くじら食堂(東小金井)/油そば(生卵付き)

まだちょっと空気は冷たいけれど、日差しがなんだか春らしかったこの日。


大好きなこちらのお店へ行ってきました~\(^o^)/

くじら食堂
(東小金井・東京都小金井市)
2017,2,25訪問

こちらのお店はJR東小金井駅北口より徒歩1~2分。
私のお気に入りのお店の1つで、何度もブログにも書いているお店です。
営業時間は平日夕方18:00~25時(売り切れのため早じまいあり)。
昼営業は土曜日だけで、日曜日はお休みです。

一応?( ̄▽ ̄)エヘヘ、2月はヘルシー月間のため夜ラー禁止。
なので、なかなかくじら食堂さんに来れなくて悶々…。
が!今日は土曜日、昼営業バンザーイでーす\(^o^)/

さて、そんな訳で混み合っているであろうお昼のピークタイムを外した午後2時頃に到着。
この時間ならばさすがに少しは早く入れるかな~、と思いきや甘かった。
温かくなったせいもあって?いつもに増してすごい大行列です。

むぅ~(;´Д`)でも、食べたいから並びます!って並んでいる人たちみんな同じ気持ちですよね~。

そんなこんなで、待っている間は心ゆらゆらタイム。
食べたいものは決めて来たのに「あー、あれも食べたいな~(*’▽’)」と頭の中がふわふわ。

そして、少しずつ列が進んでいくうち店内にご店主の下村さんがいないことに気が付きます。
そう言えば、少し前からジョシュさん2人による営業の日があると聞いていたけどどうやら今日はそうみたいですね。
ご店主の下村さんに会えないはちょっと寂しいですが、くじら食堂の味が食べられれば私はOKです~(*’▽’)

さて、そして、待つこと30分ついに先頭。
お店からジョシュさんが出てきて、私に気づくとご挨拶。
そして、「すいません、今日、下村さんお休みなんです」とすまなさそうな顔。

いえいえ、大丈夫ですよ~
任せてもらえるなんてすごいじゃないですか~(*´▽`*)

それでは、ご挨拶もそこそこに。
「先に食券をどうぞ」と案内されてまずは1度店内の券売機の前へ。

おぉ~相変わらず、ずら~りと並ぶボタンにドキドキします~(≧▽≦)

くじら食堂さんの基本メニューはラーメン、つけ麺がそれぞれ「醤油」と「塩」の2種類。
そして、「油そば」と日によってちょっと入れ替わる限定メニュー。

限定メニューの内容は、その日の券売機上の方に案内ありますのでそちらをチェック。

ちなみにこの日の限定ボタンは「生姜醤油ラーメン」「煮干ラーメン」「担々麺」「辛いラーメン」。

しかし、メニューが豊富な上に、どれも美味しいから迷っちゃうんですよね~(*´з`)
もう、こうなると自分の気分の中からどれを選ぶかになってきちゃいます。

…という訳で?待っている間に心グラグラしましたが、やっぱり今日はこれ!

油そば 生卵付き( *´艸`)♡
冬の間はやっぱり汁ありメニューに傾きがちですが、これもクセになる美味しさなんですよね。
あったかくなったら~食べようって思っていた気持ちは、やっぱり変えられませんでした(〃'∇'〃)ゝエヘヘ

さて、それでは1度外に出て待機。
ほどなく席が空いたら再び中へ。
食券を渡すと麺量を聞かれるので、いつもの通り麺量が多い方の300gで(〃'∇'〃)ゝエヘヘ
そして、卵は別皿で下さいとお願いすることも忘れずに。

それでは、オーダーが済んだらあとは完成を待つばかり。
くじら食堂さんにいるお2人のジョシュさん…いやもうジョシュさんではなくておデシさんとおよびした方がいいのかな?(#^.^#)
先に入った兄デシさんが調理を担当、弟デシさんがホール、接客、調理補助。
今まで見ていた風景とは違っていてちょっと新鮮。
兄デシさんが麺に手もみを力強く加えていく姿になんだか親心?胸が熱くなりますね~(*´▽`*)

さて、順次オーダーが完成していきます。
そしてついに私の1杯が着丼で~す\(^o^)/

油そば 生卵付き750円

むひゃ~(≧▽≦)ご無沙汰してまーす!!

はぁ~…お元気でしたか?私は元気です~(*´▽`*)
思わずそう口にしてしまいそうになるくじら食堂さんの油そば。

それでは、食べ始めたら一心不乱にむさぼりたいので、まずはその前にぐるりとチェック。
乗せられいる具は水菜、玉ねぎ、極細メンマ、ネギ。


そして、チャーシューは見るからにしっとりとした薄桃色(*´Д`*)♡


さて、卵を器にぱかっと割って準備完了。

ではでは、いっただきまーす♡\(^o^)/

丼の中に箸を差し入れ、ちょっとタレをペロリ。

むふふふ( *´艸`)甘じょっぱい醤油ダレがうんまい。

そして、麺をぐぐっと引っ張り出します。

ご対麺~、からの~がぶり~(*´▽`*)
うぅぅんま~い(≧▽≦)♡
ほかほか、もちもち、ぴろぴろ、つるつるの手もみ麺。
そこに焦がしネギの香ばしい風味、醤油ベースでシンプルなのがいいんですよね~。
飽きの来ない、病みつき系の油そば。
はぁ~、何度食べても大好きだなぁ~( *´艸`)

さて、少し食べたら次は生卵の出番です。

器の中で卵を程よく割りほぐします。

そして、麺をこちらへどーん!!

醤油のタレと生卵のまろやかさが合うんだ、すごい合うんだ(*´▽`*)
麺の熱でほんのり卵に火が入るのもいい感じ。
この食べ方をラー友さんから教わってから、くじら食堂さんの油そばでこれをやらずにいられません。

しばし、麺をそのままで食べたり、つけ玉したり。
麺と一緒に具もがぶり、がぶり。


さて、半分をほど食べ進めた所で、まずはお酢を使って味変。

うんうん(*´▽`*)、油そばにお酢のアレンジはテッパンですね~。
お酢はそのままだと酸っぱいけれど、油そばにかけるとなんだか爽やか。

そして、続いてラー油をたら~り。

あー、ラー油がこれまたうんまいだわぁ~(*´▽`*)
くじら食堂さんの卓上ラー油はごま油を使っているのかとってもいい香り。
辛味も強過ぎず、ほどほどなのでついついたっぷりかけてしまします。

辛味が欲しい方は、一味をどうぞ( ´ ▽ ` )


最後は、どんぶりの底にちょっと残った玉ねぎも綺麗に掬って…ぺろり~。

ごちそうさまでした~(*´▽`*)
はぁ~、もう食べ終わっちゃったよ~♡

さて、食べ終わる頃には午後15時少し前。
営業時間もあとわずかと言うことで、並びはだいぶ短めになりました。
ですが、まだ待っている人がいますので、ここはスマートにお片付けとごちそうさまのご挨拶。
すると兄デシさんから「ありがとうございました」のお声がけ。

そうそう、お店に入って来た時に兄デシさんからも「下村さんがいなくてすいませんでした」と言われました。
確かにご店主の下村さんはお店の顔かもしれません。
ですが、下村さんがいなくてもちゃんとくじら食堂の味が食べられれば、私はとってもいいことだと思います。

そして現在、くじら食堂さんは昼営業を始めるべく準備中。
食べられるラーメンはくじら食堂とは別の物、屋号も違うものになるそうですがそんな新しいことが始められるのもお2人がいてこそ。
私が言うのも変ですが、これからもくじら食堂をどうぞお願いします。
ごちそうさまでした(*´▽`*)美味しかったでーす。


2017年38杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキングへ

くじら食堂さんの食べログ店舗情報はこちら
東京都小金井市梶野町5-1-19

限定や営業状況がわかるくじら食堂さんのTwitterはこちら

くじら食堂さんで私が食べたものの一覧はこちら(#^.^#)


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)
スポンサーサイト

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

一平そばや宝華といった油そばの名店がある中、くじら食堂の油そばもめちゃくちゃ美味しいですよね~
焦がしネギがたまらない・・・

Re: タイトルなし

ですよね~( *´艸`)

この辺りは油そば発祥のお店、珍珍亭もありますが、
ついついくじら食堂さんの焦がしネギに惹かれてしまいますね~
お知らせ
ラーメンブログランキングに参加しています(^ム^)
プロフィール

もりみ

Author:もりみ
1日1ラーメン食べられたら幸せですが、周りが心配しますし体力的にも経済的にも無理なんでボチボチやってます
(*^^)v

最新記事
カテゴリ
タグ

新宿区 杉並区 小金井市 渋谷区 千代田区 中野区 武蔵野市 調布市 埼玉県 豊島区 北区 中央区 荒川区 台東区 世田谷区 練馬区 千葉県 青梅市 三鷹市 品川区 港区 立川市 ラーフェス 文京区 国分寺市 葛飾区 目黒区 神奈川県 墨田区 大田区 昭島市 江東区 チェーン店 福生市 国立市 番外編 府中市 江戸川区 まとめ 足立区 曙橋 板橋区 東大和市 西東京市 八王子市 茨城県 あきる野市 小平市 日野市 浜田山 練馬 国分寺 阿佐ヶ谷 

ラーメンブログ リンク

ラーブロ
ラーメンブログ専門リンク集「ラーブロ」に登録しました
\(-o-)/設定ってむずかし~
月別アーカイブ
FC2カウンター
訪問ありがとう~
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード