焙煎蕎麦処 金字塔(赤羽)/特選塩つけそば

今日のお昼は何食べようかな~と考えていると友達から連絡。
「行きたい所ある?」と友達に聞くと「どこでもいいよ~」とのこと。
それならば、私が行こうかな~と考えていたラーメン屋さんから選ぶことに。


という訳で、いくつかの候補から選んだのがこちらのお店~\(^o^)/

焙煎汐蕎麦処 金字塔
ばいせんしおそばどころ きんじとう
(赤羽・東京都北区)
2016,7,28訪問

こちのらお店の最寄り駅は、東京メトロ南北線「赤羽岩淵駅」。
そこから徒歩約4分ほどですが、私は自分に使い勝手のいいJR赤羽駅より。
赤羽駅東口から出たら左方向、ほぼ道なりにまっすぐ6分ほど歩くと到着です。

さて、入店前に店前をチェック。

お店前には写真付きのメニューがどど~ん!!
しかも、ランチタイムは麺大盛無料だ~(≧▽≦)わーい

こんなにメニューがあると迷ってしまいそうですが、実は、こちらに来てみたいと思ったきっかけは友達があげていた写真。
なので、今日はそれを食べるつもりで~す(*´▽`*)

さて、それでは入店。
「いらっしゃいませ~」との声に迎えられます。
券売機は店内入ってすぐ左手。

おぉ~、予想はしていたけどやっぱり券売機のボタンもたくさんですね~(≧▽≦)

券売機一番左上は「特選塩つけそば」、その下はラーメンメニューの「塩そば」。
その他のメニューは「濃厚くるみつけそば」「海老塩つけそば」「味噌そば」「辛味噌そば」。
さらにその下にもメニューがありますが【限定】メニューみたいですね(^_^)

「お好きな席へどうぞ~」と言われたので、空いていたテーブル席へ。
こちらの店内は奥へ長く続く感じのL字カウンターは10席。
L字カウンターの長い辺の後ろには2人がけのテーブル席が3卓。
厨房は奥にあるようで、客席からは見えません。
ちなみに後調べですが、こちらは奥に4人がけのテーブルが2卓あるようです。

着席するとお水が運ばれてきます。
食券をここで手渡し、ランチサービスの麺の大盛りもここでお願い(#^.^#)
ちなみに麺量はこんな感じです。


さて、オーダーが済んだら周りをチェック!
カウンター席の内側にはずらりとお酒。

夜は飲み屋さんみたいな感じになるんでしょうかね。

テーブル席の片面には水ポット、髪留め、おしぼりなどなど。


そして、卓上調味料も色々ありますね~(^_^)

ペッパーミルの他、ゆずコショウ、ガーリックチップ、エビゴマ。
ひょうたんの入れ物の中身は未確認ですが、唐辛子かな?(^_^)

さて、約3分位で特選のトッピングが乗せられたお皿が到着。


そしてほどなく麺なども到着~\(^o^)/

特選塩つけそば1,000円
うっわ~、すっごい色々あるなぁ~。
ま、友達の写真で1度は見ていたのですが、実際に目の前にするとすごい数!

まず麺皿は2段に分かれ、麺の種類も2種類。
上の段は黄色がかったもの。


下の段はちょっと小麦色、全粒粉なのか粒々が確認できますね。


そして、色々とありますが、それに対してつけダレはシンプル。

蕎麦処だからなのか、蕎麦猪口サイズの器には透明感のある黄金色のつけダレ。
具などは何も入っていません。

こんなにあるとどこから食べればいいのが迷っちゃいます。
それではここは、卓上には「塩つけそば」の食べ方を参考にして食べ始めます。


よーし、いただきま~す\(^o^)/
まずはそのまま麺だけぱくり~。

おぉ、小麦の甘味がしっかりとあって美味しい~(≧▽≦)

続いて、つけダレにぼしゃ~ん\(^o^)/

つけダレは香油たっぷりでアツアツ。
清湯系のつけダレですが旨味はしっかり、塩味もしっかりとしてます。

しばらく上の段の麺を食べ進めたら、今度は下段の麺と入れ替え。
おっと、ちょっと下の段は時間が経ってるせいか麺が絡まっちゃってますね。

頑張ってほぐして、今度はこちらをそのままぱくり。

ふむふむ、下の麺は上の麺に比べて固めでさっくりとした印象。

そして、もちろんつけダレに入れてつるり~。

つけダレの入れ物が蕎麦猪口サイズなのもあって、なんだか蕎麦みたいに感じます(^◇^)
どちらにしても、つけダレは麺の味を邪魔しないけれどぼやけていなくて好印象。

しばらく食べた所で、友達から薬味入れないの~とツッコミが。
おっとあまりに色々あり過ぎて入れ忘れてました~(〃'∇'〃)ゝエヘヘ

つけそばの薬味はみじん切りのネギとホースラデッシュ。
ちょっと珍しいホースラデッシュの薬味、ピリリっとした辛さがいいですね~(#^.^#)

さて、それではたくさんある添え物をご紹介。
デフォルトの「塩つけそば」で付いてくる添え物は鶏団子、ベーコン、


青菜、メンマ。


そして、特選にするとさらに付いてくる3種類。
まずは、写真で見た時から気になっていたおこげをぱくり。

ん?おこげっていうよりはパフ状の何か…
なんとなく味のない煎餅みたいな感じですね(^^;

「このまま食べるものじゃないんだ」と思い、つけダレの中へえいや~!

スープが染みるたかな~としばし待ってから食べてみます。
が!あれ~、あんまりつけダレが染みてない~(゜_゜)

どうやら、つけそばと使用したつけダレは少し温度が下がり、なかなか味が染みないみたいですね。
おこげと言うと、アツアツ揚げたての中華料理のものを想像していたので、ちょっと追っていたのとは違ったな~( ̄▽ ̄)ハハハ

さて次の1品はネギと甘酸っぱいゴマダレで和えたもの肉。

ただ、使っているお肉はなんだろう~?
なんだかよくわからなかったのですが、ちょっと獣っぽくて私はちょっと苦手でした。
でも、おつまみとかだったらいいのかもしれませんね(^▽^;)

さて、最後のトッピングは一番気になっていたこの黄色い玉子~(@^^)/~~~


ぱか~\(^o^)/

おぉ~、外側の2㎜ほどがしっかりと黄色くなっていますね~。
ぱくり。
おおぉ!!うんま!!((๑✧ꈊ✧๑))
クチナシを使って染めているというこちらの名物「黄金煮玉子」。
玉子に沁みた味は甘く、ほのかに薫る甘いクチナシの香りもいい感じ。
これは美味しいな~(≧▽≦)(≧▽≦)
同じく黄金煮玉子には友達も美味しいと絶賛。
これは次に来た時も頼もう~(*´▽`*)

さて、それではこちらも気になるコーヒー油をそろそろ投入。

変わり過ぎちゃうかもしれないので、最初は少し。
そして、麺を入れて食べてみると…おぉ~、コーヒーの香ばしさある~(^◇^)
コーヒーとラーメンの組合せ?って思ったけど、これが意外と好印象。
最初少しとか言っていた気で結局全部使っちゃいました。

そして、これもびっくり最後のスープ割はなんと玄米茶。

味わってみると香ばしいアラレの風味がいい感じ。
なんとく「昆布茶」とか「お茶漬け」を思わせる趣でほっとします。

さて、スープ割も楽しんで、ついに完食。

ごちそうさまでした~。
とにもかくにも欲張りなつけそば、空いたお皿を見ると、それがよくわかりますね。
贅沢な話ですが、逆に色々あり過ぎてちょっと疲れた?気がします(〃'∇'〃)ゝエヘヘ
特選じゃなくてデフォルトでもよかったかも~。
あ、でも黄金煮玉子はつけないとなー。

という訳で、食後はこちらのサービスドリンクでのんびりと。

入口付近に設置された、フリードリンクはお水のグラスを使って利用可能。
つまり最初のお水1杯を飲み切ると利用できるシステムです。

それにしても、これだけたくさんのものがあると、1回の訪問では全然満喫できた気がしません。
ただ今回よくわかったことは、特選つけそばを選んだらカウンター席に座ること!
2人席のテーブル席はかっきり2人分くらいのサイズ。
なので、器がたくさんある「特選」はちょっと食べていて手狭に感じました。

ま、でも次は違うメニューかな~(≧▽≦)
実はドリンクを取りに席を立ったところで、他の人たちが食べているあれやこれやをチラ見。
いろいろ美味しそうで気になっちゃっいました。
あの人が食べていた「太麺」のメニューは一体何だったんだろうな~(*´▽`*)


2016年155杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキングへ

焙煎蕎麦処 金字塔さんの食べログ店舗情報はこちら
東京都北区赤羽1-62-5


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)
スポンサーサイト

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ
ラーメンブログランキングに参加しています(^ム^)
プロフィール

もりみ

Author:もりみ
1日1ラーメン食べられたら幸せですが、周りが心配しますし体力的にも経済的にも無理なんでボチボチやってます
(*^^)v

最新記事
カテゴリ
タグ

新宿区 杉並区 小金井市 渋谷区 千代田区 中野区 武蔵野市 調布市 埼玉県 豊島区 北区 中央区 荒川区 台東区 世田谷区 練馬区 千葉県 青梅市 三鷹市 品川区 港区 立川市 ラーフェス 文京区 国分寺市 葛飾区 目黒区 神奈川県 墨田区 大田区 昭島市 江東区 チェーン店 福生市 国立市 番外編 府中市 江戸川区 まとめ 足立区 曙橋 板橋区 東大和市 西東京市 八王子市 茨城県 あきる野市 小平市 日野市 浜田山 練馬 国分寺 阿佐ヶ谷 

ラーメンブログ リンク

ラーブロ
ラーメンブログ専門リンク集「ラーブロ」に登録しました
\(-o-)/設定ってむずかし~
月別アーカイブ
FC2カウンター
訪問ありがとう~
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード