FC2ブログ

横浜家系 志田家(阿佐ヶ谷)/ラーメン並+ライス

さて、ちょっと雨模様のこの日、前の日から行こうと思っていたお店が臨時休業。
出かける前に調べて良かった~…と思うものの、じゃあどこに行こうかな~(・∀・)…



そこで、「あ、そうだ!」と思いだしたのが最近オープンしたばかりのこちらのお店。

横浜家系 志田家 よこはまいえけい しだや
(阿佐ヶ谷・東京都杉並区)
2018,2,22訪問

こちらのお店は2018年2月2日にオープンしたばかり。
店名からもわかる通り家系ラーメンが食べられるお店。

お店の方が昨年10月に閉店してしまった「桂家@方南町」さん出身と言うことでとっても気になっていました。
ま、そうはいっても夜営業のみ、しかも臨時休業も多かった桂家さんに私は結局行くことはできなかったんですけどね。
こちらのお店は昼営業もあるということで、とっても嬉しいです(*^-^*)

さて、お店の場所はJR中央線・総武線の阿佐ヶ谷駅より徒歩約6分。
北口を出たら線路と垂直に交わっている一番大きい通り「中杉通り」の左側をまっすぐ。

店舗正面が通りに面しているので、歩いているとこんな感じで見えてきます。

店前にはどどーんと店主さん達?の写真入りのラーメン案内。

ちなみに、私が訪問時には左側の写真の方と女性スタッフさんがお出迎えしてくれました(∀`*ゞ)エヘヘ

そして、とっても大事な営業時間。

定休日は月曜日…ですが、この感じだと書き換え出来たりするのかな?(・∀・)
場合によっては、変更することもあるのかもしれませんね。

さて、こちらの建物正面は一面ガラスの扉と窓。
店前をチェックしていたのはばっちり店内から見えていてちょっと気恥ずかしいですが、そろそろ入店(〃▽〃)ポッ

中に入れば家系ラーメン屋さんらしい元気な「いらっしゃいませー!」の掛け声で迎えられます。
ぺこりと会釈を返してから、入口付近にある券売機に向かいます。


こちらの基本メニューはズバリ!「ラーメン」。

縦の列が上から「特製」「チャーシュー」「味玉チャーシュー」「のり味玉」「ほうれん草」「味玉」「デフォルト」トッピング類の違い。
横列が左から並盛、中盛、大盛の麺量の違いになっています。

麺量については詳しく書いてありませんが、家系ラーメンと言えばやっぱりライス。
そういう訳で、ここはおとなしくラーメン並盛+ライスのセットで食券購入でーす\(^o^)/

買った食券を持って振り返れば、「お好きな席へどうぞー」とニコニコ笑顔の女性スタッフさん。
元気があって明るい接客にこちらもほっこりしてしまいます。

客席は厨房を囲むように作られたL字ハイカウンター12席。
空いている席まで移動して食券を渡すと家系ラーメンの特徴の1つである「お好み」の確認。

ちなみにお好みは↓こんな感じで選べます。

うむ~、…ちょっと迷いますが…、初訪問なので全部普通でお願いします\(^o^)/

さて!オーダーが済んでホッと一息。
始めて来るお店なので気になるものが辺り一面にいっぱい(*‘∀‘)♡
まずは種類豊富な家系ラーメン屋さんらしい卓上調味料をチェック。

置いてあるのは摺りゴマ機、ブラックペッパー、酢、ラー油、醤油。
壺の中身は家系ラーメン屋さんにあって欲しいと私が思っている豆板醬、おろしにんにく、生姜の3点セット。

そして、ふと顔を上げれば壁に貼ってある餃子の写真に目が行きます。


ちょっと遠くて写真が潰れちゃっているんですけど、種類豊富な餃子は全部で5種類。

ノーマルの焼き餃子を筆頭に、「旨辛」「岩のり」「フカヒレ」「海鮮」というラインナップ。
各350円で焼き餃子・生餃子共にお持ち帰り可能とのこと。
お店のご近所さんだったら、焼き餃子を買って帰るのもいいよね~(*‘∀‘)

さて、そんな感じでキョロキョロしているうちにまずはごはんが到着。

ライス100円
おぉ、けっこうこの茶碗でっかい!( ゚Д゚)
予想以上に大盛りのライスにドキリとしていると「おかわりできますので、よかったらお声がけください」と丁寧なご案内。

…おかわりできるかな…(・∀・;)エヘヘ

ま、でもとりあえず、ラーメンが来る前に豆板醤をちょい。


よし!準備完了!(〃'∇'〃)ゝエヘヘ


そして、ちょうどいいところにラーメンも到着~\(^o^)/

ラーメン(並)680円
麺・味・脂:全部普通

ごはんと並べるとこんな感じ。

うむうむ~(≧▽≦)これでこそ家系ラーメンですね~。

さ、それではいただきまーす\(^o^)/
まずはスープからごくり。

うーん( *´艸`)、甘じょっぱーい
まろやかな豚骨スープはとろりと滑らか、ひとくちめの印象は思ったよりライトな仕上がり。

ですが、このスープ食べ進めるうちに段々とスープに重みを感じるようになります。
どうやら海苔の後ろに入っていた鶏油が、麺を食べるほどに混ざり合っていくから?なのかな(*‘∀‘)

さて、続いて麺をいただきます。

麺は角中細、ごはんとも相性のいい短めの麺。
食感はどちらかというともちもちとしている感じなので、これは麺柔めもいいかもしれません(*^-^*)

ま、今日はご飯があるのでのんびり食べているうちにスープに馴染むでしょう。
ってことで?ほうれん草オンザライス~\(^o^)/

うんま!(≧▽≦)
甘い豚骨スープを含んだほうれん草に、ニンニクの効いた豆板醬の辛さがよく合います。

ちなみに?豆板醬をご飯の上に乗せて食べるのは、以前行った家系ラーメン屋さんで近くに座っていた人の食べ方。
真似してみたら、こうすると丼のスープの味はそのままに豆板醬の味変が出来て便利です。
ま、その方はまずは1杯豆板醬で飯を食らい、そしてラーメンと1杯、〆にスープごはんでもう1杯…と驚くほど家系ラーメン屋を満喫。
近くにいた私はその食べっぷりにものすごく感動したんですよね~(*^-^*)

さ、余談が長くなりました。
ほどよくスープで温めたチャーシューをいただきます。

( ̄◇ ̄;)!あ…気が付いたら、チャーシューがホロホロになってる。
でも、食べてみれば脂身の柔らかさ、赤身のみっしりとした感じは美味しかったです。
見た目はアレですが味は一緒…ま、そんなこともあるよね(*´σー`)エヘヘ

スープと馴染んで好みになった麺をすすり、そしてスープひたひたのほうれん草をぱくり。

ほうれん草たっぷり、なんだかヘルシーなのが嬉しいなー(*^-^*)

そして、海苔もスープに浸して~…


海苔巻き!\(^o^)/

こうやって食べていると、頭の隅に「ごはんおかわりする?どうする?(・∀・)」って考えが浮かんできます。

むむ~、どうしようかな~と迷う終盤、生姜で味変。

生姜の香りとすっきりとした辛さが、今までのスープで小慣れた舌にいい刺激。
生ニンニクがあまり食べられない私に生姜は、家系ラーメンの大事な味変アイテムです(*´▽`*)

さぁ~、それでは最後は器の中にバラ撒いてしまったチャーシューの回収~ ٩(ˊᗜˋ*)و♡

丼の中をレンゲで綺麗に浚って終了です。


ぷはー、ごちそうさまでしたー(≧▽≦)
当初の予定とは違ったけど、結果オーライのまんぷくはっぴーでーす♡

もうひとくちごはんが食べたいな~とは思ったけど…多分、これ以上食べたらこの後眠くなる…。
ちょっと我慢するくらいがきっといいんでしょうね(∀`*ゞ)エヘヘ
活気があって丁寧な接客が好印象の家系ラーメン屋さん、またお腹いっぱいになりたい時に来たいと思います。

あ、ちなみに?こちらのお店のお水は店内券売機の隣にあるウォーターサーバーからセルフサービスです。
私、実は周りに気を取られキョロキョロから食べ始め、夢中な余りかなり後半になるまでお水をすっかり忘れて食べ進めていました(笑)


2018年36杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキングへ

浜家系ラーメン志田家さんの食べログ店舗情報はこちら
東京都杉並区阿佐谷北1-37-6

初代家系 志田家本店さんのTwitterはこちら


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)
スポンサーサイト

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ
ラーメンブログランキングに参加しています(^ム^)
プロフィール

もりみ

Author:もりみ
1日1ラーメン食べられたら幸せですが、周りが心配しますし体力的にも経済的にも無理なんでボチボチやってます
(*^^)v

最新記事
カテゴリ
タグ

新宿区 杉並区 小金井市 中野区 千代田区 渋谷区 武蔵野市 豊島区 北区 調布市 練馬区 埼玉県 千葉県 番外編 荒川区 中央区 台東区 三鷹市 世田谷区 ラーフェス 国分寺市 ラー飲み 港区 青梅市 葛飾区 目黒区 文京区 立川市 品川区 江東区 墨田区 うどん カップ麺 昭島市 まとめ 神奈川県 足立区 板橋区 大田区 福生市 江戸川区 国立市 府中市 チェーン店 閉店 西東京市 国分寺 八王子市 茨城県 曙橋 東大和市 小平市 阿佐ヶ谷 日本蕎麦 多摩市 浜田山 コラボ 日野市 宮城県 練馬 あきる野市 町田市 蕎麦 自宅麺 

ラーメンブログ リンク

ラーブロ
ラーメンブログ専門リンク集「ラーブロ」に登録しました
\(-o-)/設定ってむずかし~
月別アーカイブ
FC2カウンター
訪問ありがとう~
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード