竹末東京プレミアム(押上)/味玉塩そば



さーて、今回は職場の同僚とのラーメン部~(#^.^#)
ラーメン部の基本は私の行ったことがあるお店が多いのですが、今回は私も初訪問のお店。
しかも、同僚と長い間行きたいと行っていたお店です。


ま、残念なことに今日はいつものメンバーは1人欠席。
ですが、偵察も兼ねて味わってきま~す\(^o^)/

さて、お店はこちら~。

竹末東京プレミアム
たけすえとうきょう プレミアム
(押上・東京都墨田区)
2015,12,10訪問。

こちらのお店は、もともとは栃木県にある竹末ブランドの東京上陸店として2014年4月オープン。
オープン当初は「つけ拉 竹末東京」と言う屋号でしたが、1周年を期にリニューアル。
店名を現在の「竹末東京プレミアム」に変更しました。
こちらのお店は味だけじゃなくパフォーマンス、その調理している時のライブ感もすごいと訪問前から噂はかねがね(#^.^#)

ただ臨休も多いようで、行ってみようと思うと臨休だったり定休日だったり。
なかなかタイミングが合わなかったんですよね。
さて、駅から歩いてお店にたどり着くまでの最後のストレート。
道からは少し見にくい角度にお店があるので、直前まで明かりが見えずドキドキ。
この所、臨休に当たり易い呪いにかかった?こともあって、お店に着くまで気が抜けません(~_~)

もちろん、この日訪問前にこちらのブログで臨休情報が出てないのは確認してきました。
それでも、急に厨房機材のトラブルなんてことはよくある話です。
土地勘のないこの辺りでのプランBは過酷なんですよね(-_-)
まぁ、そんなこんなでたどり着き、やってるって分かった時は本当に嬉しかった~(*^^)v

さて、こちらのお店、入り口はちょっとした階段があり、少し上ります。

「ドアを開けろ・竹末東京・OPEN YOUR HEART」
黒地のマットに赤字で力強い文字(#^.^#)かっけ~です。

それでは店内に入ります~。
店内は4×4に分かれていいるカウンター8席。
真ん中に通路兼、ちょっとした器などを置けるようになっています。
到着した時はちょうど満席、しかもウェイティングスペースにもびっしりと人がいてこれはタイミングが微妙ですね。

ま、おかげさまでのんびり券売機を眺められます。
券売機は入口はいって右手側。

お、券売機には「LIVE TICKET」の文字。
実はこちらのご店主さんは「矢沢永吉さん」の大ファンだそうで。
なるほど、食券はライブチケットなんですね~(#^.^#)

さて、メニューは上から「醤油そば」「塩そば」。
その下の栃木と言えば?の「ヤシオマス塩そば」は売り切れですね。
更に下は「鶏そば」「鶏ホタテそば」と続きます。
券売機の右手側には「鶏つけそば」、そして「サンマとイカのまぜそば」とつけ麺メニュー。

どれも魅力的ですが、今日は初訪問なので一番左上の方からチョイス。
この日の昼に醤油系のラーメンを食べていた私は「塩そば」、同僚は「醤油そば」を選ぶことにしました。

食券を購入すると女性の方が食券、いやライブチケットを受け取ってくれます。
こちらはご店主さんと奥さんかな?と思われる女性の方の2名体制。
丁寧で品のある所作で「もう少しお待ちくださいね」と声をかけられます。
空席待ちでよく言われる言葉ですが、その表情や声のトーンなどが素敵でキュンとしてしまいます。
なんと言えばいいのか分かりませんが、まさに「気配り」って言葉がぴったり。

さて、しばし同僚と空席ができるまでおしゃべりしながら店内を観察。
明るく綺麗な店内に流れる音楽はもちろん「矢沢永吉」。
そして、少し見ていると分かってきたのですが、どうやら店内奥右側のカウンター席側が調理の基本スペースのメイン。
「できるならあっち側に座りたいな~」と私が言うと、同僚も「だよね!」と同意見。

入店してから25分ほどしてついに着席。
少し長めの待ち時間でしたが、ご店主さんの調理する姿や店内の雰囲気を味わう時間がたっぷり見れたので気にならなかったな~。

席に着くと、すかざず荷物を置くカゴを奥さんが出してくれます。
ありがとうございます~(#^.^#)

そしてお水の提供。

グラスはこの押上の辺りだから、切子グラスかな?(#^.^#)
デザインも少しずつ違っていたりして、センスを感じます。

ちなみに座ったのは狙っていた右側。
調理をしている姿が良く見えるいい席に座れてラッキーです。

さて、ほどなくご店主さんがカウンター上にシルバーの皿受けと丼を設置。

さぁ、ライブスタートでーす!!\(^o^)/

ご店主さん、目の前の丼にまずはカエシを投入。
もちろん、同僚の方には醤油、私のほうには塩ダレを。
続いて香油が丼の中に。
塩そばの私のほうには、粉状の物を少し。
これは塩の角を取るための砂糖との事。ふむふむ(・o・)

ちなみにここまでの流れ、ご店主さんがちゃんと目の前で口頭説明してくれます。

そして、スープが丼に投入~\(^o^)/

キラキラ光る黄金スープが美味しそう~!!(>口<)


この丼横から見るとこんな文字が書いてあるんですけど、めっちゃ伝わってきます!!

※こちら同僚が撮影したカッコイイ写真です~(〃'∇'〃)

さぁ~そしてここからは怒涛の仕上げ。
乗せる具材ももちろん解説されながら、綺麗な丼顔が出来上がって行くのを眺められるって楽しい~!!
「では、丼を下に置かせていただきます。」
ご店主さんが丁寧に、私たちの前に丼を下ろしてくれます。

さ、ついに着丼で~す(^○^)

味玉塩そば900円
うひゃ~!!綺麗~((๑✧ꈊ✧๑))
作られてる過程を見てたので、食べる前から大興奮。

それでは、まずはスープからいただきます。

ごくり。
おぉおお~うま~い。

同様にまずはスープからごくりと飲んだ同僚と思わず声が揃います。
むふふ、とそのままスープを2口目。
やっぱりおいしい~。

ちなみにここで同僚と丼を寄せ合ってスープの味を交換。
ちなみにこちらが醤油そば。

醤油そば800円
醤油そばの方は鶏清湯スープに甘い醤油のカエシがきいたホッとするう味に仕上がっています。

それに対して塩そば。
スープはもちろん同様に鶏清湯のすっきりだけどコクのあるスープ。
昆布とシイタケなどで整えた塩ダレはうま味がしっかりとあってとっても美味しい。
その上、のっけものでのっているメンマの香りと味が溶けてきていて面白いです。

さて続いて麺を。

麺は角細ストレート麺。
シコシコとし食感で、このすっきりとした清湯スープによく合います。
むぅ~٩̋(๑˃́ꇴ˂̀๑)麺とスープだけでもうんまい!!
ですが、のっけものもたくさんありますよ~。
まずは低温の豚ももレアチャーシュー。

しっとりとやわらかくてたまりません。

そして豚肩の燻製。


牛のブロックチャーシューと3種類。

ゴロリとしたタイプのこの2つのチャーシューはどちらも、香ばしさとギュッと詰まったうま味がいい感じ。
こちらには特製ラーメンにあたるものはないけど、3種類もチャーシューが乗っていてすごく大満足。

他、野菜ものも充実。
ます、湯がいた青梗菜。

シャキっとしていて歯ごたえのある仕上がりと青菜独特の甘味もあって、いいアクセントになっています。

彩りも綺麗な紫玉ねぎのみじん切り。

きちんとさらされた玉ねぎは瑞々しくて美味しい。
すっきりした味のリンゴみたいな、ちょっと果物みたいな感覚になりますね。

味玉は結構ゆるめな仕上がり。

黄身がスープをにごらせるのはあまり好まないのですが、外側の白身はしっかり、そして内側の白身はとろり。
お出汁の良くしみた卵黄部分と3重構造になっていて美味しいです(*^^)v

そして、この塩そばの中ですごく大きい役割になっていたのがこの穂先メンマ。

魚介系の味付がされいてるメンマから、食べ進めるほどにその香と味がスープに溶けて生きます。
なので、最初は黄金色だったスープが後半になるとこんな感じ。

なんと言うか~(#^.^#)2度美味しい~?

このままでも全然問題ないのですが、かなり遠いお店ということもあって欲張って卓上調味料の辛子高菜をちょいと味見。

お!!∑(>_<) 結構辛い!!
味の印象がかなり変わってしまいそうなので、これを使う時は容量に注意ですね。

ちなみに、もうひとつは「おろしにんにく」かな?
基本的ににんにくが苦手なので、こちらは未確認です。
まぜそばメニューがあるのでそちらのためのものかもしれませんね。

さて、最後に残ったスープは丼を手で掲げて吞んじゃうぞ~(^○^)
スープの香りを存分に楽しめるのでこの感じ好きなんですが、なんと下に置いてあったトレイも着いてきちゃって思わず「ガチャン!!」と大きい音を立てちゃった。
恥ずかしかった~(//∇//)
次の時は、ちゃんと受け皿が付いて来てないか確認するようにしなくちゃね(〃'∇'〃)ゝエヘヘ

はぁ~、おいしかった~。
汁完までして幸せに浸っていると、奥さんが
「こちら夜限定、女性の方だけのミニデザートです」とふんわりとした笑顔を向けてくれます。

コーヒープリン※夜限定 女性のみのサービス
わぁ~、すいません~。
ありがとうございます~(#^.^#)(#^.^#)

コーヒープリンはひんやりと冷たく、そして程よい甘味とほろ苦さ。
私はあまり甘いものを食べないけど、本当に口直しにちょうど良いサイズ。
なんというか、にじみでる心遣いにキュンキュンしっぱなしです。

はぁ~、本当に今度こそごちそうさまでした(*´◡`​*)

店内待ちの方はまだまだいますので、余韻は帰り道に浸ることにしてお店を後に(#^.^#)

それにしても、こちらのお店は本当にすばらしかった。
味もさることながら、来てよかったなって思わせるところばかりですっかりファンになっちゃいました。

ちなみにラー友さんにここに行ったよ~と言ったら、トイレに行った~?って聞かれました。
なんですか、それ??
どうやらトイレにも素敵なヒミツがあるようで…。
再訪したらちゃんと確認しなくっちゃ。
また行ける時がとても楽しみです~(#^.^#)


2015年274杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキングへ

竹末東京プレミアムさんの食べログ店舗情報はこちら
東京都墨田区業平5-14-7 フラーリシ押上

竹末東京プレミアムさんの臨休情報などはこちらのブログで確認を。


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)


同僚とのラーメン部会の記録一覧はこちら(^ム^)
スポンサーサイト

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ
ラーメンブログランキングに参加しています(^ム^)
プロフィール

もりみ

Author:もりみ
1日1ラーメン食べられたら幸せですが、周りが心配しますし体力的にも経済的にも無理なんでボチボチやってます
(*^^)v

最新記事
カテゴリ
タグ

新宿区 杉並区 小金井市 渋谷区 千代田区 中野区 武蔵野市 調布市 埼玉県 豊島区 北区 中央区 荒川区 台東区 世田谷区 練馬区 千葉県 青梅市 三鷹市 品川区 港区 立川市 ラーフェス 文京区 国分寺市 葛飾区 目黒区 神奈川県 墨田区 大田区 昭島市 江東区 チェーン店 福生市 国立市 番外編 府中市 江戸川区 まとめ 足立区 曙橋 板橋区 東大和市 西東京市 八王子市 茨城県 あきる野市 小平市 日野市 浜田山 練馬 国分寺 阿佐ヶ谷 

ラーメンブログ リンク

ラーブロ
ラーメンブログ専門リンク集「ラーブロ」に登録しました
\(-o-)/設定ってむずかし~
月別アーカイブ
FC2カウンター
訪問ありがとう~
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード