは私は行けないので、こういった形でお店が出来るのはとっても嬉しいです(*^-^*)

さて、こちらのお店の場所は最寄り駅の小田急線・成城学園前駅北口より徒歩約2分。


駅近ですが、この辺りに土地勘のない私はもちろん地図アプリのお世話に。

改札を出たら左、そして程よい感じの商店街を抜けていくとお店に到着…

おおっと!!(@ ̄□ ̄@;)!!

うひゃー…すごい並び…。
並んでいる人のほとんどがどう見ても大学生、少なくとも2人~以上の人達でキャッキャ、フフフ、ワイワイと賑やか。
でも、こんなに成城学園前の学生さんはラーメン好きなのか~とある意味感動しちゃいます(*^-^*)

…うーむ、でも、ちょっと時間ずらしたらランチタイムが過ぎて並びが緩和されるかな…。
そんな考えが頭をよぎりますが、もしかしたらオープン初日はそんな考えの人が多くてあんまり状況は変わらないかもなとも思います。

えーい!もう並んじゃえ!
並んでいる間に出来ることもあるしと思い切って並ぶことにしました。

さて、そんな感じで待ち始めている間に前からこちらのお店のメニューが回ってきます。
写真付き、びっしりと敷き詰めたという言葉がぴったりの感じですね~(*‘∀‘)

メニューの構成は左側にSETメニュー。

右側に単品メニューとこちらのお店の特徴を記載。

レギュラーの麺メニューは「サバ醤油そば」「サバ塩そば」「中華そば」。
そして、7月から提供開始される予定の「サバ濃厚鶏つけ麺」「サバ濃厚鶏辛つけ麺」の5種類。
サイドメニューのご飯ものも「サバ寿司」「やきめし」「天津飯」「卵かけごはん」「白めし」と充実のラインナップ。

ちなみにSETにするとやきめしと天津飯はハーフサイズですが見た感じ結構なボリュームでした。
しかも、ちょっとお値段もお安くなっていてこれは嬉しいかも(*^-^*)

さて、大体何を食べるか決めたらメニューは後ろの人にお渡し。
ま、私はメニュー写真を撮っておいたので、渡した後でもウリウリ悩むことが出来ました(笑)

さぁ~、もう少し~(・´з`・)

店前にいた人達が店内に入った所で、お店の女性スタッフさんから列の移動を促されて店前へ。

そして、気づくオープン記念の案内。

あ!!(・∀・)
今日、すごいお得に食べられる日だったのか~。
なんと¥700~750までのラーメンが¥500、サイドメニューも1つ¥100と嬉しいオープン記念価格。
あぁ~、それはすごい並ぶわ~(〃▽〃)ポッ

知らなかったとは言え、お得に食べられるのはとっても嬉しい。
女性スタッフさんに人数確認をしてもらったら、まずは食券の購入です。

券売機は店内入ってすぐ右手側。

どどーんとでっかい券売機は上から、先に受け取ったメニューと同じ並びのボタン配置。
上部にSETメニューで上から種類別、横にセットになっているご飯ものの並び。

そしてSETメニューの下のボタンはトッピング、単品麺メニュー、ご飯ものの単品となっています。

さぁ、お金を入れて食券を購入。

まるんと盛られた茶色いやきめしも食べたかったけど…。
ちょっと蒸し暑かったし、なかなかラーメン屋さんにお寿司があるのが珍しいのでサバ寿司にしました~(≧▽≦)♡

購入した食券を持って一旦外で待機、再び出てきた女性スタッフさんに食券をお渡し。
そして、空席ができた所で店内へ再びご案内。

こちらのお店の造りは奥へと細長く続いている感じ。
入口正面より続く通路を挟んで左手側に2人掛けのテーブル席が4卓。
右手側が厨房に向かう形で座るローカウンター席10席で狭いながらも工夫した空間造り。
ただカウンターテーブルの中央から、お店の方が配膳をしているのであの席に座るとちょっと落ち着かないかも?

卓上調味料はコショウと一味唐辛子。


大きい入れ物の中に入って居るのは刻みニンニク。

そして、よく見ると「辛ニラは品質保全のため、冷蔵保全してあります。御用の方はスタッフまで」とのこと。
ふむふむ、それは気になりますね~( ̄▽ ̄)フフフ

さて、入店までに約1時間かかって喉も乾いているのでお水を…とキョロキョロ。
するとそれに気づいた店員さんが「お水お持ちしますよー」とお水を持ってきてくれました。

すいません、ありがとうございます(*´σー`)エヘヘ
ちなみに実際は、こちらのお店は水は券売機横のウォーターサーバーからセルフサービス。
卓上に水ポットがないので、お代わりもこちらからになっています。

さて、活気ある店内隣の人の天津飯も美味しそうだな~。
そんな事を思っているうちに私のラーメンも完成です(*^-^*)

サバ醤油そば750円
※オープン記念価格のため500円
おぉ~(≧▽≦)すごいスープ茶色いなー♡

そして、こちらも到着。

サバ寿司 単品価格350円
※オープン価格で100円

並べるとこんな感じ(*^-^*)

サバ醤油そば+サバ寿司セット¥1,050
※オープン記念価格600円
むっひょ、なんかウキウキします~(*´ω`*)

さて、それでは早速いただきます。
まずはスープをゴクリ。

うぉー(≧▽≦)、グワーッとサバ~♡
でも、見ためはこんなに茶色いですが、思うほどしょっぱくはありません。
スープはのベースは鶏ガラ、そこに甘味のある醤油とサバ節を加えてあるそう。
どちらかというとじわーっと体に醤油の味が染みる感じでほっとする味わいです。

さぁ、続いて麺をいただきます。

お、うんまい!(*´▽`*)
麺は丸中細ストレートでぷりぷりとした弾力が特徴的。
醤油の色に染まっているのか、ちょっと濃いめに色づいているのもなんだか食欲をそそります。
ただ麺量はちょっと少なめかな?なるほどSETメニューの充実ぶりに納得。

では、サバ寿司を1つぱくり。

うむ、すっぱさっぱり~(*´▽`*)♡
予想通りの〆サバの酸味と酢飯ですね~。
ま、でも、この後口直しにお水を飲まずにそのままスープを飲んだら「生臭っ!」ってなりました(笑)

さてさて、それではラーメンもどってチャーシューをぱくり。

乗っているチャーシューは綺麗に均一にスライスされた割と薄めの物。
3枚ほど乗っていますが、スープの印象が強く味はちょっとわかりづらかったです。
ただ、これは白飯との相性がいいんじゃないかな。
このチャーシューで肉巻きご飯とかしたら美味しそうだな~と思います(*^-^*)

その他には短め、ザクザクとしたメンマ。


そして、薬味は結構大振りに切った輪切りのネギ。

ワイルドだなーと思ったけど、食べてみると濃いめのサバ節にはこれくらいのサイズ感がないとですね(*^-^*)

さてさて、程よく食べ進めたところでお店の人にお声がけして「辛ニラ」をお願いします。

「足りなかったら言ってくださいね」とのお声がけをいただいて受け取ったのがこちら。

中はこんな感じ~(*‘∀‘)


では、いきなりガツンと入れてしまうとアレなんでレンゲの上へ~。

スープを足してゴクリと飲めば、おっ!っと思うくらいしっかりピリ辛。
麺と一緒に食べれば唐辛子の辛味とニラの清涼感が加わってなかなかうんまい!(≧▽≦)
これは合うな~と言うことで、この後直にもう少しラーメンに加えて食べました。
ま、でもニラ臭くなってもいい時じゃないとですね~(∀`*ゞ)エヘヘ

さて、ラーメンを食べ終わったら、〆のシメサバ寿司~(∩´∀`)∩
ぱくり。

ラーメンを食べて温まった舌に、冷たいサバ寿司が美味しい~(*´▽`*)♡
ちなみにサバ寿司に関しては詳しくないので細かい事は分かりませんが、普通に美味しかったです。

ま、〆とか言いながらこの後しばしスープを名残り惜しくごくごく。
この辺にしておこうという所まで飲んでから終了です。

ごちそうさまでした~(*´▽`*)
では、並んでいる人はまだまだいますのでごちそうさまの挨拶をして席を立ちます。
「ありがとうございました、またどうぞー」と言うお店の方たちのお声がけに見送られる形でお店の外に。

むはー、すごい並んだけど並んだ甲斐があったな~(*´▽`*)
もちろんサバを使ったラーメンに興味があっての訪問でしたが、こちらのお店はとっても感じがよかったです。
オープン初日、慌ただしい店内、でもお店のスタッフさん同士もとても仲がよさそうだったのが印象的でした。
今日からは通常価格に戻りますが、機会があったらまた別のメニューを食べに来たいですね(*^-^*)


2018年112杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキングへ

サバ6製麺所さんの公式ホームページはこちら

サバ6製麵所さんの公式Twitterはこちら

サバ6製麺所 成城学園前店さんの食べログ店舗情報はこちら
東京都世田谷区成城6-12-8


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

お知らせ
ラーメンブログランキングに参加しています(^ム^)
プロフィール

もりみ

Author:もりみ
1日1ラーメン食べられたら幸せですが、周りが心配しますし体力的にも経済的にも無理なんでボチボチやってます
(*^^)v

最新記事
カテゴリ
タグ

新宿区 杉並区 小金井市 中野区 千代田区 渋谷区 武蔵野市 豊島区 北区 調布市 練馬区 千葉県 埼玉県 番外編 荒川区 台東区 中央区 世田谷区 三鷹市 国分寺市 ラーフェス 青梅市 ラー飲み 港区 目黒区 文京区 立川市 葛飾区 品川区 江東区 昭島市 カップ麺 墨田区 神奈川県 うどん まとめ 大田区 江戸川区 足立区 チェーン店 国立市 板橋区 府中市 福生市 八王子市 国分寺 曙橋 小平市 閉店 西東京市 東大和市 茨城県 日野市 浜田山 日本蕎麦 自宅麺 コラボ 練馬 あきる野市 町田市 蕎麦 多摩市 阿佐ヶ谷 

ラーメンブログ リンク

ラーブロ
ラーメンブログ専門リンク集「ラーブロ」に登録しました
\(-o-)/設定ってむずかし~
月別アーカイブ
FC2カウンター
訪問ありがとう~
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード