つけ麺屋 丸孫商店(河辺・東京都青梅市)/魚貝煮干し中華そば+カップ茶碗蒸し



さて、この日は用事があって多摩方面。
せっかくなので行ってみたかったあのお店に行ってみよう~\(^o^)/
そんな訳でJR青梅線河辺駅北口。

私ずっと「かわべ」って読んでましたが、正しくは「かべ」って読むんですね。

さて、地図アプリを頼りにずんずん歩いて約12分、目的のお店に到着です(^ム^)

つけ麺屋 丸孫商店 つけめんや まるそんしょうてん
(河辺・東京都青梅市)
2016,2,10訪問

わーい、やっと来れました~(^◇^)
実はこちらのお店、知り合いのラー友さんがちょこちょこ食べに来ていて、その丼顔に長いこと惹かれていたんですよね~。

それにしても、左手にかけられた藍染色の布地看板には「丸孫商店」の文字。
白文字、大きな○で囲まれた「孫」の文字が和風な印象。
それに対して、入口の上には白地に水色の文字で書かれた木製の「マルソン」という看板。

その他、黄色のランタン、赤いイスなどが置かれていてポップな印象です(#^.^#)

さて、お店の前には本日の限定メニューの黒板が。

うひょ~(*^o^*)「とらふぐそば 白子豆腐のっけ」ってどんなラーメンなんだろう~。

ちなみに、マルソンさんの限定は「部活」と呼ばれていて、毎週水・土・日曜日に提供中。
奇しくも訪問した日が水曜日だったので、この看板を見ることが出来ました。

ま、私は初訪問なので、まずはレギュラーメニュー食べますよ~( ´ ▽ ` )

さて、到着時外待ちの先客さんは1名。
待ち始めて5分ほどで先客のお客さんが中へ、そして続けて私も案内されました。
まずは食券をどうぞと言うことで、券売機に向かいます。

こちらの基本メニューは「魚貝煮干し中華そば」、「魚貝豚つけ麺スパイシー」「つけ麺」「油そば」の4種類かな?

到着前に予習?しておいたので、迷いなく一番左上の「魚貝煮干し中華そば」を選択。
そして、「行くなら食べてみて~」とオススメされていた「カップ茶碗むし」の食券も購入。

食券を購入したら、店内のウェイティングスペースへ。
こちらのウェイティングスペースは、ふか~っとしたクッションソファーで2名まで店内待ちができます(#^.^#)

それでは、席に案内されるまでに店内を観察。
ポップで可愛らしい感じの店内は、入って左手側にL字カウンターが7席。
右手側には小上がりのテーブル席が1卓置かれ、小上がりとカウンター席の間に、ただいま座っているソファーが置かれています。
なんか、小上がりの場所は誰かのおうちに遊びに来たって雰囲気ですね~(#^.^#)

ま、私はおひとり様なのでカウンター席だろうな~と思っていたら、小上がりを使っていた4名様が席を立ちました。
するとお店の方が、私の前客の方に「相席いいですか?」と聞いています。
続いて私にも同じように「相席いいですか?」とのこと。

もちろん、問題ありません(=゚ω゚)ノ
ですが、私は食べながら写真を撮ったりするちょっとお行儀の悪い人です。
なので、とりあえず相席になった先客さんに「写真を撮りますので、うるさいかも知れないのですがすいません…(-“-)」と先に謝罪を。
すると、先客さん「自分も撮りますから、お気にせず(^ム^)」と優しいお言葉。
ありがとうございます~(#^.^#)

そして、自然な流れで相席になった先客さんとラーメンの話題でおしゃべりを。
ちなみに先客さんはマルソンさんの常連さん。
これは、初訪問の私にとって頼もしいです~(#^.^#)

さて、そうこうしているうちに常連さんの1杯が先に着丼。
もちろん、今日の限定です。
すると、常連さん手をつける前に「よかったら味見します?」とのこと。

えええ~!∑(・o・)!いいんですか!?
ここは遠慮した方がいいのかな?ともちろん思いますが、わちゃわちゃ言っている間に、ラーメンの鮮度が落ちる。
ここはありがたく味見させてもらっちゃえ~٩̋(๑˃́ꇴ˂̀๑)!!

そんな訳で、1枚急いで写真をパチリ。

とらふぐそば 白子豆腐のっけ980円
それからスープをごくり。
ふぐなんて、そんなに食べたことないので上手に表現できませんがすごいおいし~(//∇// )
知っている味で近いのは「あんこう鍋」かな。
でも、もちろんうま味や濃厚さはこのスープの方が数段も上。
ほどよい独特の魚介風味は臭みやエグミがなくて美味しいです~(*´ェ`*)ポッ

さて、私の1杯も続いて着丼~\(^o^)/

魚貝煮干し中華そば750円
わ~(^○^)本物だ~。
って、変な感想ですが、この「ハイデン・コッコ」って文字の入っている丼が本当に気になって仕方がなかったんですよね。

それでは、まずはスープからいただきます。

ごくり。
((๑✧ꈊ✧๑))むっひゃー!!うまーーー!!
メニューに「魚貝」と付くだけあってスープの味の一番のインパクトは貝出汁。
透明感のある清湯スープなのに、うま味がぎゅうっと詰まっていてびっくりします。
それにしても、貝出汁独特のうま味、ほろ苦さ、そして酸味。
それを纏め上げている煮干しのスープのバランスがたまらん~。

さて、続いて麺。

パツザク、歯切れの良い細麺ストレートの食感がとっても気持ちいいです。
スープ上げもよくて、すすり上げると鼻腔をくすぐっていくスープのいい香りにこれまたうっとり。
麺とスープの相性がいいですね~( ´ ▽ ` )♡

さて、乗っけ物はレアチャーシューが2枚。

1枚はレア感が残る状態でぱくり。
しっとりとしたスライスチャーシューは舌に吸い付くような質感で、肉の甘味がうんまい!

そして、もう1枚はアツアツのスープの中でしゃぶしゃぶ状態でぱくり。

ま、実はちょっと目を離した隙にスープに浸って、火が入っちゃったんですけどね(〃'∇'〃)ゝエヘヘ

でも、火が入ってしまったレアチャーシューがこれまた美味しかった!
魚貝スープを含んだチャーシューは豚×魚貝の組み合わせでさらにうま味がUP!
丼の中で感じるスープとも、チャーシューだけ味わうのとも違う別の美味しさを見つけたことに思わずニヤニヤしちゃいます( ̄▽ ̄)

さて、貝はスープだけじゃなくちゃんと具材としても。
レアチャーシューがスープに沈まないようにするため、チャーシューの土台になっていたのは3種類の貝。
白ハマグリ、いわゆるホンビノス。


そしてアサリと牡蠣。

プリッとした食感、そして同じ貝類でもそれぞれ味の違いがあって、これがまたいいアクセント(*´◡`​*)
具材としての貝を食べるとスープの魚貝に強弱が付いてこれまたいい感じ。

その他はメンマ臭のちゃんとあるサクサク穂先メンマ。


そして、珍しい山くらげはコリポリとした食感が気持ちいい。


薬味は大きめ大降りの粗みじん切りの玉ねぎ。

そして、貝が入っているスープには三つ葉の風味がとってもよく合います。

夢中で食べ進め気づけば麺も具もほとんどなし。
「カップ茶碗蒸しってどれくらいのタイミングで頼めばいいんですか?」と常連さんにお尋ねすれば、「もういいと思いますよ」とのこと。
それでは、お楽しみの茶碗蒸しをお願いします。

声をかけると、店員さんが私の丼を持って厨房の方へ。
ちょっとぽかんとしていると、ほどなくスープ割りをした丼が返却。

スープ割り(煮干し)サービス
そうそう、こちらマルソンさんはラーメンもスープ割ができるんです。
しかもその日によってスープは違ったりするそうで、この日のスープは「煮干し」でした。

茶碗蒸しが完成するまで割りスープをごくり。

おぉ~、さっきまでは「貝>煮干し」のバランスだったのが「貝<煮干し」のバランスになってます。
こっち側のバランスになるとこれまた全然印象が違うな~。
このスープ割りって食べている途中でもできるのかな?
もし出来たら2種類の味を食べれちゃったりする?なんて欲張りなことを考えちゃったりして(*^^)v

さて、それはさておき、3分ほどで茶碗蒸しが完成。

カップ茶碗蒸し100円
提供時にお店の方から「すごく熱いので気をつけてお食べ下さい」との案内付き。
それでは、ガッツリとレンゲに掬って写真撮影。
↓ちなみにこんなに掬ってひと口で食べたら絶対怪我します。撮影用ということでご了承ください(〃'∇'〃)ゝエヘヘ

それでは写真を撮ったら、よ~く冷ましてからちゅるり(・o・)
あっつ!!!(>_<)
すごく冷ましたつもりでしたが、芯がまだまだアツアツでした。
思わず飲み込んだ茶碗蒸しが通り過ぎたであろう食道の辺りにじわ~っと熱を感じます。
むぅううう~、しばし動き停止。

2口目はもっと慎重に冷ましてからちゅるり。
うんうん、滑らか魚貝のお出汁の茶碗蒸しは文句なしにおいしいです~(*´◡`​*)
そして、時々出てくる粗みじん切りの玉ねぎが甘くていい感じ。

そうそう、こちらの名物「カップ茶碗蒸し」は残ったスープで作ってもらえる嬉しいサイドメニュー。
レンジで作る簡単な茶碗蒸しではありますが、美味しいスープで作ってもらった茶碗蒸しはまちがいなく美味しい。

ちなみに常連さんのアドバイスによると、スープ飲みすぎちゃうと、「カップ茶碗蒸し」作れなくなっちゃうので、美味しくても飲みすぎ注意だそう。
なるほど~(#^.^#)気をつけないとですね~。
そして、追加情報としてはつけ麺だとこの「カップ茶碗蒸し」はお願いできないそうです。

さて、私がアツアツの茶碗蒸しと格闘していると、相席の常連さんも本日の限定スープで「カップ茶碗蒸し」をお願い。
そして、またまたお裾分けしてもらっちゃいました(〃'∇'〃)ゝエヘヘ
とらふぐスープの茶碗蒸しも美味しかったな~。

100円でこんなにっていうほど量のある茶碗蒸しを全部食べたら、さすがにお腹がいっぱい。

おかげさまで2月の汁完禁止が守れました(〃'∇'〃)ゝエヘヘ

しかし、ここでまだごちそうさまじゃありません。
それだけでは飽き足らず?なんとプリンもちょいとお裾分けしてもらっちゃいました( ̄▽ ̄)

ちゃんまるプリン※お裾分け
普段、あんまり甘いものを食べない私ですが、ひとくち食べたら思わず、
うまーい!なんじゃこりゃー!!((๑✧ꈊ✧๑))
味はバニラビーンズのいい香りに優しい甘さ、ほんのりほろ苦いカラメルソースでまさしくプリン。
ですが、今までの常識を覆す、おモチのようなむっちり食感にびっくり。
こんなプリン今まで食べたことないです!

実はこちらに来たことある友達から、ここの「杏仁豆腐」もオススメされてたんですよね。
この日は杏仁豆腐はなかったのですが、常連さん話によると杏仁豆腐もこのもっちりとした不思議な逸品だそう。
これは、次あったら杏仁豆腐も食べてみたいですね~。

初めてのマルソンさんはお店の方、常連さんのおかげで大満喫。
なかなか遠いので訪問するまでに時間がかかったけど、本当に来てよかったです。
色々とお裾分けなどなど本当にありがとうございました。
ぜひ、またお邪魔したいと思います(#^.^#)
次こそは「部活」?
うーん、でも他のレギュラーメニューも気になるし迷っちゃうな~。


2016年27杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキングへ

つけ麺屋 丸孫商店さんの食べログ店舗情報はこちら
東京都青梅市野上町4-9-28 グリーンハイム 1F


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)
スポンサーサイト

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ
ラーメンブログランキングに参加しています(^ム^)
プロフィール

もりみ

Author:もりみ
1日1ラーメン食べられたら幸せですが、周りが心配しますし体力的にも経済的にも無理なんでボチボチやってます
(*^^)v

最新記事
カテゴリ
タグ

新宿区 杉並区 小金井市 渋谷区 中野区 千代田区 武蔵野市 調布市 豊島区 北区 埼玉県 番外編 練馬区 中央区 荒川区 台東区 世田谷区 千葉県 三鷹市 青梅市 港区 国分寺市 ラーフェス 立川市 品川区 文京区 葛飾区 目黒区 神奈川県 カップ麺 大田区 昭島市 江東区 墨田区 福生市 板橋区 国立市 チェーン店 ラー飲み うどん まとめ 江戸川区 府中市 西東京市 曙橋 足立区 閉店 八王子市 東大和市 茨城県 浜田山 国分寺 自宅麺 日本蕎麦 練馬 コラボ 阿佐ヶ谷 日野市 町田市 蕎麦 あきる野市 小平市 

ラーメンブログ リンク

ラーブロ
ラーメンブログ専門リンク集「ラーブロ」に登録しました
\(-o-)/設定ってむずかし~
月別アーカイブ
FC2カウンター
訪問ありがとう~
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード