焼麺 劔(高田馬場)/目玉焼麺

美味しいラーメンを探してネット検索~(^○^)
そこで「焼麺」という一風変わったラーメンを発見。

これは1度食べてみたい。

ということで、やってきたのがこちら~\(^o^)/

焼麺 劔 やきめん つるぎ
(高田馬場・東京都新宿区)
2016,2,2訪問

場所は高田馬場駅より徒歩5分ほど。
ちょっとわかりずらい場所にあってすこしウロウロしていましたがどうにか到着。
店前にはざっと10人ほどのお客さんが並んでいてお店の人気がうかがえます。

それではと列の最後尾へ。
並んでいる人の傾向はやっぱり学生さんが多め。
そして、1人客よりはやっぱり3人~のグループ客が多い印象です。

待ち始めてしばらくして、「授業に間に合わない」と学生さんが4名ほど離脱。
そのおかげもあって、約15分で私に食券購入の案内がきました。
お店の入り口は3段ほどの階段を登るようになっています。

引き戸を開けて店内にはいると、中は白い煙でけぶっています。
おぉ∑(・o・)焼麺だからね~。
店内は一面黒い壁なので、外から入ってきたときの煙でもやがかかった感じが余計に際立ちます。
けむい店内はもちろん満席、中にいる人は煙くないのかな~とちょっと思っちゃったりして。
(しかし、店内に入って待っている間は全然気になりませんでした(・o・)不思議~)

ちょっとびっくりしましたが、とりあえず食券を購入します。
券売機は店内入ってすぐ右手側に設置。

一番左上はもちろん「焼麺」。
同じ段は全て焼麺メニューのトッピング違いのようですね。
そして2段目は焼いていない麺を使っている「ラーメン」メニュー。
焼いても、焼かなくても値段が一緒って言うのも面白いですね。

それ以降の段はトッピングやご飯物、飲み物。
ちなみに限定麺もあるようで、行った時は「ベジポタ&味噌バター拉麺」を提供中。

まぁ、初訪問ですからもちろんこちらの名物「焼麺」メニューからチョイスします(#^.^#)

無事食券を購入したら、再び外に。
その後5分ほどで店内に再入店し、そこで食券を店員さんに渡すと麺量をきかれます。
ちなみに選べる麺量は並150g、大盛り200gが同一料金。
さすが学生さんの街ですね~ってことで、大盛りでお願いします(#^.^#)

着席すると程なく小さいすり鉢が到着し、「味変にお使い下さい」とのご案内。

中身は鰹節と魚粉かな?
周りを見ると、慣れた人はカウンター前に設置されている小さい摺りこぎでゴリゴリと鰹節をすりつぶしています。

カウンター席の前の壁には「食の心得」

ふむふむ。
これによると途中の味変に使うんですね。

ちなみにこちらのお店はステンレステーブルのL字カウンター11席。
カウンター中が厨房になっていますが、目の前には調味料棚が設置されているので調理風景はよく見えない造り。
しかも厨房は一段高くなっているようで、すごい上の方に人がいるって感じがします。

カツオ節をゴリゴリしながら店内を観察。
卓上調味料は一味、コショウ、すりおろしニンニク、紅しょうが。


さて、待ち時間は10分強ほどで着丼です。

目玉焼麺(大盛り)840円
どどんと横に丼を渡るように乗せられた豚バラチャーシューが印象的ですね(#^.^#)

実は大昔、とあるお店で焼麺っていう感じのラーメンを食べたことがありました。
それは鉄板に焼いた麺、スープは別皿。
なんというか…はっきり言うとこれはラーメンじゃないなと思った記憶がありました。
でも、これは立派にちゃんとラーメンだって感じがしますね~(^ム^)

それでは、「心得」に従ってまずはスープをそのままいただきまーす(^○^)

ごくり。
おぉ~、香ばしい~∑(・o・)
とろりとした滑らかスープは濃いめ、甘めのベジポタ豚骨。
まだ麺をほぐしてないけど、すでにしっかりと焼麺の香ばしさがスープに移っています。

それでは続いて麺をいただきます。

箸を丼に差し入れて、ガッシと箸で掴みます。
どうやら焼き麺は平べったく、円形に焼かれた麺がどうやら2段になっている様子。
掴んだ麺以外の麺が丼の中にまだある感じがします。

心得その弐だと「麺をほぐして」とあるけれどまずはそのまま、がぶり~(^○^)
おぉ、カリッとサクサク、不思議な食感です。
麺を頬張れば、スープの香ばしさは最初に食べた時よりも更に強くなりますね。

さ、ちょっとほぐして更に麺をいただきます。

麺は角太麺のストレート。
外側の硬く焼かれた部分に対して中の方はもちもちと弾力があってこれまたうまい (#^.^#)

さて、乗っけ物は長い豚バラチャーシュが1枚。

厚みは3mmほど、味はしっかり濃い目の醤油が沁みたものですが、脂身の甘味とのバランスで食べやすい。
うーん、これはご飯に合いそうだ~。

そして、メンマはブロックのような角のしっかりしたもの。

食感はゴリゴリ、ザクザクと歯ごたえ重視。

さて、お楽しみの目玉焼き。

こちらの一番人気と聞いていた目玉焼き、白身にはしっかり火が入っていますが黄身は半熟。
とろ~りとした黄身を麺に絡めて楽しみます。
まぁ、実のところ、私はフチがカリカリの目玉焼きが好きでして…。
あんなにカリサクの焼麺が出来るなら、白身のフチもカリカリになってたら嬉しいのにな~ってちょっと思ったりして(*^^)

さてさて、色々ある味変もちゃんと試しましたよ。
まずは、最初に提供されていた鰹節&魚粉。

もともとの味でおいしいと思ったけれど、入れてみるとこれまた美味い。
濃いめ甘めに慣れてきた舌に魚介の風味が加わわることで新たな気持ちで食べ進めることができます。

そして、一味。

やっぱり甘いスープに辛味はよく合いますね。

一番最後に紅ショウガを少々。

豚骨スープに紅ショウガの組み合わせは定番ですが、やっぱりさっぱりとさせてくれていいですね。

いろいろ楽しみながら気づけば完食。
今月は汁完禁止月間開催中なで、完飲しないでごちそうさまです。

ま、濃いめのスープだと自然にスープが残せていいかも(#^.^#)

さて、外にまだまだ人が並んでいるので食べ終わったら速やかに外へ。
ぱっと見ると、ちょうど外に並んでいたのはこれまた男子学生さん3人組という感じでした。

ま、私の行った時間帯やタイミングというのもあると思いますが、学生さんの街だけあって「焼麺 劔」さんはグループ入店の人たちが多い点、そして焼麺という調理スタイルなので少し長めの時間がかかる気がしました。
他では食べられない「焼麺」はとっても美味しかった。
ですが次の行く時は、学生さんのお昼休みの時間帯はずらした方がいいかもしれませんね(#^.^#)


2016年21杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキングへ

焼麺 劔さんの食べログ店舗情報はこちら
東京都新宿区高田馬場2-6-10 関ビル103号


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)
スポンサーサイト

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ
ラーメンブログランキングに参加しています(^ム^)
プロフィール

もりみ

Author:もりみ
1日1ラーメン食べられたら幸せですが、周りが心配しますし体力的にも経済的にも無理なんでボチボチやってます
(*^^)v

最新記事
カテゴリ
タグ

新宿区 杉並区 小金井市 千代田区 中野区 渋谷区 武蔵野市 調布市 豊島区 埼玉県 北区 中央区 練馬区 台東区 荒川区 世田谷区 千葉県 青梅市 三鷹市 港区 ラーフェス 立川市 国分寺市 品川区 文京区 目黒区 葛飾区 神奈川県 墨田区 番外編 大田区 昭島市 江東区 板橋区 チェーン店 国立市 府中市 福生市 江戸川区 東大和市 足立区 曙橋 まとめ 八王子市 茨城県 西東京市 あきる野市 浜田山 日野市 小平市 阿佐ヶ谷 練馬 国分寺 

ラーメンブログ リンク

ラーブロ
ラーメンブログ専門リンク集「ラーブロ」に登録しました
\(-o-)/設定ってむずかし~
月別アーカイブ
FC2カウンター
訪問ありがとう~
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード