らぁ麺屋 飯田商店 (湯河原)【前編】/塩わんたん麺 とその他もろもろ(*^^)v

今日のブログは(#^.^#)春の遠足IN神奈川!!

と言うわけで、神奈川県へラーメン遠征してきました~。
そんな訳で、ちょっと長いブログになっていますのでご了承下さい。


さて、今回のメンバーは「秋の遠足in茨城」でもご一緒してくれたラー友さん2人。
そして、新たにラー友さん1人と私の計4名です。
実は、もう1人一緒に行くはずだったのですが、前日に1人体調不良で欠席。
一緒にラーメンを食べてみたいと思っていた人なのですごくザンネン。
次は絶対一緒に行きましょうね~(๑•̀ㅂ•́)و✧

さて、当日の集合時間は朝8時。
待ち合わせ場所からは、車でお店へ向かってレッツゴー ٩(ˊᗜˋ*)و
運転を担当してくれたラー友さん、1軒目のお店は3度目の訪問ということで、ここはお任せです(〃'∇'〃)ゝエヘヘ

途中休憩を挟み見つつ目的地に到着したのはジャスト午前10時。
そして着いたお店はこちら~\(^o^)/

らぁ麺屋 飯田商店
(湯河原・神奈川県足柄下郡湯河原町)
2016,3,13訪問

こちらのお店は言わずもがなの有名店。
少なくとも年単位でず~っと来てみたかったお店です(*´ェ`*)ポッ

さて、オープン時間は11時から。
とりあえず、車を駐車します。

こちらのお店の駐車場はお店の脇に2台分、そして目の前の駐車場に5台分の計7台。

ラー友さん「お、今日はまだ駐車場あった~」と嬉しそう。
オープン時間1時間前にも関わらずの出てくるその言葉。
つまり、普段は満車なことが多いんですね。

そして、訪問したこの日はタイミングのいいことに、飯田商店さんの混雑はかなり緩やか。
1時間前の時点で待っている人は私たちを含めてなんと12名。
どうやら前日はすっごい混雑だったそうなので、その反動でしょうかね?

ちなみに、こちらのお店オープン前に整理券を配るシステム。

8時、9時、10時、10時半の4回整理券を配るそう。

そんなわけで、じゃ、じゃーん、整理券ゲット~\(^o^)/


さて、オープンまでの約1時間、じっとしていても寒いので近所を散歩。
うーみ~\(^o^)/!!

天気予報は雨模様だったけど、なんとか晴れて良かったな~\(^o^)/

海辺で靴の中がジャリジャリになったり、戻る道がちょっと分からなくなってぐるぐるしたけど。
散歩をしてリフレッシュしてから、無事に整理券回収時間の少し前にお店へ戻りました。
他にも待っていた人達が徐々に戻ってきて店前は人でいっぱい。
自然とわくわくしてきますね~(#^.^#)

ところで、ここで気になることが。
実は飯田商店さんは客席9席。
ということは、整理券番号8~11番を持っている私達は一緒に座るのは難しい?

ここに来るまでの間に、どれを食べるとか。
みんなでアレを分けっこしようとか色々話していたけれど、これは計画が変わってきます。
そこで、急遽もう一度作戦会議。
どうしても食べたいものなど、再度話し合って2人×2人に組み分けしておきました。
並んで座れたらラッキー、座れなくても文句なしです。

さて、そんな試行錯誤?をしているうちについにオープン。

写真では何度も見ていた暖簾がかけられて営業スタートで~す。

まずは先頭の人から店内へ。
ちなみにこの日の先頭、私達全員知っている共通のラー友さんでした~(^◇^)わら。
まさか、こんな遠い地で会えるなんて美味しいラーメンの威力すごい~。

さて、店内に入れる第1陣の人たちが全員店内へ。
そして、予想通り私達の真ん中で切れてしまいました( ̄▽ ̄)

店の前に出されているベンチに座って、後半組みの私達はしばし待機。
5分ほどして店内、食券の購入をお願いされます。
券売機は店内入って左手側。


基本メニューは「醤油らぁ麺」「塩らぁ麺」「つけ麺」「ニボっちゃん」の4種類。
「塩つけ麺」もあるそうですが、訪問した日はないようでした。

さて、どれを選ぶかですが、訪問済みの同行のラー友さん2人によれば、ここはやっぱり「醤油らぁ麺」がイチオシだそう。

ですが、あえて私は最近復活したと言う「塩らぁ麺」を選択。
と言うのも、「大つけ麺博2015」で食べた飯田商店さんの「塩らぁ麺 いのち」がすごく美味しかったんですよね~。
ま、他にもいろいろ思惑があっての塩らぁ麺なんですけどね( ̄▽ ̄)

さて、食券を購入したらスタッフさんに渡します。
ちなみに渡したラーメンの食券は、お互い食べたい1杯×2名分。
それとシェアする用の1杯の計3枚。
しかし、お店の人も慣れたもの?なんでしょうね~(#^.^#)
「どれから出しますか?」と自然な感じで聞いてくれます。
そこで、シェアする物だけを後にして、それ以外を先にお願いすることにしました。

それでは、注文が済んだら店内にあるウェイティングスペースへ着席。
その間に店内をじっくりと観察します(#^.^#)

↓店内見取り図?( ̄▽ ̄)

客席スペースはがっしりとした木製のほぼ正L字型のローカウンター7席。
それと、左手側のカウンター後ろにカウンターテーブルに背を向ける形の2~3人が座れる席。
正確には9人~10人ほどが1度に座れるようですね。
そして、厨房はカウンターの内側ではなく、その更に奥。
なので、カウンターの内側は料理の提供などをする移動空間になっています。

ちなみに、ウェイティングスペースはL字の右手側カウンター席の後ろ。
それほど近い距離ではありませんが、ちょうど1番最初に入った人が着席。
つまり、それは知っているラー友さんということで、思わずおいしそうにラーメンを食べる姿を後から見てニヤニヤしちゃいました~( ̄▽ ̄)

さて、私達が座れたのは待ち始めて約15分後。
本来ならば、1番最初の人の席に座るのが順当。
ですが、店内連食する人も多いので私達が座ったのは1番手のラー友さんの隣でした。
ちなみに先発の2名はカウンターの一番左手に既に着席。
こんな遠い場所で、7席ある席のうち半数以上が知り合いってなんか可笑しいです~(・`◡´・)

挟まれちゃった人達もオセロ方式で言えば友達?
そう、私の憧れの人が言っていた「店内みな友達!」と言う言葉を思い出します~(#^.^#)

さぁ、わくわくしながら待つこと10分で着丼で~す\(^o^)/

塩わんたん麺 1,000円
うわぁ~綺麗~((๑✧ꈊ✧๑))
黄金色のスープはすごく澄んでいて丼の柄がちゃんと確認できるほど。

それではまずはスープをいただきます。

くぅぅううう~((* ´艸`))うんま~!!
クリアなスープだけどうま味がすごい!
スープのベースは鶏清湯、そこに魚介などを合わせているもの。
強すぎない弱すぎない、絶妙なバランスのスープ。
そして、まさに「いい塩梅!」の塩加減。

人間の体に塩は必須の栄養素。
はぅ~、このスープで塩分補給したい~(๑´ڡ`๑)

それでは続いて麺を。

お、すっごい細麺です。
見るからにしなやか、極細のストレート麺をがぶり~(^○^)
(☆□☆)!!!!なんじゃこりゃ~!!!!
おぉおおお…めっちゃ美味いです…。

しなやかな麺は総じて、ある意味柔らかい麺とも言えます。
ですが、この麺はそういう今まで食べたしなやか麺と全然違う。
特に喉の一番奥に麺が触れた時に感じる感覚が今までにない感じ。

うわぁ~…びっくりした~(´Д` )

これぞ、本当の喉ごしってヤツでしょうか…。
いつまでも啜っていたい気持ちにさせられます(*´ェ`*)ポッ

うまく表現できないので、食後友達とこの麺について話合いました。
とりあえず落ち着いたの表現は「すっごい高級なそうめん」でしたが…うー、伝わるかな~(-“-)

さて、それでは付けるべきと言われた「わんたん」をいただきまーす(^○^)

ぱくり。
ふわん、やさしい鶏肉の餡です~((* ´艸`))

わんたんの皮は滑らか、程よく厚みもあり頼りなさがありません。
形は、肉餡の部分がまんまる、まるでてるてる坊主のようで特徴的。
そして、肉餡の美味しさが秀逸です。
↓ちなみに中はこんな感じ( ̄▽ ̄)

鶏肉の甘味はもちろん美味しさの重要な点ですが、その食感がすごくちょうどいいのです。
硬すぎず、柔らかすぎず。
サイズ的には大きさも充分ありますが、決して重くないので気づけばペロリ。
みんなが付けたほうがいいって言った意味がよくわかりました~(*^^*)

さて、デフォルトの乗っけものとしてはチャーシューが2種類。
まずはさっぱり鶏チャーシュー。

そのままでも美味しいけれど、スープを含ませて食べると尚美味しい(#^.^#)

そして、豚のレアチャーシューはしっとり。

しっかりとした厚み、噛みしめるとうま味がじゅわっと舌に広がります。

それから、豚チャーシューの上にはつるりとしたナゾの何かが?

ちょっと塩が聞いてて美味しいけどなんだか分かりませんでした~(〃'∇'〃)ゝエヘヘ

メンマは程よいメンマ臭と噛み応え。


薬味は極細のネギ。

この細いネギはよく麺に絡んできます。

さぁ、そろそろ塩わんたん麺も完食。
そんな時に、ほろりと感じる柚子皮の風味がこれまたステキなアクセント。

どれ1つ取ってもすごいおいしい、バランスがよくて隙のないラーメン。
だけど、気張りすぎていないくてすごく居心地がいい1杯です。

はぁ~…ここまで来るのに少なくとも3年以上経っているけど、本当に来てよかった(*´◡`​*)

そうそう、途中で友達と味交換もしましたよ。
一緒に座ったラー友さんが食べたのはこちら。

ニボっちゃん(煮干しらぁ麺)700円
+鶏わんたん150円

こちらは煮干のエグミがほとんどない熱々の清湯スープ。

そして麺はピロピロ麺。

ほろ苦ニボビターなスープと麺の組み合わせがこれまたうま~い!!

チャーシューも1枚食べな~、とラー友さん。
遠慮なくいただいちゃいました~(〃'∇'〃)ゝエヘヘ

脂身が甘くて美味しい~((* ´艸`))
このチャーシュー、私の食べたのとはまた違う~。

そして、こちらのラー友さんが頼んだサイドメニュー

おにくごはん400円
玉ねぎの甘味がきいたあまじょっぱい醤油ダレ。
それに美味しいレアチャーシューがのったご飯。
うぅうんま~い!!

サイドのご飯メニューは「寿雀卵のTKG」と「バター醤油ごはん」が他にあるんですけど、どちらも気になるな~。

ま、兎にも角にも頼んだどのメニューも美味しい飯田商店さん。
遠くからこのお店を目指して人が集まるのがよくわかります。

さて、2人でシェアしようと頼んだメニューがまだありますが、長くなったのでシェアしたものは次のブログに書きます。
と言うわけで、続く~\(^o^)/


2016年53杯目
事情により食べた順番が前後しています。
ご了承下さい。

飯田商店さんの食べログ店舗情報はこちら
神奈川県足柄下郡湯河原町土肥2-12-14

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキングへ


お知らせ
飯田商店さんは店舗改装のため2016年4月4日より1ヶ月半ほど休業する予定となっております。
訪問する際はご注意下さいm(_ _)m

飯田商店さんの営業状況については、お店のホームページなどをご覧ください。


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)
スポンサーサイト

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ
ラーメンブログランキングに参加しています(^ム^)
プロフィール

もりみ

Author:もりみ
1日1ラーメン食べられたら幸せですが、周りが心配しますし体力的にも経済的にも無理なんでボチボチやってます
(*^^)v

最新記事
カテゴリ
タグ

新宿区 杉並区 小金井市 中野区 渋谷区 千代田区 武蔵野市 調布市 豊島区 埼玉県 北区 中央区 練馬区 荒川区 世田谷区 台東区 千葉県 青梅市 三鷹市 国分寺市 品川区 港区 立川市 ラーフェス 文京区 葛飾区 目黒区 神奈川県 墨田区 番外編 大田区 昭島市 江東区 チェーン店 福生市 国立市 府中市 江戸川区 東大和市 足立区 曙橋 板橋区 まとめ 西東京市 八王子市 茨城県 あきる野市 小平市 日野市 浜田山 練馬 国分寺 阿佐ヶ谷 

ラーメンブログ リンク

ラーブロ
ラーメンブログ専門リンク集「ラーブロ」に登録しました
\(-o-)/設定ってむずかし~
月別アーカイブ
FC2カウンター
訪問ありがとう~
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード