昆鰹和ジアン(吉祥寺)12月8日

この日の私は吉祥寺。
今年は武蔵野・多摩も食べ歩きしたいってことで購入したラーメン本の中からこちらへ。

昆鰹和ジアンこんかつわジアン(吉祥寺)
以前は「めん弥」って店だったそうでうっすら看板が残ってますね。
扉は曇りガラスと張り紙で店内はまったく伺えません。
営業中なのは間違いないので、まずは外から観察。
眺めてみるも、よく分からないのでとりあえず店内へ。

と、左手側の引き戸を引くと!(@◇@;)!!
なんと!厨房側の扉でした。
思いっきりお店の人と目が合ってしまった。
「すいません!」と言ってあわてて扉を閉めます。

…(~_~;)すっごい気まずいけど、このまま帰れないので今度はちゃんと入り口の扉を開けました。
ちなみにお店側の扉は正面から見て右側のスライド式の方です。
※間違えるのは私くらいでしょうか?

店に入って直ぐにもう一度
「すいません。まちがえました」と謝罪。
ご店主さん、「ああ」って感じ。

こちらのご店主さん、スキンヘッドで無骨な感じ。
しかも先客ゼロ、マンツーマン状態。

これ、すっごいドキドキするわ~(~_~;)

一列カウンター8席の中からちょうど良さそうなところに腰かけます。
客席後にある黒板にメニューが書いてあるので振り返ります。
黒板を眺めているとご店主「どうだい?迷うだろ?」とニヤリ。
「はい」と応えると1つ1つのメニューを説明してくれました。

こちらのメニュー、ざっと分けるとまず2種類。
1、昆布と鰹でスープを取った和風で無化調のラーメン。

2、それとそのスープにアジアの辛味を足した激旨辛ラーメン。

その2種類のラーメンがそれぞれ3~4種類に分かれています。

↓店内で撮り逃したので外で撮りました。
辛くない方のメニュー。


↓辛いほうのメニュー


では、と説明された中から食べてみたいと思ったものをお願いしました。
そして、ラーメン本につていたクーポンを渡します。
150円までのサイドメニューが頼めるクーポン。
150円のサイドメニューにデザートがあったので「それでいい?」
と聞かれましたが、私あまり甘いものには興味がないタイプなので昆鰹味玉にしました。

ご店主、クーポンを眺めて「うちのだね~」とつぶやきます。
「この間ね、クーポン持ってきた人いたんだけど他のお店のだったんだよね~。」
真顔でそうおっしゃるので「それ困りますよね」って言うと
「いや、次またクーポン持ってきてくれるかもしれないからいいんだよ~」
とこれも割りと真顔。

…このご店主、なんか面白い人かも?

このやり取りに不思議な空気を感じつつ、マンツーマンですし、先に断っておこうと思い
「すいません、写真とってもいいですか?」と尋ねました。
するとご店主、「いいけど、ブログとかやってるの?」
私 「まぁ、ちょっと…」なんて応えますと、
「まぁ、俺が写んなきゃいいよー」とのこと。
そういえば、ラーメン本のご主人変装してる風だったかも。

しばらくすると常連さんと言う感じのお客さんが入ってきました。
その方が注文する前に「いつもの」の感じで飲み物を作り出すご店主。
もちろん並行作業で私のオーダーも進行中。
常連さんがタバコを取り出すと「外でね~」とご店主。
常連さん灰皿をもって外に出て行きます。

「うちねタバコ吸えるの水曜日の夜12時から朝の7時までだけなんだよ。」
こちらの営業時間は水曜日はオールナイト。
その流れで木曜日が定休日、金曜日は夜営業のみだそう。
そういえばおつまみメニューも店内に貼られていました。
ちなみにこの常連さんもまずアルコール類飲んでましたヽ(^。^)ノ

出来上がるまでの間もご店主との会話は続きます。
しばしして、私の一杯が出来上がり目の前に。

ご店主「しょっぱかったり味が薄かったら言って。美味しく食べ欲しいから、遠慮はしないようにね~」


トムヤム柚子麺900円
おぉ~赤オレンジでラー油かな赤い筋が引かれてます(^ム^)

まずはスープをひと口。
うん、酸っぱ辛くて美味しい~(#^.^#)
確かにトムヤム風なのですがベースが和風の昆布と鰹なので馴染みやすい味わいです。
そして普通トムヤムと言えばレモングラスなのですが、これが柚子が使われているのも日本人向けなのかも。
ご店主の中では柚子の酸味が一番美味しい柑橘果汁ということで選ばれたそう。

ちなみに上に乗っているのはかいわれですがパクチーも別料金で頼めます。
「パクチー苦手な人もいるからね。乗せないの。」とのこと。
なるほど~(^ム^)
私は確かに乗ってたら食べるけど進んで食べる方ではないのでそのままにしました。
でも、乗せてもいいかもしれない~。

さて続いて麺。

麺はもっちりとした平打ち麺。
すこし厚みが不均一でつるつるでもちもち。
この麺肌の舌触り好きだ~(#^.^#)と食べていると
「うちの麺はね、稲庭うどんのような感じの麺にしてもらっているんだよ」とのこと。
うどんの中で稲庭うどんかなり好きなのでこの麺が好きなのに納得です。

のっけもののチャーシューは2種類。

豚のチャーシューは分厚いのが2枚。
噛み応えはあるのに筋張ってなくて、なんというか裂けるチャーシューって感じかな(#^.^#)


そして鶏もも肉のチャーシュー。
しっとりとしていてこちらもおいしい~。


メンマは割りと太め。

クーポンで頼んだ味玉

昆鰹味玉150円通常料金
※最初、出てきた時は乗ってなくて途中で乗せてくれたので最初の写真にありませんでした~(^◇^)
こちらは程よい硬さ。
昆布、鰹以外に煮干しなどいろんな旨みの汁に漬け込んでいるそう。


追加で足しても美味しいよと先に出してくれた柚子の果汁を足してみたりして麺は完食。
クセになる味わいでスープをぐびぐび飲んでいると
「スープ全部飲んじゃう感じかい?」と聞かれます。
「スープ増えちゃうけどスープ足した方が飲むのには飲みやすいんだ」とのこと。
そこでではとお願いすると昆鰹スープを足してくれました。

では、ぐび。
おぉ。和風の出汁が足されて確かにまろやかに。
おいしいです~(#^.^#)

完飲。
ごちそうさまでした~。

こちらのご店主、本当に面倒見のいい方でして、実は色々途中でありました…(#^.^#)

例えばこちらで食べられる2種類の香辣醤(しゃんらーじゃん)とガパオ醤の味見もさせてもらったり。
※香辣醤は直ぐに、ガパオ醤はじわ~っと辛いと言われましたが、辛味不得手なのでどっちも直ぐ来ました^_^;


味玉をこうやって作ってるんだよ~と見せてくれたり。
※これすごくいい和出汁の香りでした~(^ム^)


さらに、甘いもの余り興味がないと言った私に対して、
「嫌がらせ~」と言いながら、ココナッショコラプリンをひと口下さったり。
※甘さ控えめホワイトチョコにココナッツの香りで優しい味~(^ ^)

そうそう、食べている間に別の常連さんがやってきて、その人にどれが一番好きなメニューか聞いてくれたりもしました。
次はその常連さんのお勧めメニューでもあり、私も説明聞いてて気になった「みそ醤生姜麺」これにトライしてみたいですね。

楽しくて美味しい時間が過ごせて本当によかった。
また来ます~\(^o^)/


2014年217杯目

ブログランキングに参加しています。
12月になりましたね。
慌しくなるシーズンですが見ていただいてありがとうございます。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキングへ

昆鰹和ジアンさんの食べログ店舗情報はこちら
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-31-4 日得ビル 1F



コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)
スポンサーサイト

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ
ラーメンブログランキングに参加しています(^ム^)
プロフィール

もりみ

Author:もりみ
1日1ラーメン食べられたら幸せですが、周りが心配しますし体力的にも経済的にも無理なんでボチボチやってます
(*^^)v

最新記事
カテゴリ
タグ

新宿区 杉並区 小金井市 渋谷区 千代田区 中野区 武蔵野市 調布市 埼玉県 豊島区 北区 中央区 荒川区 台東区 世田谷区 練馬区 千葉県 青梅市 三鷹市 品川区 港区 立川市 ラーフェス 文京区 国分寺市 葛飾区 目黒区 神奈川県 墨田区 大田区 昭島市 江東区 チェーン店 福生市 国立市 番外編 府中市 江戸川区 まとめ 足立区 曙橋 板橋区 東大和市 西東京市 八王子市 茨城県 あきる野市 小平市 日野市 浜田山 練馬 国分寺 阿佐ヶ谷 

ラーメンブログ リンク

ラーブロ
ラーメンブログ専門リンク集「ラーブロ」に登録しました
\(-o-)/設定ってむずかし~
月別アーカイブ
FC2カウンター
訪問ありがとう~
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード