東京味噌らーめん 鶉(武蔵境)/辛味噌つけ麺

寒かったこの日、気分は味噌~ ٩(ˊᗜˋ*)و


そんなわけで、訪れたのがこちら~。

東京味噌らーめん 鶉
とうきょうみそらーめん うずら
(武蔵境・東京都武蔵野市)
2015,12,3日訪問

こちらのお店は、味噌らーめん専門店。
しかも、私の好きなピロピロ麺が食べられるお店です。
ふふふ((* ´艸`))
実はこの日で4日連続のピロピロ麺だったりして~。

では、寒いので早速入店~。
ドアを開けると、店内からいらっしゃいませ~と明るい声と笑顔に迎えられます。
お久しぶりです~( ´ ▽ ` )ノ

お、今日はご店主さん、奥さん、そして初めて会う男性のスタッフさんの3人体制。
後で聞いたら、新しい方はご店主さんの修業先、七彩で一緒に働いていたベテランの方。
ちょうど助っ人に来てくれていたそうです。

さて、軽くご挨拶をして券売機に向かいます。



こちらの基本メニューは「みそらーめん」「辛みそらーめん」「みそつけ麺」「辛みそつけ麺」。
夏期には限定の「冷やしみそらーめん」がありますが、基本的にはこの4種類です。

では!今日はこの中で唯一の未食「辛つけ麺」をいただきまーす!( ´ ▽ ` )ノ
寒いから「みそらーめん」と言っておきながらのつけ麺チョイスはウラハラですが、食べてないメニューは食べて見たいんですよね~。

ちなみにこちらは大盛りと並盛りが同一料金。
前日、かなり食べ過ぎた気がするので今回こそは並盛りで~
…と思っていたのに迷った指先が選んだのはやっぱり大盛り。

自分の中で苦笑い( ̄▽ ̄)
でも、ここの自家製麺が美味しいんだもの~。
それに、昨日は昨日だよね~(〃'∇'〃)ゝエヘヘ

心の中で自分に言い訳しながら、案内された空席に着席。
食券とスタンプカードを渡します。

この日の席は奥から3番目。
麺に手揉みをするご店主さんの手元がよく見えるいい場所です(≧∇≦)
横から上からと立体感が出るようにぎゅっぎゅっと麺を揉むご店主さんの姿を眺めてむふふ。
はぁ~((* ´艸`))私の好きなぴろぴろ麺があんな風に作られるんだなぁ~。

太めの麺でしかもつけ麺なので少し長めの待ち時間。
そんな待ち時間もちょいちょい奥さんに構ってもらって楽しく過ごします(#^.^#)
そして、だいたい20分弱ぐらいで完成。


辛みそつけ麺850円
+味玉100円

おっほ~((๑✧ꈊ✧๑))!
つやつや、ぴかぴか、いつ見てもうっとりするぴろぴろ麺です~。

そしてつけダレも近くからぱちり~。

おわ~(*゚▽゚*)赤いなぁ~、大丈夫かなぁ。
ドキドキするわ~。

実は私、辛いものあんまり得意じゃないんです。
前にこちらの辛みそらーめん食べた時、かなり辛くて次は辛さ控えめにしようと決心したくらい。

でも、こちらの常連さんであるラー友さんの見立てでは、辛つけ麺の方が辛さは弱めとのこと。
つけ汁に浸す麺の調整もしやすいからデフォでいいんじゃないかな?
そんなアドバイスをもらっていたのと私も基本を知りたいから挑戦です! ٩(ˊᗜˋ*)و

ちなみに、漬けダレの器はすごく熱いので気をつけて下さいとの案内アリ。

まぁ、とりあえず、最初はまず麺だけをそのままいただきます。

がぶり~つるつる~。
おぉ~、うんまーい!!((* ´艸`))♡
水で〆られたぴろぴろ麺はしっかりとした弾力があって噛み応えもバツグン。
ツルツルの麺肌に、もちっとした食感が気持いいです~。
そして、何と言っても噛みしめると甘い小麦の香りと味が口いっぱいに広がって本当にたまりません。

あぁ~((* ´艸`))麺だけでもいい~。
やっぱり、麺の本来の味を楽しむならつけ麺だよね~。

ですが、もちろんつけダレ使いますよ~。

タレの中にはたっぷりの炒めもやしが詰まっています。
なので、麺をしっかりとタレにくぐらせてるようにしてがぶり~。

∑(゚Д゚)ぐわ!!辛い!!(>_<)

びっくりして慌てて水をごくり~。
( ̄◇ ̄;)あー、びっくりした。

と、奥さんに「あれ、辛いの確か苦手じゃなかったですかー?」と言われます。
「はい~(>_<)でもね、食べてみたかったんですよ」

では、気を取り直して二口目。
そうそう、つけダレがアツアツなのも辛味を強く感じさせるポイント。
なので、今度はよくふーふーと冷ましてからぱくり。


お!(・◇・)
辛いけど、うまーい!!(≧∇≦)


たっぷりとラー油が効いた辛いつけダレ。
でも、最後に感じるのは豆味噌の甘みと味噌のいい香り。
しかも、もっちりとした平打ちの手揉み麺の小麦の甘みがまた程よく、辛い中にも優しさを感じます。

うん、辛旨ですね~(#^.^#)

さて、つけダレの中の野菜が多くて麺を入れるスペースが少ないので、少し野菜も食べ進めます。

つけダレの中に箸を差し入れて中に入っている野菜を持ち上げます。
野菜はもやし、にんじん、ニラなど。

ふーふー、がぶり。

炒め入れたばかりのもやしはシャキシャキと歯ごたえよし。
まさしく、もやっし!!もやっし!!(^◇^)って感じ。

ちなみに、このもやしは後半になるにつれてつけダレの熱で食感がやわらかくなります。
まるで2種類の野菜を楽しんでいるみたいで、その違いもなかなかよかったな~。

さて、最初の数分で唇の辺りがビリビリ、ぼわ~んとしてきます。
ですが、アタマの中は「辛!旨!」の2文字が行ったり来たり。

初めはそのアツアツの温度に食べるスピードはのんびり。
ですが、次第につけだれの温度が下がり俄然食べやすくなってスピードアップ。

そうそう、つけダレの中には野菜以外にもゴロチャーシューがゴロゴロ。

このチャーシューは脂身が甘くて辛味の合いの手、お助け物
うんまーい((* ´艸`))

そして、もちろん味玉も辛味の箸休めとして大活躍。
麺鉢の方で割って舌の上でゆっくりと味わいます。

鶉さんの味玉は黄身がちょっと緩め。
甘いお出汁がしっかり染みているので、舌のシビれのリセットになりますね。

やっぱり大盛だな~と思いながらぺろりと麺を完食。
それでは、つけ麺と言えばスープ割り。
麺大盛りだからスープ割り全部は飲めないと思うけどお願いしま~す( ´ ▽ ` )ノ

器をカウンターに出して、スープ割りコール。

さて、程なくスープとネギが足されて戻ってきました。

ごくり。
おぉ!!んま!!((๑✧ꈊ✧๑))

あんなに辛かったつけダレがスープ割りですっかり程よい味に。
これいい~!!( ´ ▽ ` )ノ

そうだ、これぐらいの辛味なら山椒も合うぞ~。



で、気づいたら完飲しちゃっってました(*´ェ`*)ポッ
アレ、完飲無理とか言っていたのにね。

さてさて、寒いとか言いながらつけ麺オーダーでちょっと心配してました。
ですが、辛味ですっかり体はぽっかぽか、全然問題なし。

♪( ´▽`)ぷは~幸せ~。
ごちそうさま、美味しかったです~♡

さて、これにて鶉さんの基本メニューは全部実食。
で、その中でどれが一番かというと…うーん、迷う~(-"-)

初めて「みそらーめん」を食べたのは今年の1月。
その頃に比べたら、味はかなりブラッシュアップされているようですし、次は「みそらーめん」に戻るのがいいかな~。
でも、小麦感がしっかりと味わえるつけ麺も食べたいな~。
ホント、どれも美味しいお店って悩ましいですヽ(^。^)ノ


2015年269杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキングへ

東京味噌らーめん鶉さんの食べログ店舗情報はこちら
東京都武蔵野市境2-3-20

冷やし辛味噌らーめんを食べた時のブログはこちら
特製辛みそらーめんを食べた時のブログはこちら
みそつけ麺を食べた時のブログはこちら
みそらーめんを食べた時のブログはこちら


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)
スポンサーサイト

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ
ラーメンブログランキングに参加しています(^ム^)
プロフィール

もりみ

Author:もりみ
1日1ラーメン食べられたら幸せですが、周りが心配しますし体力的にも経済的にも無理なんでボチボチやってます
(*^^)v

最新記事
カテゴリ
タグ

新宿区 杉並区 小金井市 千代田区 中野区 渋谷区 武蔵野市 調布市 北区 豊島区 埼玉県 中央区 練馬区 台東区 荒川区 世田谷区 千葉県 青梅市 三鷹市 港区 ラーフェス 品川区 立川市 国分寺市 文京区 目黒区 葛飾区 神奈川県 墨田区 番外編 大田区 昭島市 江東区 板橋区 チェーン店 国立市 府中市 福生市 江戸川区 東大和市 足立区 曙橋 まとめ 八王子市 茨城県 西東京市 あきる野市 浜田山 日野市 小平市 阿佐ヶ谷 練馬 国分寺 

ラーメンブログ リンク

ラーブロ
ラーメンブログ専門リンク集「ラーブロ」に登録しました
\(-o-)/設定ってむずかし~
月別アーカイブ
FC2カウンター
訪問ありがとう~
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード