麵屋 坂本01(王子神谷)/特製わんたん麺+焼豚トッピング※シェア

今日のブログは順番を飛ばして、昨日食べて生きたラーメン屋さんをお先にアップ。


そのお店がこちら。

麵屋 坂本01
めんやさかもと ぜろいち?※読み方合ってる?
(王子神谷・東京都北区)
2017,4,18訪問

こちらのお店は、まさに昨日2017年4月18日にオープンしたばかりのお店。
そして、私がラー友さんからこちらのお店のオープンを教えてもらったのは少し前。
オープン初日が平日だけど、行けたらいいな~と思っていたらタイミングよく行くことが出来ました( *´艸`)フフフ

お店の最寄り駅は東京メトロ南北線・王子神谷駅。
そこから徒歩約5分の場所にあるそうですが、調べてみるとからお店はJR王子駅・東十条駅からでも徒歩10分強ほどと歩ける距離。
電車の乗り換えなどを考えると私はJRの方が使い勝手がいいので、地図アプリを頼りにしてこちらから向かうことにしました。

さて、どうにかこうにか地図アプリを頼りにお店の付近。
遠くから見える目的のお店の前には2~3人の人がいましたが、どうやら立っているのはお店の人のよう。
オープン初日絶対混んでいるとお昼のピークタイムを外したこともありますが、どうやらそれほど待たずに入れそうである意味ラッキー(*´з`)♡

そして、お店の前にたどり着いたところで、外を受け持つお店の方から「いらっしゃいませ」とにっこり笑顔でお出迎え(〃▽〃)ポッ
中へどうぞと促されますが、友達とお店で合流する約束なので外で待たせてもらうことに。

よーし、友達が来る前に外観の撮影しておこう~(^-^)
まずは店前のポスターをパシャリ。


営業時間のご案内

そうそう、昼営業のみなのでハードル高いですよね~(*´з`)

そして、お店からお客様へのお願い。

内容的には路上駐車、自転車の駐輪はご遠慮下さいというもの。
確かに、こちらのお店の前は植え込み、ガードレールがあって狭め。
開店祝いのお花が置いていないのもそのせいかもしれませんね。

さて、こんな感じで店前をチョロついていると友達2人が到着。
「3人並びで間もなく座れると思うので」と、お店の方に言われしばし店前で待機。
ほどなく中から出て来たのは、ご近所に住んでいる感じの年配のご婦人3人。
入口足元の段差をゆっくりと降りて来て、私たちに「お待たせしちゃってごめんなさいね~」とひと言。
いえいえ(*´▽`*)お気遣いありがとうございます~。

さて、そんな温かい言葉に思わずほっこりしながら入店で~す\(^o^)/
ドアを開け中へ入れば「いらっしゃいませ~」と言う柔らかなお声がけ。
店内はご店主さんと助手さんの2人体制。

ぺこりとお店の方にご挨拶をしたら、まずは入口付近に設置してある券売機へ向かいます。


オープン初日、こちらのメニューは「中華そば」「中華そば(中盛)」「特製わんたん麺」。
それから「焼豚トッピング」のボタンが稼働中。

ちなみに、私に先んじて訪問していたラー友さん情報によると「特製わんたん麺」には焼豚が乗っていなとのこと。
「特製」とメニューを見るとついつい色々乗っている物と想像してしまうけど、こちらはわんたんが特製って意味なのかもしれませんね(*‘∀‘)

という訳で?
前情報のおかげで、チャーシューもわんたんも食べたい私たちは3人で「焼豚トッピング」をシェアすることに。

ちなみにご店主さんの名刺は券売機の上に乗っていたのでいただきました(*^▽^*)エヘヘ

さて、オーダーが済んだら新しいお店の雰囲気を堪能。

こちらのお店の店内は暖色系のダウンライト、昼に夜を感じられるムードある空間。
少し大きめに流れるジャズはゆったりしていて、1人で来ても心地よく過ごせそうです。

L字の木製カウンターテーブルは10席くらいかな?
色合いの違う木を組み合わせて作られていて、そこがまた味がありますね(#^.^#)

カウンター上には石製?のボックスにレンゲとお箸。

卓上調味料はなし。

キョロキョロ店内を見回していると、券売機の横に今更ながらお花を発見。

ちなみに、その横にはウォーターサーバーとコップがあってお水はセルフサービス。

さて、オーダーから8分ほどで3人揃って着丼で~す\(^o^)/

特製わんたん麺900円
+焼豚トッピング300円※

※焼豚トッピングは全部で5枚、シェアのため乗っているのは2枚です。

わぁ~( *´艸`)いい香りです~
そして、この深い緑色の丼も個性的ですね~(*´▽`*)

ちなみに、丼はこの他にも種類があったので頼んだメニューで変わるのかもしれません。

さて、それではいただきまーす\(^o^)/
まずはスープからごくり。

あっちぃ!(≧◇≦)
…が!!うんまーい(≧▽≦)

アツアツの醤油スープのベースは動物系。
キラキラと光るアブラの水玉、透明感のあるスープは見た目以上にしっかりと旨味と甘味があります。
味わったことがあるようで、ちょっと他では味わったことがないような…もう、美味しいからそれでいいか~( *´艸`)

さて、続いて麺をいただきます。
がぶり。

おぉ~、これも美味しい~((๑✧ꈊ✧๑))
なんとなく細麺をイメージしていましたが、使っていたのはそれよりも少し太めの中細ストレート。
ちょっと硬めでざっくりとした歯ごたえ、シコシコとした食感もあり食べ応えがバツグンです。

そして、本格的に食べ始めると上に散らしてあった実山椒が少しずつ口の中へ。

おぉぉう~、たまらーん!!(*´Д`)ハァハァ♡
粗くおろした青いフレッシュな実山椒の爽やかな香りとシビレ。
ほんの少し散らしてあるだけなのに、口に入る度に心地よいアクセントになって美味しいです。

さて、それではそろそろ主役のわんたんをパクリ(^○^)

うんま!!(≧▽≦)
皮は薄めでちゅるんちゅるん。
肉餡はたっぷり入っていて柔過ぎず、どちらかと言えばしっかりとした噛み心地。
お肉がジューシー、数も7個とボリューム満点です(*´▽`*)

そして、その他は角太メンマ。

和風な出汁が染みていて、噛むとスープとは違う味が舌にじゅわ。
ゴリゴリとした食感も気持ちよく、友達2人もこのメンマが美味しいと絶賛。

さーて、シェアしたチャーシューもいただきますよ。

チャーシューはしっとり、むっちり。
程よい厚み、チャーシューに付けてある下味が口の中に広がりこれまた美味(*´▽`*)♡

でも、こうなって来ると今日は提供されていなかったけどボタンがあった「炙り焼豚飯」にも興味が沸きますね~(ΦωΦ)フフフ…

さて、ほとんど会話もなく夢中で食べ進め、気づけば丼の中身はスープだけ。
全部飲み干してしまいたいけど、さすがにわんたん7個とシェアチャーシューでおなかいっぱいになってしまったので、この辺で終了です。

ぷはー、ごちそうさまでした~(*´▽`*)
美味しかった~。


さて食後、思ったよりもゆったりとしていたのと友達もいた事で、調子に乗ってご店主さんに話しかけちゃいました。
その話の中で教えてもらったのですが、こちらの中華そばは玉ねぎが乗った八王子ラーメン風の作りとのこと。
ただ、その玉ねぎとわんたんの相性がご店主さん的にはちょっと違うそうで、わんたん麺には玉ねぎが乗っていない作りなんだそうです。

なるほど~(*‘∀‘)エヘヘ
まぁ、でも1人出来た時にわんたんも焼豚も食べられる相盛のメニューもあったらいいな~とついつい思っちゃうんですけどね。

よーし、でも次の時は基本の中華そばを食べてみよう~。
その時にはごはんメニューも解禁になっているといいな~(*´▽`*)


2017年76杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキングへ

麺屋 坂本01さんのラーメンデータベースはこちら
東京都北区王子3-8-6


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

韃靼ラーメン 一秀(北池袋)/味噌ラーメン

さてさて、この日の私は用事があって北池袋。
普段なかなか行かないエリアなので、用事の前にこの辺りで食べられるらーめん屋さんを調べてみました。


そこで気になったのが、こちらのお店~\(^o^)/

韃靼ラーメン 一秀
だったんラーメン いっしゅう
(北池袋・東京都豊島区)
2017,3,10訪問

こちらのお店は2008年頃オープン。
実は身体にいい韃靼麺を使ったラーメンを食べられるお店と言うことで名前だけは以前から知っていました。
ただ行動範囲からはよくわからない場所と思っていたこともあって今回初訪問。
韃靼麺ってどんな感じなのかとっても楽しみです(#^.^#)

さて、こちらのお店の最寄り駅は東武東上線・北池袋駅。
そちらから徒歩約9分ですが、私は時間に余裕があったのでJR池袋店よりお店へ向かいます。

池袋駅20a出口を出たら線路沿いをしばし真っ直ぐ、1つ目の信号を斜め左方向へ。

池袋平和通り商店街を通り抜けれれば川越街道。
そして、左方向の横断を渡った向こう側に目的の「韃靼ラーメン一秀」さんがあります。
ここまで徒歩約15分、意外と池袋からでも歩ける場所ですね~(#^.^#)

さて、それでは店内へ入る前に気になる店前の写真をぱしゃり。

店舗正面右側に「韃靼そば」の健康効果についてのご案内。

扉左側には食べられるラーメンの種類。

と、使われている材料などの有無が分かる表?かな?
それでは、一通り写真も撮ったところで入店でーす\(^o^)/

店内に入ると、扉に下がっているベルが綺麗な音色を奏でます。
そして、その音に気付いたお店の方から「いらっしゃいませ~」のお声がけ。

店内はなんとなく山小屋風?
木製のカウンターテーブルはコの字型。
客席数は11席でカウンターの内側はお店の方の移動スペース。
正面右手奥側がかなり広めの厨房。

訪問時は店員さん1名、先客1名とゆったりとした雰囲気。
ですが客席と厨房との距離が結構あって、これは結構混んだら忙しそうですね(*‘∀‘)

さて、それではまずは入口より斜め左奥にある券売機の方へ。

ぱっと見てびっくり、思ったよりもラーメンの種類が多いですね~(゜o゜)

券売機のボタンは中心を分けるようになっていて、こちらが左側。

ラーメンのメニューは「特製ラーメン」「味噌ラーメン」「激辛ラーメン」「正油ラーメン」。

そして、右側。

1段目は「塩ラーメン」「どなべラーメン」「ホウレン草とベーコンのヴォンゴレ」「トマトとアスパラ ヴォンゴレ風」。
2段目に「半ラーメン」「味噌つけ麺」「正油つけ麺」、3段目は「おこさま割(中学生まで)」。
おぉ、予想していなかった「ヴォンゴレ」ラーメン?にちょっと度肝を抜かれます( ̄▽ ̄)

ま、でもネットで調べた限りではこちらで定番のラーメンは「特製ラーメン」。
しかし、余りにも選択肢が多すぎて思わず頭の中がぐるぐるぐる~(◎_◎;)
他に何か手がかりがないかと、ちらりと店内を振り返ればお店の方が食券待ち。
そして、目が合うとにっこりと笑顔。
この人、とっても優しそう!これは聞いてしまおう~!

と言う訳で…「あの~、このメニューは全部、韃靼麺を使っているメニューなんですよね?」
私が聞くと、「そうです」とのこと。
そして、一番出るのはやっぱり「特製ラーメン」だそうですが、韃靼麺との相性ならば「味噌ラーメン」もオススメですと教えてくれました。

おぉ、そうですか~(*‘∀‘)なんか、心が決まりました~。

実は、この日はからりと晴れていますが北風が冷たい。
ここは親切なお店の方のアドバイスに従って、味噌ラーメンにすることにしました。

購入した食券をお店の方に渡せば、麺の茹で加減を聞かれます。
選べる茹で方の「硬め、普通、やわらかめ」の中から私は普通でオーダー。

オーダーが済んだら、お店の中に色々貼られている張り紙などを観察します。


まずは、改めて「韃靼」についての解説。


韃靼粉は蕎麦の仲間なので「そばアレルギー」の方へのご注意。


そして、オススメメニューランキング。

お、味噌つけ麺もラーメンもオススメなんですね~。

そして、オーダーしてから気づいたこれ!

「残したらイッパツ芸」と言う一文に思わず( ̄▽ ̄)ニヤリ
でも、味噌ラーメンに小ライス付けたいな~(*´з`)これはお店の方にこれからできるか聞いてみよう~。

頭の中で小ライスの事を考えながら、待っているとドアベルがシャララーン。
お客さんが次々と中へ入ってきて、あれよあれよと言う間に店内はほぼ満員。
お1人様営業なものですから、両替をお願いされるだけでも結構なあわただしさ。

おぉ~、さっきメニューのアドバイスしてもらえたのすごい運がよかったんだな~(゜o゜)

そんなこんなで約10分、ついに着丼で~す。

味噌ラーメン850円
おぉ~、背脂がチャッチャッ!と丼のフチにまで豪快に飛んでいます~(≧▽≦)

そうそう、そしてここで忘れずランチサービスの小ライスをお願い。
お店の方は「はい」と返事をするものの、すぐにはっとした顔になり炊飯器をチェック。
そして「すいません、まだごはん炊けていなくて…」とすまなさそうな顔。

あ、いえいえ~(^▽^;)
炊けてないものは食べられないですもんね、お気になさらず~。

ま、味噌ラーメン×ライスもしたかったけど、そんな日もあるさってことで。
いっただきまーす\(^o^)/

まずはスープからごくり。

おぉぉ~、ニンニクガツンと来る~!(≧▽≦)
しっかりとした味噌の風味に甘い背脂、ガツンと来るけど懐かしくてなんだかほっとしちゃいます。
あー、こういうのもやっぱりいいね~(*´▽`*)

続いて麺をいただきます。

お、思ったよりも麺の色が黄色いな~(゜o゜)
実は向かいで「特製ラーメン」を食べていた人の麺はかなり茶色になっていました。
しかし、麺は一緒のはずなので、きっとスープの色で随分変わる麺なんでしょうね。

さて、そして気になる韃靼麺はちょっと最初は粉っぽい感じもありますが、シコシコとした食感が特徴的。
もしかしたら、この麺は茹で加減普通~やわめでも全然食べやすいのかも(#^.^#)

さて、続いてのっけものもいただきます。
チャーシューはほろほろ、脂身がふわふわの豚バラ。

縁のあたりが香ばしくて美味しい~(≧▽≦)
ごはんにチャーシューのっけて食べたかったな~…と、ちょっと女々しいことを思っちゃった( ̄▽ ̄)エヘ

他は、味のよく染みた茶色い平メンマ。


デフォルトで、半玉子も乗っています。


そして、薬味のネギがとても味噌に合いますね(*´◡`​*)


さて、ランチサービスの小ライスは食べられませんでしたが、食べ始めてすぐにお店の方から
「もしよければ、麺を替玉でお出しします」と声をかけていただいちゃいました。
と言うことで、忙しい中すいませんがお言葉に甘えちゃいました。

替え玉※ランチサービス
ちなみに替玉の量は半玉と1玉が選べたので、やっぱり1玉にしちゃいました(〃'∇'〃)ゝエヘヘ

さて、まずはスープに入れずにひと口がぶり。

うん、ただただホカホカの麺です~( ^∀^)アハハハ
やっぱりスープに入れないと味がないや~。

それでは、丼の中へどーん!
替玉ですから、味変に唐辛子も少々。


そうそう、こちらの卓上調味料はこんなラインナップ。

すりゴマ、コショウ、一味唐辛子、酢。

シコシコ韃靼麺、替え玉したから思う存分楽しめていいな~。

ごちそうさまでした~(*´▽`*)
一発芸なんて持ってないし、無事食べ終えられてよかった~( ̄▽ ̄)わら

さてさて、次の予定もありますので食べ終わったらごちそうさまのご挨拶。
すると店内奥の厨房にいるお店の方から「ありがとうございました~」とお声がけ。
いえいえ、忙しいのに色々お気遣いありがとうございました(*´▽`*)

さて、思っていたよりニンニクガツンだったので、ここはリンゴジュース。
実は、以前コメントでニンニクにはリンゴジュースがいいよ~と教えてもらったのでニンニク後にはいつもリンゴジュースを飲んでいます。

プハ~( ̄▽ ̄)、この辺に用事があったら、また一秀さん行ってみよう~。


2017年49杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキングへ

韃靼ラーメン 一秀さんの食べログ店舗情報はこちら
東京都豊島区池袋本町2-1-1


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

ホープ軒本舗 吉祥寺店(吉祥寺)/中華そば+味付玉子

さて、急遽決まったラーメンツアーでラーメン屋さんを3軒はしごした翌日。
ラーメンの話もたくさんして、昨日は楽しかったな~と余韻に浸ってぽや~ん。



そして、懐かし食べたくなるラーメンについて話していたこともあり、今日の私はこんな気分。

ホープ軒本舗 吉祥寺店
(吉祥寺・東京都武蔵野市)
2017,3,9訪問

お店の場所は吉祥寺駅北口から徒歩約4分。
屋根のある「吉祥寺サンロード商店街」をしばし歩いて右手側の横道を入ったところ。
天気の悪い日でも行きやすく、年中無休で昼の11:30~深夜遅くまでお店は営業。
ちょっとお腹が減っているけど、お昼が遅くなっちゃった。
そんな時でも確実に開いているってのが本当に助かるんですよね~(*´▽`*)

さて、その例にも漏れず、この日の私はお昼がすっかり遅くなってしまいました。
もうハラペコな午後14時過ぎ、早速入店でーす\(^o^)/


間口は狭めですがこちらのお店は奥へ長~い造り。
中に入れば店員さんが2名、遠くの入口に向かって「いらっしゃいませー」のお声がけ。
客席は長辺が長いL字のローカウンターテーブル15席、その内側がこれまた長い厨房スペース。
客席後ろの狭い通路を壁際に沿うように歩いて、奥の空いている席へ移動します。

席を決め、脱いだ上着は壁際のコートかけへ。
席に着いて一息、近くにいる店員さんにオーダーの声をかけます。

そうそう、こちらは前払い制なのでオーダーと一緒にお支払い。
メニューは「中華そば」と「チャーシューメン」の2つだけ。

トッピングはいくつかありますが、麺大盛りやライスなどはありません。

さて、完成までに久しぶりの店内をチェック。
卓上調味料はコショウ、酢。

そしてホープ軒本舗の名物、お土産でも買える唐辛子「唐華(とうか)」。

買ったことはないけど「お土産唐華」は¥850なんだね~(*´з`)


さて、オーダーから3分ほどで着丼。

中華そば650円
+味付玉子50円

相変わらずスープたっぷりで麺が見えないな~(*^_^*)

それでは、いただきます。
まずはスープをごくり。

おぉ~、これこれ~(≧▽≦)
アツアツで甘い豚骨スープに醤油のカエシ。
洒落っ気はないけど、いつ食べてもホッとする昔ながらの豚骨醤油スープです。

そうは言っても、初めてホープ軒を食べた時は衝撃でした。
それまであっさりとした鶏ガラ、煮干しのラーメンしか食べた事がなかった私。
今思い出しても、東京豚骨醤油ラーメンのパンチに感動したなぁ~(*´з`)

それでは、続いて中細の縮れ麺を啜り上げます。

ずるずるずる~、うんうん、これこれ~(*´з`)
低加水の博多豚骨ラーメンもいいけど、やっぱり東京豚骨醤油と言えばこのタイプですよね~。

さて、普段は中盤以降に入れる辛味の唐華。
ですが、この日は寒くて辛いラーメンモードだったので、少し食べてすぐに投入。


馴染ませて~


ずるずるずる~(*´з`)

辛い!うんまい!あったまる~( *´艸`)

さて、ここからは自分のペースで好きに食べます。
麺とスープの合間にトッピングもぱくり。
乗っているのはみっしりしたチャーシュー1枚。


茹でもやし。


そして、つい付けてしまう味付玉子は色黒。


しかもガチガチに硬いハードボイルドな茹で加減。

そのままで黄身がモサモサするのもご愛敬。

私はこの黄身にスープを浸しておぼろ月にして食べるがいつもの食べ方。

うーん、これこれ~(*´∀`)♪

さーて、ごちそうさまでした~(*´▽`*)

今日は早い段階で唐華を入れたので、いつもより辛くていつもより汗だく。
でも、このラーメンの根本はそのままだから、今日食べている間に何度もついつい「うん、これこれ」って思ってしまいます。
いつ来ても変わらない安定した味。
そして、いつも開いてるホープ軒、忙しくてもさっと入れて本当頼りになりますね~(*´▽`*)

さて、余談ですが私はあまりお店の歴史みたいなものに詳しくありません。
ですが、今回ブログを書くので調べてみたら「ホープ軒本舗」さんは昭和13年創業。
「東京豚骨醤油ラーメン」の先駆け的お店とのこと。
私が生まれるずっと前から愛され、世に出ていた味なんだ~と思うと今更ですがとってもびっくり。
私は美味しければOK!って思うんですけど、改めてこの味を作ってくれた人達に感謝。
その歴史を知ると本当にすごいことだな~と感激しますね(∀`*ゞ)エヘヘ


2017年48杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキングへ

ホープ軒本舗 吉祥寺店の食べログ店舗情報はこちら
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-14-12

2015年11月に中華そば+味付玉子を食べた時のブログはこちら


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

noodle kitchenミライゑ(志茂)/初めてのミライゑ飲み&濃厚SILKYつけ麺\(^o^)/

さて、2つほど順番が入れ替わってしまいましたが、今日から時系列に戻ります(〃'∇'〃)ゝエヘヘ


という訳で?簡単にあらすじ。
急遽決まったラーメンツアー、まずは通りがかりできになったお店「交通安全ラーメンセンター」さんで1杯。
そして本命の「麺処 若武者 草加分店 東北六縣堂」さんへ。
2軒のお店を連食して、結構お腹はいっぱい。
ですが、せっかくなので?もう1軒行っちゃおうかー??ってことになりました(〃'∇'〃)ゝエヘヘ

と言う訳で、3軒目に行ってきたのはこちら~

noodle kitchen ミライゑ ヌードルキッチン ミライエ
(志茂・東京都北区)
2017,3,8訪問

さて、こちらのお店の場所は東京都北区、最寄り駅は東京メトロ有楽町線・志茂駅。
志茂駅2番出口から「北本通り」を赤羽岩淵方面に向かって徒歩約5分。
JR赤羽駅南口からでも徒歩約10分ほどの場所にお店があります。

いや~、それにしても車で移動ってラクチンですね~(*^▽^*)
お腹がいっぱいだったのでゆっくり運転お店へ向かってもらい、約1時間ほどでお店へ到着。
私は車を持っていないので、基本的に公共交通手段かまたは徒歩での移動。
埼玉県草加市から東京北区へ移動してラーメンを食べるなんて、自分だけでは考えられない行動パターンです。

さて、少しお店の周辺をぐるぐる回ってお店の近くのコインパーキングに車を駐車。
少し歩いてお店へ到着、中へ入れば「いらしゃいませ~」のお声がけ。
軽くペコリと頭を下げて、まずは店内左手にある券売機に向かいます。

※↑券売機の写真撮り忘れてしまったので、これは以前行った時の写真です。
正確なメニューについては、お店の綺麗なHPからどうぞ~(*´▽`*)


さて、こちらのお店の基本メニューは「TOKYO醤油ラーメン」「牛煮込みまぜそば」「濃厚SILKYつけ麺」「辛!濃厚SILKYつけ麺」の4種類。
今のところ私はこの中の「TOKYO醤油ラーメン」と「牛煮込みまぜそば」は実食済み。
なので、自然な流れで今回は「濃厚SILKYつけ麺」をチョイスすることに。

ま、ですが、実はミライゑさんのメニューは今年の2月より無化調に全面リニューアル。

という訳で、リニューアル後はこれが初訪問。
同行の友達が私と違うメニューをそれぞれオーダーしてくれたので、新しい味も食べ比べられるので楽しみです。
ふっふっふっふ…(ΦωΦ)

しかし、さすがに3軒目。
いきなりラーメンを食べるのはちょっと苦しい。
と言うことで、またまた運転手さんには申し訳なけのですが…
カンパーイ♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪

ハイボールで緩やかに、憧れのミライゑ飲みスタートです( ̄▽ ̄)
アルコール類を頼むと出て来るお通しは、ラーメンにもトッピングされている極太メンマ。

そして、本日のおつまみからこちら。

自家製ピクルス盛り合わせ
おぉ~(*´▽`*)かわいい~♡
真っ白いティーカップにカラフルな野菜が綺麗ですね。
まだまだお腹がいっぱいなので、こういうさっぱりとしたおつまみが、とってもいい感じです。

おつまみをチビチビ、アルコールは少しずつお代わりを。
同行の友達が話しかけたのをきっかけに、ご店主さんともおしゃべりをしたりして楽しい時間を過ごします。

そんなこんなで、気付いた時にはいい感じにお腹が小慣れて来ました。
それでは、そろそろラーメンたちをお願いします。
ちなみにつけ麺は麺量が選べるとのことで200gと300gでちょっと迷って結局300gをオーダー。

そして、ほどなく完成で~す\(^o^)/

濃厚SILKYつけ麺880円
+味玉100円
※ご厚意サービス

三角系の麺鉢。


コロンとした丸いフォルムのつけダレの器。

店内もそうですが、ミライゑさんは全体的にスタイリッシュですね~(*´▽`*)

それでは、改めていただきます。
まずは麺をそのままがぶり。

おぉ~(*´▽`*)小麦甘い~♡
麺はもちもちっとした中太の角ストレート麺。
小麦の甘みもしっかりあって美味しいです。

それでは、続いてつけダレへ。
麺につけダレを絡めてがぶ、ちゅるり~ん(^○^)

うんまーい!!(≧▽≦)
メニュー名に付けるだけあって、とろりとしたつけダレは滑らかでシルキー。
濃厚な動物魚介系の甘み、しっかりとした醤油の味わいが印象的で美味しいです。

あー、3杯目だから200gか300gかで迷ったけど、300gにして良かった~(*´▽`*)

さて、つけ麺の添え物は程よい厚みのチャーシュー。

しっとりとしていて美味しいです~(*´▽`*)

その他には、ゴリゴリ食感の極太メンマ。


味玉は程よい味付けで、茹で加減も私の好み。


さて、そして味交換もしましたよ~。
まずは券売機一番左の代表メニューのこちら。

TOKYO醤油ラーメン780円
+味玉100円
※ご厚意サービス
リニューアル前のこのラーメンの印象は、懐かしいけど新しいちょっと不思議なほっとする味わい。
それが、リニューアル後は、以前よりも醤油が印象的で個性的になりました。
無化調になったけれど、旨みは以前より強くなり美味しくなったと思います(^O^)

そして、汁なし系のこちらメニュー。

牛煮込みまぜそば(温玉)800円
※ご厚意タルタルソース付き

通常は温玉、またはタルタルソースを選ぶ「牛煮込みまぜそば」。
ですが、ご店主さんのご厚意でどちらも楽しめるようにと別皿で出していただいちゃいました( *´艸`)

洋風の甘じょっぱい牛煮込みは以前と変わらず濃厚で濃い味わい。
これも無化調とはびっくりですね~(*´▽`*)
そして、前回自分で食べた時も温玉トッピング、初めてにタルタルソースがこれまた美味しかった。
重たい感じかな~と思いきや、タルタルソースの酸味がさっぱりとしていい感じ。
これは、タルタルソーストッピングもいいねぇ~(*'▽'*)

さてさて、お腹いっぱいとか言いつつ気づけば完食。

ごちそうさまでした~(*´▽`*)
ぷは~、めっちゃお腹いっぱい、まんぷくはっぴーでーす(^◇^)

さてさて、ラーメンは食べ終わりましたがその後もう1杯飲んじゃいました。
友達の頼んだ牛煮込みまぜそばの具とタルタルソースをおつまみに。

いや~、牛煮込みには赤ワインが合いますね~(*´▽`*)
平日ど真ん中、明日は仕事なのについつい楽しくてのんびりしてしまいました。
長い時間お店の方、そしてお付き合いしてくださったお友達に感謝です。
ありがとうございました~\(^o^)/


2017年47杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキングへ


お知らせ
noodle kitchenミライゑさんは本日まで、最強ラーメンFes.(町田シバヒロ)に出店。
それに伴い、4月17日(月)まで店舗の営業は休業していますのでご注意を\(^o^)/


noodle kitchenミライゑさんの食べログ店舗情報はこちら
東京都北区志茂2-59-20 USビル 1F

牛煮込みまぜそばを食べた時のブログはこちら
TOKYO醤油ラーメンを食べた時のブログはこちら


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

ONLY ONE NOODLE 壱富士(目黒)/特製壱富士ラーメン(豆乳ソース)

さて、今日のブログも順番を変えて昨日食べてきた1杯をお先にアップ。


そのお店がこちら~\(^o^)/

ONLY ONE NOODLE 壱富士
オンリーワンヌードルいちふじ
(目黒・東京都品川区)
2017,4,14訪問

こちらのお店は、2017年1月23日にオープンしたばかりのまだまだ新しいお店。
ラーメンの種類は1つだけなのですが、選ぶ香味ソースによって味が色々と楽しめて面白いお店。
初訪問の時に友達と2人で来て食べ比べをしてとても感動したので、今回は同僚と3人でラ部活をしにやってきました~\(^o^)/

どの香味ソースを選ぼうかな~(*ノωノ)(*ノωノ)
と、迷う同僚を尻目に私は固い決意でお店へ2人をご案内。

お店の場所はJR目黒駅西口より徒歩約3分。
目の前の大通りを渡ったら目黒通りに向かって歩く途中にあるビルの地下1階にあります。
途中、ビルの入口をちょっと見失うものの、どうにか無事にお店に到着(∀`*ゞ)エヘヘ

さて、この日は金曜日。
だからなのか、早めのディナータイムはまだまだ出足はのんびりで、壱富士さんの入っている商業ビルもまだまだ穏やか。
それでは、食券を購入する前に券売機付近をチェックします(#^.^#)

券売機付近横には富士山型の小物入れには楊枝と黒い綿棒。
以前来た時にあったお口直しのアメちゃんは終了しちゃったのかな?(*´з`)

それと、女性客限定のミニスイーツサービスの案内もなくなっていますね~。
あったらいいな~と思っていたので、なくてちょっぴりザンネン。
まぁ、オープンしたばかりのサービスだったのかもしれませんね(^▽^;)

さて、こちらの基本メニューは「壱富士ラーメン」。

そして、チャーシューが多め、味玉が乗った「特製壱富士ラーメン」の2種類。

そして、こちらの大きな特徴の1つ選べる香味ソースの味はこちら。

お、前回なかった新しい香味ソース「レモン」が増えましたね~(・∀・)

さて、それではオーダーする「香味ソース」も決まったところで食券を購入。
入店で~す\(^o^)/

ガラリと引き戸を開けると「いらっしゃいませ~」のお声がけ。
外でちょろついていたのが丸見えだったから?ステキなニコニコ笑顔でお出迎え。
しかも、すでにお水のグラスが3人分並びの席に準備されていました(〃▽〃)ポッ

壱富士さんの店内はノスタルジックな雰囲気もありつつ、ちょっとモダンでオシャレな造り。
L字のカウンターテーブルは全部で10席で、ひとつひとつに厚みのあるランチョンマットが敷かれています。

案内された席へ着いて食券を渡せば、次は香味ソースの選択です。
女性スタッフさんに希望を伝えたら、後は完成を待つばかり(#^.^#)

おしゃべりをしつつ、お気に入りの味玉入り金魚鉢を眺めたり。
カウンター上に設置されているティッシュケースを眺めたり。

卓上調味料は唐辛子、黒胡椒、五島灘の塩。

さぁ、おしゃべりしながら待つこと約5分、ついに着丼でーす\(^o^)/

特製壱富士ラーメン(豆乳ソース)1,000円

出て来た瞬間、3人揃って思わず「わぁ~(*´▽`*)(*´▽`*)(*´▽`*)」と声が上がります。
なんでかって言うとこの美しさ(*´▽`*)

ベースは同じはずなのに、ソースが違うだけでこんなに色合いが変わるんですね~(#^.^#)
思わず他にお客さんがいなかったことをいいことに並べて撮ってみましたよ~。

さぁさぁ、それではいただきまーす。
まずはスープをごくり。

おぉ~( *´艸`)まろやかで優しい~♡
見た目的には洋風な味かなと思う豆乳ソースですが、味わってみるとこれが意外と和風なテイスト。
昆布の旨み、最後にふわっと感じる生姜の風味とほっとする穏やかな味になっています。

あぁ~、春の夜は意外と冷えるからこれはあったまっていいなぁ~(≧▽≦)

続いて麺をいただきます。

麺は中細ストレートのシコシコっとした麺。

それでは、そろそろのっけものものいただきます。
まずは、チャーシューをぱくり~(^O^)

むっちりとした、程よい厚みのチャーシューは特製にすると3枚。
お昼にいっぱい食べたから、ちょっと控えようと思ったけどやっぱり特製にしちゃった。
せっかく来たんだから食べないとね~( ̄▽ ̄)エヘヘ

さて、その他にはゴリゴリの角太メンマ


そして、着丼時にスープで温めてから食べてくださいと言われていたしゃぶしゃぶ餅。


そして、味玉。

ここの味玉は、黄身がジェル状でねっとり。
甘めのお出汁がしっかり沁みていて美味しいんだよね~( *´艸`)

さて、後半。
豆乳ソースは優しめなのでブラックペッパー少々。

うんうん、味が締まって合いますね(*´▽`*)

さてさて、途中でもちろんしました味交換。
まずは、前回の時もソースの一覧にあったトマトソースがこちら。

特製壱富士ラーメン(トマトソース)1,000円
こちらは、甘酸っぱいトマトにオリーブオイルがたっぷりと使われていてパンチが効いています。
これは、がっつりごはんと一緒に食べて、スープリゾットにするのがとっても合いそう(≧▽≦)

そして、新しく始まったレモンソース。

特製壱富士ラーメン(レモンソース)1,000円
ベースのスープはしっかりとした動物系の旨み、飲んだスープの後味に爽やかなレモンの酸味と香りがいいアクセント。
途中で絞って加えるレモンを入れない状態でも、キチンとレモンが感じられました。
爽やかに食べられるレモンソース、これからの季節にますますぴったりですね(#^.^#)

さてさて、そろそろ食べ終わりという所でこちらがきました。

女性限定
食後のワンカップスイーツサービス

わーい、外に掲示してなかったけどありました~\(^o^)/
ちなみに、昨日のスイーツはもっちりとした杏仁豆腐。
熱いラーメンの後に嬉しいひんやりデザートでした。

さて、甘い物を食べて終了?と思いきや、甘いものを食べたらしょっぱい物が食べたくなる。
しかも、同僚2人が食べたソースの味をもう一度見直したい。
思っていたことは全員一緒でぐるぐる丼を回しながら味見の延長。
ご店主さんにも「うちのラーメンの理想的な楽しみ方です」とにっこりされてしまいました(∀`*ゞ)エヘヘ

さて、それでは汁完は(この日は昼もがっつり食べたので)ちょっとガマン。

ごちそうさまでした~(^O^)

さてさて、こちらにいる間にご店主さんからこちらの香味ソースの事を聞くことが出来ました。
それによると、私の食べた「豆乳ソース」は今月くらいでそろそろ終了とのこと。
やっぱり豆乳ソースのイメージは寒い時期って感じなんでしょうかね?
それから、「鶏油ソース」も近々終了予定
新しいソースとしては、ただいま「昆布ソース」を作っているそうです。

同じスープに合わせて美味しい香味ソース作り。
バランスとかを考えるときっと大変な作業なんだろうなと思いますが、これからどんどん色んな味が出て来るんだろうな~と思うとワクワクしますね(≧▽≦)


2017年73杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキングへ

ONLY ONE NOODLE 壱富士さんの食べログ店舗情報はこちら
東京都品川区上大崎2-27-1 サンフェリスタ目黒ビル B1F

特製壱富士ラーメン(節ソース)を食べえた時のブログはこちら


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)


同僚とのラーメン部会の記録まとめはこちら

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

お知らせ
ラーメンブログランキングに参加しています(^ム^)
プロフィール

もりみ

Author:もりみ
1日1ラーメン食べられたら幸せですが、周りが心配しますし体力的にも経済的にも無理なんでボチボチやってます
(*^^)v

最新記事
カテゴリ
タグ

新宿区 杉並区 小金井市 渋谷区 千代田区 武蔵野市 中野区 調布市 埼玉県 豊島区 中央区 北区 荒川区 世田谷区 練馬区 台東区 青梅市 三鷹市 千葉県 立川市 ラーフェス 港区 品川区 国分寺市 文京区 葛飾区 目黒区 神奈川県 墨田区 大田区 昭島市 江東区 チェーン店 福生市 国立市 番外編 江戸川区 府中市 曙橋 まとめ 東大和市 茨城県 八王子市 西東京市 浜田山 足立区 あきる野市 国分寺 阿佐ヶ谷 小平市 日野市 練馬 板橋区 

ラーメンブログ リンク

ラーブロ
ラーメンブログ専門リンク集「ラーブロ」に登録しました
\(-o-)/設定ってむずかし~
月別アーカイブ
FC2カウンター
訪問ありがとう~
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード