サバイサバイ(新宿西口)/トムヤムクンラーメン

さて、午前の仕事を終えて、やっと遅めのお昼ごはん。


今日の気分は新宿「光来」の醤油ラーメン。
そして、気になっていたミニチャーハンでどかんと食べよう!(=゚ω゚)ノ
そんなこんなで、光来さんに入ってみると相変わらずの満席&店内待ちの行列。

むむむ、これは…(ーー;)
そう思いながらも券売機に向かうと、なんと目当てのミニチャーハンが売り切れの赤ランプ。
満席→待ち時間あり→食べたかったものがない→……
また今度にしま~す!(=゚ω゚)ノ

そんな訳でこのあたりでプランB発動!入ったのはこちらのお店。

サバイサバイ
(新宿・東京都新宿区)
2016,2,19訪問

見て直ぐ分かると思いますが、こちらはタイ料理レストラン。
昔ながらの中華そば気分から、まさかのタイ料理( ̄▽ ̄)

ま、でも実は光来に向かう途中で、店前を通り過ぎて久しぶりのタイラーメンもいいな~とちょっと思っていたんですよね(・`◡´・)

場所は新宿7丁目。
隣はこれまた人気のタイ料理屋さんで、私も何度かいっている「タイ国屋台食堂ソイナナ」。
反対隣は「らーめん風来居」という立地。

少し青梅街道側へ向かえば、「すごい煮干ラーメン凪 西新宿七丁目店」。
ラーメン以外のお店ももちろん色々あり、いわゆるランチ激戦区。

さて、到着時店前には2名の男性。
ん~、ここも待つのかな~と思ったら、その人たちはテイクアウトのお弁当待ち。
ランチのピークはちょっとずれていたので、すんなりお店の中へ案内されました。。
ま、ちょっと微妙にその後ろに並んでしまったのはヒミツです(〃'∇'〃)ゝエヘヘ

店内に入ると女性のスタッフさんが、空いている2人がけのテーブル席にご案内。
「オキマリニナリマシタラ、ドウゾ。」と声をかけられます。
ソイナナさんもそうですが、本場の方がやっているお店ですね(#^.^#)

さて、ランチメニューをチェック。

ランチメニューは全て680円で、お隣の「ソイナナ」さんと価格が同じ。
そして、個人的な話ですが光来のラーメン400円+ミニチャーハン280円=680円とも同じ値段です~( ̄▽ ̄)

さて、ランチメニュー10種の中から私が選んだのは「トムヤムクンラーメン」。
午後の仕事に気合を入れるために辛いもの食べます!!

さて、オーダーをお願いしてほっと一息。
卓上に置いてある水ポットから、注いだお水をごくり。
お!!うまい!!((๑✧ꈊ✧๑))

卓上に置いてあったのは見直すとほんのり黄金色の液体。
味はほんのりと甘い紅茶のような味です。
よく冷えていて、せかせかしていた気持ちがふっと和らぎます。

さて、待っている間に店内を観察。
こちらのお店は、入口の間口が狭めで細い通路になりその脇が調理場。
調理場は外にも面していて、テイクアウトのお弁当を渡す窓口にもなっています。

座席は入口付近の通路には2人がけのテーブル席。
そして、奥の空間には2人がけテーブルを組み合わせて作られた4人席があり、間口の狭さからは考えられないほど人が入れそうです。
貸切は20人以上でとのことなので、20人くらいは入れるんでしょうね(#^.^#)

さて、そうこうしているうちにランチサービス生春巻きが到着。

生春巻き※ランチセット

そして、着丼~\(^o^)/

トムヤムクンラーメン680円
そして、提供時にランチラーメンにはライスも付けられますと言われます。
もちろん?「お願いします」と返事したら、にっこりされちゃいました(〃'∇'〃)ゝエヘヘ

それでは、まずはスープからいただきます。

ごくり。
おぉ、すっぱ甘、そして辛い~((* ´艸`))
しかし、思ったより辛くない~ ٩(ˊᗜˋ*)و

レモングラスのいい香り、そしてココナッツミルクの甘味が辛味を和らげてくれているので酸っぱ辛いけど食べやすい。
ま、最近前よりも辛いもの食べれるようになった気もするんですよね(#^.^#)

さて、詳しくないので調べみた「トム(煮る)ヤム(混ぜる)クン(エビ)」を簡単に解説。
まずスープのベースはチキンスープ。
そこにエビの殻、レモングラス、数種のハーブを入れて煮込み、ナンプラーなどで調味、ライムを加えて味を調えたら、仕上げにエビなどを火が入るまで煮て完成。
お好みでココナッツミルクを入れる.…とこんな感じ。

ふぅ~む…世界3大スープの1つといわれるトムヤムクンは、やっぱりお店で食べることにしよう( ̄▽ ̄)

さて、続いて麺を。

麺はお米の麺、センレック(細麺)。
ハリが合って、コシもちゃんとあっておいしいです。
滑らかな麺肌もいいですね~(#^.^#)

ちなみに、こちらのお店では麺はお米の麺と中華麺(バミー)の2種類が選べます。
特にオーダーしないと米麺での提供のようですが、やっぱりこのスープには米麺が合いますね~

具材はもちろんエビ、そして、イカも入ってました。


野菜はもやしとしめじ。

調べによると、トムヤムクンには「ふくろ茸」というキノコを使うのが基本的のよう。
しめじはきっと代用ですね(#^.^#)

ランチタイムのサービス春巻きの中身は厚焼き玉子、きゅうり、桜海老。

スイートチリソース風味のタレがかかっているのでそのまま食べられます。
厚焼き玉子の入っている生春巻きって初めてでしたが、意外と美味しい(*´ェ`*)ポッ

さて、トムヤムクンヌードルの合いの手にライスをぱくり。

おぉ~いい香り~(๑´ڡ`๑)ジャスミンライスです~。
独特の甘い香りがたまらない~((* ´艸`))

さて、ここのトムヤムスープは甘いと言いましたが、後半につれて唇がビリビリ。
辛味が溜まってきました。
なので、卓上調味料の砂糖を追加。


ちなみに卓上調味料は一般的なタイ料理屋さんにあるものが常備。

「粉唐辛子」「砂糖」「唐辛子ナンプラー」「お酢」。

そして後で気づいたのですが、こちらのお店は辛さの調節ができるそうです。

私も辛いものに強くなったな~と思っていたのですが、よくよく見ると頼んだトムヤムクンラーメンは②の「ちょっと辛」。
タイ人のピリっと辛いくらいのレベルという事でした~( ̄▽ ̄)アハハ

さて、最後の〆はジャスミンライスでスープごはん~(^◇^)

ふふふ、麺じゃなくても美味しいですね~。
よくよく考えると、チャーハン食べたかった私は米が食べたかったのかも。
米麺にジャスミンライスでばっちりだ~

食後、すこしぽやんとしていると空いているお皿さげていいですか?と言われます。
お願いしますと返事をして、ちょっと気になるお茶の事を質問。
すると、直ぐ棚からお茶のパッケージを持ってきてくれて「コレデス」とにっこり(#^.^#)

おぉ~、タイの紅茶なんですね~。
パッケージがけっこう大きかったので、買えるかどうかは聞きませんでしたが、どこかでもう少し少ないもの見かけたら買いたいな~(#^.^#)。

さて、入口付近でお会計。
ステキな笑顔で「コップンカー」と言われ、私も思わず笑顔に。
辛さと笑顔で気合が入りました、午後もがんばれそうです
ごちそうさまで~す\(^o^)/


2016年34杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキングへ

サバイサバイさんの食べログ店舗情報はこちら
東京都新宿区西新宿7-19-18 セードル新宿ハイツ 104


左隣、ソイナナさんでトムヤムクンラーメンを食べた時のブログはこちら
左隣、ソイナナさんでタイラーメン(屋台風)を食べた時のブログはこちら

右隣、風来居さんで食べた時のブログはこちら



コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)
スポンサーサイト

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ
ラーメンブログランキングに参加しています(^ム^)
プロフィール

もりみ

Author:もりみ
1日1ラーメン食べられたら幸せですが、周りが心配しますし体力的にも経済的にも無理なんでボチボチやってます
(*^^)v

最新記事
カテゴリ
タグ

新宿区 杉並区 小金井市 渋谷区 中野区 千代田区 武蔵野市 調布市 豊島区 北区 埼玉県 番外編 練馬区 中央区 荒川区 台東区 世田谷区 千葉県 三鷹市 青梅市 港区 国分寺市 ラーフェス 立川市 品川区 文京区 葛飾区 目黒区 神奈川県 カップ麺 大田区 昭島市 江東区 墨田区 福生市 板橋区 国立市 チェーン店 ラー飲み うどん まとめ 江戸川区 府中市 西東京市 曙橋 足立区 閉店 八王子市 東大和市 茨城県 浜田山 国分寺 自宅麺 日本蕎麦 練馬 コラボ 阿佐ヶ谷 日野市 町田市 蕎麦 あきる野市 小平市 

ラーメンブログ リンク

ラーブロ
ラーメンブログ専門リンク集「ラーブロ」に登録しました
\(-o-)/設定ってむずかし~
月別アーカイブ
FC2カウンター
訪問ありがとう~
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード