成都正宗担々麺 つじ田(小川町)/成都担々麺+小ごはん

この日の天気は、結構冷え込む曇り空。
朝から友達と「こんな日は体のあったまるものが食べたいね~」と言う話になりました。


という訳で、気になっていたこちらへGo~\(^o^)/

成都正宗担々麵 つじ田
せいとまさむねたんたんめん つじた
(小川町・東京都千代田区)
2016,10,11訪問

こちらのお店は有名な「めん徳 二代目つじ田」さんの系列店。
2016年7月14日にオープンした担々麺の専門店です。

すごく有名なお店ではありますが、実は私は「つじ田」さんへ行ったことがありません。
なので、初の「つじ田」系列店がこちらと言うことになります(∀`*ゞ)エヘヘ

さて、お店の場所は都営新宿線・小川町駅より徒歩約5分、靖国通り沿い。
私は自分に使い勝手のいいJR御茶ノ水駅よりお店へ向かって徒歩8分ほど。

御茶ノ水駅「聖橋口」正面より斜め右手にある「お茶の水仲通り」を真っ直ぐ。
「靖国通り」に突き当たったら、右折してほどなくお店。

さて、店前で友達と合流。
お昼のピークタイムを過ぎた店前には、待っている人が4人ほど。
店前にはベルトパーテーションが並べられ、ピーク時にも並びやすいようになっています。

それでは、列の最後尾へ。
食べ終わった人が出て来るとスタッフの方が中へ案内してくれるようなので、のんびりと案内を待ちます。

さて、待ち始めて5分強ほどで店内へ。
入口より斜め右手にはスパイスを瓶詰にして飾ってあるスペース。

これはインテリアですかね?オシャレです(*´▽`*)

それでは、入口より右手側に設置してある券売機で食券の購入。


こちらの味は麻辣のストレートな辛みとキレが特徴の「成都式」。
胡麻を使った旨味とコクが特徴の「正宗式」の2種類。

そして、この2つが「担々麺」と「汁なし担々麵」の2種類で提供されています。

ちなみに、今更ですがボタンをよく見ると「単品」「温泉玉子付」「小麻婆丼セット」などもありますね~(≧▽≦)

でも、この時の私はもう米にまっしぐら。
やっぱり担々麵にはライス付けたい!ってことで「小ごはん」をチョイス。
そして、友達が「正宗式」を食べるというので、私は「成都式」にしてみました(*´σ-`)エヘヘ

さて、購入した食券を券売機の近くにいたスタッフさんへ渡します。
そして、ここで辛さの選択。

こちらの辛さはまったく辛味の入っていないレベル0から6まで。
辛さレベル4までは料金が一緒で、レベル5(+¥100)、レベル6(¥200)はそれぞれ追加の料金がかかります。
ちなみに「麻(山椒)」「辣(唐辛子)」それぞれの量を決めることもできる様子。
まぁ、でも初めてだからお店の人の決めたバランスがいいですよね。

そして、お店の人から「当店の標準はかなり辛いです」とのアドバイス。
と言うことで、私は標準とされているレベル3より1つ下のレベル2。
友達は辛いものが割と大丈夫な方なので、レベル3でオーダー。

しばし、店内待ちのスペース?券売機の周りで待機。
それから、案内された席へ移動します。

暖色系の灯りに明るい茶色の木製カウンター。
白とオレンジのイスが交互に配置されていてスタイリッシュ。
客席は店内入口より正面奥へ長~く続くカウンターテーブル12席。
ハイカウンターなので、テーブルに手をついてよっこいしょ~と着席します。

それでは、着丼を待ちながら周りをチェック。
さっとカウンター正面に貼られた案内を見ます。

すると水は券売機横にあるウォーターサーバーからのセルフサービスとのこと。
それでは、1度席を立ってお水を準備。

しかし、ハイカウンターな上に、席の後ろのスペースは結構狭い。
しかも店内待ちの人たちが券売機付近にいるので、利用しづらい?
これは、奥の方の席に座ったらすごく不便だな~(^^;
せめておかわりの水ポットが卓上にあるとありがたいんですけどね。

さて、席に戻って卓上観察を続けます。
卓上調味料は四川山椒、酢。

ラーメン用のタレは汁あり用、汁なし用の2種類。

カウンターの下にある紙エプロンを装着して準備万端。
着席から約5分で完成です。

成都担々麺(Level2)880円

そして、ほどなくごはんも到着

小ごはん100円
うんうん、サイズ的にちょうど良さそうな小ライスです。

ちなみに、カウンターに「〆の替えめし¥100」のご案内がありました。

値段的に同じだけど、同じものなんでしょうかね?(*‘∀‘)

さて、それではスープからいただきます。
ごくり。

おぉ~、かっらい!!(>_<)
およよ~、レベル2でこの辛さって…レベル3にしなくてよかった~ ( ̄▽ ̄;)

お水を口に含んで少し気持ちを落ち着けたら、二口目。
うんうん、これはウマい、けど辛い~(;´∀`)

解説通り「成都式」のスープはすっきりとした辛さと旨味。
でも、スープのベースに鶏ガラと豚骨使用しているので、後味に甘味もあって食べ進めるうちにクセになります。

さて、続いて麺を。

辛いのはわかっているので、ふーふーとよく冷ましてからがぶり。
中細のストレート麺はシコシコとした食感。
そして、ざっくりとした歯切れのよさが好きなタイプです。

さて、本格的に食べ始める前に中身をご紹介。
まずは担々麺のスープに鮮やかな彩りを与えるネギ。


そして、担々麺と言えば!の肉味噌。

これは、それ単体で食べてみるとかなり甘めな味付けに感じます。
つまり辛いのはスープってことなんですね~( ̄▽ ̄)

他は、もやしとナッツ。

ナッツの甘みとサクサクの食感がとってもいい感じ。

さて、終盤は味変。
まずはもうこれ以上は辛くしなくてもいいんですが「四川山椒」を少々。

スープに降る勇気はなかったので、ご飯の上に乗せた麺の上にガリガリ。
うん、うまい(*´▽`*)やっぱり挽き立ては香りがいいな~

そして、お酢を少々。

華やかな香りとまろみをくれるお酢。
担々麺を頼むとついつい使ってしまう私のお気に入りです。

さて、それでは麺を食べきったらこれ!

担々麵の具のせごはん~\(^o^)/

ちなみに、こちらのお店は普通のレンゲと穴あきレンゲの2種類が用意されています。

こういう時、とっても便利~(*‘∀‘)
担々挽肉ご飯として半分食べ、残りはスープごはんにして完食。

ぷは~、ごちそうさまでした~(^O^)

旨かったけど、辛かったな~( ̄▽ ̄)
でも目的通り体あったまりました~

ちなみに、こちらが友達の頼んだ「正宗式」。

正宗式担々麺(レベル3)880円

パッと見はちょっとわかりづらいのですが、辣油の赤い部分が多く見えます。
並べてみるとこんな感じ。


味は解説通り、胡麻の甘みとコクが加わっています。
なので、全体的な印象ではこちらの方が甘く感じます。
ま、でも友達のは辛さのレベルが3だったので、味見した後のビリビリ感がすごかったです(;’∀’)

食べ比べた印象では、「正宗式」の方が胡麻の風味があって担々麵らしい。
でも、私はすっきりとした辛さの「成都式」が好きだったので問題なしです(#^.^#)

ちなみに、お代わりが面倒だったこともあってお水のお代わりは1回だけ。
そう言えば、辛いものが得意な友達が
「水飲むとますます辛くなるから飲んじゃダメ」と言っていたっけ。

まぁ、でもそういうスパルタ式は私には向いてないので、こちらではレベル2が1にしておこうと思います。
ふぅ~、辛さの強弱はお店それぞれなので食べてみないとわからないですね~。(;´∀`)


2016年210杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキングへ

成都正宗担々麵 つじ田さんの食べログ店舗情報はこちら
東京都千代田区神田小川町3-2 サニービル 1F


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)
スポンサーサイト

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ
ラーメンブログランキングに参加しています(^ム^)
プロフィール

もりみ

Author:もりみ
1日1ラーメン食べられたら幸せですが、周りが心配しますし体力的にも経済的にも無理なんでボチボチやってます
(*^^)v

最新記事
カテゴリ
タグ

新宿区 杉並区 小金井市 渋谷区 千代田区 武蔵野市 中野区 調布市 埼玉県 豊島区 中央区 北区 荒川区 世田谷区 練馬区 台東区 青梅市 三鷹市 千葉県 立川市 ラーフェス 港区 品川区 国分寺市 文京区 葛飾区 目黒区 神奈川県 墨田区 大田区 昭島市 江東区 チェーン店 福生市 国立市 番外編 江戸川区 府中市 曙橋 まとめ 東大和市 茨城県 八王子市 西東京市 浜田山 足立区 あきる野市 国分寺 阿佐ヶ谷 小平市 日野市 練馬 板橋区 

ラーメンブログ リンク

ラーブロ
ラーメンブログ専門リンク集「ラーブロ」に登録しました
\(-o-)/設定ってむずかし~
月別アーカイブ
FC2カウンター
訪問ありがとう~
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード