護摩龍 百人町総本山(大久保)/地獄の坦坦麺 護摩龍

8月の末から9月中旬まで本当に雨の降る日が多かったですね。
残暑が落ち着いている気はしますが、涼しいを通り越して少し寒いくらいです。
そんな時はカラダがあったまりそうな1杯を食べようってことでやっていたのはこちら~。




地獄の坦坦麺
じごくのたんたんめん
護摩龍 百人町総本山
ごまりゅう ひゃくにんちょうそうほんざん
(大久保・東京都新宿区)
2015,9,10訪問

こちらのお店がオープンしたのは9月8日と訪問した日の2日前。
できたて、ホヤホヤのお店です。
それにしても、暖簾にドクロと随分と怖そうな雰囲気ですね(^◇^)


券売機はお店の外、ちょうど、暖簾の中側にあります。
なので、すこしくぐるような感じで覗き込むと、おぉおお冷たい!
暖簾のしずくが背中にたれてきて濡れちゃいます。
外券売機ってのんびり眺められるからいいけど、雨の日はこういうことあるよね(~_~;)

では、気を取り直して券売機をチェック。
まず1番上の段は基本メニューの「地獄の坦坦麺」。
その下の段はと「地獄のつけ麺」で、左から右へと辛い順に並べられています。

ちなみにこちらは辛さが5段階に分かれてて、辛さが1段階上がるごとに¥50円アップ。

最後から2番目ハードステージ「地の池」~「無限」MAXステージまでは、急激に値上がり¥150アップ。
この値段の幅は、きっとすご~く辛いんでしょうね。
ま、私には関係ないと思いますけどね^_^;

他メニューとしてはマー油とニンニクがきいた黒の坦坦麺。
「黒の修羅場」と「黒の修羅場つけ麺」がありますが、この黒シリーズはどちらもミドルステージで辛さ調節はないようです。

さて、数日前に友達がセカンドステージ「飢餓」を食べてかなり辛かったと言っていたので、ここは迷いなく私は初級ステージ「護摩龍」を選択。
食券を持って入店です。

座席はL字のハイカウンター8席。
空いている席によっこらしょ~と腰掛けます。

食券を出して店内を観察。
店内は黒を基調にした空間でB系の音楽が流れていてロックな感じ。

そして、神棚にはガイコツが~(~o~)ひゃ~。


カウンター上には瓶詰めの鷹の爪が乗っていますが、これはインテリアですよね…(^◇^;)


卓上物はお酢と花椒。
ちなみに箸箱を開けたら「紙エプロン、ヘアゴムあります」という文字が。

お店の中に色々貼りたくないということで、この位置なんでしょうね。
でも、これは開けてみないと分らないので、お声がけもしてくれると嬉しいですね(〃'∇'〃)ゝエヘヘ

さて、3分ほどして着丼で~す。

地獄の坦坦麺 護摩龍 ファーストステージ800円
おぉおお~、挽肉がたっぷりです~(#^.^#)
ゴマのいい香りもしますね。

しかし、きょろっと隣の人の丼の中身を見るとすごい赤!
私のはどちらかというと黄色が買ったオレンジ色。
一体あれはどのステージの坦坦麺なんだろうと気になります~。


まぁ、それはさておき早速スープをいただきます。
坦坦麺独特の泡立つ感じのスープをレンゲにすくいます。

ごくり。
おぉおおぉ、うんまい~(#^.^#)
とろみのある濃厚なスープはクリィーミーな白胡麻ペーストの甘みがすごい。
そして、程よく花椒のシビレがきいていておいしいです。
これ辛いのが得意じゃない私でも問題なく食べれるぞ~。

では、続いて麺をいただきます。

麺は平打ちの中太ストレート麺。
最初は少しごわっとしていますが、噛み応えがうまい!
歯ごたえのしっかりした太麺の坦坦麺って珍しい。
私の中で坦坦麺って中細の縮れ麺で柔らかいイメージだったので、この組み合わせはなかなか新鮮でいいですね。

のっけものはほうれん草。


そして坦坦麺と言えば挽肉。

護摩龍さんの挽肉は粗挽きを使用しているので、ごろごろっとしていて肉感がしっかり。
これは~(~o~)ご飯が欲しくなること請け合いです~。

と、考えていると隣の人がお店の人に「ミニライスとかあります?」と聞いていました。
皆考えること同じだわ~。

ちょっとやり取りを聞いていると、お店の人が「ライス¥150がありますとご案内」。
それを聞いて、私は「ライス¥150はちょっとお高いな~」と心の中でぼんやり。

うん、よし!最近食べすぎだしライスはガマンだ!(>_<)

さて、隣の人は現金払いでライスを購入。
私、ついついどんなのかな~とチラ見。
しかしやってきたそのライス¥150にしてはちょっと小さい~?^_^;
見た感じ小ぶりなお茶碗に軽く1杯、しかも普通の白飯に見えます。
お米が美味しいのかなぁ~。


ちなみに後でメニューをチェックし直すと「肉乗せおじやご飯」というメニューがご飯と同じく¥150で提供されているよう。
うーん、こっちのメニューを売りたいからの値段設定なんでしょうかね?
それなら、そっちのご案内も一緒にしたらいいのにな~。

まぁ、それはさておき、自分の1杯を食べ進めます。
じんわりと毛穴が開いて汗が出てきますが、まだまだ大丈夫。

と言うことで、卓上の花椒を少々追加。
ふわんと香るフレッシュな花椒のシビれがいい感じ~。

そして、お酢も使用。

おぉ~、おいしい~。
こちらの坦坦スープにお酢をかけると、不思議と華やかな香りになりました~(#^.^#)
味はまろやかになってこれもいい感じです。

そして坦坦の挽肉を追いかけながら食べていて気が付けば完飲完食~。

ごちそうさまでした~。

ふぅ~、おいしかった。
次のセカンドステージ「飢餓」でも食べられるかも?
でも、次のワンステップ上は+¥50増しってことはかなり辛いのかな~?

本音を言うと、お店によっては辛味調整を無料でしてくれるところもありますよね。
だから、1ステージアップごとの値段増しはなんか高いな~と思ってしまうのが素直な気持ち。

それに、先に言った白飯¥150円という値段設定も悩ましい^_^;
ランチタイムは白飯サービス?とか麺大盛無料とかのお店もある中でこれはちょっと高いな~ってやっぱり思っちゃいました。
せめて、半ライスで値段を下げたものとががあったらいいんですけどね~(〃'∇'〃)ゝエヘヘ


2015年202杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキングへ

護摩龍 百人町総本山さんの食べログ店舗情報はこちら
東京都新宿区百人町1-23-17 大久保南口共同ビル 1F


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)
スポンサーサイト

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ
ラーメンブログランキングに参加しています(^ム^)
プロフィール

もりみ

Author:もりみ
1日1ラーメン食べられたら幸せですが、周りが心配しますし体力的にも経済的にも無理なんでボチボチやってます
(*^^)v

最新記事
カテゴリ
タグ

新宿区 杉並区 小金井市 千代田区 中野区 渋谷区 武蔵野市 調布市 豊島区 埼玉県 北区 中央区 練馬区 台東区 荒川区 世田谷区 千葉県 青梅市 三鷹市 港区 ラーフェス 立川市 国分寺市 品川区 文京区 目黒区 葛飾区 神奈川県 墨田区 番外編 大田区 昭島市 江東区 板橋区 チェーン店 国立市 府中市 福生市 江戸川区 東大和市 足立区 曙橋 まとめ 八王子市 茨城県 西東京市 あきる野市 浜田山 日野市 小平市 阿佐ヶ谷 練馬 国分寺 

ラーメンブログ リンク

ラーブロ
ラーメンブログ専門リンク集「ラーブロ」に登録しました
\(-o-)/設定ってむずかし~
月別アーカイブ
FC2カウンター
訪問ありがとう~
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード